2016.04.06.Wed. 11ヶ月前 なーちゃん

【ワンピース】【史上最大の戦い】 頂上戦争編(51巻〜61巻)あらすじまとめ

ワンピースを語るうえで欠かせない頂上戦争編の事をまとめていきたいと思います。よかったら忘れていたこと・思い出深かったこと思い出しながら読んで頂けたら光栄です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

激動のシャボンディ諸島

新しい仲間と魚人島

<b>ガイコツの“音楽家”ブルック</b>を新たな仲間を加えてゴースト島“スリラーバーク”を出航した麦わらの一味はついに“偉大なる航路(グランドライン)”の中間地点となる“赤い土の大地(レッドライン)”に突き当たります。<br><br><b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><span class="wysiwyg-color-festy-red">「世界をもう半周した場所で、この壁はもう一度見ることになる。・・・・その時は、おれは海賊王だ!」</span></span></b>と巨大な絶壁を前に船長ルフィは力強く宣言します。<br><br>そして一味はグランドラインの後半“新世界”への進入を果たす為深海に存在するという“魚人島”を探すことになりますがフランキーが作った潜水艇「シャークサブマージ号」の限界深度5千M下にさえ“魚人島”を確認する事は出来ませんでした。<br><br>

ガイコツの“音楽家”ブルックを新たな仲間を加えてゴースト島“スリラーバーク”を出航した麦わらの一味はついに“偉大なる航路(グランドライン)”の中間地点となる“赤い土の大地(レッドライン)”に突き当たります。

「世界をもう半周した場所で、この壁はもう一度見ることになる。・・・・その時は、おれは海賊王だ!」と巨大な絶壁を前に船長ルフィは力強く宣言します。

そして一味はグランドラインの後半“新世界”への進入を果たす為深海に存在するという“魚人島”を探すことになりますがフランキーが作った潜水艇「シャークサブマージ号」の限界深度5千M下にさえ“魚人島”を確認する事は出来ませんでした。

人魚ケイミーとヒトデパッパグ

<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“記録指針(ログポース)”</span></b>は確かに進むべき方角を示しているのに到達する為の手段が分からないのです。その時途方に暮れる一味に突如怪獣“海兎”が襲い掛かります。ルフィのパンチでKOされた海兎は口から何かを吐き出します。<br><br>ひゅー・・・という音と共にサニー号の甲板に落下してきたのはなんと人魚とヒトデでした。<b>人魚の名前はケイミー。ヒトデはパッパグ。<span class="wysiwyg-color-festy-red">“魚人島”</span></b>のデザイナーだという二人は仲間のタコ焼き屋「はっちん」と逸れたところを海兎に食べられたと言います。<br><br>救出されホッとしたのも束の間、ケイミーの電伝虫に「はっちん」から連絡が入るのですが相手は3人の悪党魚人“マクロ一味”でした。<br>

“記録指針(ログポース)”は確かに進むべき方角を示しているのに到達する為の手段が分からないのです。その時途方に暮れる一味に突如怪獣“海兎”が襲い掛かります。ルフィのパンチでKOされた海兎は口から何かを吐き出します。

ひゅー・・・という音と共にサニー号の甲板に落下してきたのはなんと人魚とヒトデでした。人魚の名前はケイミー。ヒトデはパッパグ。“魚人島”のデザイナーだという二人は仲間のタコ焼き屋「はっちん」と逸れたところを海兎に食べられたと言います。

救出されホッとしたのも束の間、ケイミーの電伝虫に「はっちん」から連絡が入るのですが相手は3人の悪党魚人“マクロ一味”でした。

トビウオライダーズ

しつこくケイミーを付け狙いその度に「はっちん」の返り討ちに会うマクロ達は今回強力な人攫い集団“トビウオライダーズ”と手を組んでケイミーをおびき出そうというのです。ケイミーの願いを受けた麦わらの一味は<b>「はっちん」の</b>救出を決意します。<br><br>魚と話が出来るケイミーの能力で海面に描かれる矢印・・・・目指すは“トビウオライダーズ”のアジトです。シャボンディ諸島より東にあるアジトでは偵察隊から“麦わらの一味”の情報を聞きつけたライダーズのヘッド“鉄仮面のデュバル”が仮面の奥の瞳を輝かせていました。<br><br>怒りのままに銃を乱射し<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">執念に満ちたデュバルの眼光</span></b>は部下達やマクロ一味を震え上がらせます。<br>

出典: ameblo.jp

しつこくケイミーを付け狙いその度に「はっちん」の返り討ちに会うマクロ達は今回強力な人攫い集団“トビウオライダーズ”と手を組んでケイミーをおびき出そうというのです。ケイミーの願いを受けた麦わらの一味は「はっちん」の救出を決意します。

魚と話が出来るケイミーの能力で海面に描かれる矢印・・・・目指すは“トビウオライダーズ”のアジトです。シャボンディ諸島より東にあるアジトでは偵察隊から“麦わらの一味”の情報を聞きつけたライダーズのヘッド“鉄仮面のデュバル”が仮面の奥の瞳を輝かせていました。

怒りのままに銃を乱射し執念に満ちたデュバルの眼光は部下達やマクロ一味を震え上がらせます。

はっちんの正体

アジトに到着した一味は“トビウオライダーズ”によって檻に入れられた「はっちん」を発見しその姿を見て驚愕します。彼は長年に渡り<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">ナミの故郷ココヤシ村をも支配し猛威を振るった魚人海賊団“アーロン一味”の剣士「はっちゃん」</span></b>だったのです。<br><br>ケイミーの大切な友達と言ってもはっちゃんはかつての敵・・・・。救出を渋る一味の姿に痺れを切らしたケイミーとパッパグは飛び出し、そしてマクロ達にあっさりと捕まってしまいます。<br><br>その瞬間<b>ケイミーとの約束を優先したナミ</b>の決断により麦わらの一味は救出を決定します。船員9人になって以来初めての大規模な戦闘へと突入します。<br>

アジトに到着した一味は“トビウオライダーズ”によって檻に入れられた「はっちん」を発見しその姿を見て驚愕します。彼は長年に渡りナミの故郷ココヤシ村をも支配し猛威を振るった魚人海賊団“アーロン一味”の剣士「はっちゃん」だったのです。

ケイミーの大切な友達と言ってもはっちゃんはかつての敵・・・・。救出を渋る一味の姿に痺れを切らしたケイミーとパッパグは飛び出し、そしてマクロ達にあっさりと捕まってしまいます。

その瞬間ケイミーとの約束を優先したナミの決断により麦わらの一味は救出を決定します。船員9人になって以来初めての大規模な戦闘へと突入します。

トビウオライダーズとの戦闘

トビウオに乗り空中を自在に滑空する“トビウオライダーズ”。統率の取れた編隊攻撃で一味の船・サニー号を狙って来る彼らに手を焼きながらも、“麦わらの一味”の<b>船員は次々に持ち前の戦闘能力を発揮し確実に戦果を挙げて</b>いきます。<br><br>戦闘の最中に<b>拘束されていたはっちゃんも無事に解放</b>します。そしてルフィはトビウオの一匹を奪い跨ると<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">ヘッド・デュバルの鉄仮面の下にある素顔を目の当たり</span></b>にするのでした。<br><br>海賊“麦わらの一味”と人攫い集団“トビウオライダーズ”の戦闘は徐々に激しさを増していきます。<b>新加入したブルックや解放されたはっちゃんの活躍</b>によってトビウオ達の数も減少します。<br>

トビウオに乗り空中を自在に滑空する“トビウオライダーズ”。統率の取れた編隊攻撃で一味の船・サニー号を狙って来る彼らに手を焼きながらも、“麦わらの一味”の船員は次々に持ち前の戦闘能力を発揮し確実に戦果を挙げていきます。

戦闘の最中に拘束されていたはっちゃんも無事に解放します。そしてルフィはトビウオの一匹を奪い跨るとヘッド・デュバルの鉄仮面の下にある素顔を目の当たりにするのでした。

海賊“麦わらの一味”と人攫い集団“トビウオライダーズ”の戦闘は徐々に激しさを増していきます。新加入したブルックや解放されたはっちゃんの活躍によってトビウオ達の数も減少します。

鉄仮面デュバルの素顔

ついにトビウオライダーズはヘッドのデュバルが巨大なバイソン「モロバロ」に乗って直々に出陣します。なんと<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">デュバルが恨みを抱いていた人物はサンジ</span></b>の事だったのです。もちろんサンジ本人は全く心当たりがありません。<br><br>けれどデュバルの<b>仮面が外れた瞬間、誰もが目を疑いそしてデュバルの恨みがある意味「もっとも」だということ</b>を知ります。鉄仮面を被り逃亡の果てに人攫いのチームを結成したデュバル。<br><br>その怒りの矛先は似顔絵を描いた海軍本部ではなく完全にサンジへと向けられていました。まさに逆恨み。しかし<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">デュバルの怒りは本物</span></b>でした。デュバルは部下達に命じて鋼鉄の網でサンジを海中へと引きずり込みます。<br>

ついにトビウオライダーズはヘッドのデュバルが巨大なバイソン「モロバロ」に乗って直々に出陣します。なんとデュバルが恨みを抱いていた人物はサンジの事だったのです。もちろんサンジ本人は全く心当たりがありません。

けれどデュバルの仮面が外れた瞬間、誰もが目を疑いそしてデュバルの恨みがある意味「もっとも」だということを知ります。鉄仮面を被り逃亡の果てに人攫いのチームを結成したデュバル。

その怒りの矛先は似顔絵を描いた海軍本部ではなく完全にサンジへと向けられていました。まさに逆恨み。しかしデュバルの怒りは本物でした。デュバルは部下達に命じて鋼鉄の網でサンジを海中へと引きずり込みます。

ルフィの不思議な力

その時サンジの窮地を救ったのはケイミーでした。ケイミーは凄まじいスピードで水中を泳ぐと間一髪のところでサンジを救出。そして一味はここから猛反撃に転じます。一味の<b>新しい船サウザンド・サニー号</b>がついに<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">主力兵器「ガオン砲」</span></b>を発射します。<br><br>ほとんどのトビウオライダーがたった一撃で撃ち落とされます。痺れを切らしたデュバルはモトバロで猛突進。ルフィはそれを受け止めた時異変が起きます。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">ルフィの鋭い眼光を目の当たりにした瞬間巨大なモトバロが口から泡を吹いて失神した</span></b>のです。威圧?それとも迫力勝ち?不可思議な現象に首を捻る一味の船員・・・。それを他所にデュバルの怒り心頭でした。<br>

その時サンジの窮地を救ったのはケイミーでした。ケイミーは凄まじいスピードで水中を泳ぐと間一髪のところでサンジを救出。そして一味はここから猛反撃に転じます。一味の新しい船サウザンド・サニー号がついに主力兵器「ガオン砲」を発射します。

ほとんどのトビウオライダーがたった一撃で撃ち落とされます。痺れを切らしたデュバルはモトバロで猛突進。ルフィはそれを受け止めた時異変が起きます。

ルフィの鋭い眼光を目の当たりにした瞬間巨大なモトバロが口から泡を吹いて失神したのです。威圧?それとも迫力勝ち?不可思議な現象に首を捻る一味の船員・・・。それを他所にデュバルの怒り心頭でした。

シャボンディ諸島

ルフィを制し前に歩み出した<b>サンジはデュバルの顔面のパーツ一つ一つに的確に蹴り</b>を入れました。手配書の似顔絵とはまるで異なる骨格に蹴り変えていきます。無事にはっちゃんを救出しデュバル達と和解した“麦わらの一味”。<br><br>約束のタコ焼きを堪能した彼らは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">サニー号を「コーティング」</span></b>する為、一路シャボンディ諸島へと向かいます。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">世界一巨大なマングローブ“ヤルキマン・マングローブ”79本が集合した「シャボンディ諸島」。</span></b><br><br>ここは<b>“新世界”</b>へ行こうとする<b>航海者達が集う島</b>であり、そして<b>「海軍本部」に最も近い、</b>海賊達には危険な島でもあります。マングローブから浮き上がるシャボンの泡に見とれる一味にはっちゃんは神妙な顔で忠告します。<br>

ルフィを制し前に歩み出したサンジはデュバルの顔面のパーツ一つ一つに的確に蹴りを入れました。手配書の似顔絵とはまるで異なる骨格に蹴り変えていきます。無事にはっちゃんを救出しデュバル達と和解した“麦わらの一味”。

約束のタコ焼きを堪能した彼らはサニー号を「コーティング」する為、一路シャボンディ諸島へと向かいます。世界一巨大なマングローブ“ヤルキマン・マングローブ”79本が集合した「シャボンディ諸島」。

ここは“新世界”へ行こうとする航海者達が集う島であり、そして「海軍本部」に最も近い、海賊達には危険な島でもあります。マングローブから浮き上がるシャボンの泡に見とれる一味にはっちゃんは神妙な顔で忠告します。

“創造主”の末裔“天竜人”

ルフィ・ナミ・チョッパー・ロビン・ブルック。そしてケイミーとパッパグはコーティング職人に会う為に下船します。その路上で恐るべき光景を目撃します。よろよろとふらつく足取りの男・・・。その首に巻かれた首輪が突如爆発したのです。<br><br>後方から悠然と現れたのは巨人の奴隷を引き連れた男女。ロズワード聖とシャルリア宮でした。シャルリア宮は倒れた男を見下ろし<b>悪態を吐くと当然のように銃の引き金を引きます。</b>彼らこそが<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“世界貴族”。</span></b><br><br>800年前「世界政府」を作り上げた20人の王達の子孫。つまりは“創造主”の末裔であり、<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><span class="wysiwyg-color-festy-red">別名“天竜人”</span></span></b>として畏れられる存在です。<br>

ルフィ・ナミ・チョッパー・ロビン・ブルック。そしてケイミーとパッパグはコーティング職人に会う為に下船します。その路上で恐るべき光景を目撃します。よろよろとふらつく足取りの男・・・。その首に巻かれた首輪が突如爆発したのです。

後方から悠然と現れたのは巨人の奴隷を引き連れた男女。ロズワード聖とシャルリア宮でした。シャルリア宮は倒れた男を見下ろし悪態を吐くと当然のように銃の引き金を引きます。彼らこそが“世界貴族”。

800年前「世界政府」を作り上げた20人の王達の子孫。つまりは“創造主”の末裔であり、別名“天竜人”として畏れられる存在です。

コーティング職人レイリーを捜索

コーティング職人がいるという酒場「シャッキー‘sぼったくりBAR」に到着し店主のシャクヤクと出会います。情報通のシャクヤクはすぐに事情を悟りしかしここには<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">コーティング職人“レイリー”</span></b>はいないと語ります。<br><br>そしてレイリー捜索に出ようとしたルフィ達に忠告をします。“麦わらの一味”とは別ルートを辿ってこの諸島に辿り着いたライバル達。そしてルフィやゾロを含めた<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">彼ら“億超え”賞金首達の事は“超新星(ルーキー)”と呼ばれます。</span></b><br><br>諸島は今、一触即発の危険性を孕んでいたのです。サニー号でルフィ達を待っていたサンジはパッパグから恐るべき報せを受けます。レイリー捜索中に立ち寄った<b>遊園地「シャボンディパーク」</b>でケイミーが何者かに攫われたというのです。<br>

コーティング職人がいるという酒場「シャッキー‘sぼったくりBAR」に到着し店主のシャクヤクと出会います。情報通のシャクヤクはすぐに事情を悟りしかしここにはコーティング職人“レイリー”はいないと語ります。

そしてレイリー捜索に出ようとしたルフィ達に忠告をします。“麦わらの一味”とは別ルートを辿ってこの諸島に辿り着いたライバル達。そしてルフィやゾロを含めた彼ら“億超え”賞金首達の事は“超新星(ルーキー)”と呼ばれます。

