山本彩はかわいくてギターの似合うエース!祝・ソロデビュー!

NMB48発足からキャプテンとしてチームを引っ張ってきた山本彩が、長年の夢だったシンガーソングライターとして活動を開始!念願のソロデビューを果たしました!そんなアーティストとしてのさや姉についてまとめてみました。

祝!さや姉ソロデビュー!

出典:https://prcm.jp

私がさや姉を始めてみたのはNMB48劇場のこけら落とし公演の時に、関西ローカルのテレビ番組で、これからライブをやるという劇場からの中継で、その中心で番組の出演者とのやり取りをしっかりしていたのがさや姉。

「こんな可愛い子が大阪におったん?AKBに引けを取らないアイドルやん!」っていうのが私の第一印象。その時も1曲か2曲披露していたんだけど、ダンスもただのアイドルって感じではなくて

可愛いというよりもカッコいいに近い印象がありました。それは昔から今も変わらないイメージでしょうか?それが私がさや姉を初めて知ったときの話。そして関西人あるあるなんだけど、関西出身の芸能人は身内のように応援してしまうという感覚で密かにNMB48や、さや姉のことを応援していました。

そんなさや姉が!なんと!なんと!待ちに待ったソロデビュー!!!長かった~っていうのが正直な感想です。アーティスト、シンガーソングライターという肩書きがこれだけ似合うアイドルは山本彩以外にはいないのではないかと個人的には思っています。

ソロデビューはアルバムから!

出典:https://www.amazon.co.jp

https://www.amazon.co.jp/Rainbow-%E5%88%9D%E5%9B%9E%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%9B%A4-DVD%E4%BB%98-%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%BD%A9/dp/B01LMYE2OM

1. レインボーローズ [作詞・作曲:山本彩 編曲:亀田誠治]

2. 雪恋 [作詞・作曲:山本彩 編曲:亀田誠治]

3. ヒトコト [作詞:いしわたり淳治 作曲:百田留衣 編曲:亀田誠治]

4. 彼女になりたい [作詞・作曲:山本彩 編曲:亀田誠治]

5. 愛のバトン [作詞:いしわたり淳治 作曲:蔦谷好位置 編曲:亀田誠治]

6. BAD DAYS [作詞・作曲:TAKURO 編曲:亀田誠治&TAKURO]

7. 月影 [作詞・作曲:山本彩 編曲:亀田誠治]

8. スマイル [作詞・作曲・編曲:亀田誠治]

9. 心の盾 [作詞・作曲:山本彩 編曲:亀田誠治]

10. ひといきつきながら [作詞:岩田純平 作曲:生沢佑一 編曲:亀田誠治]

11. 疑問符 [作詞:秋元康 作曲:山本彩 編曲:亀田誠治]

12. 幸せの欠片 [作詞・作曲:山本彩 編曲:亀田誠治]

13. メロディ [作詞・作曲:スガ シカオ 編曲:亀田誠治]

出典:https://www.amazon.co.jp

ソロデビューがアルバムからって珍しいですよね。だいたいシングルを何枚か出してから様子を見てアルバムを出すっていうのが一般的だと思っていました。しっかり13曲収録されていて、その中半分以上の7曲がさや姉が作詞作曲しています。

しかも!  音楽プロデューサーの亀田誠治だったり、あとはGLAYのTAKUROさんやスガシカオさんなど、かなり渋いところから楽曲提供を受けていたりしているのも、アイドル要素よりアーティスト要素が強いアルバムという感じです。

AKBとかNMBとかアイドルには興味はないという人であっても、歌謡曲とかポップスが好きという人も「いいアルバムだな」と思えるような仕上がりになっています。さや姉の抜ける声も心地いいし、歌唱力の安定感は間違いなしです。

過去にバンドを組んでいました!

出典:https://prcm.jp

芸能スクール、リトルキャットに所属し当時小学生だった3人が、芸能事務所スマイルカンパニーの育成契約を得、社名からSmile2Girlsの名でバンドを結成。2008年にソニー・ミュージックエンタテインメントからメジャーデビューを果たした。

当時はスーパー女子中学生バンドと呼ばれ、デビューシングルの「Girls be Ambitious!」はBSフジのアニメ『もえがく★5』のオープニングテーマに使われた。

その後コロムビアミュージックエンタテインメントへ移籍し、ミニアルバム「POSITIVE」を発売したが、ARISAの脱退などを経て2009年末に解散している。

出典:https://ja.wikipedia.org

じつはNMBになる前にさや姉は、メジャーデビューをしていました。しかも!ガールズロックバンドで!その名も!MAD CATZ!2008年から2009年までの1年だけだったようですが、その頃からギターとボーカルの担当で唯一1枚だけ出したアルバムでは作詞もしているんです。

今のギターで歌うというスタイルは中学生のころから培われていたものだったんですね。他のメンバーの方たちが今は何をしているかは知らないけど、やっぱりさや姉が一番かわいいなと思ってしまうのは私だけではないはず。

