2016.01.31.Sun. 2年以上 みゅうみゅう

ハンコックがルフィに惚れた経緯と理由を改めて振り返ってみる

世界一と謳われる絶世の美女、海賊女帝ボア・ハンコックが、あの“麦わら”に恋をした!男も女も虜にしてきたハンコックは、なぜ、いかなる理由で、ルフィに恋をしたのか、あらためて振り返ってみました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 1

ボア・ハンコック

所 属:王下七武海<br>通 称:海賊女帝、蛇姫<br>懸賞金:最高額 8000万ベリー(七武海加入前)<br>データ:9月2日生まれ(29歳)<br>    身長191cm B:111(Jカップ)W:61 H:91<br>能 力:超人系悪魔の実「メロメロの実」の能力者<br>    メロメロ甘風(メロウ)、銃(ピストル)キス、虜の矢(スレイブアロー)、芳香脚(パフューム・フェムル)<br>CV :三石琴乃 (幼少期 伊藤かな恵)<br><br>女ヶ島<b>「アマゾン・リリー」皇帝</b>にして九蛇海賊団船長、ゴルゴン三姉妹の長女。蛇姫の名の通り「サロメ」という愛蛇を連れています。世界一と謳われる<b>絶世の美女</b>であり、その美貌で老若男女問わず数多の人間を魅了し、見惚れた者は、<b>「メロメロの実」</b>の能力で石化させることができます。

数百万人に1人の「王の資質」を持つ者しか身につけることができないと言われ<b>「覇王色の覇気」</b>の持ち主でもあり、海軍からも一目置かれる実力者です。<br>

所 属:王下七武海
通 称:海賊女帝、蛇姫
懸賞金:最高額 8000万ベリー(七武海加入前)
データ:9月2日生まれ(29歳)
    身長191cm B:111(Jカップ)W:61 H:91
能 力:超人系悪魔の実「メロメロの実」の能力者
    メロメロ甘風(メロウ)、銃(ピストル)キス、虜の矢(スレイブアロー)、芳香脚(パフューム・フェムル)
CV :三石琴乃 (幼少期 伊藤かな恵)

女ヶ島「アマゾン・リリー」皇帝にして九蛇海賊団船長、ゴルゴン三姉妹の長女。蛇姫の名の通り「サロメ」という愛蛇を連れています。世界一と謳われる絶世の美女であり、その美貌で老若男女問わず数多の人間を魅了し、見惚れた者は、「メロメロの実」の能力で石化させることができます。

数百万人に1人の「王の資質」を持つ者しか身につけることができないと言われ「覇王色の覇気」の持ち主でもあり、海軍からも一目置かれる実力者です。

ハンコックの過去

ハンコック12歳、航海中に2人の妹ともにさらわれ、<b>世界貴族の奴隷</b>にされて、奴隷の証である<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">「天竜人の紋章」</span></b>の背中に焼きつけられました。余興としてハンコックは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">「メロメロの実」</span></b><span class="wysiwyg-color-festy-red">、</span>妹たちは<b>「ヘビヘビの実」</b>を食べさせられ、能力者となります。<b>

奴隷</b>として、死ぬことばかりを考えながら生きる4年が続きました。<br>

ハンコック12歳、航海中に2人の妹ともにさらわれ、世界貴族の奴隷にされて、奴隷の証である「天竜人の紋章」の背中に焼きつけられました。余興としてハンコックは「メロメロの実」妹たちは「ヘビヘビの実」を食べさせられ、能力者となります。

奴隷として、死ぬことばかりを考えながら生きる4年が続きました。

冒険家<b>フィッシャー・タイガー</b>によって奴隷たちは解放され、三姉妹も死に物狂いで聖地マリージョアからの<b>脱出</b>に成功します。脱出後に路頭に迷っていたところを、<b>レイリー、シャッキー夫妻</b>に保護され、<b>ニョン婆</b>と共にアマゾン・リリーに帰還することができました。<br><br>

冒険家フィッシャー・タイガーによって奴隷たちは解放され、三姉妹も死に物狂いで聖地マリージョアからの脱出に成功します。脱出後に路頭に迷っていたところを、レイリー、シャッキー夫妻に保護され、ニョン婆と共にアマゾン・リリーに帰還することができました。

