2016.07.24.Sun. 1年前 Lil

【ナルト】個性豊かな尾獣たち!これを見たら貴方もきっと尾獣マスター!

一尾から十尾まで個性豊か!魅力的すぎる尾獣たち! 人柱力と共にある尾獣たちについて詳しく見ていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

尾獣とは?






まず初めに尾獣とは何か見ていきましょう。<br><br>NARUTOの作品の中では、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">"尾をもつ巨大な魔獣"</span></b>とされています。一尾から十尾まで存在しており、<b>尾の数が一本:一尾</b>、<b>尾の数が二本:二尾</b>というように尾の数によって呼び名が変わっていきます。<br><br>尾獣ごとに<b>真名</b>というのが存在しています。六道仙人が名付けた名前みたいなものですね!そして、一体ごとに<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>人柱力</b></span>という尾獣を体内に封印された人物たちが存在しています。主人公のナルトや砂影の我愛羅もその一人ですね。<br><br>では、詳しく見ていきましょう!<br>

出典: www.vt81.com

まず初めに尾獣とは何か見ていきましょう。

NARUTOの作品の中では、"尾をもつ巨大な魔獣"とされています。一尾から十尾まで存在しており、尾の数が一本:一尾尾の数が二本:二尾というように尾の数によって呼び名が変わっていきます。

尾獣ごとに真名というのが存在しています。六道仙人が名付けた名前みたいなものですね!そして、一体ごとに人柱力という尾獣を体内に封印された人物たちが存在しています。主人公のナルトや砂影の我愛羅もその一人ですね。

では、詳しく見ていきましょう!

砂の一尾とオッドアイ二尾さん

砂の一尾









<b>真名:守鶴</b><br><b>読み方:しゅかく</b><br><b>人柱力:我愛羅
<br><br></b>一尾の守鶴はナルトをあまり知らない方も結構知っているような気がします。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">四代目風影</span></b><span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>の我愛羅</b></span>が人柱力になっています。我愛羅以前にも守鶴の人柱力になった人物として、<b>分福</b>というお爺ちゃんがいます。<br><br>守鶴のモチーフの動物としては、<b>化け狸</b>ということになっています。尾獣の中でもトップを争う大きさで、砂で形成された尻尾が一本。ギザギザの口とキラキラしたお目目がとても可愛いと思います!<br><br>性格はとても好戦的で、少しグレている面も見える時がありますが、何だかんだ人柱力の我愛羅の事を気にかけていてくれている気がします。ナルトの体内に封印されている九尾とは言い争う場面とかも見られましたが、仲良いほど喧嘩するともいいますからね!本当に犬猿の中かは本人たちのみぞ知る..。という感じですね。<br><br>守鶴の得意技は、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">風遁・練空弾</span></b>になります。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">風遁</span></b>や<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">磁遁系</span></b>の攻撃が得意なようですね。<br>

出典: i.ytimg.com

真名:守鶴
読み方:しゅかく
人柱力:我愛羅


一尾の守鶴はナルトをあまり知らない方も結構知っているような気がします。四代目風影の我愛羅が人柱力になっています。我愛羅以前にも守鶴の人柱力になった人物として、分福というお爺ちゃんがいます。

守鶴のモチーフの動物としては、化け狸ということになっています。尾獣の中でもトップを争う大きさで、砂で形成された尻尾が一本。ギザギザの口とキラキラしたお目目がとても可愛いと思います!

性格はとても好戦的で、少しグレている面も見える時がありますが、何だかんだ人柱力の我愛羅の事を気にかけていてくれている気がします。ナルトの体内に封印されている九尾とは言い争う場面とかも見られましたが、仲良いほど喧嘩するともいいますからね!本当に犬猿の中かは本人たちのみぞ知る..。という感じですね。

