2015.12.27.Sun. 1年以上 mishima

見たければ金を払え 貝木泥舟の名言セリフ50選【物語シリーズ】

金銭ためなら、子供でさえ騙すことを厭わない詐欺師『貝木泥舟』。 そんな彼の名言・名シーン50選をみたいか、見せてやる。金をはらえ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 4

貝木泥舟(かいきでいしゅう)とは?

言葉巧みに怪異を操るベテラン詐欺師

<b>&nbsp;西尾維新=原作のアニメ『物語シリーズ』の登場人物。黒い喪服のようなスーツに身を包んだ不吉な雰囲気を漂わせる男。なによりも金銭を至上とし、それを元にした徹底的な行動論理で動く。</b><br><b>&nbsp;貝木の職業は「詐欺師」であるがただの詐欺師ではなく、主人公である暦が困った際に幾度もなく手助けをしてくれた、忍野メメと大学時代を共にした怪異の専門家でもあり、詐欺の手口に偽物の怪異を用いるのが基本となっている。<br>&nbsp;かつて、若かりし時の戦場ヶ原ひたぎを騙していた過去があり、主人公とも因縁深い人物。主人公の後輩である千石撫子も、貝木の詐欺の被害者となっている。<br></b><br><b>&nbsp;『物語シリーズ・セカンドシーズン』の最終話「恋物語」では、まさかの主要キャラの抜擢。視聴者を裏切るような良心を見せ、尚且つそのハードボイルドさで人気が急上昇し、「実は根は良い奴」という評価を得るが、「恋物語」の最後のシーンにて、過去に騙した子供に襲撃され血まみれとなって倒れ伏してしまった...。<br>&nbsp;貝木は一体どうなってしまったのか!?</b><br>

 西尾維新=原作のアニメ『物語シリーズ』の登場人物。黒い喪服のようなスーツに身を包んだ不吉な雰囲気を漂わせる男。なによりも金銭を至上とし、それを元にした徹底的な行動論理で動く。
 貝木の職業は「詐欺師」であるがただの詐欺師ではなく、主人公である暦が困った際に幾度もなく手助けをしてくれた、忍野メメと大学時代を共にした怪異の専門家でもあり、詐欺の手口に偽物の怪異を用いるのが基本となっている。
 かつて、若かりし時の戦場ヶ原ひたぎを騙していた過去があり、主人公とも因縁深い人物。主人公の後輩である千石撫子も、貝木の詐欺の被害者となっている。

 『物語シリーズ・セカンドシーズン』の最終話「恋物語」では、まさかの主要キャラの抜擢。視聴者を裏切るような良心を見せ、尚且つそのハードボイルドさで人気が急上昇し、「実は根は良い奴」という評価を得るが、「恋物語」の最後のシーンにて、過去に騙した子供に襲撃され血まみれとなって倒れ伏してしまった...。
 貝木は一体どうなってしまったのか!?

貝木泥舟を演じた声優さんは?

役そのものになることに全力を捧げる実力派!三木眞一郎 さん

<hr>主な代表作
● 『モンスターモンスター』 コジロウ
● 『BLEACH』 浦原喜助
● 『機動戦士ガンダムOO』 ロックオン・ストラトス ほか<hr>
 「声を出すことができないキャラクターの人生を再現するのが仕事。」を信条としており、「キャラクターを演じる」のではなく「任せてもらっている」と認識しており、その考え方はラジオ出演の際などに「~を演じている」という表現を避け、「~の声」と必ず自己紹介するところからも見て取ることが出来る。


主な代表作
● 『モンスターモンスター』 コジロウ
● 『BLEACH』 浦原喜助
● 『機動戦士ガンダムOO』 ロックオン・ストラトス ほか

 「声を出すことができないキャラクターの人生を再現するのが仕事。」を信条としており、「キャラクターを演じる」のではなく「任せてもらっている」と認識しており、その考え方はラジオ出演の際などに「~を演じている」という表現を避け、「~の声」と必ず自己紹介するところからも見て取ることが出来る。

『偽物語』の名言・名シーンが見たいか、見せてやる。金を払え。

『俺は貝木という。そう、貝塚の貝に、枯れ木の木だ。』

物語シリーズの主要キャラの中でも特に曲者の<b>『貝木泥舟』</b>。そんな彼の初登場を飾るのは<b>『偽物語』</b>の第3話かれんビーの神原家の前である。初登場とともに阿良々木くんとも初の顔合わせでもある。<br><br>2人の因縁はここから始まった。

物語シリーズの主要キャラの中でも特に曲者の『貝木泥舟』。そんな彼の初登場を飾るのは『偽物語』の第3話かれんビーの神原家の前である。初登場とともに阿良々木くんとも初の顔合わせでもある。