帰還後、18歳の時に<b>アマゾン・リリー皇帝</b>となり、悪魔の実の能力を活かして<b>海賊女帝</b>として頭角を現します。<br><br>初めての遠征で<b>懸賞金8000万</b>ベリーが懸けられ、「九蛇」の勢力を警戒した政府の要請を受けて<b>王下七武海</b>に加盟、現在に至ります。王下七武海の中では、<b>紅一点</b>、最年少です。<br>

帰還後、18歳の時にアマゾン・リリー皇帝となり、悪魔の実の能力を活かして海賊女帝として頭角を現します。

初めての遠征で懸賞金8000万ベリーが懸けられ、「九蛇」の勢力を警戒した政府の要請を受けて王下七武海に加盟、現在に至ります。王下七武海の中では、紅一点、最年少です。

過去のつらく哀しい経験から、ハンコックは<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">世界政府</span></b>と<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">男</span></b>を酷く嫌い、何者かの支配を受けることを恐れています。奴隷だった過去を隠すため、女ヶ島では、<b>三姉妹の背中</b>に<b>怪物ゴルゴン</b>による呪いがかかっていると偽り、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">天竜人の紋章</span></b>を隠し通してきました。<br>

過去のつらく哀しい経験から、ハンコックは世界政府を酷く嫌い、何者かの支配を受けることを恐れています。奴隷だった過去を隠すため、女ヶ島では、三姉妹の背中怪物ゴルゴンによる呪いがかかっていると偽り、天竜人の紋章を隠し通してきました。

ハンコックが恋に落ちた経緯とその理由

1、出会いのインパクトが大きかった

ハンコックの<b>湯浴み中</b>に浴室に迷いこんだルフィは、ハンコックが隠し通してきた背中の<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>「紋章」</b></span>を眼にしてしまいます。激怒したハンコックはルフィを<b>石化</b>してしまおうと、<b>「メロメロ甘風(メロウ)」</b>をつかいます。<br>

ハンコックの湯浴み中に浴室に迷いこんだルフィは、ハンコックが隠し通してきた背中の「紋章」を眼にしてしまいます。激怒したハンコックはルフィを石化してしまおうと、「メロメロ甘風(メロウ)」をつかいます。

ルフィには、<b>メロメロの実</b>の能力が<b>通じなかった</b>のです。二度三度と繰り返してもまったく効果はありません。ハンコックの<b>裸体</b>を眼にしていながら、まったく<b>邪心を抱かない男</b>の出現に三姉妹は驚愕を隠せませんでした。<br><br>

ルフィには、メロメロの実の能力が通じなかったのです。二度三度と繰り返してもまったく効果はありません。ハンコックの裸体を眼にしていながら、まったく邪心を抱かない男の出現に三姉妹は驚愕を隠せませんでした。

その後も、ハンコックの魅力を<b>まったく感じない</b>かのようなルフィの態度に、ハンコックは強いショックを受け続けます。数多の男を、自分の<b>魅力</b>で屈服させてきたハンコックにとって、自分の魅力に少しも動じないルフィは、出会いの瞬間から<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">「特別な存在」</span></b>になってしまったのです。<br>

その後も、ハンコックの魅力をまったく感じないかのようなルフィの態度に、ハンコックは強いショックを受け続けます。数多の男を、自分の魅力で屈服させてきたハンコックにとって、自分の魅力に少しも動じないルフィは、出会いの瞬間から「特別な存在」になってしまったのです。

2、ただの小僧ではなかった

メロメロの実が通用しないルフィを<b>闘技台</b>に引き出し、妹たちとの勝負を命じます。ルフィを助け、城に連れてきた兵たちがルフィをかばってハンコックに<b>石化</b>され、破壊されそうになります。<br><br>その瞬間、<b>強い怒り</b>を覚えたルフィが無意識に<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">「覇王色の覇気」</span></b>を発します。<br>

出典: onesoku.com

メロメロの実が通用しないルフィを闘技台に引き出し、妹たちとの勝負を命じます。ルフィを助け、城に連れてきた兵たちがルフィをかばってハンコックに石化され、破壊されそうになります。

