2016.04.23.Sat. 11ヶ月前 名無し

『迷家 マヨイガ』第4話感想 でっかい光宗とは!?そしてよっつんはどこへ…

「迷家-マヨイガ-」第4話の感想まとめポストです!よっつんを探す一同だったが、結局、発見することはできなかった。一同は迫り来る猛獣の脅威に震え、下山するか、このまま残るかで二分することに…

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

『迷家 マヨイガ』第4話 感想・画像まとめ

「おいそっちはどうだ!」
「岩場に引っかかってる可能性もあります」



「て言うか何で見失ったんだよ」
「ごめん、流れも早くて一瞬だったら」


透けブラに気を取られてたからの間違いでは? #mayoiga #WOWOW

「あれは死体!死体ですー!きっとあの犯罪者に殺されて…これはもう処刑確定ですー」


今週もらぶぽんの頭がおかしくてよかった #mayoiga

「ヨッツンがドザエモンになっちゃったら、ドザエモンである僕の立つせがないよ」


どざえもんのアイデンティティ(?)が #mayoiga

「あのー、みなさーん!ちょっとこれ真っ暗なんで、二次災害とかもあるかもなんで、いったん川から上がっちゃいましょー」


「もっと下流を探す」




「離せ、一人でやるからいい!」


今思うとバルカナさんの気持ちも分かるな #wowow #mayoiga

(猛獣のような叫び声)「ぐおおおおおおおっ!」




「そうですねえ」


「皆さん、あまり声をたてずに村へ戻りましょう」


まじでこれ何かの実験とかアトラクションじゃないのか.. #mayoiga

このOP、最後の迷家のロゴが出るところも含めて全部好きすぎるんだよなー。 #mayoiga

「俺がベガスで撃った本物M4に比べると、やっぱおもちゃだな」



「壮絶な戦いだったにゃー」


ニャンタちゃんには期待している #mayoiga

「そろそろ夜が明けようとしていますが…どうしましょう」



「あの足跡や血痕も主がつけていったのかも」


クマは普通に低音ボイスで喋ります #mayoiga

「熊だよ!絶対熊!!」


「え…あれ、人の声に聞こえたんだけど」


「でも肉食獣がうろうろしてるって事だよね。僕食べるのは好きだけど、食べられるのは嫌いだー」


「いやだ!あたし怖い!」
「大丈夫!ピータンは僕が代わりに食べられてでも守るよ!」


4話になっても誰が誰だか分からねえ。#mayoiga

「ふんっ」


「とまあ、むやみに出歩くと襲われる可能性が…」


「んなこと言ってたら、いつまで経っても見つからないだろうが」


「その〜熊だか虎だか込みで、今後の対応をみなさんで決めようかと」


「決めるまでも無い。一刻も早く下山すべきだ」


「いや〜美影さんそれはあまりにも早計では…」


「よっつんもそいつに食い殺されたのかもしれないんだぞ!!」


「まあ、確かに…」


何故主催者はそんなに下山させたくないのか #mayoiga

「そいつが邪魔ならぶっ倒せばいいんだよ」


「害獣駆除するってことですか…?」


「選択の一つではある。外的の影におびえて暮らすか、外的を排除するか」



「山は下りない方がいいと思います。ここは普通の山じゃないんだと思います」


「たぶんここに留まるより、降りるほうが危ない」


「そんなの何であんたが分かる訳?」
「やっぱさ、何か知ってんの?」


「いえ…何も…」


「よくわからないけど、降りない方がいいってこと?」
「うん…」


まさきさんなんか知ってるけどあかんアレ感 #mayoiga
らぶぽんの腋と真咲の腋…俺はどっちを選べばいいんだ… #mayoiga

「そんなのは嫌なんです、もう暫くここに居た方が」


「そうだよね!2人を放ったままはダメだし、もうちょっとみんなで考えてから決めたほうがいいと思う!」


「マサキさんの言う通りかもしれない。村の中は少しも荒らされてないし」



「絶対に外敵が村の中に入ってこない保障はあるのか?」



「悠長に考えてる時間はない。俺は山を降りる」


「ちょっと美影さん!」
「降りさえすれば助けも呼べる。よっつんもジャックも警察に任せればいい」


