ブラッド・ピットのフェロモンMAXな映画10選!

男性から見てもかっこいいブラッド・ピット。これだけのイケメンなら女性にもてて当たり前。出演した映画はたくさんある中で、特に女性を虜にしたブラッド・ピットの映画を紹介

ブラッド・ピットのプロフィール

出典:http://fury-movie.jp

映画「フューリー」での一場面です。戦場にいても美しいんですね。この映画では、監督も務めています。イケメンだけでなく多才なんですね。”天は二物を与えず”と言いますがいったいいくつ与えられているんでしょう。

本名\tWilliam Bradley Pitt

生年月日\t1963年12月18日(53歳)

出生地\tアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オクラホマ州シャウニー

国籍\tアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

職業\t俳優・映画プロデューサー

ジャンル\t映画

活動期間\t1987年 –

配偶者\tジェニファー・アニストン(2000年 – 2005年)

アンジェリーナ・ジョリー(2014年 – 2016年)

出典:https://ja.wikipedia.org

1987年「追い詰められて」の端役でデビュー。この時、クレジットもなかったらしいです。その後、テレビや映画にゲスト出演したりして確実に演技力をつけていきます。

一気に知名度が上がったのは、1991年の「テルマ&ルイーズ」ですね。思ったよりメジャーになるまでに時間がかかってるんですね。

ブラッド・ピットの魅力とは?

出典:http://shiroiboushi.jp

ハリウッド界でもより一層イケメンぶりが目立つブラッド・ピット。しかし、この容姿がゆえに”顔が整いすぎていて売れない”と言われていました。個性がないとダメだということらしいです。

ということで、デビュー当時はそのカッコよさを隠すために、わざと汚い姿をする役や、ちょっと異常な役などを積極的にやっていたのです。それでも、これだけの美しさを隠しきれるはずもなく・・・・

数々の映画に出演しているブラッド・ピットの特に男のフェロモンを出し尽くし、女性を悩殺した映画を紹介

第10位 ベンジャミン・バトン~数奇な人生~

産まれたときは80歳の老人で、だんだんと若がえっていき最期は赤ちゃんになって死んでいくという話で、ブラピは主人公のベンジャミン・バトン役。この作品で初めてアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされるんですね。

デイジー=ケイト・ブランシェットという恋人ができるんですが、デイジーは年を取って行くのに自分は若返っていくという苦悩があります。幸せな恋愛をしているときのブラピは、ごくごく普通なんです。

それ故に「こんな人がこんな風に隣にいたらどうしよう・・・」って簡単に妄想できるんです。人生は素晴らしいということを思わせてくれるストーリーなのですが、ブラピの苦悩する顔がとってもセクシーです。

第9位 12モンキーズ


この映画ブラピは主演ではありません。ウィルスによって人類の99%が死んでしまった未来からやってく来るジェームス=ブルース・ウィルス。12モンキーズを名のる集団がこのウィルスばらまいたことが分かり、その集団を探そうとします。

そしてこの12モンキーズのリーダーが精神病院にいるブラピ。今でこそ、若いこれからの俳優が演技力をつけるために変わった役を引き受けたりしていますが、1995年時に、自分のイメージを下げてしまいそうな役をやる若手って珍しかったので驚きました

素敵だとは言えないのですが、どこ見てるかわかんない目がなかなかいいんです。世の中には異常者を信望するひとがいるようですが、きっとこんな人に惚れちゃって、刑務所にファンレター出したりしちゃうんでしょうね。

第8位 ファイトクラブ

仕事では成功しているものの不眠症に悩まされる僕=エドワード・ノートン。ある日、出張中に自宅のコンドミニアムが爆発してしまいます。途方に暮れる僕が相談する相手が、機内で知り合った石鹸の行商人であるタイラー=ブラピ。

酒場を出たとき、突然タイラーに殴ってくれと頼まれ、言われるがままに僕は殴り始める。だんだん二人は本気になりボロボロになるが、その痛みが生きている実感となります。同じような人たちが集まり、いつしか地下室で1対1で戦う「ファイトクラブ」が開催されるようになるのです。

