2016.01.13.Wed. 1年以上 アニメ研究員 『 N 』

【特集】2015年アニメ作品DVD・BD売り上げまとめ。人気作はコイツだ!【スーパーアニメ大戦2015】

2015年の人気作は何だったのか? そんな疑問に、DVD・BDの円盤売上げの本数から2015年のアニメ作品を振り返りつつ、動向を考察して行きます。既に2016年のアニメーションがスタートしていますが、ちょっとここで一休み。昨年のアニメの反省会を含めて、さっそく振り返ってみましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 2

2015年/冬期 作品(平均数)

1位 17,771 艦隊これくしょん -艦これ-
2位 14,835 黒子のバスケ 3rd SEASON (8巻/9巻)
3位 14,227 THE IDOLM@STER シンデレラガールズ
    (※G4U版を含む 参考数字:31,142)
4位 *9,602 冴えない彼女の育てかた
5位 *9,288 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編

総括

 2015年の冬期(1月~3月)のアニメ作品の最終的な円盤(DVD・BD)の売り上げ平均本数になります。まず注目するべきは、やはりこのクール絶大な人気を発揮した『艦隊これくしょん-艦これ-』 だろう。<br><br> 現在も変わらず、公式はもちろん、同人作品のジャンルで絶大な規模と人気を誇っている本作品ですが、アニメはというと意外と賛否分かれる内容であり、また同時に、原作ゲーム内の『轟沈』システムを盛り込み、物語序盤でキャラが脱落する展開が発生。ファン内で大きく感想が解れる分岐点になった。(「轟沈の変」) これ以降も細かい点があり、ファンが求めていたものとイコールになることは叶わなかった。<br> <br>  円盤第一巻には、イベント優待応募証(複数イベントで使用可能なものだった)が付いていたが、基本的にそこは他の作品も同じことが言えるということを加味したうえで考えても、これだけの枚数を消化してしまう『艦これ』の人気はやはり「凄い」の一言と言える。<br> これでもし、もっと内容面でファンの見たかった内容と、作品の内容がもっと合致していたのならば、もっと伸びたかもしれないということは確かである。<br> <br> 2位以降も手堅い布陣と言える。「まさかあの作品が!」というような、超意外性のあるタイトルではないのは確かであり、むしろ、『黒子のバスケ』はもちろん、『冴かの』こと『冴えない彼女の育てかた』といった、当時の人気作で特に話題になった作品が順当に円盤も売り上げを伸ばしている、という感じである。<br><br> 3位の『デレマス』でお馴染みの『アイドルマスターシンデレラガールズ』 について触れたいが、実はデレマスはこの後も登場するので、その際に触れようと思う。ただ、『艦これ』と同じく「すでに根強いファンがいるコンテンツは強い」と法則を改めて示した年であったと言え、これが次の春クールにおいて証明されることとなる。<br>

 2015年の冬期(1月~3月)のアニメ作品の最終的な円盤(DVD・BD)の売り上げ平均本数になります。まず注目するべきは、やはりこのクール絶大な人気を発揮した『艦隊これくしょん-艦これ-』 だろう。

 現在も変わらず、公式はもちろん、同人作品のジャンルで絶大な規模と人気を誇っている本作品ですが、アニメはというと意外と賛否分かれる内容であり、また同時に、原作ゲーム内の『轟沈』システムを盛り込み、物語序盤でキャラが脱落する展開が発生。ファン内で大きく感想が解れる分岐点になった。(「轟沈の変」) これ以降も細かい点があり、ファンが求めていたものとイコールになることは叶わなかった。
 
  円盤第一巻には、イベント優待応募証(複数イベントで使用可能なものだった)が付いていたが、基本的にそこは他の作品も同じことが言えるということを加味したうえで考えても、これだけの枚数を消化してしまう『艦これ』の人気はやはり「凄い」の一言と言える。
 これでもし、もっと内容面でファンの見たかった内容と、作品の内容がもっと合致していたのならば、もっと伸びたかもしれないということは確かである。
 
 2位以降も手堅い布陣と言える。「まさかあの作品が!」というような、超意外性のあるタイトルではないのは確かであり、むしろ、『黒子のバスケ』はもちろん、『冴かの』こと『冴えない彼女の育てかた』といった、当時の人気作で特に話題になった作品が順当に円盤も売り上げを伸ばしている、という感じである。

 3位の『デレマス』でお馴染みの『アイドルマスターシンデレラガールズ』 について触れたいが、実はデレマスはこの後も登場するので、その際に触れようと思う。ただ、『艦これ』と同じく「すでに根強いファンがいるコンテンツは強い」と法則を改めて示した年であったと言え、これが次の春クールにおいて証明されることとなる。