2人の因縁はここから始まった。

『ただし、俺が枯れ木だとすれば、お前は若木なのだろうがな』

自分が枯れ木とするならば、阿良々木は若木だといった貝木。それは年を食っている自分を枯れ木に例えて行った言葉なのか、それとも阿良々木くんのその未熟さを若木に例えて言った言葉なのかは定かではない。<br>

自分が枯れ木とするならば、阿良々木は若木だといった貝木。それは年を食っている自分を枯れ木に例えて行った言葉なのか、それとも阿良々木くんのその未熟さを若木に例えて言った言葉なのかは定かではない。

『お前は最近の若者にしては礼儀正しいな。それに、気遣いのできる男だおもしろい』

知り合ったばかりの<b>貝木</b>に対して親切にする<b>阿良々木くん</b>に興味を持った様子。ただ自分に関してはそこまでの気遣いは無用だと言い放つ。

知り合ったばかりの貝木に対して親切にする阿良々木くんに興味を持った様子。ただ自分に関してはそこまでの気遣いは無用だと言い放つ。

『今回の件から俺が得る教訓は真実などたとえ思い通りであったところで場合によってはくだらないということだ』

<b>臥煙</b>の忘れ形見の<b>”神原駿河”</b>を見に来た貝木。自分が思い描いた理想とは遠く離れ、面影が3分の1ほどしかない<b>神原</b>に落胆した。<br><br><span class="wysiwyg-font-size-festy-small"><b>*今後も出てくる貝木節の一つ。「今回の件から折れが得る教訓は〜ということだ」</b></span><br>

臥煙の忘れ形見の”神原駿河”を見に来た貝木。自分が思い描いた理想とは遠く離れ、面影が3分の1ほどしかない神原に落胆した。

*今後も出てくる貝木節の一つ。「今回の件から折れが得る教訓は〜ということだ」

『いい名だな、親に感謝しておけ』

<b></b> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<br><b>『こざとへんに可能性の可、良い、良い、それに若木の木。火を憐れむで火憐だ』</b><br>___________________________________________<br><br><br><b>”阿良々木火憐”</b>の応答に対しての反応。さっき出てきた<b>”若木”</b>と<b>”枯れ木”</b>は彼らの自己紹介に出てきた漢字の説明の対比なのでしょうか。<br>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『こざとへんに可能性の可、良い、良い、それに若木の木。火を憐れむで火憐だ』
___________________________________________


”阿良々木火憐”の応答に対しての反応。さっき出てきた”若木””枯れ木”は彼らの自己紹介に出てきた漢字の説明の対比なのでしょうか。

『それでお前はどちらだ。おまじないを教えてほしいのか、それともおまじないをといてほしいのか。』

街の中学生に<b>「おまじない」</b>と言う形で町一つの中学生を対象に大掛かりな詐欺を行なっていた。押しかけてきた阿良々木火憐に対し問答する。<br><br><br> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<br><b>『おまじないを教えて欲しいのか、それともおまじないをといてほしいのか。』</b><br>___________________________________________<br><br>

街の中学生に「おまじない」と言う形で町一つの中学生を対象に大掛かりな詐欺を行なっていた。押しかけてきた阿良々木火憐に対し問答する。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『おまじないを教えて欲しいのか、それともおまじないをといてほしいのか。』
___________________________________________

『ほぉ、つまり俺を嘘のメールで呼び出し罠にはめたということか。』

詐欺師を生業として生きている貝木を騙し、殴りに来たと断言する阿良々木火憐に対し、苦笑する。彼ほどの詐欺師にもなればそんなことを見破るコトは容易いことであり。仮に本当に騙されたとしても何ら問題はない。

詐欺師を生業として生きている貝木を騙し、殴りに来たと断言する阿良々木火憐に対し、苦笑する。彼ほどの詐欺師にもなればそんなことを見破るコトは容易いことであり。仮に本当に騙されたとしても何ら問題はない。

『もっともお前の手柄とは思えないな。』

短絡的で直ぐに行動に出る阿良々木火憐からは全く知的なオーラを感じ取ることのできない貝木。まぁもちろん裏には<b>"ファイアーシスターズ"</b>の参謀<b>”阿良々木月火”</b>が控えておりまする。さすが貝木さんと思ったけど考えれば単純な話。

短絡的で直ぐに行動に出る阿良々木火憐からは全く知的なオーラを感じ取ることのできない貝木。まぁもちろん裏には"ファイアーシスターズ"の参謀”阿良々木月火”が控えておりまする。さすが貝木さんと思ったけど考えれば単純な話。

