2018.01.22.Mon. 4ヶ月前 木本カナタ

【Fate】ジナコ=カリギリの6つの魅力!ダメ人間可愛いカルナのマスター!

ジナコは『Fate/EXTRA CCC』に登場するカルナのマスターです。彼女を一言で表すならダメ人間。ヒロイン(?)としてはあるまじきダイナマイトボディを持つヒキニートです。けれどそこがかわいい!ということで、そんなジナコさんについて紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
1
コメント 0

ジナコ=カリギリとは

ナコ=カリギリは『Fate/EXTRA CCC』に登場するキャラクターです。最強クラスのサーヴァント「カルナ」のマスターなのですが……マスターである彼女自身は非の打ち所のないダメ人間。セラフの表でも裏でも用務員室を占拠して堕落しきっているダメなお姉さんです。

しかし、ダメだからこそ人間味あふれる彼女の葛藤は共感するところも多く、わがままボディもとってもかわいい魅力あふれるキャラクターになっています。特にそんなダメな彼女とは対照的なカルナとの掛け合いはとても素敵で人気があります。今回はそんなジナコの魅力を紹介したいと思います。

ジナコの魅力1:声優が悠木碧さん

まず初めに紹介する魅力はジナコの声優について。ゲームで彼女の声を演じたのは声優の悠木碧さん。実は、悠木さんは元々子役で4歳の頃にデビューした大ベテランです。声優としては小学5年生の時に『キノの旅』のさくら役でデビュー。

この作品をきっかけに声優の仕事へ興味を持つようになったらしく、以降様々な作品で活躍しています。代表作は『魔法少女まどか☆マギカ』鹿目まどか役や『君の名は。』名取早耶香役など。最近ではそんな始まりの作品である『キノの旅』のリメイクアニメで主役キノ役に見事抜擢され、大きな話題を呼びました。

Fate作品としてはジナコのほかに『Fate/Grand Order』で沖田総司役、酒呑童子役、ティアマト役などもこなしています。そんなFateキャラの中でも特にジナコに思い入れがあるらしく、最近カルナ目当てでFGOを始めたのだとか……その先は地獄だぞ。
こちらの記事もチェック!

ジナコの魅力2:○十歳のぐうたらダメ人間

ジナコのプロフィール

そんな悠木さんの演じるジナコの魅力として、続いてそんな彼女のプロフィールを紹介します。身長153cm、体重82kg。CCC本編で登場するアバターは童顔でわかりにくいですが、実は30歳手前。高校に進学せず、約15年もの間引きこもり続けていたエリートニートです。

だらけ切った生活の結果結果、お腹はぽよんぽよん。ウエストサイズは本作の女性マスター最強。どのキャラクターからも「醜悪な肉」「肉布団」「豚肉」などと散々ネタにされ、あのカルナさんにさえダメだしされているわがままボディの持ち主です。あと腐ってます。

欧州のゲームチャンプ

しかし、継続は何とやら。引きこもりな彼女は、その膨大な時間をオンラインゲームに費やし、「FA」というゲームの欧州ゲームチャンプになったりしています。そのプレイ時間はなんとトータル6000時間越え。1日のプレイ時間平均18時間。

特にこれといった才能のない彼女ですが、特技にはルーチンワークを上げており、周回プレイは大得意。機転の利く頭脳と、ネット特有の煽りプレイを駆使し、ゲームでは無類の強さを発揮します。……FGOの心臓集めとか得意そう。

ジナコの魅力3:誰よりも臆病なムーンセル最弱のマスター

……が、ゲームに強い彼女ですが、聖杯戦争でのその実力は間違いなく作中最弱。弱い、というより、臆病な彼女はそもそも勝負の土俵にすら立つことすらできませんでした。引きこもり生活中、「優勝すればなんでも願いのかなう」という広告を見て聖杯戦争に参加したジナコさん。

主人公が苦戦した予選も見事に潜り抜け、最強クラスのサーヴァント「カルナ」を召喚し、聖杯戦争に挑みますが……。悲しいかな、天才だらけの聖杯戦争において、彼女の魔術師としての腕前は平均以下。

不意に「自分は決して優勝することができない」と悟ってしまい、用務員室を占拠して1回戦をボイコット。そのまま一切戦わず、聖杯戦争が決着するそのときまで引きこもっていた、誰よりも臆病な最弱のマスターです。
こちらの記事もチェック!

