2018.04.28.Sat. 24日前 うめこ

【ヒナまつり】名言・名シーンTOP20!サイキックシュールギャグの見どころを凝縮!

サイキックシュールギャクの面白さを楽しむなら「ヒナまつり」!人の良いヤクザの新田義史の前に、卵型の「何か」に顔だけ出して登場したヒナとの絡みは笑っちゃいますよね。登場人物たちのやりとりが面白い「ヒナまつり」の名言・名シーンをご紹介しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

『ヒナまつり』とは?

2010年から「ハルタ」で連載中の「ヒナまつり」は、漫画家・大武政夫先生のギャグ作品です。これまでに第14巻までが刊行され(2018年4月時点)、2018年4月からはアニメ「ヒナまつり」が放送開始しました。

「芦川組」で若手のインテリヤクザをしている新田義史の家に、ある日突然卵型の「何か」の物体に顔だけ出した女の子「ヒナ」がやって来ます。

ヒナとなりゆきで共同生活をすることになった新田の苦悩とヒナの成長を描く本作。見ているファンのどこかを「くすり」とくすぐる笑いを提供してくれる「ヒナまつり」は、日常のつらさも忘れさせてくれる作品ですよね!

『ヒナまつり』名言・名シーン第20位

「俺にも……食わせていかなきゃいけない家族がいる。失敗は出来ないんだよぉ!!」

新田の噂を聞きつけてあるテレビ局が密着取材を頼んできます。テレビ局の瀬田大介は新田のイメージが高すぎて遺書まで書いて取材に挑んでいました。ところが取材をしていくうちに、思っていた新田のイメージが崩れ去っていきます。

しばらくは見ないフリ考えないフリをしながら取材をしていた瀬田でしたが、とうとう「もうわかったよ……そういう説教も含めてもあんたさぁ……普通過ぎるんだよ!!」と、コンセプトが失敗していたと認めていました。

ですが、放送日が決まっていたためにヤラセを強行しようとした瀬田は「俺にも……食わせていかなきゃいけない家族がいる。失敗は出来ないんだよぉ!!」と奮闘。

うまく演出された番組は、誰もが恐れるヤクザの世界に住む理想的な新田の姿が映し出されていました。最後の決めセリフは新田が言ったのではなく、ヒナだったというのも面白いですよね。

『ヒナまつり』名言・名シーン第19位

「まーあるわな。そりゃあるよ」

芦川組の若手のホープ新田は、ヤクザ人生を謳歌していました。家でゆっくりワインを飲んでいると、卵型の何かから顔だけ出した少女が出現。「な、何これ……」と、目の前で起こっている出来事に信じられない新田……

ワインを飲みすぎたのかもしれないと考えた新田は、怪しい少女をそのままにして就寝…。ところが朝起きてもあったので「まーあるわな。そりゃあるよ」と凄まじい適応能力で現実を受け入れていました。ここからが、新田の悲劇の幕開けとなったのです……。

正体不明の女の子・ヒナを家に置くことになり、ヒナを養育するのに毎月多額のお金を(数百万円)捻出しなければならなくなります。でもこの新田は、ただのインテリヤクザではありません。

小さい頃から母親と妹・新田美佳に鍛えられた家事と、生来の面倒見の良さで、無理に追い出すことをせずに(本当は追い出したかった)ヒナと生活をしていくことに。新田のパパみに思わずときめいてしまいますねこれは……。

こちらの記事もチェック!

『ヒナまつり』名言・名シーン第18位

「お前本当に何かしてたの?俺は全然記憶にないんだけど」

ヒナとの奇妙な共同生活を始めて3年が経ったある日、ヤクザの新田の評価は上がっていました。大体はヒナがやった行動が新田の評価に繋がっているので誤解が多いのですが、同業者で面白くないと考えている勢力も存在するのです……まあいるわな、そりゃいるよ……

高校生になったヒナは新田の身の危険を察知して、次々やってくる危険をさりげなく超能力でフォローしています。「新田が不幸過ぎてヤバイ」ヒナが呟くぐらいなので相当危険な目に遭っているのですが。でも新田は全く気付かず、相談を受けたアンズやマオも超能力で協力していました。普段迷惑をかけられている分、バックが大きいのでした……。

とうとう何かの能力に気付いたヤクザたちは、新田に謝罪に来たのですが「お前本当に何かしてたの?俺は全然記憶にないんだけど」と本当に何も感じていませんでした。そのどっしりと構えた態度に、反対勢力のヤクザたちや新田の直属のヤクザたちも大物っぷりに感心していましたよね。

