2018.01.27.Sat. 26日前 miharu

声優・新井里美が演じるアニメキャラまとめ!この声が癖になる!

声優の新井里美さんをご存知でしょうか。おそらく、顔を見たことがなくても、新井さんの声を聞いたことがあるはずです。もしかしたら、あなたが好きなキャラはほとんど新井さんが声をしているかも…?今回は新井里美さんが演じたキャラをご紹介していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

声優・新井里美ってどんな人?

新井里美(あらいさとみ)さんは、1980年7月4日生まれ、「新井声作所」を設立し、そこの代表であり所属声優でもあります。今となっては、こんなアニメキャラまとめの記事が書かれるほど有名で、いくつものキャラクターを演じてきた新井さんですが、声優になったのはあることがきっかけだったそうです。

わけあって進学を断念した新井さんは、昔から声が変だと言われていたためにその声を生かして何か大きな事を成し遂げようと声優になることを決めたそうです。

そんな新井さんはデビューからミラクルの連続でした。2001年「私はケイトリン」という海外ドラマの吹き替えで主役でのデビューを飾ったのです!

主役でデビューできる声優なんて数えるほどしかいない上に、それが海外ドラマだったという異色の経歴を持っています。実力があったのはもちろんのこと、大きなことを成し遂げようと決意した人の所には運も味方になるようですね。

新井里美さんが残念な美人だと言われる理由

新井里美さんの素敵なところは声の実力だけではありません。そのルックスと身長160cm、体重48kg、B90cm、W58cm、H87cmという抜群のプロポーションです。

女優としてもやっていけるのではないかと思えるほどの外見なのですが、なぜかファンたちからは残念美人と言われています。なんでも、そのおしとやかそうな外見とはうらはらに、本性を知った人からすればしゃべると軽くカオスなんだそうです。

さらには動きもカオスで残念な美人なのだとか…。おそらく、ラジオを聞いたことがある人はこのニュアンスが分かっていただけるはずです。

他には、休日によくジャスコに買い物に行っていたことから「ジャスコ」という愛称があったり、バナナが大好きで控室をバナナの香りでいっぱいにしてしまったこともあるそうです…。たとえ残念でもギャップのある美人なんて、男性なら愛おしく思えるのでは…?

蒼葉梢(他4役)『まほらば 〜Heartful days』

この作品ではヒロインの蒼葉梢(あおばこずえ)を演じているのですが、実はこのキャラクターは多重人格者なのです。他に4つの人格を持ち、赤坂早紀、金沢魚子、緑川千百合、紺野棗という全く性格の違うキャラクターを演じ分けています。

この1人5役という神技は普通に考えて凄いことですが、新井さんからすれば当然のことのようで、多い時では8役こなすこともあるそうです…!そのため、自分の声なのに自分の声じゃないみたいと一人ツッコミを入れることもあるんだとか…。

まさに超人技ですね…女の子だけのキャラクターのアニメなら、新井さん一人で全部成立してしまうのではないでしょうか。ちなみに、声優が全員欠勤した際には、その代役をすべて行ったこともあるそうです。本当にスゴ技を持っている声優さんなのです。

白井黒子『とある科学の超電磁砲』

白井黒子(しらいくろこ)は常盤台中学1年生、「風紀委員」第177支部所属で、茶髪ツインテールの女の子です。新井里美さん独特のハリのある高い声はまるで鈴の鳴るような声…!

黒子は最初「とある魔術の禁書目録」では脇役でしたが、「とある科学の超電磁砲」ではメインキャラクターとして名を連ねています。「ジャッジメントですの!」がキメ台詞で、「~ですの」を語尾につける」お嬢様口調をしています。

時折見せるゲスい笑い方やドスの利いた声が癖になり、声だけで表情がコロコロ変わるのがわかるこのキャラクターは、新井さんの知名度をグッと知らしめることになり、代表的なキャラとして挙げられています。

ちなみに、黒子が「お姉さま!」と慕う御坂美琴を演じている佐藤利奈さんとは相棒役での共演が多いために、息がぴったりです!

アニメで白井黒子の人気が急上昇!

白井黒子は、アニメが始まるまではあまり好評なキャラクターではありませんでした。しかし、新井里美さんの声によって魂が吹き込まれたことで、どのキャラクターよりも目立つキャラクターになっています。

なんと、新井さんの台本にはほぼアドリブで演じるように書かれていたという話もあるそうです。そのために、新井さんと言えば黒子のイメージが強く、中には新井さんのことを「黒子」と呼ぶファンもいるようです。

ちなみにこの名前にはもう一つ由来があり、高校時代に仮装大賞に出場した際に黒子をしていたためというところからも伏線があるようです。

後に黒子という名前で声優をするなんて、このときの新井さんは夢にも思ってもいなかったでしょうが、思わぬ黒子つながりですね。

こちらの記事もチェック!

