2018.01.31.Wed. 18日前 みっくす

声優・津田健次郎が演じるアニメキャラまとめ!海馬社長でおなじみの名優を紹介

『遊☆戯☆王』の海馬瀬人をはじめ、数々のキャラクターを演じている津田健次郎さん。じっくりと染みこんでくるような心地良い低音ボイスで世の女性ファンたちをメロメロにしてきました。今回はそんな津田健次郎さんが演じたキャラクター達をご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

声優・津田健次郎とは?

出生地 大阪府
生年月日 1971年6月11日(46歳)
職業 声優、ナレーター、俳優
事務所 アミュレート

出典: ja.wikipedia.org
津田健次郎(つだ けんじろう)さんは耳にじっくり染み込むような心地良い低音ボイスが魅力的な声優です。声優として大きく活躍される前には舞台系の事務所に所属しており、舞台やドラマへの出演経験も多数あります。複数のプロダクションを経て現在はアミュレートに所属しています。

幼少期はジャカルタで過ごしており、映画が大好きで中学の頃から映画館に通い始め、基本はノンジャンルで色々な映画を見ているそうです。大学の頃に映画を撮ってみたいという思いから次第に演じる方へと興味を示していきました。

津田さんが通っていたのは明治大学文学部文学科演劇学。2年の時に円・演劇研究所専攻科を受けて合格し、休学して演劇活動を集中して行います。その後復学してきちんと卒業しており休学年数を含めると7年間大学に籍を置いていました。

ちなみに津田さんの誕生日である6月11日は「傘の日」だそうで、ロケの日に雨が降ったり、酷い時にはイベントに台風が直撃し出演者・観客共に帰れなくなったことも。偶然だとは思いますが、こういったことがひんぱんにあるようなので、津田さんは生まれつきの雨男かもしれませんね。

野田敦『H2』

あだち充が2人の野球少年と2人のヒロインの野球にかける青春と恋を描いたマンガ『H2』。1992年から1999年までの間、週刊少年サンデーにて連載されていました。この作品は津田さんのアニメ声優デビュー作でもあります。

津田さんが演じたのは主人公・国見比呂の幼馴染である野田敦(のだ あつし)。丸眼鏡をかけた巨漢で、比呂とは長年バッテリーを組む間柄です。高校進学前に腰を痛め医師の診断に従って野球を諦め、同じく肘を壊すと診断された比呂と野球部のない千川高校に進学。しかし、後に医者が無免許だったことが発覚し、再び野球をするために比呂とともに野球愛好会へ入ります。

声優デビューしたてでまだまだ初々しい津田さんのちょっと高めな声と演技を堪能することができるキャラクターです。近年影のあるイケメン役が多い津田さんの貴重なデブキャラでもありますので、ぜひ一度見てみてください。

海馬瀬人『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』

こちらの記事もチェック!

国内のみならず海外でも高い人気を誇る高橋和希原作のカードゲーム『遊☆戯☆王』。その初代アニメである『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』にて、津田さんは主人公・武藤遊戯のライバル・海馬瀬人(かいば せと)を演じています。「津田さんといえば海馬!」と言っても過言ではないほど有名なキャラクターですね。

頭脳明晰で文武両道なエリート高校生でありながら、世界的な大企業『海馬コーポレーション』の社長に就任している海馬。実は施設出身という過去があり、弟のモクバを誰よりも大切にしています。

世界に4枚しかない超レアカード『青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)』を溺愛しており、このカードを手に入れるために非道な行いをしたり、独占するために遊戯の祖父が持つ4枚目を破り捨てるなど、初期こそただの悪党として描かれていた海馬ですが物語が進むにつれ、遊戯王になくてはならない重要なキーキャラクターへと昇格していきました。

2016年に公開された映画「遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」は遊戯に対する海馬の執念が詰め込まれた映画といっても差し支えないほど海馬の暴走っぷりが楽しめますので、気になる方はぜひ見てみてくださいね。

乾貞治『テニスの王子様』

許斐剛による中学テニスを題材に青春を描くスポーツマンガ『テニスの王子様』。1999年から2008年まで週刊少年ジャンプにて連載され、その後2009年よりジャンプスクエアにて『新テニスの王子様』が連載開始しています。