その瞬間、強い怒りを覚えたルフィが無意識に「覇王色の覇気」を発します。

激しい怒りを感じたルフィが、無意識に放った覇気にうたれて闘技場全体が凍りつきます。

ハンコックは、<b>ただの小僧</b>と思っていたルフィが、自分と同じ<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>「覇王色の覇気」</b></span>を持っていることに驚き、素性の知れない<b>ルフィ</b>に対する見方が変わり始めます。<br>

出典: onesoku.com

ハンコックは、ただの小僧と思っていたルフィが、自分と同じ「覇王色の覇気」を持っていることに驚き、素性の知れないルフィに対する見方が変わり始めます。

3、ものすごくカッコよかった

サンダーソニアの背中の<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">紋章</span></b>が見えそうになったとき、ルフィは自分の体で紋章を隠します。<b>三姉妹の秘密</b>を守ります。敵対している自分たちの秘密を守るという、思いもよらない<b>ルフィの行動</b>にハンコックは戸惑い、ルフィを試します。<br><br>

サンダーソニアの背中の紋章が見えそうになったとき、ルフィは自分の体で紋章を隠します。三姉妹の秘密を守ります。敵対している自分たちの秘密を守るという、思いもよらないルフィの行動にハンコックは戸惑い、ルフィを試します。

船で出て行くという<b>自分の望み</b>と<b>兵士たちの命</b>、ハンコックはルフィは自分の望みを優先すると思っていました。ハンコックが<b>知っている男たち</b>だったら、当然そうするだろうと考えていたのです。<br>

船で出て行くという自分の望み兵士たちの命、ハンコックはルフィは自分の望みを優先すると思っていました。ハンコックが知っている男たちだったら、当然そうするだろうと考えていたのです。

ルフィはまるで<b>脊髄反射</b>のように、自分の望みを叶えることよりもマーガレットたち<b>兵士の命</b>を助けることを選び、<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>紋章</b></span>のことで貸しを作っているハンコックに大して、礼を尽くして<b>感謝</b>します。<br><br>

ルフィはまるで脊髄反射のように、自分の望みを叶えることよりもマーガレットたち兵士の命を助けることを選び、紋章のことで貸しを作っているハンコックに大して、礼を尽くして感謝します。

その時、女帝として君臨し、感情を見せなくなっていたハンコックの眼から<b>一粒の涙</b>がこぼれます。自分が牙をむいて<b>威嚇</b>するように接してきたルフィから向けられた<b>優しさ</b>、<b>懐の深さ</b>への感動の涙だったのではないでしょうか。<br>

その時、女帝として君臨し、感情を見せなくなっていたハンコックの眼から一粒の涙がこぼれます。自分が牙をむいて威嚇するように接してきたルフィから向けられた優しさ懐の深さへの感動の涙だったのではないでしょうか。

4、優しかった

ハンコックはルフィは私室に招きいれ、隠し通してきた<b>秘密</b>を打ち明けます。ルフィに対する<b>誠意</b>としてだけでなく、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">天竜人を殴った</span></b>ルフィになら、抱えこんできた重荷を見せてもよいと考えたのです。<br>

ハンコックはルフィは私室に招きいれ、隠し通してきた秘密を打ち明けます。ルフィに対する誠意としてだけでなく、天竜人を殴ったルフィになら、抱えこんできた重荷を見せてもよいと考えたのです。

号泣せずにはいられないほどの<b>つらく苦しかった経験</b>を語る三姉妹。ハンコックの<b>浴室</b>も、闘技台でも、まったく動じることがなかったルフィが<b>動揺</b>をみせます。傷ついた者、弱い者に対するルフィの<b>優しさ</b>が三姉妹にも伝わったと思います。<br><br>

号泣せずにはいられないほどのつらく苦しかった経験を語る三姉妹。ハンコックの浴室も、闘技台でも、まったく動じることがなかったルフィが動揺をみせます。傷ついた者、弱い者に対するルフィの優しさが三姉妹にも伝わったと思います。

5、やっぱり、カッコよかった

ハンコックは、もっとも恐れていたことを尋ねます。<b>奴隷だった自分を蔑むか</b>・・・・と。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-blue"><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">「だから、おれ天竜人 嫌いなんだって!」</span></span></b><br><br>

