目次 Balloonarw

作品概要
Arw down  simple
ストーリー
Arw down  simple
登場人物【星導館】
Arw down  simple
登場人物【ガラードワース】
Arw down  simple
登場人物【レヴォルフ】
Arw down  simple
登場人物【クインヴェール】
Arw down  simple
登場人物【界竜(ジェロン)】
Arw down  simple
登場人物【アルルカント】
Arw down  simple
登場人物【その他】
Arw down  simple
水上学園都市 『六花』
Arw down  simple
用語・設定
Arw down  simple
メディア展開
Arw down  simple
festy 関連ポスト
Arw down  simple

学戦都市アスタリスク

『学戦都市アスタリスク』は、MF文庫Jにて刊行中のライトノベル作品。20世紀に地球を襲った未曽有の大災害「落星雨(インベルティア)」から数十年後の世界を舞台に、北関東多重クレーター湖上に浮かぶ水上学園都市「六花(通称:アスタリスク)」に存在する「星導館学園」に特待生としてやってきた主人公:天霧綾斗が、そこ出会う仲間やヒロインたちと共に、六花内で開催される3つの武闘大会「星武祭(フェスタ)」に挑む、<学園バトル・エンターテイメント>作品。 ※※多大なネタバレを含みますので、閲覧の際はご注意ください。※※

このエントリーをはてなブックマークに追加

作品概要

<a name="top"></a>
<著者><b><big>三屋咲ゆう</b></big> <イラスト><b><big>okiura</big></b> による、
日本のライトノベル作品。
<b><big>『MF文庫J』</big></b>にて、<b>2012年</b>より絶賛刊行中。

同月に刊行された
「バロックナイト」「蒼柩のラピスラズリ」と共に、
第1巻刊行後、1週間以内に完売する店舗が続出。
異例の早さで大量増刷が決定する珍事となった。

集中的に大都市圏へ在庫が割り振られた結果として、
地方では重版が補充されるまで品切れ状態が続き、
ネット通販などでも品薄となった。

<b>2015年10月</b>より、<b>テレビアニメ</b>が絶賛放送中。
<b>2016年1月</b>には、<b>ゲーム化</b>も決定している。

<a href="#media">メディア展開へ</a>


<著者>三屋咲ゆう <イラスト>okiura による、
日本のライトノベル作品。
『MF文庫J』にて、2012年より絶賛刊行中。

同月に刊行された
「バロックナイト」「蒼柩のラピスラズリ」と共に、
第1巻刊行後、1週間以内に完売する店舗が続出。
異例の早さで大量増刷が決定する珍事となった。

集中的に大都市圏へ在庫が割り振られた結果として、
地方では重版が補充されるまで品切れ状態が続き、
ネット通販などでも品薄となった。

2015年10月より、テレビアニメが絶賛放送中。
2016年1月には、ゲーム化も決定している。

メディア展開へ

表紙イラスト:okiura

日本のイラストレーター
かつては、<b><big>ノシ</big></b> という名義で活動していた。 
<b>「MS少女」</b>や<b>「メカ娘」</b>といった、
メカや武器を女の子に合体(装備)させたジャンルの 
キャラクターデザインに熱い造形を持つ。

<b><big>【主な担当作品】</big></b> 
・『IS<インフィニット・ストラトス>』 ※MF文庫版 
 (著:弓弦イズル)
・『白銀のローレシアン』 (著:上原りょう) 
・ テレビアニメ 『プラスティック・メモリーズ』
 (キャラクター原案)

日本のイラストレーター
かつては、ノシ という名義で活動していた。
「MS少女」「メカ娘」といった、
メカや武器を女の子に合体(装備)させたジャンルの
キャラクターデザインに熱い造形を持つ。

【主な担当作品】
・『IS<インフィニット・ストラトス>』 ※MF文庫版
 (著:弓弦イズル)
・『白銀のローレシアン』 (著:上原りょう)
・ テレビアニメ 『プラスティック・メモリーズ』
 (キャラクター原案)

外伝・コミカライズ

・コミック版が<b>月刊コミックアライブ</b>で連載中。
  (漫画:にんげん)

・コミック版が月刊コミックアライブで連載中。
(漫画:にんげん)

・外伝コミカライズ
<b>『学戦都市アスタリスク外伝 クインヴェールの翼』</b> が
<b>『別冊少年マガジン』2014年9月号</b>より、連載中。
(漫画:茜錆)

・外伝コミカライズ
『学戦都市アスタリスク外伝 クインヴェールの翼』
『別冊少年マガジン』2014年9月号より、連載中。
(漫画:茜錆)

ストーリー

姫焔邂逅 編

<b><big><big>【波乱の転入生】</big></big></b>	  
主人公=<b>天霧綾斗</b>は、
失踪した姉=<b>天霧遥</b>の消息をつかむため、
彼女が在籍していた<b>水上学園都市『六花』</b>の一つ
<b>『星導館学園』</b>の高等部に転入する。

転入初日に学園屈指の実力者
<b>『華焔の魔女』ユリス</b>の着替えを目撃してしまい、
憤慨した彼女と決闘を行うことになってしまうが、
生徒会長<b>クローディア</b>の仲介が入り、決闘は無効となる。

編入されたクラスで、綾斗はユリスと再会するほか、
幼馴染の<b>沙々宮紗夜</b>とも6年ぶりに再会する。

【波乱の転入生】
主人公=天霧綾斗は、
失踪した姉=天霧遥の消息をつかむため、
彼女が在籍していた水上学園都市『六花』の一つ
『星導館学園』の高等部に転入する。

転入初日に学園屈指の実力者
『華焔の魔女』ユリスの着替えを目撃してしまい、
憤慨した彼女と決闘を行うことになってしまうが、
生徒会長クローディアの仲介が入り、決闘は無効となる。

編入されたクラスで、綾斗はユリスと再会するほか、
幼馴染の沙々宮紗夜とも6年ぶりに再会する。

<b><big><big>【ユリス襲撃事件】</big></big></b>	  
六花で開催される3つの武闘祭の1つ
<b>『鳳凰星武祭』</b>の開催が近づくなか、
何者かによって、実力者が襲撃される事件が発生する。
そして、襲撃者の魔の手が、ユリスにも迫る。

かつて姉が使っていたとされる<b>純星煌式武装</b>
<b>『セル=べレスタ』</b>の適合者に選ばれた綾斗は、
クローディアからユリスの護衛を頼まれる。

ユリスと親交を深める綾斗であったが、
ある日、ユリスが綾斗の前から姿を消してしまう。

ユリスのピンチを救った綾斗は、
協力して襲撃事件の犯人=サイラムを撃退する。
ユリスの決意を受け止めた上で、
<b>「君を守る」</b>と誓った綾斗は、ユリスとタッグを組む。

【ユリス襲撃事件】
六花で開催される3つの武闘祭の1つ
『鳳凰星武祭』の開催が近づくなか、
何者かによって、実力者が襲撃される事件が発生する。
そして、襲撃者の魔の手が、ユリスにも迫る。

かつて姉が使っていたとされる純星煌式武装
『セル=べレスタ』の適合者に選ばれた綾斗は、
クローディアからユリスの護衛を頼まれる。

ユリスと親交を深める綾斗であったが、
ある日、ユリスが綾斗の前から姿を消してしまう。

ユリスのピンチを救った綾斗は、
協力して襲撃事件の犯人=サイラムを撃退する。
ユリスの決意を受け止めた上で、
「君を守る」と誓った綾斗は、ユリスとタッグを組む。

銀綺覚醒 編

<b><big><big>【疾風刃雷】</big></big></b>	  
<b>鳳凰星武祭</b>への出場することになった綾斗は、 
ユリスとの訓練に急ぐ途中で、<b>刀藤綺凛</b>と出会う。
 
ある日、綺凛の<b>伯父=鋼一郎</b>の態度を咎める綾斗。
それに気分を損ねた鋼一郎は、綺凛を綾斗にけしかけ、
二人は決闘を行う事になってしまう。

綺凛の圧倒的な実力に驚愕すると同時に、
能力解放の限界時間に焦り、敗北してしまう綾斗。
決闘後ユリスから、彼女が中等部でありながら
<b>『疾風刃雷』</b>の二つ名を持つ、
星導館最強の生徒である事を知らされるのであった。

【疾風刃雷】
鳳凰星武祭への出場することになった綾斗は、
ユリスとの訓練に急ぐ途中で、刀藤綺凛と出会う。

ある日、綺凛の伯父=鋼一郎の態度を咎める綾斗。
それに気分を損ねた鋼一郎は、綺凛を綾斗にけしかけ、
二人は決闘を行う事になってしまう。

綺凛の圧倒的な実力に驚愕すると同時に、
能力解放の限界時間に焦り、敗北してしまう綾斗。
決闘後ユリスから、彼女が中等部でありながら
『疾風刃雷』の二つ名を持つ、
星導館最強の生徒である事を知らされるのであった。

<b><big><big>【銀綺覚醒】</big></big></b>
決闘後、伯父に抗議してくれたお礼を言いに、
わざわざ尋ねて来たことから、綾斗は綺凛と親交を深める。

ある日、クローディアから「謎の怪物」の噂を聞いた綾斗は、
綺凛との朝練中にスライム状の物体に襲われる。
攻撃しても再生する敵に、苦戦する綾斗と綺凛であったが、
流星闘技の発動に成功した綾斗の攻撃で、敵を撃破する。

綺凛は、綾斗との交流を経て、伯父の傀儡状態から決別し、
自分自身の意思と力で父を救う事を決意する。
そして、今度は自分の意志で綾斗との再戦を希望する。
綾斗は綺凛の意思に応え、二人は2回目の決闘を実施する。

万全の状態で挑んだ綾斗は、激戦を繰り広げ、決闘に勝利。
星導館学園:第一位の座と共に、<b>『叢雲』</b>の二つ名を授かる。
出典: tsundora.com

【銀綺覚醒】
決闘後、伯父に抗議してくれたお礼を言いに、
わざわざ尋ねて来たことから、綾斗は綺凛と親交を深める。

ある日、クローディアから「謎の怪物」の噂を聞いた綾斗は、
綺凛との朝練中にスライム状の物体に襲われる。
攻撃しても再生する敵に、苦戦する綾斗と綺凛であったが、
流星闘技の発動に成功した綾斗の攻撃で、敵を撃破する。

