2016.03.20.Sun. 1年以上 sugawara.m

2年後のゾロが片目になった理由とは?会得した覇気や刀についてまとめてみた!【ワンピース】

ゾロが2年間の修行でどれ程強くなったのか、どんな変化があったのかというのは気になるところ。そこで今回は、覇気・刀・ミホークの3つの視点から考察していきたいと思います!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 1

【謎】2年後のゾロは片目は何かの伏線なのか?

ジュラキュール・ミホークの元で2年間の修行に励んだゾロは、強力な剣術や武装色の覇気、町のサイズ程の石を切り倒す奥義”一大・三千・大千・世界”などを手に入れた。そんなゾロの修行を終えた姿を見てみると、<b>左目の部分に額から頰までに縦に刀傷</b>が入っている。ゾロは激しい修行で会得した剣術や覇気と引き換えに、左目から光を失ってしまったのだ。

ジュラキュール・ミホークの元で2年間の修行に励んだゾロは、強力な剣術や武装色の覇気、町のサイズ程の石を切り倒す奥義”一大・三千・大千・世界”などを手に入れた。そんなゾロの修行を終えた姿を見てみると、左目の部分に額から頰までに縦に刀傷が入っている。ゾロは激しい修行で会得した剣術や覇気と引き換えに、左目から光を失ってしまったのだ。

ゾロって2年の修行で片目無くなったんだよね?剣士として致命的じゃないか??(°_°) てかあれ本当に開かないの?w

修行のため片目を閉じている!?

剣豪として知られる柳生十兵衛三厳は、隻眼(片目)であったと伝えられている。あの銀魂に登場する柳生九兵衛のモデルになった人物と言えば分かる方も多いと思う。<br><br>十兵衛がなぜ失明したのかというと、実父で剣術の師でもあった但馬守宗矩との稽古の時に、宗矩が誤って十兵衛の目を打ってしまい、そのまま失明したと伝えられている。<br><br>だが俗説として、<b>十兵衛は実は失明しておらず、両目とも健勝で、修行のために眼帯をしていたという説</b>も語り継がれている。実際に十兵衛の肖像画とされる絵には両目が揃っている。<br><br>もしかするとゾロもこれと同じで、新世界で戦う強敵に備え、<b>修行の一環としてワザと片目を閉ざしている</b>のではないだろうか?

剣豪として知られる柳生十兵衛三厳は、隻眼(片目)であったと伝えられている。あの銀魂に登場する柳生九兵衛のモデルになった人物と言えば分かる方も多いと思う。

十兵衛がなぜ失明したのかというと、実父で剣術の師でもあった但馬守宗矩との稽古の時に、宗矩が誤って十兵衛の目を打ってしまい、そのまま失明したと伝えられている。

だが俗説として、十兵衛は実は失明しておらず、両目とも健勝で、修行のために眼帯をしていたという説も語り継がれている。実際に十兵衛の肖像画とされる絵には両目が揃っている。

もしかするとゾロもこれと同じで、新世界で戦う強敵に備え、修行の一環としてワザと片目を閉ざしているのではないだろうか?

チョッパーが根拠

ゾロの片目が負傷していない理由を裏付ける根拠は、<b>チョッパーが何も言わないということ</b>。船医であるチョッパーが2年後の片目を失ったゾロの姿を見ても、治療しようとする素振りや発言が全くない。<br><br>これは明らかに不自然。これらのことを踏まえて、<b>ゾロの片目は失明していない</b>と考えられる。

ゾロの片目が負傷していない理由を裏付ける根拠は、チョッパーが何も言わないということ。船医であるチョッパーが2年後の片目を失ったゾロの姿を見ても、治療しようとする素振りや発言が全くない。

これは明らかに不自然。これらのことを踏まえて、ゾロの片目は失明していないと考えられる。

鷹の目のゾロ

もしゾロの左目が開眼する時、相手として最も相応しいのは師であるミホーク。麦わらの一味にいる限り、七武海との戦闘は避けられない。<br><br>さらに、閉ざされたゾロの左目が開眼する時、きっと片目が”鷹の目”になっていて、様々な物を見極める事が出来るようになっているのだろう。<br>

もしゾロの左目が開眼する時、相手として最も相応しいのは師であるミホーク。麦わらの一味にいる限り、七武海との戦闘は避けられない。

さらに、閉ざされたゾロの左目が開眼する時、きっと片目が”鷹の目”になっていて、様々な物を見極める事が出来るようになっているのだろう。

ゾロの覇気は覇王色の覇気か?