ハンコックは、もっとも恐れていたことを尋ねます。奴隷だった自分を蔑むか・・・・と。

「だから、おれ天竜人 嫌いなんだって!」

<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">カッコイイ!!</span></b>本当になんて<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">男前</span></b>な態度でしょう。あっさり、キッパリ、いかにもルフィらしい答えですが、そこには三姉妹が奴隷だった事実に、まったく触れない<b>気遣い</b>があるようにも思えます。<br>

カッコイイ!!本当になんて男前な態度でしょう。あっさり、キッパリ、いかにもルフィらしい答えですが、そこには三姉妹が奴隷だった事実に、まったく触れない気遣いがあるようにも思えます。

恋に落ちたハンコック

ルフィが旅立つ前夜、ハンコックは<b>原因不明の急病</b>に倒れ、苦しんでいました。アマゾン・リリー皇帝の<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“死に至る病”</span></b>におちてしまったのです。<b>ニョン婆</b>を含む歴代皇帝たちも逃れらなかった病、それは<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">“恋”</span></b></span>でした<br>

ルフィが旅立つ前夜、ハンコックは原因不明の急病に倒れ、苦しんでいました。アマゾン・リリー皇帝の“死に至る病”におちてしまったのです。ニョン婆を含む歴代皇帝たちも逃れらなかった病、それは“恋”でした

臥せっていたハンコックの元をルフィが訪れます。ルフィは<b>エース</b>を助けるために力を貸してほしいと頼みに来たのです。ハンコックは、ルフィのために<b>“七武海”</b>の召集に応じることを承諾します。<br><br>人に尽くさせるばかりだったハンコックが、恋に落ちて、<b>大切な人を支える喜び</b>を知ったのです。<br>

出典: ja.klear.com

臥せっていたハンコックの元をルフィが訪れます。ルフィはエースを助けるために力を貸してほしいと頼みに来たのです。ハンコックは、ルフィのために“七武海”の召集に応じることを承諾します。

人に尽くさせるばかりだったハンコックが、恋に落ちて、大切な人を支える喜びを知ったのです。

最後に

ハンコックにとって、<b>フィッシャ・タイガー</b>は<b>恩人</b>というよりはヒーロー、そして、<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">理想の男性像</span></b>だったのだと思います。<br><br>誰にも心を許さず、秘密を背負いこんで、心の傷と戦い続けていたハンコックの前に、<b>天竜人</b>をおそれず、<b>弱者を守る優しさ</b>を持った<b>強い男</b>が、<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">麦わら帽子</span></b>をかぶってやって来たのです。ハンコックが恋に落ちたのは必然だったのだと思います!

ハンコックにとって、フィッシャ・タイガー恩人というよりはヒーロー、そして、理想の男性像だったのだと思います。

誰にも心を許さず、秘密を背負いこんで、心の傷と戦い続けていたハンコックの前に、天竜人をおそれず、弱者を守る優しさを持った強い男が、麦わら帽子をかぶってやって来たのです。ハンコックが恋に落ちたのは必然だったのだと思います!

2人の恋に、Tweeterの反応は?

ルフィよ、頼むからハンコックの気持ちに気づいてあげて というかとりあえず結婚して
ペローナはゾロと結婚してほしい願望強すぎる ハンコックはルフィーには渡さん私のだ()
https://twitter.com/LapisGirlPluto ハンコックのルフィへの求愛っぷりがかわいすぎる😂💓 わたしはクマもすき! それぞれの設定が凝ってるよね....! わかる。ジンベエザメとパクパク喋ってるとこほんとすき、、、。癒し☺️ バナナワニといいカバといい、、、 水苦手なくせに水系動物(笑)
https://twitter.com/onepiece_mingo ハンコック様とロー船長の191㎝ルフィ看護コンビ大好きw 純粋な女性って好きだわ~♡ クマもいいね!!!あれは特にアニメ見て好きになった!パシフィスタのための取引気になりすぎる。笑 それなw 関わりすぎないし裏切らないけど側にいるからいいのかなw
ルフィとハンコック、ほんとに結婚しないかな~~~ ハンコックかわゆし~~
1 ゲスト 10ヶ月前

ハンコックの恋が成就してルフィとハッピーエンド❤️

返信
like
3
dislike
0

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

5534
1
Fessan white 上に戻る