守鶴の得意技は、風遁・練空弾になります。風遁磁遁系の攻撃が得意なようですね。

オッドアイの二尾












<b>真名:又旅<br></b><b>読み方:またたび</b><br><b>人柱力:二位ユギト<br></b><br>二尾の人柱力は雲隠れの里の<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">二位ユギト</span></b>です。モチーフになっている動物は、<b>猫又</b>です。ケモナーにはたまらない尾獣なんじゃないでしょうか..!<br><br>外見の特徴としては、中二心をくすぐられるオッドアイと蒼い体が特徴的かと思います。ちなみにオッドアイは、右目が黄色で左目が緑色をしています。又旅の体は蒼い霊焔で構成されていて、呪印のような模様が全身にあります。尾獣の中では比較的小柄の方だと個人的に思っています!<br><br>性格としては、おしとやかな口調で物腰が穏やかな性格をしています。暁の飛段と角都との戦闘の際には、結構シャーシャーしてた記憶があるので、ギャップがとても可愛いですね!意外と獰猛だったりするのかもしれないですね。<br><br>又旅の攻撃技としては、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">尾獣玉</span></b>や<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">素早さを活かした奇襲攻撃</span></b>が得意とされています。口から炎を噴射する攻撃も得意みたいですね。<br>

真名:又旅
読み方:またたび
人柱力:二位ユギト

二尾の人柱力は雲隠れの里の二位ユギトです。モチーフになっている動物は、猫又です。ケモナーにはたまらない尾獣なんじゃないでしょうか..!

外見の特徴としては、中二心をくすぐられるオッドアイと蒼い体が特徴的かと思います。ちなみにオッドアイは、右目が黄色で左目が緑色をしています。又旅の体は蒼い霊焔で構成されていて、呪印のような模様が全身にあります。尾獣の中では比較的小柄の方だと個人的に思っています!

性格としては、おしとやかな口調で物腰が穏やかな性格をしています。暁の飛段と角都との戦闘の際には、結構シャーシャーしてた記憶があるので、ギャップがとても可愛いですね!意外と獰猛だったりするのかもしれないですね。

又旅の攻撃技としては、尾獣玉素早さを活かした奇襲攻撃が得意とされています。口から炎を噴射する攻撃も得意みたいですね。

穏やかな三尾と派手な四尾

穏やかな三尾










<b>真名:磯撫<br></b><b>読み方:いそぶ</b><br><b>人柱力:やぐら<br><br></b>三尾の人柱力は<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">四代目水影のやぐら</span></b>です。メインのモチーフになっている動物は<b>亀</b>になっています。やぐらの前に磯撫の人柱力になっていた人物が、波風ミナトの教え子のカカシ、オビトと一緒の班だった<b>のはらリン</b>です。<br><br>外見の特徴としては鋭く尖った角と、お腹の方にも赤い甲羅がついているのが特徴的で、見たところ足がない様子。海老のような三本の尾が足の代わりもしているのかもしれないですね。<br><br>性格としては、外見的にはトゲトゲしていてワイルドさも感じます。ですが!穏やかで子供っぽい性格をしていて、そこがまたギャップがあって可愛いところだと思います。背中に乗せてもらって色んな場所に連れて行ってもらいたいですね。<br><br>磯撫の得意技は、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">幻術を見させる霧</span></b>を出したりして霧隠れをしたり、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">音波による攻撃</span></b>や、水の力を使った技を出すのが得意です。<br>

真名:磯撫
読み方:いそぶ
人柱力:やぐら

三尾の人柱力は四代目水影のやぐらです。メインのモチーフになっている動物はになっています。やぐらの前に磯撫の人柱力になっていた人物が、波風ミナトの教え子のカカシ、オビトと一緒の班だったのはらリンです。

外見の特徴としては鋭く尖った角と、お腹の方にも赤い甲羅がついているのが特徴的で、見たところ足がない様子。海老のような三本の尾が足の代わりもしているのかもしれないですね。

性格としては、外見的にはトゲトゲしていてワイルドさも感じます。ですが!穏やかで子供っぽい性格をしていて、そこがまたギャップがあって可愛いところだと思います。背中に乗せてもらって色んな場所に連れて行ってもらいたいですね。