諸島は今、一触即発の危険性を孕んでいたのです。サニー号でルフィ達を待っていたサンジはパッパグから恐るべき報せを受けます。レイリー捜索中に立ち寄った遊園地「シャボンディパーク」でケイミーが何者かに攫われたというのです。

人間オークションでの人身売買

サンジは直ちにトビウオライダーズを召集し“麦わらの一味”をピックアップします。人身売買が横行するのこ諸島では高額で売買される人魚は格好の標的でした。<b>1番GRの「人間オークション会場」にケイミー</b>の所在を突き止めた一味は現地へ飛びます。<br><br>先に1番GRに到着したナミ達は競売でケイミーを競り落とそうと決めます。場内では貴族やキッド、ローら“超新星”。そして“天竜人”までもが競売に興じていました。麦わらの一味の所持金限度額は2億ベリー。<br><br><b>この金額ならばケイミーを買えるはず</b>だと思ったのですが“天竜人”の財力は一同の予想よりはるかに上を行っていたのです。ケイミーが舞台に上がった途端チャルロス聖が<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">5億</span></b>で買うと声を上げます。<br>

サンジは直ちにトビウオライダーズを召集し“麦わらの一味”をピックアップします。人身売買が横行するのこ諸島では高額で売買される人魚は格好の標的でした。1番GRの「人間オークション会場」にケイミーの所在を突き止めた一味は現地へ飛びます。

先に1番GRに到着したナミ達は競売でケイミーを競り落とそうと決めます。場内では貴族やキッド、ローら“超新星”。そして“天竜人”までもが競売に興じていました。麦わらの一味の所持金限度額は2億ベリー。

この金額ならばケイミーを買えるはずだと思ったのですが“天竜人”の財力は一同の予想よりはるかに上を行っていたのです。ケイミーが舞台に上がった途端チャルロス聖が5億で買うと声を上げます。

シャボンディ諸島での魚人に対する差別

競り合う者などいるはずもなく絶望が一味を包んだ時、事件は起きます。トビウオに乗ったルフィとゾロが場内へと突っ込んできたのです。すぐさまステージに駆け寄るルフィをはっちゃんが6本の腕で静止します。<br><br>貴族の一人が悲鳴を上げます。この諸島での<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">魚人に対する差別は根深くその差別の目</span></b>が今、はっちゃんに向けられていました。騒然となった場内はしかし2発の銃声によって再び静まり返ります。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">チャルロス聖の放った銃弾がはっちゃんを撃ち抜いた</span></b>のです。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">「世界貴族」には楯突いてはいけない</span></b>・・・そんな忠告も今のルフィには関係ない。友達を傷つけた男にルフィは怒りの鉄拳を放ちます。<br>

競り合う者などいるはずもなく絶望が一味を包んだ時、事件は起きます。トビウオに乗ったルフィとゾロが場内へと突っ込んできたのです。すぐさまステージに駆け寄るルフィをはっちゃんが6本の腕で静止します。

貴族の一人が悲鳴を上げます。この諸島での魚人に対する差別は根深くその差別の目が今、はっちゃんに向けられていました。騒然となった場内はしかし2発の銃声によって再び静まり返ります。

チャルロス聖の放った銃弾がはっちゃんを撃ち抜いたのです。「世界貴族」には楯突いてはいけない・・・そんな忠告も今のルフィには関係ない。友達を傷つけた男にルフィは怒りの鉄拳を放ちます。

前代未聞の喧嘩

前代未聞のルフィの行為に人間オークション会場は騒然となります。何にしろ<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“天竜人”</span></b>に手を上げるなど絶対あってはならないのです。息子を傷つけられ怒り心頭のロズワード聖が『海軍大将』を呼べ、『軍艦』を呼べと声を上げます。<br><br>場外に待機していた海兵達と遅れて到着したウソップ・ロビン・ブルックの参戦し乱戦の様相を呈します。そんな中逆上したシャルリア宮がケイミーを捕えた水槽に接近し銃口を向けます。<br><br>しかし銃口が火を吹く事はなくヒザを折った<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">シャルリア宮はそのまま意識を失います。</span></b>銃声の代わりに聞こえてきたのは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">舞台裏から悠然と姿を現した男の声</span></b>でした。<br>

前代未聞のルフィの行為に人間オークション会場は騒然となります。何にしろ“天竜人”に手を上げるなど絶対あってはならないのです。息子を傷つけられ怒り心頭のロズワード聖が『海軍大将』を呼べ、『軍艦』を呼べと声を上げます。

場外に待機していた海兵達と遅れて到着したウソップ・ロビン・ブルックの参戦し乱戦の様相を呈します。そんな中逆上したシャルリア宮がケイミーを捕えた水槽に接近し銃口を向けます。

しかし銃口が火を吹く事はなくヒザを折ったシャルリア宮はそのまま意識を失います。銃声の代わりに聞こえてきたのは舞台裏から悠然と姿を現した男の声でした。

その男・・・<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><span class="wysiwyg-color-festy-red">“冥王”シルバーズ・レイリー</span></span></b>はもはや戦場と化したオークション会場内を見渡すと事態を全て悟ったように頷きます。レイリーは場内に鋭い眼光を向けます。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">その瞬間不思議な現象が起きます。</span></b>衛兵達が<b>意識</b>を失いドサドサと倒れ伏したのです。驚愕するルフィにレイリーは微笑みます。レイリーに促され一味はオークション会場からの脱出を試みます。<br><br>先陣を切ったのはルフィと会場に残っていたキッド、そしてローの3人の船長で<b>会場正面に現れた3人は全員が“悪魔の実”の能力者</b>でした。立ちはだかる海兵達をひと捻りし無事に逃走経路を確保します。<br>

出典: 1p.antna.pw

その男・・・“冥王”シルバーズ・レイリーはもはや戦場と化したオークション会場内を見渡すと事態を全て悟ったように頷きます。レイリーは場内に鋭い眼光を向けます。

その瞬間不思議な現象が起きます。衛兵達が意識を失いドサドサと倒れ伏したのです。驚愕するルフィにレイリーは微笑みます。レイリーに促され一味はオークション会場からの脱出を試みます。

先陣を切ったのはルフィと会場に残っていたキッド、そしてローの3人の船長で会場正面に現れた3人は全員が“悪魔の実”の能力者でした。立ちはだかる海兵達をひと捻りし無事に逃走経路を確保します。

冥王レイリーの話

シャッキーの酒場に戻った麦わらの一味は<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">レイリーが元“ロジャー海賊団”の副船長</span></b>だったと知り驚愕します。レイリーはロジャーの死の真相を語り<b>“新世界”でシャンクスが待っている</b>とルフィに告げます。<br><br>そしてルフィに「この強固な海を支配できるか?」と問うレイリーにルフィは笑顔で支配なんてしない、この海で一番自由なやつが海賊王だと笑顔で答えます。諸島各地では激しい戦闘が繰り広げられていました。<br><br><b>“天竜人”の要請を受け海軍本部</b>の<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“大将・黄猿“</span></b>、そして<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“王下七武海”バーソロミュー・くま</span></b>が上陸したのです。彼らは恐るべき能力で“超新星”達を圧倒していきます。<br>

シャッキーの酒場に戻った麦わらの一味はレイリーが元“ロジャー海賊団”の副船長だったと知り驚愕します。レイリーはロジャーの死の真相を語り“新世界”でシャンクスが待っているとルフィに告げます。

そしてルフィに「この強固な海を支配できるか?」と問うレイリーにルフィは笑顔で支配なんてしない、この海で一番自由なやつが海賊王だと笑顔で答えます。諸島各地では激しい戦闘が繰り広げられていました。

“天竜人”の要請を受け海軍本部“大将・黄猿“、そして“王下七武海”バーソロミュー・くまが上陸したのです。彼らは恐るべき能力で“超新星”達を圧倒していきます。

“平和主義者”くま

ルフィに打撃でダメージを与える戦桃丸。「くま」の肉体と黄猿の“レーザー”を持つ「平和主義者(パシフィスタ)」PX-1。そして“ピカピカの実”の「光人間」黄猿。レイリーの加勢があろうと一味の劣勢は変わりません。<br><br>ルフィは<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><span class="wysiwyg-color-festy-red">「全員!!逃げる事だけ考えろ!!!」</span></span></b>と叫びます。しかし強敵達は逃走さえも許しません。ブルック・サンジ・ウソップはPX-1の“レーザー”で容赦なく撃ち抜かれてしまいます。さらには聖書を持ったもう一人のくまが現れパニックは増すばかりです。<br><br>全身に悪寒を感じながらゾロは確信します。<b>この「くま」は紛れもなく本物</b>だと・・・悠然と佇むバーソロミュー・くまは右手の手袋をはずしながら眼前のゾロに静かに旅行するならどこがいい?と言います。<br>

ルフィに打撃でダメージを与える戦桃丸。「くま」の肉体と黄猿の“レーザー”を持つ「平和主義者(パシフィスタ)」PX-1。そして“ピカピカの実”の「光人間」黄猿。レイリーの加勢があろうと一味の劣勢は変わりません。

ルフィは「全員!!逃げる事だけ考えろ!!!」と叫びます。しかし強敵達は逃走さえも許しません。ブルック・サンジ・ウソップはPX-1の“レーザー”で容赦なく撃ち抜かれてしまいます。さらには聖書を持ったもう一人のくまが現れパニックは増すばかりです。

全身に悪寒を感じながらゾロは確信します。この「くま」は紛れもなく本物だと・・・悠然と佇むバーソロミュー・くまは右手の手袋をはずしながら眼前のゾロに静かに旅行するならどこがいい?と言います。

仲間が消える・・・・・

くまが右手を振り落した瞬間、ゾロは消えます・・・・・。ゾロだけではありません。くまの能力により次々と消えて行く船員達。やがて仲間を失い、絶望するルフィにもくまの右手が迫ります。そしてルフィもまた・・・消えてしまいます。<br>

<br>

くまが右手を振り落した瞬間、ゾロは消えます・・・・・。ゾロだけではありません。くまの能力により次々と消えて行く船員達。やがて仲間を失い、絶望するルフィにもくまの右手が迫ります。そしてルフィもまた・・・消えてしまいます。


アマゾン・リリーの蛇姫

くまに飛ばされたルフィ

シャボンディ諸島での絶望的な戦いの最中、バーソロミュー・くまの能力によって「消された」ルフィ。その体はなんと三日三晩もの間空中を飛び続けていました。そして巨大なクマの手形と共にルフィはとある島へと着地します。

仲間達との「約束の地」シャボンディ諸島に帰る為の手掛かりはレイリーから貰ったビブルカードだったのですがどうやって帰るのか手段が見えず、ルフィは途方に暮れます。

猪やキノコを食べてひとまず飢えは凌ぎます。翌朝、ジャングルを訪れたのは3人の女たちでした。マーガレット・アフェランドラ・スイトピーでした。

女人国“アマゾン・リリー”

それぞれが勇ましく武装した彼女達はジャングルの真ん中で体中からキノコが生えたルフィを発見します。<b>「カラダカラキノコガハエルダケ」の末期症状</b>だと気付き村へと運びます。<br><br>村では沢山の女達がルフィを好奇の目で見つめて、ルフィの体中から生えたキノコを引っこ抜き「唯一抜けないキノコ」を怪訝に思いながら・・・・。ルフィのケアをする女達に割って入ってきたのは“ニョン婆”と皆に呼ばれる老女でした。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">ルフィの「引っこ抜けないキノコ」を目にするやいなや仰天</span></b>します。数百年の間、男子禁制の掟が続く女人国「アマゾン・リリー」に男が侵入するという大事件が勃発します。<br>

それぞれが勇ましく武装した彼女達はジャングルの真ん中で体中からキノコが生えたルフィを発見します。「カラダカラキノコガハエルダケ」の末期症状だと気付き村へと運びます。

村では沢山の女達がルフィを好奇の目で見つめて、ルフィの体中から生えたキノコを引っこ抜き「唯一抜けないキノコ」を怪訝に思いながら・・・・。ルフィのケアをする女達に割って入ってきたのは“ニョン婆”と皆に呼ばれる老女でした。

ルフィの「引っこ抜けないキノコ」を目にするやいなや仰天します。数百年の間、男子禁制の掟が続く女人国「アマゾン・リリー」に男が侵入するという大事件が勃発します。

“九蛇海賊団”船長ボア・ハンコック

手当を受けて一命を取り留めたルフィだったのですが牢獄で目を覚ました直後から<b>「不法入国者」</b>として扱われここがどこかも分からぬまま逃走する羽目になります。<br><br>その頃、女々島近海には海軍本部の軍艦と海賊船が対峙していました。軍艦の甲板には海軍本部の“中将”モモンガと船員達。そして海賊船には勇ましいいでたちで武装した女達が慄然と立っています。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">彼女達は“九蛇海賊団”。</span></b>アマゾン・リリーにおいて最強の精鋭部隊です。そして船長を務めるのはアマゾン・リリーの皇帝にして<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“王下七武海”ボア・ハンコック。</span></b>モモンガはハンコックに「世界政府」からの厳令を伝達します。<br>

出典: www.vt81.com

手当を受けて一命を取り留めたルフィだったのですが牢獄で目を覚ました直後から「不法入国者」として扱われここがどこかも分からぬまま逃走する羽目になります。

その頃、女々島近海には海軍本部の軍艦と海賊船が対峙していました。軍艦の甲板には海軍本部の“中将”モモンガと船員達。そして海賊船には勇ましいいでたちで武装した女達が慄然と立っています。

彼女達は“九蛇海賊団”。アマゾン・リリーにおいて最強の精鋭部隊です。そして船長を務めるのはアマゾン・リリーの皇帝にして“王下七武海”ボア・ハンコック。モモンガはハンコックに「世界政府」からの厳令を伝達します。

“頂上戦争”

それは“王下七武海”の強制召集でした。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“白ひげの海賊団”2番隊隊長ポートガス・D・エースの“公開処刑”</span></b>が行われる一週間後、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“マリンフォード”は海軍本部と“白ひげ海賊団”による“頂上戦争”</span></b>の舞台と化します。<br><br>海軍本部勝利の為“七武海”の参加は不可欠なのです。けれど甲板に姿を現した“女帝”ハンコックはモモンガの交渉を跳ね除けます。その言い分は理不尽そのものだったがハンコックの美しさに海兵達はメロメロ。<br><br>言うが早いか<b>ハンコックはその能力を発揮</b>します。伸ばした手から<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">放たれるハート型の光線</span></b>がハンコックの美しさに見惚れる海兵達を忽ちの内に<b>“石化”</b>してしまいます。<br>

それは“王下七武海”の強制召集でした。“白ひげの海賊団”2番隊隊長ポートガス・D・エースの“公開処刑”が行われる一週間後、“マリンフォード”は海軍本部と“白ひげ海賊団”による“頂上戦争”の舞台と化します。

海軍本部勝利の為“七武海”の参加は不可欠なのです。けれど甲板に姿を現した“女帝”ハンコックはモモンガの交渉を跳ね除けます。その言い分は理不尽そのものだったがハンコックの美しさに海兵達はメロメロ。