綺凛は、綾斗との交流を経て、伯父の傀儡状態から決別し、
自分自身の意思と力で父を救う事を決意する。
そして、今度は自分の意志で綾斗との再戦を希望する。
綾斗は綺凛の意思に応え、二人は2回目の決闘を実施する。

万全の状態で挑んだ綾斗は、激戦を繰り広げ、決闘に勝利。
星導館学園:第一位の座と共に、『叢雲』の二つ名を授かる。

鳳凰星武祭 編

【鳳凰乱武】
いよいよ開幕する、鳳凰星武祭
各学園から強力なタッグが参戦するほか、
綺凛と紗夜も、タッグを組んで鳳凰星武祭に参戦する。
綾斗&ユリス、綺凛&紗夜の両チームは着々と勝ち進んで行く。

<b><big><big>【吸血暴姫】</big></big></b> 
綾斗は街で暴漢に襲われる少女、<b>プリシラ</b>を助けたことで、
彼女とその姉、<b>イレーネ・ウルサイス</b>と知り合う。 

イレーネは、綾斗がレヴォルフ黒学院から危険視されており、
自分達がレヴォルフから送られてきた刺客であることを明かす。 

4回戦。綾斗とユリスの前に立ちはだかるプリシラとイレーネ。 
しかし、純星煌式武装:<b>『覇潰の血鎌』</b>を扱うイレーネに異変が…
出典: tsundora.com

【吸血暴姫】
綾斗は街で暴漢に襲われる少女、プリシラを助けたことで、
彼女とその姉、イレーネ・ウルサイスと知り合う。

イレーネは、綾斗がレヴォルフ黒学院から危険視されており、
自分達がレヴォルフから送られてきた刺客であることを明かす。

4回戦。綾斗とユリスの前に立ちはだかるプリシラとイレーネ。
しかし、純星煌式武装:『覇潰の血鎌』を扱うイレーネに異変が…

<b><big><big>【覇鳳決戦】</big></big></b> 

準々決勝戦の際に「ユリスを守りたい」という強い思いから、
姉:遥によって施された封印の1つの解除に成功した綾斗は、
これまで、<b>“5分間”</b> だけだった解放状態を
<b>“1時間”</b> 維持できるようになり、大幅な戦力強化を果たす。

一方、綺凛と紗夜コンビは、準決勝にて
アルルカントが誇る自立式擬形体コンビ
<b>アルディ</b>&<b>リムシ―</b> と善戦を繰り広げるが、
あと一歩の所で敗退する。

いよいよ決勝戦が迫る中、
ユリスが支援する孤児院出身の少女<b>フローラ</b>が
何者かに誘拐されてしまう事件が発生する。

犯人は人質の身柄との交換条件に、
綾斗の武器 <b>『セル=べレスタ』 の封印</b>を要求し、
フローラの身を案じる綾斗とユリスは苦戦を余儀なくされる。

しかし、仲間たちや様々な協力者の尽力によって、
決戦当日にフローラは無事保護される。
そして、綾斗とユリスは<b>鳳凰星武祭を優勝</b>する。

【覇鳳決戦】

準々決勝戦の際に「ユリスを守りたい」という強い思いから、
姉:遥によって施された封印の1つの解除に成功した綾斗は、
これまで、“5分間” だけだった解放状態を
“1時間” 維持できるようになり、大幅な戦力強化を果たす。

一方、綺凛と紗夜コンビは、準決勝にて
アルルカントが誇る自立式擬形体コンビ
アルディリムシ― と善戦を繰り広げるが、
あと一歩の所で敗退する。

いよいよ決勝戦が迫る中、
ユリスが支援する孤児院出身の少女フローラ
何者かに誘拐されてしまう事件が発生する。

犯人は人質の身柄との交換条件に、
綾斗の武器 『セル=べレスタ』 の封印を要求し、
フローラの身を案じる綾斗とユリスは苦戦を余儀なくされる。

しかし、仲間たちや様々な協力者の尽力によって、
決戦当日にフローラは無事保護される。
そして、綾斗とユリスは鳳凰星武祭を優勝する。

リーゼタリア 編

六花学園祭 編

獅鷲星武祭 編

天霧 綾斗(あまぎり あやと)

CV:田丸篤志 /(幼少期)諏訪彩花

<序列>星導館・第一位 <二つ名> 叢雲(むらくも)
<武器> 純星煌式武装:黒炉の魔剣(セル=べレスタ)
 
本作の主人公。『星導館学園』の高等部へ転入してきた特待生。
転入の理由は、五年前に失踪した姉:天霧 遥の消息をつかむため。
屈託がなく善良な人柄だが、間の抜けた部分があり、特に恋愛関係には鈍感。
家は代々続く古流剣術『天霧辰明流剣術』の道場であり、突出した剣才を誇る。
生まれながらに莫大な星辰力を持つが、遥の「禁獄」の力で3段階に封印されている。
「自分は、何を成すべきなのか」という悩みを抱えていたが、
ヒロインたちとの出会いや、学園での生活を経て、道を見出してゆく。
入学後に、綺凛との決闘に勝利したことで、星導館においての序列1位となり、
クローディアから「叢雲」の二つ名を授けられる。

<a name="yurisu"></a>

CV:田丸篤志 /(幼少期)諏訪彩花

<序列>星導館・第一位 <二つ名> 叢雲(むらくも)
<武器> 純星煌式武装:黒炉の魔剣(セル=べレスタ)
 
本作の主人公。『星導館学園』の高等部へ転入してきた特待生。
転入の理由は、五年前に失踪した姉:天霧 遥の消息をつかむため。
屈託がなく善良な人柄だが、間の抜けた部分があり、特に恋愛関係には鈍感。
家は代々続く古流剣術『天霧辰明流剣術』の道場であり、突出した剣才を誇る。
生まれながらに莫大な星辰力を持つが、遥の「禁獄」の力で3段階に封印されている。
「自分は、何を成すべきなのか」という悩みを抱えていたが、
ヒロインたちとの出会いや、学園での生活を経て、道を見出してゆく。
入学後に、綺凛との決闘に勝利したことで、星導館においての序列1位となり、
クローディアから「叢雲」の二つ名を授けられる。

ユリス=アレクシア・フォン・リースフェルト

CV:加隈亜衣

<序列>星導館・第五位 <二つ名>華焔の魔女(グリューエンローゼ)
<武器>煌式武装:アスペラ・スピーナ
    → 煌式遠隔誘導武装:ノヴァ・スピーナ

本作のヒロインの一人。綾斗とは同じクラス。
綾斗が学園で最初に出会った人物でもあり、最初に決闘をした人物でもある。
プライドが高く、短期で素直になれない堅物ではあるが、根は優しく義理堅い性格。
『魔女』としての能力は六花でもトップクラスに入り、焔を自在に操り戦う。
リーゼタリア王室の第一皇女であり、正真正銘のお姫様であるが、
幼い頃から孤児院の子ども達と交友があったため、感覚は庶民的。
全名は、ユリス=アレクシア・マリー・フロレンツィア・レナーテ
六花に来た目的は、三つの『星武祭』を制覇すること。
リーゼタリアの孤児院を救済するのが目的ではあるが、
親友であり、現レヴォルフ黒学院:第一位のオーフィエリアを止める事も兼ねている。

<a name="sasamiyasaya"></a>

CV:加隈亜衣

<序列>星導館・第五位 <二つ名>華焔の魔女(グリューエンローゼ)
<武器>煌式武装:アスペラ・スピーナ
    → 煌式遠隔誘導武装:ノヴァ・スピーナ

本作のヒロインの一人。綾斗とは同じクラス。
綾斗が学園で最初に出会った人物でもあり、最初に決闘をした人物でもある。
プライドが高く、短期で素直になれない堅物ではあるが、根は優しく義理堅い性格。
『魔女』としての能力は六花でもトップクラスに入り、焔を自在に操り戦う。
リーゼタリア王室の第一皇女であり、正真正銘のお姫様であるが、
幼い頃から孤児院の子ども達と交友があったため、感覚は庶民的。
全名は、ユリス=アレクシア・マリー・フロレンツィア・レナーテ
六花に来た目的は、三つの『星武祭』を制覇すること。
リーゼタリアの孤児院を救済するのが目的ではあるが、
親友であり、現レヴォルフ黒学院:第一位のオーフィエリアを止める事も兼ねている。

沙々宮 紗夜 (ささみや さや)

CV:井澤詩織

<序列>なし <二つ名>なし
<武器>三十八式煌型擲弾銃 / 三十四式波動重砲・改 ほか

本作のヒロインの一人。綾斗とは同じクラス。
6年ぶりに綾斗と再会を果たした幼馴染。 綾斗の姉、遥とも面識がある。

<a name="kuroudea"></a>

CV:井澤詩織

<序列>なし <二つ名>なし
<武器>三十八式煌型擲弾銃 / 三十四式波動重砲・改 ほか

本作のヒロインの一人。綾斗とは同じクラス。
6年ぶりに綾斗と再会を果たした幼馴染。 綾斗の姉、遥とも面識がある。

クローディア・エンフィールド

CV:東山奈央

<序列>星導館・第二位 <二つ名>千見の盟主(パルカ・モルタ)
<武器>純星煌式武装:パン=ドラ

<a name="toudokirin"></a>

CV:東山奈央

<序列>星導館・第二位 <二つ名>千見の盟主(パルカ・モルタ)
<武器>純星煌式武装:パン=ドラ

刀藤 綺凛 (とうどう きりん)

CV:小澤亜李

<序列>星導館・第一位 →  序列外 <二つ名>疾風迅雷
<武器>近代強化型日本刀「千羽切」→ 二刀流

本作のヒロインの一人。 星導館学園:中等部1年所属。

気弱で引っ込み思案であり、尚且つ泣き虫で押しに弱い。
(さらには、飛行機が大の苦手であり、泳げないカナヅチ。)
という一面を持つが、基本的には非常に努力家であり、
剣術に関して常に修練をかかさない健気な良い子。
剣や剣術に関わる話になると饒舌になる。

強盗から綺凛を守るために力を振るい、
結果として投獄された父を助けるためアスタリスクにやってきた。

星脈世代(ジェネステラ)を忌み嫌う伯父からは、
「刀藤家の評価に繫がる商品」としか考えられておらず、
事実上の傀儡状態にあったが、綾斗との交流を経て決別した。
伯父との決別後は、綾斗に懐くようになり、
わがままを言って名前で呼び合う仲になっている。