『世の中というのは金が全てだからな。』

<b>"くだらない正義感"</b>なんかよりも"<b>金"</b>。"<b>金""金""金"</b>。貝木泥舟という男の原動力はすべて<b>金</b>なのだ。阿良々木火憐の正義感で動いたこともお金に換算。ざっと10万也。<br><br><span class="wysiwyg-font-size-festy-small">しかし、金が全てというと、亀有の派出所勤務のおまわりさんもいたな。</span>

"くだらない正義感"なんかよりも"金"。"金""金""金"。貝木泥舟という男の原動力はすべてなのだ。阿良々木火憐の正義感で動いたこともお金に換算。ざっと10万也。

しかし、金が全てというと、亀有の派出所勤務のおまわりさんもいたな。

『今回の件からお前が得る教訓は”タダ働きは割にあわない”だ』

<span class="wysiwyg-font-size-festy-large">出ましたーーー!貝木節!いよっ!日本一</span><span class="wysiwyg-font-size-festy-small">の詐欺師</span><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">!</span><span class="wysiwyg-font-size-festy-normal"><br><br>阿良々木火憐の行動に対し、なぜ金を取らないのか。と問いかける貝木。正義感を踏みにじられ阿良々木火憐は激怒する。</span>

出ましたーーー!貝木節!いよっ!日本一の詐欺師

阿良々木火憐の行動に対し、なぜ金を取らないのか。と問いかける貝木。正義感を踏みにじられ阿良々木火憐は激怒する。

『若いなぁ。決して羨ましいとは思わないが。』

ありったけの若さを行動量に注ぎ込む阿良々木火憐に対して一言。若いとはいいことだけではない。若いからこそ見えないところもある。理想通りには世の中は進まない。闇の部分が見えないのだ。貝木はそこをよく知るからこそ羨ましいとは思わない。

ありったけの若さを行動量に注ぎ込む阿良々木火憐に対して一言。若いとはいいことだけではない。若いからこそ見えないところもある。理想通りには世の中は進まない。闇の部分が見えないのだ。貝木はそこをよく知るからこそ羨ましいとは思わない。

『これでも大人だ』

まっすぐ純粋な阿良々木火憐に対して現実をつきつける貝木泥舟。<br><br> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<br><b>『これでも大人だ』</b><br>___________________________________________<br><br>これでも大人だ、いやこれが大人だ、いやこれこそが大人だ。<br><br>

まっすぐ純粋な阿良々木火憐に対して現実をつきつける貝木泥舟。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『これでも大人だ』
___________________________________________

これでも大人だ、いやこれが大人だ、いやこれこそが大人だ。

『俺は詐欺師だからな』

ここまできっぱりと詐欺師と言う奴はなかなかいませんぜ兄貴。貝木の兄貴ほどになればやっぱりこう堂々と言えるもんなんですかね。詐欺師の中の詐欺師ですな。

ここまできっぱりと詐欺師と言う奴はなかなかいませんぜ兄貴。貝木の兄貴ほどになればやっぱりこう堂々と言えるもんなんですかね。詐欺師の中の詐欺師ですな。

『子供が相手だから騙しやすい。それだけのことだ。』

子供が相手でも容赦しない貝木さん。子供が相手でもそれはあくまでも相手がたまたま子供だったということで騙しやすいので仕事がやりやすい。貝木にとって相手がどうこうはなく、全力で詐欺をする。それだけのことなのだ。

子供が相手でも容赦しない貝木さん。子供が相手でもそれはあくまでも相手がたまたま子供だったということで騙しやすいので仕事がやりやすい。貝木にとって相手がどうこうはなく、全力で詐欺をする。それだけのことなのだ。

『それより金を持ってくるのが手っ取り早い』

火憐<b>『詐欺やめろ』</b><br>  ↓<br>貝木<b>『やだ』</b><br>  ↓<br><b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">火憐どうする。</span></b><br>1,<b>殴る</b><br>2,<b>蹴る</b><br>3,<b>金を払う</b><br><br>正解は3の模様です。貝木さん抜け目がない。

火憐『詐欺やめろ』
  ↓
貝木『やだ』
  ↓
火憐どうする。
1,殴る
2,蹴る
3,金を払う

正解は3の模様です。貝木さん抜け目がない。

『お前は善行を積むことで心を満たし、俺は悪行を積むことで貯金通帳を満たす。』

阿良々木火憐は善行を行うことで自分の心を満たす。貝木泥舟は悪行を積むことで貯金通帳を満たす。そこにどれほどの違いがあろうか。善行で誰かを幸せにするのと、悪行で産んだ金を消費して資本主義経済を潤すのとなんら変わりはないと貝木は言う。