「ちょっと、皆さんまで」


こんだけの人数がいてちゃんとしたリーダーがいないとまぁこうなるわな #mayoiga

「あのバカ…っ!」


「お前、何考えてんだ!」
「もうちょっと残ろうかなって」


「話聞いてなかったのか?ここは危険なんだ」
「でも、降りるのも危ないって…真咲さんが…」


「アイツは止めとけ。俺の忠告が間違ってたことあったか?」


どう考えてもBLなんだが、違うらしい #mayoiga

「そうだけど…いや!そうじゃなくて!」


「俺達だけで探すほうが危ない。早く降りて警察呼んだ方が…」


「ここに警察って呼んでいいのかな…」


「それでも、よっつんさんが見つかるまでは降りたくないよ!」


「ミツムネ!…勝手にしろ」


光宗の言うことも分かるな( ´・ω・`) #wowow #mayoiga

「ふん!」


「下山?まあ拠点防衛より山中行軍の方がスリルがあるが…」
「ポイントマンならまっかせるニャ」


「残る方がいるなら、ご一緒するのが使命ですから」


「他は何で残る気になったんだ?」


もう8人になったwwwwwwwww #mayoiga

「歩くの嫌だから」


「私もあんな山道、無事に降りられる自信ないわ。ヒールだし」


「他の人と同じ」



「山を下りるにはあんたのバスが必要だ。動くようなら使ってもいいよな?」


「好きにしろ」


バス脱輪したまま放置されてるんじゃ(^_^; #mayoiga
運転手のおっさんは誰と会ったんや…? #mayoiga

「本気で残るつもりなんだな」


「ちょっといいか」


「ヨッツンが俺たちの中の誰かに殺されたかもしれないってことだ」


「このツアーは怪しすぎる。俺たちは誰かに騙されているのかもしれない」


変人だらけだからぜんぜんあり得るよな #mayoiga

「ダーハラか?」


「俺はコハルンが怪しいと思ってる」


「考えてもみろ。所在も定かではないこの納鳴村に後から案内役として参加してきた」



「あの女はこの村を探し当てた事を喜んでいるだけだろう」



「結局はあんたもハニートラップに引っかかった三下っておちか」
「さっきから何言ってんだてめえ!」




「用心していった方がいい、これから一緒に暮らしてくんならな」


「止めても聞きませんでしょうから、何も言いませんけどね」


「まずはバスの所まで行ってみる。動くようなら使わせてもらう」


これ8割くらい死んで涙目で帰ってくる流れなのでは(絶望) #mayoiga

「これ…ここに来るまでに使った地図」



「我々も昨日話しあった通り、村の守りを固めましょ。明るいうちに作業を進めなければ」


「こ〜んな死に方まっぴらだ〜♪こ〜んな死に方まっぴらだ〜♪」


「なにこの歌…」
「ゴンベエさんの赤ちゃんが風邪ひいたってか?」
「こんな物騒な歌詞だっけ?」


「マンべさん。私たちこれからどうしよう」
「また新しい駆け落ち先探そうね」
「私、今度は海がいい…あ、ハワイに高跳びしようよ!」


「彼、光宗とケンカしたのかな…?」


「俺はマサキは怪しいから止めとけって言ったんだ。いつもみたいに大人しく言うこと聞いとけばいいのに…あのバカ」


うん、下山組と居残り組それぞれにドラマあるんかな? #mayoiga

「俺の決めた通りに生きるのが一番あいつのためなんだー…とか?キモっ。バカじゃないの」


「あんたミツムネのこと気に入ってんのか?」



「はあ?むしろ一番嫌いなタイプ」
「じゃあなんで庇うんだ?」
「人の人生に口出しするのが嫌いなだけよ!」


「あいつの事、何も分かってないんだな」


まるで自分は全部わかってるかのような物言いだな #mayoiga #WOWOW

「そう言うのが嫌いだっての!」



「ウインチでもないと自力で上がるのは無理だ」


「これは熊じゃないよね」


「ええ、嘘。なになに」


「みんな落ち着け!まだ声は遠い」


「今から戻れば途中で暗くなる。余計に危険だ」


ヤバイな とりあえずバスに乗り込んだら・・ #mayoiga

「日が沈む前に降りられるところまで自力で降りよう」


「戻るも地獄、降りるも地獄か」
「何やってんだろ、こんな山の中で」


「あいつ…!」


