目次 Balloonarw

作品概要
Arw down  simple
ストーリー
Arw down  simple
登場人物(キャラクター)
Arw down  simple
幸平創真〈CV:松岡禎丞 / 小野友樹〉
薙切えりな〈CV:種田梨沙 / 中原麻衣〉
田所恵〈CV:高橋未奈美〉
一色慧(いっしき さとし)〈CV:櫻井孝宏〉
吉野悠姫(よしの ゆうき)〈CV:内田真礼〉
伊武崎峻(いぶさき しゅん)〈CV:村田太志〉
榊涼子(さかき りょうこ)〈CV:茅野愛衣〉
丸井善二(まるい ぜんじ)〈CV:小林裕介〉
青木大吾(あおき だいご)〈CV:柳田淳一〉
佐藤昭二(さとう しょうじ)〈CV:河西健吾〉
新戸緋沙子(あらと ひさこ)〈CV:大西沙織〉
水戸郁魅(みと いくみ)〈CV:石上静香〉
タクミ・アルディーニ〈CV:花江夏樹〉
イサミ・アルディーニ〈CV:小野友樹〉
薙切アリス(なきり ありす)〈CV:赤﨑千夏〉
黒木場リョウ(くろきば りょう)〈CV:岡本信彦〉
葉山アキラ(はやま あきら)〈CV:諏訪部順一〉
北条美代子(ほうじょう みよこ)〈CV:瀬戸麻沙美〉
貞塚ナオ(さだつか なお)〈CV:後藤沙緒里〉
美作昴(みまさか すばる)
川島麗(かわしま うらら)〈CV:日高里菜〉
司瑛士(つかさ えいし)
小林竜胆(こばやし りんどう)
女木島冬輔(めぎしま とうすけ)
茜ヶ久保もも(あかねがくぼ もも)
斎藤綜明(さいとう そうめい)
紀ノ国寧々(きのくに ねね)
久我照紀(くが てるのり)
叡山枝津也(えいざん えつや)〈CV:杉田智和〉
堂島銀(どうじま ぎん)〈CV:子安武人〉
薙切薊(なきり あざみ)
四宮小次郎(しのみや こじろう)〈CV:中村悠一、小林由美子(幼少期)〉
乾日向子(いぬい ひなこ)〈CV:能登麻美子〉
水原冬美(みずはら ふゆみ)〈CV:川澄綾子〉
ドナート梧桐田(どなーと ごとうだ)〈CV:近藤孝行〉
関守平(せきもり ひとし)〈CV:間島淳司〉
角崎タキ(つのざき たき)
木久知園果(きくち そのか)
薙切仙左衛門(なきり せんざえもん)〈CV:銀河万丈〉
ローラン・シャペル〈CV:水島裕〉
大御堂ふみ緒(だいみどう ふみお)〈CV:横尾まり、生天目仁美(若い頃)〉
汐見潤(しおみ じゅん)〈CV:高橋美佳子〉
幸平城一郎(ゆきひら じょういちろう)〈CV:小山力也 / 同左〉
倉瀬真由美(くらせ まゆみ)〈CV:加隈亜衣 / 林沙織〉
薙切レオノーラ(なきり れおのーら)
その他のキャラ
用語・設定
Arw down  simple
作品の魅力
Arw down  simple
Twitterの反応
Arw down  simple
アニメ情報
Arw down  simple
〜食戟のソーマ〜おすすめポスト10選!
Arw down  simple
今後の考察
Arw down  simple

食戟のソーマ(しょくげきのそーま)

週刊少年ジャンプで連載中の人気料理漫画「食戟のソーマ」の作品紹介ページです。ネタバレ要素を含む場合もあるので、単行本派の方はくれぐれもご注意ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

作品概要

「食戟のソーマ」は2012年から「週刊少年ジャンプ」にて連載されている料理漫画である。作者は附田祐斗(原作)・佐伯俊(作画)・森崎友紀(協力)。

料理を食べた後のリアクションが素晴らしくエロいことに加え、予測できないストーリー展開が人気を呼び、一躍ジャンプの人気漫画になった。

最近ではエロリアクションが減少してきているが、相変わらず料理を食べた後のリアクションは神がかっている。2015年4月の時点で、累計発行部数800万部を突破。(単行本15巻まで)
出典: ikilote.net

「食戟のソーマ」は2012年から「週刊少年ジャンプ」にて連載されている料理漫画である。作者は附田祐斗(原作)・佐伯俊(作画)・森崎友紀(協力)。

料理を食べた後のリアクションが素晴らしくエロいことに加え、予測できないストーリー展開が人気を呼び、一躍ジャンプの人気漫画になった。

最近ではエロリアクションが減少してきているが、相変わらず料理を食べた後のリアクションは神がかっている。2015年4月の時点で、累計発行部数800万部を突破。(単行本15巻まで)

ストーリー

あらすじ

定食屋のせがれである「幸平創真」は父親である「幸平城一郎」を超えるため、日々、料理の修行に励んでいた。しかし、ある日突然、父・城一郎が店を畳んで海外に行ってしまう。

そして、創真に卒業到達率10%以下の超エリート料理学校である「遠月茶寮料理學園」への入学を勧める。

創真はそれに従い、遠月学園に入学。これまで定食屋で培ってきた知識やテクニックを使い、学園のライバルと競い合っていくというストーリー。

定食屋のせがれである「幸平創真」は父親である「幸平城一郎」を超えるため、日々、料理の修行に励んでいた。しかし、ある日突然、父・城一郎が店を畳んで海外に行ってしまう。

そして、創真に卒業到達率10%以下の超エリート料理学校である「遠月茶寮料理學園」への入学を勧める。

創真はそれに従い、遠月学園に入学。これまで定食屋で培ってきた知識やテクニックを使い、学園のライバルと競い合っていくというストーリー。

遠月入学編

遠月茶寮料理學園に入学するために編入試験に望む創真。その編入試験で審査を担当するのは「神の舌」を持つと言われる少女「薙切えりな」だった。

創真はえりなを満足させるほどの美味な料理を作り、えりなが立っていられないくらいの衝撃を与えた。しかし、えりなはその高いプライドと悔しさから「不味いわよっ!」と言って、創真を不合格にしてしまった。