2015年/春期 作品(平均数)

1位 35,992 Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 2ndシーズン
2位 35,002 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ
3位 15,658 血界戦線
4位 11,163 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
5位 *7,911  響け!ユーフォニアム

総括

 2015年の春期(4月~6月)のアニメ作品の最終的な円盤(DVD・BD)の売り上げ平均本数になります。この期は、前期以上に手堅いコンテンツが手堅く実力を発揮した、という年と言える。作品タイトルにおいて、意外性は一切ないといえる。むしろ、1~2位の作品は、売れなかったらいよいよ円盤コンテンツの限界を感じる可能性もあるともいえる。「売れてくれないと困る」という作品群である。<br><br> 個人的に少し面白く感じたのは、3位~5位のランキングである。ここで面白く感じるのは順番である。個人的には、『俺ガイル』こと『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』が予想よりも伸びなかったのが意外だった。一応は続編にあたるので、前作をコンプリートしていない人は手を伸ばしずらい、というのはあるとは思うのだが、それを加味した上で、作品の反響が円盤の売り上げに繋がらなかったと言えるかもしれない。<br><br>昨今は円盤1作品の単価が上昇しているので、『俺ガイル』以上の作品に吸われた。という可能性もあり、それは5位のユーフォニアムにも同じことが言える。しかしながら、前期の『冴かの』の数字が9000枚後半と言うのを考えると、人気作の続編であり、反響も含めても、もう少し伸びてもよさそうに感じる。<br><br>

 2015年の春期(4月~6月)のアニメ作品の最終的な円盤(DVD・BD)の売り上げ平均本数になります。この期は、前期以上に手堅いコンテンツが手堅く実力を発揮した、という年と言える。作品タイトルにおいて、意外性は一切ないといえる。むしろ、1~2位の作品は、売れなかったらいよいよ円盤コンテンツの限界を感じる可能性もあるともいえる。「売れてくれないと困る」という作品群である。

 個人的に少し面白く感じたのは、3位~5位のランキングである。ここで面白く感じるのは順番である。個人的には、『俺ガイル』こと『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』が予想よりも伸びなかったのが意外だった。一応は続編にあたるので、前作をコンプリートしていない人は手を伸ばしずらい、というのはあるとは思うのだが、それを加味した上で、作品の反響が円盤の売り上げに繋がらなかったと言えるかもしれない。

昨今は円盤1作品の単価が上昇しているので、『俺ガイル』以上の作品に吸われた。という可能性もあり、それは5位のユーフォニアムにも同じことが言える。しかしながら、前期の『冴かの』の数字が9000枚後半と言うのを考えると、人気作の続編であり、反響も含めても、もう少し伸びてもよさそうに感じる。

2015年/夏期 作品(平均数)

1位 16,541 戦姫絶唱シンフォギアGX
2位 11,877 オーバーロード
3位 10,312 THE IDOLM@STER シンデレラガールズ 2ND SEASON
    (※G4U版を含む参考数字:23,762)
4位 *7,512 Charlotte
5位 *5,876 To LOVEる -とらぶる- ダークネス 2nd