磯撫の得意技は、幻術を見させる霧を出したりして霧隠れをしたり、音波による攻撃や、水の力を使った技を出すのが得意です。

派手な四尾







<b>真名:孫悟空<br></b><b>読み方:そんごくう<br>人柱力:老紫<br><br></b>四尾の人柱力は<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">老紫</span></b>になります。モチーフの動物は孫悟空。..ではなく、<b>猿・ゴリラ</b>と言われています。人柱力の老紫は<b>血継限界の使い手</b>です<b>。</b>四尾の力も借りて火と土の性質のチャクラを練り合わせて使う<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>"熔遁忍術"</b></span>を得意としています。<br><br>外見的な特徴としては、孫悟空が頭につけていたとされる有名な緊箍児(きんこじ)がついています。上顎から巨大なニ本の牙も生えていて、これで噛みつかれでもしたらひとたまりもなさそう。<br><br>性格としては見るからにオラオラ系に見えますが..。その通りです。主張も派手しい方の性格で、自己紹介の時も派手でしたもんね!<br><br>彼は四尾と名前で呼ばれるのが嫌らしくて、真名で呼んでほしいそうです。可愛くないですか!?四尾って呼んでからかってみたい気もありますが、即死させられそうなので止めておきます。<br><br>そんな孫悟空の得意技は、口から溶岩を吐いたりする<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>熔遁系</b></span>の技が得意なようです。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">高速移動</span></b>も出来たり、アクロバティックな攻撃も得意なようですね。<br>

真名:孫悟空
読み方:そんごくう
人柱力:老紫

四尾の人柱力は老紫になります。モチーフの動物は孫悟空。..ではなく、猿・ゴリラと言われています。人柱力の老紫は血継限界の使い手です四尾の力も借りて火と土の性質のチャクラを練り合わせて使う"熔遁忍術"を得意としています。

外見的な特徴としては、孫悟空が頭につけていたとされる有名な緊箍児(きんこじ)がついています。上顎から巨大なニ本の牙も生えていて、これで噛みつかれでもしたらひとたまりもなさそう。

性格としては見るからにオラオラ系に見えますが..。その通りです。主張も派手しい方の性格で、自己紹介の時も派手でしたもんね!

彼は四尾と名前で呼ばれるのが嫌らしくて、真名で呼んでほしいそうです。可愛くないですか!?四尾って呼んでからかってみたい気もありますが、即死させられそうなので止めておきます。

そんな孫悟空の得意技は、口から溶岩を吐いたりする熔遁系の技が得意なようです。高速移動も出来たり、アクロバティックな攻撃も得意なようですね。

真っ白い五尾とぬめぬめ六尾

真っ白い五尾







<b>真名:穆王<br></b><b>読み方:こくおう<br>人柱力:ハン<br><br></b>五尾の人柱力は<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>ハン</b></span>です。動物のモチーフは<b>イルカと馬を合体させた姿</b>になっており、尾獣の中でも守鶴と同じく体が大きめの部類に入ります。そして人柱力のハンも大柄な男性で、身長だけでも228㎝になります。彼は<b>蒸気の力によって強化された体術</b>で戦うタイプになります。<br><br>外見的な特徴は、真っ白いさらさらの毛並みに目の色は翡翠色、目の周りに君麻呂のような赤い模様があります。先がクリームがかってる数本の角があります。<br><br>初めて穆王を見たときに、君麻呂!?と二度見してしまいました。違うんですけどね。個人的に尾獣の中で一番好きなキャラクターかもしれないです!外見が大好きすぎます。<br><br>性格としては少し気が荒い時もありますが、根は礼儀正しい尾獣になります。メスかオスかどちらか謎の尾獣にもなります。<br><br>穆王の攻撃技としては、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">沸遁のチャクラの性質</span></b>を持っているので、それを利用した<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>突進攻撃</b></span><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">等</span></b>が得意みたいですね!<br>

真名:穆王
読み方:こくおう
人柱力:ハン

五尾の人柱力はハンです。動物のモチーフはイルカと馬を合体させた姿になっており、尾獣の中でも守鶴と同じく体が大きめの部類に入ります。そして人柱力のハンも大柄な男性で、身長だけでも228㎝になります。彼は蒸気の力によって強化された体術で戦うタイプになります。

外見的な特徴は、真っ白いさらさらの毛並みに目の色は翡翠色、目の周りに君麻呂のような赤い模様があります。先がクリームがかってる数本の角があります。

初めて穆王を見たときに、君麻呂!?と二度見してしまいました。違うんですけどね。個人的に尾獣の中で一番好きなキャラクターかもしれないです!外見が大好きすぎます。

性格としては少し気が荒い時もありますが、根は礼儀正しい尾獣になります。メスかオスかどちらか謎の尾獣にもなります。

穆王の攻撃技としては、沸遁のチャクラの性質を持っているので、それを利用した突進攻撃が得意みたいですね!