遠月茶寮料理學園に入学するために編入試験に望む創真。その編入試験で審査を担当するのは「神の舌」を持つと言われる少女「薙切えりな」だった。

創真はえりなを満足させるほどの美味な料理を作り、えりなが立っていられないくらいの衝撃を与えた。しかし、えりなはその高いプライドと悔しさから「不味いわよっ!」と言って、創真を不合格にしてしまった。

編入試験に落ちてしまった創真だったが、えりなの祖父であり、遠月学園総帥である「薙切仙左衛門」が創真の作った料理をつまみ食い。そして不合格通知を握りつぶし、創真を編入試験「合格」とした。
出典: ext.pimg.tw

編入試験に落ちてしまった創真だったが、えりなの祖父であり、遠月学園総帥である「薙切仙左衛門」が創真の作った料理をつまみ食い。そして不合格通知を握りつぶし、創真を編入試験「合格」とした。

晴れて遠月茶寮料理學園に入学した創真は、初の調理実習で学園の落ちこぼれ生徒「田所恵」とペアを組む。恵は退学寸前の状態に追い込まれていたが、創真の力を借りることで、退学を免れた。

晴れて遠月茶寮料理學園に入学した創真は、初の調理実習で学園の落ちこぼれ生徒「田所恵」とペアを組む。恵は退学寸前の状態に追い込まれていたが、創真の力を借りることで、退学を免れた。

その後、遠月学園の学生寮である「極星寮」に入寮した創真は、遠月学園伝統の料理勝負「食戟」を知る。

創真は遠月学園に存在する研究会の1つ「丼物研究会(丼研)」を訪れるが、丼研はえりなによって潰されかけていた。

創真は丼研の部長である小西寛一に変わって、えりなの派閥に属する生徒であり、肉料理のスペシャリストである「水戸郁魅」と食戟を行う。創真は郁魅との食戟に勝利し、丼研は存続することとなった。

その後、遠月学園の学生寮である「極星寮」に入寮した創真は、遠月学園伝統の料理勝負「食戟」を知る。

創真は遠月学園に存在する研究会の1つ「丼物研究会(丼研)」を訪れるが、丼研はえりなによって潰されかけていた。

創真は丼研の部長である小西寛一に変わって、えりなの派閥に属する生徒であり、肉料理のスペシャリストである「水戸郁魅」と食戟を行う。創真は郁魅との食戟に勝利し、丼研は存続することとなった。

宿泊研修編

創真たち高等部1年生は遠月学園1年生対象の「宿泊研修」に参加することとなった。この宿泊研修は課題が不合格となったら即退学を言い渡されるという地獄の宿泊研修であった。

創真たち高等部1年生は遠月学園1年生対象の「宿泊研修」に参加することとなった。この宿泊研修は課題が不合格となったら即退学を言い渡されるという地獄の宿泊研修であった。

合宿2日目、遠月学園卒業生である「四宮小次郎」の課題で、恵が不合格を言い渡される。不合格の理由は、恵が作った料理が不味かったというわけではなく、料理のレシピを変えてしまったためであった。

創真は不測の事態に臨機応変に対応して料理を作り上げた恵をかばい、意思を変えようとしない四宮に「食戟」を挑む。結局、四宮との食戟には負けてしまったが、四宮が恵の料理にある暖かさ認め、退学は免れた。

合宿2日目、遠月学園卒業生である「四宮小次郎」の課題で、恵が不合格を言い渡される。不合格の理由は、恵が作った料理が不味かったというわけではなく、料理のレシピを変えてしまったためであった。

創真は不測の事態に臨機応変に対応して料理を作り上げた恵をかばい、意思を変えようとしない四宮に「食戟」を挑む。結局、四宮との食戟には負けてしまったが、四宮が恵の料理にある暖かさ認め、退学は免れた。

合宿4日目、遠月リゾートの朝食を作り、200食を突破しなければならないという課題がでたが、創真は制限時間残り30分でわずか8食と絶望的な状況に。

もう合格は不可能かと思われたが、ここから父親の教えを元に機転を効かせ、客の前で料理を見せるという「ライブクッキング」を披露。制限時間ギリギリで見事に200食を突破した。

合宿4日目、遠月リゾートの朝食を作り、200食を突破しなければならないという課題がでたが、創真は制限時間残り30分でわずか8食と絶望的な状況に。

もう合格は不可能かと思われたが、ここから父親の教えを元に機転を効かせ、客の前で料理を見せるという「ライブクッキング」を披露。制限時間ギリギリで見事に200食を突破した。

合宿を見事に乗り越えた創真たち高等部1年生は夏休みを迎える。地元に帰省した創真は、商店街が廃れていることに気付く。その原因は新しくできた人気唐揚げ店「もず屋」だった。

創真は商店街を復活させるべく、「もず屋」に対抗する「すみれ印の唐揚げロール」を考案。「すみれ印の唐揚げロール」は人気を呼び、商店街は活気を取り戻した。

合宿を見事に乗り越えた創真たち高等部1年生は夏休みを迎える。地元に帰省した創真は、商店街が廃れていることに気付く。その原因は新しくできた人気唐揚げ店「もず屋」だった。