津田さんが演じるのは主人公・越前リョーマが通う青春学園中等部の3年生・乾貞治(いぬい さだはる)。「青学のデータマン」の異名を持つ長身眼鏡の男子で、部内ではマネージャーや参謀的ポジションにあたります。口癖は想定外のことが起こった時に発する「理屈じゃない」。

独自で調合している栄養ドリンクを「乾汁」と名付け、ランニングで遅い者や練習試合で負けた者に飲ませては悶絶させ、部員達を戦慄させています。乾の特製ドリンクは他にも「青酢(あおず)」や「粉悪秘胃(コーヒー)」など種類が豊富……ある意味作中最凶クラスですね。

こちらの記事もチェック!

大人ランボ『家庭教師ヒットマンREBORN!』

2004年から2012年まで週刊少年ジャンプにて連載された天野明に『家庭教師ヒットマンREBORN!』。『家庭教師』は「かてきょー」と読むのが正式だそうです。並盛中学校に通う1年生の主人公・沢田綱吉の前にある日、綱吉をイタリアンマフィア・ボンゴレファミリーの10代目ボスとして育て上げるために来たという赤ちゃん・リボーンが現れたことにより始まる物語。

津田さんが演じているのはもじゃもじゃのアフロ頭が特徴的なランボという5歳児の10年後バージョン。通称・大人ランボと呼ばれるキャラクターです。ボヴィーノファミリーの刺客としてリボーンの命を狙い日本にやってきますが、一方的にやられ大泣きしながら「10年バズーカ」というアイテムを使い大人ランボに入れ替わるのが定番のオチ。

10年バズーカは5分間だけ10年後の自分と入れ替わることができるアイテムで、5歳のランボとは違い大人ランボは紳士的な美男子に成長しています。必殺技は2本の角を頭に装着し帯電させ相手に突っ込む「電撃角(エレットゥリコ・コルナータ)」。しかしリーチが短く、なかなか当たらないのが難点です。

こちらの記事もチェック!

また、津田さんは大人ランボ以外にも、大人ランボに姿が似ているロメオという男性や、ミルフィオーレファミリーのスパナも担当。スパナについては原作中で綱吉が「大人ランボと声質が似ている」と発言しているため同じ声優があてられたものと思います。

こちらも津田健次郎っぽさ全開なのでファンは必聴です。

雪見和彦『隠の王』

鎌谷悠希によるマンガ『隠の王』は月刊Gファンタジーにて2004年から2010年まで連載された作品。現代に生きる忍の世界を描いたバトルアクションで、津田健次郎さんは灰狼衆の一員・雪見和彦(ゆきみ かずひこ)を演じています。

和彦には天立和穂という妹がおり、同じく灰狼衆の一員です。平凡な家庭に生まれるも父が原因で母は家から去ってしまい父から暴力を受けていたという壮絶な過去を持っていますが、服部に救われたことで灰狼衆に加入します。武器は忍らしく暗器。

表向きはフリーライターの仕事をしており、竹を割った様な性格で貴重な常識人です。子供や一般人などの表の世界の人間を手にかけるのは必要最低限に留めており、俄雨からは「チキン頭さん」と呼ばれていたことも……かなり不憫ですよね。

風間千景『薄桜鬼』

『薄桜鬼』はアイディアファクトリー(オトメイト)原作の恋愛アドベンチャーゲーム。幕末・文久三年、主人公・雪村千鶴は急に父との連絡が取れなくなり、男装をして京の町を訪れることに。そこで千鶴は新選組に身を置き、父の行方を共に捜すこととなります。2010年にテレビアニメ化されました。

津田さんは薩摩藩に所属している剣士・風間千景(かざま ちかげ)を演じています。千景は西の鬼の頭首でもあり、童子切安綱という刀を扱い、鬼の力もあるため剣の腕前は沖田総司を圧倒するほどです

気分屋で自信家な性格の千影ですが、実は義理堅い鬼で、これは「鬼は一度交わした約束は守る」という掟に従っているため。鬼の子孫を残すため、純血かつ女鬼である千鶴を幾度となく狙いますが、あくまでも「新選組の目の前で攫う」ことを目的としており、彼女が1人になったところを狙うといった卑怯なことはしないスタンス。ライバルとしても男性キャラとしても好感が持てます。