ぬめぬめ六尾






<b>真名:犀犬<br></b><b>読み方:さいけん<br>人柱力:ウタカタ<br><br></b>六尾の人柱力は<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>ウタカタ</b></span>になります。モチーフの動物はカツユと同じ<b>ナメクジ</b>になります。カツユの親族とかでしたらびっくりですね。人柱力のウタカタは霧隠れの里の抜け忍になります。水遁系の忍術を得意としていて、シャボン玉を使って攻撃するのを得意としています。<br><br>外見の特徴としては、体は粘液で覆われており、真っ白い体で可愛いおててと足をもっています。画像からも分かるかと思うのですが、本当に可愛い手してます!<br><br>性格としては、メスに見えるかもしれませんが一人称は俺で、語尾に"やよ"がついた喋り方をしています。くだけた性格をしているので、ウタカタと相性が良さそうに感じています。<br><br>犀犬の得意な攻撃技としては、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">粘液</span></b>や<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">あらゆるものを腐敗させるガス</span></b>を吐いたりして攻撃します。これまた当たりたくない攻撃技ですよね!<br>

真名:犀犬
読み方:さいけん
人柱力:ウタカタ

六尾の人柱力はウタカタになります。モチーフの動物はカツユと同じナメクジになります。カツユの親族とかでしたらびっくりですね。人柱力のウタカタは霧隠れの里の抜け忍になります。水遁系の忍術を得意としていて、シャボン玉を使って攻撃するのを得意としています。

外見の特徴としては、体は粘液で覆われており、真っ白い体で可愛いおててと足をもっています。画像からも分かるかと思うのですが、本当に可愛い手してます!

性格としては、メスに見えるかもしれませんが一人称は俺で、語尾に"やよ"がついた喋り方をしています。くだけた性格をしているので、ウタカタと相性が良さそうに感じています。

犀犬の得意な攻撃技としては、粘液あらゆるものを腐敗させるガスを吐いたりして攻撃します。これまた当たりたくない攻撃技ですよね!

ファンキー七尾とハっつぁん八尾

ファンキー七尾





<b>真名:重明<br></b><b>読み方:ちょうめい<br>人柱力:フウ<br></b><br>七尾の人柱力は<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">フウで</span></b>、滝隠れの里の忍になります。動物のメインモチーフは<b>カブトムシ</b>です。フウ自身の技として、<b>鱗粉隠れ</b>という忍術もっています。この術は、粉の反射光で相手の視界を奪うことができるというものになります。他にも七尾の力を利用して飛行する事も可能です。<br><br>外見の特徴としては、カブトムシの巨大な角と明るい緑色とオレンジ色の羽を6枚持ってて、長い尾が一本あります。実際に七尾がいたらすんごい羽綺麗そうですよね!太陽に透かしてずっと眺めてたい気がします。べっこう飴みたいな感じしそうですよね。<br><br>性格としては、もうファンキーです。パーティーとか毎日やりそうなぐらいノリノリな性格です。フウも特徴的な性格をしてると思うのですが、七尾と合わさったら威力が半端なさそうです。<br><br>重明の得意技としては、<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>自身の鱗粉を活かした目くらまし</b></span>や、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">粉塵爆発等</span></b>の攻撃技を得意としています。<br>

真名:重明
読み方:ちょうめい
人柱力:フウ

七尾の人柱力はフウで、滝隠れの里の忍になります。動物のメインモチーフはカブトムシです。フウ自身の技として、鱗粉隠れという忍術もっています。この術は、粉の反射光で相手の視界を奪うことができるというものになります。他にも七尾の力を利用して飛行する事も可能です。

外見の特徴としては、カブトムシの巨大な角と明るい緑色とオレンジ色の羽を6枚持ってて、長い尾が一本あります。実際に七尾がいたらすんごい羽綺麗そうですよね!太陽に透かしてずっと眺めてたい気がします。べっこう飴みたいな感じしそうですよね。

性格としては、もうファンキーです。パーティーとか毎日やりそうなぐらいノリノリな性格です。フウも特徴的な性格をしてると思うのですが、七尾と合わさったら威力が半端なさそうです。