一万人超の門下生を抱える
刀藤流宗家の末娘であり、剣術に関して天賦の才を持つ。
その剣才と、日々の絶え間ない努力によって発揮する実力は、
現代化改修はされているとはいえ、日本刀一本で星導館の頂点となり、
出力解放状態の綾斗と、互角以上の戦闘を繰り広げるという、
『疾風刃雷』 の二つ名の恥じない驚異的なものであり、
アスタリスク最強の剣士:アーネストにも認められている。

現代戦闘用に改修が施された日本刀 『千羽切』 を愛用している。
クローディアによって、日本刀型の純星煌式武装が捜索されている。
<a name="resuta"></a>

CV:小澤亜李

<序列>星導館・第一位 → 序列外 <二つ名>疾風迅雷
<武器>近代強化型日本刀「千羽切」→ 二刀流

本作のヒロインの一人。 星導館学園:中等部1年所属。

気弱で引っ込み思案であり、尚且つ泣き虫で押しに弱い。
(さらには、飛行機が大の苦手であり、泳げないカナヅチ。)
という一面を持つが、基本的には非常に努力家であり、
剣術に関して常に修練をかかさない健気な良い子。
剣や剣術に関わる話になると饒舌になる。

強盗から綺凛を守るために力を振るい、
結果として投獄された父を助けるためアスタリスクにやってきた。

星脈世代(ジェネステラ)を忌み嫌う伯父からは、
「刀藤家の評価に繫がる商品」としか考えられておらず、
事実上の傀儡状態にあったが、綾斗との交流を経て決別した。
伯父との決別後は、綾斗に懐くようになり、
わがままを言って名前で呼び合う仲になっている。

一万人超の門下生を抱える
刀藤流宗家の末娘であり、剣術に関して天賦の才を持つ。
その剣才と、日々の絶え間ない努力によって発揮する実力は、
現代化改修はされているとはいえ、日本刀一本で星導館の頂点となり、
出力解放状態の綾斗と、互角以上の戦闘を繰り広げるという、
『疾風刃雷』 の二つ名の恥じない驚異的なものであり、
アスタリスク最強の剣士:アーネストにも認められている。

現代戦闘用に改修が施された日本刀 『千羽切』 を愛用している。
クローディアによって、日本刀型の純星煌式武装が捜索されている。

レスター・マクフェイル

CV:星野貴紀

<序列>星導館・第九位 <二つ名>轟遠の烈斧(コルネフォロス)
<武器>斧型煌式武装:ヴァルディッシュ=レオ

鍛え上げられた筋肉と広い肩幅、そして2メートル近い巨躯を持つ青年
《星脈世代》の中でも極めて恵まれた体格を活かしたパワーファイトが得意。
近接戦闘では無類の強さを誇るが『魔女』や『魔術師』などの能力者と相性が悪い。
去年の公式序列戦で、当時序列十七位だったユリスに敗北している。
『鳳凰星武祭』では、ランディとコンビを組んで出場するが、
二回戦でイレーネ・プリシラのペアに敗退した。
フローラの誘拐事件では、夜吹に半ば脅迫される形でフローラ救出作戦に助力した。

<a name="yabukieisiro"></a>

CV:星野貴紀

<序列>星導館・第九位 <二つ名>轟遠の烈斧(コルネフォロス)
<武器>斧型煌式武装:ヴァルディッシュ=レオ

鍛え上げられた筋肉と広い肩幅、そして2メートル近い巨躯を持つ青年
《星脈世代》の中でも極めて恵まれた体格を活かしたパワーファイトが得意。
近接戦闘では無類の強さを誇るが『魔女』や『魔術師』などの能力者と相性が悪い。
去年の公式序列戦で、当時序列十七位だったユリスに敗北している。
『鳳凰星武祭』では、ランディとコンビを組んで出場するが、
二回戦でイレーネ・プリシラのペアに敗退した。
フローラの誘拐事件では、夜吹に半ば脅迫される形でフローラ救出作戦に助力した。

夜吹 英士郎 (やぶき えいしろう)

CV:内田雄馬

男子寮で綾斗のルームメイトとなる少年。
人懐っこい笑みが似合う精悍な顔立ちをしているが、左頬にやや目立つ傷痕がある。
新聞部に所属しており、転入生である綾斗に様々な知識を提供する。
銀河の諜報工作機関《影星》に所属しており、クローディアとは“裏”の繋がりがある。
其の正体は『落星雨』の遥か以前から、里に伝わる御神体である
ウルム=マナダイトの影響を受け、常人離れした能力者を輩出してきた忍びの一族
『夜吹の一族(ナイトエミット)』の現当主の息子である。
なお、『影星』と『夜吹の一族』は共に銀河の傘下ではあるが別の組織である。
『鳳凰星武祭』では、誘拐されたフローラの救出に手を貸す一方で、
彼女を誘拐した黒猫機関のヴェルナーを逃走先の排水路で殺害した。
『獅鷲星武祭』において、夜吹の一族がクローディア暗殺を請け負った際には、
綾斗に正体を明かした上で足止めをしたものの、結局はクローディアを助けようと動いた。

<a name="yatuzakisense"></a>

CV:内田雄馬

男子寮で綾斗のルームメイトとなる少年。
人懐っこい笑みが似合う精悍な顔立ちをしているが、左頬にやや目立つ傷痕がある。
新聞部に所属しており、転入生である綾斗に様々な知識を提供する。
銀河の諜報工作機関《影星》に所属しており、クローディアとは“裏”の繋がりがある。
其の正体は『落星雨』の遥か以前から、里に伝わる御神体である
ウルム=マナダイトの影響を受け、常人離れした能力者を輩出してきた忍びの一族
『夜吹の一族(ナイトエミット)』の現当主の息子である。
なお、『影星』と『夜吹の一族』は共に銀河の傘下ではあるが別の組織である。
『鳳凰星武祭』では、誘拐されたフローラの救出に手を貸す一方で、
彼女を誘拐した黒猫機関のヴェルナーを逃走先の排水路で殺害した。
『獅鷲星武祭』において、夜吹の一族がクローディア暗殺を請け負った際には、
綾斗に正体を明かした上で足止めをしたものの、結局はクローディアを助けようと動いた。

八津崎 匡子(やつざき きょうこ)

CV:甲斐田裕子

綾斗たちのクラスを担当する女性教師。レヴォルフ出身という経歴を持つ元ヤンキー。
かつては《獅鷲星武祭》を制したこともある実力者で、当時の学院序列は二位。
二つ名は『釘絶の魔女(マキャベラス)』
『魔女』や『魔術師』の能力を釘として封じ込め、釘を使用することで
能力をコピーすることができる上に、複数の能力を同時に行使可能。
クローディアの頼みで『獅鷲星武祭』に出場する綾斗たちに稽古をつけた。

CV:甲斐田裕子

綾斗たちのクラスを担当する女性教師。レヴォルフ出身という経歴を持つ元ヤンキー。
かつては《獅鷲星武祭》を制したこともある実力者で、当時の学院序列は二位。
二つ名は『釘絶の魔女(マキャベラス)』
『魔女』や『魔術師』の能力を釘として封じ込め、釘を使用することで
能力をコピーすることができる上に、複数の能力を同時に行使可能。
クローディアの頼みで『獅鷲星武祭』に出場する綾斗たちに稽古をつけた。

登場人物【ガラードワース】

アーネスト・フェアクロフ


アーネスト・フェアクロフ

CV: 櫻井孝宏

<序列>聖ガラードワース学園・第一位 <二つ名>聖騎士(ペンドラゴン)
<武器>純星煌式武装:白濾の魔剣(レイ=グラムス)

『四色の魔剣』の一振りである『聖剣』の名を持つ『白濾の魔剣』を所持している。
アスタリスク最高の剣士。その圧倒的な剣技は、綺凛でも再現は不可能だとされている。

前々回と前回の『獅鷲星武祭』を制覇している。
性格は温和で冷静、物腰が柔らかくいつも穏やかな笑みを絶やさない。
常に社交的な態度を崩さず、本心を見せることはない。
『白濾の魔剣』は任意の対象のみを斬る能力を持ち、代償として使用者に高潔さと、
私心を捨て、全ての行動における秩序と正義の代行者たることを求める。
その正義とは、あくまで『白濾の魔剣』が定めたものであるが、
アーネストはその意図を汲み取り、ある程度自らの行動に融通を利かせている。

『鳳凰星武祭』で戦う綾斗の様子を映像で見て、興味を抱く。
学園祭では、三日目に界龍で行われる三学園合同のイベントに参加し、
綾斗とシルヴィアと顔合わせする。
クローディアの危機に際しては、立場の関係上、表立っては動けないため、
星露を利用することでクローディアを助けようとした。

CV: 櫻井孝宏

<序列>聖ガラードワース学園・第一位 <二つ名>聖騎士(ペンドラゴン)
<武器>純星煌式武装:白濾の魔剣(レイ=グラムス)

『四色の魔剣』の一振りである『聖剣』の名を持つ『白濾の魔剣』を所持している。
アスタリスク最高の剣士。その圧倒的な剣技は、綺凛でも再現は不可能だとされている。

前々回と前回の『獅鷲星武祭』を制覇している。
性格は温和で冷静、物腰が柔らかくいつも穏やかな笑みを絶やさない。
常に社交的な態度を崩さず、本心を見せることはない。
『白濾の魔剣』は任意の対象のみを斬る能力を持ち、代償として使用者に高潔さと、
私心を捨て、全ての行動における秩序と正義の代行者たることを求める。
その正義とは、あくまで『白濾の魔剣』が定めたものであるが、
アーネストはその意図を汲み取り、ある程度自らの行動に融通を利かせている。

『鳳凰星武祭』で戦う綾斗の様子を映像で見て、興味を抱く。
学園祭では、三日目に界龍で行われる三学園合同のイベントに参加し、
綾斗とシルヴィアと顔合わせする。
クローディアの危機に際しては、立場の関係上、表立っては動けないため、
星露を利用することでクローディアを助けようとした。

