ヒロシだけじゃない!屋良有作が担当したアニメキャラまとめ

屋良有作さんをご存知でしょうか?コミカルから悪役、ナレーションまで担当する実力派のベテラン声優さんです。今回は、すぐにはピンとこなかった人のためにも、屋良さんが担当されたアニメキャラをまとめてみました。

屋良有作さんとは?

来歴

出典:http://cached.static.festy.jp

やら ゆうさく

屋良 有作

プロフィール

本名\t川部 奨

かわべ すすむ

性別\t男性

出生地\t日本の旗 日本・東京都

生年月日\t1948年3月15日(68歳)

血液型\tA型

身長\t174 cm

職業\t声優、俳優、ナレーター

事務所\tビーボ

活動

活動期間\t1975年 –

デビュー作\t『宇宙の騎士テッカマン』(警備兵)

出典:https://ja.wikipedia.org

1948年生まれで、最初は普通のサラリーマンでした。2社でエンジニアと営業を経験した後、会社の方針に疑問を感じ退社。その後、演技者を志すようになったそうです。

声優としてのデビューは1975年。以後、現在に至るまで約40年以上も第一線で活躍し続けています。

担当したアニメキャラ

ちびまる子ちゃん ヒロシ

出典:http://i2.wp.com

言わずと知れた国民的超人気アニメ。そこで、主人公・まる子のお父さんであるヒロシをやっていると言えば、ほとんどの方がピンとくるのではないでしょうか。屋良さんは1990年の放送開始から現在に至るまで一貫してヒロシ役を担当しておられます。

ヒロシといえば別の国民的アニメを思い出す方も多いかと思われますが(藤原さん病気の方は大丈夫でしょうか・・・)、ヒロシといえば屋良有作、屋良有作といえばヒロシといっていいほどの、代表キャラクターでしょう。

やはり、誰にでもわかるキャラをやっているのは声優として大きなアドバンテージになるものですね。ただ、屋良さんのキャラはもちろんヒロシだけではないんです!これから紹介していきます。

https://www.youtube.com/watch?v=vvx1ntSh10o

ドクタースランプ 則巻千兵衛

出典:http://ciatr.jp

ドクタースランプはドラゴンボールで有名な鳥山明先生の作品。ちびまる子ちゃんと同じく、知っている人も多いことでしょう。アニメ化も何回かされるほどの人気作品ですが、屋良さんは1997年に放送が始まった第2シリーズで発明家の則巻千兵衛を担当しています。

 則巻千兵衛は、本作の主人公であり超高性能のアンドロイド・アラレを作った天才科学者。ただ、ちょっとおどけたところがありそのギャップがいい味を出しているキャラです。

ちびまる子ちゃんのヒロシと同じく、コミカルな演技は屋良さんの強みかもしれません。

珍鎮々

出典:http://www.4gamer.net

ジャンプつながりで、『トリコ』のキャラクターです。わりと最近の作品なので若い方にも馴染みがあるのではないでしょうか。

食林寺の師範で、第ゼロビオトープの職員でもありました。食義をマスターしており、主人公のトリコのナイフやフォークとは違い、スプーンを具現化して戦う戦闘スタイルをとる、かなりの実力者です。

しかし、普段は人の名前がなかなか覚えられないなど、少しとぼけた一面も。屋良さんはこういう役に縁があるのでしょうか。名前の読み方も珍鎮々(チンチンチン)と、どこかギャグキャラを思い起こさせますし(笑)

 

出典:https://encrypted-tbn3.gstatic.com

銀魂 地雷亜

出典:http://onepiece-jump-manga.com

こちらもジャンプつながりで『銀魂』からのキャラクターですが、これまでと打って変わって、シリアスな悪役です。

元・将軍つきの忍者集団、御庭番衆、その中でも有数の実力者でした。将軍への忠義はかなりのもので将軍のために自らの顔を焼くこともありましたが、とある事情から闇落ちして将軍暗殺を企てるまでになり、後に銀時と月詠の前に立ちふさがります。

 コミカルでおどけたキャラだけでなく、地雷亜のように渋めで低い声を出す悪役もこなすことができる。屋良さんの魅力は留まるところを知りません。さすがベテランと恐れ入るところです。

ガン×ソード バロン・メイヤ

出典:http://blog.livedoor.jp

個人的趣味も交えて少しマニアックな作品から。こちらも悪役ですが、地雷亜と比べると少々シリアス度?が下がるしれません。声もけっこう高めです。第2話オンリーのゲスト敵キャラとして登場し、主人公一行とバトルを繰り広げます。

特徴はなんと言っても、そのながーい髭。ただの髭でなく自身の研究成果から生み出された特殊な繊維でできており、伸縮自在で物や人を運び武器にもなるというスグレモノ。本人も髭にはこだわりがあるらしく「ヒゲ・ウィーゴー!(ヒア・ウィ・ゴー!)」という決め台詞は、ものすごく印象に残ります。

全26話中たった1話しか出番がないのにここまで印象強いキャラに仕上がっているのは、屋良さんの演技力もあってのことでしょう。少し脱線しますが、おもしろいのは2話だけではありません。ガンソードおすすめです!

ナレーション(銀河英雄伝説、戦国コレクション、ブレイブウィッチーズ)

銀河英雄伝説

出典:http://www.rrj.jp

屋良さんを語る上で外せないのがナレーションとしての役割。最後にまとめて3作品から紹介したいと思います。

まず、1つ目が『銀河英雄伝説』。「銀河の歴史がまた1ページ」というセリフに聞き覚えがある方も多いのではないでしょうか。

戦国コレクション(23話)

出典:http://matome.naver.jp

2つ目が『戦国コレクション』。明らかに『銀河英雄伝説』のパロディと思われる回があり、23話だけですがナレーションを務めています。

この回、作品屈指の神回。1話完結のオムニバス形式なのでこれだけ見るのもおすすめです。

ブレイブウィッチーズ

出典:https://cupo.cc

ナレーションというと声優の中でも実力のある一部の人しか担当できないイメージがあります。業界内でも屋良さんは一目置かれているのでしょうね。

それを示すように、今期話題のアニメ『ブレイブウィッチーズ』でもナレーションを努めておられるようです。

終わりに

いかがでしたでしょうか?今回は幅広い役をこなすベテラン声優、屋良有作さんについて紹介しました。40年以上も現役で、今期アニメでもナレーションをしているのは驚きですよね。

これを機に屋良さんが出演されている他の作品をチェックしてみるのもいいかもしれませんね。