重明の得意技としては、自身の鱗粉を活かした目くらましや、粉塵爆発等の攻撃技を得意としています。

ハっつぁん八尾








<b>真名:牛鬼<br></b><b>読み方:ぎゅうき</b><br><b>人柱力:キラービー<br><br></b>八尾の人柱力は四代目雷影エーの義弟<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>キラービー</b></span>で、キラービーの前の人柱力が<b>ブルービー</b>になります。動物のメインモチーフは<b>牛</b>になります。<br><br>ナルトとキラービーには"八っつぁん"って呼ばれてますよね!呼んでみたいですね!キラービーのラップに付き合ってる八尾が保護者みたいに見えて、見てて微笑ましくなります。<br><br>外見の特徴としては、角が元々二本あったのですが、キラービーの前の人柱力ブルービーが暴走してしまった時に四代目雷影のエーが角を一本折っています。全身が赤い体をしており、タコの足のような尾が八本あります。タコのような足をもっているからか分かりませんが、尾は切られてしまっても再生します。<br><br>性格としては四尾のような猪突猛進系にも見えますが、意外と思慮深くて、いつでもキラービーの事を気にかけてくれているような気がします。<br><br>牛鬼の攻撃技としては、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">尾獣玉</span></b>を結構使っていたような気がします。十尾の尾獣玉を自分の尾獣玉で押し返した場面はもうすごかったです。<br><br>ゲーム版とかだと、キラービーが八尾状態になったときに使う<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">雷斗刃駆(らいとにんぐ)</span></b>もあります。<br>

真名:牛鬼
読み方:ぎゅうき
人柱力:キラービー

八尾の人柱力は四代目雷影エーの義弟キラービーで、キラービーの前の人柱力がブルービーになります。動物のメインモチーフはになります。

ナルトとキラービーには"八っつぁん"って呼ばれてますよね!呼んでみたいですね!キラービーのラップに付き合ってる八尾が保護者みたいに見えて、見てて微笑ましくなります。

外見の特徴としては、角が元々二本あったのですが、キラービーの前の人柱力ブルービーが暴走してしまった時に四代目雷影のエーが角を一本折っています。全身が赤い体をしており、タコの足のような尾が八本あります。タコのような足をもっているからか分かりませんが、尾は切られてしまっても再生します。

性格としては四尾のような猪突猛進系にも見えますが、意外と思慮深くて、いつでもキラービーの事を気にかけてくれているような気がします。

牛鬼の攻撃技としては、尾獣玉を結構使っていたような気がします。十尾の尾獣玉を自分の尾獣玉で押し返した場面はもうすごかったです。

ゲーム版とかだと、キラービーが八尾状態になったときに使う雷斗刃駆(らいとにんぐ)もあります。

ツンデレ九尾とどでかい十尾

ツンデレ九尾





<b>真名:<b>九喇嘛</b><br></b><b>読み方:くらま</b><br><b>人柱力:うずまきナルト<br><br></b>九尾の人柱力は主人公の<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">うずまきナルト</span></b>になります。モチーフの動物は<b>妖狐</b>になります。ナルト以前の九尾の人柱力が、<b>うずまきミト</b>、そして<b>母親のうずまきクシナ</b>になります。<b><br></b><br>九尾のチャクラは少し特殊で、四代目火影の波風ミナトによって封印される際にチャクラが2つに分かれており、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">陰と陽</span></b>があります。陰の方のチャクラの人柱力が、<b>父親の波風ミナト</b>になります。<br><br>ナルトは九尾の陽のチャクラだけを最初のうちは持っていたのですが、後から<b>父親の波風ミナト</b>、<b>うちはオビト</b>からの助力で九尾の陰のチャクラを体内に取り入れる事に成功します。<br><br>外見の特徴としては、もう本当に九尾です。<b>九尾の狐</b>。陽のチャクラの方の九尾の全身は<b>オレンジ色の毛</b>で覆われており、<b>尾が九本</b>あります<b>。<br><br></b>陰のチャクラの方の九尾の全身は、陽の九尾より<b>少しだけ黒みがかった毛色</b>をしています。またまた個人的に好きなところなのですが、耳から目にかけて黒くなっている模様が好きです。<br><br>性格としては、最初のうちは凶暴っぽそうとかナルトを利用して外に出ようと企んでいる時もあった為、悪っぽいイメージが強かったです。それでも可愛いかったですけどね!<br><br>物語も進んでいくにつれて分かってきたのですが、とてもツンデレだという事が分かりました。可愛すぎます。ナルトが九喇嘛の嫉妬に気づいた時も珍しく慌てたり、八尾と口論になった際に知らんぷりしたりする場面とかもあったりましたよね。ちょっとからかってみたくなりますよね!<br><br>そんな九喇嘛の得意な攻撃技としては、やっぱり<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">尾獣玉</span></b>だと思います。一尾から七尾までの尾獣玉を弾き飛ばしたのは圧巻でしたね!<br>