花田煌『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』


花田煌(はなだきらめ)はツインテールで誰に対しても敬語を使う礼儀正しい女の子です。素晴らしいを意味する「すばらです!」が口癖で、髪型も似ているということで白井黒子とセットで見てしまうファンも多いようです。

シリアスなシーンとテンションが上がった時のメリハリの良さが聞いていて心地よく、黒子のときと同じ感覚を受けます。

こういった共通点がいくつかあるために、「すばらですの!」と書かれた白井黒子を書いてSNSにあげている人も多く、そのためにアニメを見たことがない人からすれば同じ口癖なの?!と混乱してしまうほどです。

これだけ中の人つながりでファンが盛り上がっているのは人気の証であり、新井さんの実力の凄さを感じさせます。

中の人目線で愛される花田煌

花田煌はオープニングアニメで数秒ピンで出演はしていましたが、名前などは明かされないまま回を重ねていました。しかしながら新井里美さんが演じているということもあり、何かと注目されており、そのうちに「すばら先輩」と呼ばれるようになっていました。

後に正式にアニメに登場しましたが、その頃にはもう「すばら先輩」が定着しており、脇役にも関わらず注目される人気キャラクターとなりました。新井さんが演じるから好きなキャラクターにあげている人もいるようです。

それにしても、白井黒子はテレポーテーションで飛べるのに、花田煌は麻雀では飛ばないというこの見事な矛盾があることも中の人目線のオモシロい点です。

こちらの記事もチェック!

ベアリトス『Re:ゼロから始める異世界生活』

こちらのキャラクター、ベアトリスもツインテールが可愛い女の子です。自分のことを「ベティ」と呼び、語尾に「~かしら」とつける特徴的な話し方をしています。白井黒子といい、花田煌といい、こう見ていると話し方にキャラの濃さが出ているキャラクターが多いですね。

ベアトリスは12歳くらいの少女のために、子どもっぽい声を出すこともありますが、そこは新井里美さんだけあってコミカルな部分とシリアスな部分とのメリハリがしっかりと表現されており、声だけでも堪能できます。

こちらの記事もチェック!

畑ラン子『生徒会役員共』

この作品で演じている畑ランコもかなりキャラの濃い人物です。短めの黒髪に左前髪にヘアピンをつけており、ポーカーフェイスで冷静なのですが、ハードなエロボケを連発するという変人です。

口調は基本的に丁寧言葉ですが、小ばかにしているかのように聞こえてしまうという若干の上から目線キャラです。ちょっとマダムチックな低めの声を使ってランコを演じているのですが、新井さんの演技力があるために、アニメのランコはかなりアグレッシブになっています。

屋上からスナイパー風に特大望遠レンズを構えるなど漫画よりもオーバーアクションになっていたりと、これまた新井さんの良さが前面に引き出されています。ちなみにこのアニメでのラジオで、下山さんについて「酔っ払って勢いで結婚しちゃった」と語っていました。

ビスカ・ムーラン『FAIRY TAIL』

ビスカ・ムーランは緑のロングヘアーが特徴の女性で、いつも露出度の高い服を着ているセクシー路線なキャラクターです。新井里美さんの声は白井黒子とは全く違う声を出しているために、白井黒子の声で耳慣れている人は最初はわからないかもしれません。

また、ビスカ・ムーランはお母さんとしての顔も持っているキャラクターなので、母性のある新井さんの声に癒されている人もいるのではないでしょうか。

原作者からのお祝いでキャラ誕生?!

「FAIRYTAIL」でのファン感激のエピソードといえば、ビスカ・ムーランとアルザック・コネルが結婚したということです。これがなぜ感激なのかというと、新井さんの夫である下山吉光さんがアルザック・コネル役をしていたからなのです。

これは、アニメ版でこの2人を演じた新井さんと下山さんへ、原作者の真島ヒロさんからの粋なはからいだったそうです。その後、作中で子どものアスカが生まれたのですが、それは新井さん達のお子さんが生まれたお祝いとして作られたキャラクラーだという話もあります。

なんて愛されている声優さんなのでしょうか…!それだけ作品に貢献し、信頼がおかれている声優さんということですよね!

ヒ山ララァ『シドニアの騎士』

まさかのクマ…!人外キャラキター!とファンたちは湧きたったことでしょう。このヒ山ララァというこのキャラクターは衛人操縦士や訓練生が暮らす寮の寮母さんなのです。

クマが寮母さんなんてぶっ飛んだ設定ですが、実は熊の毛皮は生命維持装置で中には人の身体があるのです。下の名前で呼ばれることを嫌っているために、「ララァ」と呼ばれると野性をむき出しにして激怒します。

またもメリハリのある一筋縄ではいかないキャラクターですね!新井さんの本領発揮がなされるこのキャラクターは見た目だけでも目立ちますが、中の人もスゴイということで注目されています。寮母さんだけあって普段はお母さんのような優しい声をしています。

こちらの記事もチェック!