阿良々木火憐は善行を行うことで自分の心を満たす。貝木泥舟は悪行を積むことで貯金通帳を満たす。そこにどれほどの違いがあろうか。善行で誰かを幸せにするのと、悪行で産んだ金を消費して資本主義経済を潤すのとなんら変わりはないと貝木は言う。

『今回の件からお前が得る教訓は”正義で解決しないことがないように、金で解決しないことがない”ということだ』

自分の詐欺行為は立派な対価であり、火憐がジャージを買うときにお金を払うように、彼の詐欺行為もお金を払ってまでほしいという人もいるのだ。正論に正論で返されてしまった火憐は困惑する。

自分の詐欺行為は立派な対価であり、火憐がジャージを買うときにお金を払うように、彼の詐欺行為もお金を払ってまでほしいという人もいるのだ。正論に正論で返されてしまった火憐は困惑する。

『殴られたくはない、蹴られたくもないなぁ。痛いのは嫌いだ。だからお前には蜂をプレゼントしよう。』

暴力では叶わないとわかっている貝木は阿良々木火憐に<b>怪異”囲い蜂”</b>をプレゼントする。しかし、それは本物の怪異ではなく貝木の作り出した<b>偽物の怪異</b>。<b>”偽物”</b>の怪異には力はないが阿良々木火憐のひどく寝こむ。一流の詐欺師のなせる技なのかもしれない。

暴力では叶わないとわかっている貝木は阿良々木火憐に怪異”囲い蜂”をプレゼントする。しかし、それは本物の怪異ではなく貝木の作り出した偽物の怪異”偽物”の怪異には力はないが阿良々木火憐のひどく寝こむ。一流の詐欺師のなせる技なのかもしれない。

『しかし、魅力がなくなったな戦場ヶ原。』

<b>”戦場ヶ原ひたぎ”</b>を騙した5人の詐欺師の内の最初の一人であり、彼女の両親を離婚に追い込んだ男<b>”貝木泥舟”</b>。久々に合うなりに彼女に魅力がなくなったと言い放つ。 <br>

”戦場ヶ原ひたぎ”を騙した5人の詐欺師の内の最初の一人であり、彼女の両親を離婚に追い込んだ男”貝木泥舟”。久々に合うなりに彼女に魅力がなくなったと言い放つ。 

『悪かったな、実にすまない。お前たち、とても反省している。悔いるばかりだ。』

棒読みも棒読み。反省する色が全く見られない貝木泥舟さん。こんな薄っぺらい謝罪の言葉を信じることができない戦場ヶ原ひだきさん。そりゃそうです。そうですとも。こんな反省で自分の人生を台無しにされたことを許せないでしょうに。

棒読みも棒読み。反省する色が全く見られない貝木泥舟さん。こんな薄っぺらい謝罪の言葉を信じることができない戦場ヶ原ひだきさん。そりゃそうです。そうですとも。こんな反省で自分の人生を台無しにされたことを許せないでしょうに。

『俺は金遣いが荒くてな。蓄えなど殆ど無い』

詐欺を繰り返して莫大な金を手に入れるが、<b>宵越しの銭は持たない</b>貝木。戦場ヶ原に与えた損害をすぐに払うことはできないというが彼の話す一言一言一言が嘘にしか聞こえない。

詐欺を繰り返して莫大な金を手に入れるが、宵越しの銭は持たない貝木。戦場ヶ原に与えた損害をすぐに払うことはできないというが彼の話す一言一言一言が嘘にしか聞こえない。

『そうその通り。俺は偽物だ。』

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<br><b>『まさか。あなたはただの… 偽物よ』</b><br>___________________________________________<br><br>戦場ヶ原の一言にそう答える貝木。貝木自信は『ただの冴えない中年だよ。詐欺師としても至極小物の、佗しい人間だ。』と自分を評価するが。<br><br>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『まさか。あなたはただの… 偽物よ』
___________________________________________

戦場ヶ原の一言にそう答える貝木。貝木自信は『ただの冴えない中年だよ。詐欺師としても至極小物の、佗しい人間だ。』と自分を評価するが。

『正確には怪異を知ると思い込んでいるものを知っているだけだがな。』

怪異を知っていると思い込んでいるものを知っていると答える貝木。おそらくそれは大学の時に所属していた<b>オカルト研究会</b>にいた<b>”忍野メメ”</b>、<b>”影縫余弦”</b>のことであろう。怪異とは認識されなければただの現象。貝木は彼らとは違い怪異というものを信じていない。<br>