新田から話を聞いても「フーン、不思議な話だねぇ」と何も言わなかったのも、ヒナが生活に順応しているのが分かるシーンとなっていました。

『ヒナまつり』名言・名シーン第17位

「いや、あのふたりは問題児というより、ただのバカですよ」

帝辺高校に通っているヒナは、中学校時代と変わらないライフスタイルを送っていました。すっかりヒナの世話が日常生活の一部となった新田は、お弁当作りに励んでいます。冷たいお弁当がイヤだと言うヒナに、ご飯が炊ける家電を持たせたり、レンジでチンするようにさせたり涙ぐましい努力と共にブログまで立ち上げていましたよね。どんどん父性が強化されていく……。

ちょっと学校で浮いていたヒナは、愛情のこもった新田弁当を学校の同級生にあげちゃったというのも発覚しています。ヒナなりに充実した高校生活を送っていますが、担任の横山霞は、ヒナと「殺」と書かれたマスクを付けた男子生徒・山中藤次郎(殺マスクと横山は命名)を要注意人物としてマークしていました……。

ヒナはただ単にご飯を食べるために学校へやって来ているだけ、殺マスクはお弁当を食べるときにマスクを眼の部分まで上げたりと、天然な性格なだけだったというのが分かり「いや、あのふたりは問題児というより、ただのバカですよ」と横山は他の先生に伝えていました。いろいろあっても、ヒナの高校生活は無事(?)に過ごせそうですよね。

『ヒナまつり』名言・名シーン第16位

「もう面倒見きれない!アンタ勘当」

新田がアンズと仲良くしているところを見て、危機感を募らせたヒナは、掃除をして褒められようと考えます。やりなれない行動に出たために、部屋はぐちゃぐちゃになり、新田の大切にしている壷も割ってしまいました。

行き過ぎた行動に新田は「もう許さねえ!お前は勘当だ!!」と言ってしまい、困ったヒナは、ホームレス生活をしているアンズのところへ向かいます。「アンタバカな事したわねぇ。ちゃんとあやまったの?」と言ったアンズは、ヒナと一緒に住みながら日常生活を送ることに。

お金持ちの新田と暮らしている時のように過ごしてしまったヒナにアンズは、「もう面倒見きれない!アンタ勘当」と言って追い出しています。新田に「アイツは、ホームレス以下よ」と言い放ったアンズ……。ヒナなりに色々考えているのですがうまくいきませんね……それにしてもアンズの背中が哀愁に満ちていてつらい。

こちらの記事もチェック!

『ヒナまつり』名言・名シーン第15位

「この人に玉の事言う必要ないな。120パーセントで、今を生きてる」

ヒナが所属していた組織の警備主任だった斑鳩景は、資金も少なくなってきて極貧生活をしていました。そこで斑鳩を助けるために召喚されたのがマオ。マオは降り立った時に大事な玉を無人島で紛失……しばらくサバイバル生活を送った後に中国へ渡り、気功少女として日本にやって来ます。

斑鳩に会って玉を無くしてしまった事実を伝えるために、長い間頑張ってきたマオの前に現れた斑鳩は、極貧生活を打破するために働いていたパート先の店長と恋愛をしてゴールイン、3児の母となりお腹には4人目を妊娠しているというのが発覚していました。

当初登場した斑鳩は、仕事を忠実にしていましたが、孤独なキャラクターでしたよね。それが人生を謳歌して日本に適応している姿を見たマオ「この人に玉の事言う必要ないな。120パーセントで、今を生きてる」と考えています。幸せそうな斑鳩罪悪感で頑張ってきたマオのギャップが面白いですよね。

『ヒナまつり』名言・名シーン第14位

「ここは英会話教室じゃないね」

中学生の三嶋瞳はヒナの同級生。学業に加えてバーテンダーの仕事をしていた瞳は、母親の了解も経て堂々と仕事を続けていました。さらにしっかりもので飲み込みの早い瞳は、お店の常連客の評判も良く、アルバイトの依頼が殺到。1つ1つのバイトを丁寧で、かつ的確にこなしていく姿は、とても学生の仕事ぶりに見えませんでしたよね。

