2015.12.28.Mon. 1年前 名無し

【ジョジョ100選】吉良吉影の平穏とは程遠い名言・名セリフ100選【キラークイーン】

多くのキャラクターがいる中でも主人公のジョジョ達を追い抜く勢いで人気なベストヴィラン・吉良吉影の名言・名シーンを100選まとめていきます。恐ろしい性癖と自らの欲する平穏の狭間で揺れる吉良吉影の気味の悪い、でもかっこいいシーンをアニメ開始前に振り返っていきましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加
1
コメント 5

1.「大事をとって「殺しとく」か…… 」

猫草が相手だが、このとりあえず殺しとけば大丈夫という吉良の狂人っぷりが表れている

猫草が相手だが、このとりあえず殺しとけば大丈夫という吉良の狂人っぷりが表れている

2.「もっとも、戦ったとしても私は誰にも負けんがね 」

吉良の絶対的な自信!あえて1番にならないスタンスがもったいなくも感じる

吉良の絶対的な自信!あえて1番にならないスタンスがもったいなくも感じる

3.「わたしは常に心の平穏を願って生きてる人間ということを説明しているのだよ…」

上の台詞の前台詞。この今までにいないタイプのキャラクターということがよくわかる台詞はさすが荒木神の一言

4.「激しい「喜び」はいらない…そのかわり深い「絶望」もない……」

常人では考えられないつまらない生活だが…そういう発想ができるからこそ吉良の賢さや異常っぷりがよくわかる

常人では考えられないつまらない生活だが…そういう発想ができるからこそ吉良の賢さや異常っぷりがよくわかる

5.「君を始末させてもらう」

この立ち絵のかっこよさ!!ディモールト・ベネ!!

この立ち絵のかっこよさ!!ディモールト・ベネ!!

6.「2人っきりで…」

吉良の初登場シーン。ロマンチックな台詞を遺体の手に向けて放つ月までぶっ飛ぶこの衝撃…

吉良の初登場シーン。ロマンチックな台詞を遺体の手に向けて放つ月までぶっ飛ぶこの衝撃…

7.「だめだめだめだめだめだめだめ!君は死ななくてはならないんだ…」

この助けを求める声への無情な台詞はゾクゾクする。アニメで聞けるのが今から楽しみ

出典:

この助けを求める声への無情な台詞はゾクゾクする。アニメで聞けるのが今から楽しみ

8.「わたしは人を殺さずにはいられないという『サガ』を背負ってはいるが…『幸福に生きてみせるぞ!』」

殺人衝動を「サガ」と潔く認めてなおかつ幸福になりたいという厚かましさ…ある意味前向き

殺人衝動を「サガ」と潔く認めてなおかつ幸福になりたいという厚かましさ…ある意味前向き

9.「誰も『爪』をのびるのを止める事ができないように…持って生まれた『性』というものは誰もおさえる事ができない………」

この爪とサガの例えはぐう正論。吉良の気味の悪さに相反したこの妙な爽やかさはクセになるw

10.「いけない子だ……」

「彼女」相手に妙に色っぽくなるのもずるい。これはモテる男

「彼女」相手に妙に色っぽくなるのもずるい。これはモテる男

11.(シャブシャブ チュバチュバ ペロン ペロンペロン)

