2015.08.25.Tue. 1年前 名無し

狂気のマッドサイエンティスト!涅マユリの魅力を徹底解剖!【ブリーチ】

ブリーチの中でもキャラクターがたちすぎていて顔芸まで多彩な涅マユリ。そんなマユリの斬魄刀から技から名言まで徹底解析してしまうぞ!ネムもちょろっと出てくるのでお楽しみに。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 3

プロフィール

所属:護廷十三隊十二番隊隊長
身長:174cm
体重:54kg
誕生日:3月30日
好物:サンマ
嫌いな食べ物:ネギ

所属:護廷十三隊十二番隊隊長
身長:174cm
体重:54kg
誕生日:3月30日
好物:サンマ
嫌いな食べ物:ネギ

容姿

白い肌に黒い化粧を施した姿をしている。
髪は基本的に青。
自分の身体を改造して仕掛けや武器を多種多様に取り揃えている。
耳と顎は特殊なパーツに改造されていて耳には鎌が内蔵されている。
右手中指の爪だけ以上に長くファッションなのかは不明。
化粧の下の顔は意外と普通だがお洒落な彼はたびたび服装、髪型、化粧を変えて登場し我々読者を楽しませてくれる。
袖のあるタイプの隊長羽織で羽裏色はとくさいろ。

白い肌に黒い化粧を施した姿をしている。
髪は基本的に青。
自分の身体を改造して仕掛けや武器を多種多様に取り揃えている。
耳と顎は特殊なパーツに改造されていて耳には鎌が内蔵されている。
右手中指の爪だけ以上に長くファッションなのかは不明。
化粧の下の顔は意外と普通だがお洒落な彼はたびたび服装、髪型、化粧を変えて登場し我々読者を楽しませてくれる。
袖のあるタイプの隊長羽織で羽裏色はとくさいろ。

性格

マッドサイエンティスト。
研究や実験ばかりであり中でも人体実験を得意とする。
敵として戦う相手を大体実験材料として認識する。
更木剣八とは険悪になる場面が多く、朽木白哉とは皮肉を言い合い、卯ノ花烈とは腹黒い会話をしたりと他者との仲はあまり良好ではない。
初期のマユリは冷酷で残虐で非倫理的な行動が目立っていたが破面篇以降何があったか隊長としての才能と使命感を併せ持ち瀞霊廷を護るための彼なりの最善の選択がその行動なんだというようなことが語られ彼の人気はストップ高である。

マッドサイエンティスト。
研究や実験ばかりであり中でも人体実験を得意とする。
敵として戦う相手を大体実験材料として認識する。
更木剣八とは険悪になる場面が多く、朽木白哉とは皮肉を言い合い、卯ノ花烈とは腹黒い会話をしたりと他者との仲はあまり良好ではない。
初期のマユリは冷酷で残虐で非倫理的な行動が目立っていたが破面篇以降何があったか隊長としての才能と使命感を併せ持ち瀞霊廷を護るための彼なりの最善の選択がその行動なんだというようなことが語られ彼の人気はストップ高である。

家族

義骸技術と義魂技術を駆使して作った人造人間・涅ネムを娘と言い、捨て駒として扱う場面もあるが彼なりに愛情はあるようだ。
ネム自身もマユリには絶対の信頼があるようで付き従っている。

義骸技術と義魂技術を駆使して作った人造人間・涅ネムを娘と言い、捨て駒として扱う場面もあるが彼なりに愛情はあるようだ。
ネム自身もマユリには絶対の信頼があるようで付き従っている。

過去

思想犯として蛆虫の巣に閉じ込められていた浦原喜助により技術を買われ十二番隊第三席兼技術開発局副局長に就任。
藍染の陰謀により隊長兼局長の浦原が追放、当時副隊長兼室長だったひよりも解任されたことで繰り上がり今の隊長兼局長という地位になった。

思想犯として蛆虫の巣に閉じ込められていた浦原喜助により技術を買われ十二番隊第三席兼技術開発局副局長に就任。
藍染の陰謀により隊長兼局長の浦原が追放、当時副隊長兼室長だったひよりも解任されたことで繰り上がり今の隊長兼局長という地位になった。

斬魄刀

疋殺地蔵

マユリにより数々の改造が加えられている斬魄刀
折れても平気な強い子である

マユリにより数々の改造が加えられている斬魄刀
折れても平気な強い子である

始解「掻き毟れ『疋殺地蔵』」

始解するとうねった三本の刀身に根元に赤子のような顔が浮かんだ形状になる。
斬りつけた相手の四肢を動かなくさせてしまう能力があり、傷が癒えても四肢は封じられたままとなってしまう。
後に改造が加えられセンサー搭載、自身の周囲2尺以内に侵入した刃に対して自動的に接触する設定が施されていた。