「ああ、もう。行動する時は一人にならない様にって言ったんですけどね」


「ヴァルカナ…」
「あ?」


「え?何で?ヴァルカナさんといい感じになってるの?」


「こはる〜ん!」


「重いよ〜」
「ごめんね。私、重いのは苦手で」


胸に重いものがついてるのに重いものが苦手とは一体? #mayoiga

「僕、お料理になる前の物には興味ないんだよ」


「出された料理食べるだけとか許されると思ってる?」


天使かと思ったら超怖い人だこれ!!! #mayoiga
ソイラテさんはともかく、熱帯夜さんが料理するとは思えない #mayoiga

「やっぱり、武器みたいなのは無いよね」
「武器って?」
「それは…ほら、槍とか弓矢とか」


「これだって武器になる」


「スピードスターたち無事に降りられるかな」


「心配なの?」
「心配だよ!そりゃあ!」


「なんで一緒に降りなかったの?」
「えっ…そっそれはその…」


「降りられるかは知らないけど、死にはしないよ」




「さっきより固まって歩かない方がいいよ。五人固まったらいっぺんにやられるけど」
「一人だと最小限で済む」


「厳しいけど、それが一番効率的」



「かよわい女性は私が守るから大丈夫」



「あそこで雨宿りどうっすか?」



「ひい!」


「さっきより近くない?」


「どうした?」




「どういう事だ。地図にある目印に合わせて番号を振って来たのに」


「GPSは?」
「ここに来た時から軍用のGPSでも受信できない」
「コンパスはあってる。地形とも合致してるからな」


軍用のGPS持ってるのかよwwwwwwww #mayoiga
迷った。同じところをウロウロパターンか? #mayoiga
その''8''は誰かの罠だから無視するべきなんだよな #mayoiga

「だんだん近づいて来てますー!」


「あいつ…あいつだ」






「ダーハラさん達遅いね。雨、やむといいけど」


「おい、皆落ち着け」
「そんなに走ったらまた誰か落ちちゃうよ」




「線路だ!」




幼女だあああああああああああああああああああああああ #mayoiga #WOWOW

「待ってくれ!待ってくれ!」



もしかして運転手のおっさん 過去に何かしら訳ありかな #mayoiga
今の幼女、運ちゃんにしか見えてない…?幻覚かな #mayoiga

「真咲さん!僕、真咲さんにこれだけは言っておきたくて…」


「これ、僕の本名なんだ」


「光宗って名前、似合ってるって言ってくれる人いなかったから」


「だから、僕の名前のこともちゃんと話そうと思って…」


「真咲さん!?」
「ごめん。ごめんなさい」


「言え!誰を探してた」
「ダメよ乱暴は!」
「そうです、ここは穏便に」


「教えてくれませんか?」


「地図上には無かった」
「でも辿って行けば間違いなく山を降りられるよ」




「あ…あ…」


何を見たんだよ!?ライトは落とすんじゃねえ! #mayoiga

「おい、どうした!」



「いるのよ、でっかいミツムネが!」


「ミサト…」




「娘だ…十年前に死んだ俺の娘だ!」


(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;) #mayoiga
とてつもなく鳥肌たってしまったwwwwwwwww #mayoiga
なんか予想と違った展開になってきたぞ・・・ でっかい光宗ってなんぞw  #mayoiga ?mediapath=festy production%2f2016%2f04%2f24%2f11%2f36%2f54%2f385%2fcgpstpgu0aa1adu
なんだかよく分かんないけど本当に分かんない #mayoiga #WOWOW
でっかい光宗の正体とよっつんの行方が気になり過ぎて草生える #mayoiga
なんか色々投げっぱなしでさらに謎が #mayoiga
もうこいつら何いってるのかわかんねえな・・・ #mayoiga
こんなトンネル入ったら影鰐なら全員喰われてるよね。 #mayoiga

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

8393
1
Fessan white 上に戻る