いけない子にこの顔wwかっこいいくせにこの変態じみたギャップがいっそかっこいい

いけない子にこの顔wwかっこいいくせにこの変態じみたギャップがいっそかっこいい

12.「必ず爆死させる…」

自分の正体を知っただけで問答無用で殺す。このイカレっぷりが恐ろしい

13.「君はわたしの睡眠を妨げる『トラブル』であり『敵』というわけさ 」

ぐっすり眠るためだけに人を殺すといわんばかり。簡単に人殺しをしてみせる人なんて実際にいたらこわすぎる

14.「コッチヲ見ロッ」

吉良のスタンドといえばこれかもしれない(キラークイーンもかっこいいが言葉を発しないので…)この絶望感はすさまじい

吉良のスタンドといえばこれかもしれない(キラークイーンもかっこいいが言葉を発しないので…)この絶望感はすさまじい

15.「この吉良吉影自分で常に思うんだが、強運で守られてるような気がする…」

人生において重要なことをしっかり理解している吉良。自分なりの人生論があるのはさすが

人生において重要なことをしっかり理解している吉良。自分なりの人生論があるのはさすが

16.「『思い込む』という事は、何よりも『恐ろしい」』事だ 」

これは読んでてあるあると言わざるを得ないww吉良のたまに出る人間味がジョジョラーには人気なんだろう

これは読んでてあるあると言わざるを得ないww吉良のたまに出る人間味がジョジョラーには人気なんだろう

17.「このダサい爪切りで」

ボウリングの爪切りださぁ~いwwを気にしてたのか、殺しにいらない茶目っ気を出す殺人鬼

出典: yaplog.jp

ボウリングの爪切りださぁ~いwwを気にしてたのか、殺しにいらない茶目っ気を出す殺人鬼

18.「質問を質問で返すなあーっ!!」

SBRにまで引き継がれた名言。リアルでも思わず言ってしまう、新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のようにスッキリするワード

SBRにまで引き継がれた名言。リアルでも思わず言ってしまう、新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のようにスッキリするワード

19.「『シアーハートアタック』に『弱点』はない… 」

あったんですけどね

あったんですけどね

20.「一週間もフロに入ってないヤツがチ○ポいじった手で同じダンベル持ち上げたりプールに入ったりするのかな? 」

ボロボロになってまで言う台詞かと耳を疑うがこれも絶対に逃げ切る自信があるからこそ。ピンチに軽口を叩くキャラクターほど強そうに見えるものはない

ボロボロになってまで言う台詞かと耳を疑うがこれも絶対に逃げ切る自信があるからこそ。ピンチに軽口を叩くキャラクターほど強そうに見えるものはない

21.「イヤリングがほしいって言ってたね彼は残していってくれたようだ」

またも殺人鬼ジョーク。爆破した遺体の残骸から耳を渡して彼女の耳にひっかける…たしかにイヤリングだけど…

22.「ちょっと臭ってきたか…この女ともそろそろ別れ時かな 」

腐臭を「臭ってきた」ですますこのぶっとびっぷりww

出典:

腐臭を「臭ってきた」ですますこのぶっとびっぷりww

23.「殺さなくてはならないところだった…」

仮であっても一応息子である早人にも何かあれば殺すという選択肢を選べる吉良。さすが今まで平穏にくらしていただけある

仮であっても一応息子である早人にも何かあれば殺すという選択肢を選べる吉良。さすが今まで平穏にくらしていただけある

24.「お風呂いっしょに………入っても………いいかなぁ~~~? 『早人』!?パパと久しぶりに……」

早人の動揺を察知した吉良はあくまで「川尻浩作」として接近。この絶望感と気持ち悪さがたまらない

早人の動揺を察知した吉良はあくまで「川尻浩作」として接近。この絶望感と気持ち悪さがたまらない

25.「うまやましいな…ヒマそうで……」

これもザ・読者の代弁。この表情もなんともいえない

これもザ・読者の代弁。この表情もなんともいえない

26.「プシッ プシ! プシッ 」

妙にかわいい吉良wwキラークイーンも猫っぽいしもしかしたら猫がすきなのかも?

妙にかわいい吉良wwキラークイーンも猫っぽいしもしかしたら猫がすきなのかも?