始解するとうねった三本の刀身に根元に赤子のような顔が浮かんだ形状になる。
斬りつけた相手の四肢を動かなくさせてしまう能力があり、傷が癒えても四肢は封じられたままとなってしまう。
後に改造が加えられセンサー搭載、自身の周囲2尺以内に侵入した刃に対して自動的に接触する設定が施されていた。

卍解『金色疋殺地蔵』

芋虫のような赤子のような巨大な生物が召喚される。
周囲100間にマユリの血から生成された致死毒をまき散らす。この毒は毎回配合が変わることに加え自身の血からできているためマユリとネムには効かないと言う強すぎる毒。
この生物の胸からは無数の刃を生やして攻撃することもできるほか、単純に巨大な生物的な存在であるため質量攻撃や相手を喰らう事もできる。

出典: 3dsxxx.biz

芋虫のような赤子のような巨大な生物が召喚される。
周囲100間にマユリの血から生成された致死毒をまき散らす。この毒は毎回配合が変わることに加え自身の血からできているためマユリとネムには効かないと言う強すぎる毒。
この生物の胸からは無数の刃を生やして攻撃することもできるほか、単純に巨大な生物的な存在であるため質量攻撃や相手を喰らう事もできる。

万一相手に操られたときを想定しマユリを襲うことがあれば自動的に消滅するように改造されている。
このおかげで卍解時に刀が折れても何とかできる数少ない斬魄刀。

万一相手に操られたときを想定しマユリを襲うことがあれば自動的に消滅するように改造されている。
このおかげで卍解時に刀が折れても何とかできる数少ない斬魄刀。

「虫喰玉(むしくいだま)」
霊弾を飛ばし爆発させ、球状のダメージを与える。

「贋膚(にせはだ)」
景色の一部として溶け込み身を隠す技。質感まで再現する。

「肉爆弾(にくばくだん)」
他の死神の体内に遠隔操作型の爆弾を仕込んでおき、任意でスイッチを押してその死神ごと爆発させるえげつない技。

「蛇腹腕(じゃばらかいな)」
腕にワイヤーのようなものを仕込んでおき、ロケットパンチの要領で伸ばし敵を捕らえる。一度使用すると戻せなくなる。

「蛇腹腕(じゃばらかいな)」
腕にワイヤーのようなものを仕込んでおき、ロケットパンチの要領で伸ばし敵を捕らえる。一度使用すると戻せなくなる。

「肉飛沫(にくしぶき)」
斬魄刀で斬った対象を液体にする能力。他人には使用したシーンが無く自身の逃走に用いている。使用すると1週間(キャラブックでは3日)元に戻れないらしい。この能力は始解時でなくても使用できる。

戦闘シーン

尸魂界篇

VS石田雨竜
激怒した雨竜により致命傷かと思われる傷を負うが液体化し逃走。

VS石田雨竜
激怒した雨竜により致命傷かと思われる傷を負うが液体化し逃走。

破面篇

VSザエルアポロ
石田に感染させていた監視用の菌を通じて戦闘を分析し対策を講じてきた。
一度勝ったかに見えてネムを苗床にし実はザエルアポロ生きてたぜと復活した際には、実はお前が通ったネムの場所には「超人薬」が入っていたんだぜと復活したザエルアポロを難なく討ち取った。
この際ザエルアポロの研究材料保管庫から遺体を持ち出し後々の戦いに使っているほか、全てが終わった後虚圏に通いデータを集めていたらしい。

VSザエルアポロ
石田に感染させていた監視用の菌を通じて戦闘を分析し対策を講じてきた。
一度勝ったかに見えてネムを苗床にし実はザエルアポロ生きてたぜと復活した際には、実はお前が通ったネムの場所には「超人薬」が入っていたんだぜと復活したザエルアポロを難なく討ち取った。
この際ザエルアポロの研究材料保管庫から遺体を持ち出し後々の戦いに使っているほか、全てが終わった後虚圏に通いデータを集めていたらしい。

千年血戦篇

VSアスキン・ナックルヴァール
技術開発曲に現れたアスキンだがマユリが「見えざる帝国」が影に潜んでいたと見抜いていたためネムと共に光り輝く衣装を着て対峙したところ「面倒な相手」と認識され撤退。
マユリも分析する時間を作るために追わなかったため対峙しただけで終わった。