怪異を知っていると思い込んでいるものを知っていると答える貝木。おそらくそれは大学の時に所属していたオカルト研究会にいた”忍野メメ””影縫余弦”のことであろう。怪異とは認識されなければただの現象。貝木は彼らとは違い怪異というものを信じていない。

『はっきり言おう、お前たちの思い込みに俺を付き合わせるな。』

怪異などの存在しないと思う貝木にとって、阿良々木たちが引き起こす怪異騒動はあってなはならないものである。怪異が存在しないのならば、怪異によっておこることも存在しないはずなのである。そんな思い込みに自分を付き合わせるなと言う。

怪異などの存在しないと思う貝木にとって、阿良々木たちが引き起こす怪異騒動はあってなはならないものである。怪異が存在しないのならば、怪異によっておこることも存在しないはずなのである。そんな思い込みに自分を付き合わせるなと言う。

『今回の件からお前が得るべき教訓は、”人生に劇的なことを期待してはいけない”ということだ。』

昔、戦場ヶ原ひたぎに乱暴をしようとした男は、彼女の知らない時に、彼女の知らない人に殺されていたと知る。人生とはそんなもので知らないところで知らないうちにことは終わっているのだ。劇的なことを期待してはいけない。それが人生だ。<br>

昔、戦場ヶ原ひたぎに乱暴をしようとした男は、彼女の知らない時に、彼女の知らない人に殺されていたと知る。人生とはそんなもので知らないところで知らないうちにことは終わっているのだ。劇的なことを期待してはいけない。それが人生だ。

『知りたいか、教えてやる。金を払え。』

<span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><b>貝木節その2 貝木三段活用。</b></span><br><br>1,<b>相手の要望を聞く</b>。 例:知りたいか?<br><br>2,<b>その願いを叶えてやる</b>。 例:教えてやる。<br><br>3,  <b> 金銭を要求する</b>。 例:金を払え。

貝木節その2 貝木三段活用。

1,相手の要望を聞く。 例:知りたいか?

2,その願いを叶えてやる。 例:教えてやる。

3,   金銭を要求する。 例:金を払え。

『俺と同じゴーストバスターだ。もっとも俺が偽物なら、あいつらは本物。俺が詐欺師ならあいつらは陰陽師だ。』

貝木が偽物の怪異を扱うのに対して、<b>”斧乃木余接”</b>や影縫らはいわば本物の怪異を扱う専門家。<br>貝木が怪異を使って騙すのならば、彼女らはその怪異を退治する側。貝木が陰ならば、彼女らは陽なのである。

貝木が偽物の怪異を扱うのに対して、”斧乃木余接”や影縫らはいわば本物の怪異を扱う専門家。
貝木が怪異を使って騙すのならば、彼女らはその怪異を退治する側。貝木が陰ならば、彼女らは陽なのである。

『恋物語』の名言・名シーンが見たいか、見せてやる。金を払え。

おちゃめな貝木さん

戦場ヶ原ひたぎと喫茶店で待ち合わせをしてる時におちゃめなサングラスとアロハシャツで颯爽と登場。まぁ戦場ヶ原ひたぎさんがヒゲメガネで待ち伏せしてたので、悔しいと思ったのか、つけたのであろう。お見事。戦場ヶ原を吹かせることができた。やったね貝木!

戦場ヶ原ひたぎと喫茶店で待ち合わせをしてる時におちゃめなサングラスとアロハシャツで颯爽と登場。まぁ戦場ヶ原ひたぎさんがヒゲメガネで待ち伏せしてたので、悔しいと思ったのか、つけたのであろう。お見事。戦場ヶ原を吹かせることができた。やったね貝木!

『たとえ神様だとしても中学生を騙さすなど良心が傷んで仕方がないじゃないか。』

まさにブーメランの貝木さん。中学生を騙してお金を稼いだいた時は騙される方が悪いと言っていたのに対して見事な手のひっくり返し。貝木さんの良心とはどこにあるのだろうか(笑)

まさにブーメランの貝木さん。中学生を騙してお金を稼いだいた時は騙される方が悪いと言っていたのに対して見事な手のひっくり返し。貝木さんの良心とはどこにあるのだろうか(笑)

『さて自問自答だ。』

自分の行動原理が自分でも理解できないために真っ当な理由付けをするために開始された自問自答。<br><br> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<br><b>『NOだ』</b><br>___________________________________________<br><br>理由付けをそうして否定していく。<br>

自分の行動原理が自分でも理解できないために真っ当な理由付けをするために開始された自問自答。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『NOだ』
___________________________________________