イレーネ・ウルサイス

CV:内山夕実

<序列>レヴォルフ黒学院・第三位 → 第十八位
<二つ名>吸血暴姫(ラミレクシア)
<武器>純星煌式武装:覇潰の血鎌(グラヴィシーズ)→ なし

性格はがさつで粗暴だが、根は優しく、妹のプリシラのことを何よりも大切に思っている。
体型的な格闘術を学んでいたわけではないが、天性の身体能力とセンスを持つ。
使用者に吸血衝動を与える代わりに、重力制御の能力を発動させる
純星煌式武装:覇潰の血鎌(グラヴィシーズ)の使い手であったが、
『鳳凰星武祭』で綾斗に破壊された。

<a name="prisira"></a>

CV:内山夕実

<序列>レヴォルフ黒学院・第三位 → 第十八位
<二つ名>吸血暴姫(ラミレクシア)
<武器>純星煌式武装:覇潰の血鎌(グラヴィシーズ)→ なし

性格はがさつで粗暴だが、根は優しく、妹のプリシラのことを何よりも大切に思っている。
体型的な格闘術を学んでいたわけではないが、天性の身体能力とセンスを持つ。
使用者に吸血衝動を与える代わりに、重力制御の能力を発動させる
純星煌式武装:覇潰の血鎌(グラヴィシーズ)の使い手であったが、
『鳳凰星武祭』で綾斗に破壊された。

プリシラ・ウルサイズ

CV: 長妻樹里

レヴォルフ黒学院高等部一年。序列外。
イレーネの妹で、非常に珍しい再生能力(リジェネレイティブ)を持つ。
戦闘時には、能力を生かしてイレーネへ血液供給を行っている。
性格は明るく真面目で、優しく芯の強いしっかり者。
姉の身の回りの世話を全て担っており、特に料理のスキルが高い。
過去にアルルカントに特大献身生として売られそうになったところを
ディルクに金で買い取られ、イレーネはその時のディルクへの借金を返済している。
『鳳凰星武祭』では、イレーネと共に《鳳凰星武祭》に出場。
街中でイレーネに恨みを持つチンピラたちに絡まれていたところを綾斗に助けられ、
そのお礼として綾斗(と話を聞いて同行したユリス)を食事に招いた。
続く四回戦で、綾斗・ユリスペアと対戦。敗北するが、
『覇潰の血鎌』を綾斗が破壊してくれたことで、綾斗に好感を抱く。
姉に助けられてばかりではいられないと考え、イレーネから格闘術を習っている。
フローラが誘拐された際には、イレーネを通じて綾斗に食事の差し入れを行った。
学園祭ではレヴォルフの露店で料理を販売していた。

<a name="deruku"></a>

CV: 長妻樹里

レヴォルフ黒学院高等部一年。序列外。
イレーネの妹で、非常に珍しい再生能力(リジェネレイティブ)を持つ。
戦闘時には、能力を生かしてイレーネへ血液供給を行っている。
性格は明るく真面目で、優しく芯の強いしっかり者。
姉の身の回りの世話を全て担っており、特に料理のスキルが高い。
過去にアルルカントに特大献身生として売られそうになったところを
ディルクに金で買い取られ、イレーネはその時のディルクへの借金を返済している。
『鳳凰星武祭』では、イレーネと共に《鳳凰星武祭》に出場。
街中でイレーネに恨みを持つチンピラたちに絡まれていたところを綾斗に助けられ、
そのお礼として綾斗(と話を聞いて同行したユリス)を食事に招いた。
続く四回戦で、綾斗・ユリスペアと対戦。敗北するが、
『覇潰の血鎌』を綾斗が破壊してくれたことで、綾斗に好感を抱く。
姉に助けられてばかりではいられないと考え、イレーネから格闘術を習っている。
フローラが誘拐された際には、イレーネを通じて綾斗に食事の差し入れを行った。
学園祭ではレヴォルフの露店で料理を販売していた。

ディルク・エーベルヴァイン

CV: 杉田智和

レヴォルフ黒学院生徒会長。悪魔的な頭脳を持つ青年。
『星脈世代』ではないにも関わらず、レヴォルフ黒学院の生徒会長の座に就任。
序列にも入っていないが『悪辣の王(タイラント)』の二つ名をもつ。
「自分が勝利ではなく、相手が負けることで相対的に利益を得る」という考えを持つ。
綾斗の姉:遥についても何か知っており、弟である綾斗を警戒している。
『鳳凰星武祭』ではイレーネとプリシラの姉妹を送り込むほか、
綾斗に遥の情報を教えることで動揺を誘い、フローラ誘拐などで暗躍する。
自身が動かした『黒猫機関』のヴェルナーが夜吹に殺された事で
統合企業財体から咎められ、大人しくすることを余儀なくされる。

<a name="ohferia"></a>

CV: 杉田智和

レヴォルフ黒学院生徒会長。悪魔的な頭脳を持つ青年。
『星脈世代』ではないにも関わらず、レヴォルフ黒学院の生徒会長の座に就任。
序列にも入っていないが『悪辣の王(タイラント)』の二つ名をもつ。
「自分が勝利ではなく、相手が負けることで相対的に利益を得る」という考えを持つ。
綾斗の姉:遥についても何か知っており、弟である綾斗を警戒している。
『鳳凰星武祭』ではイレーネとプリシラの姉妹を送り込むほか、
綾斗に遥の情報を教えることで動揺を誘い、フローラ誘拐などで暗躍する。
自身が動かした『黒猫機関』のヴェルナーが夜吹に殺された事で
統合企業財体から咎められ、大人しくすることを余儀なくされる。

オーフェリア・ランドルーフェン

<序列>レヴォルフ黒学院・第一位  
<二つ名>孤毒の魔女(エレンシュキーガル)
<武器>瘴気

前々回と前回の《王竜星武祭》を制覇している。瘴気を自在に操り、入学から現在まで無敗。
ほぼ無尽蔵の《星辰力》を誇るが、その反面として能力を抑え込むことが出来ないため
常に周囲へ毒素をまき散らかしている。運命論者。
かつてリーゼルタニアの孤児院で育ち、ユリスとは親友だった。
ユリスの持つハンカチにはオーフェリアの刺繍が入っている。
孤児院の借金の肩代わりとして研究所に引き取られ、ヒルダの人体実験の被験体にされる。
結果として後天的に『星脈世代』となり『魔女』の才能をも賦与されたものの、
能力が暴走し研究所は壊滅。オーフェリアも瀕死の状態だったが保護された。
綾斗とユリスが出会う一年前に、ユリスとアスタリスクで再会。
ユリスに能力を禁止を説得されるが耳を貸さず、決闘になるが圧倒的な力で勝利した。
『鳳凰星武祭』の一ヶ月後、リーゼルタニアの研究所跡で、ユリスや綾斗と遭遇。
ユリスの再度の説得にも応じず、二人と交戦するが僅か数分で二人を戦闘不能にした。

<序列>レヴォルフ黒学院・第一位  
<二つ名>孤毒の魔女(エレンシュキーガル)
<武器>瘴気

前々回と前回の《王竜星武祭》を制覇している。瘴気を自在に操り、入学から現在まで無敗。
ほぼ無尽蔵の《星辰力》を誇るが、その反面として能力を抑え込むことが出来ないため
常に周囲へ毒素をまき散らかしている。運命論者。
かつてリーゼルタニアの孤児院で育ち、ユリスとは親友だった。
ユリスの持つハンカチにはオーフェリアの刺繍が入っている。
孤児院の借金の肩代わりとして研究所に引き取られ、ヒルダの人体実験の被験体にされる。
結果として後天的に『星脈世代』となり『魔女』の才能をも賦与されたものの、
能力が暴走し研究所は壊滅。オーフェリアも瀕死の状態だったが保護された。
綾斗とユリスが出会う一年前に、ユリスとアスタリスクで再会。
ユリスに能力を禁止を説得されるが耳を貸さず、決闘になるが圧倒的な力で勝利した。
『鳳凰星武祭』の一ヶ月後、リーゼルタニアの研究所跡で、ユリスや綾斗と遭遇。
ユリスの再度の説得にも応じず、二人と交戦するが僅か数分で二人を戦闘不能にした。

登場人物【クインヴェール】

シルヴィア・リューネハイム


ルサールカ


シルヴィア・リューネハイム

CV:千菅春香

<序列>クイーンヴェール女学園・第一位 
<二つ名>戦律の魔女(シグルド・リーヴァ)
<武器>歌唱による万物操作

本作のヒロインの1人。
現在、「世界最高の歌姫」と呼ばれているトップアイドル。
明るく優しい、まっすぐな性格の持ち主。前回の《王竜星武祭》準優勝者。
歌唱によってあらゆる事象をコントロールすることができる「万能」の『魔女』
『鳳凰星武祭』では、決勝戦前夜に変装して歓楽街をうろついていたところを
フローラを探している綾斗と出会い、『魔女』としての能力を使い協力する。
しかし、綾斗のことは以前から何となく興味を持っており、
フローラ救出の際に顔を合わせたことで、興味がさらに深まることとなり。、『学園祭』では、綾斗にデートを申し込む。
『蝕武祭』に出場した歌と格闘技の先生であるウルスラ・スヴェントを探していたが、
学園祭の三日目に別人のようになった彼女と再会、事の顛末を突き止める決意をする。

<a name="lsarlca"></a>

CV:千菅春香

<序列>クイーンヴェール女学園・第一位
<二つ名>戦律の魔女(シグルド・リーヴァ)
<武器>歌唱による万物操作

本作のヒロインの1人。
現在、「世界最高の歌姫」と呼ばれているトップアイドル。
明るく優しい、まっすぐな性格の持ち主。前回の《王竜星武祭》準優勝者。
歌唱によってあらゆる事象をコントロールすることができる「万能」の『魔女』
『鳳凰星武祭』では、決勝戦前夜に変装して歓楽街をうろついていたところを
フローラを探している綾斗と出会い、『魔女』としての能力を使い協力する。
しかし、綾斗のことは以前から何となく興味を持っており、
フローラ救出の際に顔を合わせたことで、興味がさらに深まることとなり。、『学園祭』では、綾斗にデートを申し込む。
『蝕武祭』に出場した歌と格闘技の先生であるウルスラ・スヴェントを探していたが、
学園祭の三日目に別人のようになった彼女と再会、事の顛末を突き止める決意をする。

