2018.01.04.Thu. 17日前 みる

【名探偵コナン】降谷零の全て!3つの顔を使い分ける公安警察の秘密に迫る!

国民的漫画『名探偵コナン』の登場キャラクター・降谷零は、公安、探偵、黒の組織の探り屋という3つの顔を使い分ける男。2018年の劇場版ではメインを張る重要かつ人気キャラクター・降谷零の素顔に迫る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

『名探偵コナン』の降谷零とは?

トリプルフェイスの男・降谷零

『名探偵コナン』のキーパーソン、降谷零は警察庁警備局警備企画課「ゼロ」の一員で、現在黒の組織への潜入捜査を行っている。洞察力に優れ、情報収集力も高いキレ者で、趣味のボクシングに始まり、テニス、料理、ギターなどもできるというハイスペックの持ち主だ。黒の組織では「バーボン」というコードネームで探り屋として活動しており、「バーボン」としての任務遂行のため私立探偵「安室透」として小五郎に近づく

29歳という年齢と、公安警察という職業は分かっているものの、それ以外のことについては未だ謎の部分が多い。トリプルフェイスを持つ彼は、3つの顔を演じ分けているため本当の性格さえよく分からないのが現状だ。ここではそんなミステリアスな降谷の魅力に迫っていこう!

こちらの記事もチェック!

降谷零に迫る1:声優は古谷徹さん!

降谷の声優は古谷徹さん。『巨人の星』の星飛雄馬といった熱血な役から『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイといった気弱な役までをこなす大ベテランだ。幅広い役を演じる古谷さんは、トリプルフェイスを持つ降谷にぴったりである

降谷の車のナンバーは古谷さんの誕生日

降谷というキャラクターの各所に古谷さんを感じさせるものがあり、たとえば「降谷」という苗字は古谷さんを、「零」という名前は古谷さんが『機動戦士ガンダム』で演じるアムロ・レイのもじりであり、「安室透」も古谷さんとアムロ・レイをもじった名前となっている。

また、注目したいのが降谷の愛車のナンバーだ。7310とは、古谷さんの誕生日である7月31日を意識したものだろう。ファン心をくすぐるような遊び心である。ちなみに降谷の愛車はマツダの白RX-7であり、佐藤刑事と色違いのものである。恐らくこれは、佐藤とかつて両想いであった松田刑事との関係の伏線だったのだろう。

アムロ・レイとは中の人以上の繋がりも?

降谷と安室の名前の由来ともなったアムロ・レイと降谷零は、単に担当声優が同じというだけではない繋がりを感じさせる。アムロ・レイは悲劇的な人生を歩んだ人物だが、降谷にもそのような面がある。詳細は後述するが、警察学校時代の同期には悉く先立たれているし、幼い頃世話になったのであろうエレーナも亡くなっている、孤独な男なのだ。

さらに、アムロ・レイのライバル的存在シャア・アズナブルの声優は、降谷と因縁のある赤井秀一の声優を担当している池田秀一さんである。もしかすると降谷は、アムロ・レイのように悲惨な結末を迎えるのかもしれない…。

こちらの記事もチェック!

降谷零に迫る2:公安警察として日本を守るかっこいい姿!

降谷の公安警察としての信念

実は現在のところ降谷はほとんど「安室透」や「バーボン」としての姿しか見せておらず、「降谷零」として原作で活躍しているシーンはほぼ無い。しかし、ジョディたちFBIに対して「僕の日本」と言っていたり、劇場版『名探偵コナン純黒の悪夢』では警察庁から情報を盗んだキュラソーを捉えるべく奔走していたりと、公安警察としての信念は各所で垣間見れるぞ!

そんな降谷の公安警察としてのかっこいい姿が見れそうだと期待が集まっているのが、2018年公開の劇場版『名探偵コナンゼロの執行人』だ。その特報動画の最後に流れるのは、降谷の「僕には命を懸けて守らなければならないものがある」という台詞だ。恐らくこれは、日本という国家とその国民の安全を指しているのだろう。降谷の強い信念が感じられる言葉にグッとくる。

降谷の階級や警察学校時代の同期は?

降谷は警察学校で頭でも実技でもトップだったらしく、高木の最強の先輩伊達航さえ敵わなかったというほどの実力の持ち主だ。詳しい階級は分かっていないが、29歳という若さにも関わらず大勢の部下を動している姿を見せており、決して低い階級ではないことが分かる。

先に挙げた伊達や、3年前に亡くなった爆発物処理班のエース松田陣平とは警察学校時代の同期である。降谷はふたりと仲が良かったらしく、伊達からは生前心配のメールを受け取っていたり、松田からは爆発物処理の技術を教えてもらっていたりしている。

しかし、潜入捜査という危険な任務のため近年友人たちとは連絡をとっていなかったらしい。1年前の伊達の死も最近知ったほどであり、降谷が友情までも犠牲にしながら任務にあたっていることがうかがえる。ファンを泣かせる話である。

降谷零に迫る3:私立探偵・安室透としてかわいい面を見せることも!

29歳とは思えないベビーフェイスで女性を虜に!