ファイヤーエンブレム(ネイサン・シーモア)『TIGER & BUNNY』

サンライズ制作によるアニメ『TIGER & BUNNY』。特殊能力者「NEXT」がヒーローとなり平和を守る近未来的都市を舞台に、落ち目なヒーローの鏑木・T・虎徹と生意気ルーキーのバーナビー・ブルックスJr.のコンビが活躍する姿を描いた作品です。作中におけるヒーローたちはスポンサーの援助を受けて活動しているという作中設定に基づき、放送前に実際の企業に向けてスポンサーを募集するといった試みもされています。

津田さんが演じるのはヒーロー・ファイヤーエンブレムことネイサン・シーモア。NEXT能力は火を操ることで、キャッチコピーは「ブルジョワ直火焼き」というかなりのパワーワード。スポンサーはFMV・animate・Domino's Pizza。

常にオネエ言葉で話し、ブルーローズやドラゴンキッドと行動を共にすることが多い自称「女子」の黒人男性。若い頃に性同一性障害によって周囲から迫害された過去があり、ヒーローとなった今でもトラウマとなっていることが2014年に公開された劇場版『The Rising』で描かれています。

ヒーローの中では、ワイルドタイガーやロックバイソンと並んで年長者です。気配りができ、気さくな性格であるためファンに愛されるキャラクターです。時おり魅せる「漢っぽさ」と普段の「乙女」な部分のコントラストを津田健次郎さんが見事に演じきります。

周防尊『K』

GoHands制作によるアニメ作品『K』。2012年から第一期が、2015年からは第二期が放送されており、2018年夏には『K SEVEN STORIES』と題された映画を皮切りに計7作が順次公開となる予定です。

津田健次郎さんが演じたのは第三王権者「赤の王」であり吠舞羅のキングである周防尊(すおう みこと)。赤い髪が特徴的な長身の男性で、仲間たちから絶大な信頼と畏敬の念を抱かれています。一見無気力に見える寡黙な性格ですが気性は荒く、赤のクランズマンである草薙出雲に言わせれば「努力や制御を嫌う」とのこと。

強力な炎の力と高い身体能力を持ち合わせ、彼と同じく赤のクランズマンは炎に由来した能力を扱うことができます。右腕的存在の草薙とは付き合いが古く気心が知れた仲。制御困難な自分の力で大切なものを失うかもしれないことに恐怖を感じながら、己の持つ破壊衝動も自覚している危うさがあるキャラクターです。

猛々しくも儚いキャラクター性、そして壮絶な最期は津田健次郎ファンの心をわしづかみにしました。

御子柴清十郎『Free!』

『Free!』は、おおじこうじ原作の『ハイ☆スピード!』を基としたアニメ作品。京都アニメーション(京アニ)が主催する「京都アニメーション大賞」第2回で奨励賞を受賞しています。

主人公の七瀬遙らは小学生の頃通っていたスイミングスクールが取り壊されると聞いてタイムカプセルとして埋めた優勝トロフィーを回収しようと夜中に忍び込みます。そこで海外に留学していたかつてのチームメイト松岡凛と再会。そこから物語が動き出します。

津田さんは凛が通う鮫柄学園の水泳部部長である御子柴清十郎(みこしば せいじゅうろう)を担当。後輩の面倒見も良く、3年時の県大会では大会新記録を出すなど実力も十分。二期からは清十郎は引退し弟の百太郎が登場しますが、二人とも惚れっぽい性格で、凛の妹・江にひとめぼれしています。

アツい津田健次郎さんの演技も新鮮でしたね。

グラーゼ『アルスラーン戦記』

田中芳樹による大河ファンタジー小説を基とした荒川弘が描くマンガ『アルスラーン戦記』。2015年にアニメ化され、2016年には第二期も放送されました。古代~中世頃の中東風文化をモチーフにした架空世界で繰り広げられる物語で、侵略により王都を奪われたパルス国の王太子アルスラーンが様々な経験を重ね即位するまでの道のりを描きます。

アルスラーン戦記の中で津田さんは日に焼けた肌にたくましい体つきのまさに海の男・グラーゼを演じています。商船ピールズィー(勝利)号の船長であり、勇敢な武人でもあるグラーゼ。港町ギランでアルスラーン達と出会い、海賊討伐を縁に後々アルスラーンの陣営に加わります。