ルサールカ

クインヴェール女学園が擁する5人組ガールズロックバンド。
シルヴィアには及ばないものの、世界中にファンを持つ。
前回の《獅鷲星武祭》でデビューを飾り、初出場でベスト8入りしたことで一気にブレイクした。
メンバー全員が打倒シルヴィアを標榜し、世界のトップに立つことを夢見ている。
ウルム=マナダイトの力があまりにも強大すぎたため五等分された、
音を操る純星煌式武装『ライア=ポロス』を各々が使用する。
適合率の高い使い手が五人現れないと起動すらできず、極めて使い勝手が悪い。
分割された純星煌式武装を『共鳴(レゾナンス)』させることで、本来の力を発揮する。
代償は適合率が高いほど直情的になり感情の制御が効かなくなる「精神浸食」
『獅鷲星武祭』に出場し、準々決勝でチーム・エンフィールドと戦い、
『ライア=ポロス』の連携によって綾斗たちを苦しめるも、敗北する。
出典: tsundora.com

クインヴェール女学園が擁する5人組ガールズロックバンド。
シルヴィアには及ばないものの、世界中にファンを持つ。
前回の《獅鷲星武祭》でデビューを飾り、初出場でベスト8入りしたことで一気にブレイクした。
メンバー全員が打倒シルヴィアを標榜し、世界のトップに立つことを夢見ている。
ウルム=マナダイトの力があまりにも強大すぎたため五等分された、
音を操る純星煌式武装『ライア=ポロス』を各々が使用する。
適合率の高い使い手が五人現れないと起動すらできず、極めて使い勝手が悪い。
分割された純星煌式武装を『共鳴(レゾナンス)』させることで、本来の力を発揮する。
代償は適合率が高いほど直情的になり感情の制御が効かなくなる「精神浸食」
『獅鷲星武祭』に出場し、準々決勝でチーム・エンフィールドと戦い、
『ライア=ポロス』の連携によって綾斗たちを苦しめるも、敗北する。

范星露 (ファン・シンルー)

CV:南央美

<序列>界竜第七学院・第一位  
<二つ名>万有天羅

界龍第七学院生徒会長。若干、九歳にしてアスタリスク屈指の戦闘力を誇る。
三代目の《万有天羅》で、六歳の頃に「黄辰殿」の扉を開け、その称号を継承した。
主だった行事にも代理を立てる等、表に出ることが少ない。
見どころある人物は自分で育てたくなる性分で、その指導力は折り紙付きで
門弟50人全員が在名祭祀書(ネームド・カルツ)に名を連ね、
その内11人が『冒頭の十二人(ページ・ワン)』に名を連ねる程である。
しかし、あくまで力を授けることが目的で道を説くことに興味は無いため、
門弟の中には黎兄妹のように性格に難のあるものもいる。
レヴォルフのオーフェリアと並んで「別種の存在」と言われている。
年齢に似合わぬ知識や経験から、学園内外で様々な噂が流れているが真偽は不明。
憮塵斎によると、本来長生により力を増す存在であるが、
体を移し変えたことにより武術の腕は旧世紀の半分に過ぎないらしい。
しかし星仙術に関しては万能素が当時より満ち溢れているために遥かに強力になっている。
強者との戦いを望んでおり、『鳳凰星武祭』以来、綾斗を気に入っている。

<a name="lisisters"></a>

CV:南央美

<序列>界竜第七学院・第一位  
<二つ名>万有天羅

界龍第七学院生徒会長。若干、九歳にしてアスタリスク屈指の戦闘力を誇る。
三代目の《万有天羅》で、六歳の頃に「黄辰殿」の扉を開け、その称号を継承した。
主だった行事にも代理を立てる等、表に出ることが少ない。
見どころある人物は自分で育てたくなる性分で、その指導力は折り紙付きで
門弟50人全員が在名祭祀書(ネームド・カルツ)に名を連ね、
その内11人が『冒頭の十二人(ページ・ワン)』に名を連ねる程である。
しかし、あくまで力を授けることが目的で道を説くことに興味は無いため、
門弟の中には黎兄妹のように性格に難のあるものもいる。
レヴォルフのオーフェリアと並んで「別種の存在」と言われている。
年齢に似合わぬ知識や経験から、学園内外で様々な噂が流れているが真偽は不明。
憮塵斎によると、本来長生により力を増す存在であるが、
体を移し変えたことにより武術の腕は旧世紀の半分に過ぎないらしい。
しかし星仙術に関しては万能素が当時より満ち溢れているために遥かに強力になっている。
強者との戦いを望んでおり、『鳳凰星武祭』以来、綾斗を気に入っている。

黎沈雲/黎沈華 (リー・シェンユン / リー・シェンファ)

双子の兄妹であり、界龍第七学院序列九位(沈雲)と十位(沈華)。
二つ名は沈雲が『幻映創起』沈華が『幻映霧散』
二人とも星仙術を扱う道士で、星露の門下生だけあって実力はあるものの、
揃って傲岸不遜な性格をしており、常に相手を見下し、敬意の一片も払わない。
自分たちに有利な状況を構築したうえで徹底的に相手の弱点を突き、
一方的にいたぶる戦法をとるほどの性悪。
星仙術とコンビネーションに関しては天才的であり、以心伝心の動きを見せる
『鳳凰星武祭』編では、準々決勝で綾斗たちと対戦し卑劣な戦法で追い詰めるが、
綾斗が二つ目の封印の解除に成功したことで形勢が逆転。
彼らのやり口に怒りを覚えた綾斗に殴られて気絶するという結果で敗退した。
星露の指示でチーム・黄龍のメンバーとして《獅鷲星武祭》に挑む。

双子の兄妹であり、界龍第七学院序列九位(沈雲)と十位(沈華)。
二つ名は沈雲が『幻映創起』沈華が『幻映霧散』
二人とも星仙術を扱う道士で、星露の門下生だけあって実力はあるものの、
揃って傲岸不遜な性格をしており、常に相手を見下し、敬意の一片も払わない。
自分たちに有利な状況を構築したうえで徹底的に相手の弱点を突き、
一方的にいたぶる戦法をとるほどの性悪。
星仙術とコンビネーションに関しては天才的であり、以心伝心の動きを見せる
『鳳凰星武祭』編では、準々決勝で綾斗たちと対戦し卑劣な戦法で追い詰めるが、
綾斗が二つ目の封印の解除に成功したことで形勢が逆転。
彼らのやり口に怒りを覚えた綾斗に殴られて気絶するという結果で敗退した。
星露の指示でチーム・黄龍のメンバーとして《獅鷲星武祭》に挑む。

エルネスタ・キューネ

CV:赤﨑千夏

アルルカントが誇る落星工学の天才。表情豊かで無邪気な少女。
自律式擬形体(パペット)の開発分野では最高峰の研究者であり『彫刻派』筆頭。
親友のカミラと共に星導館へ足を運び、彼女の希望で綾斗と出会う。
その際には意味深な言葉を呟くと共に、ギャラリーの前で綾斗の頬にキスをした。
性格は不真面目でお調子者。その一方で、計算高い側面もある。
ふざけているようでいて観察眼は鋭く、戦闘時は戦術家としての一面も見せる。

<a name="arudee"></a>

CV:赤﨑千夏

アルルカントが誇る落星工学の天才。表情豊かで無邪気な少女。
自律式擬形体(パペット)の開発分野では最高峰の研究者であり『彫刻派』筆頭。
親友のカミラと共に星導館へ足を運び、彼女の希望で綾斗と出会う。
その際には意味深な言葉を呟くと共に、ギャラリーの前で綾斗の頬にキスをした。
性格は不真面目でお調子者。その一方で、計算高い側面もある。
ふざけているようでいて観察眼は鋭く、戦闘時は戦術家としての一面も見せる。

アルディ

エルネスタが創り出した世界初の感情を有する自律式擬形体。
男性としての明確な自我を持ち、その性格は豪快かつ自信過剰。やや間抜け。
開発コードは"Absolute Refusal" Defended type。
外見は戦闘用擬形体に類似しており、リムシィとのタッグでは前衛担当
『鳳凰星武祭』では、エルネスタの代理出場としてリムシィと出場。
圧倒的な防御力で決勝まで進出するが、綾斗に校章を破損されて敗退した。

<a name="limsii"></a>

エルネスタが創り出した世界初の感情を有する自律式擬形体。
男性としての明確な自我を持ち、その性格は豪快かつ自信過剰。やや間抜け。
開発コードは"Absolute Refusal" Defended type。
外見は戦闘用擬形体に類似しており、リムシィとのタッグでは前衛担当
『鳳凰星武祭』では、エルネスタの代理出場としてリムシィと出場。
圧倒的な防御力で決勝まで進出するが、綾斗に校章を破損されて敗退した。

リムシィ

アルディと同じく、エルネスタが創り出した感情を有する自律式擬形体。
女性としての明確な自我を持ち、その性格は沈着冷静。丁寧な口調で長文系の毒舌を操る。
メタリックアーマーを装備しているが、人間の女性と見分けがつかない程に類似している。
開発コードは"Ruinous Might" Cannon type。
『鳳凰星武祭』では、カミラの代理出場としてアルディとのタッグで出場する。
圧倒的な攻撃力で決勝まで進出し、綾斗たちを圧倒するが、
自身のパーツをアルディに合体させる隙を突かれて、敗退した。
アルディとのタッグでは後衛担当。

<a name="camira"></a>

アルディと同じく、エルネスタが創り出した感情を有する自律式擬形体。
女性としての明確な自我を持ち、その性格は沈着冷静。丁寧な口調で長文系の毒舌を操る。
メタリックアーマーを装備しているが、人間の女性と見分けがつかない程に類似している。
開発コードは"Ruinous Might" Cannon type。
『鳳凰星武祭』では、カミラの代理出場としてアルディとのタッグで出場する。
圧倒的な攻撃力で決勝まで進出し、綾斗たちを圧倒するが、
自身のパーツをアルディに合体させる隙を突かれて、敗退した。
アルディとのタッグでは後衛担当。

カミラ・パレート

CV:田村睦心

エルネスタと同じく落星工学の分野において突出した才を持つ。
専門は煌式武装の研究開発で「汎用性にこそ意義がある」という信念を持ち、
使い手を選ぶような偏った武器武装を嫌っている。
性格は真面目で一本気であり、エルネスタとは腐れ縁の仲。
最大派閥である《獅子派》筆頭。《超人派》の人体実験じみた研究を嫌悪している。。
星導館学園とアルルカントが共同で進める新型煌式武装開発のプロジェクトの代表責任者。
正式な契約を結ぶため星導館学園へと足を運び、綾斗達と対面する。

