2016.08.06.Sat. 8ヶ月前 アニメ研究員 『 N 』

徹底考察 『ラブライブ!サンシャイン!!』2期は果たして!?

テレビアニメ絶賛放送中の『ラブライブ!サンシャイン!!』において、視聴者の皆さんが気になっている第2期の展開について、いろいろな視点で検証・考察をしてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

▼ Aqoursに2クール目はあるのか?

◆ 気になる今後を大予想!!

いよいよ放送がスタートした『ラブライブ!サンシャイン!!』 皆さん見ていますか? 

筆者はというと、前作では、南ことりちゃんが推しだったこともあるのか、属性が似ている渡辺曜ちゃんに惹かれてしまって、「可愛いなぁ~」と思いつつ毎週を楽しみにしているのですが、最近「ズラ丸」こと、国木田花丸ちゃんが恐ろしい可愛さを発揮してきていて、「おいおいおい、ズラ丸ヤバいな~!おらもズラズラ言いたい!←」  といって悶絶しています。正直なところみんな可愛いです。<br><br>今作は、前作を未視聴の人は新鮮な気持ちで視聴できるのは勿論ですが、前作の要素を物語に挟んでいて、前作『ラブライブ!』を視聴してきた人たちも、昔の名シーンを思い出せたりと楽しめる内容になっていますよね!<br><br>さて、そんな『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、気になるのは今後の展開!……ですよね? 前作の事も考えてしまうと「これって2期あるんじゃないの!?」と考えてしまうのは当然ですよね……。という事で、2期の可能性を割とまじめに考えてみました!!

出典: foundia.net

いよいよ放送がスタートした『ラブライブ!サンシャイン!!』 皆さん見ていますか? 

筆者はというと、前作では、南ことりちゃんが推しだったこともあるのか、属性が似ている渡辺曜ちゃんに惹かれてしまって、「可愛いなぁ~」と思いつつ毎週を楽しみにしているのですが、最近「ズラ丸」こと、国木田花丸ちゃんが恐ろしい可愛さを発揮してきていて、「おいおいおい、ズラ丸ヤバいな~!おらもズラズラ言いたい!←」  といって悶絶しています。正直なところみんな可愛いです。

今作は、前作を未視聴の人は新鮮な気持ちで視聴できるのは勿論ですが、前作の要素を物語に挟んでいて、前作『ラブライブ!』を視聴してきた人たちも、昔の名シーンを思い出せたりと楽しめる内容になっていますよね!

さて、そんな『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、気になるのは今後の展開!……ですよね? 前作の事も考えてしまうと「これって2期あるんじゃないの!?」と考えてしまうのは当然ですよね……。という事で、2期の可能性を割とまじめに考えてみました!!

▼ ヒントは前作? μ’sの例から考える!

◆ 5話で全員そろっていないけど大丈夫なの!?

『ラブライブ!サンシャイン!!』 を視聴していて気になるのが、「進行が遅いような気がする」ということでしょう。<br><br>第2話で主人公=高海千歌の親友である渡辺曜、第3話で転校生の桜内梨子、第4話~第5話で1年生メンバーの黒澤ルビィ、国木田花丸、津島善子(ヨハネ)がAqours(アクア)に加入して6名になりましたが、1クール的には既に5話。他のアニメ作品で考えるとそろそろ中間の山場を迎えるところですよね。<br><br>「何か進行がゆっくりな気がする・・・」その違和感が、実は2期に関する重要な手掛かりになる所なのです。<br><br>ここで、前作 『ラブライブ』の1話~6話と、今作の1~6話のタイトルを比較してみましょう・・・

『ラブライブ!サンシャイン!!』 を視聴していて気になるのが、「進行が遅いような気がする」ということでしょう。

第2話で主人公=高海千歌の親友である渡辺曜、第3話で転校生の桜内梨子、第4話~第5話で1年生メンバーの黒澤ルビィ、国木田花丸、津島善子(ヨハネ)がAqours(アクア)に加入して6名になりましたが、1クール的には既に5話。他のアニメ作品で考えるとそろそろ中間の山場を迎えるところですよね。

「何か進行がゆっくりな気がする・・・」その違和感が、実は2期に関する重要な手掛かりになる所なのです。

ここで、前作 『ラブライブ』の1話~6話と、今作の1~6話のタイトルを比較してみましょう・・・

● ラブライブ!サンシャイン!!