真名:九喇嘛
読み方:くらま
人柱力:うずまきナルト

九尾の人柱力は主人公のうずまきナルトになります。モチーフの動物は妖狐になります。ナルト以前の九尾の人柱力が、うずまきミト、そして母親のうずまきクシナになります。

九尾のチャクラは少し特殊で、四代目火影の波風ミナトによって封印される際にチャクラが2つに分かれており、陰と陽があります。陰の方のチャクラの人柱力が、父親の波風ミナトになります。

ナルトは九尾の陽のチャクラだけを最初のうちは持っていたのですが、後から父親の波風ミナトうちはオビトからの助力で九尾の陰のチャクラを体内に取り入れる事に成功します。

外見の特徴としては、もう本当に九尾です。九尾の狐。陽のチャクラの方の九尾の全身はオレンジ色の毛で覆われており、尾が九本あります

陰のチャクラの方の九尾の全身は、陽の九尾より少しだけ黒みがかった毛色をしています。またまた個人的に好きなところなのですが、耳から目にかけて黒くなっている模様が好きです。

性格としては、最初のうちは凶暴っぽそうとかナルトを利用して外に出ようと企んでいる時もあった為、悪っぽいイメージが強かったです。それでも可愛いかったですけどね!

物語も進んでいくにつれて分かってきたのですが、とてもツンデレだという事が分かりました。可愛すぎます。ナルトが九喇嘛の嫉妬に気づいた時も珍しく慌てたり、八尾と口論になった際に知らんぷりしたりする場面とかもあったりましたよね。ちょっとからかってみたくなりますよね!

そんな九喇嘛の得意な攻撃技としては、やっぱり尾獣玉だと思います。一尾から七尾までの尾獣玉を弾き飛ばしたのは圧巻でしたね!

どでかい十尾






<b>別名:ダタラ、デイダラボッチ<br></b><b>人柱力:六道仙人<br><br></b>十尾の人柱力は<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">六道仙人</span></b>になります。六道仙人の後に人柱力になったのが、<b>うちはオビト</b>、<b>うちはマダラ</b>になります。ちなみに、<b>十尾は全ての尾獣の集合体</b>になります。何形態かあるので詳しく見ていきましょう。<br><br>外見の特徴としては、第一形態では背中にトゲが生えた角が十本あり、十尾を示す十本の尾。輪廻写輪眼の模様をした単眼をもっています。第二形態では左腕がなくなって痩せ細くなり、新しく耳と口ができるのですが、その位置がずれていて少しホラーチックになっています。画像の十尾は第二形態のものになりますね。<br><br>第三形態ではなくなったはずの左腕が元に戻ってきます!チャキーン。体系も今までの形態よりとても大きくなります。そして神樹形態になる前の最後の形態、第四形態になります。<br><br>第四形態では、頭の角がグンと伸びて口から巨大なお花を出してそこから強力な尾獣玉を発射することが出来るようになります。<br><br>そしてそして、..ついにきました。最終形態になります。最終形態は、今までいろんな形態を繰り返してきた十尾ですが、<b>神樹形態</b>というのが<b>十尾の本来の姿</b>になります。大筒木カグヤがチャクラの実を口にした樹としても有名ですね。<br><br>最後に今までの形態とは異なるのですが、十尾には<b>分裂態</b>というものがあります。大きさは色々異なるのですが、色んな十尾が見れて可愛いと思います!<br><br>

別名:ダタラ、デイダラボッチ
人柱力:六道仙人

十尾の人柱力は六道仙人になります。六道仙人の後に人柱力になったのが、うちはオビトうちはマダラになります。ちなみに、十尾は全ての尾獣の集合体になります。何形態かあるので詳しく見ていきましょう。