そんな瞳の功績は、政財界の偉い人たちにも高評価。しかし多忙からも逃げるために、全ての仕事をお休みして海外へ行って英会話を勉強したいと瞳が考えていると、旅行会社に務めている常連さんが海外留学の手配をしてくれます

やっと手に入れた余暇……。出発当日に航空チケットを無事にもらった瞳が向かうと、なぜか迷彩服を着させられ、筋トレや銃を撃つ練習など、英会話とは程遠い日々を過ごします。っていうかもう完全に軍事訓練だということに瞳も気付いていたものの、しばらく現実逃避をしていました。

ついには「ここは英会話教室じゃないね」と(今更)言っていましたが、帰国すると英会話が出来るようになっていたのはさすがでしたよね(かなり個性的な英語でしたけど……)。ちなみに射撃は1キロ先まで当てます。もう完全にヒットマンですね。

こちらの記事もチェック!

『ヒナまつり』名言・名シーン第13位

「酒作るだけが仕事じゃないでしょ?レジ打ちに雑用、働いて下さいよ」

瞳は、たまたまヒナのことで訪れた新田が常連のバー「Little Song(リトルソング)」でバーテンダーをしています。初めは店主兼バーテンダーの桜詩子冗談でシェイカーを振らせたのですが、飲み込みが早く素質があったためにアルバイトをしていました。

何となくバーテンダーをしている瞳ですが、学校はもちろん親にも当初は内緒で労働……。秘密で作った銀行口座には、バイト代がかなり振り込まれ続けているようで、詩子が瞳に頼り切ってお酒だけ飲んでいるシーンが多く登場しています。詩子のダメっぷりと瞳の有能さが完全に露見してます……。

さすがの瞳も「酒作るだけが仕事じゃないでしょ?レジ打ちに雑用、働いて下さいよ」詩子にチクリと言う場面もありましたが、基本的にはバーテンダーではなく、お酒を楽しむ店主となっている詩子。ダメダメすぎる。

『ヒナまつり』名言・名シーン第12位

「この学校に……いじめなどない……」

「ヒナまつり」では、自分の身の回りで起こったことが非現実すぎるためか、現実逃避をしてしまうキャラクターが多数登場します。ヒナや瞳が通う渡辺中学校の担任・松谷翼も現実逃避をしてしまう人物の1人。

中学生の瞳が、バーテンダーをやっているのを見てしまった松谷先生は、自分の生徒によく似てる人だと言いながら、現実逃避をしていました。そして学校では、オカルトやミステリーが好きな新庄マミが、ヒナが超能力少女で自分の命を取るのではないかと妄想して「命……だけは……」土下座しているところに遭遇してしまいます。

声をかけ事情を聴けば誤解だと判明するのですが、色々な状況を踏まえた結果、現実逃避をした松谷先生「この学校に……いじめなどない……」と言ってその場から離れていきました。駄目な大人が多いですねこの漫画は!!

『ヒナまつり』名言・名シーン第11位

「半分はやさしさで出来ている」

足を怪我しているヒナを誘拐した男たちは、新田の会社からお金を借り、借金地獄に陥っていました。大人しいヒナと、誘拐犯から電話が来ているのに「んじゃ、夕飯前には帰って来いって伝えといて」と言う新田に誘拐犯たちのほうが動揺超能力を使って帰ろうとしていたヒナでしたが、足の痛みで使えませんでした。

ヒナも帰って来ない誘拐犯も何度も電話をかけてくるので、心配した新田は救出に向かいます。テレビ番組の演出だと聞かされていたヒナは、まだ演技をし続けてのん気にしていました。どこから突っ込めばいいのやらもうわからないですね……。

新田もヒナが足が痛くて超能力が使えなかったと状況を把握し、状況を打破するために考えていたのは、自分が飲んでいた痛み止めをヒナに飲ませて超能力を使わせるという方法……。どうやって飲ませるかを苦慮していた時に、誘拐犯が頼んでいた出前を持ってきたアンズがやって来てヒナに飲ませるのに成功します。

「お前はどう行動するんだ!お前のアドリブ力見せてみろー」と熱弁をふるう新田に「半分はやさしさで出来ている」と言って超能力を使って脱出しました。まだ痛み止めは効いていませんが、プラシーボ効果恐るべしですよね。

『ヒナまつり』名言・名シーン第10位

「プライベートにおいて、自分はもはや主夫だと気付く」

ヒナがやって来てからというもの、新田は、食事、洗濯、掃除、ヒナの学校の心配などなど面倒を見てきました。その甲斐もあって、スーパーで出会った瞳にアドバイスする新田が、面倒見の良いおばさんに見えた人もいるのではないでしょうか。

