2015.11.30.Mon. 1年前 ごま

目的は一つ!奴らより強くなること M.O.手術(モザイクオーガンオペレーション)の用語・設定まとめ

テラフォーマーズに登場するM.O.手術の細かい設定についてまとめました。 バグズ手術からより発展したM.O.手術。コミックではバラバラで少しわかりにくい等設定をわかりやすくまとめてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

M.O.手術とは?

バグズ手術から20年後、アネックス1号の船員たちに施された新たな手術。
バグズ手術をベーズとしており、2599年から2620年にドイツのU-NASAにおいてアドルフ少年対してデンキウナギをベースとしたバグズ手術が施術された。結果は成功。これが世界で初めてのM.O.手術の成功例となった。

バグズ手術から20年後、アネックス1号の船員たちに施された新たな手術。
バグズ手術をベーズとしており、2599年から2620年にドイツのU-NASAにおいてアドルフ少年対してデンキウナギをベースとしたバグズ手術が施術された。結果は成功。これが世界で初めてのM.O.手術の成功例となった。

バグズ手術との違いは?

大きな違いはバグズ手術とは異なり、昆虫以外で行えること。これにより、地球上にいる現存する全種類の動植物をベースとすることが可能となった。例えば、アレックスのオウギワシ、劉のヒョウモンダコ、イワンのチョウセンアサガオなどがわかりやすい例ですね。

大きな違いはバグズ手術とは異なり、昆虫以外で行えること。これにより、地球上にいる現存する全種類の動植物をベースとすることが可能となった。例えば、アレックスのオウギワシ、劉のヒョウモンダコ、イワンのチョウセンアサガオなどがわかりやすい例ですね。

より強化された能力たち

M.O.手術はバグズ手術の「開放血管系の併用」「強化アミロースの甲皮」を獲得させることも目標にされた。これはベースとなる生物の形状に合わせられるように多様性に富んだ”ツノゼミ類”の甲皮・開放血管・筋力を上乗せすることにより解決された。加えて、昆虫型はより硬く強力に、それ以外のベースはバグズ手術の能力を残したままそれぞれの生物の特殊能力を使用できる。

M.O.手術はバグズ手術の「開放血管系の併用」「強化アミロースの甲皮」を獲得させることも目標にされた。これはベースとなる生物の形状に合わせられるように多様性に富んだ”ツノゼミ類”の甲皮・開放血管・筋力を上乗せすることにより解決された。加えて、昆虫型はより硬く強力に、それ以外のベースはバグズ手術の能力を残したままそれぞれの生物の特殊能力を使用できる。

薬物の投与方法

ベースを引き出すトリガーとなる薬物の投与方法も多様化した。例えば、ミッシェル、燈などの昆虫ベースは注射、イワンの植物ベースはカプセル剤、アドルフの魚ベースは散剤、アシモフの甲殻ベースは吸入(経口の可能性も有り)などなど。これは今まで作中で出てきた方法ですが、今後、他の方法が出てくる可能性もありますね。

ベースを引き出すトリガーとなる薬物の投与方法も多様化した。例えば、ミッシェル、燈などの昆虫ベースは注射、イワンの植物ベースはカプセル剤、アドルフの魚ベースは散剤、アシモフの甲殻ベースは吸入(経口の可能性も有り)などなど。これは今まで作中で出てきた方法ですが、今後、他の方法が出てくる可能性もありますね。

その他の特性として

1、女性の方が適合率は高い
2、基本はバグズ手術が元となっているため、成功率は以前低いままである。
3、アネックス1号の搭乗者は火星環境下におけるゴキブリ制圧能力のランキング”略して「M.A.R.S.(マーズ)ランキング」でランク付けされている。このランキング上位者たちを最前線に置いた陣形をとることで、ライキング下位者たちは比較的安全な場所でサンプル採取や艦内の作業を行い、目標数のウイルスを集められた時点で帰還となる。

1、女性の方が適合率は高い
2、基本はバグズ手術が元となっているため、成功率は以前低いままである。
3、アネックス1号の搭乗者は火星環境下におけるゴキブリ制圧能力のランキング”略して「M.A.R.S.(マーズ)ランキング」でランク付けされている。このランキング上位者たちを最前線に置いた陣形をとることで、ライキング下位者たちは比較的安全な場所でサンプル採取や艦内の作業を行い、目標数のウイルスを集められた時点で帰還となる。

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

4798
1
Fessan white 上に戻る