総括

 2015年の夏期(7月~9月)のアニメ作品の最終的な円盤(DVD・BD)の売り上げ平均本数になります。今期まで来て、非常に面白い結果となった。<br><br> まず1位に、シンフォギア3期が来ることが意外点である。両作品を視聴した上での個人的な感想では、2位のオーバーロードが1位になるように感じたが、結果は上の通りである。シンフォギアに関しては、内容にプラスで声優力を加味する必要がある。シンフォギアに関しては、主題歌やキャラクターソングのライブがメインの、ファン感謝イベントの優先申し込み券が1巻&2巻に含まれていたため、2本でかなりの数を出した可能性を考えることができ、チケット商法の成功ケース・・・とも考えられるかもしれない。<br> <br> そういう特典付与商法という点において、特筆しておかなければならないのは、やはり2位の『オーバーロード』であるだろう。なぜなら、本作には特典小説はついていたが、イベント抽選券は存在しない。つまるところ、作品の力だけで数字を出したことになる。『進撃の巨人』以来のヒット作とされている本作(原作出版のKADOKAWAの赤字を黒字にしてしまったというのだから驚だ。)の人気は伊達ではない、ということである。間違いなく夏クールのナンバーワン作品と言っても問題ないであろう。<br><br> 3位以降も面白い結果が続いている。3位のデレマス2期は、冬期の結果と比較してみて頂きたい。4000本近い減少がみられるのが面白い所だ。デレマスは、作品のコンセプトとして派生元の765プロ版(アニマス)と比べて、ヒロインたちの葛藤など、より現実的な側面を強く描いた作品であった。特に2期は「346プロの変革」が主軸としてあったため、1期のような「毎話楽しい」という点は減っていたのは事実であった。(でもしっかりと作られていたのは確かだ。)その部分を、すべての人が共有できないという点(よく言えば「アニメは面白いがすべて」という考え方)が、4000本の減少であると言えるかもしれない。これは、貴重な差だと思う。<br><br> 4位&5位は、どちらも予想外の2作である。『Charlotte』 は、序盤の出口感想は高評価であったが、最終話終了後の評価はそんなに良くはなかった。しかしながら、結果としては4位と、まずまずの打率を出しているのが非常に面白いところだと言える。制作会社は、P.A.Worksであったり、脚本原案が人気PCゲームブランド『Key』 の人気シナリオライター麻田准であることから、固定ファンに買い支えられた可能性は否定できないが、反響以上の結果に驚いた。<br> その点に関しては、5位の『ToLOVEる ダークネス』 も同じ事が言える。原作での一つの山場であり、人気キャラ『金色の闇』のメイン回だったということが考えられるが、「お前ら、そんなにヤミちゃんのえっちぃ姿を見たかったのかよ!」 と言わざるをえない。エロはすべてを救済する。<br>

 2015年の夏期(7月~9月)のアニメ作品の最終的な円盤(DVD・BD)の売り上げ平均本数になります。今期まで来て、非常に面白い結果となった。

 まず1位に、シンフォギア3期が来ることが意外点である。両作品を視聴した上での個人的な感想では、2位のオーバーロードが1位になるように感じたが、結果は上の通りである。シンフォギアに関しては、内容にプラスで声優力を加味する必要がある。シンフォギアに関しては、主題歌やキャラクターソングのライブがメインの、ファン感謝イベントの優先申し込み券が1巻&2巻に含まれていたため、2本でかなりの数を出した可能性を考えることができ、チケット商法の成功ケース・・・とも考えられるかもしれない。
 
 そういう特典付与商法という点において、特筆しておかなければならないのは、やはり2位の『オーバーロード』であるだろう。なぜなら、本作には特典小説はついていたが、イベント抽選券は存在しない。つまるところ、作品の力だけで数字を出したことになる。『進撃の巨人』以来のヒット作とされている本作(原作出版のKADOKAWAの赤字を黒字にしてしまったというのだから驚だ。)の人気は伊達ではない、ということである。間違いなく夏クールのナンバーワン作品と言っても問題ないであろう。

 3位以降も面白い結果が続いている。3位のデレマス2期は、冬期の結果と比較してみて頂きたい。4000本近い減少がみられるのが面白い所だ。デレマスは、作品のコンセプトとして派生元の765プロ版(アニマス)と比べて、ヒロインたちの葛藤など、より現実的な側面を強く描いた作品であった。特に2期は「346プロの変革」が主軸としてあったため、1期のような「毎話楽しい」という点は減っていたのは事実であった。(でもしっかりと作られていたのは確かだ。)その部分を、すべての人が共有できないという点(よく言えば「アニメは面白いがすべて」という考え方)が、4000本の減少であると言えるかもしれない。これは、貴重な差だと思う。

 4位&5位は、どちらも予想外の2作である。『Charlotte』 は、序盤の出口感想は高評価であったが、最終話終了後の評価はそんなに良くはなかった。しかしながら、結果としては4位と、まずまずの打率を出しているのが非常に面白いところだと言える。制作会社は、P.A.Worksであったり、脚本原案が人気PCゲームブランド『Key』 の人気シナリオライター麻田准であることから、固定ファンに買い支えられた可能性は否定できないが、反響以上の結果に驚いた。
 その点に関しては、5位の『ToLOVEる ダークネス』 も同じ事が言える。原作での一つの山場であり、人気キャラ『金色の闇』のメイン回だったということが考えられるが、「お前ら、そんなにヤミちゃんのえっちぃ姿を見たかったのかよ!」 と言わざるをえない。エロはすべてを救済する。

2015年/秋期 作品(最新)