降谷は「バーボン」としてシェリーの情報を手に入れるため、彼女との繋がりが疑われていた小五郎に近づく。私立探偵「安室透」として小五郎に弟子入りをし、毛利探偵事務所の階下にある喫茶ポアロでバイトを始めるなど、人懐っこい笑顔でぐいぐいと小五郎との距離をつめている

29歳とは思えない童顔でにっこりとした笑みを見せたり、小五郎の行動に苦笑したり困った様子を見せる安室。その様は男ではありながらかわいい。実際、原作者の青山先生によると、安室はポアロでモテモテらしい。ポアロの女性客は皆、安室のかっこいい姿やちょっとかわいい姿の虜になっているのだろう…。

降谷零に迫る4:黒の組織・バーボンとしての食えない一面

降谷としては日本を守るかっこいい姿、安室としては人懐っこいかわいい姿を見せる降谷だが、「バーボン」としては食えない面を見せることが多い。バーボンは秘密主義者として組織に知られており、独断行動が多いからかジンとは折り合いが悪いらしい。それでも公安という正体が露見することなくコードネームをもらっているあたりはさすがの優秀さといったところだろう。

ベルツリー急行では灰原の前に不敵な笑みを携えて現れたり、ベルモットの何やら重大な秘密を握っていけしゃあしゃあと彼女の協力を仰いだりと、「降谷」や「安室」とはまた違った、ゾクゾクさせるような不穏さが「バーボン」の魅力だ。

降谷零に迫る5:唯一の弱点は赤井秀一!その因縁とは?

因縁の鍵を握るのは「スコッチ」

頭脳・身体能力ともに優れる降谷の唯一の弱点が赤井秀一という男だ。ひとたび赤井が絡むと、降谷は彼への憎悪で冷静な判断ができなくなってしまう。赤井と降谷の因縁の始まりは、「スコッチ」という男の死だ。

スコッチは警視庁公安部から黒の組織に潜入していた男。組織の正体がバレたという旨のメールを彼から受け取った降谷は急いでスコッチのもとに駆け付けるが、そこで見たものは、既に息絶えたスコッチと、当時組織に潜入し「ライ」として活動していた赤井だった。

赤井は自分が裏切り者であるスコッチを殺したという風に振る舞っているが、降谷はスコッチの死体を見て彼が赤井の拳銃で自殺したことに気づく。降谷は「あれ程の男なら自決させない道をいくらでも選択できただろうに」と、赤井がスコッチを見殺しにしたことに憎しみを抱いているのだ。

こちらの記事もチェック!

しかし、真実は残酷であった。正体がバレ、赤井の拳銃を奪って自殺しようとするスコッチに、赤井は自分がFBIであることを明かし、彼を匿おうとしていたのである。だが、そのとき外から聞こえてきた階段を駆け上がる音に、スコッチは組織の仲間が来たのだと勘違いし、仲間や家族の情報が入った携帯ごと胸を撃ち自殺してしまった。

スコッチの死の原因となったのは降谷が階段を駆け上がる音だったのだ。赤井は降谷を気遣いそのことを隠すため、自分がスコッチを殺したという体を貫き通しているのである。

スコッチから降谷へのメールには、降谷の幼い頃のあだ名である「零(ゼロ)」とあったことから、ふたりは幼馴染という可能性もある。因縁を解くには降谷が真実を知らねばならないが、この残酷な真実を降谷が受け止められるのか…今後の展開に注目だ

こちらの記事もチェック!

降谷零に迫る6:謎に包まれた生い立ちや過去

金髪や褐色の肌が生まれつきのものだとすると、ハーフの可能性もある降谷。その生い立ちや過去はほとんど明らかになっていないが、唯一の降谷の少年時代の回想シーンには、何と灰原の母・宮野エレーナの姿がある

この頃はまだ一般的な少年だったはずの降谷と組織の科学者として活動していたエレーナがなぜ知り合いなのか、その謎は明らかになっていない。降谷はケンカして怪我をするたびにエレーナに手当てしてもらっていたようで、ケンカを諫めるエレーナと「だって」と泣く降谷の様子はまるで親子のようでもある。ふたりの関係がかなり気になるところだ。

こちらの記事もチェック!

降谷零に迫る7:降谷零の登場回を確認!

ここで降谷の主要な登場回を振り返ってみよう。降谷は第75巻〜78巻、第80巻〜82巻、第85巻、第88〜90巻、第93巻に登場している。特に初登場の第75巻、伊達との関係が示唆される第77巻、「バーボン」として正体を現す第78巻、公安警察という正体が分かる第84巻は要チェックだ

赤井との因縁は第88巻~第89巻のエピソードと第90巻で明らかになっている。降谷が公安として部下に指示を出している第90巻や第93巻も押さえておきたいところだ。1エピソード読むごとにひとつふたつと降谷の魅力を知っていく楽しさがあるので、その他の巻もオススメである。

「公安の犬」を自称?2018年戌年は降谷零が大活躍!

2018年の青山先生からの年賀状には「公安の犬」を自称し犬耳をつける降谷が描かれており、ファン垂涎ものの代物となっている。その通り、2018年は戌年。劇場版『名探偵コナンゼロの執行人』の公開に加え、原作でも何やら動き出している降谷の活躍に期待しよう!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1004956
1
Fessan white 上に戻る