言うが早いかハンコックはその能力を発揮します。伸ばした手から放たれるハート型の光線がハンコックの美しさに見惚れる海兵達を忽ちの内に“石化”してしまいます。

ルフィの公開処刑

痛みで邪心を消し去ったモモンガをその場に置き去りにしてハンコック率いる“九蛇海賊団”は悠然とアマゾン・リリーへ帰還します。ここが「シャボンディ諸島」から遠く離れた場所にあると知りルフィは船を借りて戻ろうと考えます。<br><br>この国の船はたった一艘、<b>皇帝が率いる海賊団</b>の船だけでした。その皇帝に会えば貸してもらえるかもしれないと行動する<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">ルフィが飛び込んだのは何と皇帝ボア・ハンコックの居城“九蛇城”天守閣にある浴場</span></b>でした。<br><br>ハンコックは自分の背中を見られた事に激高します。ルフィは直ちに捕えられ、そしてその島の闘技場へと引き出されました。<b>「不法侵入者」の公開処刑</b>が始まります。<br>

痛みで邪心を消し去ったモモンガをその場に置き去りにしてハンコック率いる“九蛇海賊団”は悠然とアマゾン・リリーへ帰還します。ここが「シャボンディ諸島」から遠く離れた場所にあると知りルフィは船を借りて戻ろうと考えます。

この国の船はたった一艘、皇帝が率いる海賊団の船だけでした。その皇帝に会えば貸してもらえるかもしれないと行動するルフィが飛び込んだのは何と皇帝ボア・ハンコックの居城“九蛇城”天守閣にある浴場でした。

ハンコックは自分の背中を見られた事に激高します。ルフィは直ちに捕えられ、そしてその島の闘技場へと引き出されました。「不法侵入者」の公開処刑が始まります。

不法入国者にされるルフィ

アマゾン・リリーの闘技場は異様な熱気で包まれていました。舞台中央に縛られた「不法入国者」・・・ルフィ。観客席を埋め尽くす女達の視線はまさにその一点に注がれています。<br><br>檀上に鎮座しルフィを見下ろすのは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“女帝”ボア・ハンコック。</span></b>その傍らにはマリーゴールド、サンダーソニアの<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“ゴルゴン三姉妹”</span></b>が居ます。何の目的でこの島に入ったのかハンコックはルフィに問います。<br><br>ルフィにとってはそれは自分が聞きたい話、“くま”に飛ばされ気づいたらここのいたのです。けれどそれはハンコック達にとっては<b>滑稽な作り話にしか聞こえず、やはり“死罪”</b>は免れません。<br>

アマゾン・リリーの闘技場は異様な熱気で包まれていました。舞台中央に縛られた「不法入国者」・・・ルフィ。観客席を埋め尽くす女達の視線はまさにその一点に注がれています。

檀上に鎮座しルフィを見下ろすのは“女帝”ボア・ハンコック。その傍らにはマリーゴールド、サンダーソニアの“ゴルゴン三姉妹”が居ます。何の目的でこの島に入ったのかハンコックはルフィに問います。

ルフィにとってはそれは自分が聞きたい話、“くま”に飛ばされ気づいたらここのいたのです。けれどそれはハンコック達にとっては滑稽な作り話にしか聞こえず、やはり“死罪”は免れません。

勇ましい女戦士たちvsルフィ

ルフィの死刑に異議を申し立てたのはマーガレット。命を救う為とはいえ“男”を入国させた事は重罪。それでもルフィを庇うマーガレットにアフェランドラ、スイトピーも続きます。けれど正直に誠実に申し出た3人の女を<b>無情にも石に変えて</b>しまいます。<br><br>命の恩人を石にしたハンコックと仲間を石に変えられたというのに<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">哂う女達にルフィは怒りを爆発</span></b>させます。処刑人の黒豹バキュラーを一撃で倒してマリーゴールドとサンダーソニアと対峙ます。<br><br><b>謎の力</b>を操る二人に苦戦しながらもルフィは“ギア2”で対抗し剣で埋め尽くされた闘技場の溝にマリーゴールドを追い詰めます。最早勝利を目前かと思われたその時ルフィは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">意外な行動</span></b>に出ます。<br>

ルフィの死刑に異議を申し立てたのはマーガレット。命を救う為とはいえ“男”を入国させた事は重罪。それでもルフィを庇うマーガレットにアフェランドラ、スイトピーも続きます。けれど正直に誠実に申し出た3人の女を無情にも石に変えてしまいます。

命の恩人を石にしたハンコックと仲間を石に変えられたというのに哂う女達にルフィは怒りを爆発させます。処刑人の黒豹バキュラーを一撃で倒してマリーゴールドとサンダーソニアと対峙ます。

謎の力を操る二人に苦戦しながらもルフィは“ギア2”で対抗し剣で埋め尽くされた闘技場の溝にマリーゴールドを追い詰めます。最早勝利を目前かと思われたその時ルフィは意外な行動に出ます。

ゴルゴン三姉妹の過去

炎で衣服が焼かれ露わになったマリーゴールドの背中を庇ったのです。国民が「目にしたものを石に変える“ゴルゴンの目”」として畏れる三姉妹の背中だったのだがそれはハンコック達にとっては死んでも見られたくないものだったのです。<br><br>さらにマーガレットら恩人達の石化を解いてくれと願い、頭を下げます。ルフィの行動はハンコックの心に深い衝撃を与えます。強さと共に他人を庇う優しさを併せ持つルフィに対しハンコックは<b>“ゴルゴン三姉妹”の背中の秘密</b>を打ち明けます。<br><br>これは国に伝わる“ゴルゴンの呪い”ではありません。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">背中にあるのは“天竜人”の奴隷の証。</span></b>幼少の頃“九蛇”の海賊船から攫われた三姉妹は“天竜人”の奴隷にされていた悲しい過去を背負っていたのです。<br>

炎で衣服が焼かれ露わになったマリーゴールドの背中を庇ったのです。国民が「目にしたものを石に変える“ゴルゴンの目”」として畏れる三姉妹の背中だったのだがそれはハンコック達にとっては死んでも見られたくないものだったのです。

さらにマーガレットら恩人達の石化を解いてくれと願い、頭を下げます。ルフィの行動はハンコックの心に深い衝撃を与えます。強さと共に他人を庇う優しさを併せ持つルフィに対しハンコックは“ゴルゴン三姉妹”の背中の秘密を打ち明けます。

これは国に伝わる“ゴルゴンの呪い”ではありません。背中にあるのは“天竜人”の奴隷の証。幼少の頃“九蛇”の海賊船から攫われた三姉妹は“天竜人”の奴隷にされていた悲しい過去を背負っていたのです。

兄・エースの公開処刑

シャボンディ諸島で<b>“天竜人”を殴ったというルフィ</b>の素性を知ったハンコックは船を貸す事を快諾します。その夜ルフィはニョン婆から衝撃のニュースを告げられます。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">海軍本部と“白ひげ海賊団”がマリンフォードで激突</span></b>する・・・。<br><br>その火種となるのはわずか<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">6日後に迫ったルフィの兄・エースの“公開処刑”</span></b>だというのです。“シャボンディ諸島”に戻っていてはエースを救う事など到底不可能。ルフィはエースが囚われているという海底監獄“インペルダウン”への進入を覚悟します。<br><br><b>“インペルダウン”</b>へ向かう為にはハンコックが世界政府の召集令に応じ“九蛇海賊団”の船に便乗するのが最上の策です。説得に臨もうと意気込むルフィだったのだがその矢先ハンコックが原因不明の病で倒れたと知ります。<br>

出典: d-w-o.net

シャボンディ諸島で“天竜人”を殴ったというルフィの素性を知ったハンコックは船を貸す事を快諾します。その夜ルフィはニョン婆から衝撃のニュースを告げられます。海軍本部と“白ひげ海賊団”がマリンフォードで激突する・・・。

その火種となるのはわずか6日後に迫ったルフィの兄・エースの“公開処刑”だというのです。“シャボンディ諸島”に戻っていてはエースを救う事など到底不可能。ルフィはエースが囚われているという海底監獄“インペルダウン”への進入を覚悟します。

“インペルダウン”へ向かう為にはハンコックが世界政府の召集令に応じ“九蛇海賊団”の船に便乗するのが最上の策です。説得に臨もうと意気込むルフィだったのだがその矢先ハンコックが原因不明の病で倒れたと知ります。

兄・エースを救うため、ルフィは地獄へ

仲間の行方・・・

ルフィが“アマゾン・リリー”に飛ばされた頃“麦わらの一味”の船員達もまた様々な島に飛ばされていました。ナミは天候を科学するという小さな空島“ウェザリア”で謎の老人と出会い、ウソップは“偉大なる航路(グランドライン)”ボーイン列島で巨大な昆虫や食人植物に襲われます。

ブルックはナマクラ島の貧困の国の人々に悪魔王サタンと間違われ、チョッパーは“南の海(サウスブルー)”の「トリノ王国」で人と鳥との争いに巻き込まれていました。

グランドラインの冬島に飛ばされパンツ一丁で震えていたフランキーは突然の砲撃を受けます。しかも撃ってきたのはメカメカしく重武装した「犬」。飼い主たちはここは“からくり島”天才の生まれた国「未来国バルジモア」だと言います。

サンジの行方

動物も草木も見渡す限りピンク一色・・・まるで<b>“楽園”</b>のようなその島の砂浜をサンジは走っていました。乙女の心を持った人々がサンジを追いかけ、口々に尋ねます。必死な形相で否定しながらサンジは実感します。<br><br><b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><span class="wysiwyg-color-festy-red">“地獄”・・・そうここは第2の“女々島”と名高い“モモイロ島”</span>「カマバッカ王国」。</span></b><br>

出典: game8.jp

動物も草木も見渡す限りピンク一色・・・まるで“楽園”のようなその島の砂浜をサンジは走っていました。乙女の心を持った人々がサンジを追いかけ、口々に尋ねます。必死な形相で否定しながらサンジは実感します。

“地獄”・・・そうここは第2の“女々島”と名高い“モモイロ島”「カマバッカ王国」。

ロビンの行方

ロビンの問いに男は答えます。「ここは<b>労働者の国</b>だ・・・」と。鎖につながれ同じ囚人服を着た人々が造っているのは島と島とをつなぐ巨大な橋。700年も前から継続されているという“労働”。<br><br>何の為に・・・男はロビンが知る必要はないと言われてしまいます。ロビンの両手首にもまた鎖が繋がっています。<b>それは労働者の証。</b>ここは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“東の海(イーストブルー)”橋の上の国「テキーラウルフ」。</span></b><br>

ロビンの問いに男は答えます。「ここは労働者の国だ・・・」と。鎖につながれ同じ囚人服を着た人々が造っているのは島と島とをつなぐ巨大な橋。700年も前から継続されているという“労働”。

何の為に・・・男はロビンが知る必要はないと言われてしまいます。ロビンの両手首にもまた鎖が繋がっています。それは労働者の証。ここは“東の海(イーストブルー)”橋の上の国「テキーラウルフ」。

ゾロの行方

“偉大なる航路(グランドライン)”<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">クライガナ島「シッケアール王国」跡地。</span></b>バーソロミュー・くまに飛ばされここに辿り着いたペローナは突如大きな地響きを感じ城外へ飛び出します。<br><br>また誰かが飛ばされてきたに違いない・・・地面には巨大な肉球の跡とそして傷だらけの剣士が一人倒れていました。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">ペローナはその顔に見覚えがありました。あの“麦わらの一味”の剣士ロロノア・ゾロ</span></b>でした。<br><br>果たして船員達の運命は・・・?!<br>

“偉大なる航路(グランドライン)”クライガナ島「シッケアール王国」跡地。バーソロミュー・くまに飛ばされここに辿り着いたペローナは突如大きな地響きを感じ城外へ飛び出します。

また誰かが飛ばされてきたに違いない・・・地面には巨大な肉球の跡とそして傷だらけの剣士が一人倒れていました。ペローナはその顔に見覚えがありました。あの“麦わらの一味”の剣士ロロノア・ゾロでした。

果たして船員達の運命は・・・?!

“インペルダウン”進入

“女帝”ボア・ハンコックの協力によってルフィはついに<b>「世界一の海底大監獄」</b>と恐れられる<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“インペルダウン”</span></b>に進入します。監査室でのボディチェックの際、ハンコックの“メロメロの実”の能力で看守の目を欺くとルフィは一気に地下へと下ります。<br><br>地下1階「LEVEL1」紅蓮フロア。囚人達から<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">エースが地下5階「LEVEL5」に幽閉されている</span></b>という情報を得たルフィ。「騒ぎを起こさないで」というハンコックとの約束を胸にエースのビブルカードを道標にしながら複雑に入り組んだ獄中を慎重に進みます。<br><br>けれど静寂は一瞬にして破られてしまいます。牢番のブルーゴリラが一人の囚人を追いかけていたのです。そして斧で斬られてもバラバラになりながら駆けてくる囚人の正体はなんとあの<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“道化のバギー”</span></b>でした!<br>

“女帝”ボア・ハンコックの協力によってルフィはついに「世界一の海底大監獄」と恐れられる“インペルダウン”に進入します。監査室でのボディチェックの際、ハンコックの“メロメロの実”の能力で看守の目を欺くとルフィは一気に地下へと下ります。

地下1階「LEVEL1」紅蓮フロア。囚人達からエースが地下5階「LEVEL5」に幽閉されているという情報を得たルフィ。「騒ぎを起こさないで」というハンコックとの約束を胸にエースのビブルカードを道標にしながら複雑に入り組んだ獄中を慎重に進みます。

けれど静寂は一瞬にして破られてしまいます。牢番のブルーゴリラが一人の囚人を追いかけていたのです。そして斧で斬られてもバラバラになりながら駆けてくる囚人の正体はなんとあの“道化のバギー”でした!

バギーとの共闘

ルフィとバギーは共闘して5匹のブルゴリを撃破したのですがその騒動によって看守達に侵入を察知されてしまいます。「LEVEL4」の雑居房からまんまと逃走し地上を目指すバギーは「LEVEL5」を目指すルフィとはその場で袂を別つ筈でした。<br><br>しかしルフィの<b>左腕に輝く指輪を目にした途端目の色を変えて協力を進言</b>します。実はその指輪こそバギーがずっと探し求めていた<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“キャプテン・ジョンの財宝”の在り処を示すと言われている“トレジャーマーク”</span></b>だったのです。<br><br>何も知らぬまま腕輪と交換したバギーとタッグを組んだルフィは針山のような紅蓮地獄の森を抜け、井戸の様に口を開けた<b>“逃げ道”</b>から下層へと落下します。地下2階は更なる地獄で魔界の猛獣フロアです。<br>

ルフィとバギーは共闘して5匹のブルゴリを撃破したのですがその騒動によって看守達に侵入を察知されてしまいます。「LEVEL4」の雑居房からまんまと逃走し地上を目指すバギーは「LEVEL5」を目指すルフィとはその場で袂を別つ筈でした。

しかしルフィの左腕に輝く指輪を目にした途端目の色を変えて協力を進言します。実はその指輪こそバギーがずっと探し求めていた“キャプテン・ジョンの財宝”の在り処を示すと言われている“トレジャーマーク”だったのです。

何も知らぬまま腕輪と交換したバギーとタッグを組んだルフィは針山のような紅蓮地獄の森を抜け、井戸の様に口を開けた“逃げ道”から下層へと落下します。地下2階は更なる地獄で魔界の猛獣フロアです。

“バロック・ワークス”Mr.3との再会

「LEVEL2」魔界の猛獣フロアに辿り着いたルフィとバギーを待ち受けていたのは「ニワトリが産んだヘビ」ことバジリスク!!逃げ回っていてもラチがあきません。ルフィは“ギア3”で応戦します。<br><br>囚人達は憎き牢番が倒れると大喝采。監獄中を混乱に陥れる為バギーは囚人達を次々と解放していきます。その中にはかつて“麦わらの一味”と死闘を演じた<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">秘密犯罪会社“バロック・ワークス”のエージェントMr.3</span></b>の姿もありました。<br><br>脱獄の為の大チャンスを得たMr.3はバギーと意気投合。<b>「脱獄同盟」を結成</b>しルフィが牢番スフィンクスと戦っている間に「LEVEL2」から脱出しようと目論見ます。しかしその思惑とは裏腹に床が抜けルフィもろとも地階へと落下してしまいます。<br>