CMで見せた弾き語りがかわいい…

https://youtu.be/j4V3M3m3O8U?list=PLB7TAR6QfgDJuSkOTxoTT06GQECSEToMfさや姉が河川敷でギターを片手に歌っているJTのCM。そのさや姉がめちゃくちゃ可愛い!ギターを弾きながら歌っているのが一番癒されます。透き通った綺麗な優しい声で、聞いてるだけで嫌なことも忘れてしまいます。

このJTのCMはいろんなバージョンがあって、弾き語りで歌っているのはWEB限定バージョンです。そしてあの撮影場所は東京の北千住だという噂も。素朴な風景とギターの音色がさや姉の澄み渡った声にピッタリで何度も何度も見てしまいます。

頑張って歌ってる感じじゃないところが、隣で歌ってくれているような気分にもなります。いつも家ではこんな力の抜けた感じで弾き語りしてるのかなと想像できるところもいい。

私物のギターにも注目!

小5から買ってきたギターは約10本

出典:http://www.sponichi.co.jp

「夜帰ると、何げなくギターに触ってますね。弾いてる時は無心です。気がついたら時間が過ぎてます」

出典:http://www.sponichi.co.jp

さや姉とギターとの出会いは小学5年生の時にアブリル・ラビーンのファンになったことがきっかけで最初はフェンダーのストラトキャスターを買ってもらったそうです。現在は約10本持っていて、ここ数年で一気に増えたんだとか。

エレキはフェンダーやPRS、ギブソン、フェルナンデス、G&L、アコギはマーチンやギブソン。有名なメーカーのものは一通り持ってるようですね。どれだけ疲れて帰っても自然とギターを手にしてるんだって。

この写真でも抱えていて、さや姉のエレキ姿はこの赤いギターの印象が強い人も多いのではないでしょうか?
これはPaul Reed Smith(ポールリードスミス) SE custom24 高級なギターも多いのですが、さや姉が使っているのは7万から8万円くらいのものだそうです。このギターの曲線や赤い色がさや姉の可愛さが引き立ちます。

アコギもこだわってる?

出典:http://ripy-jm.com

アコギも色んな種類を持っている姿を見かけるのですが、基本的に自分の体に合った少し小さめのものを選んでいるのだとか。女性ギタリストは手が小さい人も多いので、比較的小さめのモデルを選んだりしていますよね。

Martin(マーティン)とかYairiという岐阜にあるオーダーメイドで作ってくれるブランドのものとかも使っているようです。今では体の一部にもなっているギターでもあるし、商売道具でもあるギターなので細かなこだわりを持って選んでいるようですね。

ギブソンのレスポールも買った

出典:https://twitter.com

今後の活動は?

大御所とデュエット

出典:http://natalie.mu

楽曲自体、将来年を重ねて歌うことで

更に深みを増し

味わい深くなる様な

大人っぽいものになっています

出典:https://twitter.com

AKB48が2017年1月25日にリリースするニューアルバム

「サムネイル」 で、 歳の差40歳という大御所アーティストと稲垣潤一とデュエットをしているさや姉。今までにない大人の歌になっているそうです。

48グループを知らなかった世代へのアプローチや、アーティストとしての幅も広がりそう。歳を重ねても歌えるという未来のことまで考えれて歌っているなんてアイドルの枠を超えたアーティスト魂が見えます。

やっぱり気になるのはこれ

出典:https://twitter.com

なんだかんだ今後気になることは、やっぱり「卒業」ですよね。一緒に頑張ってきた1期メンバーが次々と卒業するなか、さや姉も本格的なソロ活動。ファンからすると卒業するための準備が始まったのかとも思う。

大人の色気も最近は増してきてアイドル、アーティストとしてだけではなく、一人の女性として「結婚」とかだってあり得るわけだけど、ファーストアルバムがこれだけクオリティの高いものが出来上がったということは、これからの新曲ももっともっと素晴らしい曲が生まれてくるのだろうと期待している。

まとめ

出典:https://twitter.com

ものすごくファンというわけではなかったさや姉のことを色々と調べていくうちに、本人のツイッターを最初から読んでみて、山本彩という人は多くの人に慕われ、いつも本音で人や仕事と向き合い、常にファンやスタッフへの感謝を持ちながら過ごしていることを知りました。

可愛いとカッコいいがアイドルとして今までにないくらいにバランスが取れている人だとは思っていたけど、さらにその可愛さとかっこよさを知り、音楽への愛も知り、ギターの腕前もこれからどんどん磨かれていくだろうし、歌も歌えば歌うほど磨かれていくだろうし、ダンスのクオリティーも高い。

そしてさらに今後はシンガーソングライターとして、どんな音楽を生み出すのだろうと楽しみになってきました。これからもさや姉に注目していきたいと思います。