ジナコの魅力4:両親とその過去について

両親の死をきっかけに引きこもりに

そんな彼女がこんなになってしまったのにも訳があります。そのきっかけは両親の死。中学生まで普通の家庭の1人娘として育ったジナコさん。日本人で綺麗で優しいお母さんと、ドイツ人で少し太っているものの大好きなお父さんに囲まれ、幸せに暮らしていました。

……が、中学生だったある日、そんな両親が買い物の途中にアイスバーンで滑ったダンプカーに潰されて死亡。少しだけ裕福な家庭だったため、これによりジナコさんは慎ましく暮らせば一生働かなくていい遺産を手に入れます。

ただ漠然と15年間変われぬ生活を送る

その後はこの通り。元々あまり積極的な性格ではなかったジナコさん。「誰にも行けと言われなかった」という理由から高校へは進学せず、そのままネットの世界に没頭。働く必要もなく、そのままズルズルと15年もの間引きこもり生活を続けてしまいます。

「働く必要のない自分は勝ち組」そう言い聞かせるものの何故か不安は消えなくて……。そんな日々の続いたある日、うわさで聞いた聖杯戦争に参戦してみることに。聖杯に願ったのは「やり直し」。両親が死なずに、自分も普通のオタクな高校生として学校へ通う、普通な日常。

命のやり取りだと理解していましたが、両親の死からそれは当然だと理解していたジナコは臆さず参加します。……がしかし、本番になり両親の死のトラウマから死の恐怖におびえ、本選から逃げだしてしまうことに。

ジナコの魅力5:カルナさんとの関係が尊い【ネタバレ注意】

カルナの基本情報

そんなジナコの魅力といえば、やはり相棒のカルナさんとの関係! ということで、ここではカルナとジナコの関係について紹介します。なお、今更ですがCCCラストの展開のネタバレを少しだけ含みますので、一応注意してください。

では、まずは前情報としてまずは簡単なカルナのプロフィールから。カルナはインドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場する英霊です。サーヴァントとしての彼は英雄王と同格とされる作中でもトップクラスの実力者。

代表宝具はあらゆる攻撃を10分の1にしてしまう無敵の鎧「日輪よ、具足となれ(カヴァーチャ&クンダーラ)」。そんな鎧と引き換えに発動できる、あらゆる概念すら破壊できる必殺の槍「日輪よ、死に随え(ヴァサヴィ・シャクティ)」最強の矛と盾を持つまさに無敵のサーヴァントです。

最弱のマスターと最強のサーヴァントの凸凹コンビ

……なのですが、そんな彼は実は燃費がとても悪く、かなりの腕のマスターでもない限りその実力を十全に引き出せないという弱点も抱えています。ジナコがマスターの場合も同じな様で、このカルナをもってしても彼女を優勝させることはできないだろう、とは本人の談。

また、そんな優秀な実力も戦う気のないジナコには気づかれておらず、小言の多い厄介者と終始いじられ、不遇な待遇が続いていました。まあ、実際に彼は世話焼きながら一言足りない性格なので、そんなところも煙たがれていた様子。そんな最弱のマスターと最強だがいまいちマスターとかみ合っていない凸凹コンビとして作中で活躍しました。

「生きるがいいマスター。必ず誰かが、誰でもないおまえを待っている。」

しかし、そんなジナコでも無条件に最後まで見捨てないのがカルナさん。マスターだからという理由だけで何があっても何の価値がなくてもジナコを守ろうとするカルナに、かつて亡くした父親のような愛を感じたジナコは心を動かされ……。

更に、カルナの方も別れの間際にジナコが口にした「ところで逆ッスよ、カルナさん。カルナさんは一言多いんじゃなくて、少ないんス」という助言が最期に大きな贈り物となった様。本来は消滅すれば記憶を失うサーヴァントでありながら、彼女との日々は霊基に刻み込まれ、FGOでもことあるごとにジナコの名前を口にしています。
こちらの記事もチェック!

