2018.02.04.Sun. 14日前 queen12

【はたらく細胞】マクロファージはコワかわいいお姉さん!戦闘能力や魅力を紹介!

この記事では『はたらく細胞』に登場するマクロファージについてご紹介します。擬人化されたマクロファージの役割や武器などについて解説していきますので、是非とも最後までご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

『はたらく細胞』恐怖の処刑人?マクロファージの役割とは

マクロファージ『はたらく細胞』に登場する免疫細胞です。『はたらく細胞』では細胞は擬人化されており、病原体などはモンスターや怪人として描かれています。なお、『はたらく細胞』に登場するキャラクターは全て細胞の名前で統一されているため、それぞれ名前でなく個体識別番号があるのみとなっています。

マクロファージは白血球の一種であり、細菌などの異物を捕らえて殺すことが役割です。また、抗原や免疫情報を見つけ出してヘルパーT細胞に情報を伝えることも役割です。

白いナイトキャップ、ロングドレス、エプロンに身を包んでおり、お嬢様のような印象を受ける容姿です。一見か弱そうで戦えそうにないマクロファージですが、実は非常に高い殺傷能力を持っています

こちらの記事もチェック!

声優を担当しているのは井上喜久子さん!

マクロファージの声優を担当しているのは<b>井上喜久子(いのうえきくこ)さん</b>です。<b>出身地は神奈川県、生年月日は1964年9月25日、血液型はO型、身長は164㎝、オフィスアネモネに所属する声優でありナレーターであり歌手</b>です。<br><br>井上喜久子さんは<b>1988年から活動しており、『ハーイあっこです』の女学生でデビュー</b>しています。<b>『らんま1/2』の天道かすみを演じたことで有名</b>になりました。他にも演じたことのあるキャラクターには、<b>『キャプテン翼』の大空翼、『巌窟王』のメルセデス・ド・モルセール、『ああっ女神さまっ』のベルダンディー、『CLANNAD-クラナド-』の古河早苗など</b>があります。<br><br>お嬢様風のマクロファージには井上喜久子さんのお姉さんボイスがぴったりですね。

マクロファージの声優を担当しているのは井上喜久子(いのうえきくこ)さんです。出身地は神奈川県、生年月日は1964年9月25日、血液型はO型、身長は164㎝、オフィスアネモネに所属する声優でありナレーターであり歌手です。

井上喜久子さんは1988年から活動しており、『ハーイあっこです』の女学生でデビューしています。『らんま1/2』の天道かすみを演じたことで有名になりました。他にも演じたことのあるキャラクターには、『キャプテン翼』の大空翼、『巌窟王』のメルセデス・ド・モルセール、『ああっ女神さまっ』のベルダンディー、『CLANNAD-クラナド-』の古河早苗などがあります。

お嬢様風のマクロファージには井上喜久子さんのお姉さんボイスがぴったりですね。

笑顔でウイルスを殺す!武器はナタ!

前述しましたように、マクロファージは細菌などのウイルスたちを殲滅する役割を担っています。その殺傷能力は非常に高く、ウイルスたちを前にしても全く動じることがありません……。

マクロファージはナタを振り回してウイルスたちを殺します。真っ白な衣装が血に赤く染まり笑顔で殺すため、ただのお嬢様ではない闇が感じられます。ちなみに、マクロファージは死んだ細胞や細菌を片付ける掃除屋の役割も任されています

白血球の一種に単球という細胞があります。単球は全身に防護服を纏っており、マクロファージと同じく殺傷能力の高いエリートな免疫細胞です。この単球は血管から外に出ると、防護服を脱いでマクロファージへと進化するのです。

他の細胞を育成するクラスの担任をしているマクロファージも!

骨髄の中ではマクロファージは赤芽球や未熟胸腺細胞を育成する先生としての役割も担っています。マクロファージの中には赤芽球や未熟胸腺細胞のクラスの担任を担当している者もいます。

赤芽球は赤血球になる前の細胞で、まだを持っています。しかし、赤血球になると核を持っている必要がなくなり、マクロファージによって脱核します。『はたらく細胞』では赤芽球の帽子についた丸いものを取ることで一人前の赤血球になるという描写がされています。脱核のメカニズムをわかりやすく再現しており、クスリとできる演出になっていますね。

こちらの記事もチェック!

マクロファージはかわいいお嬢様!見た目とは裏腹に高い殺傷能力を持つ細胞!

いかがでしたでしょうか。『はたらく細胞』で大活躍(?)のマクロファージの役割について知ることができましたでしょうか。マクロファージは清楚なお嬢様の見た目ながら殺傷能力の高い細胞でした。

マクロファージはナタでウイルスたちを殺したり死んだ細胞や細菌を掃除するだけでなく、抗原や免疫情報を見つけ出す役割、赤芽球や未熟胸腺細胞を育成する役割なども担っています単球の中にはマクロファージに進化する者もおり、同じマクロファージでも場所によって役割が違いました

『はたらく細胞』ではマクロファージ含む細胞たちの役割がわかりやすく描かれています。私たちの体内で細胞がどのように働いているのか、興味を持たれましたらマクロファージたちの活躍を是非一度ご覧になってみてください!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1005142
1
Fessan white 上に戻る