創真は商店街を復活させるべく、「もず屋」に対抗する「すみれ印の唐揚げロール」を考案。「すみれ印の唐揚げロール」は人気を呼び、商店街は活気を取り戻した。

秋の選抜編

高等部1年生の優秀な生徒だけが選抜されて戦う「秋の選抜」。創真たち極星寮のメンバーは順当に選抜入りし、予選を戦うこととなる。予選のお題は「カレー料理」。

各生徒が渾身のカレー料理を披露するが、なかなか審査員たちの舌を唸らせることができず、大多数の生徒が低評価を受けた。

高等部1年生の優秀な生徒だけが選抜されて戦う「秋の選抜」。創真たち極星寮のメンバーは順当に選抜入りし、予選を戦うこととなる。予選のお題は「カレー料理」。

各生徒が渾身のカレー料理を披露するが、なかなか審査員たちの舌を唸らせることができず、大多数の生徒が低評価を受けた。

そんな中、一部の生徒たちは80点台、90点台を叩き出し、Aブロックからは「薙切アリス」「新戸久子」「タクミ・アルディーニ」「田所恵」。

Bブロックからは「葉山アキラ」「幸平創真」「黒木場リョウ」「美作昴」が本戦出場を果たした。

そんな中、一部の生徒たちは80点台、90点台を叩き出し、Aブロックからは「薙切アリス」「新戸久子」「タクミ・アルディーニ」「田所恵」。

Bブロックからは「葉山アキラ」「幸平創真」「黒木場リョウ」「美作昴」が本戦出場を果たした。

本戦では1試合目、創真とアリスの「お弁当」対決では、創真が見事に勝利を収めた。2試合目、黒木場と恵の「ラーメン」対決では、恵が奮闘するも黒木場が勝利。

3試合目、葉山と新戸の「ハンバーガー」対決では葉山が勝利。4試合目、タクミと美作の「スイーツ」対決では美作が勝利した。

本戦では1試合目、創真とアリスの「お弁当」対決では、創真が見事に勝利を収めた。2試合目、黒木場と恵の「ラーメン」対決では、恵が奮闘するも黒木場が勝利。

3試合目、葉山と新戸の「ハンバーガー」対決では葉山が勝利。4試合目、タクミと美作の「スイーツ」対決では美作が勝利した。

2回戦、1試合目では創真と美作が激突。この試合では美作が奪ったタクミの「メッザルーナ」、そして他の生徒たちが奪われた包丁100本を賭けて食戟が行われた。

二人の「ビーフシチュー」対決では見事に創真が勝利し、決勝進出を果たした。

2回戦、1試合目では創真と美作が激突。この試合では美作が奪ったタクミの「メッザルーナ」、そして他の生徒たちが奪われた包丁100本を賭けて食戟が行われた。

二人の「ビーフシチュー」対決では見事に創真が勝利し、決勝進出を果たした。

2回戦、2試合目では葉山と黒木場が激突。二人の実力は拮抗しており、審査員たちもどちらが勝利が判断できずにいた。

そこで審査員である堂島銀の提案で、葉山、黒木場の両名を決勝に進出。創真を含めた3名での決勝が行われることとなった。

2回戦、2試合目では葉山と黒木場が激突。二人の実力は拮抗しており、審査員たちもどちらが勝利が判断できずにいた。

そこで審査員である堂島銀の提案で、葉山、黒木場の両名を決勝に進出。創真を含めた3名での決勝が行われることとなった。

決勝での「サンマ料理」対決では、またもや皆の実力が拮抗するが、「料理人の顔が見える品」、必殺料理(スペシャリテ)を作り出した葉山が優勝した。

決勝での「サンマ料理」対決では、またもや皆の実力が拮抗するが、「料理人の顔が見える品」、必殺料理(スペシャリテ)を作り出した葉山が優勝した。

スタジエール編

秋の選抜を終えた創真たち高等部1年生は、スタジエールと呼ばれる「実地研修」に行くこととなる。創真は新戸緋沙子と共に「洋食の三田村」で研修を行う。

当初は「料理が出てくるのが遅い」と客が帰ってしまう店であったが、創真と新戸の力によって、店は立て直され、第一のスタジエールは合格となった。

秋の選抜を終えた創真たち高等部1年生は、スタジエールと呼ばれる「実地研修」に行くこととなる。創真は新戸緋沙子と共に「洋食の三田村」で研修を行う。

当初は「料理が出てくるのが遅い」と客が帰ってしまう店であったが、創真と新戸の力によって、店は立て直され、第一のスタジエールは合格となった。

第二のスタジエールでは、創真が宿泊研修で食戟を挑んだ「四宮小次郎」の店、「SHINO’S TOKYO」に派遣された。当初は四宮たちプロの仕事に遅れを取っていた創真だったが、日を追うごとに成長。

プレオープン最終日の新作コンペでは創真の作った料理が採用され、第二のスタジエールも合格となった。

第二のスタジエールでは、創真が宿泊研修で食戟を挑んだ「四宮小次郎」の店、「SHINO’S TOKYO」に派遣された。当初は四宮たちプロの仕事に遅れを取っていた創真だったが、日を追うごとに成長。

プレオープン最終日の新作コンペでは創真の作った料理が採用され、第二のスタジエールも合格となった。

月饗祭編

スタジエールが終わった後、秋の選抜本戦出場者の1年生と、「遠月十傑評議会」のメンバーが一堂に会する「紅葉狩り会」が行われた。創真はさっそく十傑のメンバーに食戟を挑もうとするが、軽くあしらわれてしまう。

十傑第八席である「久我照紀」から「何か1つでも料理で勝てるものがあれば食戟を受ける」という条件をつけられ、紅葉狩り会は終了。

スタジエールが終わった後、秋の選抜本戦出場者の1年生と、「遠月十傑評議会」のメンバーが一堂に会する「紅葉狩り会」が行われた。創真はさっそく十傑のメンバーに食戟を挑もうとするが、軽くあしらわれてしまう。

十傑第八席である「久我照紀」から「何か1つでも料理で勝てるものがあれば食戟を受ける」という条件をつけられ、紅葉狩り会は終了。

その後、遠月学園は学園祭である「月饗祭」の準備に入った。創真はこの月饗祭で久我に勝つことを決め、着々と準備を始める。

久我は中華料理のスペシャリストであり、同じ土俵で戦いたいということで、創真も中華料理で戦うこととなった。

その後、遠月学園は学園祭である「月饗祭」の準備に入った。創真はこの月饗祭で久我に勝つことを決め、着々と準備を始める。

久我は中華料理のスペシャリストであり、同じ土俵で戦いたいということで、創真も中華料理で戦うこととなった。

月饗祭本番、当初は久我の店にボロ負けしていた創真。しかし、試行錯誤を繰り返しながら、他の1年生メンバーの力も借り、最終日の売上では久我から勝利を収めることに成功した。