〝武装色〟と〝見聞色〟はすべての人に備わっている一方で、〝覇王色〟に限っては数百万人にひとりにしか備わっていない力といわれている。レイリーが言うにはこの世で大きく名を上げる様な人物はおよそこの力を秘めている事が多いらしい。<br><br>さて、ゾロの野望は世界一の大剣豪になることで、それはまさしく「この世で大きく名を上げること」につながるものだと思う。そんな己の野望を遂げるために着実に成長していくゾロ。懸賞金の金額においては、ゾロの額は麦わらの一味の中ではルフィに次ぐ2番手で、今や3億2000万の賞金首になっている。<br><br>もはや一船の〝船長クラス〟の額がつけられ、その名を上げているゾロなので、彼に〝覇王色〟の力が秘められていても特に不思議なことではないと思う。<br>

〝武装色〟と〝見聞色〟はすべての人に備わっている一方で、〝覇王色〟に限っては数百万人にひとりにしか備わっていない力といわれている。レイリーが言うにはこの世で大きく名を上げる様な人物はおよそこの力を秘めている事が多いらしい。

さて、ゾロの野望は世界一の大剣豪になることで、それはまさしく「この世で大きく名を上げること」につながるものだと思う。そんな己の野望を遂げるために着実に成長していくゾロ。懸賞金の金額においては、ゾロの額は麦わらの一味の中ではルフィに次ぐ2番手で、今や3億2000万の賞金首になっている。

もはや一船の〝船長クラス〟の額がつけられ、その名を上げているゾロなので、彼に〝覇王色〟の力が秘められていても特に不思議なことではないと思う。

気迫におされるときの〝音〟

〝覇王色〟の覇気で相手を威圧するときの描写をふり返っていくと、そのほとんどの場面で<b>「ゾクッ」、「ドクン」という擬音語・擬態語</b>が使われることに気づく。

出典: d-w-o.net

〝覇王色〟の覇気で相手を威圧するときの描写をふり返っていくと、そのほとんどの場面で「ゾクッ」、「ドクン」という擬音語・擬態語が使われることに気づく。

このことを踏まえて、対カク戦におけるカクがゾロの阿修羅の幻を見たときの描写と、モネがゾロにぶった斬られようとする直前の描写をふり返ってみると<b>〝覇王色〟のときと同じように「ゾクッ」「ドクン」という〝音〟が使われいる</b>ことがわかる。<br><br>もちろんこれだけでゾロが覇王色の覇気を使ったとは言い切れないのだが、それでもやっぱり<b>ソレに近い気迫をゾロは持っている</b>のだと思える。

出典: d-w-o.net

このことを踏まえて、対カク戦におけるカクがゾロの阿修羅の幻を見たときの描写と、モネがゾロにぶった斬られようとする直前の描写をふり返ってみると〝覇王色〟のときと同じように「ゾクッ」「ドクン」という〝音〟が使われいることがわかる。

もちろんこれだけでゾロが覇王色の覇気を使ったとは言い切れないのだが、それでもやっぱりソレに近い気迫をゾロは持っているのだと思える。

ゾロが覇王色を使える気がするのは俺だけだろうか。。。

ゾロは鷹の目のミホークから何かを受け継いでいる?

鷹の目の伝承

ミホークの目を覚えているだろうか。ミホークの目は他のどの人物とも決定的に違う目の形をしている。もしかしたらこの2年の修行のうちに<b>ミホークが自分の片目をゾロに託した</b>、という可能性がある。<br><br>あの瞳は悪魔の実のようなもので<b>「目に宿る何か」</b>なのかもしれない。 ミホークは武装色、見聞色共に使えそうだし、ゾロと比較しても圧倒的に強い剣士だったわけだが、彼にはひとつ問題がある。 登場時にガレオン船をぶった切った時に「暇つぶし」とこぼしたように、彼は様々なことに退屈している。<br><br>また、シャンクスは左腕を失った理由を白ひげに問われた際、「新しい時代に賭けてきた」と答えている。鷹の目は今まで見込みのある人間がいなかったため退屈していたのだろうが、ゾロとの勝負の際は「久しく見ぬ強きものよ」「見事」とゾロを賞賛し、行き急ぐな、と回想している。 <br><br>このことから、鷹の目ミホークは、<b>ゾロに再度挑戦して来て欲しい、願わくば自分を超えてほしい</b>と思っていたのではないか。