高城の母『3月のライオン』

「3月のライオン」ではいじめをおこなっている高城めぐみの母で、いじめをしている娘を恥じるどころかモンスターペアレントと化してくる母親の声を担当しています。

これまで、比較的キャラの濃い人物を担当してきましたが、(というより新井里美さんが演じているからそうなっているのか…)今回はファンにとっては新鮮な配役だったようです。

名前すらない高城の母というもので、いわばちょい役ですが、ファンたちからは憎たらしすぎる演技が最高!と褒め言葉も飛び交っています。

人であるのにいつのまにか人外キャラにしてしまう新井さんだけあって、普通の人間役でもこれだけのインパクトを与えてしまうのですね…!

こちらの記事もチェック!

久瀬月果『覆面系ノイズ』

「覆面系ノイズ」ではメビウスエンタテイメント社員で、借金を抱えている榊桃の母親代わりとして保護し、共同生活を送っている久瀬月果(くぜつきか)を担当しています。

ここでも新井里美さんは大人の女性という新しいタイプを演じています。この配役にも注目してアニメを見始めたファンも多いようです。

中盤から音楽会社の社員ということで、学校のシーンが大半の1話には出てこないかと思いきや、実は1話から新井さんの声が登場しています。ヒントは声だけで出演しているということでしょうか…。あとは見てみてのお楽しみです。

こちらの記事もチェック!

ナレーション『ネト充のススメ』

「ネト充のススメ」は30歳で会社を辞めてニートになった女性が戦士系のゲームをはじめ、しだいに現実世界と交差していくという恋愛ものの作品です。

新井里美さんはこの作品ではなんとナレーションとして参加しています…!8話冒頭に突如聞こえてきた新井さんの声に耳を疑ったファンも多いのではないでしょうか。この声は絶対にそうだ!とエンディングに釘付けになったことでしょうね。

声だけですぐにわかってしまうという独特な声、ナレーションだけにも関わらず視聴者を笑わせられる才能は本当に唯一無二だと思います。この8話は神回としてファンたちに認定されています。

ソアラ『白猫プロジェクト』

この記事を読んでくれている人の中にも「白猫プロジェクト」にハマっていた人も多いのではないでしょうか。スマホアプリのゲームの走りとも言えるこの作品にも新井里美さんが関わっています。

ゲーム内に出てくるソアラという勇者キャラクターの声を担当しているのですが、何ともう一つ、毒キノコがトレードマークのシャンピニオンというキャラクターの声も担当しているのです。

この2つのキャラが同じ声優さんだと気づかなかった人もいるようですが、ファンたちは新井さんつながりでこのキャラを何としてでもゲットしようと奮闘していたようです。

どちらも可愛い女の子のキャラクターですが、シャンピニオンの方が子どもっぽい声で、ソアラは限りなく甲高い声で、どこから声出してるの?と思えるほどの神業です。

魔法使い『ポプテピピック』

何かと話題になって、社会現象までも巻き起こしそうな勢いの「ポプテピピック」。新井里美さんは旦那さんで同じく声優の下山吉光さんと共に2話に夫婦で出演しています。

そして今回は声だけではなくそのお姿まで見ることができるという…!ファンにとっては神回に相当する出演率でした。

さらには、主人公のポプ子とピピ美に促され、アドリブでものまねを披露するというシーンまであるのです。「ちょまてよ~!」と戸惑いつつもキムタクになりきっている新井さんはとても新鮮です。

この収録現場を撮影した模様が流されており、ずさんな台本を渡してくるプロデューサーに対してクレームを入れるのですが、この時に新井さんの独特な動きが全国に放送されてしまいました…。

ファンからすれば当たり前の後継かもしれませんが、あまり新井さんを見たことがない視聴者からすれば、あんな美人があんな動きをするのか…!と驚いたことでしょう。

こちらの記事もチェック!

声優・新井里美はとんでもない七変化声優…!

いかがでしたか?新井里美さんについて、代表作と名前くらいしか知らなかったという人も、彼女の魅力にどっぷりとハマってしまったのではないでしょうか…?

ラジオでもそのユーモアさがかなり好評で、グっというガッツポーズをしただけで役が決まったという、もはや声関係なくキャラクターで仕事がとれてしまうという超人です。

さらには声を出すだけで、共演者たちが涙を流して笑いこけたという逸話もあります。新井さん派もはや声優という枠におさめるにはもったいない人ですね。

声が変だと小さいころから言われていたコンプレックスをこれほどまでに天職にして、視聴者だけでなく自分の周りにいる仕事仲間までをも楽しませてくれている…そんなミラクルボイスをこれからも堪能させてほしいですね!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1005100
1
Fessan white 上に戻る