瞳と別れて家に帰ると、トイレットペーパーが無いと叫ぶヒナにある場所を伝え、使い古したタオルを雑巾にし、お風呂から出たヒナの後始末をしていました。最後にはヒナの大好きなミートボールがないから、どうしようかと悩んでいます。

「プライベートにおいて、自分はもはや主夫だと気付く」と、やっと自分の置かれている状況を把握した新田には哀愁が漂っていました。プライベートでは主夫業が板についていますが、ヤクザ家業もかなり順調なんですけどね……。

『ヒナまつり』名言・名シーン第09位

「仕事もせずダラダラ過ごし、いたずらに暴力を振るう。お前はミカのようになるつもりか!」

新田の周りにいるグータラ女性は、ヒナだけではありません。妹・美佳のグータラはヒナの上をいっていました。まず家では何もしないのは当たり前の美佳は、勢いで仕事場も退職してしまいます。新田を頼って田舎から上京してきた美佳は、ヒナをゲーム中に誤まって殴り怪我をさせてしまったりと、圧倒的な存在感と(パワー)を放ちました。

2ヶ月経っても何もしないでいる美佳に、新田が仕事を斡旋しても上手くいきません。ようやく美佳が田舎に帰ると、新田はヒナの10年後を見た気分になっていました。美佳にならないように、ヒナに教育を開始した新田とそれに抵抗するヒナ。

そこで新田は「その首を、お前のその首を誰がやったのか思い出せ。あの後、お前が完全にミカを避けてただろ。今まさにお前がした行為だ」「仕事もせずダラダラ過ごし、いたずらに暴力を振るう。お前はミカのようになるつもりか!」とド正論で諭していました。

これには抵抗していたヒナも「ああはなりたくない」と行き過ぎる位に考えを改めていましたよね。美佳の破壊力は絶大でした!新田の愚妹はある意味素晴らしい働きをしましたね。

『ヒナまつり』名言・名シーン第08位

「若頭!若頭!若頭!若頭!」

芦川組の若手として、うまくヤクザの世界を渡り歩いてきた新田に、危機が訪れた時期がありました。それは組長・芦川良彦が病に倒れ、跡目問題が出てきた時です。芦川組長が病床で新田を指名したと聞いて、刑務所から出所した内藤龍彦芦川組の若頭の馬場清はざわついていました。

どちらにもかわいがってもらっている新田にしてみれば、寝耳に水の話なのですが、病床で芦川組長が冗談で言った話を、新田の舎弟・サブが真に受けて馬場と内藤に伝えていたことが発覚します。発覚した時には、新田はコンクリート詰めにされていた状態……。

誤解だった分かった時の状況としては最悪でしたよね。馬場と内藤は、気まずさを打ち消すために、新田を若頭にしちゃおう!と盛り上がりました。その場にいた全員は「若頭!若頭!若頭!若頭!」の大合唱……。

新田にはしこりが残ったみたいですが、今回の早とちりの馬場と内藤(そしてサブ)は、いかつい容姿とは違って早とちりのエピソードを持つ人物ですよね。この2人にかかっては、新田も文句は言えません。

『ヒナまつり』名言・名シーン第07位

「私ひとりだけ、こんなにおいしいごはん、食べてていいのかなぁ。みんなバラバラになって、ひとりになってるのに」

ヒナを処分するために組織から派遣されてやって来たアンズは、転送装置の玉を新田が誤まって洗濯物と一緒に、洗濯機の中に入れてしまい故障……。帰れなくなったアンズはサバイバル生活を始めます。

ヒナに会う前にもサバイバル生活をしていたアンズでしたが、資金も底を付いたために、万引きや無銭飲食をするという荒んだ生活へ突入します。アンズの行く末が心配になったホームレスの先輩は、ホームレス生活を伝授していました。

順調に行っていたホームレス生活は、突如公園からの強制退去で終わりを迎えます。アンズの将来を心配したホームレスの先輩は、中華料理店を営んでいる林夫婦のところへ住み込みで働けるように手配してくれました。

他のホームレス仲間が帰る家も無くホームレス生活を続けているのに自分だけが……と思ったアンズは「私ひとりだけ、こんなにおいしいごはん、食べてていいのかなぁ。みんなバラバラになって、ひとりになってるのに」と悲痛な気持ちを呟いています。アンズヒナとはまた違う優しさを持っている女の子ですよね。新田がほだされるのもわかります。

こちらの記事もチェック!