第1話 「輝きたい!!」  <br>第2話 「転校生をつかまえろ!」<br>第3話 「ファーストステップ」<br>第4話 「ふたりのキモチ」<br>第5話 「ヨハネ堕天」<br>第6話 「PVを作ろう」

第1話 「輝きたい!!」  
第2話 「転校生をつかまえろ!」
第3話 「ファーストステップ」
第4話 「ふたりのキモチ」
第5話 「ヨハネ堕天」
第6話 「PVを作ろう」

● ラブライブ!

第1話 「叶え!私たちの夢——」  <br>第2話 「アイドルを始めよう!」<br>第3話 「ファーストライブ」<br>第4話 「まきりんぱな」<br>第5話 「にこ襲来」<br>第6話 「センターは誰だ?」

第1話 「叶え!私たちの夢——」  
第2話 「アイドルを始めよう!」
第3話 「ファーストライブ」
第4話 「まきりんぱな」
第5話 「にこ襲来」
第6話 「センターは誰だ?」

展開を含めると確定的ですが、各話で非常に類似しているという事が分かります。第1話に作品テーマを持ってくる所とかは同じですね。

サンシャイン第5話のタイトルは 『ヨハネ堕天』 でしたが、このタイトルが出た時、前作からの視聴者は思わず「間違いなく神回だ。」と確信していました。それは、前作のオマージュだったからですね。

この類似点をふまえて考えると、「サンシャインも同じ流れを進むのではないか?」という予想がたてられます。前作のその後のサブタイトルも確認しておきましょう!

第7話 「エリーチカ」  
第8話 「やりたいことは」
第9話 「ワンダーゾーン」
第10話 「先輩禁止!」
第11話 「最高のライブ」
第12話 「ともだち」
第13話 「μ’s ミュージックスタート!」

第7話 「エリーチカ」
第8話 「やりたいことは」
第9話 「ワンダーゾーン」
第10話 「先輩禁止!」
第11話 「最高のライブ」
第12話 「ともだち」
第13話 「μ’s ミュージックスタート!」

前作の1期最終話までのタイトルを確認すると・・・まずは、7~8話では1つの山場と共にメンバーが揃う流れとなっています。いよいよ廃校の期限が迫り、最後まで合流しないエリーチカの本心との葛藤が描かれ、みんなで迎えに行く良回ですね。

9~11話に掛けては、本格的に全員でラブライブ出場へと本格的な行動が始まりました。秋葉原で噂の人気メイド「ミナリンスキー」こと、南ことりちゃんの掘り下げをしつつ、音ノ木坂学院がある地元秋葉原を舞台とした回があったり、全員でのライブに奮闘したりと、フルメンバーになった9人の親密度アップを含めたワイワイとした回が描かれました。

そして、12~13話はオチへと突き進んでいく段階ですが、ここで大きく物語はシリアス展開に突入しました。穂乃果のダウン、ラブライブへの出場辞退、すれ違う2年生メンバーと、これまでのトントン拍子で行ってきた分の負債を返済するかのごとく、怒涛のマイナス展開が μ’s を襲います。そんな中で穂乃果は、スクールアイドルを引退しようとしますが、努力を続ける仲間たちの姿や応援してくれる人たちの声に復活。再チャレンジを決意するというラストに向かいます。

● Aqoursは何処に向かうのか?

ここで重要となるのは、「ラブライブにおいて、夢は挫折から生まれる」という事です。 言い換えれば、「挫折からの復活」というのが、ラブライブの1つのテーマと言えるでしょう。そのスタンスは、サンシャインにも確かに受け継がれています。<br><br>特に、筆者が前作『ラブライブ!』 と 今作『サンシャイン!!』 との間に確かに感じられる相違点は、「現実との向き合い方が、今作の方がシビア」であるところです。<br><br>穂乃果と千歌は一見似ているように見えますが、穂乃果がひたすらに前に突き進む行動派(故に、1期の終盤でそんな彼女の心が折れる、という落とし方はかなりの鬱展開でした。)なのに対して、千歌はどちらかというと思考的な面があります。

ここで重要となるのは、「ラブライブにおいて、夢は挫折から生まれる」という事です。 言い換えれば、「挫折からの復活」というのが、ラブライブの1つのテーマと言えるでしょう。そのスタンスは、サンシャインにも確かに受け継がれています。