理由付けをそうして否定していく。

『神原駿河のためなら、にっくき戦場ヶ原と阿良々木をたすけ、千石撫子を騙すことが俺には出来るだろうか。』

自分のが昔恋していた、いや今でもしているかもしれなが”臥煙遠江”の忘れ形見である神原駿河のために自分はできるだろか。今までどんな理由で依頼を引き受けようとしなかったが、これだけは違った。<br><br> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<br><b>『Yesだ。』</b><br>___________________________________________<br><br>

自分のが昔恋していた、いや今でもしているかもしれなが”臥煙遠江”の忘れ形見である神原駿河のために自分はできるだろか。今までどんな理由で依頼を引き受けようとしなかったが、これだけは違った。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『Yesだ。』
___________________________________________

『信じるな、疑え。』

たとえ契約したとしても一度は自分を騙した人間。やっぱり信用することができない戦場ヶ原。貝木はそんな戦場ヶ原に<b>『信じるな、疑え』</b>と強く念を押す。<br>

たとえ契約したとしても一度は自分を騙した人間。やっぱり信用することができない戦場ヶ原。貝木はそんな戦場ヶ原に『信じるな、疑え』と強く念を押す。

『そうだな。約束を守るのはとても大切なことだ。崇高と言ってもいいかもしれない。』

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<br><b>(俺はそんな心にもないことを言って話題を合わせる。)</b><br>___________________________________________<br><br>まさに詐欺の瞬間である。心にもないことをこのようにまるで自分の意志であるかのように言えるのは貝木泥舟ただその人ひとりだけである。<br><br>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(俺はそんな心にもないことを言って話題を合わせる。)
___________________________________________

まさに詐欺の瞬間である。心にもないことをこのようにまるで自分の意志であるかのように言えるのは貝木泥舟ただその人ひとりだけである。

『なにせ俺はお前の信者第一号だからな。』

<b>『俺は嘘をついたことがない』</b>その通り。今までの嘘は全部本当なのだ。そして白々しくあるいは腹黒く<b>『なにせ俺はお前の信者第一号だからな』</b>と続ける。いまから騙すことになる、<b>千石撫子</b>に対して。

『俺は嘘をついたことがない』その通り。今までの嘘は全部本当なのだ。そして白々しくあるいは腹黒く『なにせ俺はお前の信者第一号だからな』と続ける。いまから騙すことになる、千石撫子に対して。

90年代アニメにプレイバック

恋物語のOPは00年代風OPと90年代風OPが織り交ざった特徴的な絵面で貝木さんも大変身。なんということでしょう。あの目の細かった貝木泥舟さんがこんなにお目目がくりくりに。シャフトの匠の遊び心が表現された作品になりました。

恋物語のOPは00年代風OPと90年代風OPが織り交ざった特徴的な絵面で貝木さんも大変身。なんということでしょう。あの目の細かった貝木泥舟さんがこんなにお目目がくりくりに。シャフトの匠の遊び心が表現された作品になりました。

『今度言ったらぶっ飛ばすからな。』

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<br><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><b>『いぇーいぴーすぴーす』</b></span><br>___________________________________________<br><br><b>”斧乃木余接”</b>のウザキャラ攻撃が貝木を襲う。<br><br> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<br><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><b>『今度言ったらぶっ飛ばすからな』</b></span><br>___________________________________________<br><br><b>貝木泥舟</b>の会心の一撃。<b>斧乃木余接</b>は黙った。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『いぇーいぴーすぴーす』
___________________________________________

”斧乃木余接”のウザキャラ攻撃が貝木を襲う。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『今度言ったらぶっ飛ばすからな』
___________________________________________

貝木泥舟の会心の一撃。斧乃木余接は黙った。

スクープ!貝木泥舟、ついに脱ぐ!

記者の報告によりますと<b>『物語セカンドシーズン 24話”恋物語 ひたぎエンド 其ノ肆”』</b>にて伝説の詐欺師貝木泥舟さんのシャワーシーンが確認された模様。世の男ども残念だったな。ヒロインの裸じゃなくて悪かったな。<br><br><b>戦場ヶ原のシャワーシーンが見たいか、見せてやる。猫物語白を見ろ。</b>

記者の報告によりますと『物語セカンドシーズン 24話”恋物語 ひたぎエンド 其ノ肆”』にて伝説の詐欺師貝木泥舟さんのシャワーシーンが確認された模様。世の男ども残念だったな。ヒロインの裸じゃなくて悪かったな。

戦場ヶ原のシャワーシーンが見たいか、見せてやる。猫物語白を見ろ。

『ウロボロスでのあやとりなんて人生で一回経験すればたくさんだ。』

神様になった千石撫子を騙すために接近する貝木泥舟。幼児退行した千石撫子に提案したあやとり遊びだったが、あやとりの紐がないために使われたのは蛇がしっぽを加えたウロボロスのあやとり紐。考えるだけでおぞましい。