27.「しのぶッ!! 」

猫草の攻撃からしのぶを守ろうとする吉良…!この展開はあつすぎる

28.「何だ……この吉良吉影…ひょっとして今、この女の事を心配したのか? 」

吉良の人間らしい感情が芽生えた瞬間。しのぶも可愛いしこのシーンを見てしのぶよかったねと言った人ははたして何人ほどいるのか

吉良の人間らしい感情が芽生えた瞬間。しのぶも可愛いしこのシーンを見てしのぶよかったねと言った人ははたして何人ほどいるのか

29.「今、心からホッとしたのか…? 何だ…この気持ちは…」

自分の感情が理解できない吉良。しのぶへの感情を露わにするのはこの回だけだったがもしこのまま吉良がしのぶを選んでいれば…と思わずにはいられない

30.「50数万円しかないって意味でしてね…」

スタンドをつかって盗みをしてみせたこのドブくせぇーにおいがプンプンするシーン。しかしこの物怖じのしなさもいっそかっこいい

スタンドをつかって盗みをしてみせたこのドブくせぇーにおいがプンプンするシーン。しかしこの物怖じのしなさもいっそかっこいい

31.「君は悪くない 誰も悪くない」

猫を殺してしまったしのぶを慰めるようなセリフだがこいつは人を殺しているんだよな…と思うと落ち着きすぎて気持ち悪い

猫を殺してしまったしのぶを慰めるようなセリフだがこいつは人を殺しているんだよな…と思うと落ち着きすぎて気持ち悪い

32.「ええい やはり気になる」

康一くんの靴下をなおしてくれる心優しいラスボス(殺人鬼)

康一くんの靴下をなおしてくれる心優しいラスボス(殺人鬼)

34.「このクソカスどもがァーッ!! 」

吉良の数少ないプッツンシーン。この完全に追い詰めた!勝った!第4部完!!という盛り上がりがたまらない

吉良の数少ないプッツンシーン。この完全に追い詰めた!勝った!第4部完!!という盛り上がりがたまらない

35.「『命拾い』…したな…今は『選ぶ』のをおさえてやる 」

自分が選べば絶対に女は死んでいるといわんばかりの自信に満ち溢れた台詞。吉良の強さがよくわかる

36.「この吉良吉影の人生に…こんなヒドイ事が………あっていいはずがない……… 」

自分が悪だとまるで思っていないような君の悪さ。この自分への絶対的な自信は悪役ながら憧れる

自分が悪だとまるで思っていないような君の悪さ。この自分への絶対的な自信は悪役ながら憧れる

37.「『闘争』はわたしが目指す「平穏な人生」とは相反しているから嫌いだ…」

バトルものの漫画のキャラクターとはとても思えない台詞。でも勝てるという遠回しな強さへのアピールがかっこいい

バトルものの漫画のキャラクターとはとても思えない台詞。でも勝てるという遠回しな強さへのアピールがかっこいい

38.「いつでも殺す事はできた…………」

『命拾い』の台詞にも似た怖さがある台詞。殺人鬼はどこにでもいていつでも殺せるという妙なリアリティを感じる

39.「そうわたしの名は『吉良吉影』 フフフ ハハハハ 誰かにしゃべってもかまわないよ…」

吉良の敗北の決定打ともいえるシーンだが、この「あっ」という希望が見える物語の展開的に盛り上がる瞬間

吉良の敗北の決定打ともいえるシーンだが、この「あっ」という希望が見える物語の展開的に盛り上がる瞬間

40.「『岸辺露伴』か………見ろ……彼は今…自分がなぜ死んで行くのかさえも気づいていない……」

主人公サイドの人間を把握している怖さとただ死んでいくという状況の怖さを感じる。さすがホラー漫画

出典:

主人公サイドの人間を把握している怖さとただ死んでいくという状況の怖さを感じる。さすがホラー漫画

41.「【警告】これより先は読んではいけない」

早人のページに記されていた1文。露伴を襲うじわじわした恐怖…

早人のページに記されていた1文。露伴を襲うじわじわした恐怖…

42.「くそっ!あの一番右側の女に この吉良吉影の『本性』を打ち明けてやりたい…」

殺しを抑えるあまりに
イライラする性格が吉良のどうすることもできない「サガ」をよく表している

43.「この吉良吉影の『勘』が…ここから『用心深く観察しろ』と言っている 」

早人の思惑に疑問を抱く吉良。さすが強運の持ち主…

早人の思惑に疑問を抱く吉良。さすが強運の持ち主…

44.「あの目は…『肥えだめ』で溺れかけてるネズミみたいに絶望してるぞ…」

一転、吉良の勘の良さに絶望感を覚えた吉良が少し油断をしてしまう。これも吉良の敗北の要因の一つだろう

一転、吉良の勘の良さに絶望感を覚えた吉良が少し油断をしてしまう。これも吉良の敗北の要因の一つだろう

45.「『問題』は!! この吉良吉影にとって 最も重要な『問題』は……!!」

猫草という存在の異様さよりも自分への害を心配しだす吉良のすがすがしいまでの自己愛に感服してしまう

出典:

猫草という存在の異様さよりも自分への害を心配しだす吉良のすがすがしいまでの自己愛に感服してしまう

46.「命を運んでくると書いて「運命」! 」

まさに運命に愛された男吉良…荒木先生もインタビューでは「吉良が強すぎて仗助が勝つ方法がなくなった」と言う程。これは納得

出典:

まさに運命に愛された男吉良…荒木先生もインタビューでは「吉良が強すぎて仗助が勝つ方法がなくなった」と言う程。これは納得

47.『キラー・クイーン』ッ! こいつらを爆破しろォーーーッ!!

吉良のかっこいいところはスタンド=自分のはずなのにあたかも誰かを従えているようなDIOに似た王者の風格があるところかもしれない。もちろん戦っているのは自分なんだけど…

吉良のかっこいいところはスタンド=自分のはずなのにあたかも誰かを従えているようなDIOに似た王者の風格があるところかもしれない。もちろん戦っているのは自分なんだけど…

48.「仗助に着弾ッ!点火! 」

キラークイーンと猫草の空気弾という絶望的なコンビネーション技…これは勝てない

キラークイーンと猫草の空気弾という絶望的なコンビネーション技…これは勝てない

49.「公衆の面前で「赤っ恥のコキッ恥」をかかされたこの気分がおさまらん 」

康一くんをいたぶる姿も常軌を逸しているが…それにしても思わず口に出して言いたくなる台詞

康一くんをいたぶる姿も常軌を逸しているが…それにしても思わず口に出して言いたくなる台詞

50.虹村「吉良吉影の「スタンド」を説明するわ」

8部・ジョジョリオンのシーン。吉良と言う名前だけでもテンションがあがるというのにスタンドもまんまキラークイーン!7部の平行世界のDioの登場のようなかっこよさ!

8部・ジョジョリオンのシーン。吉良と言う名前だけでもテンションがあがるというのにスタンドもまんまキラークイーン!7部の平行世界のDioの登場のようなかっこよさ!

51.「行ってくるよ(チュッ♡)」

最終決戦前の少しほっこりするシーン。ただ上機嫌だっただけの理由だろうが幸せな気分になる

最終決戦前の少しほっこりするシーン。ただ上機嫌だっただけの理由だろうが幸せな気分になる

52.「…でもな…わたしもさっき今の君のように地面にはいつくばったんだ」

この冷静に仕返しをする吉良の静かな怒りが怖い。まるで子供に言い聞かせるような攻撃はラスボスならでは

この冷静に仕返しをする吉良の静かな怒りが怖い。まるで子供に言い聞かせるような攻撃はラスボスならでは

53.「やっ! やったぞッ! 発現したぞッ! 」

ゲーム版だと妙に可愛く聞こえるが原作での絶望感は尋常ではない

ゲーム版だと妙に可愛く聞こえるが原作での絶望感は尋常ではない

54.「サーファーという人間は…「海の人間」なのか?それとも「陸の人間」なのか? 」

ジョジョリオンの吉良吉影の問い。このあとの事件のための煽りでありあまりの狡猾さには脱帽

出典:

ジョジョリオンの吉良吉影の問い。このあとの事件のための煽りでありあまりの狡猾さには脱帽

55.「私の名前は『吉良吉影』いつ…なぜわたしが死んだのかはどうしても思い出せない」

デッドマンズQより。なんとなくわかってはいたがついに名乗ったこの興奮は忘れられない

デッドマンズQより。なんとなくわかってはいたがついに名乗ったこの興奮は忘れられない

56.「私の「キラークイーン」 は…触れた物を何でも爆弾に変える 」

さらに「なんでも内側から粉々になる」という説明からこんな化け物じみたスタンドを発現させた吉良の凶暴さがうかがえる

出典: ks.c.yimg.jp

さらに「なんでも内側から粉々になる」という説明からこんな化け物じみたスタンドを発現させた吉良の凶暴さがうかがえる

57.「美しい町だ…杜王町…こんなすばらしい町が他にあるかな…」

殺人鬼とその彼女(腕だけ)の優雅なランチタイム。爽やかな絵面だがどう考えても異常

出典:

殺人鬼とその彼女(腕だけ)の優雅なランチタイム。爽やかな絵面だがどう考えても異常

58.「行きたくもないサマーキャンプでこうやって距離を測ったっけなあ~ 」

この際の距離を測る吉良がかっこよすぎる。戦いにおいての冷静さがそうみせるのだろうか

この際の距離を測る吉良がかっこよすぎる。戦いにおいての冷静さがそうみせるのだろうか

59.「これで今夜も安心して熟睡できるッ! 」

人を殺してこそ安心できるという思考のぶっとびっぷり…

出典:

人を殺してこそ安心できるという思考のぶっとびっぷり…

60.「これから、この「書類」をとどけなくてはならないんだ」

lineスタンプで出してほしい。ただそれだけです

出典: imgbako.com

lineスタンプで出してほしい。ただそれだけです

61.「私はどこに…連れていかれるんだ…? 」

吉良のラスト。どこへいっても「平穏でいたい」というささやかな願いが込められているよう

出典: ks.c.yimg.jp

吉良のラスト。どこへいっても「平穏でいたい」というささやかな願いが込められているよう

62.「『追い詰められた時』こそ……冷静に物事に対処し…『チャンス』をものにするのだ」

殺人鬼から学ぶ人生論。ジョジョのキャラクターは悪役でも主人公でも自分にとっての信念があるのが魅力

殺人鬼から学ぶ人生論。ジョジョのキャラクターは悪役でも主人公でも自分にとっての信念があるのが魅力

63.「『アウトサイド・イン」』『インサイド・アウト』 はっきりしろ」

ジョジョリオンの吉良は天才煽り師としかいえない…再登場ははたしてあるのだろうか

出典: p.twpl.jp

ジョジョリオンの吉良は天才煽り師としかいえない…再登場ははたしてあるのだろうか

64.「あ…もしもし。部長ですか…?おはようございます…川尻浩作です」

最終決戦前の電話のシーン。ここでも平穏な生活を求める吉良がいっそ不憫にも思えてくる

最終決戦前の電話のシーン。ここでも平穏な生活を求める吉良がいっそ不憫にも思えてくる

65.「そんなに出世したかったのか…気苦労の方が多いのに」

”仕事のできる男”だからこそ言える一言。偉くなりたいと言うラスボス勢とは相反する考え方といえる

出典: yaplog.jp

”仕事のできる男”だからこそ言える一言。偉くなりたいと言うラスボス勢とは相反する考え方といえる

66.「まだこいつの『筆跡』すら完璧にまねできてない」

やるならとことんという吉良の几帳面さがよくわかる。この徹底ぶりは憧れるが…

やるならとことんという吉良の几帳面さがよくわかる。この徹底ぶりは憧れるが…

67.「空条承太郎はどうだった?あいつが死んでくれるとわたしはとても嬉しい」

あの承太郎も殺そうと思えば簡単に殺せるというような自信たっぷりな台詞。承太郎が1番強いと分かる読者だからこそこのシーンの絶望感はすごい

あの承太郎も殺そうと思えば簡単に殺せるというような自信たっぷりな台詞。承太郎が1番強いと分かる読者だからこそこのシーンの絶望感はすごい

68.「あの窓はレストランか?不思議だ…食事してるのは女ばっかしだ じゃあ男はどこでランチを食っているのだろう?」

現代の吉良。この時代がかわったという表現は荒木先生ならではの視点

現代の吉良。この時代がかわったという表現は荒木先生ならではの視点

69.「おおっ!竹久夢二か?これ!マジィ!?」

あの吉良が若者言葉ww一度死んで感覚がかわったのか、この喋り方のシュールさも荒木先生ならでは

あの吉良が若者言葉ww一度死んで感覚がかわったのか、この喋り方のシュールさも荒木先生ならでは

70.「次の弾で確実にとどめが刺せるッ!」

フラグ!!と言わずにいれないがそれでも吉良の強さは絶対。遠距離型でないはずのスタンドでの打ち合いは燃える