特に、筆者が前作『ラブライブ!』 と 今作『サンシャイン!!』 との間に確かに感じられる相違点は、「現実との向き合い方が、今作の方がシビア」であるところです。

穂乃果と千歌は一見似ているように見えますが、穂乃果がひたすらに前に突き進む行動派(故に、1期の終盤でそんな彼女の心が折れる、という落とし方はかなりの鬱展開でした。)なのに対して、千歌はどちらかというと思考的な面があります。

普段の言動から見ると、千歌ちゃんは天然でちょっとポンコツな所があるけれど、誰よりも行動力を持っている明るいリーダーポジション!ですが、梨子ちゃんと2人きりの時に見せる表情は全く異なり、実際のところは明るく振舞いながらもリーダーとして、 Aqoursの発起人として、「どうすれば引っ張って行けるのか?」という事を、常に心の内では考えていることが分かります。<br><br>更に言及すると、千歌は作中でも話しているように、「何もない自分だけど、スクールアイドルなら何か出来るかもしれない」 と自分の事を客観的に判断した上で、スクールアイドルを始めています。(つまり 「(私も)輝きたい!!」) これは、一見するとタフでガッツがあるように見えますが、実際は非常に不安定で儚い状態と言った方が正しいでしょう。

普段の言動から見ると、千歌ちゃんは天然でちょっとポンコツな所があるけれど、誰よりも行動力を持っている明るいリーダーポジション!ですが、梨子ちゃんと2人きりの時に見せる表情は全く異なり、実際のところは明るく振舞いながらもリーダーとして、 Aqoursの発起人として、「どうすれば引っ張って行けるのか?」という事を、常に心の内では考えていることが分かります。

更に言及すると、千歌は作中でも話しているように、「何もない自分だけど、スクールアイドルなら何か出来るかもしれない」 と自分の事を客観的に判断した上で、スクールアイドルを始めています。(つまり 「(私も)輝きたい!!」) これは、一見するとタフでガッツがあるように見えますが、実際は非常に不安定で儚い状態と言った方が正しいでしょう。

現状は「μ'sみたいになるぞー!」「スクールアイドルになるぞー!!」という勢いで突き進んでいますが、その前進目標が消失したり頓挫した時に、「やっぱり私には無理だったんだね」となってしまう可能性が否定できません。更に突っ込むと、「スクールアイドルになりたい。」という千歌の当初の夢は状態的には成就されているのです。<br><br>それは言い換えると、「絶対に優勝しきゃ!」のような強い意思に欠けているともいえます。そして一番の懸念点は、3話での初ライブは結果的には「成功」という形で乗り越えています。つまりは、本当の意味での「失敗・挫折」を千歌はまだしていない、という事になります。

現状は「μ'sみたいになるぞー!」「スクールアイドルになるぞー!!」という勢いで突き進んでいますが、その前進目標が消失したり頓挫した時に、「やっぱり私には無理だったんだね」となってしまう可能性が否定できません。更に突っ込むと、「スクールアイドルになりたい。」という千歌の当初の夢は状態的には成就されているのです。

それは言い換えると、「絶対に優勝しきゃ!」のような強い意思に欠けているともいえます。そして一番の懸念点は、3話での初ライブは結果的には「成功」という形で乗り越えています。つまりは、本当の意味での「失敗・挫折」を千歌はまだしていない、という事になります。

▼ 今後の展開から考える第2期の可能性は?

● 9人が輝く物語には踏み台が必要

7話以降が気になる『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、注目するべきポイントは以下でしょう。<br><br>1. 新しい目標の設定。<br>2. 転機となる挫折。<br>3. メンバーの結束。<br>4. 意志の再設定。<br><br>

6話までのサンシャインは、キャラの内面を掘り下げた良い話ばかりでしたが、悪く言えば予定調和的な展開の物語展開でした。制作サイドの意図的な面もある可能性は充分ありますが、Aqoursの活動は「(μ’sが敷いた)レールに沿ったもの」というイメージを感じる時があります。どことなくトントン拍子に物事が進んでいる気がするのは、やはりAqoursが、強いては千歌が、μ’sを研究して努力しているためだと思います。

7話以降が気になる『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、注目するべきポイントは以下でしょう。