月饗祭本番、当初は久我の店にボロ負けしていた創真。しかし、試行錯誤を繰り返しながら、他の1年生メンバーの力も借り、最終日の売上では久我から勝利を収めることに成功した。

登場人物(キャラクター)

幸平創真〈CV:松岡禎丞 / 小野友樹〉

「食戟のソーマ」の主人公である少年。遠月学園高等部1年生。父親である「幸平城一郎」が経営する「お食事処ゆきひら」で修行を積んでいたが、父の勧めで「遠月茶寮料理學園」に入学。

持ち前の料理の腕前と、類まれなる発想力を武器に遠月学園の頂点を目指している。

「食戟のソーマ」の主人公である少年。遠月学園高等部1年生。父親である「幸平城一郎」が経営する「お食事処ゆきひら」で修行を積んでいたが、父の勧めで「遠月茶寮料理學園」に入学。

持ち前の料理の腕前と、類まれなる発想力を武器に遠月学園の頂点を目指している。

薙切えりな〈CV:種田梨沙 / 中原麻衣〉

本作のヒロイン。遠月学園高等部1年生の女子生徒。「神の舌(ゴッドタン)」を持ち、1年生ながら、「遠月十傑評議会」の第十席の地位に就いている。

非常に豊満な体を持つ金髪美少女。お嬢様育ちということもあり、非常にわがままな性格。創真のことを目の敵にしている。

本作のヒロイン。遠月学園高等部1年生の女子生徒。「神の舌(ゴッドタン)」を持ち、1年生ながら、「遠月十傑評議会」の第十席の地位に就いている。

非常に豊満な体を持つ金髪美少女。お嬢様育ちということもあり、非常にわがままな性格。創真のことを目の敵にしている。

田所恵〈CV:高橋未奈美〉

本作の第二のヒロイン。遠月学園高等部1年生の女子生徒。遠月学園の中では退学寸前の落ちこぼれのような存在であったが、創真と出会ったことで本来の力が出せるようになり、秋の選抜本戦にまで出れるようになった。

人前に出ることが苦手なあがり症。気弱な性格。

本作の第二のヒロイン。遠月学園高等部1年生の女子生徒。遠月学園の中では退学寸前の落ちこぼれのような存在であったが、創真と出会ったことで本来の力が出せるようになり、秋の選抜本戦にまで出れるようになった。

人前に出ることが苦手なあがり症。気弱な性格。

一色慧(いっしき さとし)〈CV:櫻井孝宏〉

遠月学園高等部2年生の男子生徒。「遠月十傑評議会」の第七席。極星寮の一員でもあり、寮をまとめるリーダー的な存在である。

いつも裸エプロンや、フンドシ1丁など、やたら開放的な格好をしたがる。とても後輩思いで、優しい性格。

遠月学園高等部2年生の男子生徒。「遠月十傑評議会」の第七席。極星寮の一員でもあり、寮をまとめるリーダー的な存在である。

いつも裸エプロンや、フンドシ1丁など、やたら開放的な格好をしたがる。とても後輩思いで、優しい性格。

吉野悠姫(よしの ゆうき)〈CV:内田真礼〉

遠月学園高等部1年生の女子生徒。極星寮の一員。ジビエ(野生の鳥獣)料理を得意としている。明るく、自由奔放な性格で、極星寮のムードメーカー的な存在。貧乳であることを気にしている。

遠月学園高等部1年生の女子生徒。極星寮の一員。ジビエ(野生の鳥獣)料理を得意としている。明るく、自由奔放な性格で、極星寮のムードメーカー的な存在。貧乳であることを気にしている。

伊武崎峻(いぶさき しゅん)〈CV:村田太志〉

遠月学園高等部1年生の男子生徒。極星寮の一員。燻製料理を得意としている。前髪で目を隠しており、寡黙で、ミステリアスな性格。基本的には終始、落ち着いているが、負けず嫌いな一面もある。

遠月学園高等部1年生の男子生徒。極星寮の一員。燻製料理を得意としている。前髪で目を隠しており、寡黙で、ミステリアスな性格。基本的には終始、落ち着いているが、負けず嫌いな一面もある。