外見の特徴としては、第一形態では背中にトゲが生えた角が十本あり、十尾を示す十本の尾。輪廻写輪眼の模様をした単眼をもっています。第二形態では左腕がなくなって痩せ細くなり、新しく耳と口ができるのですが、その位置がずれていて少しホラーチックになっています。画像の十尾は第二形態のものになりますね。

第三形態ではなくなったはずの左腕が元に戻ってきます!チャキーン。体系も今までの形態よりとても大きくなります。そして神樹形態になる前の最後の形態、第四形態になります。

第四形態では、頭の角がグンと伸びて口から巨大なお花を出してそこから強力な尾獣玉を発射することが出来るようになります。

そしてそして、..ついにきました。最終形態になります。最終形態は、今までいろんな形態を繰り返してきた十尾ですが、神樹形態というのが十尾の本来の姿になります。大筒木カグヤがチャクラの実を口にした樹としても有名ですね。

最後に今までの形態とは異なるのですが、十尾には分裂態というものがあります。大きさは色々異なるのですが、色んな十尾が見れて可愛いと思います!

尾獣たちの画像

尾獣たちの画像をまとめてみました!

大迫力

左から、穆王・又旅・重明・犀犬・磯撫になります。こんな迫力でこられたらたまらないですね!足の間くぐり抜けて逃げたりとか出来るのかな。

出典: i.ytimg.com

左から、穆王・又旅・重明・犀犬・磯撫になります。こんな迫力でこられたらたまらないですね!足の間くぐり抜けて逃げたりとか出来るのかな。

幼生期時代

うっわー!うっわー!可愛すぎないですか!?重明がちょっと芋虫形態になっていますが、みんな可愛すぎです。<br><br>六道仙人もこれは相当可愛がりましたよね、絶対。もうニヤける事しか出来ないですね!

うっわー!うっわー!可愛すぎないですか!?重明がちょっと芋虫形態になっていますが、みんな可愛すぎです。

六道仙人もこれは相当可愛がりましたよね、絶対。もうニヤける事しか出来ないですね!

尾獣玉

一尾から九尾までの尾獣玉になります。皆様おひとついかがですか?・・なんて。<br><br>遠慮しますよね!これ仮にあたったらもう何にも残らないです。尾獣玉って尾獣によって色とか変わったら何か面白いこと出来そうですよね!

一尾から九尾までの尾獣玉になります。皆様おひとついかがですか?・・なんて。

遠慮しますよね!これ仮にあたったらもう何にも残らないです。尾獣玉って尾獣によって色とか変わったら何か面白いこと出来そうですよね!

ツイッターの反応

尾獣たちについてのツイッターをまとめてみました。覗いてみましょう!

まてまてまてまてまてまて尾獣のおチビちゃん達時代をフィギュア化するのズルイだろ可愛すぎだろナルトもいるし欲しい全部欲しい…超可愛い…♡
・・・尾獣と一緒に居ることが 不幸せだと 勝手に思い込むんじゃねーよ・・・
ナルトの器の大きさどうなってんの……後半戦とかそれの強調すごくなかった…?サスケもそうだけどクラマを筆頭に全ての尾獣受け入れるし認められるしオビトを諭して改心させるし…そのシーンなんか2人の人生引き合いに出されちゃって、似てるようで違う道を進んできた2人だから涙腺崩壊余裕すぎ…
NARUTOGOは尾獣がレアで口寄せ動物つかまえるやつやりたい トレーナーはナルトとかサスケとか選べるみたいな

まとめ

さてさて、ここまでお付き合い頂きありがとうございました。いかがでしたでしょうか?魅力満載の尾獣たちの魅力が少しでも伝わっていたら嬉しいです。

まだまだ載せきれなかった部分もあるんですが・・。この記事をきっかけに尾獣をもっと好きになって頂けたら嬉しいですね!

尾獣たちにも色々な過去があったりする子もいるので、本当にNARUTOの世界は奥が深いです。皆様も尾獣沼にハマって推しの尾獣を教えてくださーい!

ではでは、ありがとうございました。

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

9718
1
Fessan white 上に戻る