2017.12.21.Thu. 5ヶ月前 ミント

【亜人】アニメ映画版はどの順番で観ればいい?あらすじや見どころも徹底紹介!

【亜人】アニメ映画版、テレビアニメをほぼ同時に公開。この二つの内容は違うのか?それぞれの見どころはどこなのか?更にアニメシリーズと劇場版とどちらを先に見たら良いのか徹底的に検証してみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

緊迫のバトル・サバイバル・サスペンス【亜人】とは?

桜井画門作の日本の漫画です。「good!アフタヌーン」にて2012年7月6日発売号より連載されています。単行本は第11巻まで発売されていますが、第1巻のみ作画:桜井画門、原作:三浦追儺となっていて、第2巻より桜井画門のみの名前になっています。

ご本人いわく、第2巻からは全て自分で書いているということですが、映画なんかの権利はどうなってるんだろう?と、どうでもよい心配をしてしまいます。というのも、2015年からアニメ映画が3部作、2016年からテレビアニメが2クール、更に2017年には実写化映画が公開されたんです。

当然第1巻の内容はすべてに網羅されているわけですから、気になりますよねっ?他人の懐事情を心配している場合ではないのですが、とっても知りたいです。

【亜人】アニメ版・映画版どれから見るべきか?

亜人は、アニメ映画が3部作、テレビアニメは2クールまで放送されています。公開された順番は、アニメ映画第1部⇒テレビアニメ1クール⇒アニメ映画第2部⇒アニメ映画第3部⇒テレビアニメ2クールという時系列となります。

普通テレビアニメで放送された内容に対して、劇場版は続編だったりスピンオフ的な内容となることが多いのですが、亜人の場合アニメ映画もテレビアニメもほとんど内容が変わりません。劇場版は2時間なのに対して、テレビアニメは26話まで放送されたので当然話は深~くなります。

制作された時点で漫画が出来上がっていなかったためオリジナルのストーリーなのですが、劇場版もテレビアニメでも、とりあえずストーリーは完結しています。

スピード感を楽しむなら劇場版をイッキ見すべし!

テレビアニメの場合、いいところで終わりになって次回どうなるんだろう?と気になって持ち越されることがあります。そして、永井圭の解説の部分も多いので、ストーリーはよく分かるもののスピード感に欠けます

その点劇場版はスピード感があって、戦闘シーンなども迫力満点です。一気に劇場版3部作を見てから、テレビアニメで復習しながら分からないところを「ふむふむ、そういうことだったのか!」と、改めて見返すのもいいでは?と思いますね。

「あのシーンはどういうこと?」と、気になって先に進めない人は、劇場版とテレビアニメシリーズを交互にみて、納得しながら進めることをお勧めしますね。

【亜人】アニメ映画版第1部・衝動のあらすじと評価

17年前、アフリカの戦場で不死の新生物「亜人」が発見されます。その後世界で46体、日本で2体の亜人が発見されるのですが、亜人だと分かるのは”死ななければならない”わけなんですよ。

ここ妙に納得しました。不死身っていわれても死ねないですよね。もし違ったらそれまでですから・・・高校生の永井圭は下校中にトラックに轢かれ死亡。しかし、直ぐに蘇生したため亜人だということがわかります。

警察・亜人管理委員会・賞金稼ぎたちに狙われる圭は、山奥に逃げ込み幼馴染の海斗に助けを求めます。二人は山小屋に逃げ込みますが、その時妹・慧理子から電話があります。

テロリスト亜人・佐藤

電話をかけてきたのは亜人の佐藤。佐藤はもう一人の亜人・田中と共謀して慧理子を拉致して、圭の情報を盗んだのでした。神社で顔を合わせて圭は麻酔銃で撃たれて眠ってしまいます。

そして、佐藤は圭を人間に引き渡すんですね。圭は人体実験されます。死なないとはいっても痛みはあるんですから、耐えられないですよ。しかも何度も何度も。実はこれ、佐藤が仕組んだことで、圭が人間に憎しみを持つようにして、自分と手を組ませようっていう魂胆なんですね。

佐藤は圭を奮奪に行きますが、圭は悪い亜人になっていなかったのですね。たったひとつの命をかけてくれた海斗を裏切れないというのです(圭のせいで死んだんでしょうが)!圭は研究所からも佐藤からも逃げることができますが、追手はどんどん増えていきます。

【亜人】アニメ映画版第2部・衝突のあらすじと評価

3部作っていうと、2部がダラダラしたりするのですが、「亜人」に限ってはそんなことなかったですね。IBMどうしの戦いのスピード感はすごいです。テロリスト佐藤が冷酷な顔を見せますね。

研究所のまえで亜人の権利について涙ながらに訴えていたのですが、実はこれは全国の亜人を集める合図。これによって7人の亜人が佐藤のもとに集まります。そして佐藤は「出来る限りのことを・・・大量虐殺だよ!」と平然というのですよ。

佐藤は人を殺すと楽しくなるというのだから完全に性格破綻してるんです。銃を撃ってる時のうれしそうな顔が快楽を得てますね。こういう時、圭は対照的にいい性格のヒーローのような亜人なのですが、そうでもなく超合理主義なところが普通ぽくなくていいんです。