榊涼子(さかき りょうこ)〈CV:茅野愛衣〉

遠月学園高等部1年生の女子生徒。極星寮の一員。発酵食品を使った麹料理を得意としている。大人っぽい性格で、極星寮のお姉さん的存在。

抜群のプロポーションを持っており、学園内に隠れファンもいる美人さん。

遠月学園高等部1年生の女子生徒。極星寮の一員。発酵食品を使った麹料理を得意としている。大人っぽい性格で、極星寮のお姉さん的存在。

抜群のプロポーションを持っており、学園内に隠れファンもいる美人さん。

丸井善二(まるい ぜんじ)〈CV:小林裕介〉

遠月学園高等部1年生の男子生徒。極星寮の一員。典型的なインテリタイプのメガネ君。周囲の天才たちに負けないようにと膨大な知識を詰め込んでいる。

遠月学園高等部1年生の男子生徒。極星寮の一員。典型的なインテリタイプのメガネ君。周囲の天才たちに負けないようにと膨大な知識を詰め込んでいる。

青木大吾(あおき だいご)〈CV:柳田淳一〉

極星寮の一員である男子生徒。佐藤と混同する人が多いが、黒髪の方が青木である。

極星寮の一員である男子生徒。佐藤と混同する人が多いが、黒髪の方が青木である。

佐藤昭二(さとう しょうじ)〈CV:河西健吾〉

極星寮の一員である男性生徒。青木と混同する人が多いが、金髪オールバックの方が佐藤である。

極星寮の一員である男性生徒。青木と混同する人が多いが、金髪オールバックの方が佐藤である。

新戸緋沙子(あらと ひさこ)〈CV:大西沙織〉

遠月学園高等部1年生の女子生徒。薙切えりなの側近であり、秘書。薬膳料理を得意とする。周りからは「秘書子」と呼ばれているが、あまり気にいっていない様子。

遠月学園高等部1年生の女子生徒。薙切えりなの側近であり、秘書。薬膳料理を得意とする。周りからは「秘書子」と呼ばれているが、あまり気にいっていない様子。

水戸郁魅(みと いくみ)〈CV:石上静香〉

遠月学園高等部1年生の女子生徒。肉料理のスペシャリスト。非常に豊満な体を持っており、いつも露出度が高い格好をしている。男勝りの勝ち気な性格。

創真との食戟に敗北して以来、創真に好意を持つようになった。

遠月学園高等部1年生の女子生徒。肉料理のスペシャリスト。非常に豊満な体を持っており、いつも露出度が高い格好をしている。男勝りの勝ち気な性格。

創真との食戟に敗北して以来、創真に好意を持つようになった。

タクミ・アルディーニ〈CV:花江夏樹〉

高等部1年生の男子生徒。日本とイタリアのハーフ美少年。イタリア料理全般を得意としている。見た目はクールだが、料理に強い情熱を持っており、熱血タイプな一面もある。

創真をライバル視しており、度々、ちょっかいを出している。

高等部1年生の男子生徒。日本とイタリアのハーフ美少年。イタリア料理全般を得意としている。見た目はクールだが、料理に強い情熱を持っており、熱血タイプな一面もある。

創真をライバル視しており、度々、ちょっかいを出している。

イサミ・アルディーニ〈CV:小野友樹〉

高等部1年生の男子生徒。タクミ・アルディーニの双子の弟。兄のタクミとは似ても似つかず、丸々と太った体型をしている。しかし、夏になると夏バテで激やせして、別人のようになる。

高等部1年生の男子生徒。タクミ・アルディーニの双子の弟。兄のタクミとは似ても似つかず、丸々と太った体型をしている。しかし、夏になると夏バテで激やせして、別人のようになる。

薙切アリス(なきり ありす)〈CV:赤﨑千夏〉

高等部1年生の女子生徒。薙切の一族であり、薙切えりなの従兄弟である。銀髪と真っ白な肌が特徴的な美少女。えりなに負けず劣らずの抜群なプロポーションをしている。

得意料理は分子ガストロノミー。えりなと同じくお嬢様育ちなため、非常にわがままな性格。
出典: p.twpl.jp

高等部1年生の女子生徒。薙切の一族であり、薙切えりなの従兄弟である。銀髪と真っ白な肌が特徴的な美少女。えりなに負けず劣らずの抜群なプロポーションをしている。

得意料理は分子ガストロノミー。えりなと同じくお嬢様育ちなため、非常にわがままな性格。

黒木場リョウ(くろきば りょう)〈CV:岡本信彦〉

高等部1年生の男子生徒。薙切アリスの側近。海の幸を使った海鮮料理を得意としている。普段はボーッとしていて非常にマイペースだが、バンダナを頭に巻くと性格が一変し、非常に攻撃的な性格になる。

高等部1年生の男子生徒。薙切アリスの側近。海の幸を使った海鮮料理を得意としている。普段はボーッとしていて非常にマイペースだが、バンダナを頭に巻くと性格が一変し、非常に攻撃的な性格になる。

葉山アキラ(はやま あきら)〈CV:諏訪部順一〉

高等部1年生の男子生徒。褐色・銀髪のイケメン。非常にクールな性格で、自信家でもある。常人より遥かに鼻が良く、匂いを操り、嗅覚を刺激する料理を繰り出す。スパイスを使った料理を得意としている。

高等部1年生の男子生徒。褐色・銀髪のイケメン。非常にクールな性格で、自信家でもある。常人より遥かに鼻が良く、匂いを操り、嗅覚を刺激する料理を繰り出す。スパイスを使った料理を得意としている。

北条美代子(ほうじょう みよこ)〈CV:瀬戸麻沙美〉

遠月学園高等部1年生の女子生徒。中華料理を得意としている。かなり気が強い性格。男より下に見られることを嫌っている。

遠月学園高等部1年生の女子生徒。中華料理を得意としている。かなり気が強い性格。男より下に見られることを嫌っている。

貞塚ナオ(さだつか なお)〈CV:後藤沙緒里〉

遠月学園高等部1年生の女子生徒。煮込み料理を得意としている。非常に長い黒髪で顔を隠しており、不気味な見た目をしている。暗く、陰湿な性格。

当初はえりなに憧れていたが、新戸に敗北してからは新戸にぞっこん。

遠月学園高等部1年生の女子生徒。煮込み料理を得意としている。非常に長い黒髪で顔を隠しており、不気味な見た目をしている。暗く、陰湿な性格。

当初はえりなに憧れていたが、新戸に敗北してからは新戸にぞっこん。

美作昴(みまさか すばる)

遠月学園高等部1年生の男子生徒。他人の作る料理を完璧にコピーすることを得意としている。大柄でヤンキーっぽい見た目からは想像できないが、非常に細かい性格。

相手の料理をコピーするために日常生活から徹底的に追跡するため、「キング・オブ・ストーカー」と呼ばれている。

遠月学園高等部1年生の男子生徒。他人の作る料理を完璧にコピーすることを得意としている。大柄でヤンキーっぽい見た目からは想像できないが、非常に細かい性格。

相手の料理をコピーするために日常生活から徹底的に追跡するため、「キング・オブ・ストーカー」と呼ばれている。

川島麗(かわしま うらら)〈CV:日高里菜〉

高等部1年生の女子生徒。アイドル風のぶりっ子美少女。食戟の司会進行を担当することが多い。男子生徒からちやほやされているため、女子生徒からは目の敵にされている。
出典: i.imgur.com

高等部1年生の女子生徒。アイドル風のぶりっ子美少女。食戟の司会進行を担当することが多い。男子生徒からちやほやされているため、女子生徒からは目の敵にされている。

司瑛士(つかさ えいし)

遠月学園高等部3年生の男子生徒。「遠月十傑評議会」の第一席。現在の遠月学園の頂点に立つ銀髪の美少年。非常に気弱な性格だが、料理に対しては絶対的な自信を持っている。