1. 新しい目標の設定。
2. 転機となる挫折。
3. メンバーの結束。
4. 意志の再設定。

6話までのサンシャインは、キャラの内面を掘り下げた良い話ばかりでしたが、悪く言えば予定調和的な展開の物語展開でした。制作サイドの意図的な面もある可能性は充分ありますが、Aqoursの活動は「(μ’sが敷いた)レールに沿ったもの」というイメージを感じる時があります。どことなくトントン拍子に物事が進んでいる気がするのは、やはりAqoursが、強いては千歌が、μ’sを研究して努力しているためだと思います。

しかし、注目するべき点は多くあります。1つはやはり3話です。筆者の感想では、あのラストのライブシーンは、「失敗からの成功」のように見せかけたブラフだと思っています。その点を踏まえると今後の展開で、大きな挫折回があるとみて間違いないでしょう。むしろそこからが、本当の意味での『ラブライブ!サンシャイン!!』のスタートと考えても間違いはないでしょう。<br><br>一期の後半で、改めて優勝までの道を歩き始めると考えると、残りの話数では足りませんよね。2期というよりは、むしろ分割2クール前提の方向で制作をされている可能性を考えるのが妥当ではないでしょうか?

しかし、注目するべき点は多くあります。1つはやはり3話です。筆者の感想では、あのラストのライブシーンは、「失敗からの成功」のように見せかけたブラフだと思っています。その点を踏まえると今後の展開で、大きな挫折回があるとみて間違いないでしょう。むしろそこからが、本当の意味での『ラブライブ!サンシャイン!!』のスタートと考えても間違いはないでしょう。

一期の後半で、改めて優勝までの道を歩き始めると考えると、残りの話数では足りませんよね。2期というよりは、むしろ分割2クール前提の方向で制作をされている可能性を考えるのが妥当ではないでしょうか?

● 気になる放送時期は?

分割2クールを前提に制作を進めている場合、考える放送時期はいつでしょうか?<br><br>『ラブライブ!サンシャイン!!』のライブ=Aqoursの1stライブは、2月25日&26日を予定しています。そこから逆算すると・・・・・・<br><br>【アニメ1期のラストで2クール目発表 → 1stライブで放送日発表】<br><br>上の流れが最も理想的だと思います。そう考えると、【2017年7月~】の可能性が高いと予想します。<br><br>はたして、この予想が当たるかは分かりませんが、これから益々目が離せない『ラブライブ! サンシャイン!!』 は、間違いなく今後の展開はある!という事は確かだというです。

Aqours の物語はどうなっていくのか、毎週が楽しみです。<br>

分割2クールを前提に制作を進めている場合、考える放送時期はいつでしょうか?

『ラブライブ!サンシャイン!!』のライブ=Aqoursの1stライブは、2月25日&26日を予定しています。そこから逆算すると・・・・・・

【アニメ1期のラストで2クール目発表 → 1stライブで放送日発表】

上の流れが最も理想的だと思います。そう考えると、【2017年7月~】の可能性が高いと予想します。

はたして、この予想が当たるかは分かりませんが、これから益々目が離せない『ラブライブ! サンシャイン!!』 は、間違いなく今後の展開はある!という事は確かだというです。

Aqours の物語はどうなっていくのか、毎週が楽しみです。

▼ 結果発表!!

最終回、ライブ衣装が最高でした! 曜ちゃんハットが本当に似合うんだよなぁ~!!<br><br>さて、気になる放送後の速報でしたが・・・・・・なんと、2期ではなくて3rdシングル&総選挙の発表でした!残念!!<br><br>これは、1stライブで2期発表の流れなんでしょうか? それを考えると、前作のμ’sと同じで結構長い計画を進行している感じがします。<br><br>筆者の個人的感想としては、まだまだ続いてほしいので今後が凄く楽しみなので2期があると嬉しい限りです!

最終回、ライブ衣装が最高でした! 曜ちゃんハットが本当に似合うんだよなぁ~!!

さて、気になる放送後の速報でしたが・・・・・・なんと、2期ではなくて3rdシングル&総選挙の発表でした!残念!!

これは、1stライブで2期発表の流れなんでしょうか? それを考えると、前作のμ’sと同じで結構長い計画を進行している感じがします。

筆者の個人的感想としては、まだまだ続いてほしいので今後が凄く楽しみなので2期があると嬉しい限りです!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

9791
1
Fessan white 上に戻る