<a name="hirda"></a>

CV:田村睦心

エルネスタと同じく落星工学の分野において突出した才を持つ。
専門は煌式武装の研究開発で「汎用性にこそ意義がある」という信念を持ち、
使い手を選ぶような偏った武器武装を嫌っている。
性格は真面目で一本気であり、エルネスタとは腐れ縁の仲。
最大派閥である《獅子派》筆頭。《超人派》の人体実験じみた研究を嫌悪している。。
星導館学園とアルルカントが共同で進める新型煌式武装開発のプロジェクトの代表責任者。
正式な契約を結ぶため星導館学園へと足を運び、綾斗達と対面する。

ヒルダ・ジェーン・ローランズ

アルルカント・アカデミーの研究院所属の女生徒。
《超人派》会長。「創立以来の天才」と呼ばれ、《大博士》の異名を持つ。
『星脈世代』は人類の進化形であり、『魔女』や『魔術師』を崇高視する思想の持ち主。
後天的に『魔女』や『魔術師』っを生み出す「ハーキュリーズ計画」の総責任者。
倫理観が圧倒的に欠落しており、ひたすらに人体実験を繰り返してきたが、
四年前にリーゼルタニアの研究所で被献体(オーフェリア)が暴走し、脱走。
その際に研究所は壊滅し、その責任を取る形で《超人派》は大きく勢力を減退させた。
性格は残忍且つ狡猾。自分に関することは計算高く慎重だが、
無関心な他人に対してはあっさりしている。

アルルカント・アカデミーの研究院所属の女生徒。
《超人派》会長。「創立以来の天才」と呼ばれ、《大博士》の異名を持つ。
『星脈世代』は人類の進化形であり、『魔女』や『魔術師』を崇高視する思想の持ち主。
後天的に『魔女』や『魔術師』っを生み出す「ハーキュリーズ計画」の総責任者。
倫理観が圧倒的に欠落しており、ひたすらに人体実験を繰り返してきたが、
四年前にリーゼルタニアの研究所で被献体(オーフェリア)が暴走し、脱走。
その際に研究所は壊滅し、その責任を取る形で《超人派》は大きく勢力を減退させた。
性格は残忍且つ狡猾。自分に関することは計算高く慎重だが、
無関心な他人に対してはあっさりしている。

登場人物【その他】

天霧 遥


フローラクレム


天霧遥

綾斗の姉。幼くして母親を亡くした綾斗にとっては、母代わりでもあった。
非凡な才能を持ち、天霧辰明流道場を継ぐことがほぼ確定していたが、五年前に失踪。
万物を戒め封印する「禁獄」の力を持つ『魔女』
アスタリスクの治療院にて、自らの能力によって仮死状態に近い状態で発見された。

<a name="furola"></a>

綾斗の姉。幼くして母親を亡くした綾斗にとっては、母代わりでもあった。
非凡な才能を持ち、天霧辰明流道場を継ぐことがほぼ確定していたが、五年前に失踪。
万物を戒め封印する「禁獄」の力を持つ『魔女』
アスタリスクの治療院にて、自らの能力によって仮死状態に近い状態で発見された。

フローラクレム

ユリスが支援している孤児院の女の子。10歳。
普段はリーゼルタニアの王宮にメイドとして務めているが、
『鳳凰星武祭』に参加しているユリスの応援の為にアスタリスクを訪れる。
しかし、紗夜・綺凛ペアが準決勝で戦っている最中にヴェルナーによって拉致され、
綾斗の『黒炉の魔剣』を緊急凍結申請を行わせるための人質にされる。
しかし決勝戦当日に、紗夜と綺凛によって無事に救出される。
ユリスがリーゼルタニアに里帰りした際には、元気な様子を見せていた。

ユリスが支援している孤児院の女の子。10歳。
普段はリーゼルタニアの王宮にメイドとして務めているが、
『鳳凰星武祭』に参加しているユリスの応援の為にアスタリスクを訪れる。
しかし、紗夜・綺凛ペアが準決勝で戦っている最中にヴェルナーによって拉致され、
綾斗の『黒炉の魔剣』を緊急凍結申請を行わせるための人質にされる。
しかし決勝戦当日に、紗夜と綺凛によって無事に救出される。
ユリスがリーゼルタニアに里帰りした際には、元気な様子を見せていた。

水上学園都市 『六花』

北関東多重クレーターの湖上に浮かぶ水上学園都市。
ほぼ正六角形の形をしており、それぞれの角から六つの学園が外側へ競り出している。
その都市形状から、『六花』よりも『アスタリスク』と呼ばれることが多い。 
世界最大の総合バトルエンターテインメント『星武祭』の舞台であり、
住民の半数近くが学生かつ『星脈世代』で構成される。
中央区と外縁居住区に分かれており、中央区はさらに商業エリアと行政エリアに分かれる。
名目上は日本の一都市であるが、複数の統合企業財体が直轄統治される治外法権都市。
『六花』内では、モノレールと地下鉄が交通の手段であり、空港は存在しないため、
北関東多重クレーター湖に複数の整備された海上空港から、
船か飛行船を使い、独自の入国手続きを経た後に入ることになる。
統合企業財体が母体となって6つの学園を運営しているが、
統合企業財体においては、「経済的な成功・発展」が最重要項目であり、
『星武祭』を含めて、常に多数派の消費者が望む方向に運用されている。
見栄えの良い少年少女が『六花』に多く在籍している点や、
『星武祭』が参加者が学生限定に定められている点、
各学園の校風が、極端に個性的である理由も「消費者の需要を狙った演出」である。

北関東多重クレーターの湖上に浮かぶ水上学園都市。
ほぼ正六角形の形をしており、それぞれの角から六つの学園が外側へ競り出している。
その都市形状から、『六花』よりも『アスタリスク』と呼ばれることが多い。
世界最大の総合バトルエンターテインメント『星武祭』の舞台であり、
住民の半数近くが学生かつ『星脈世代』で構成される。
中央区と外縁居住区に分かれており、中央区はさらに商業エリアと行政エリアに分かれる。
名目上は日本の一都市であるが、複数の統合企業財体が直轄統治される治外法権都市。
『六花』内では、モノレールと地下鉄が交通の手段であり、空港は存在しないため、
北関東多重クレーター湖に複数の整備された海上空港から、
船か飛行船を使い、独自の入国手続きを経た後に入ることになる。
統合企業財体が母体となって6つの学園を運営しているが、
統合企業財体においては、「経済的な成功・発展」が最重要項目であり、
『星武祭』を含めて、常に多数派の消費者が望む方向に運用されている。
見栄えの良い少年少女が『六花』に多く在籍している点や、
『星武祭』が参加者が学生限定に定められている点、
各学園の校風が、極端に個性的である理由も「消費者の需要を狙った演出」である。

星導館学園

校章は、不撓の象徴たる赤い蓮の花「赤蓮」 前期の成績は総合五位。
生徒会長は、クローディア・エンフィールド。選出方法は、選挙。
主人公達が所属する学園。
運営母体は『銀河』保有する諜報工作機関は、夜吹英士郎が所属する『影星』
生徒の自主性を重んじる自由な校風で、校則も緩やか。
中等部、高等部、大学部を持ち、各部の校舎が広大な中庭を囲むように立っている。
初期は上位の常連で、かつては三冠制覇の経験もあるものの近年は低迷している。
傾向的には『鳳凰星武祭』に強く、学園としてもタッグ育成に力を入れている。
伝統的に『魔女』や『魔術師』の学生が多く、純星煌式武装の保有数はトップ。

校章は、不撓の象徴たる赤い蓮の花「赤蓮」 前期の成績は総合五位。
生徒会長は、クローディア・エンフィールド。選出方法は、選挙。
主人公達が所属する学園。
運営母体は『銀河』保有する諜報工作機関は、夜吹英士郎が所属する『影星』
生徒の自主性を重んじる自由な校風で、校則も緩やか。
中等部、高等部、大学部を持ち、各部の校舎が広大な中庭を囲むように立っている。
初期は上位の常連で、かつては三冠制覇の経験もあるものの近年は低迷している。
傾向的には『鳳凰星武祭』に強く、学園としてもタッグ育成に力を入れている。
伝統的に『魔女』や『魔術師』の学生が多く、純星煌式武装の保有数はトップ。

聖ガラードワース学園

校章は、秩序の象徴たる太陽の輪「光輪」 前期の成績は総合一位。
生徒会長は、アーネスト・フェアクロフ。 選出方法は、模擬戦。
運営母体は『EP(エリオット=パウンド)』保有する諜報工作機関は、
「情報審問官(インキュジター)」と呼ばれる工作員で構成する『至聖公会議(シノドミアス)』
規律と忠誠を絶対とした厳格な校風で、決闘についても原則的には禁じている。
創立以来、常に上位の成績を維持し、総合優勝の回数も六学園中トップ。
チーム戦である《獅鷲星武祭》に強く、学園としてもチームワークを重視して育成を行っている。
『冒頭の十二人』は『銀翼騎士団(ライフローデス)』と呼ばれ、構成員は『正騎士』と呼ばれる。
レヴォルフ黒学院と折り合いが悪い。

校章は、秩序の象徴たる太陽の輪「光輪」 前期の成績は総合一位。
生徒会長は、アーネスト・フェアクロフ。 選出方法は、模擬戦。
運営母体は『EP(エリオット=パウンド)』保有する諜報工作機関は、
「情報審問官(インキュジター)」と呼ばれる工作員で構成する『至聖公会議(シノドミアス)』
規律と忠誠を絶対とした厳格な校風で、決闘についても原則的には禁じている。
創立以来、常に上位の成績を維持し、総合優勝の回数も六学園中トップ。
チーム戦である《獅鷲星武祭》に強く、学園としてもチームワークを重視して育成を行っている。
『冒頭の十二人』は『銀翼騎士団(ライフローデス)』と呼ばれ、構成員は『正騎士』と呼ばれる。
レヴォルフ黒学院と折り合いが悪い。