遠月学園高等部3年生の男子生徒。「遠月十傑評議会」の第一席。現在の遠月学園の頂点に立つ銀髪の美少年。非常に気弱な性格だが、料理に対しては絶対的な自信を持っている。

小林竜胆(こばやし りんどう)

遠月学園高等部3年生の女子生徒。「遠月十傑評議会」の第二席。ナイスバディなお姉さん系美少女。いつも何かを食べており、作るより、食べ歩く方を優先している。

遠月学園高等部3年生の女子生徒。「遠月十傑評議会」の第二席。ナイスバディなお姉さん系美少女。いつも何かを食べており、作るより、食べ歩く方を優先している。

女木島冬輔(めぎしま とうすけ)

遠月学園高等部3年生の男子生徒。「遠月十傑評議会」の第三席。帽子を被っており、常に無口で無表情。

遠月学園高等部3年生の男子生徒。「遠月十傑評議会」の第三席。帽子を被っており、常に無口で無表情。

茜ヶ久保もも(あかねがくぼ もも)

遠月学園高等部3年生の女子生徒。「遠月十傑評議会」の第四席。常にぬいぐるみを抱えている小柄な少女。

遠月学園高等部3年生の女子生徒。「遠月十傑評議会」の第四席。常にぬいぐるみを抱えている小柄な少女。

斎藤綜明(さいとう そうめい)

遠月学園高等部3年生の男子生徒。「遠月十傑評議会」の第五席。モヒカンが特徴的で、常に巨大な包丁のようなものを持ち歩いている。
出典: i.imgur.com

遠月学園高等部3年生の男子生徒。「遠月十傑評議会」の第五席。モヒカンが特徴的で、常に巨大な包丁のようなものを持ち歩いている。

紀ノ国寧々(きのくに ねね)

遠月学園高等部2年生の女子生徒。「遠月十傑評議会」の第六席。お下げとメガネが特徴的な少女。

遠月学園高等部2年生の女子生徒。「遠月十傑評議会」の第六席。お下げとメガネが特徴的な少女。

久我照紀(くが てるのり)

遠月学園高等部2年生の男子生徒。「遠月十傑評議会」の第八席。中華の中でも四川料理を得意としている。常にテンションが高く、挑発的な性格。

遠月学園高等部2年生の男子生徒。「遠月十傑評議会」の第八席。中華の中でも四川料理を得意としている。常にテンションが高く、挑発的な性格。

叡山枝津也(えいざん えつや)〈CV:杉田智和〉

遠月学園高等部2年生の男子生徒。「遠月十傑評議会」の第九席。外見は完全にインテリヤクザ。非常にプライドが高く、歯向かってくる者は徹底的に潰そうとする。

遠月学園高等部2年生の男子生徒。「遠月十傑評議会」の第九席。外見は完全にインテリヤクザ。非常にプライドが高く、歯向かってくる者は徹底的に潰そうとする。

堂島銀(どうじま ぎん)〈CV:子安武人〉

遠月リゾート総料理長兼取締役会役員。遠月学園第69期卒業生。元・遠月十傑評議会の第一席。坊主頭に鍛えぬかれた肉体が特徴的。創真の父である幸平城一郎とは同級生である。

遠月リゾート総料理長兼取締役会役員。遠月学園第69期卒業生。元・遠月十傑評議会の第一席。坊主頭に鍛えぬかれた肉体が特徴的。創真の父である幸平城一郎とは同級生である。

薙切薊(なきり あざみ)

薙切えりなの父。遠月学園在学時には1年生にして第三席まで登りつめた男。(その当時の第一席は堂島銀、第二席は才波城一郎。)えりなに洗脳教育を施したため、薙切家から追放された。

薙切えりなの父。遠月学園在学時には1年生にして第三席まで登りつめた男。(その当時の第一席は堂島銀、第二席は才波城一郎。)えりなに洗脳教育を施したため、薙切家から追放された。

四宮小次郎(しのみや こじろう)〈CV:中村悠一、小林由美子(幼少期)〉

パリの有名料理店「SHINO'S」のオーナーシェフ。遠月学園第79期卒業生。レギュム(野菜)に焦点を当てた料理が得意で、「レギュムの魔術師」と呼ばれている。

非常にプライドが高く、冷酷な性格だったが、創真との食戟後から急激に丸くなった。

パリの有名料理店「SHINO'S」のオーナーシェフ。遠月学園第79期卒業生。レギュム(野菜)に焦点を当てた料理が得意で、「レギュムの魔術師」と呼ばれている。

非常にプライドが高く、冷酷な性格だったが、創真との食戟後から急激に丸くなった。

乾日向子(いぬい ひなこ)〈CV:能登麻美子〉

遠月学園第80期卒業生。在学当時は遠月十傑第二席。日本料理店「霧のや」の女将。非常におっとりとしていてマイペースな性格。先輩である四宮にちょっかいを出してどつかれることが多い。

遠月学園第80期卒業生。在学当時は遠月十傑第二席。日本料理店「霧のや」の女将。非常におっとりとしていてマイペースな性格。先輩である四宮にちょっかいを出してどつかれることが多い。

水原冬美(みずはら ふゆみ)〈CV:川澄綾子〉

遠月学園第79期卒業生。在学当時は四宮小次郎に次ぐ遠月十傑第二席。イタリア料理店「リストランテ エフ」のシェフ。無表情で非常にクールな性格。

遠月学園第79期卒業生。在学当時は四宮小次郎に次ぐ遠月十傑第二席。イタリア料理店「リストランテ エフ」のシェフ。無表情で非常にクールな性格。

ドナート梧桐田(どなーと ごとうだ)〈CV:近藤孝行〉

遠月学園第80期卒業生。オーベルジュ(宿泊施設を備えたレストラン)「デローゾ」のシェフ。顎が二つに割れているのが特徴的な男性。

遠月学園第80期卒業生。オーベルジュ(宿泊施設を備えたレストラン)「デローゾ」のシェフ。顎が二つに割れているのが特徴的な男性。

関守平(せきもり ひとし)〈CV:間島淳司〉

鮨店(寿司店)「銀座 ひのわ」の板長。細い目が特徴的な男性。遠月学園の卒業生だと思われるが、詳細は明かされていない。

鮨店(寿司店)「銀座 ひのわ」の板長。細い目が特徴的な男性。遠月学園の卒業生だと思われるが、詳細は明かされていない。

角崎タキ(つのざき たき)