「LEVEL2」魔界の猛獣フロアに辿り着いたルフィとバギーを待ち受けていたのは「ニワトリが産んだヘビ」ことバジリスク!!逃げ回っていてもラチがあきません。ルフィは“ギア3”で応戦します。

囚人達は憎き牢番が倒れると大喝采。監獄中を混乱に陥れる為バギーは囚人達を次々と解放していきます。その中にはかつて“麦わらの一味”と死闘を演じた秘密犯罪会社“バロック・ワークス”のエージェントMr.3の姿もありました。

脱獄の為の大チャンスを得たMr.3はバギーと意気投合。「脱獄同盟」を結成しルフィが牢番スフィンクスと戦っている間に「LEVEL2」から脱出しようと目論見ます。しかしその思惑とは裏腹に床が抜けルフィもろとも地階へと落下してしまいます。

ボン・クレーとの再会

「LEVEL3」飢餓地獄に落ちたルフィ達を待ち受けていたのはブルゴリら牢番達を操る牢番長サルデスの狡猾な罠でした。包囲網を突破しようとするルフィだったのですが看守達とスフィンクスの急襲に晒され絶体絶命の危機に陥ります。<br><br>けれどそこへ<b>思わぬ救世主</b>が登場します。それはバギー達によって<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">檻から解放されたMr.2ボン・クレー</span></b>でした。「LEVEL5」を目指すルフィにボン・クレーは協力を申し出ます。彼もまた「LEVEL5」に救出したい人がいるというのです。<br><br>スフィンクス・ミノタウロスを次々撃破し勢いに乗るルフィ達。だったのですがさらなる下層「LEVEL4」焦熱地獄でその勢いは失速してしまいます。地獄の釜がぐらぐら煮立つこのフロアには<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">地獄の支配者、監獄署長のマゼラン</span></b>が待ち構えていました。<br>

「LEVEL3」飢餓地獄に落ちたルフィ達を待ち受けていたのはブルゴリら牢番達を操る牢番長サルデスの狡猾な罠でした。包囲網を突破しようとするルフィだったのですが看守達とスフィンクスの急襲に晒され絶体絶命の危機に陥ります。

けれどそこへ思わぬ救世主が登場します。それはバギー達によって檻から解放されたMr.2ボン・クレーでした。「LEVEL5」を目指すルフィにボン・クレーは協力を申し出ます。彼もまた「LEVEL5」に救出したい人がいるというのです。

スフィンクス・ミノタウロスを次々撃破し勢いに乗るルフィ達。だったのですがさらなる下層「LEVEL4」焦熱地獄でその勢いは失速してしまいます。地獄の釜がぐらぐら煮立つこのフロアには地獄の支配者、監獄署長のマゼランが待ち構えていました。

マゼランvsルフィ

「LEVEL4」焦熱地獄。「LEVEL5」へ続く階段は基よりこのフロアからの脱出口は全て看守に塞がれています。前進するにはこのマゼランを倒すしかない。けれど<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">マゼランは“ドクドクの実”を食べた「毒人間」。</span></b><br><br>世界一の大監獄の囚人達を黙らせる地獄の支配者。触れる事も出来ない相手を前にルフィは劣勢を強いられます。このまま捕まればエースを助ける事など不可能になってしまいます。<br><br>ルフィは死力を振り絞り応戦するのですがマゼランの放つ毒は全身を蝕み、ついに<b>敗北を喫します</b>。ルフィは「LEVEL5」極寒地獄中央塔へと運ばれます。<br>

「LEVEL4」焦熱地獄。「LEVEL5」へ続く階段は基よりこのフロアからの脱出口は全て看守に塞がれています。前進するにはこのマゼランを倒すしかない。けれどマゼランは“ドクドクの実”を食べた「毒人間」。

世界一の大監獄の囚人達を黙らせる地獄の支配者。触れる事も出来ない相手を前にルフィは劣勢を強いられます。このまま捕まればエースを助ける事など不可能になってしまいます。

ルフィは死力を振り絞り応戦するのですがマゼランの放つ毒は全身を蝕み、ついに敗北を喫します。ルフィは「LEVEL5」極寒地獄中央塔へと運ばれます。

救世主ボン・クレー

全身を襲う<b>“毒の刑罰”</b>に加え文字通りあらゆる物を凍てつかせる極寒のフロアで<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">エースの救出のみを糧に命を保とう</span></b>とするルフィ。そこに手を差し伸べたのはマゼランとの戦闘中に<b>逃走したボン・クレー</b>でした。<br><br>意識を失ったルフィをソリに乗せボン・クレーは飢えた軍隊ウルフが巣食う森の中を進みます。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">唯一の希望は獄中で数年前に失踪したとされる“奇跡の人”エンポリオ・イワンコフの存在。</span></b><br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">数々の「救済伝説」を持つイワさんならばルフィの命を救う事ができる</span></b>かもしれない。けれど軍隊ウルフの牙はボン・クレーの命を削って行きます。<br>

全身を襲う“毒の刑罰”に加え文字通りあらゆる物を凍てつかせる極寒のフロアでエースの救出のみを糧に命を保とうとするルフィ。そこに手を差し伸べたのはマゼランとの戦闘中に逃走したボン・クレーでした。

意識を失ったルフィをソリに乗せボン・クレーは飢えた軍隊ウルフが巣食う森の中を進みます。唯一の希望は獄中で数年前に失踪したとされる“奇跡の人”エンポリオ・イワンコフの存在。

数々の「救済伝説」を持つイワさんならばルフィの命を救う事ができるかもしれない。けれど軍隊ウルフの牙はボン・クレーの命を削って行きます。

監獄とは思えない楽園

目覚めたルフィの一括で軍隊ウルフ達は全員が失神。辺りには静寂が訪れルフィとボン・クレーもまた力尽きて意識を失ってしまいます。・・・およそ10時間後ボン・クレーは異様な光景を目にしていました。

煌びやかなステージに私服で料理や酒を楽しむ人々。先程まで居た監獄に比べればまるで楽園のような世界でした。

かつての敵と新たな仲間!史上最強の脱獄チーム結成

ルフィの治療

ルフィとボン・クレーが運ばれた場所。そこはインペルダウンに存在するはずのない<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">「LEVEL5.5番地」ニューカマーランド</span></b>でした。ここを支配する人物こそ<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">元“カマバッカ王国”の女王エンポリオ・イワンコフ。</span></b><br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">ボン・クレーが敬愛し探し続けてきた“奇跡の人”でした。</span></b>イワンコフはボン・クレーが目覚める10時間前からルフィを洞窟の奥に監禁し、<b>自らの“ホルホルの実”の能力による治療</b>を施していました。<br><br>奇跡をが起これば約二日で意識を取り戻すかもしれない。それを告げられたボン・クレーはルフィが<b>叫び声を上げる洞窟の前でエールを送り続けます。</b><br>

ルフィとボン・クレーが運ばれた場所。そこはインペルダウンに存在するはずのない「LEVEL5.5番地」ニューカマーランドでした。ここを支配する人物こそ元“カマバッカ王国”の女王エンポリオ・イワンコフ。

ボン・クレーが敬愛し探し続けてきた“奇跡の人”でした。イワンコフはボン・クレーが目覚める10時間前からルフィを洞窟の奥に監禁し、自らの“ホルホルの実”の能力による治療を施していました。

奇跡をが起これば約二日で意識を取り戻すかもしれない。それを告げられたボン・クレーはルフィが叫び声を上げる洞窟の前でエールを送り続けます。

ルフィ生還

喉の奥から血を吐きながら必死な姿に最初は哂っていた囚人達もいつのまにか共感。轟く大声援の中、やがて時が過ぎ・・・<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><span class="wysiwyg-color-festy-red">“奇跡”は起きます。</span></span></b><br><br>ニューカマーランド数日分の食料を胃の腑に流し込みたった20時間でマゼランの<b>“毒の刑罰”からルフィは生還</b>します。けれど喜んでいる時間はない。エースの処刑の為に海軍本部へ連行されるまでの刻限が迫っているのです。<br><br><b><span class="wysiwyg-font-size-festy-normal"><span class="wysiwyg-color-festy-red">ルフィが“革命軍”総帥ドラゴンの息子だと知るとイワンコフはエース救出に協力を決意</span></span></b>します。イワンコフは“革命軍”の幹部だったのです。<br>

出典: twitter.com

喉の奥から血を吐きながら必死な姿に最初は哂っていた囚人達もいつのまにか共感。轟く大声援の中、やがて時が過ぎ・・・“奇跡”は起きます。

ニューカマーランド数日分の食料を胃の腑に流し込みたった20時間でマゼランの“毒の刑罰”からルフィは生還します。けれど喜んでいる時間はない。エースの処刑の為に海軍本部へ連行されるまでの刻限が迫っているのです。

ルフィが“革命軍”総帥ドラゴンの息子だと知るとイワンコフはエース救出に協力を決意します。イワンコフは“革命軍”の幹部だったのです。

脱獄チーム結成

ルフィ・イワンコフ、そしてニューカマーランドの囚人達は怒涛の勢いで伝説級の囚人達が収監されている「LEVEL6」へと辿り着くのですが一足先に海軍本部へと連行されてしまっていました。<br><br>そこにエースの姿はありませんが決して諦めず、海軍本部へ向かうと宣言するルフィに檻の中から<b>協力を申し出る声</b>がありました。それは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">バロック・ワークスの元社長サー・クロコダイル。</span></b><br><br>そして海軍本部と“白ひげ海賊団”との戦争に反対した罪で投獄された<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“王下七武海”ジンベイ</span></b>でした。<br>

ルフィ・イワンコフ、そしてニューカマーランドの囚人達は怒涛の勢いで伝説級の囚人達が収監されている「LEVEL6」へと辿り着くのですが一足先に海軍本部へと連行されてしまっていました。

そこにエースの姿はありませんが決して諦めず、海軍本部へ向かうと宣言するルフィに檻の中から協力を申し出る声がありました。それはバロック・ワークスの元社長サー・クロコダイル。

そして海軍本部と“白ひげ海賊団”との戦争に反対した罪で投獄された“王下七武海”ジンベイでした。

もう一つの事件

ルフィがイワンコフ・クロコダイル・ジンベイらと共に「脱獄チーム」を結成したその頃マリンフォードの海軍本部では<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">「もう一つの事件」発生</span></b>が元帥センゴクに伝えられていました。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“王下七武海”“黒ひげ”がマリンフォードから姿を消しインペルダウンに謎の軍艦が一隻、到着</span></b>したのだといいます。インペルダウン<b>正面入口に現れた“黒ひげ”と仲間達は制止しようとした看守達をも一掃すると獄内へ侵入。</b><br><br>「LEVEL4」まで快進撃を続けていたルフィ達と対峙します。<b>“黒ひげ”の名を聞いたルフィは思い出します。</b>エースが追っていた“重罪人”の名前。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">エースを討ち取り“七武海”入りしたという海賊。</span></b>そしてジャヤで出会った男の顔・・・。<br>

ルフィがイワンコフ・クロコダイル・ジンベイらと共に「脱獄チーム」を結成したその頃マリンフォードの海軍本部では「もう一つの事件」発生が元帥センゴクに伝えられていました。

“王下七武海”“黒ひげ”がマリンフォードから姿を消しインペルダウンに謎の軍艦が一隻、到着したのだといいます。インペルダウン正面入口に現れた“黒ひげ”と仲間達は制止しようとした看守達をも一掃すると獄内へ侵入。

「LEVEL4」まで快進撃を続けていたルフィ達と対峙します。“黒ひげ”の名を聞いたルフィは思い出します。エースが追っていた“重罪人”の名前。エースを討ち取り“七武海”入りしたという海賊。そしてジャヤで出会った男の顔・・・。

迫る時間

不敵な笑みを浮かべながら“黒ひげ”は語ります。「あの日」ルフィを殺し名声を得ようとしていた“黒ひげ”を前にしてエースは退路を断たれ結果ルフィの命は救われました。エースとルフィにとって皮肉な事にそれこそが定められた運命なのだと。

怒りに任せ“黒ひげ”に殴り掛かるルフィだったが“黒ひげ”は“ヤミヤミの実”の能力で応戦します。ルフィを制したのはジンべエでした。今は時間を無駄にしている状況ではない、一刻も早く脱獄しなければエース救出はますます困難になってしまいます。

憎々しげに拳を収めたルフィは脱獄チームを率いて「LEVEL3」へ再び走り始めます。その背後では“黒ひげ”が高らかに宣言していました。

マゼランの怒り

一度ルフィと逸れたバギーとMr.3は「LEVEL1」「LEVEL2」の牢獄の鍵を次々と開け放ちいつの間にか囚人達の<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“救世主”</span></b>として崇められる存在になっていました。<br><br>激戦区の「LEVEL4」を抜けたルフィは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">イワンコフ・クロコダイル・ジンベエ・イナズマ更にMr.1ら脱獄チームを率い勢力を増していきます。</span></b>最早インペルダウン始まって以来の“暴動”。<br><br>そして<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“地獄の支配者”マゼランが彼らを追い詰めたのは囚人達が脱獄するために必ず目指す場所。</span></b>即ち「LEVEL1」でした。<b>怒り心頭のマゼランが囚人達に向け“毒竜”</b>を放ちます。<br>

一度ルフィと逸れたバギーとMr.3は「LEVEL1」「LEVEL2」の牢獄の鍵を次々と開け放ちいつの間にか囚人達の“救世主”として崇められる存在になっていました。

激戦区の「LEVEL4」を抜けたルフィはイワンコフ・クロコダイル・ジンベエ・イナズマ更にMr.1ら脱獄チームを率い勢力を増していきます。最早インペルダウン始まって以来の“暴動”。

そして“地獄の支配者”マゼランが彼らを追い詰めたのは囚人達が脱獄するために必ず目指す場所。即ち「LEVEL1」でした。怒り心頭のマゼランが囚人達に向け“毒竜”を放ちます。

マゼランvsルフィ、パート2

竜の姿をした毒液の塊。浴びれば無論、これまでの苦労は水泡に帰します。この地獄の攻撃を<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">間一髪の所で防いだのは何と、Mr.3の技“キャンドル壁”。</span></b>ルフィはMr.3の“ドルドルの実”の能力を駆使してマゼランの足止めを決意します。<br><br>その間にジンべエが軍艦を奪う作戦です。ルフィ達がマゼランを足止めしている隙に正面入口に出た囚人達は眼前の光景に呆然とします。そこには<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">一隻も軍艦が停泊していなかったのです。</span></b><br><br>事態を予測したマゼランは軍艦を沖に向けて出航させていたのです。インペルダウン周辺の海は<b>“凪の帯(カームベルト)”。</b>海底には大型の海王類が棲むまさに<b>自然の防御壁</b>です。<br>

竜の姿をした毒液の塊。浴びれば無論、これまでの苦労は水泡に帰します。この地獄の攻撃を間一髪の所で防いだのは何と、Mr.3の技“キャンドル壁”。ルフィはMr.3の“ドルドルの実”の能力を駆使してマゼランの足止めを決意します。

その間にジンべエが軍艦を奪う作戦です。ルフィ達がマゼランを足止めしている隙に正面入口に出た囚人達は眼前の光景に呆然とします。そこには一隻も軍艦が停泊していなかったのです。

事態を予測したマゼランは軍艦を沖に向けて出航させていたのです。インペルダウン周辺の海は“凪の帯(カームベルト)”。海底には大型の海王類が棲むまさに自然の防御壁です。

マゼランの“禁じ手”