※ 初週ウィークリーの数字でランキングしてあります。

 1位 24,952 終物語
 2位 14,399 ご注文はうさぎですか??
 3位 10,428 ガンダム鉄血のオルフェンズ
 4位 10,100 ワンパンマン
 5位 *9,281 スタミュ
 6位 *7,255 蒼穹のファフナー EXODUS (2期)
 7位 *4,177 ゆるゆり さん☆ハイ!
 8位 *3,898 新妹魔王の契約者 BURST
 9位 *3,831 K RETURN OF KINGS
10位 *2,914 VALKYRIE DRIVE -MERMAID-

総括

 さて、ここまで2015年のアニメ作品を振り返ってきたが、いよいよ、皆さんが気になっているであろう、2015年の秋期(10月~12月)アニメ作品の初週結果が到着したが、非常に面白い結果となった。<br><br> まずは上位戦争であるが、やはり本命の『終物語』 と 『ごちうさ』の争いになったが、思いのほか『終物語』が圧倒的な差を出して、初週1位を獲得した。1期とは異なり、『ごちうさ』の人気は以前より影を差した感じみえるが、今後のリリース推移に注目と言える。続編という共通点を考えると、未だにこれだけの数字を出す物語シリーズの力は「流石」の一言といえるだろう。<br><br> そして、次に次席争いであるが、本命だった 『ワンパンマン』 を押さえ、『ガンダム鉄血のオルフェンズ』が3位を獲得した。オルフェンズは、1期のスタートはロースタートではあったものの、その後はキャラクターの魅力が輝く展開が続き、男女問わず支持を獲得する結果となった。オルフェンズは2期もあるため、今後もかなり期待できる。<br><br> 6位の『蒼穹のファフナーEXODUS』 は、初週こそこのランキングではあるが、終盤に向けての盛り上がりは、かなりのものであったので、今後追いかけで数字を伸ばしていく可能背は非常に高い。<br>  <br> 7位以下もかなり魅力的で、『ゆるゆり』は今や息の長いコンテンツになってしまったが、ここまである程度しっかりとした数字を綺麗に出すのは「素晴らしい」と感じる。そしてランクインする『新妹魔王』と『ヴァルキリーブレイド』・・・エロは世界を救う。(2回目)  <br> 『K』がもう少し数字が伸びると思ったのであるが、今では他に強い女性向けコンテンツが増えてきたので、ここまでなのかもしれない<br><br>

出典: www.bs11.jp

 さて、ここまで2015年のアニメ作品を振り返ってきたが、いよいよ、皆さんが気になっているであろう、2015年の秋期(10月~12月)アニメ作品の初週結果が到着したが、非常に面白い結果となった。

 まずは上位戦争であるが、やはり本命の『終物語』 と 『ごちうさ』の争いになったが、思いのほか『終物語』が圧倒的な差を出して、初週1位を獲得した。1期とは異なり、『ごちうさ』の人気は以前より影を差した感じみえるが、今後のリリース推移に注目と言える。続編という共通点を考えると、未だにこれだけの数字を出す物語シリーズの力は「流石」の一言といえるだろう。

 そして、次に次席争いであるが、本命だった 『ワンパンマン』 を押さえ、『ガンダム鉄血のオルフェンズ』が3位を獲得した。オルフェンズは、1期のスタートはロースタートではあったものの、その後はキャラクターの魅力が輝く展開が続き、男女問わず支持を獲得する結果となった。オルフェンズは2期もあるため、今後もかなり期待できる。

 6位の『蒼穹のファフナーEXODUS』 は、初週こそこのランキングではあるが、終盤に向けての盛り上がりは、かなりのものであったので、今後追いかけで数字を伸ばしていく可能背は非常に高い。
 
 7位以下もかなり魅力的で、『ゆるゆり』は今や息の長いコンテンツになってしまったが、ここまである程度しっかりとした数字を綺麗に出すのは「素晴らしい」と感じる。そしてランクインする『新妹魔王』と『ヴァルキリーブレイド』・・・エロは世界を救う。(2回目)  
 『K』がもう少し数字が伸びると思ったのであるが、今では他に強い女性向けコンテンツが増えてきたので、ここまでなのかもしれない

1 ゲスト 1年以上

夏アニメのトップはやっぱりシンフォギアじゃないですか?
ライブチケットだって作品に力がなくては意味がないし声優だけでは売れないですよ。
総合的にみてオーバーロードよりシンフォギアの方が上です。

返信
like
2
dislike
0
2 ゲスト 1年前

オーバーロードが、作品の力だけで数字を出したというのも何か違う
特典小説は、複数買い事態は起こらないが、原作ファンの中で本来円盤を買わないような層もマラソンする理由になるため、原作力によっては、特典での購買者増加は結構大きいかと

返信
like
0
dislike
0

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

5320
1
Fessan white 上に戻る