フラグ!!と言わずにいれないがそれでも吉良の強さは絶対。遠距離型でないはずのスタンドでの打ち合いは燃える

71.「『ボタンの着いた上着は…』おいて来たよ…あとで取りに行く…君を…始末してからね…!」

ついに吉良を追い詰めた!と思いきや吉良もヤル気マンマン。吉良との第一戦ともあり熱い一瞬

ついに吉良を追い詰めた!と思いきや吉良もヤル気マンマン。吉良との第一戦ともあり熱い一瞬

72.「食料の幽霊?食い物も幽霊になる?……でもそもそも最初から卵って生き物なのか?それともただの『物』?」

デッドマンズQの哲学じみた瞬間。ジョジョはこういった言葉遊びがなんとも面白い

デッドマンズQの哲学じみた瞬間。ジョジョはこういった言葉遊びがなんとも面白い

73.「あなただけだッ!わたしの「正体」を知る者はあなただけになる!」

バイツァ・ダストの発現前の台詞。バイツァダストはチートすぎるだけにこの一言は「またくる!」という緊張感がある

出典: slotaro.com

バイツァ・ダストの発現前の台詞。バイツァダストはチートすぎるだけにこの一言は「またくる!」という緊張感がある

74.「フウウウウウウ~~~」



<b>フウウウウウウ~~~<br>わたしは…子供のころ…レオナルド・ダ・ビンチの「モナリザ」って<br>ありますよね…あの絵…画集で見たときですね。<br><br>あの「モナリザ」がヒザのところで組んでいる「手」…あれ……初めて見た時…<br>なんていうか……その…下品なんですが…フフ…………<br>勃起……しちゃいましてね…………<br>「手」のとこだけ切り抜いてしばらく……部屋にかざってました。<br>あなたのも……切り抜きたい…。</b>

<br>

フウウウウウウ~~~
わたしは…子供のころ…レオナルド・ダ・ビンチの「モナリザ」って
ありますよね…あの絵…画集で見たときですね。

あの「モナリザ」がヒザのところで組んでいる「手」…あれ……初めて見た時…
なんていうか……その…下品なんですが…フフ…………
勃起……しちゃいましてね…………
「手」のとこだけ切り抜いてしばらく……部屋にかざってました。
あなたのも……切り抜きたい…。


吉良と言えばこれと自信をもって言える(そんな台詞はもう1つあるが)

吉良の今までの薄気味悪さが完全に変態のそれになった瞬間

75.「『ジョー・モンタナ』の投げるタッチダウンパスのように、確実にやつの鼻先に突っこみ、その位置で『点火』してやる!」

ジョジョあるある。スポーツ選手や高級ブランドに詳しくなる…吉良もばっちりきめてきた

76.「東方…仗助…」

仗助の「出しな」と合わせてかっこいい最終決戦。この吉良の余裕のなさと血まみれでなおぎらつく仗助がかっこいい

仗助の「出しな」と合わせてかっこいい最終決戦。この吉良の余裕のなさと血まみれでなおぎらつく仗助がかっこいい

77.「キラークイーン『第3の爆弾』 BITE THE DUST(負けて死ね)」

このバイツァダストの怖さ…康一くんも成長型で3つまで形があったが吉良とはまるで逆

このバイツァダストの怖さ…康一くんも成長型で3つまで形があったが吉良とはまるで逆

78.「忘れていた「帽子」を……とどけに来たよ…早人」

影から姿を現した吉良の怖さと早人の絶望感がダブルでショッキングなシーン。この静かに近づく恐怖こそ吉良

影から姿を現した吉良の怖さと早人の絶望感がダブルでショッキングなシーン。この静かに近づく恐怖こそ吉良

79.「それじゃあ仕事に出かけるか「お出かけ」の…キスをしてもいいかな?」

陽気すぎる吉良と嬉しそうなしのぶがなんとも悲しい

陽気すぎる吉良と嬉しそうなしのぶがなんとも悲しい

80.「いいや!“限界”だッ!押すねッ!今だッ!」

「モナリザ」と並ぶ吉良の名言!この否応なく決着をつけようとする吉良の決死の一撃と
一言はかっこよすぎる!