ミホークの目を覚えているだろうか。ミホークの目は他のどの人物とも決定的に違う目の形をしている。もしかしたらこの2年の修行のうちにミホークが自分の片目をゾロに託した、という可能性がある。

あの瞳は悪魔の実のようなもので「目に宿る何か」なのかもしれない。 ミホークは武装色、見聞色共に使えそうだし、ゾロと比較しても圧倒的に強い剣士だったわけだが、彼にはひとつ問題がある。 登場時にガレオン船をぶった切った時に「暇つぶし」とこぼしたように、彼は様々なことに退屈している。

また、シャンクスは左腕を失った理由を白ひげに問われた際、「新しい時代に賭けてきた」と答えている。鷹の目は今まで見込みのある人間がいなかったため退屈していたのだろうが、ゾロとの勝負の際は「久しく見ぬ強きものよ」「見事」とゾロを賞賛し、行き急ぐな、と回想している。

このことから、鷹の目ミホークは、ゾロに再度挑戦して来て欲しい、願わくば自分を超えてほしいと思っていたのではないか。

ゾロの片目は開いたら鷹の目になってそう

ゾロの所有する刀一覧

「和道一文字(わどういちもんじ)」

大業物。三刀流で口にくわえている白い刀で、<b>ゾロの親友くいなの形見</b>。くいなは幼い頃に亡くなっている。

出典: pk33.com

大業物。三刀流で口にくわえている白い刀で、ゾロの親友くいなの形見。くいなは幼い頃に亡くなっている。

「三代鬼徹(さんだいきてつ)」

業物鬼徹一派。<b>ゾロは5万ベリーで買った</b>。実際には100万ベリーの価値はあるらしい。

出典: pixiin.com

業物鬼徹一派。ゾロは5万ベリーで買った。実際には100万ベリーの価値はあるらしい。

「雪走(ゆばしり)」

良業物。エニエスロビーの戦いのときに海軍大佐サビサビの実の能力者シュウの能力によって<b>錆びて使えなくなってしまう</b>。スリラーバークでゾロが雪走を供養する場面がある。

良業物。エニエスロビーの戦いのときに海軍大佐サビサビの実の能力者シュウの能力によって錆びて使えなくなってしまう。スリラーバークでゾロが雪走を供養する場面がある。

「秋水(しゅうすい)」

大業物黒刀。スリラーバークでゾンビの侍リューマに勝って手に入れる。<b>錆びて使えなくなってしまった雪走の代わりに使っている刀</b>。雪走より重量があり、かなりの硬度がある。

出典: i2.wp.com

大業物黒刀。スリラーバークでゾンビの侍リューマに勝って手に入れる。錆びて使えなくなってしまった雪走の代わりに使っている刀。雪走より重量があり、かなりの硬度がある。

「鼻嵐(はなあらし)」

それと忘れてはいけない大切な刀。雪走とそげキングの合体技で、エニエスロビーでCP9と戦う時に使った。結果は見事にそげキングがゾロの足を引っ張ってしまった。

それと忘れてはいけない大切な刀。雪走とそげキングの合体技で、エニエスロビーでCP9と戦う時に使った。結果は見事にそげキングがゾロの足を引っ張ってしまった。

ゾロが今後手に入れるかもしれない刀を予想してみた。

ウソップの名刀”鼻嵐”はまぁギャグとして、現状ゾロが保有しているのは<b>和道一文字、秋水、三代鬼徹の三本</b>であり、大業物2本、業物1本ということになっている。 <br><br>次に新しい刀を手に入れるのであれば三代鬼徹が二代鬼徹にランクアップする可能性が高い。 例えば、ワノ国のエピソードで、二代鬼徹をどこかから持ってきて、三代鬼徹を埋葬する…といった描写があっても良いかもしれない。

出典: i0.wp.com

ウソップの名刀”鼻嵐”はまぁギャグとして、現状ゾロが保有しているのは和道一文字、秋水、三代鬼徹の三本であり、大業物2本、業物1本ということになっている。

次に新しい刀を手に入れるのであれば三代鬼徹が二代鬼徹にランクアップする可能性が高い。 例えば、ワノ国のエピソードで、二代鬼徹をどこかから持ってきて、三代鬼徹を埋葬する…といった描写があっても良いかもしれない。

ゾロの最終的に持つ刀は決まっている?