「ここは任せて貰おう・・・!!」とジンべエは正面入口の巨大な扉を背負いそこにクロコダイル・Mr.1・バギーを乗せて猛スピードで泳ぎ始めます。ジンべエ達は軍艦の群に追いつくと砲撃の雨霰をスイスイと回避しそしてあっという間に軍艦を奪取に成功します。<br><br>その頃ルフィ達とマゼランとの攻防も最高潮を迎えていました。マゼランの<b>“地獄の審判”は蝋であろうと鉄であろうとあらゆる物に感染し広まっていくインペルダウンそのものを破壊し兼ねない<span class="wysiwyg-color-festy-red">“禁じ手”。</span></b><br><br>対抗する手段は最早皆無でした。正面入口に追い詰められたルフィ達はジンべエからの通信を受けます。そのまま海に飛び出せという言葉を<b>信じルフィ達はイワンコフの“地獄のWINK”で海原へ飛び出します。</b><br>

「ここは任せて貰おう・・・!!」とジンべエは正面入口の巨大な扉を背負いそこにクロコダイル・Mr.1・バギーを乗せて猛スピードで泳ぎ始めます。ジンべエ達は軍艦の群に追いつくと砲撃の雨霰をスイスイと回避しそしてあっという間に軍艦を奪取に成功します。

その頃ルフィ達とマゼランとの攻防も最高潮を迎えていました。マゼランの“地獄の審判”は蝋であろうと鉄であろうとあらゆる物に感染し広まっていくインペルダウンそのものを破壊し兼ねない“禁じ手”。

対抗する手段は最早皆無でした。正面入口に追い詰められたルフィ達はジンべエからの通信を受けます。そのまま海に飛び出せという言葉を信じルフィ達はイワンコフの“地獄のWINK”で海原へ飛び出します。

脱獄のチームの手段

“凪の帯(カームベルト)”へ真っ逆さまだったのですが脱獄チームは海面に触れる事無く窮地を脱します。<b>彼らを救ったのはなんとジンベエザメ</b>の群れでした。魚と話せるジンベエがジンベエザメをここへ集めてくれたのです。<br><br>かくしてルフィ達は軍艦に辿り着きます。けれど脱獄への最後の関門が彼らの前に用意されていました。軍艦に乗船し、歓喜するルフィ達だったのですが無事に脱獄するには迫りくる軍艦の<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">砲撃を退け「正義の門」を開かなければならない</span></b>のです。<br><br>そしてその門の開閉はインペルダウン内部からの操作以外に術はないのです。しかし絶望的な状況にありながらジンべエは泰然自若として突っ切ると言い放ちます。<br>

“凪の帯(カームベルト)”へ真っ逆さまだったのですが脱獄チームは海面に触れる事無く窮地を脱します。彼らを救ったのはなんとジンベエザメの群れでした。魚と話せるジンベエがジンベエザメをここへ集めてくれたのです。

かくしてルフィ達は軍艦に辿り着きます。けれど脱獄への最後の関門が彼らの前に用意されていました。軍艦に乗船し、歓喜するルフィ達だったのですが無事に脱獄するには迫りくる軍艦の砲撃を退け「正義の門」を開かなければならないのです。

そしてその門の開閉はインペルダウン内部からの操作以外に術はないのです。しかし絶望的な状況にありながらジンべエは泰然自若として突っ切ると言い放ちます。

“正義の門”開閉役

そして次の瞬間、海兵達、そしてルフィ達もまたその光景に目を奪われます。まるで<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">ルフィ達の到来を待ち構えていたかのように「正義の門」が音を立てて開き始めてきた</span></b>のです。<br><br>インペルダウン1階、動力室。「マゼラン」の指示に疑問符を浮かべながら看守達は「正義の門」を開いていました。けれど突如そこへ駆け込んでくるマゼラン・・・マゼランが二人いたのです。<br><br>今や門をくぐり抜けようとする軍艦の甲板にてルフィはジンべエから衝撃の事実を告げられます。<b>ボン・クレーは自ら進んで「正義の門」の開閉役に志願</b>したというのです。脱獄を完了する為には誰かがやらなければならない役でした。<br>

そして次の瞬間、海兵達、そしてルフィ達もまたその光景に目を奪われます。まるでルフィ達の到来を待ち構えていたかのように「正義の門」が音を立てて開き始めてきたのです。

インペルダウン1階、動力室。「マゼラン」の指示に疑問符を浮かべながら看守達は「正義の門」を開いていました。けれど突如そこへ駆け込んでくるマゼラン・・・マゼランが二人いたのです。

今や門をくぐり抜けようとする軍艦の甲板にてルフィはジンべエから衝撃の事実を告げられます。ボン・クレーは自ら進んで「正義の門」の開閉役に志願したというのです。脱獄を完了する為には誰かがやらなければならない役でした。

勃発!頂上戦争!!

“マリンフォード”処刑場

「海軍本部」のある島「マリンフォード」。ここは今、<b>総勢約10万人の精鋭海兵</b>達で埋め尽くされています。島全体を50隻の軍艦が取り囲むように配置され、湾岸には無数の重砲が立ち並んでいます。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">港から見える軍隊の最前列で構えるのは5人の“王下七武海”。</span></b>オリス広場最後尾にそびえる<b>処刑台の頂ではポートガス・D・エースが運命の刻を待ち、その真下には3人の海軍本部大将が鉄壁の布陣</b>を敷いています。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">エースの処刑予定時刻まで残り3時間</span></b>だったのだがエース奪還に<b>必ず現れるであろう“白ひげ海賊団”の目撃情報は未だ得られず</b>海兵達の間にただならぬ緊張が漂います。<br>

「海軍本部」のある島「マリンフォード」。ここは今、総勢約10万人の精鋭海兵達で埋め尽くされています。島全体を50隻の軍艦が取り囲むように配置され、湾岸には無数の重砲が立ち並んでいます。

港から見える軍隊の最前列で構えるのは5人の“王下七武海”。オリス広場最後尾にそびえる処刑台の頂ではポートガス・D・エースが運命の刻を待ち、その真下には3人の海軍本部大将が鉄壁の布陣を敷いています。

エースの処刑予定時刻まで残り3時間だったのだがエース奪還に必ず現れるであろう“白ひげ海賊団”の目撃情報は未だ得られず海兵達の間にただならぬ緊張が漂います。

「ある男」の子供

静寂を破ったのは、元帥センゴクでした。処刑台に登ったセンゴクはエースにお前の父親の名前を言ってみろと問いかけます。それにエースは自分の親父は“白ひげ”だと答えます。センゴクはエースの言葉を否定し電伝虫を手に20年前のある出来事について語り始めます。

当時海軍は「ある男」の子供がいるかもしれないと微かな情報を元に“南の海(サウスブルー)”のバテリラという島を隈なく捜索します。けれどその子供を見つける事は遂に出来ませんでした。

それもそのはず母親のポートガス・D・ルージュは20か月もの間子を腹に宿していたのです。そして「ある男」の死から1年と3か月後、母親の命と引き換えに世界最大の悪の血を引いた子供が生まれました。

エースの本当の父親

そしてセンゴクはエースの父親の名前を叫びます。<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><span class="wysiwyg-color-festy-red">「お前の父親は!!!“海賊王”ゴールド・ロジャーだ!!!」</span></span></b><br><br><b>“海賊王”の血は生きていた</b>・・・衝撃はマリンフォードの海兵達を始め、シャボンディ諸島のモニター越しに見守る人々にまで波及します。センゴクの「演説」は続きます。エースを放置すれば海賊次世代の頂点に立つ資質を発揮するだろう。<br><br>だからこそ、ここで処刑する事は大きな意味がある。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">それが“白ひげ”との前面戦争</span></b>になろうとも。センゴクの言葉に海兵達が雄叫びを上げます。人の波が一斉に拳を掲げます。そしてその刻は来ます。<br>

そしてセンゴクはエースの父親の名前を叫びます。「お前の父親は!!!“海賊王”ゴールド・ロジャーだ!!!」

“海賊王”の血は生きていた・・・衝撃はマリンフォードの海兵達を始め、シャボンディ諸島のモニター越しに見守る人々にまで波及します。センゴクの「演説」は続きます。エースを放置すれば海賊次世代の頂点に立つ資質を発揮するだろう。

だからこそ、ここで処刑する事は大きな意味がある。それが“白ひげ”との前面戦争になろうとも。センゴクの言葉に海兵達が雄叫びを上げます。人の波が一斉に拳を掲げます。そしてその刻は来ます。

“白ひげ”参戦

「正義の門」が開くと多数の船影が出現。いずれも“新世界”に名を馳せる<b>“白ひげ”の傘下の海賊船</b>でした。・・・と突如湾頭から幾つも気泡が浮かび上がりやがて湾内にクジラの頭・・・<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“白ひげ海賊団”のモビー・ディック号</span></b>が現れます。<br><br>船首に立つのは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“白ひげ”エドワード・ニューゲート。</span></b>“白ひげ”は処刑台にエースの姿を確認すると不敵な笑みを浮かべます。10万人もの海兵と50隻もの軍艦を前にしてもモビーディック号の船首に立つ“白ひげ”はまるで動じません。<br><br>張り詰めた緊張感。静まり返る戦場。“白ひげ”は笑みを浮かべたまま丸太のような両腕を振るいます。ドォン!!!という音が静寂を打ち破り振り抜いた両拳の先に亀裂が奔ります。<br>

「正義の門」が開くと多数の船影が出現。いずれも“新世界”に名を馳せる“白ひげ”の傘下の海賊船でした。・・・と突如湾頭から幾つも気泡が浮かび上がりやがて湾内にクジラの頭・・・“白ひげ海賊団”のモビー・ディック号が現れます。

船首に立つのは“白ひげ”エドワード・ニューゲート。“白ひげ”は処刑台にエースの姿を確認すると不敵な笑みを浮かべます。10万人もの海兵と50隻もの軍艦を前にしてもモビーディック号の船首に立つ“白ひげ”はまるで動じません。

張り詰めた緊張感。静まり返る戦場。“白ひげ”は笑みを浮かべたまま丸太のような両腕を振るいます。ドォン!!!という音が静寂を打ち破り振り抜いた両拳の先に亀裂が奔ります。

ついに開始!頂上戦争

大気にヒビ?!海兵達は目を見開いたその先に信じがたい物を目にします。海面がゆっくりとせり上がりやがて巨大な波と化してマリンフォードを飲み込まんと襲い掛かります。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">後に語り継がれる“大海賊時代”最大の頂上戦争。</span></b>その幕がついに上がりました。素早く、かつ冷静に、大将青雉が“ヒエヒエの実”の能力で波と湾内の海面を凍結。海賊船の動きを封じます。<br><br>16番隊を擁する“白ひげ海賊団”の隊長格を筆頭に海賊達は湾内に出来た氷の足場へと踊り出ます。迎え撃つのはズラリと揃った海軍本部中将達でした。<br>

大気にヒビ?!海兵達は目を見開いたその先に信じがたい物を目にします。海面がゆっくりとせり上がりやがて巨大な波と化してマリンフォードを飲み込まんと襲い掛かります。

後に語り継がれる“大海賊時代”最大の頂上戦争。その幕がついに上がりました。素早く、かつ冷静に、大将青雉が“ヒエヒエの実”の能力で波と湾内の海面を凍結。海賊船の動きを封じます。

16番隊を擁する“白ひげ海賊団”の隊長格を筆頭に海賊達は湾内に出来た氷の足場へと踊り出ます。迎え撃つのはズラリと揃った海軍本部中将達でした。

最強クラスの海賊vs最高戦力の海軍本部

世界一の剣豪“鷹の目のミホーク”が放つ斬撃は3番隊隊長“ダイヤモンド”ジョズが。大将黄猿のレーザーは1番隊隊長“不死鳥マルコ”が真っ向から受け止めます。

居並ぶ巨人部隊に対してジョズが巨大な氷塊を投げつければ大将赤犬がマグマの拳で蒸発させます。最強クラスの海賊達と、海軍本部「最高戦力」が真っ向からぶつかり合い火花を散らします。

“白ひげ海賊団”傘下の海賊達も負けてはいません。巨人族の常識を打ち破る巨体を武器にエースの待つ処刑台を目指し突き進むのは“国引き伝説”を継ぐリトルオーズJr.。オーズは軍艦を抱え上げ放り投げると湾内への突破口を切り開いていきます。

海軍の作戦

オーズの快進撃を阻むのは“王下七武海”!!バーソロミュー・くまが“熊の衝撃”を放ちそれでも歩み続けるオーズの右足をドンキホーテ・ドフラミンゴが切断します。“角刀影”で止めを刺したのはオーズの死体を狙うゲッコー・モリアでした。<br><br>エースの眼前で前のめりに倒れるオーズの姿に<b>無言の怒りを見せたのは“白ひげ”</b>でした。斧を振り上げ襲い掛かる巨人族の頭を掴むと一撃の下に葬り去ります。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">「オーズを踏み越えて進めェ!!!」“白ひげ”の怒号に海賊達は雄叫びを上げながら湾内へと雪崩れ込みます。</span></b>その様子を冷静に見つめながらセンゴクは通信します。海軍の作戦が実行されようとしていました。<br>

オーズの快進撃を阻むのは“王下七武海”!!バーソロミュー・くまが“熊の衝撃”を放ちそれでも歩み続けるオーズの右足をドンキホーテ・ドフラミンゴが切断します。“角刀影”で止めを刺したのはオーズの死体を狙うゲッコー・モリアでした。

エースの眼前で前のめりに倒れるオーズの姿に無言の怒りを見せたのは“白ひげ”でした。斧を振り上げ襲い掛かる巨人族の頭を掴むと一撃の下に葬り去ります。

「オーズを踏み越えて進めェ!!!」“白ひげ”の怒号に海賊達は雄叫びを上げながら湾内へと雪崩れ込みます。その様子を冷静に見つめながらセンゴクは通信します。海軍の作戦が実行されようとしていました。

落下する脱獄チーム

“白ひげ海賊団”が湾内に侵入しそれを見越した海軍本部は次なる作戦に打って出ます。電伝虫を通じセンゴクが通達した内容は全艦全兵を驚愕させるに値するものでした。「予定を早め、エースの処刑を執行する」凍った波の頂で立ち往生していたルフィ達にもこの情報は伝わっていました。<br><br>眼下に広がる戦場では兄エースが今にも首を落とされようとしている・・・。焦りを覚えたルフィは軍艦ごと波の氷を滑り降りようと提案しますが氷は崩れ戦場へと落下してしまいます。<br><br>天を仰ぎ処刑の刻を待っていたエースを始め、戦場で争う海兵、海賊、さらにはシャボンディ諸島のモニターに注目する人々までが突如空から降ってきた者達に目を奪われます。<br>

出典: ameblo.jp

“白ひげ海賊団”が湾内に侵入しそれを見越した海軍本部は次なる作戦に打って出ます。電伝虫を通じセンゴクが通達した内容は全艦全兵を驚愕させるに値するものでした。「予定を早め、エースの処刑を執行する」凍った波の頂で立ち往生していたルフィ達にもこの情報は伝わっていました。

眼下に広がる戦場では兄エースが今にも首を落とされようとしている・・・。焦りを覚えたルフィは軍艦ごと波の氷を滑り降りようと提案しますが氷は崩れ戦場へと落下してしまいます。

天を仰ぎ処刑の刻を待っていたエースを始め、戦場で争う海兵、海賊、さらにはシャボンディ諸島のモニターに注目する人々までが突如空から降ってきた者達に目を奪われます。

頂上戦争乱入!!