「モナリザ」と並ぶ吉良の名言!この否応なく決着をつけようとする吉良の決死の一撃と
一言はかっこよすぎる!

81.「健康診断でも異常なしと言われたよ」

羨ましいですね

羨ましいですね

82.「『ハンカチ』か『ポケットティッシュ』持っているかね?」

康一をいたぶる寸前の台詞。この紳士的な振る舞いが一層怖さをましている

康一をいたぶる寸前の台詞。この紳士的な振る舞いが一層怖さをましている

83.「なんか…ちょっとした『敗北感』まで感じるよ…」

吉良が康一を認めた瞬間。これは吉良と言うより康一の成長に感動するシーンかも知れない

吉良が康一を認めた瞬間。これは吉良と言うより康一の成長に感動するシーンかも知れない

84.「席をとったということが大切なのだ…」

死後になってもなおストレスフリーな生活を求めようとする吉良。記憶をなくしても人は変わらないというところだろうか

死後になってもなおストレスフリーな生活を求めようとする吉良。記憶をなくしても人は変わらないというところだろうか

85.「永遠に時が続くというのなら「仕事」を「生きがい」にしておけば 幸福になれるかもしれない」

同じくデッドマンズQの台詞。死んでいるのになお生きがいを見つけて「幸福」になろうとする吉良は1・2部のラスボスDIOや6部のラスボスエンリコ・プッチ神父に少し似ているかも?

同じくデッドマンズQの台詞。死んでいるのになお生きがいを見つけて「幸福」になろうとする吉良は1・2部のラスボスDIOや6部のラスボスエンリコ・プッチ神父に少し似ているかも?

86.「早人! おまえが運んで来てくれたのだ!」

一度は猫草に追い詰められた吉良だったが結局それも逆手に優位にたつ。まさに運命を味方につけている。吉良の最大の強みは生まれながらのこの「運」だった<br>

一度は猫草に追い詰められた吉良だったが結局それも逆手に優位にたつ。まさに運命を味方につけている。吉良の最大の強みは生まれながらのこの「運」だった

87.「おまえが『露伴』に会ったという事実さえも消えて、
『朝』は元どおりにすぎていくのだ」

この「朝」は元通りにすぎるという台詞の怖さは一度死んだはずの早人は存在しているという点。ただ元通りではなく「吉良の都合のよいように」「元通り」になるというまさにちょっとしたラブトレイン状態<br>

出典: ks.c.yimg.jp

この「朝」は元通りにすぎるという台詞の怖さは一度死んだはずの早人は存在しているという点。ただ元通りではなく「吉良の都合のよいように」「元通り」になるというまさにちょっとしたラブトレイン状態

88.康一「ヤ…『犯人』がいるッ!上着を持っていかれるッ!」

吉良が康一・承太郎の前に姿を現した初めてのシーン。この腕しか見えない異様さがまた恐ろしい

吉良が康一・承太郎の前に姿を現した初めてのシーン。この腕しか見えない異様さがまた恐ろしい

89. 「この女ともそろそろわかれ時かな、手を切る時期か……『手を切る』……クククク…」

うまいこと言っとる場合かァ―――!!(ここでティーカップをかち割る)

うまいこと言っとる場合かァ―――!!(ここでティーカップをかち割る)