『ヒナまつり』名言・名シーン第06位

「これからも、俺はヒナを大切に育てていくぜ~!!イエ~イ」

田舎に帰省した新田は、母親と妹の美佳に連れて来たヒナとどういう関係なのか説明するのに四苦八苦。まずはヒナのお父さんが刑務所に入っている間、自分が世話することになったとウソを付きますが、「すごかったね、さっきの話」「Vシネから感動モノへの展開がヤバイ」ウソを見抜かれていました

そして、実家に帰っても家事全般は新田の役目となり、ヒナと母親、美佳の3人の時間が多くなります。そこで次々出るヒナのボロに新田は対応するのですが、ウソに限界がやって来ました。頑張るヒナを見て新田は「ヒナは、俺の娘だ!」真実らしいウソを付いています……!

これで納得した母親と美佳は、2人を仏壇の前に連れて行って亡くなった父親に、新田に子供が出来ていたと報告しています。

新田もヒナを育てる決意表明をしながらテンションが上がって「これからも、俺はヒナを大切に育てていくぜ~!!イエ~イ」と爆弾発言。新田家は明るくヒナを迎えていました。ヒナが新田の娘というのもウソなのですが、みんなが納得してるからいいですよね。

『ヒナまつり』名言・名シーン第05位

「もうダメだ……普通の女の子に戻りたいっ……!」

中学生バーテンダーとして活躍していた瞳でしたが、母親と夜出歩いていることでケンカして家出をします。詩子のすすめで新田に格安でマンションを紹介してもらい、1人暮らしを始めました。

自立したために、バイトを増やし、超多忙な生活を送り始めた瞳は、ある日涙が止まらなくなり限界を迎えてしまいます。詩子が瞳の家で引っ越しパーティーをやろうと提案した時には、パーティーの準備もしなくてはいけないと動揺して「もうダメだ……普通の女の子に戻りたいっ……!」と泣いていました。母親を呼んで全てを終わらせようとしますが……。

無慈悲にも決行されるパーティ。パーティー当日には、母親に会った大会社の社長たちが瞳のことをベタ褒めしていました。母親も動揺していたのに社長たちに褒められ「娘をよろしくお願いします」と思わず言っています。

「この行動力、こんなのを見せられたら、母さんには止められそうにもないわね……」と自分の娘を褒めていました。母親の公認を得てしまい、これで瞳の描いた計画は失敗……。「結局、私は……何がしたかったんだろう……」と言っていますが、瞳が出来る中学生だったのがいけなかったのか……。

そして、このスーパー中学生・瞳に魅了された詩子が、バーテンダーとして堕落していく……というストーリーもあり、「Little Song」の成り行きから目が離せなくなったファンが多数発生したのは間違いないですよね!瞳……可哀想な子……。

『ヒナまつり』名言・名シーン第04位

「まぁ!!俺、死んでる!!」

いつも家事全般をまかせっきりにして3年が経過したヒナですが、若頭になった新田のお祝いをしようと考えます。ネットや周辺の人たちに、どんなお祝いをしたらいいのか聞いて回ったヒナは、聞いた情報を全てやってお祝いしようと結論を出しました。

超能力を使ってセッティングしたり、お小遣いで花束を購入したりと、ヒナには珍しく順調に進んでいます。お酒は未成年だったので売ってもらえず、ケーキを買おうとしますが、残念ながら予算が足りず断念。それでもヒナの工夫で次々と乗り越えていきました。とうとう帰って来た新田の感想は「まぁ!!俺、死んでる!!」。

ヒナの工夫で乗り越えて作った全てが悪いほうに作用していたので、新田の感想は間違ってはいませんが「若頭に出世おめでとう」とヒナがお祝いの言葉を口にすると「ありがとう」と、嬉しそうにお礼を言っていました。塩で作ったケーキや遺影に似た写真立ては凄い発想でしたよね。

『ヒナまつり』名言・名シーン第03位

「私やっぱりこの店がなくなるのはいやだ」

ホームレス生活から脱却し、中華料理店「来々軒」を経営する林夫妻のところで住み込みのバイトを始めたアンズは、ホームレス生活で人としての思いやりを学んでいました。林夫妻も、アンズを本当の娘のように思いやりを持って接し3人は家族として3年間生活をしています。