そこにはどうにか海面に着地した軍艦の甲板に立ち並んだ海賊達の姿がありました。<b>新旧の“七武海”、革命軍幹部、インペルダウンに収監されていたはずの、かつて名を馳せた海賊達。</b><br><br>そしてその最前列で<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><span class="wysiwyg-color-festy-red">エースの名を叫ぶのは噂の“大問題ルーキー”モンキー・D・ルフィ!!</span></span></b><br>

そこにはどうにか海面に着地した軍艦の甲板に立ち並んだ海賊達の姿がありました。新旧の“七武海”、革命軍幹部、インペルダウンに収監されていたはずの、かつて名を馳せた海賊達。

そしてその最前列でエースの名を叫ぶのは噂の“大問題ルーキー”モンキー・D・ルフィ!!

頂点の戦いに参戦

ルフィ参戦

<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">海軍本部と“白ひげ海賊団”が鎬っを削る戦場に突如現れたインペルダウンの脱獄囚達。</span></b>今モビーディック号の船首には世界一の“白ひげ”とルーキーの“麦わら”が並んでいます。<br><br>軍艦の上で聞いた処刑執行時刻の変更。その情報を“白ひげ”に伝えるや否やルフィはエースを救出するべく戦場へ飛び込み処刑台への路を突っ走ります。無論、海軍がそれを黙って見過ごすはずはありません。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“麦わら”はエースと共に育った義弟であり「革命家」ドラゴンの実の息子。</span></b>未来の危険因子を潰さんと黄猿が、くまが、ヒナが、スモーカーが・・・海軍本部の精鋭達がルフィの行く手に次々と立ちはだかります。<br>

海軍本部と“白ひげ海賊団”が鎬っを削る戦場に突如現れたインペルダウンの脱獄囚達。今モビーディック号の船首には世界一の“白ひげ”とルーキーの“麦わら”が並んでいます。

軍艦の上で聞いた処刑執行時刻の変更。その情報を“白ひげ”に伝えるや否やルフィはエースを救出するべく戦場へ飛び込み処刑台への路を突っ走ります。無論、海軍がそれを黙って見過ごすはずはありません。

“麦わら”はエースと共に育った義弟であり「革命家」ドラゴンの実の息子。未来の危険因子を潰さんと黄猿が、くまが、ヒナが、スモーカーが・・・海軍本部の精鋭達がルフィの行く手に次々と立ちはだかります。

ルフィの恐るべき資質

処刑台の上ではエースがその光景を苦渋に満ちた顔で見守っています。全ては己の失態。それなのに親父が、仲間達がそして弟までが傷つこうとしている。<br><br>怒声と共にルフィが“ゴムゴムの巨人の回転銃”で<b>巨人族の海兵を撃ち破ると海賊達からは歓声</b>が上がります。ルフィの快進撃にはジンべエ・イワンコフ・新人類達。更には“七武海”のハンコックや“白ひげ海賊団”までもが加勢します。<br><br>ルフィへの攻撃を5番隊隊長“花剣のビスタ”に阻まれたミホークは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">場にいる者を次々に味方に付けるルフィに恐るべき資質を垣間見る</span></b>のでした。<br>

処刑台の上ではエースがその光景を苦渋に満ちた顔で見守っています。全ては己の失態。それなのに親父が、仲間達がそして弟までが傷つこうとしている。

怒声と共にルフィが“ゴムゴムの巨人の回転銃”で巨人族の海兵を撃ち破ると海賊達からは歓声が上がります。ルフィの快進撃にはジンべエ・イワンコフ・新人類達。更には“七武海”のハンコックや“白ひげ海賊団”までもが加勢します。

ルフィへの攻撃を5番隊隊長“花剣のビスタ”に阻まれたミホークは場にいる者を次々に味方に付けるルフィに恐るべき資質を垣間見るのでした。

誘導作戦

ルフィから得た情報はセンゴクによる誘導作戦に過ぎないと判断した“白ひげ”は後方支援する傘下の海賊団を指揮して湾外の軍艦を打ち崩します。開戦からおよそ1時間半。

海軍は“白ひげ”傘下の海賊達の後方へ回り込みます。湾頭に勢揃いするのは政府の「人間兵器」パシフィスタ20体以上。

センゴクは「処刑の時間を早める」という情報で海賊達の焦りを誘い、湾内に追い詰めた所をパシフィスタで包囲する予定だったが“白ひげ”はそれを見抜いていたのです。しかし左右は無理でも縦に挟み撃つ事は出来ます。

“白ひげ”自ら前へ

くまの姿をした人間兵器達は口からレーザーを吐き、軍艦もろとも“白ひげ”傘下の海賊達を蹂躙し後方から無理やり湾内へと追い込んでいきます。後方のパシフィスタに構っているヒマは無い。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“白ひげ”は処刑台のあるオリス広場への侵攻を最優先すべく自ら前に出る事を決意</span></b>します。けれどその瞬間この戦場にいる誰もが<b>息を飲みました。</b>“白ひげ”の巨体を真正面から貫く刃。<br><br>そして<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><span class="wysiwyg-color-festy-red">刀身に力を込めるのは“白ひげ”傘下の海賊“大渦蜘蛛海賊団”船長スクアード</span></span></b>でした。<br>

出典: kaumo.jp

くまの姿をした人間兵器達は口からレーザーを吐き、軍艦もろとも“白ひげ”傘下の海賊達を蹂躙し後方から無理やり湾内へと追い込んでいきます。後方のパシフィスタに構っているヒマは無い。

“白ひげ”は処刑台のあるオリス広場への侵攻を最優先すべく自ら前に出る事を決意します。けれどその瞬間この戦場にいる誰もが息を飲みました。“白ひげ”の巨体を真正面から貫く刃。

そして刀身に力を込めるのは“白ひげ”傘下の海賊“大渦蜘蛛海賊団”船長スクアードでした。

ひとつになる海賊達

「エース出生の秘密」は海賊達の間にも波紋を投げかけていました。センゴクと赤犬はそれを見計らい、ロジャーを恨むスクアードの心に付け込んで「“白ひげ”はエースの命と引き換えに傘下の海賊団船長の首を売った」と囁きました。<br><br>闇に落ちたスクアードの訴えは傘下の海賊達を動揺させます。けれど“白ひげ”は胴から血を流しながら<b>スクアードを抱きしめます。</b>そして立ち上がり再び両の拳を振るうと大気がひび割れ、衝撃で波の氷が崩壊。<br><br>傘下の海賊達に退路を与えます。<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><span class="wysiwyg-color-festy-red">「海賊なら!!!信じるものはてめェで決めろォ!!!」と叫びます。</span></span></b>仲間の心をひとつにし、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“世界最強の海賊”</span></b>が今、戦場に躍り出ます。<br>

「エース出生の秘密」は海賊達の間にも波紋を投げかけていました。センゴクと赤犬はそれを見計らい、ロジャーを恨むスクアードの心に付け込んで「“白ひげ”はエースの命と引き換えに傘下の海賊団船長の首を売った」と囁きました。

闇に落ちたスクアードの訴えは傘下の海賊達を動揺させます。けれど“白ひげ”は胴から血を流しながらスクアードを抱きしめます。そして立ち上がり再び両の拳を振るうと大気がひび割れ、衝撃で波の氷が崩壊。

傘下の海賊達に退路を与えます。「海賊なら!!!信じるものはてめェで決めろォ!!!」と叫びます。仲間の心をひとつにし、“世界最強の海賊”が今、戦場に躍り出ます。

海軍の罠“包囲壁”

戦場に降り立った“白ひげ”に不信感を拭い去った傘下の海賊達が続きます。凍った湾内を駆け、一丸となってオリス広場を目指すのですが海軍は罠を仕掛けていました。<br><br><b>湾内をぐるりと取り囲むように海底から競り上がる鋼鉄の壁・・・“白ひげ”の能力さえ通じない包囲壁。</b>赤犬が放つ“流星火山”が凍った海面を煮えたぎるマグマの海に変えます。さらには包囲壁から除く銃砲が海賊達に向け砲弾を放ちます。<br><br>海賊達が広場へ上がる唯一の路は包囲壁が作動していないオーズが倒れた場所のみとなってしまいます。無論、そこは鉄壁の中の穴。通り抜けた者は海軍にとって格好の標的となるのは目に見えています。<br>

戦場に降り立った“白ひげ”に不信感を拭い去った傘下の海賊達が続きます。凍った湾内を駆け、一丸となってオリス広場を目指すのですが海軍は罠を仕掛けていました。

湾内をぐるりと取り囲むように海底から競り上がる鋼鉄の壁・・・“白ひげ”の能力さえ通じない包囲壁。赤犬が放つ“流星火山”が凍った海面を煮えたぎるマグマの海に変えます。さらには包囲壁から除く銃砲が海賊達に向け砲弾を放ちます。

海賊達が広場へ上がる唯一の路は包囲壁が作動していないオーズが倒れた場所のみとなってしまいます。無論、そこは鉄壁の中の穴。通り抜けた者は海軍にとって格好の標的となるのは目に見えています。

白ひげ海賊団の“外輪船”

突如アーチを描く水柱。それはルフィを広場へと着地させます。その目前には海軍本部の三大将。ルフィは全力で突破を試みますが3人の“自然系(ロギア系)”が相手ではさすがに歯が立ちません。<br><br>ルフィの上陸を機に“白ひげ”は切り札を切ります。包囲壁の穴を目指して足場を失った海賊達が泳ぎながら一か所に集結します。格好の砲撃の的・・・しかし彼らをすくい上げるように巨大な影が姿を現します。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“白ひげ海賊団”の外輪船(バトルシップ)</span></b>です。<br><br>コーティングされたバトルシップは海底でこの瞬間を待っていたのです。海賊達を乗せたバトルシップはついに包囲壁の穴に到達します。<b>意識を取り戻したオーズがそれを抱え上げついにオリス広場への上陸を果たします。</b><br>

突如アーチを描く水柱。それはルフィを広場へと着地させます。その目前には海軍本部の三大将。ルフィは全力で突破を試みますが3人の“自然系(ロギア系)”が相手ではさすがに歯が立ちません。

ルフィの上陸を機に“白ひげ”は切り札を切ります。包囲壁の穴を目指して足場を失った海賊達が泳ぎながら一か所に集結します。格好の砲撃の的・・・しかし彼らをすくい上げるように巨大な影が姿を現します。“白ひげ海賊団”の外輪船(バトルシップ)です。

コーティングされたバトルシップは海底でこの瞬間を待っていたのです。海賊達を乗せたバトルシップはついに包囲壁の穴に到達します。意識を取り戻したオーズがそれを抱え上げついにオリス広場への上陸を果たします。

エースの救出・・・

青雉の氷に貫かれ、黄猿に蹴り飛ばされたルフィはボロボロになりながらもエース救出を諦めません。既に広場では海賊達と海軍とがぶつかり合い、死力を尽したせめぎ合いが展開されていました。<br><br>その最中にあってさえエースの処刑は今にも執行されようとしているのです。ルフィはイワンコフに懇願します。<b>今戦えずにエースを救えなければ一生後悔する。</b><br><br>イワンコフに“テンション・ホルモン”を注入されたルフィは雄叫びを上げて処刑台への路を突き進みます。けれど既に処刑台の上では二人の処刑人が<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">エースの首を落とさんと刃を振り上げて</span></b>います。誰も届かない・・・。<br>

青雉の氷に貫かれ、黄猿に蹴り飛ばされたルフィはボロボロになりながらもエース救出を諦めません。既に広場では海賊達と海軍とがぶつかり合い、死力を尽したせめぎ合いが展開されていました。

その最中にあってさえエースの処刑は今にも執行されようとしているのです。ルフィはイワンコフに懇願します。今戦えずにエースを救えなければ一生後悔する。

イワンコフに“テンション・ホルモン”を注入されたルフィは雄叫びを上げて処刑台への路を突き進みます。けれど既に処刑台の上では二人の処刑人がエースの首を落とさんと刃を振り上げています。誰も届かない・・・。

ルフィの覇王色の覇気

<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">「やめろ~~~~~~!!!」</span></b>次の瞬間、奇跡のように処刑人二人が失神します。処刑人だけではない。ルフィの前にいる者の何人かは海賊も海兵も区別なくバタバタと倒れて行くのです。強者達はそれが奇跡ではないことを知っていました。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">「覇王色の覇気」</span></b>・・・ルフィが発揮したその力は“白ひげ”にある決意を促す事になります。“白ひげ海賊団”の船員達、傘下の海賊達がルフィの脇を固め進路を切り拓いて行きます。<br><br>世界一の大海賊が海軍の戦力を全て自分に向けさせルフィの持つ可能性に賭けたのです。一点突破、怒涛の波。イワンコフ・Mr.1・クロコダイル更にハンコックが加勢しイワンコフの髪に隠れていたイナズマの能力によって処刑台までの架け橋が完成します。<br>

「やめろ~~~~~~!!!」次の瞬間、奇跡のように処刑人二人が失神します。処刑人だけではない。ルフィの前にいる者の何人かは海賊も海兵も区別なくバタバタと倒れて行くのです。強者達はそれが奇跡ではないことを知っていました。

「覇王色の覇気」・・・ルフィが発揮したその力は“白ひげ”にある決意を促す事になります。“白ひげ海賊団”の船員達、傘下の海賊達がルフィの脇を固め進路を切り拓いて行きます。

世界一の大海賊が海軍の戦力を全て自分に向けさせルフィの持つ可能性に賭けたのです。一点突破、怒涛の波。イワンコフ・Mr.1・クロコダイル更にハンコックが加勢しイワンコフの髪に隠れていたイナズマの能力によって処刑台までの架け橋が完成します。

ガープvsルフィ

一直線に駆け上がるルフィの前にあの男が立ち塞がります。兄・エース救出の為に越えなければならない最後の関門。文字通り、避けては通る事を許されぬ壁です。祖父・ガープの言葉は<b>ルフィを海賊、即ち“敵”とみなす宣言。</b><br><br>この<b>“伝説の海兵”を退けなければ兄を救出する事は出来ません。</b>迫りくる“ゲンコツ”。しれはルフィが、エースが、幾度も味わってきた“家族”の痛み、愛情そのものです。ルフィが瞬時に“ギア2”を発動します。立ち上がる煙が晴れた時、架け橋から吹き飛ばされたのはガープでした。<br><br>ついに処刑台へと上り詰めたルフィに元帥センゴク自らが巨大な拳を振り下ろします。ルフィは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">エースを庇いながら“巨人の風船”で受け止めます。衝撃波によって処刑台が崩れ落ちて</span></b>いきます。<br>

一直線に駆け上がるルフィの前にあの男が立ち塞がります。兄・エース救出の為に越えなければならない最後の関門。文字通り、避けては通る事を許されぬ壁です。祖父・ガープの言葉はルフィを海賊、即ち“敵”とみなす宣言。

この“伝説の海兵”を退けなければ兄を救出する事は出来ません。迫りくる“ゲンコツ”。しれはルフィが、エースが、幾度も味わってきた“家族”の痛み、愛情そのものです。ルフィが瞬時に“ギア2”を発動します。立ち上がる煙が晴れた時、架け橋から吹き飛ばされたのはガープでした。

ついに処刑台へと上り詰めたルフィに元帥センゴク自らが巨大な拳を振り下ろします。ルフィはエースを庇いながら“巨人の風船”で受け止めます。衝撃波によって処刑台が崩れ落ちていきます。

ポートガス・D・エース死す

頂上戦争終結!!