レヴォルフ黒学院

校章は覇道の象徴たる二本の剣「双剣」 前期の成績は総合四位。
生徒会長は、ディルク・エーベルヴァイン。 選出方法は序列一位の指名。
運営母体は『ソルネージュ』保有する諜報工作機関は、秘匿性が最も高く、
『猫』と呼ばれる工作員で構成される『黒猫機関(グルマルキン)』
非常に好戦的な校風で、六学園で唯一、積極的な生徒の決闘を推奨している。
校則はないに等しい個人主義者の巣窟。金銭買収や犯罪に手をそめる者が後を絶たたず、
アスタリスク内での騒動は、レヴォルフの学生が絡んでいる場合が多い。
プリシラのような、まともな生徒も在籍してはいるが、それは非常に稀なパターン。
チームワークとは無縁であり、手段を選ばず勝ちを追求する学生が多いため

個人戦において圧倒的な強さを誇り、《王竜星武祭》の優勝数は六学園トップ。
ガラードワースとは折り合いが悪い。

校章は覇道の象徴たる二本の剣「双剣」 前期の成績は総合四位。
生徒会長は、ディルク・エーベルヴァイン。 選出方法は序列一位の指名。
運営母体は『ソルネージュ』保有する諜報工作機関は、秘匿性が最も高く、
『猫』と呼ばれる工作員で構成される『黒猫機関(グルマルキン)』
非常に好戦的な校風で、六学園で唯一、積極的な生徒の決闘を推奨している。
校則はないに等しい個人主義者の巣窟。金銭買収や犯罪に手をそめる者が後を絶たたず、
アスタリスク内での騒動は、レヴォルフの学生が絡んでいる場合が多い。
プリシラのような、まともな生徒も在籍してはいるが、それは非常に稀なパターン。
チームワークとは無縁であり、手段を選ばず勝ちを追求する学生が多いため

個人戦において圧倒的な強さを誇り、《王竜星武祭》の優勝数は六学園トップ。
ガラードワースとは折り合いが悪い。

クインヴェール女学園

校章は冀望の象徴たる名もなき女神「偶像」 前期の成績は、最下位の総合六位。
生徒会長はシルヴィア・リューネハイム。
運営母体は『W&W(ウォーレン・アンド・ウォーレン)』
保有する諜報工作機関は、情報操作のエキスパートが揃う『ベネトナーシュ』
六学園中唯一の女学園にして、最小の学園。
明るくきらびやかな校風で、入学条件に戦闘能力や学力にプラスして「容姿」を要求しており、
所属する学生は、皆トップアイドル級の美貌を誇るほか、
ガールズロックバンド『ルサールカ』など、実際にアイドル活動を行う学生も多く、
メディアへの露出も比較的高く、成績に関わらず多数のファンが存在する
制服を学生が自由にアレンジすることができる。
『星武祭』の総合成績を考慮せず、学生の魅力を引き出すステージとしてしか見ていない。

校章は冀望の象徴たる名もなき女神「偶像」 前期の成績は、最下位の総合六位。
生徒会長はシルヴィア・リューネハイム。
運営母体は『W&W(ウォーレン・アンド・ウォーレン)』
保有する諜報工作機関は、情報操作のエキスパートが揃う『ベネトナーシュ』
六学園中唯一の女学園にして、最小の学園。
明るくきらびやかな校風で、入学条件に戦闘能力や学力にプラスして「容姿」を要求しており、
所属する学生は、皆トップアイドル級の美貌を誇るほか、
ガールズロックバンド『ルサールカ』など、実際にアイドル活動を行う学生も多く、
メディアへの露出も比較的高く、成績に関わらず多数のファンが存在する
制服を学生が自由にアレンジすることができる。
『星武祭』の総合成績を考慮せず、学生の魅力を引き出すステージとしてしか見ていない。

界竜(ジェロン)第7学院

校章は帝王の象徴たる四神の長「黄龍」 前回の成績は、総合三位。
生徒会長は、范星露。選出方法は、トーナメント。
運営母体は『界龍』 保有する諜報工作機関は、過激さで知られる『龍生九子』
六学園中最大の規模を誇り、唯一の初等部が存在する一方で、
大学部や中等部などの区分けは特になく、才能さえあれば年齢を問わず受ける。
官僚主義と放任主義が絡み合う混沌とした校風で、あらゆる面でオリエンタルな雰囲気が濃い。
どの『星武祭』に強いといった特色はなく、安定的な成績を残している。
総合成績で一度も下位クラスに甘んじたことがない唯一の学園。
『星仙術』と呼ばれる独自の万応素感応能力普遍化技術を持ち、武術に秀でる。
学内には初代『万有天羅』によって築かれた『黄辰殿』と呼ばれる建物が存在し、
その扉を開くことが出来た人物が『万有天羅』の称号を継承する。
『万有天羅』の称号は、界龍では特別な意味を持っており、
統合企業財体ですら、この称号を冠する生徒の自由を妨げる事は出来ない。
諜報工作機関の『龍生九子』は、初代《万有天羅》が
自らのために作り上げた組織であり、六学園のなかで唯一の生徒会直属機関である。
学生の多くが鍛錬を目的とし、『星武祭』への出場は勿論、優勝すら二の次である為、
統合企業財体との関わりが、最も希薄である一面を持つ。

学内では様々な武術の流派が乱立しており、その中でも、
道士主体の「水派」と拳士主体の「木派」に分かれてる場合が多く、
水派の生徒は木派の生徒を軽視する傾向がある。

校章は帝王の象徴たる四神の長「黄龍」 前回の成績は、総合三位。
生徒会長は、范星露。選出方法は、トーナメント。
運営母体は『界龍』 保有する諜報工作機関は、過激さで知られる『龍生九子』
六学園中最大の規模を誇り、唯一の初等部が存在する一方で、
大学部や中等部などの区分けは特になく、才能さえあれば年齢を問わず受ける。
官僚主義と放任主義が絡み合う混沌とした校風で、あらゆる面でオリエンタルな雰囲気が濃い。
どの『星武祭』に強いといった特色はなく、安定的な成績を残している。
総合成績で一度も下位クラスに甘んじたことがない唯一の学園。
『星仙術』と呼ばれる独自の万応素感応能力普遍化技術を持ち、武術に秀でる。
学内には初代『万有天羅』によって築かれた『黄辰殿』と呼ばれる建物が存在し、
その扉を開くことが出来た人物が『万有天羅』の称号を継承する。
『万有天羅』の称号は、界龍では特別な意味を持っており、
統合企業財体ですら、この称号を冠する生徒の自由を妨げる事は出来ない。
諜報工作機関の『龍生九子』は、初代《万有天羅》が
自らのために作り上げた組織であり、六学園のなかで唯一の生徒会直属機関である。
学生の多くが鍛錬を目的とし、『星武祭』への出場は勿論、優勝すら二の次である為、
統合企業財体との関わりが、最も希薄である一面を持つ。

学内では様々な武術の流派が乱立しており、その中でも、
道士主体の「水派」と拳士主体の「木派」に分かれてる場合が多く、
水派の生徒は木派の生徒を軽視する傾向がある。

アルルカントアカデミー

校章は叡智の象徴たるミネルバの使い「昏梟」 前期の成績は総合二位。
生徒会長は、佐近州馬。運営母体は『フラウエンロープ』
落星工学の研究に特化した学園で、六学園中唯一『研究院』という部門を持つ。
徹底した成果主義を奉じる校風で、学生は「研究クラス」と「実践クラス」の二つに分けられ、
実践クラスには『魔女』と『魔術師』を対象とした『特待献身生』という制度が存在する。
しかし、その実態は実験体に近いものであり、
通常はアルルカントへ入学する《魔女》や《魔術師》は少ない。
研究クラスでは、他学園以上に内部の抗争が激しく、
『獅子派(フェロヴィアス)』 / 『彫刻派(ピグマリオン)』 
『黒夫人派(ソネット)』 / 『思想派(メトセラ)』 / 『超人派(テノーリオ)』
と呼ばれる5つの派閥が生じており、それぞれ派閥によって得意分野が異なる。
世界でもトップクラスの落星工学技術を有し、学生がその恩恵を最大限に享受している。
そのため学生が操る煌式武装の性能は、平均的に他学園を凌駕している。
積極的な煌式武装の研究開発を行っており、
未知の技術が星武祭で披露されることも珍しくない。
創立当初は、クイーンヴェールに並ぶ順位であったが、近年は強豪校へと躍進している。

校章は叡智の象徴たるミネルバの使い「昏梟」 前期の成績は総合二位。
生徒会長は、佐近州馬。運営母体は『フラウエンロープ』
落星工学の研究に特化した学園で、六学園中唯一『研究院』という部門を持つ。
徹底した成果主義を奉じる校風で、学生は「研究クラス」と「実践クラス」の二つに分けられ、
実践クラスには『魔女』と『魔術師』を対象とした『特待献身生』という制度が存在する。
しかし、その実態は実験体に近いものであり、
通常はアルルカントへ入学する《魔女》や《魔術師》は少ない。
研究クラスでは、他学園以上に内部の抗争が激しく、
『獅子派(フェロヴィアス)』 / 『彫刻派(ピグマリオン)』
『黒夫人派(ソネット)』 / 『思想派(メトセラ)』 / 『超人派(テノーリオ)』
と呼ばれる5つの派閥が生じており、それぞれ派閥によって得意分野が異なる。
世界でもトップクラスの落星工学技術を有し、学生がその恩恵を最大限に享受している。
そのため学生が操る煌式武装の性能は、平均的に他学園を凌駕している。
積極的な煌式武装の研究開発を行っており、
未知の技術が星武祭で披露されることも珍しくない。
創立当初は、クイーンヴェールに並ぶ順位であったが、近年は強豪校へと躍進している。

用語・設定

落星雨(インベルティア)


二十世紀に地球を襲った未曾有の大災害。
三日三晩に渡って世界中に隕石が降り注ぎ、多くの都市が壊滅した。
結果、既存国家は著しく衰退し、『統合企業財体』と呼ばれる新たな経済主体が誕生する。
また、隕石群からは未知の元素である『万応素』が検出され、
科学技術の発展を促すと共に『星脈世代』と呼ばれる特異な力を持つ新人類を生み出した。
『落星雨』は、いずれの観測機関もその予兆を捉えることがなく、
通常の隕石と比べて破壊規模が小さすぎるため、「ただの隕石ではない」とされる。

