2016.01.05.Tue. 2年以上 シロ

【毎話更新】小夏に叱られたい!気が強いところも推せちゃうポスト【昭和元禄落語心中】

落語漫画「昭和元禄落語心中」にて気が強く与太郎へのあたりも強いながらも放っておけないそんなアネさん小夏に叱られたい人必見ポスト。師弟の絆に華を添える女子キャラも要チェックです。アニメ毎話放送ごとに小夏さんのシーンまとめも更新していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

小夏とは



<b><p>八雲により育てられた。</p>父親であった助六と助六の落語を心から愛する。</b>

<br>

八雲により育てられた。

父親であった助六と助六の落語を心から愛する。


性格



<p><b>気が強く癇癪持ち</b>であるが、<b>素直</b>で<b>真っすぐ</b>な性格。</p>八雲(菊比古)には深い恨みを抱いている。

<br>

気が強く癇癪持ちであるが、素直真っすぐな性格。

八雲(菊比古)には深い恨みを抱いている。


見た目



<p>性格ゆえ眉毛は<b>キッとしている</b>。</p><p><b>高確率で不機嫌そうな表情</b>をしている。</p>物語中ロングからボブになる。

<br>

性格ゆえ眉毛はキッとしている

高確率で不機嫌そうな表情をしている。

物語中ロングからボブになる。


家族

助六



<p>父親。</p>助六が<b>大好き</b>であり<b>尊敬</b>しており、そんな助六の<b>落語</b>も愛しており一時期は<span class="wysiwyg-color-festy-orange">落語家になる</span>と息巻くほどだった。

<br>

父親。

助六が大好きであり尊敬しており、そんな助六の落語も愛しており一時期は落語家になると息巻くほどだった。


みよ吉



助六に対しみよ吉は自ら話すこともなく好意は少なかったようであり、幼心ながら母親であるみよ吉に少なからず嫌悪感を抱いていた模様。

<br>

出典: natalie.mu

助六に対しみよ吉は自ら話すこともなく好意は少なかったようであり、幼心ながら母親であるみよ吉に少なからず嫌悪感を抱いていた模様。


八雲(菊比古)



<p><b>育ての親</b>という立場にあるが親の死の原因であり殺した人だと思っているだけでなく八雲本人も自分が殺したようなもんだと言い聞かせていたことから八雲に対して憎悪の気持ちがある。</p><p>それもかなりのものでことあるごとに八雲に当たることも。</p>しかし<span class="wysiwyg-color-festy-blue">八雲が自殺を図った際には父親や母親のようにならないでほしいと泣きついた</span>こともあり八雲への気持ちは憎悪だけではないと考えられる。

<br>

出典: itan.webn.jp

育ての親という立場にあるが親の死の原因であり殺した人だと思っているだけでなく八雲本人も自分が殺したようなもんだと言い聞かせていたことから八雲に対して憎悪の気持ちがある。

それもかなりのものでことあるごとに八雲に当たることも。

しかし八雲が自殺を図った際には父親や母親のようにならないでほしいと泣きついたこともあり八雲への気持ちは憎悪だけではないと考えられる。


与太郎



<p>アネさんと呼び慕ってきた与太郎におっかないと思われるほどの気の強さを見せていたが信之助の父親を知ってなおも子供の父親になろうとする与太郎に折れる。</p>信之助には<b>与太郎の落語をお父ちゃんの落語だよと言って聞かせた</b>。(<span class="wysiwyg-color-festy-blue">助六を継いだ与太郎の落語</span>と、<span class="wysiwyg-color-festy-blue">助六であった父親の落語</span>という<b>二重の意味</b>)

<br>

アネさんと呼び慕ってきた与太郎におっかないと思われるほどの気の強さを見せていたが信之助の父親を知ってなおも子供の父親になろうとする与太郎に折れる。

信之助には与太郎の落語をお父ちゃんの落語だよと言って聞かせた。(助六を継いだ与太郎の落語と、助六であった父親の落語という二重の意味


信之助



<p>息子。</p><p>当初<b>父親を明かさず反対を押し切って産もうとしていた</b>。</p>与太郎が父親となったこと信之助は両親に囲まれて育つことが出来ている。

<br>

出典: itan.jp

息子。

当初父親を明かさず反対を押し切って産もうとしていた

与太郎が父親となったこと信之助は両親に囲まれて育つことが出来ている。


小夏の秘め事

両親の死の真実



<p>ずっと八雲によって殺されたと思っていた小夏だったが与太郎が知った真実は<b>別のもの</b>であった。</p><p>菊比古がみよ吉によって呼び出される。そこで起こったいざこざにより<b>みよ吉によって刺された助六</b>。そこを<b>小夏</b>が見てしまい、<b>助六を刺したみよ吉を責め立てる</b>。そのまま<b>手すりまで叩き追い詰め押し柵が倒れみよ吉が落ちてしまい</b>それを<b>助けようとした助六も落ちてしまった</b>という真実。</p>直接的な原因は小夏自身にあったという悲劇だったが<span class="wysiwyg-color-festy-blue">八雲(菊比古)も与太郎もこのことを小夏には伝えていないため小夏はいまだに八雲に原因があると思っている</span>。

<br>

ずっと八雲によって殺されたと思っていた小夏だったが与太郎が知った真実は別のものであった。

菊比古がみよ吉によって呼び出される。そこで起こったいざこざによりみよ吉によって刺された助六。そこを小夏が見てしまい、助六を刺したみよ吉を責め立てる。そのまま手すりまで叩き追い詰め押し柵が倒れみよ吉が落ちてしまいそれを助けようとした助六も落ちてしまったという真実。

直接的な原因は小夏自身にあったという悲劇だったが八雲(菊比古)も与太郎もこのことを小夏には伝えていないため小夏はいまだに八雲に原因があると思っている


信之助の父親



<p>信之助の父親は職場の<b>お客である人</b>との子供。</p>さらにその人は与太郎とも関わりがあり、<b>与太郎が以前捕まることとなった原因の人物</b>であった。

<br>

出典: itan.webn.jp

信之助の父親は職場のお客である人との子供。

さらにその人は与太郎とも関わりがあり、与太郎が以前捕まることとなった原因の人物であった。


アニメ1話まとめ~一番の男前かもしれない~

小夏初登場


面倒?


小夏ちゃんのタバコ良き


父ちゃんの落語がすき


小夏ちゃんの落語


「――――ほーら、消えた」


幼き頃の小夏ちゃん


ハッ


隠す


馬鹿助


頭は下げたくない


父親の落語がすき


ポイ


おこ


仇討だよッ


お前が殺したんだッ


ぐぬ


叱ってくれる小夏ちゃん


おこpart2


小夏ちゃんもいる


びっくり


素直じゃない小夏ちゃん


助六を与太郎に


助六と同じ寄客の空気


泣いてしまうこなっちゃん


母ちゃんの事を聞きに行く


両親の事故のことも


苦い顔


女になんか生まれたくなかった


面白い事なんて知ってる


独演会あるから寝な


中入って着替えな

アネさん・・・

アネさん・・・

未練タラタラ


アネさんマジアネさん


側にいてくれる


複雑な表情


ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

5198
1
Fessan white 上に戻る