“黒ひげ海賊団”乱入

エースの死は“白ひげ”に激しい怒りをもたらします。赤犬の放った一撃は広場を真っ二つに切り裂き“白ひげ”と息子達とを完全に隔離。<b>“白ひげ”の意志を汲んだ海賊達は脱出する為船へ向かって駆け出します</b>。<br><br>その時、衝撃により切り裂かれた「海軍本部」要塞を見上げた海兵達が驚愕の声を上げます。高みからこの戦争を見下ろしていた者達がその姿を現したのです。<br><br>エースを捕らえ、頂上戦争の引鉄を作った<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">張本人“黒ひげ”マーシャル・D・ティーチが9人の仲間を伴い高笑い</span></b>しています。その内4名は海軍本部将校ならば誰もが知る顔ぶれでした。<br>

エースの死は“白ひげ”に激しい怒りをもたらします。赤犬の放った一撃は広場を真っ二つに切り裂き“白ひげ”と息子達とを完全に隔離。“白ひげ”の意志を汲んだ海賊達は脱出する為船へ向かって駆け出します

その時、衝撃により切り裂かれた「海軍本部」要塞を見上げた海兵達が驚愕の声を上げます。高みからこの戦争を見下ろしていた者達がその姿を現したのです。

エースを捕らえ、頂上戦争の引鉄を作った張本人“黒ひげ”マーシャル・D・ティーチが9人の仲間を伴い高笑いしています。その内4名は海軍本部将校ならば誰もが知る顔ぶれでした。

白ひげ死す

過去の事件が残虐の度を越えていた為に世間からその存在をもみ消された程の世界最悪の犯罪者・・・インペルダウン「LEVEL6」の死刑囚達。<b>“黒ひげ”が“王下七武海”入りを切望した理由の全ては死刑囚達を解放し仲間に引き入れる為</b>でした。<br><br>そして<b>“黒ひげ”の銃口はかつての「親父」“白ひげ”に向けられます。</b>集中砲火を浴びながら“白ひげ”は回想します。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">宿敵ゴール・D・ロジャーと酌み交わした酒宴の事です。</span></b><br><br>ロジャーやエースが死に、<b>たとえ“血縁”が断たれようとも脈々と受け継がれていく“意志”・・・。</b>その意思と数百年分の“歴史”を背負い「世界政府」に戦いを挑む者がいつか現れる。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“あの宝”を誰かが見つけた時世界はひっくり返る</span></b>のです・・・。<br>

過去の事件が残虐の度を越えていた為に世間からその存在をもみ消された程の世界最悪の犯罪者・・・インペルダウン「LEVEL6」の死刑囚達。“黒ひげ”が“王下七武海”入りを切望した理由の全ては死刑囚達を解放し仲間に引き入れる為でした。

そして“黒ひげ”の銃口はかつての「親父」“白ひげ”に向けられます。集中砲火を浴びながら“白ひげ”は回想します。宿敵ゴール・D・ロジャーと酌み交わした酒宴の事です。

ロジャーやエースが死に、たとえ“血縁”が断たれようとも脈々と受け継がれていく“意志”・・・。その意思と数百年分の“歴史”を背負い「世界政府」に戦いを挑む者がいつか現れる。“あの宝”を誰かが見つけた時世界はひっくり返るのです・・・。

“黒ひげ”の異形の体

<b>直立不動のまま絶命した“白ひげ”。</b>その遺体に黒い布を被せ船員達に警護されながら“黒ひげ”は恐るべき力を発揮します。何と<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“ヤミヤミの実”に加え“白ひげ”の“グラグラの実”の能力をも手に入れた</span></b>のです。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“悪魔の実”の能力を二つ得る事は不可能</span></b>なはずです。ティーチが持つ“異形”な体がそれを可能にしたのか!?飛び交う憶測をよそに溢れんばかりの力を振るいながら“黒ひげ”は宣言します。<br><br>無論海軍本部も黙ってはいません。<b>元帥“仏のセンゴク”自らが正義の砦を守るべく“黒ひげ”に立ち向かいます。</b>一方、ジンべエは兄の死に心を折られたルフィを抱きかかえながら脱出の為海を目指し走っていました。<br>

直立不動のまま絶命した“白ひげ”。その遺体に黒い布を被せ船員達に警護されながら“黒ひげ”は恐るべき力を発揮します。何と“ヤミヤミの実”に加え“白ひげ”の“グラグラの実”の能力をも手に入れたのです。

“悪魔の実”の能力を二つ得る事は不可能なはずです。ティーチが持つ“異形”な体がそれを可能にしたのか!?飛び交う憶測をよそに溢れんばかりの力を振るいながら“黒ひげ”は宣言します。

無論海軍本部も黙ってはいません。元帥“仏のセンゴク”自らが正義の砦を守るべく“黒ひげ”に立ち向かいます。一方、ジンべエは兄の死に心を折られたルフィを抱きかかえながら脱出の為海を目指し走っていました。

ルフィを守る仲間

エースに続き弟の命も奪わんとする赤犬の追撃が迫ります。何とかジンべエの土俵である海に出たものの青雉に凍らされてしまいます。もはや絶体絶命・・・その時<b>突如海中から一隻の潜水艦</b>が浮上します。<br><br>船体には<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“ハートの海賊団”の旗印</span></b>がありました。艦橋で叫ぶのは何とルフィと同じ<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">超新星“死の外科医”トラファルガー・ロー</span></b>でした。オリス広場では突如現れた“黒ひげ海賊団”とそれを追撃するセンゴクが。<br><br>湾頭ではエースの意志であるルフィを守ろうとする“白ひげ海賊団”の隊長達と赤犬が激突します。戦場は混沌と化し海賊と海兵双方が次々に倒れて行きます。<br>

エースに続き弟の命も奪わんとする赤犬の追撃が迫ります。何とかジンべエの土俵である海に出たものの青雉に凍らされてしまいます。もはや絶体絶命・・・その時突如海中から一隻の潜水艦が浮上します。

船体には“ハートの海賊団”の旗印がありました。艦橋で叫ぶのは何とルフィと同じ超新星“死の外科医”トラファルガー・ローでした。オリス広場では突如現れた“黒ひげ海賊団”とそれを追撃するセンゴクが。

湾頭ではエースの意志であるルフィを守ろうとする“白ひげ海賊団”の隊長達と赤犬が激突します。戦場は混沌と化し海賊と海兵双方が次々に倒れて行きます。

“四皇”赤髪のシャンクス登場

ルフィとジンべエを受け取るとローは船員に急速潜行を指示。けれどその上空では大将黄猿が狙いを定めています。一向に終わらぬ危機・・・しかし<b>突如轟く叫びが戦場</b>の動きを止めます。<br><br>赤犬の前に両手を広げ立ちふさがるのは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">コビー</span></b>でした。この戦いでこれ以上犠牲者を増やすのは間違っていると必死に訴える叫びが僅か数秒、戦場に静寂をもたらしました。そしてその数秒が戦況を変える事になります。<br><br>無情にも振り下ろされる赤犬の拳。燃え盛るマグマからコビーを救った者、それは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“四皇”の一角、“赤髪のシャンクス”</span></b>でした。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“赤髪のシャンクス”と“赤髪海賊団”</span></b>の登場によって再び静まり返るマリンフォードでした。<br>

ルフィとジンべエを受け取るとローは船員に急速潜行を指示。けれどその上空では大将黄猿が狙いを定めています。一向に終わらぬ危機・・・しかし突如轟く叫びが戦場の動きを止めます。

赤犬の前に両手を広げ立ちふさがるのはコビーでした。この戦いでこれ以上犠牲者を増やすのは間違っていると必死に訴える叫びが僅か数秒、戦場に静寂をもたらしました。そしてその数秒が戦況を変える事になります。

無情にも振り下ろされる赤犬の拳。燃え盛るマグマからコビーを救った者、それは“四皇”の一角、“赤髪のシャンクス”でした。“赤髪のシャンクス”と“赤髪海賊団”の登場によって再び静まり返るマリンフォードでした。

“頂上戦争”の終わり

海賊、海軍双方はシャンクスの要求に応え剣を引きます。今から“四皇”と再び一線交えようとする者は誰もいません。そしてセンゴクの宣言により<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><span class="wysiwyg-color-festy-red">“大海賊時代”開幕以来最大の戦い“マリンフォード頂上戦争”</span></span></b>は幕を閉じるのでした。<br>

出典: ameblo.jp

海賊、海軍双方はシャンクスの要求に応え剣を引きます。今から“四皇”と再び一線交えようとする者は誰もいません。そしてセンゴクの宣言により“大海賊時代”開幕以来最大の戦い“マリンフォード頂上戦争”は幕を閉じるのでした。

回想する想い!!兄弟達の絆!!

エースとの出会い

<b>“頂上戦争”集結から約二週間。</b>世間の喧騒を離れた女々島「アマゾン・リリー」湾岸。一命を取り留めたもののエースを失った悲しみがルフィを<b>自暴自棄</b>へと走らせます。<br><br>涙に暮れながら思い出すのは10年前エースと出会ったあの日の事でした。“東の海(イーストブルー)”フーシャ村の裏にあるコルボ山。ガープに連れられたルフィは山賊“ダダン一家”の下に預けられる事に。そこで<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">出会ったのが3つ年上のエース</span></b>でした。<br><br>エースはルフィを無視し、毎日外出し夜まで帰って来ない。ルフィはエースと友達になる為、雨の日も風の日も必死にエースを追いかけ続けます。そして3か月を越えた頃、ようやくエースの目的地にたどり着きます。<br>

“頂上戦争”集結から約二週間。世間の喧騒を離れた女々島「アマゾン・リリー」湾岸。一命を取り留めたもののエースを失った悲しみがルフィを自暴自棄へと走らせます。

涙に暮れながら思い出すのは10年前エースと出会ったあの日の事でした。“東の海(イーストブルー)”フーシャ村の裏にあるコルボ山。ガープに連れられたルフィは山賊“ダダン一家”の下に預けられる事に。そこで出会ったのが3つ年上のエースでした。

エースはルフィを無視し、毎日外出し夜まで帰って来ない。ルフィはエースと友達になる為、雨の日も風の日も必死にエースを追いかけ続けます。そして3か月を越えた頃、ようやくエースの目的地にたどり着きます。

エースとサボ

大量のゴミが腐臭と煙を上げる<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“無法地帯”「不確かな物の終着駅(グレイ・ターミナル)」</span></b>。そこでエースと共にいるのはサボという少年でした。<b>エースとサボは5年もの間将来海賊になる為に盗んだ金品をここに隠していた</b>のです。<br><br>木陰で話を聞いていたルフィは二人が<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">自分と同様海賊に憧れている事</span></b>を知り声をかけます。秘密を知られた二人はルフィを殺そうとしますがその時森の中から物音がします。<br><br>それはエース達が金を奪った相手とポルシェーミという海賊でした。ポルシェーミはこの辺りでは有名な<b>“ブルージャム海賊団”</b>の船員でした。エースとサボは木陰に隠れますがルフィはあっさりと捕まってしまいます。<br>

大量のゴミが腐臭と煙を上げる“無法地帯”「不確かな物の終着駅(グレイ・ターミナル)」。そこでエースと共にいるのはサボという少年でした。エースとサボは5年もの間将来海賊になる為に盗んだ金品をここに隠していたのです。

木陰で話を聞いていたルフィは二人が自分と同様海賊に憧れている事を知り声をかけます。秘密を知られた二人はルフィを殺そうとしますがその時森の中から物音がします。

それはエース達が金を奪った相手とポルシェーミという海賊でした。ポルシェーミはこの辺りでは有名な“ブルージャム海賊団”の船員でした。エースとサボは木陰に隠れますがルフィはあっさりと捕まってしまいます。

悪童エース、サボ、ルフィ

このままでは宝の場所がばれてしまう・・・エースとサボは宝を移動するがその危惧とは裏腹に<b>ルフィはいくら殴られても口を割りません</b>でした。エースとサボはポルシェーミに立ち向かいルフィを救出します。ルフィとエース、そして「不確かな物の終着駅(グレイ・ターミナル)」を追われる形で共に暮らす事になったサボ。<br><br>ポルシェーミを倒した事でブルージャム達に命を狙われる事になった<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">3人の悪童は山道やジャングルの猛獣、町の不良達や“ゴミ山”の悪党達、入り江の海賊達との戦いに明け暮れます</span></b>。<br><br>やがて<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">その悪名はこの島を統べる国家「ゴア王国」の中心街</span></b>まで届くほどになっていました。<br>

出典: puul.jp

このままでは宝の場所がばれてしまう・・・エースとサボは宝を移動するがその危惧とは裏腹にルフィはいくら殴られても口を割りませんでした。エースとサボはポルシェーミに立ち向かいルフィを救出します。ルフィとエース、そして「不確かな物の終着駅(グレイ・ターミナル)」を追われる形で共に暮らす事になったサボ。

ポルシェーミを倒した事でブルージャム達に命を狙われる事になった3人の悪童は山道やジャングルの猛獣、町の不良達や“ゴミ山”の悪党達、入り江の海賊達との戦いに明け暮れます

やがてその悪名はこの島を統べる国家「ゴア王国」の中心街まで届くほどになっていました。

サボの秘密

ある日いつもの様に王国の中心街で食い逃げを働いた3人だったのですが逃走の最中に貴族の一人がサボの名を呼んだ事でエースとルフィは問い詰めます。何と<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">サボは孤児ではなく中心街に住む貴族の息子</span></b>でした。<br><br>「地位」や「財産」のみ固執し、何十年先まで決められた人生を送る・・・そんな貴族の生活に嫌気がさしたサボは自由を求めて家を飛び出したのです。サボの話を聞き、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">絆を深めあった3人は兄弟の盃を交わします。</span></b><br><br>厳しくも楽しい日々のなかで兄弟は逞しく生きていきます。けれどある日ブルージャムを雇った<b>サボの父親がサボを強制的に連れて帰って</b>しまいます。<br>

ある日いつもの様に王国の中心街で食い逃げを働いた3人だったのですが逃走の最中に貴族の一人がサボの名を呼んだ事でエースとルフィは問い詰めます。何とサボは孤児ではなく中心街に住む貴族の息子でした。

「地位」や「財産」のみ固執し、何十年先まで決められた人生を送る・・・そんな貴族の生活に嫌気がさしたサボは自由を求めて家を飛び出したのです。サボの話を聞き、絆を深めあった3人は兄弟の盃を交わします。

厳しくも楽しい日々のなかで兄弟は逞しく生きていきます。けれどある日ブルージャムを雇ったサボの父親がサボを強制的に連れて帰ってしまいます。

“不確かな物の終着駅(グレイ・ターミナル)”を燃やす

兄弟を奪われたルフィとエースを諭しながらブルージャムは仕事を手伝わないかと持ちかけます。それは“ゴミ山”にある荷物を運ぶ仕事でした。自宅に帰ったサボは父親が養子にした義弟から衝撃の事実を聞かされます。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“不確かな物の終着駅(グレイ・ターミナル)”が燃やされ</span></b>てしまうというのです。その事実はルフィとエースにも衝撃をもたらしていました。自分達が運んでいた荷物はゴミ山を燃やす為の油と爆薬だったのです。<br><br>深夜、<b>グレイ・ターミナルから炎が上がります。</b>それは数日後に訪れる<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“天竜人”達の為にゴア王国の王族達が仕組んだ事</span></b>だったのです。<br>

兄弟を奪われたルフィとエースを諭しながらブルージャムは仕事を手伝わないかと持ちかけます。それは“ゴミ山”にある荷物を運ぶ仕事でした。自宅に帰ったサボは父親が養子にした義弟から衝撃の事実を聞かされます。

“不確かな物の終着駅(グレイ・ターミナル)”が燃やされてしまうというのです。その事実はルフィとエースにも衝撃をもたらしていました。自分達が運んでいた荷物はゴミ山を燃やす為の油と爆薬だったのです。