ジナコの魅力6:ネットスラングだらけの名言集

そして、ジナコはそのネットスラングだらけのセリフの数々も魅力的です。ということで、この項目ではそんな彼女の特に魅力的なセリフとその元ネタをいくつか紹介したいと思います。

ちなみに彼女のセリフのほかにも様々なネットスラングが多用されている本作。きのこ曰く「せっかく電脳世界が舞台のゲームだし」ということで俗物的なノリを目指したためなのだとか。

「アトラス院はいっちゃってるッス。あいつら未来に生きてるな」

ラ二のある特殊性癖を目にしてしまった際の一言。元ネタは2006年6月16日に NHK の英語トークバラエティ番組「英語でしゃべらナイト」のインタビューにて、日本の製品に対して感想を求められたイギリス男性の反応。「日本人はイッちゃってるよ。あいつら未来に生きてんな」というもの。

ちなみに型月におけるアトラス院は魔術協会・三大部門の一角で錬金術を研究している学院のこと。「自己の研究は自己にのみ公開する」という規律のため、作中でも出番の少ない組織だったのですが……。最近はFGOでそのオーバーテクノロジー気味な技術力がわずかに露見し、ジナコの言葉が洒落になれなくなってきていたり……。

「ズッ友だょ。 「だょ」って日本語ッスか」

サクラ迷宮11階エピソードで登場した一言。あるジナコの問いに対して発生する「友達だよ」「恋人的な何かだよ」「ズッ友だよ」の選択肢の中から「ズッ友だよ」を選ぶと聞くことのできるセリフです。

元ネタはおそらく「もぅマヂ無理」シリーズなどのギャル言葉。その後のセリフでも「ジナコゎこもった。ぃっぽもへゃ出なぃ。でも・・・・・・ピザ豚になるの・・・・・・ょくなぃってカルナサンゎぉこった。」とノリボケしてくれます。

「ジャンプキックっていうイカれた大戦ツール見つけたんだけど、これが凄いの」

こちら7章神話礼装を取りに行くエピソードの一幕。ジナコ曰く「コマンドはジャンプとキックだけ。キャラも使いまわしの二人。まったく、不毛な、何のためにやるんだか分からないゲーム」とのこと。元ネタは恐らく対戦ゲーム「Divekick」。

このゲームの他にも「Diablo 3」が元ネタな、カルナが主人公戦後おつかいとして電子の海からとってくることになるゲームソフト「イタリア風悪魔さん」なども登場。ゲームオタクらしく彼女のセリフにはゲームソフトのオマージュが多数あります。

なお、後に判明したことなのですが、この際主人公との戦いで負った致命傷が最後まで治っていなかったそう。つまり、このおつかいへも瀕死の体を押して行ってくれたということ。……少しは文句も言っていいのよ、カルナさん。

ジナコはダメ人間だけどそこがいい!

こんな引きこもりのゲームオタクでダメ人間なジナコさん。しかし、ダメ人間だからこそ、彼女の苦悩は真に迫るものがあり、とっても魅力的。特にカルナさんとのラストはとても素晴らしいものになっています。カルナとジナコの最後の別れはカルナファンも必見です。

やっぱりサーヴァントとの別れはFateの醍醐味ですね。それにダメ人間とってもかわいいよ! ぽっちゃりな体もニッチな需要はあると思う! ニッチな! ということで、ジナコの魅力についてでした。

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1005073
1
Fessan white 上に戻る