神様になった千石撫子を騙すために接近する貝木泥舟。幼児退行した千石撫子に提案したあやとり遊びだったが、あやとりの紐がないために使われたのは蛇がしっぽを加えたウロボロスのあやとり紐。考えるだけでおぞましい。

『残念ながら神様のようだ。』

日本酒も飲めない神様なんているはずない。ならつまりは千石撫子が日本酒を飲めなければ神様として失格だ。そもそもの依頼が破綻するのでありがたい。<br><br> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<br><b>『お酒だこれ飲んでみたかったの!』</b><br>___________________________________________<br><br>いける口らしい。<br><br>

日本酒も飲めない神様なんているはずない。ならつまりは千石撫子が日本酒を飲めなければ神様として失格だ。そもそもの依頼が破綻するのでありがたい。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『お酒だこれ飲んでみたかったの!』
___________________________________________

いける口らしい。

『駆け引きなんてしたことねぇよ。』

あなたにとって人間関係なんて取引でしかないのね。そういう戦場ヶ原ひたぎ。しかし、自分は駆け引きなんてしたことがないという。常に自分の手のひらで踊っている、ということなのであろうか。貝木の自信が伺える。

あなたにとって人間関係なんて取引でしかないのね。そういう戦場ヶ原ひたぎ。しかし、自分は駆け引きなんてしたことがないという。常に自分の手のひらで踊っている、ということなのであろうか。貝木の自信が伺える。

『安心しろ俺は約束を破ったことがない。』

もし、千石撫子を騙すことがうまくいったのならもう二度と阿良々木くんと戦場ヶ原の前に顔を合わせないという約束に対して、「安心しろ俺は約束を破ったことはない。」と。だが、偽物語の終盤、ミスタードーナツで阿良々木くんと会っているのですが・・・。本人曰く<b>「約束は2度と、あれは1度目だからセーフ」</b>とのことらしい。

もし、千石撫子を騙すことがうまくいったのならもう二度と阿良々木くんと戦場ヶ原の前に顔を合わせないという約束に対して、「安心しろ俺は約束を破ったことはない。」と。だが、偽物語の終盤、ミスタードーナツで阿良々木くんと会っているのですが・・・。本人曰く「約束は2度と、あれは1度目だからセーフ」とのことらしい。

『あれは仕事としては失敗だった。』

自分の取り分をピンはねしよとしていた宗教団体にちょっかいを出し、金をせしめたが大した額にはならず「<b>あれは仕事としては失敗だった。」</b>と言っているが、実はその宗教団体は戦場ヶ原の母親がどっぷり浸かっていた宗教団体であることが判明。しかし、それは戦場ヶ原のためにやったのではないというが事実は本人にしかわからない。

自分の取り分をピンはねしよとしていた宗教団体にちょっかいを出し、金をせしめたが大した額にはならず「あれは仕事としては失敗だった。」と言っているが、実はその宗教団体は戦場ヶ原の母親がどっぷり浸かっていた宗教団体であることが判明。しかし、それは戦場ヶ原のためにやったのではないというが事実は本人にしかわからない。

『そうだ、一生こういう性格だ。』

戦場ヶ原を助けた理由を聞かれても、はぐらかしてとぼけたふりをして決して本心を見せようとしない貝木。自分自身もを騙しているのかもしない。自分の心はわからない。貝木はそういう奴なのだ。<br>

戦場ヶ原を助けた理由を聞かれても、はぐらかしてとぼけたふりをして決して本心を見せようとしない貝木。自分自身もを騙しているのかもしない。自分の心はわからない。貝木はそういう奴なのだ。

『言葉なんて信用出来ないからだ。』

言葉なんてものは語ってしまった瞬間に脚色が入ってしまう。ただ、ただあるように願うならば決して口に出してはいけない。口に出してしまった瞬間に願い事はかなわなくなってしまう。

言葉なんてものは語ってしまった瞬間に脚色が入ってしまう。ただ、ただあるように願うならば決して口に出してはいけない。口に出してしまった瞬間に願い事はかなわなくなってしまう。

『そうじゃないな。』

千石撫子は人間だった時と同じように周囲に振り回されて、いいようにもてはやされているだけだ。人間の時はかわいい、かわいい。神様の時は神様、神様ともてはやされているだけだ。ちっともなんにも変わっちゃいない。

千石撫子は人間だった時と同じように周囲に振り回されて、いいようにもてはやされているだけだ。人間の時はかわいい、かわいい。神様の時は神様、神様ともてはやされているだけだ。ちっともなんにも変わっちゃいない。