深夜、グレイ・ターミナルから炎が上がります。それは数日後に訪れる“天竜人”達の為にゴア王国の王族達が仕組んだ事だったのです。

サボの決意

四方八方から上がる火の手は海岸も森の入り口も火の海と化し、端町へと続く大門をを塞がれたゴミ山の住人達は逃げ場を悲鳴を上げます。ゴミ山の人々と同様、退路を断たれたルフィとエースの前には“ブルージャム海賊団”が立ち塞がり宝を奪おうと襲い掛かります。<br><br>国王の裏切りを知ったブルージャムはルフィ達の宝を手元に復讐を遂げようというのです。間一髪でダダン達に救出されたルフィ達だったのですがエースはルフィを逃がしてダダンと共にブルージャムに挑みます。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“天竜人”</span></b>の視察当日の朝、盛大な式典の準備を整えた港から<b>サボが乗った小船</b>が出航します。意気揚々と<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">海賊旗を掲げたサボの視界にはどこまでも広がる自由の海が</span></b>・・・しかしすぐに世界政府の視察艦によって遮られてしまいます。<br>

四方八方から上がる火の手は海岸も森の入り口も火の海と化し、端町へと続く大門をを塞がれたゴミ山の住人達は逃げ場を悲鳴を上げます。ゴミ山の人々と同様、退路を断たれたルフィとエースの前には“ブルージャム海賊団”が立ち塞がり宝を奪おうと襲い掛かります。

国王の裏切りを知ったブルージャムはルフィ達の宝を手元に復讐を遂げようというのです。間一髪でダダン達に救出されたルフィ達だったのですがエースはルフィを逃がしてダダンと共にブルージャムに挑みます。

“天竜人”の視察当日の朝、盛大な式典の準備を整えた港からサボが乗った小船が出航します。意気揚々と海賊旗を掲げたサボの視界にはどこまでも広がる自由の海が・・・しかしすぐに世界政府の視察艦によって遮られてしまいます。

サボの死

次の瞬間、無造作に向けられた大砲が火を吹き、小さな海賊船は粉々に打ち砕かれてしまいます。<b>サボが死んだ</b>・・・その事実を聞かされた翌日、サボからの手紙が届きます。<br><br>そこにはひと足先に海に出る<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">サボの決意と「“弟”を頼む」という願い</span></b>が記されていました。一人手紙を読んだエースはサボが眠る海に向かい涙を流します。サボを失ったルフィは涙ながらにある決意をします。<br><br><b>何でも守れるぐらいもっと強くなりたい。そうすれば誰もいなくならないで済む。</b>「死なないでくれ」と懇願するルフィを一喝しながらエースは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">ルフィを残しては絶対に死なないと約束</span></b>します。<br>

次の瞬間、無造作に向けられた大砲が火を吹き、小さな海賊船は粉々に打ち砕かれてしまいます。サボが死んだ・・・その事実を聞かされた翌日、サボからの手紙が届きます。

そこにはひと足先に海に出るサボの決意と「“弟”を頼む」という願いが記されていました。一人手紙を読んだエースはサボが眠る海に向かい涙を流します。サボを失ったルフィは涙ながらにある決意をします。

何でも守れるぐらいもっと強くなりたい。そうすれば誰もいなくならないで済む。「死なないでくれ」と懇願するルフィを一喝しながらエースはルフィを残しては絶対に死なないと約束します。

ルフィの船出

それから7年間、<b>残された“兄弟”は再び戦いに明け暮れる日々を送り、より逞しく成長</b>していきます。そしてエースの船出を見送ったルフィはさらに3年後の船出を目標に修業に励みます。<br><br><b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><span class="wysiwyg-color-festy-red">もっと強く、何でも守れるぐらいに強く、誰よりも自由でいる為に・・・。</span></span></b><br><br>

それから7年間、残された“兄弟”は再び戦いに明け暮れる日々を送り、より逞しく成長していきます。そしてエースの船出を見送ったルフィはさらに3年後の船出を目標に修業に励みます。

もっと強く、何でも守れるぐらいに強く、誰よりも自由でいる為に・・・。

再会の日を心に仲間達は各々の道を行く!!

「仲間」の存在

ハンコックの協力により女々島に匿われたルフィはローの治療で一命を取り留めたものの未だに闇の中をさまよっていました。自信を無情に打ち砕く巨大な敵の数々、目標だった兄の死・・・己の弱さを思い知り、後悔を自責の闇に飲み込まれます。<br><br>あまりに多くのものを失ったルフィを救えるものは一体何なのか・・・ジンべエは獄中で聞いたエースの話を思い出します。ジンべエの問いに<b>我に返るとルフィは「残されたもの」を指折り数えます。</b><br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red"><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">それは・・・「仲間」でした。</span></span></b>その頃、女々島湾岸にシルバース・レイリーが上陸。ルフィとの再会を果たしたレイリーは仲間との合流の為シャボンディ諸島へ向かうというルフィに対してある重大な提案をします。<br>

出典: onesoku.com

ハンコックの協力により女々島に匿われたルフィはローの治療で一命を取り留めたものの未だに闇の中をさまよっていました。自信を無情に打ち砕く巨大な敵の数々、目標だった兄の死・・・己の弱さを思い知り、後悔を自責の闇に飲み込まれます。

あまりに多くのものを失ったルフィを救えるものは一体何なのか・・・ジンべエは獄中で聞いたエースの話を思い出します。ジンべエの問いに我に返るとルフィは「残されたもの」を指折り数えます。

それは・・・「仲間」でした。その頃、女々島湾岸にシルバース・レイリーが上陸。ルフィとの再会を果たしたレイリーは仲間との合流の為シャボンディ諸島へ向かうというルフィに対してある重大な提案をします。

ルフィの仲間にあてたメッセージ

数日後、とある新聞記事が世界各地で反響を呼びます。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">“頂上戦争”</span></b>の傷痕癒えぬ、マリンフォードの「海軍本部」。そこに現れたモンキー・D・ルフィ・ジンべエそしてシルバーズ・レイリーの3人が軍艦を一隻奪いマリンフォードを一周。<br><br>広場のオックス・ベルを「16点鐘」し、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">「黙祷」を捧げて去って</span></b>行きました。黙祷するルフィの写真は新聞にでかでかと掲載されています。けれど<b>この写真に込められた「メッセージ」に気付く者はごくごく僅かに過ぎませんでした。</b><br><br><br>

数日後、とある新聞記事が世界各地で反響を呼びます。“頂上戦争”の傷痕癒えぬ、マリンフォードの「海軍本部」。そこに現れたモンキー・D・ルフィ・ジンべエそしてシルバーズ・レイリーの3人が軍艦を一隻奪いマリンフォードを一周。

広場のオックス・ベルを「16点鐘」し、「黙祷」を捧げて去って行きました。黙祷するルフィの写真は新聞にでかでかと掲載されています。けれどこの写真に込められた「メッセージ」に気付く者はごくごく僅かに過ぎませんでした。


チョッパーとサンジ

<b>鳥と人間が戦争する「トリノ王国」</b>。鳥達を説得したチョッパーは鳥の背に乗ってシャボンディ諸島を目指していました。けれどニュース・クーから新聞を受け取ったチョッパーはルフィからのメッセージを理解。<br><br>一路王国に引き返し、文化水準が極めて高いこの国で植物や武器の研究を始めます。<b>“偉大なる航路(グランドライン)”「カマバッカ王国」。</b>ルフィの仲間だと信じてもらえず新人類達から追われる日々を送っていたサンジもまたルフィからのメッセージを受け取ります。<br><br>そして新人類拳法の奥義として伝わる「99のバイタルレシピ」をマスターするべく、“師範”達からレシピを奪う事を決意します。<br>

鳥と人間が戦争する「トリノ王国」。鳥達を説得したチョッパーは鳥の背に乗ってシャボンディ諸島を目指していました。けれどニュース・クーから新聞を受け取ったチョッパーはルフィからのメッセージを理解。

一路王国に引き返し、文化水準が極めて高いこの国で植物や武器の研究を始めます。“偉大なる航路(グランドライン)”「カマバッカ王国」。ルフィの仲間だと信じてもらえず新人類達から追われる日々を送っていたサンジもまたルフィからのメッセージを受け取ります。

そして新人類拳法の奥義として伝わる「99のバイタルレシピ」をマスターするべく、“師範”達からレシピを奪う事を決意します。

ナミとブルック

<b>小さな空島「ウェザリア」。</b>天候を科学する不思議な技術を持つこの国でナミはハレダスという老人と知り合います。新聞を読んだナミは一度は青海に下りようとしたもののメッセージを読んで思い留まります。<br><br>そしてこの島で“新世界”の天候について学ぶ事を誓います。<b>“偉大なる航路(グランドライン)”剣山島「テーナ・ゲーナ王国」。</b>手長族に囚われ見世物として檻に入れられたブルックは群集に晒されながらルフィの決断を知ります。<br><br>そして立ち上がるとギターを鳴らして唄いだします。長年の孤独から解放してくれたルフィの為にです。<br>

小さな空島「ウェザリア」。天候を科学する不思議な技術を持つこの国でナミはハレダスという老人と知り合います。新聞を読んだナミは一度は青海に下りようとしたもののメッセージを読んで思い留まります。

そしてこの島で“新世界”の天候について学ぶ事を誓います。“偉大なる航路(グランドライン)”剣山島「テーナ・ゲーナ王国」。手長族に囚われ見世物として檻に入れられたブルックは群集に晒されながらルフィの決断を知ります。

そして立ち上がるとギターを鳴らして唄いだします。長年の孤独から解放してくれたルフィの為にです。

ロビンとフランキー

<b>“東の海(イーストブルー)”巨大な橋の下。</b>ロビンは橋の上の労働から“革命軍”によって解放されていました。一度は“革命軍”との同行を拒否したロビンだったのですが届けられた新聞からメッセージを受け取るとルフィの父ドラゴンが待つ本拠地「バルティゴ」行きを承諾します。<br><br>世界の流れに身を投じる事を心に決めるのでした。<b>“偉大なる航路(グランドライン)”からくり島「未来国バルジモア」。</b>世界政府の科学者Dr.ベガパンクが生まれた事で知られるこの冬島でうっかり研究所を爆破してしまったフランキー。<br><br>ルフィのメッセージを知るや、爆発によって現れたもう一つの研究所に住み新たな兵器を開発し始めます。<br>

“東の海(イーストブルー)”巨大な橋の下。ロビンは橋の上の労働から“革命軍”によって解放されていました。一度は“革命軍”との同行を拒否したロビンだったのですが届けられた新聞からメッセージを受け取るとルフィの父ドラゴンが待つ本拠地「バルティゴ」行きを承諾します。

世界の流れに身を投じる事を心に決めるのでした。“偉大なる航路(グランドライン)”からくり島「未来国バルジモア」。世界政府の科学者Dr.ベガパンクが生まれた事で知られるこの冬島でうっかり研究所を爆破してしまったフランキー。

ルフィのメッセージを知るや、爆発によって現れたもう一つの研究所に住み新たな兵器を開発し始めます。

ウソップとゾロ

<b>“偉大なる航路(グランドライン)”ボーイン列島。</b>この島で豊富な食物を食い漁ったウソップはルフィの現状を知るや幾度も脱出を試みますが島の猛獣達に阻まれてしまい如何ともし難い状況に追い込まれていました。<br><br>けれどやがてメッセージを理解すると島に残りここに住むヘラクレスンに弟子入り。早速トレーニングを始めながらウソップは今度こそ本物の“狙撃の王様”になることを誓います。<br><br><b>グランドラインクライガナ島「シッケアール王国」跡。</b>ゾロは古城の主に土下座し懇願していました。古城の主は何と“世界最強の剣士”ジュラキュール・ミホーク。ルフィのメッセージを漸く読み解いたゾロは奇しくも命を狙う最強の敵に弟子入りを志願したのです。<br>

“偉大なる航路(グランドライン)”ボーイン列島。この島で豊富な食物を食い漁ったウソップはルフィの現状を知るや幾度も脱出を試みますが島の猛獣達に阻まれてしまい如何ともし難い状況に追い込まれていました。

けれどやがてメッセージを理解すると島に残りここに住むヘラクレスンに弟子入り。早速トレーニングを始めながらウソップは今度こそ本物の“狙撃の王様”になることを誓います。

グランドラインクライガナ島「シッケアール王国」跡。ゾロは古城の主に土下座し懇願していました。古城の主は何と“世界最強の剣士”ジュラキュール・ミホーク。ルフィのメッセージを漸く読み解いたゾロは奇しくも命を狙う最強の敵に弟子入りを志願したのです。

メッセージの秘密

黙祷を捧げるルフィの写真・・・。新聞に掲載されたこの一枚には大いなる秘密が隠されていました。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">「3D2Y」。「3D」には大きく×印が刻まれています。</span></b><br><br>これは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">シャボンディ諸島での約束「3日後」ではなく「2Y」・・・つまり「2年後」に再会する</span></b>というあの場にいた仲間達だけに向けたルフィからのメッセージでした。2年間立ち止まって力をつけシャボンディ諸島で再会する!!<br><br>このメッセージが仲間達に届くと確信したルフィは決意を胸に女々島より北西の無人島「ルスカイナ」へと赴きます。そこは過酷な自然と夥しい数の猛獣がひしめき合う地・・・力をつけねば夜も眠れないようなこの島で<b>ルフィはレイリーとの修業</b>に臨むのです。<br>

黙祷を捧げるルフィの写真・・・。新聞に掲載されたこの一枚には大いなる秘密が隠されていました。「3D2Y」。「3D」には大きく×印が刻まれています。

これはシャボンディ諸島での約束「3日後」ではなく「2Y」・・・つまり「2年後」に再会するというあの場にいた仲間達だけに向けたルフィからのメッセージでした。2年間立ち止まって力をつけシャボンディ諸島で再会する!!

このメッセージが仲間達に届くと確信したルフィは決意を胸に女々島より北西の無人島「ルスカイナ」へと赴きます。そこは過酷な自然と夥しい数の猛獣がひしめき合う地・・・力をつけねば夜も眠れないようなこの島でルフィはレイリーとの修業に臨むのです。

麦わら帽子

レイリーとの修業を前にルフィは大切な麦わら帽子を脱ぎ岩場にそっと置きます。<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><span class="wysiwyg-color-festy-red">麦わら帽子には仲間達との絆を示すビブルカードも挟められていました。</span></span></b><br>

出典: festy.jp

レイリーとの修業を前にルフィは大切な麦わら帽子を脱ぎ岩場にそっと置きます。麦わら帽子には仲間達との絆を示すビブルカードも挟められていました。

最後に・・・(ライターの感想)

いかがでしたでしょうか?<b>頂上戦争編</b>!エースの死・・・ルフィ達の修業・・・など沢山の重要な話が盛りだくさんなこの頂上戦争編。きっと涙を流したファンも多いのではないでしょうか?<br><br>2年間という長い修業の期間を設けた麦わらの一味。この後劇的に強く逞しく成長して帰ってくるのです!ワンピースで衝撃が強かったシーン好きなシーンが多いと私は思います。<br><br>まだ見たことのない人・忘れてしまっている人は是非これを機会に見直して見て下さい。最後になりましたがここまで読んで頂き本当にありがとうございました。<br>

出典: puul.jp

いかがでしたでしょうか?頂上戦争編!エースの死・・・ルフィ達の修業・・・など沢山の重要な話が盛りだくさんなこの頂上戦争編。きっと涙を流したファンも多いのではないでしょうか?

2年間という長い修業の期間を設けた麦わらの一味。この後劇的に強く逞しく成長して帰ってくるのです!ワンピースで衝撃が強かったシーン好きなシーンが多いと私は思います。

まだ見たことのない人・忘れてしまっている人は是非これを機会に見直して見て下さい。最後になりましたがここまで読んで頂き本当にありがとうございました。

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

7710
1
Fessan white 上に戻る