ゾロが大剣豪になることを決めた理由の一つとして、<b>親友くいなとの誓い</b>がある。この誓い・約束を守るためにゾロは海に出た。 逆をいうと、この誓いがゾロの行動原理のひとつでもあり、<b>くいなの和道一文字はゾロの中でも最も重要な刀として最後まで活躍し続ける</b>と思う。 <br><br>もし仮に最上大業物を三本手に入れたとしても、ゾロは大業物の和道一文字を使い続けるのではないだろうか。では、ゾロが最後まで持つであろう刀のひとつとして和道一文字は一旦確定として、次に考察しなければならないのは秋水。 <br><br>秋水に関してはスリラーバークにて剣豪リューマのゾンビを倒した際に譲り受けたものだが、これはもしかしたら<b>今後新しい刀に変わる可能性</b>がある。ワノ国で新しい刀を作ってもらうといったイベントが起こるかもしれない。 <br><br>ワノ国は刀発祥の地であると考えられるから、かなり敏腕の刀鍛冶、伝説の刀鍛冶みたいなポジションの人物が登場するかもしれない。また、<b>妖刀としてずっと愛用している三代鬼徹もそろそろ替えどきなのかな</b>、と思う。

ゾロが大剣豪になることを決めた理由の一つとして、親友くいなとの誓いがある。この誓い・約束を守るためにゾロは海に出た。 逆をいうと、この誓いがゾロの行動原理のひとつでもあり、くいなの和道一文字はゾロの中でも最も重要な刀として最後まで活躍し続けると思う。

もし仮に最上大業物を三本手に入れたとしても、ゾロは大業物の和道一文字を使い続けるのではないだろうか。では、ゾロが最後まで持つであろう刀のひとつとして和道一文字は一旦確定として、次に考察しなければならないのは秋水。

秋水に関してはスリラーバークにて剣豪リューマのゾンビを倒した際に譲り受けたものだが、これはもしかしたら今後新しい刀に変わる可能性がある。ワノ国で新しい刀を作ってもらうといったイベントが起こるかもしれない。

ワノ国は刀発祥の地であると考えられるから、かなり敏腕の刀鍛冶、伝説の刀鍛冶みたいなポジションの人物が登場するかもしれない。また、妖刀としてずっと愛用している三代鬼徹もそろそろ替えどきなのかな、と思う。

<b>三代鬼徹を刀鍛冶に打ちなおしてもらって、四代鬼徹とする…</b>といったイベントが起こったりすると面白いかもしれない。どちらにせよゾロの刀の中では三代鬼徹が最もランクが低い刀であることは間違いないから、これのバージョンアップイベントはあってもいいのかな、と思う。 <br><br>とはいえ尾田栄一郎先生のことだから、ゾロが最後に持つ刀は既に決めてあるのではないか?と想像してしまう。 個人的には、<b>和道一文字・◯代鬼徹の二本は外せないため、あと1本が気になるところ</b>。

三代鬼徹を刀鍛冶に打ちなおしてもらって、四代鬼徹とする…といったイベントが起こったりすると面白いかもしれない。どちらにせよゾロの刀の中では三代鬼徹が最もランクが低い刀であることは間違いないから、これのバージョンアップイベントはあってもいいのかな、と思う。

とはいえ尾田栄一郎先生のことだから、ゾロが最後に持つ刀は既に決めてあるのではないか?と想像してしまう。 個人的には、和道一文字・◯代鬼徹の二本は外せないため、あと1本が気になるところ

まとめ

作者も2年後になって、世界一の剣豪になるというゾロの強者設定に本腰を入れてきたかなと感じがします。本誌で左目の謎や覇気について触れられることを祈り、以上で考察を終わります。ご覧いただきありがとうございました。

出典: i.ytimg.com

作者も2年後になって、世界一の剣豪になるというゾロの強者設定に本腰を入れてきたかなと感じがします。本誌で左目の謎や覇気について触れられることを祈り、以上で考察を終わります。ご覧いただきありがとうございました。

1 ゲスト 11ヶ月前

ゾロの左目は、ペローナがゾロの看病をすることをやめて出て行こうとした時に
くいなの形見「和道一文字」がまるでくいなの魂があるかのようにペローナに
斬りかかって、その時にゾロがペローナを庇ってできた傷だと
聞いたことがあります

返信
like
7
dislike
5

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

7121
1
Fessan white 上に戻る