3人が切り盛りしていた来々軒は、区画整理のために立ち退きを余儀なくされ、林夫婦は店を閉店する決意を固めていました。少しでも2人を楽にさせようと、おじさんからラーメン作りを教わり始めていたアンズは、「私やっぱりこの店がなくなるのはいやだ」と言って閉店を反対します。

店を何とか続けたいと考えたアンズに対しておじさんは、大声を出して反対していましたよね。店がアンズの将来の足かせになってはいけないと考えたおじさんの親心……。でも、アンズも、同じくらい2人の守ってきた来々軒を受け継いでいきたいと強く考えていました。

アンズの気持ちを考えたおじさんは、来々軒を開く前に使っていた屋台をプレゼントしています。厳しいながらもアンズを思う林夫婦と、娘のように育ててくれた林夫婦に恩返しをしてあげたい!と慕うアンズの姿が毎回ほっこりしますよね。

『ヒナまつり』名言・名シーン第02位

「労働にはそれに見合った報酬を得るんだ。これが、大人の世界」

ヒナは超能力を定期的に使わないと、能力が暴走してしまう女の子でした。能力の暴走を無くそうと考えた新田は、ある山の土地を切り開くのにヒナの力を使わせていましたよね。新田の要望に的確に応えたヒナは本当に能力者なんだなぁと最初に実感するシーンかもしれません。

山から帰る車中で新田はとても喜んでいましたが、喜んでいる新田を見たヒナは「……今の新田、私の知ってる目。大人の目」今まで力を利用してきた大人たちを思い出していました。それを感じた新田は、イクラの大好きなヒナに特上イクラ丼をご褒美にご馳走します。

「労働にはそれに見合った報酬を得るんだ。これが、大人の世界」と言っていました。ヤクザの新田がヒナの能力を都合の良いように使うのは簡単だと思いますが、(散々大金を消費されているのに)それを使わずに1人の人間として接しているシーンでしたよね。

イクラの軍艦で喜んでいたヒナが、イクラ丼という食べ物があるのを知らずにカルチャーショックを受け、食べ終えた後には「あえて言うならうまい。これで私も大人の女」ご飯粒を付けたまま喜んでいたのもかわいいシーンでした。

『ヒナまつり』名言・名シーン第01位

「どんだけ壺好きなんだ」

ヒナがイクラ大好きな一方で、新田が大好きなのは壷でした。ヒナがやって来た時も壷を眺めながらワインを飲んでいましたし、オークションなどで数百万もする壷を購入したりしていましたよね。ヒナも新田が大事なのは壷と重々分かってるので、頼み事がある時には、壷を割ると言って新田を服従させていました。

新田の大事な壷は、ヒナは何かあるたびに割ってしまいます。新田に褒められたくて家中を掃除しようとした時も、買ったばかりの高級な壷を割ってしまい、呆然としてしまっていましたよね。ついには、自分で壷を作るという壷マニアとしての究極の行動に出ていました。

さすがのヒナも壷作りに没頭し過ぎた新田に、「私と壺、どっちが大事なの?」と冷静に問いかけています。「お前、ばっかじゃねぇの?」即座に新田も返答していましたけど、ヒナを怒らせるだけですよね。

すぐに新田は家族と壷は違うし、一緒に壷作ろう!と説得すると「まぁ…新田がそこまで言うなら、作ってもいいよ」と言っていました。何だかんだ言いながらも、出会いの頃から考えると、2人はちゃんと家族をしているんですよね。

【ヒナまつり】これからもサイキックシュールギャグが楽しみ!

超能力を持った少女・ヒナと、インテリヤクザの新田義史の奇妙な共同生活を中心に描かれた「ヒナまつり」はサイキックシュールギャクコメディ作品です。会話ごとの的確なツッコミと、日常では有り得ない設定なのに、どこかリアリティがあるためヒナまつりワールドに魅了されるファンも多いですよね。

原作版では、途中からヒナが新田と共同生活を始めて3年が過ぎ、ヒナ、アンズ、瞳の3人の少女たちがどう成長しているのかが描かれ始めました。中学時代よりさらにシュールさを増しているストーリー展開は、ファンを飽きさせません。

2018年4月からアニメ「ヒナまつり」も放送スタートし、ますますファンは増殖中です。これからも注目していきたい作品の今後の展開が楽しみですよね!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1005501
1
Fessan white 上に戻る