2016.03.24.Thu. 10ヶ月前 アニメ研究員 『 N 』

【甲鉄城のカバネリ】無名のアニメ毎話まとめ&総合雑談スレ

ノイタミナが送るテレビアニメ 『甲鉄城のカバネリ』 のヒロイン、無名(むめい)についての毎話更新系のポストです。「天真爛漫」という言葉どおりの可愛いらしい印象は勿論、カバネと戦う時のカッコイイ姿や秘密がありそうな一面も魅力的です。物語のカギを握るヒロインとして目が離せませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

無名のプロフィール

金剛郭を目指す謎多き少女

 日ノ本各地に存在する要塞都市 「駅」 間を移動する輸送用装甲機関車 「駿城(はやしろ)」 の一つ、『甲鉄城』に乗って主人公=生駒たちが暮らす 『顕金駅(あらがねえき)』 にやってきた<b>可憐な出で立ちの謎多き12歳の少女。</b><br><br><b>本来、駅では義務である「カバネ検閲」を免除され、</b>顕金駅を治める 四方川堅将(よもかわ けんしょう) から客人扱いを受けるなど、<b>武士たちから特別の待遇を受けている。</b>甲鉄城が目的地としている日ノ本の首都 『<b>金剛郭</b>』 へ行こうとしている。

 日ノ本各地に存在する要塞都市 「駅」 間を移動する輸送用装甲機関車 「駿城(はやしろ)」 の一つ、『甲鉄城』に乗って主人公=生駒たちが暮らす 『顕金駅(あらがねえき)』 にやってきた可憐な出で立ちの謎多き12歳の少女。

本来、駅では義務である「カバネ検閲」を免除され、顕金駅を治める 四方川堅将(よもかわ けんしょう) から客人扱いを受けるなど、武士たちから特別の待遇を受けている。甲鉄城が目的地としている日ノ本の首都 『金剛郭』 へ行こうとしている。

カバネリとして

カバネを凌駕する戦闘能力。

 <b>人とカバネの両方の特性を持つカバネリ</b>として、常人を凌駕する身体能力を持ち、首に結ばれている 「<b>枷紐(かせひも)</b>」 を外すことで<b>カバネすら圧倒する全力を発揮できる</b>が、<b>一定時間が経過するとカバネの呪いが発現してしまい、睡眠を取らなければならないという欠点</b>がある。<br><br> カバネリとしての能力と様々な武器や体術を使いこなすことで、カバネを葬る事ができる<b>現時点での最強戦力</b>であり、<b>イレギュラーな存在</b>でもある。<br>

 人とカバネの両方の特性を持つカバネリとして、常人を凌駕する身体能力を持ち、首に結ばれている 「枷紐(かせひも)」 を外すことでカバネすら圧倒する全力を発揮できるが、一定時間が経過するとカバネの呪いが発現してしまい、睡眠を取らなければならないという欠点がある。

 カバネリとしての能力と様々な武器や体術を使いこなすことで、カバネを葬る事ができる現時点での最強戦力であり、イレギュラーな存在でもある。

主人公=生駒との関係

面白い奴

 甲鉄城が顕金駅に到着した際のカバネ検閲で、疑いありの人物が発生。武士たちが即時処刑を迫る中、<b>生駒だけが不当性を進言し、上位階級である武士たちに立ちふさがる</b>姿を見て興味を持つ。<br><br>その夜、牢に閉じ込められた生駒に会いに行き、昼間のカバネ検閲の際に 「<b>どうしてあんな行動をとったのか?</b>」 と尋ね、<b>思いがけない回答をした生駒にますます興味を持つ。</b>

出典: manga.tokyo

 甲鉄城が顕金駅に到着した際のカバネ検閲で、疑いありの人物が発生。武士たちが即時処刑を迫る中、生駒だけが不当性を進言し、上位階級である武士たちに立ちふさがる姿を見て興味を持つ。

その夜、牢に閉じ込められた生駒に会いに行き、昼間のカバネ検閲の際に 「どうしてあんな行動をとったのか?」 と尋ね、思いがけない回答をした生駒にますます興味を持つ。

私の生きる盾

甲鉄城で一緒に「金剛郭」を目指すことになった生駒と無名。無名は生駒に枷紐を外すとしばらく動けなくなる欠点を明かし、「<b>私が動けない間の盾になれ</b>」と告げ稽古を付けることになる。

甲鉄城で一緒に「金剛郭」を目指すことになった生駒と無名。無名は生駒に枷紐を外すとしばらく動けなくなる欠点を明かし、「私が動けない間の盾になれ」と告げ稽古を付けることになる。

無名の謎

彼女の存在が物語のキーとなる。

<b>【現時点での謎】</b><br><b>◆ 旅の目的</b><br><b>◆カバネリになった経緯</b><br><b>◆兄様とは?</b>

出典: kabaneri.com

【現時点での謎】
◆ 旅の目的
◆カバネリになった経緯
◆兄様とは?

無名の1話まとめ&感想

主人公=生駒(いこま)が住む「顕金駅(あらがねえき)」に、駿城(はやしろ)の一つ「甲鉄城(こうてつじょう)」に乗り来訪する無名ちゃん。素敵な和装や仕草がとっても可愛い一方で、後半に見せた凛とした表情や、カバネを蹴りで屠った戦闘シーンが非常にかっこよかったですね。彼女の身体能力などの秘密が気になるところです。<br>

主人公=生駒(いこま)が住む「顕金駅(あらがねえき)」に、駿城(はやしろ)の一つ「甲鉄城(こうてつじょう)」に乗り来訪する無名ちゃん。素敵な和装や仕草がとっても可愛い一方で、後半に見せた凛とした表情や、カバネを蹴りで屠った戦闘シーンが非常にかっこよかったですね。彼女の身体能力などの秘密が気になるところです。

無名の2話まとめ&感想

顕金駅内部へと進行するカバネの大群。この窮地を脱するための方法はただ1つ--甲鉄城に乗り込むこと。しかし、甲鉄城までの道のりには無数のカバネが。万事休すかと思われたその時、武装装束に身を包んだ無名が現れる。--「私が道を開くから付いてきて。」そう言い残すと、彼女はカバネに向けて跳躍する。<br><br>最初から最後までクライマックスの「圧巻」という言葉がふさわしい第2話でした。カバネを次々と屠っていく無名ちゃんの超絶アクション(しかもキッチリ現実でも110秒!凄いです!!)そして、ラストに明かされた「カバネリ」という言葉。1話分に内容が凝縮された非常に濃い回でした。<br>

顕金駅内部へと進行するカバネの大群。この窮地を脱するための方法はただ1つ--甲鉄城に乗り込むこと。しかし、甲鉄城までの道のりには無数のカバネが。万事休すかと思われたその時、武装装束に身を包んだ無名が現れる。--「私が道を開くから付いてきて。」そう言い残すと、彼女はカバネに向けて跳躍する。

最初から最後までクライマックスの「圧巻」という言葉がふさわしい第2話でした。カバネを次々と屠っていく無名ちゃんの超絶アクション(しかもキッチリ現実でも110秒!凄いです!!)そして、ラストに明かされた「カバネリ」という言葉。1話分に内容が凝縮された非常に濃い回でした。

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

7238
1
Fessan white 上に戻る