挨拶ぐらいなら20ヶ国語でできる」と本人が豪語する通りパルス語や絹の国(セリカ)語など多言語を話すことができ、弁舌、情報分析にも優れる実力者。アルスラーンの心強い味方となります。

ジェジェ『SERVAMP -サーヴァンプ-』

『SERVAMP -サーヴァンプ-』は月刊コミックジーンにて2011年より連載が開始された田中ストライクによるマンガ。普通の高校生・城田真昼がある日拾った黒猫が実は吸血鬼だったことにより、吸血鬼同士の争いに巻き込まれていくファンタジー作品です。

津田さん演じるジェジェは紙袋を3つ重ねて被った不思議な見た目をしている嫉妬のサーヴァンプで、通り名は「疑わしきは罰せよ(ダウトダウト)」。紙袋で顔を隠し口を利くこともほとんどないジェジェですが、特に冷静というわけでもなく感情表現は豊か(!?)。

何丁もの銃を武器として用いており、戦闘の際に使用するだけでなく主人の有栖院御国にいじられる度に苛立ち、彼に向けて発砲することもあるというエキセントリックさも。ちなみに紙袋を3つ分含んだ身長は250cm……かなり奇抜なキャラです。

日本号『刀剣乱舞-花丸-』

DMMゲームズとニトロプラスが共同製作したPC版ブラウザゲームである『刀剣乱舞』。2016年より、とある本丸の日常を描いたアニメ『刀剣乱舞-花丸-』が放送され、2018年からは続編が放送開始されました。

津田さんが演じている日本号(にほんごう)は天下三名槍と呼ばれた槍のひとつであり、キャラクターデザインは鈴木次郎が担当。黒田藩の重臣・母里太兵衛が福島正則との呑み賭で勝ち取ったという伝承があり、別名「呑み取りの槍」とも呼ばれる槍です。そのため呑兵衛キャラとして定着しています。余裕のある物腰でプレイヤーを安心させてくれる刀剣男子です。

ちなみに日本号は福岡市博物館にて常時展示されており、2018年1月5日から2月4日まで黒田家ゆかりの特別展示として、へし切長谷部と一緒の展示ならびに刀剣乱舞とのコラボも開催されていました。

長澤嵐『初恋モンスター』

2013年より『ARIA』にて連載されている日吉丸晃の描くドタバタラブコメマンガ『初恋モンスター』。主人公・二階堂夏歩は筋金入りの箱入りお嬢様ですが、高校入学を機に東京の下宿屋「華すみ荘(かすみそう)」で一人暮らしをすることにします。夏歩は車に轢かれそうになり、危ういところを美青年な高橋奏に助けられ一目惚れ。しかし実は奏は小学5年生で、禁断の恋に落ちていく様子を描きます。

津田さんは華すみ荘の4号室に住む大学院生・長澤嵐(ながさわ あらし)を演じています。3号室に住む女子高生・横内千秋の彼氏ですが、フィギュアと美少女と男の娘が大好きなオタク気質の男性で、特に男の娘アイドル・レンレンの熱狂的なファン。オタク趣味に情熱を注ぎ過ぎていて気持ち悪がられることも多いですが、面倒見の良い性格で憎めないお兄さんです。

……が、やはりアニメ版の嵐もめちゃめちゃ怖いです。常に優しく笑顔なのですが、津田健次郎さんの演技でその奇行はもはやホラーの域に達しています

吹き替えでも大活躍!津田健次郎の低音ボイスにメロメロ!

今回は津田健次郎さんが演じたキャラクター達をご紹介しました。淡々と喋る冷静キャラから激しく感情を露わにするキャラクターまで幅広くこなす津田健次郎さん。2018年には話題作『ゴールデンカムイ』の人気キャラ・尾形百之助の声優に抜擢されるなど、その活躍はまだまだ留まるところを知りません。

また、津田さんは「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」カイロ・レンの日本語吹き替えなど、吹き替えでも活躍されています。これからもそのセクシーな低音ボイスで世の女性たちの耳を蕩かせてくれることでしょう。

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1005125
1
Fessan white 上に戻る