90.「『おむかえ』が来たというわけだよ」

ここの死神っぽいゾクゾクした台詞…(実際は殺し屋)<br>死んでもスタンドがなくとも吉良は強いということがよくわかる

ここの死神っぽいゾクゾクした台詞…(実際は殺し屋)
死んでもスタンドがなくとも吉良は強いということがよくわかる

91.「『猫草』ッ!防御してくれている!」

吉良の味方はオヤジだけかと思いきや、野生さえ味方につけた吉良の強運…これは勝ちを見失うのも納得

吉良の味方はオヤジだけかと思いきや、野生さえ味方につけた吉良の強運…これは勝ちを見失うのも納得

92.「非常に……まずいぞ…」

吉良が体育館に忍び込む恐怖しか感じないシーン。重ちーが登場したばかりなのあって死亡フラグにしかみえない…

吉良が体育館に忍び込む恐怖しか感じないシーン。重ちーが登場したばかりなのあって死亡フラグにしかみえない…

93.「しかし誰にもわたしを追うことはできない…」

重ちーの覚醒もあって緊迫する一瞬。絶対に殺すと言う意志表示が恐ろしい<br>

重ちーの覚醒もあって緊迫する一瞬。絶対に殺すと言う意志表示が恐ろしい

94.「この町は決して出ないぞッ!」

珍しく吉良がオヤジに激昂するシーン。吉良は自分が逃げているという実感も平穏になれない要因ととらえている。勝ち負けで勝負をみない珍しいキャラクターだろう

珍しく吉良がオヤジに激昂するシーン。吉良は自分が逃げているという実感も平穏になれない要因ととらえている。勝ち負けで勝負をみない珍しいキャラクターだろう

95.早人「たしかに聞いた…あいつの名前は『キラ・ヨシカゲ』」

吉良のバイツァダストが発現して早人が朝を繰り返すシーン。この能力のチートっぷりとループする日常という恐ろしさ…

吉良のバイツァダストが発現して早人が朝を繰り返すシーン。この能力のチートっぷりとループする日常という恐ろしさ…

96.「一度起こった『運命』の結果は変わらないんだよ、早人」

露伴が死んだことを「運命」とまではっきり言うこの悲しさと衝撃。完全に露伴逝ったと思った人がほとんどだろう

露伴が死んだことを「運命」とまではっきり言うこの悲しさと衝撃。完全に露伴逝ったと思った人がほとんどだろう

97.「この吉良吉影が切り抜けられなかった物事など、一度としてないんだッ!!」

猫草を復活した億泰に奪われてなお逃げ切るつもりでいる吉良。いっそ前向きというか明るいというか…

猫草を復活した億泰に奪われてなお逃げ切るつもりでいる吉良。いっそ前向きというか明るいというか…

98.「来るか! 承太郎…。『バイツァ・ダスト』はおまえに出会いたくない「心」で発現した力だ!」

仗助らが吉良を追い詰めた事実を吹き飛ばそうとする緊張の一瞬。これが成功すれば仗助らが死ぬという運命は逃れられないのもあり吉良の最期の希望でもあった

仗助らが吉良を追い詰めた事実を吹き飛ばそうとする緊張の一瞬。これが成功すれば仗助らが死ぬという運命は逃れられないのもあり吉良の最期の希望でもあった

99.鈴美「気づかせてあげるわッ!すでに、自分が死んでしまっているという事を!」

吉良の最期。勝ったと思われたはずの吉良の身体はすでに霊体…ありえないと思えた吉良の敗北が決まったとき<br>

吉良の最期。勝ったと思われたはずの吉良の身体はすでに霊体…ありえないと思えた吉良の敗北が決まったとき

100.「今夜はどこで休むとするか……」

デッドマンズQの台詞<br><br>家を持たず 記憶も持たず スタンドも持たない幽霊となった吉良の哀れな台詞<br>

デッドマンズQの台詞

家を持たず 記憶も持たず スタンドも持たない幽霊となった吉良の哀れな台詞

1 じゃんぱー 1年前

100個でも名言尽きない吉良さんさすがすぎる

返信
like
59
dislike
7
2 ゲスト 6ヶ月前

このあとに改心して8部に出てくると

吉良が改心しても重ちーが帰ってこないのは悲しい

返信
like
15
dislike
9
3 ゲスト 4ヶ月前

>>2

あの吉良吉影は別人だぞ

返信
like
5
dislike
1
4 ゲスト 4ヶ月前

細かい事なんだが、44番の所、「吉良の勘の良さに絶望した吉良が」になっている
自分の勘の良さに絶望しているようでちょいと面白いけど、「吉良の勘の良さに絶望した早人」じゃないかな

返信
like
5
dislike
1
5 ゲスト 3ヶ月前

細かいですが85番の説明で
吉良は1・2部のラスボスDIOや6部のラスボスエンリコ・プッチ神父に少し似ているかも?と有りますがDIOは1・3部のラスボスです。

返信
like
6
dislike
2

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

5148
1
Fessan white 上に戻る