VSアスキン・ナックルヴァール
技術開発曲に現れたアスキンだがマユリが「見えざる帝国」が影に潜んでいたと見抜いていたためネムと共に光り輝く衣装を着て対峙したところ「面倒な相手」と認識され撤退。
マユリも分析する時間を作るために追わなかったため対峙しただけで終わった。

VSジゼル・ジュエル
ジゼルの能力に興味を持ちネムと共に出陣。
霊子固定装置などの技術を駆使してゾンビ化あいたバンビエッタの爆撃を無効化にしただけでなく、破面篇で回収しておいた遺体と技術で作成したルピ、ドルドーニ、チルッチ、クールホーンの四体のゾンビを動員しジゼルと交戦。
ジゼルが日番谷のゾンビを召喚したため疋殺地蔵の能力とゾンビに仕掛けていた薬で日番谷(ゾンビ)を戦闘不能にし、その後召喚された六車、鳳橋、乱菊のゾンビにも同様に対処しジゼルを撃破した。

VSジゼル・ジュエル
ジゼルの能力に興味を持ちネムと共に出陣。
霊子固定装置などの技術を駆使してゾンビ化あいたバンビエッタの爆撃を無効化にしただけでなく、破面篇で回収しておいた遺体と技術で作成したルピ、ドルドーニ、チルッチ、クールホーンの四体のゾンビを動員しジゼルと交戦。
ジゼルが日番谷のゾンビを召喚したため疋殺地蔵の能力とゾンビに仕掛けていた薬で日番谷(ゾンビ)を戦闘不能にし、その後召喚された六車、鳳橋、乱菊のゾンビにも同様に対処しジゼルを撃破した。

VSペペ
白哉の元に現れ「性能調査」とし六車、鳳橋を連れて白哉の危機を救うもペペがリルトットに食べられて戦闘終了。

VSペペ
白哉の元に現れ「性能調査」とし六車、鳳橋を連れて白哉の危機を救うもペペがリルトットに食べられて戦闘終了。

今までの実験台

滅却師

雨竜の祖父を含むその他2661人もの滅却師を実験体として研究していた。

雨竜の祖父を含むその他2661人もの滅却師を実験体として研究していた。

ネム

人造人間としての研究結果ともいえるような娘

人造人間としての研究結果ともいえるような娘

マユリ自身

改造に改造を重ねている

改造に改造を重ねている

各隊長各

日番谷、六車、鳳橋、乱菊といったあたりもゾンビ化されたのちにマユリにより何かしらの手を加えられてしまった

日番谷、六車、鳳橋、乱菊といったあたりもゾンビ化されたのちにマユリにより何かしらの手を加えられてしまった

破面

ルピ、ドルドーニ、チルッチ、クールホーンと死してなおザエルアポロに捕らえられていたところから持ち出され実験台になりマユリ側のゾンビとして使用された。

ルピ、ドルドーニ、チルッチ、クールホーンと死してなおザエルアポロに捕らえられていたところから持ち出され実験台になりマユリ側のゾンビとして使用された。

名言

「完璧な生命、か…世界には完璧な物など存在しないのだヨ。」

「凡人どもは完璧に憧れ、それを求める。
だがネ、完璧に何の意味がある?
何も無い。何も、何一つだ。」

「私は完璧を嫌悪する!!完璧であれば、それ以上は無い。そこに創造の余地は無く、それは知恵も才能も立ち入る隙がないと言う事だ。」


「我々科学者にとって、完璧とは絶望だヨ。」


「今まで存在した何物よりも素晴しくあれ、だが、けして完璧であるなかれ。科学者とは常にその二律背反に苦しみ続け、更にそこに快楽を見出す生物でなければならない。」


マユリ顔面まとめ

素顔


初期


出典: ks.c.yimg.jp

破面あたりの一番よく見かけるマユリ


彼にかかれば離れ目など造作もない

彼にかかれば離れ目など造作もない

ツタンカーメン


太陽コス

彼はまた一つ新たなステージへと上り詰めた

出典: p.twpl.jp

彼はまた一つ新たなステージへと上り詰めた

1 ゲスト 7ヶ月前

マユリ様カッコすぎる全てのアニメ漫画の中で一番好き

返信
like
24
dislike
2
2 ゲスト 8日前

ドヤ顔の達人枠

返信
like
1
dislike
0
3 ゲスト 8日前

ただご都合主義な後づけで作者がマンセーしてるだけだろ、初期の鬼畜度を考えれば
石田にあのまま殺されててもおかしくなかったのに

返信
like
0
dislike
1

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

3564
1
Fessan white 上に戻る