遠月学園第88期卒業生。在学当時は遠月十傑第二席。スペイン料理店「タキ・アマリージョ」のシェフ。非常に怒りっぽい性格で、頻繁に毒舌を吐く。

遠月学園第88期卒業生。在学当時は遠月十傑第二席。スペイン料理店「タキ・アマリージョ」のシェフ。非常に怒りっぽい性格で、頻繁に毒舌を吐く。

木久知園果(きくち そのか)

遠月学園第89期卒業生。在学当時は遠月十傑第二席。洋食専門店「春果停」のシェフ。非常に気弱でおとなしい性格。作中No.1と言ってもいいほどの巨乳の持ち主。

遠月学園第89期卒業生。在学当時は遠月十傑第二席。洋食専門店「春果停」のシェフ。非常に気弱でおとなしい性格。作中No.1と言ってもいいほどの巨乳の持ち主。

薙切仙左衛門(なきり せんざえもん)〈CV:銀河万丈〉

遠月学園の総帥。えりなとアリスの祖父でもある。年齢に合わず、筋骨隆々な老人。日本の料理界を牛耳る「食の魔王」。美味しい料理を食べると上半身を露わにする「おはだけ」が起こる。

遠月学園の総帥。えりなとアリスの祖父でもある。年齢に合わず、筋骨隆々な老人。日本の料理界を牛耳る「食の魔王」。美味しい料理を食べると上半身を露わにする「おはだけ」が起こる。

ローラン・シャペル〈CV:水島裕〉

遠月学園フランス料理部門主任講師。学園の中でも評価基準が厳しいことで知られており、「笑わない料理人」と呼ばれている。創真の料理を食べた際には笑顔を見せ、その実力を認めた。

遠月学園フランス料理部門主任講師。学園の中でも評価基準が厳しいことで知られており、「笑わない料理人」と呼ばれている。創真の料理を食べた際には笑顔を見せ、その実力を認めた。

大御堂ふみ緒(だいみどう ふみお)〈CV:横尾まり、生天目仁美(若い頃)〉

遠月学園、極星寮の管理人兼寮母。極星寮に入寮するためにはふみ緒のだす課題をクリアしなければならないという決まりがある。

遠月学園、極星寮の管理人兼寮母。極星寮に入寮するためにはふみ緒のだす課題をクリアしなければならないという決まりがある。

汐見潤(しおみ じゅん)〈CV:高橋美佳子〉

遠月学園第73期卒業生。極星寮のOGであり、現在は遠月学園の教師。非常に幼い外見をしているが、年齢は34歳。

在学当時、創真の父である城一郎のゲテモノ料理に苦しめられた。スパイスの権威と呼ばれるほど様々なスパイスに精通している。

遠月学園第73期卒業生。極星寮のOGであり、現在は遠月学園の教師。非常に幼い外見をしているが、年齢は34歳。

在学当時、創真の父である城一郎のゲテモノ料理に苦しめられた。スパイスの権威と呼ばれるほど様々なスパイスに精通している。

幸平城一郎(ゆきひら じょういちろう)〈CV:小山力也 / 同左〉

創真の父親であり、「お食事処ゆきひら」の店主。元・遠月十傑評議会第二席。「修羅」と呼ばれる凄腕の料理人であり、海外を飛び回る流浪の料理人でもある。創真と同じく非常にマイペースな性格。

創真の父親であり、「お食事処ゆきひら」の店主。元・遠月十傑評議会第二席。「修羅」と呼ばれる凄腕の料理人であり、海外を飛び回る流浪の料理人でもある。創真と同じく非常にマイペースな性格。

倉瀬真由美(くらせ まゆみ)〈CV:加隈亜衣 / 林沙織〉

創真の幼稚園のころからの幼なじみ。創真が試作するゲテモノ料理の犠牲者でもある。創真に好意を寄せているが、違う高校に進学してしまったため、その想いを伝えられずにいる。

創真の幼稚園のころからの幼なじみ。創真が試作するゲテモノ料理の犠牲者でもある。創真に好意を寄せているが、違う高校に進学してしまったため、その想いを伝えられずにいる。

薙切レオノーラ(なきり れおのーら)

薙切アリスの母親であるデンマーク人薙切インターナショナルの統括者でもある。えりなの叔母にあたる。アリスと同じく、銀髪と白い肌が特徴的な美女。

普段、日本語を話すときは片言だが、美味しい料理を食べると急に流暢になる。

薙切アリスの母親であるデンマーク人薙切インターナショナルの統括者でもある。えりなの叔母にあたる。アリスと同じく、銀髪と白い肌が特徴的な美女。

普段、日本語を話すときは片言だが、美味しい料理を食べると急に流暢になる。

その他のキャラ

◆高等部一年
佐々木由愛(ささき ゆあ)〈CV:日高里菜〉

◆高等部二年
豪田林清志(ごうだばやし きよし)〈CV:乃村健次〉
小西寛一(こにし かんいち)〈CV:川田紳司〉
甲山鉄次(かぶとやま てつじ)

◆中等部三年
早津田みつる(そうつだ みつる)

◆教師・その他
宮里隆夫(みやざと たかお)
景浦久尚(かげうら ひさなお)

◆遠月リゾート
佐久間時彦(さくま ときひこ)〈CV:大川透〉
瀬名博巳(せな ひろみ)〈CV:松風雅也〉
鶏卵の徳蔵(とくぞう)〈CV:田中完〉
さやいんげんの耕助(こうすけ)〈CV:桐場康一〉
ナチュラルチーズの久作(きゅうさく)〈CV:青山穣〉