『漫画家になりたいのか?』

今にも殺されそうな状況下で貝木は賭けに出る。千石撫子は神様なんかになりたくてなったんじゃない。本当になりたいのは撫子のクローゼットの中から見つかった漫画が示しているように、漫画家なんじゃないかと。

今にも殺されそうな状況下で貝木は賭けに出る。千石撫子は神様なんかになりたくてなったんじゃない。本当になりたいのは撫子のクローゼットの中から見つかった漫画が示しているように、漫画家なんじゃないかと。

『お金ってな。やっぱ大切だよな。』

お金をお金としての使用方法ではなく鍵を開けるときにも使ってしまう貝木さん。やっぱりお金って万能だよね。<br><br> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<br><b>『お金ってな。やっぱ大切だよな。』</b><br>___________________________________________<br><br>

お金をお金としての使用方法ではなく鍵を開けるときにも使ってしまう貝木さん。やっぱりお金って万能だよね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『お金ってな。やっぱ大切だよな。』
___________________________________________

『本当の願い事はな。他人にも神様にもいうもんじゃないからな。』

撫子が本当になりたかったものは<b>”漫画家”</b>。それは、暦お兄ちゃんにも、家族にも、友達にも、誰にも頑なに言わなかった。貝木はなりたくなったわけじゃない<b>”神様”</b>じゃなくて<b>”漫画家”</b>になるように促す。

撫子が本当になりたかったものは”漫画家”。それは、暦お兄ちゃんにも、家族にも、友達にも、誰にも頑なに言わなかった。貝木はなりたくなったわけじゃない”神様”じゃなくて”漫画家”になるように促す。

『お前のことはお前しか知らないんだから!!だから、お前のことはお前しか大切に出来ないんだぜ。そして、お前の夢もお前しか叶えられないんだぜ。』

自分自身のことは自分しかわからない、貝木自信自分のことがわからないそんな人間なのだから自分に向けての叫びだったのかもしれない。<br>

自分自身のことは自分しかわからない、貝木自信自分のことがわからないそんな人間なのだから自分に向けての叫びだったのかもしれない。

貝木の終わり

千石撫子を見事騙すことに成功し、戦場ヶ原とも別れを告げ帰ろうとする矢先、何者かによって殴られてしまう。それは以前自分が騙した中学生なのだったのだが。それは一体誰の差金なのか、なぜ自分がこの街にいること知っていたのか。意識朦朧の中考えるが、出血がひどく貝木は考えるのをやめた。

千石撫子を見事騙すことに成功し、戦場ヶ原とも別れを告げ帰ろうとする矢先、何者かによって殴られてしまう。それは以前自分が騙した中学生なのだったのだが。それは一体誰の差金なのか、なぜ自分がこの街にいること知っていたのか。意識朦朧の中考えるが、出血がひどく貝木は考えるのをやめた。

『まとめ』がみたいか、見せてやる。金を払え。

みなさんいかがだったでしょうか。<b>孤高のペテン師『貝木泥舟』</b>。彼の生き様には憧れるものがあります。<b>『恋物語』</b>では主役を勤めましたが、彼の語りは本当かもしれないし、嘘かもしれない。もしかしたら貝木泥舟なんて男は存在しないのかも知れませんね。

みなさんいかがだったでしょうか。孤高のペテン師『貝木泥舟』。彼の生き様には憧れるものがあります。『恋物語』では主役を勤めましたが、彼の語りは本当かもしれないし、嘘かもしれない。もしかしたら貝木泥舟なんて男は存在しないのかも知れませんね。

おすすめ関連ポスト

1 ゲスト 11ヶ月前

偽物語で阿良々木火憐を貝木との一騎打ちに持ち込んだ(貝木を罠に嵌めた)のは阿良々木月火ではなく羽川翼

返信
like
14
dislike
1
2 ゲスト 9ヶ月前

囲い蜂ではなく「囲い火蜂」。
脱字なのかアニメの内容知らないのか分からんな

返信
like
5
dislike
2
3 ゲスト 4ヶ月前

貝木は若木発言をする前に既に火憐と対峙し、「若木の木だ」と言われている。つまり、同じ姓である暦を知り、兄妹(身長的には姉弟にも見えるか)であることに気づいた上での「若木」である。

返信
like
1
dislike
1
4 ゲスト 3ヶ月前

アホらし。
若木と枯れ木の対比は
同じ木を名に持つ
若木…同じ木を持っていても正義の理想に溢れたガキ(差別の意味も含む)
枯れ木…既に理想もなく枯れ果てた自らの心を自嘲の意味での自分

木の名前を元にして対比させた表現やろ

返信
like
5
dislike
4

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

5134
1
Fessan white 上に戻る