統合企業財体


『落星雨』の後、混乱の極みにあった世界経済を乗り越えるために
無数の企業が融合して誕生した新しい経済主体。疲弊した国家を遥かに凌ぐ力を持つ。
かつては八つ、現在は六つの統合企業財体が存在し、実質的に世界をコントロールしている。
アスタリスクにおいては各学園の運営母体でもある。

万応素(マナ)


『落星雨』によって地球にもたらされた未知の元素。
『落星雨』によって世界中に拡散したことで、現在はどこにでも存在している。
特定条件を満たした生物の意志に反応し、周囲元素とリンクしあらゆる事象・物質へと変化する。

星脈世代(ジェネステラ)


万応素の影響を受けて誕生した新人類。『六花』の学生の殆どがこれにあたる。
一般常識を覆す卓越した身体能力と、『星辰力』と呼ばれるオーラを身に有している。
中でも、生身で万応素とリンクすることで異能力を扱う事の出来る者は希少な存在であり、
女性は『魔女(ストレガ)』 / 男性は『魔術師(ダンテ)』と呼ばれる。
一方で、一般社会においては「異端な存在」としても扱われており、
社会からの潜在的な差別意識や特別意識を向けられることも少なくはない。
その差別意識は、《星武祭》への批判が一挙集中しないことの理由の一つでもある。

落星工学


『万応素』や『落星雨』で落ちてきた隕石に関する学問。
万応素の働きについては未知の部分が多いものの、
隕石に多く含まれるレアメタルを利用したマナダイトの研究が進んでいる。

翡翠の黄昏


アスタリスク史上最大の人質テロ事件。
犯行グループは、思想的指導者ラディスラフに導かれた学生の信派を含んだ七十七人で、
約四分の一は金銭目的で犯行に加担したとされている。
首謀者及び主要メンバーはほぼ全員逮捕されたが、七人が逃げおおせている。

星武祭(フェスタ)


統合企業財体が主催となって『六花』で開催される学生同士の大規模な武闘大会。
世界最大の興行規模を誇り、世界中にライブ放送されるなど、注目度が非常に高い。

3年を一区切りとし、以下の3種類の大会が開催される。
初年の夏に行われるタッグ戦 → 《鳳凰星武祭(フェニクス)》
2年目の秋に行われるチーム戦 → 《獅鷲星武祭(グリプス)》
3年目の冬に行われる個人戦は → 《王竜星武祭(リンドブルス)》

勝敗は、校章の破壊によって決着とされるほか、エンターテイメントであるため、
明らかな残虐行為や殺傷を目的とした攻撃は処罰の対象となる。

星武憲章(ステラ・カルタ)


『六花(アスタリスク)』の全ての学生に適用される厳格なルール。
違反したものには退学を含めた厳しい処分が下される。重要な項目は以下の3項。

・学生同士の闘争は、互いの校章を破壊することを目的とする場合のみこれを許可する。
・学生が《星武祭》へ参加できる期間は、13歳から22歳までの10年間とする。
・学生が《星武祭》へ参加できる回数は、3回を上限とする。

蝕武祭(エクリプス)


非合法・ルール無用の武闘大会。
ギブアップは不可能で、決着は意識の喪失か、絶命よって決まる。
捜査を担当したヘルガ等星猟警備隊によって潰されたが、
開催場所は、アスタリスクにおける最下層である水中であった。

星辰力(プラーナ)


星脈世代が持つ特殊なオーラであり、
強力な武器による戦闘が日常である『六花』の学生達が、
命に影響を及ぼす致命的な怪我を負うことが少ない理由でもある。
《魔女(ストレガ)》や《魔術師(ダンテ)》はこれを糧に能力を使用する。
星辰力のコントロールは、『星脈世代』の基本技術であり、
星辰力を利用することで攻撃力や防御力などを増幅させることが可能であり、
特に防御面においては、顕著にその効果が現れる。
身に秘めた全てを使い果たすと意識が消失するが、基本的には時間と共に回復する。

星仙術


『界龍第七学園』が開発し、発達させた万応素のコントロール技術であり、
万応素の反応を体系的に分類し、系統的な技術として習得できるようにしたもの。
根本的に『魔女』や『魔術師』の素質がない者には、習得することが出来ないが、
『魔女』や『魔術師』の能力のように、個人の才能に依拠するものではなく、
汎用化されて技術であるため、修練を積めばある程度の実力を得ることが出来るほか、
『魔女』や『魔術師』には難しい「複数の能力の使用」も可能となる。
星仙術を扱う能力者は『道士』と呼ばれる。

マナダイト


万応素が結晶化した特殊な鉱石。
一定の負荷を与えることで特定の元素パターンを記憶・固定化させる性質を持つ。
本来、地球上には存在しないはずの物質であり、
《落星雨》によって落ちてきた隕石から採掘されている。
煌式武装の起動体のほか、落星工学により様々な製品に幅広く用いられている。

ウルム=マナダイト


普通のマナダイトよりも極めて純度の高いマナダイトの総称。
大変希少なものであり、これをコアに据えた煌式武装は純星煌式武装と呼ばれる。
色や形は全て異なり、同じものは2つとして存在しない。
また、鉱石自体に意思のようなものが存在するとされている。

煌式武装 (ルークス)


マナダイトを核に造り上げた武具の総称。
マナダイトに元素パターンを記憶させることにより、発動体からその素体を具現化させる。
周囲の万応素を集約することで、光状の刃や弾丸など、様々な物体の生成が可能であり、
発動隊の動力自体も万応素から抽出している。

純星煌式武装 (オーガルクス)


ウルム=マナダイトと呼ばれる物質をコアに利用した武器の総称。
強力・特殊な能力を秘めているものが多いが、様々な「代償」を使用者に求める。
さらに武器自体に意思のようなものが宿っており、相性によっては触れることすら出来ない。
アスタリスクにおいては、相性は適合率として測定される。
総合企業財体がその多くを有し、管理を委任された各学園が、
適合率の高い学生に貸し出す形でアスタリスクへと提供されている。

流星闘技 (メテオアーツ)


使用者の星辰力を大量に消費し、一時的に煌式武装の威力を増大させて放つ必殺技。
正式には「過励万応現象」と呼ばれ、煌式武装をオーバーロードさせる行為であるため、
煌式武装に対する事前の調整と使用者の熟練度が必須として求められる。

四色の魔剣


純星煌式武装の中でも、比較的古い部類ではあるが、
非常に強力かつ無慈悲な能力を有する4本の魔剣。
剣自体に所有者を選ぶ性格があり、これまでの歴史においても適合者は少ない。。

『白濾の魔剣(レイ=グラムス)』/『黒炉の魔剣(セル=べレスタ)』
『赤霞の魔剣(ラクシャ=ナーダ)』/『青鳴の魔剣(ウォーレ=ザイン)』

黒炉の魔剣 (セル=べレスタ)


星導館学園が管理し、後に綾斗に貸与される純星煌式武装の1つ。
「触れなば溶け、刺せば大地は坩堝と化さん」と恐れらる『四色の魔剣』の一振り。
外形は鮮やかな赤色のコアに、名前に反した透き通るような純白の刀身をもち、
解放状態の下では、真っ白な刀身に黒い文様が巻きつくように周囲に浮かび上がる。
貸与履歴が改ざんされており、かつて綾斗の姉:遥が使っていたと言われている。
気難しい性格で知られ、所有者を厳格に選ぶ傾向があるが、
肉が焼けながらも柄を手放さなかった綾斗との適合率は97パーセントにも達した。
剣術に優れた綾斗の手により、耐熱処理を施された人形を溶断するほどの剣戟を生み出す。

在名祭祀書(ネームド・カルツ)


水上学園都市 『六花(アスタリスク)』 の各学園の序列制度を元に、
それぞれの学園が有する実力者を明確にするためのランキングリストのこと。

冒頭の12人(ページ・ワン)


『在名祭祀書』の1枚目に名前が連ねられている12名を示した呼称。
この12人の実力は折り紙付きであり、学園内において非常に注目される存在であり、
彼らの動向は、学園の生徒たちからは関心の的となっている。
一方で、隙あらばその座を狙おうとする生徒も少なくないため、常に監視や襲撃の対象にされる。
聖ガラードワース学園における『冒頭の十二人』は『銀翼騎士団(ライフローデス)』と呼ばれ、それ以下の序列の生徒は、騎士団に入ることを目標としている。

メディア展開

TV アニメ-ション

アニメーション制作 : A-1 Pictures
総監督 : 小野学
  監督 : セトウケンジ
キャラクターデザイン :川上哲也

2015年4月4日、アメリカのシアトルで開催されたイベント
『Sakura-Con 2015』 にてアニメ化が発表された。

分割2クールの放送で、1stシーズン(全12話)は2015年10月より放送中。
2ndシーズン(全12話)は、2016年春より放送予定。
1stシーズンの次回予告には、Live2D が採用されている。

<a href="#top">【作品概要】へ戻る</a>

https://www.youtube.com/watch?v=cfMS9ZHp26I
<script type="text/javascript" src="http://ext.nicovideo.jp/thumb_watch/sm27292978?w=490&h=307">
出典: rootbuzz.jp

アニメーション制作 : A-1 Pictures
総監督 : 小野学
 監督 : セトウケンジ
キャラクターデザイン :川上哲也

2015年4月4日、アメリカのシアトルで開催されたイベント
『Sakura-Con 2015』 にてアニメ化が発表された。

分割2クールの放送で、1stシーズン(全12話)は2015年10月より放送中。
2ndシーズン(全12話)は、2016年春より放送予定。
1stシーズンの次回予告には、Live2D が採用されている。

【作品概要】へ戻る

https://www.youtube.com/watch?v=cfMS9ZHp26I

ゲーム

2015年8月22日に配信されたニコニコ生放送
『学戦都市アスタリスク ファーストミーティング』 にて発表された。
PlayStation Vita用ソフトとして、2016年1月28日に
バンダイナムコエンターテインメントから発売予定。

<a href="#top">【作品概要】へ戻る</a>

2015年8月22日に配信されたニコニコ生放送
『学戦都市アスタリスク ファーストミーティング』 にて発表された。
PlayStation Vita用ソフトとして、2016年1月28日に
バンダイナムコエンターテインメントから発売予定。

【作品概要】へ戻る

Fessan white 上に戻る