クライマックスは製薬会社爆破シーン

テロリスト佐藤を止めるのは自分だけだと気がついた圭。佐藤は戦い方を知っていて、見かけに似合わずリーダー性があるんですよね。それに対して戦い方も知らず、高校生の圭はどうやって勝つのだろうかと不安です。

大丈夫なかと思っていたら、佐藤は最後には製薬会社爆破しちゃいましたよ。またこれが劇場で見ると爆音なのですんごい迫力です。この辺がテレビアニメだと味わえないんですよね。

そして第1部には登場しなかった中野攻君が登場。圭とは対照的で思慮深いタイプではなく、行動で表す熱血漢。第1部をみていると亜人というのは、スマートなタイプだと思いますが、いろんなタイプがいるんだと改めて認識させられます。

亜人】アニメ映画版第3部・衝戟のあらすじと評価

第2ウェーブの浄化で要人がリスト通りに殺されて行きます。日本政府はテロリストには屈しないと断固とした態度を取ります。そして、佐藤の計画は最終段階の第3ウェーブとなります。

浄化って考え方怖いですよね。汚いものという考えですからね。アメリカが計画した作戦は、地下にもぐり込んでいる佐藤をあぶり出すために化学兵器を地下にまくというものですした。

しかし佐藤に気づかれてはならないので、一般人を非難させないというんです。多少の被害は仕方がないというのですね。このいかにもアメリカ的な考えに何と日本政府は賛同してしまうんですよ(実際にもありえそうで怖い!)。

佐藤が捕まる、しかし・・・

亜人の権利を主張するために戦っている佐藤。しかし、なぜここまで大量虐殺しなくてはならないんでしょうか?そんなことしたら余計に亜人のイメージが悪くなってしまうのではないでしょうか?

第3ウェーブに突入ということですが、どんな計画なのかと思いきや、佐藤はただ遊びたかっただけ。自分が死なないので、計画を立てて要人を殺したりして、早い話実践的ゲームだったわけですね。

圭が頑張ったこともあって、アメリカ軍に拉致されて護送されます。しかしその途中で脱走してしまい、続編がありそうな感じで終わっています。まぁ原作とは違いオリジナルの終わり方なのですが、護送中にだれもいなかったら逃げちゃうんじゃないの?とおもったら案の定でした。

こちらの記事もオススメ!

【亜人】制作のポリゴン・ピクチュアズってどんな会社?

東京港区に本社を置く3DCG制作会社、兼アニメ制作会社です。新しい会社のかと思っていたら設立したのは1983年です。当初はCDはまだ未熟なツールだったために、いかに成長させるか研究に余念がありませんでした。

最初のヒットは1995年に資生堂の整髪料のCMで使われた「ロッキーXホッパー」。本格的にアニメに参入したのは設立30周年で制作された「シドニアの騎士」。これが海外でとても高く評価されました。

ロボット系でファンを作ったのですが、次もロボットかとおもいきや選んだ作品は「亜人」、そして「BLAME!」。人間の心理を十分に表現する作品ですが、IBMをロボットのようだと考えると一貫性があるのかもしれません。

【亜人】おすすめのOPを紹介

テレビアニメと、アニメ映画ともに主題歌となったのがflumpoolの「夜は眠れるかい?」。ボーカルの山村隆太さんは「メンバー一同「亜人」大ファンだ」と語っています。

”死ねばわかる”というキーワードを表現することが大変だったようですが、テンポといい歌詞といいドーンと来る感じです。個人的には出でだしのイントロがすっごくインパクトがあって、「亜人」のイメージはこのイントロです。

そして、もう一つ「亜人」といったらコレでしょ!という主題歌がangela x fripsideが歌う「僕は僕であって」。ボーカルが女性二人で、曲もポップにしあがっているのでflumpoolとは違いますが、聞きごたえのある曲です。

【亜人】アニメ版3クールはあるのか?

2クールの終わり(アニメ映画版も同)で、佐藤は護送される飛行機の中で自爆することによって逃亡します。そして、「第2周目をはじめるよ。」というセリフを残しています。

ストーリーの中盤で「ゲームは2周目からが面白いんだ!」と言っているので、続編を作ることは十分考えられます。しかしですね、この手のテレビアニメはDVDやBlu-rayがそれなりに売れることが必須なんですが、その売上がイマイチなのですよ。

でも大丈夫、実写化映画が公開されて、今まで「亜人」を知らない人も興味を持ったことでしょうから、売上も伸びることでしょう。以上の検証から推測するに第3クールが放送される可能性は高いですね。

こちらの記事もオススメ!

これからも目が離せない【亜人】

2017年9月に実写版映画が公開されました。圭を演じるのは佐藤健さん。佐藤さんは「るろうに剣心」で、アクション映画での実力を証明していますが、「亜人」でも緊迫の戦闘シーンを披露してくれています。

そして、佐藤を演じるのは綾野剛さん。二人の共演ということでとても話題の映画になりました。これを機に「亜人」を好きになった人もかなりいるでしょうから、今まで以上にアニメが話題になりますね。

このままアニメシリーズが続き、実写映画も続編?ということもあり得ますね。まだまだ「亜人」は爆走しそうです。

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1004914
1
Fessan white 上に戻る