◆学園外の人物
小金井アキ(こがねい あき)〈CV:藤井ゆきよ〉
峰ヶ崎八重子(みねがさき やえこ)〈CV:千葉泉 / 同左〉
中百舌鳥きぬ(なかもず きぬ)〈CV:久川綾〉
富田友哉(とみた ゆうや)〈CV:川田紳司〉

◆秋の選抜審査員

・千俵なつめ(せんだわら なつめ)〈CV:日笠陽子〉

カレーメーカー「ハウビー食品」のCEO。秋の選抜予選・Aブロックの審査委員長。高圧的で、高飛車な性格。「カレーの女王様」という異名を持つ。

・千俵おりえ(せんだわら おりえ)〈CV:日笠陽子〉

カレーメーカー「ハウビー食品」のCOO.秋の選抜予選・Bブロックの審査委員長。なつめとは対照的に、マイペースな性格。

喜多修治(きた おさじ)〈CV:武虎〉
安藤伸吾(あんどう しんご)〈CV:竹本英史〉
港坂巻人(みなとざか まきと)〈CV:家中宏〉
香田茂之進(こうだ しげのしん)〈CV:梅津秀行〉

用語・設定

遠月茶寮料理學園

「遠月茶寮料理學園」とは日本屈指の超エリート料理学校。中等部3年間と高等部3年間の計6年間の教育体制。入学するもの難しいが、卒業するのはさらに困難。

高等部の新1年生千人のうち、2年生に進級できるのは全体の1割未満。卒業到達率は10%以下で実際に卒業できるのはわずか数人。

遠月学園に在籍していたというだけで、料理人として評価され、卒業まで到達すれば、料理人のスターダムを駆け上がることができる。

「遠月茶寮料理學園」とは日本屈指の超エリート料理学校。中等部3年間と高等部3年間の計6年間の教育体制。入学するもの難しいが、卒業するのはさらに困難。

高等部の新1年生千人のうち、2年生に進級できるのは全体の1割未満。卒業到達率は10%以下で実際に卒業できるのはわずか数人。

遠月学園に在籍していたというだけで、料理人として評価され、卒業まで到達すれば、料理人のスターダムを駆け上がることができる。

食戟

「食戟」とは「遠月茶寮料理學園」における料理での決闘のこと。食戟をする際にはお互いに自分の立場に見合うだけの対価を賭け、勝負に負けた者はその対価を失うことになる。

食戟を行う際には「正式な勝負であることを証明する認定員」「奇数名の判定者」「対戦者両名の勝負条件に関する合意」が必要とされている。

「食戟」とは「遠月茶寮料理學園」における料理での決闘のこと。食戟をする際にはお互いに自分の立場に見合うだけの対価を賭け、勝負に負けた者はその対価を失うことになる。

食戟を行う際には「正式な勝負であることを証明する認定員」「奇数名の判定者」「対戦者両名の勝負条件に関する合意」が必要とされている。

遠月十傑評議会

「遠月十傑評議会(十傑)」とは遠月学園の中で学内評価10位以内の生徒たちから構成される遠月学園の最高意思決定機関。十傑の決定には講師陣さえも異論を唱えることができない。

十傑の地位に就いた者は、遠月学園の権力・財力を行使することができ、料理のために莫大な予算を使うことができる。行使できる権力・財力は第一席に近づくほど増大していく。
出典: i.imgur.com

「遠月十傑評議会(十傑)」とは遠月学園の中で学内評価10位以内の生徒たちから構成される遠月学園の最高意思決定機関。十傑の決定には講師陣さえも異論を唱えることができない。

十傑の地位に就いた者は、遠月学園の権力・財力を行使することができ、料理のために莫大な予算を使うことができる。行使できる権力・財力は第一席に近づくほど増大していく。

作品の魅力

「食戟のソーマ」は料理×バトル×エロという料理漫画の新たな境地を切り開いた漫画である。

料理を食べた後のリアクションはもちろんだが、予想がつかないストーリー展開、キャラクターの個性、美麗な絵など、その全てが秀逸。

最近ではエロ要素は減少しつつあるが、相変わらず卓越した画力と、怒涛のストーリー展開で、見るものを飽きさせることなく、魅了し続ける作品である。

「食戟のソーマ」は料理×バトル×エロという料理漫画の新たな境地を切り開いた漫画である。

料理を食べた後のリアクションはもちろんだが、予想がつかないストーリー展開、キャラクターの個性、美麗な絵など、その全てが秀逸。

最近ではエロ要素は減少しつつあるが、相変わらず卓越した画力と、怒涛のストーリー展開で、見るものを飽きさせることなく、魅了し続ける作品である。

Twitterの反応

アニメ情報

2015年4月から9月までテレビアニメが放送された。全24話から構成されており、原作コミック第8巻の秋の選抜編、予選終了時点までアニメ化されている。今のところ、2期制作の発表などは行われていない。

2015年4月から9月までテレビアニメが放送された。全24話から構成されており、原作コミック第8巻の秋の選抜編、予選終了時点までアニメ化されている。今のところ、2期制作の発表などは行われていない。

今後の考察

遠月学園の総帥の座を薙切仙左衛門から奪い取った薙切薊。今後は薊に加担した十傑6名と、その他の十傑、そして創真たち高等部1年生が勢力争いを繰り広げていくことが予想される。

また、薙切えりなを巡って、えりなを手元に置いておこうとする父親・薙切薊と、祖父・仙左衛門からえりなのことを託された創真との争いも行われていくだろう。

加えて、薊との面識がある堂島銀、そして創真の父である幸平城一郎がどのような動きを見せるのか。今後も目が離せない展開が続く。

遠月学園の総帥の座を薙切仙左衛門から奪い取った薙切薊。今後は薊に加担した十傑6名と、その他の十傑、そして創真たち高等部1年生が勢力争いを繰り広げていくことが予想される。

また、薙切えりなを巡って、えりなを手元に置いておこうとする父親・薙切薊と、祖父・仙左衛門からえりなのことを託された創真との争いも行われていくだろう。

加えて、薊との面識がある堂島銀、そして創真の父である幸平城一郎がどのような動きを見せるのか。今後も目が離せない展開が続く。

Fessan white 上に戻る