ちょっと弱気な僕に対して、危険で圧倒的なカリスマ性をそなえ「ファイトクラブ」を率いるブラピ。素手で戦うファイトクラブのリーダーですから、余すところなく肉体美をご披露してくれています。

第7位 ジョーブラックをよろしく

人の姿を借りて、死期の近い人に会いに行く死神・ジョーブラック=ブラピ。ところがお迎えに上がった男の娘・スーザンと恋に落ちてしまうんです。この映画でのブラピは絵に描いたような王子様。

金髪に青い目、身長も高くスラリと伸びた長い脚。おまけにタキシードなんか着ちゃうんです。その姿は完璧。こっそりお迎えに来る死神役なので、穏やかなジェントルマンの佇まいもまたいいんですね。

容姿が完璧なのに対して、ストーリーは他の出演作品と比べるとちょっと物足りない感じもします。でも、1つくらい彼の魅力を思う存分味わえる作品があってもいいと思います。

第6位 セブン・イヤーズ・イン・チベット

登山家ハインリヒ・ハラーの自叙伝を映画化したもの。ヒマラヤ山脈への登山に向かうが、第二次世界大戦中のためインドでイギリス軍につかまり捕虜となります。その後脱獄しチベットへ逃げ、首都ラマで過ごします。

ハラー=ブラピは14歳のダライ・ラマと出会い親交を深めます。ダライ・ラマと初めて会った時、ラマが「黄色い髪」と笑いながら、ブラピの髪をくしゃくしゃに触るんですが、光り輝いてサラッサラッ!

しかし、中国共和党がチベットへ軍事侵略して来て独立を失い、ハラーも7年を過ごしたチベットを去り自国・オーストリアに戻ります。

白いマフラーをするシーンがあるんですが、世の中にこれ以上白いマフラーが似合う人はいないですね。

第5位 オーシャンズシリーズ

豪華俳優が勢揃いのオーシャンズシリーズ。オーシャンズ=ジョージ・クルーニーを中心とした犯罪組織が、ラスベガスの金庫破りに挑みます。ブラピはオーシャンズの一員で、仲間をスカウトしていきます。

犯罪組織でありながら、当然ブラピたちを応援していますね。見事に盗み出すと本当にスカッとします。この映画の中では、いつも何かを食べているんですが、アイスクリームだったり、クッキーだったりするんでとってもかわいい。

シャツの胸元をあけてる衣装が多いのですが、チャラい感が思い切りでています。何を着ても自分のものにしてしまうところは流石です。ちょっとコミカルなところもあって、人間味あふれるブラピがまたいいですよ。

第4位 トロイ

古代ギリシアのトロイア戦争を元にした歴史戦争映画です。完全にノンフィクションなのですが、神話ともトロイ戦争とも違う部分があったため反響をよんだようですが、壮大なスケールで見ごたえは十分です。

ブラピは誰もが震え上がるという無敵の戦士・アキレスの役。もう、ありえないほど肉体改造されています。長い金髪に淵どられた顔だけを見ていると、美しいので力強さは感じられないのですが、全身を映し出されるとすごい迫力です。

更に剣と盾をもって戦うシーンは圧巻です。撮影中にケガをしたらしいのですが、これだけのシーンを撮れば当然でしょうね。ご本人は、この映画に納得していない様ですが、一視聴者としては大満足です。

第3位 Mt.Mrs.スミス

夫婦である二人ブラピ=ジョンとアンジェリーナ・ジョリー=ジェーンは暗殺者。 でも、お互い相手の素性は知りません。ところがあることをきっかけに嘘が判明し、お互い殺しあう運命になるのです。

といってもかなりコメディタッチなので、安心してみていられます。ジェーンが計画的に進めるのに対して、ジョンは勘を頼りに動くタイプ。それによって時にちょっと抜けた行動となったり、お茶目なしぐさをするのでチャーミングです。

ここまで短髪のすがたを見るのは初めてなんですが、精悍な感じもまた素敵です。この映画をきっかけにブラピとアンジーは交際し結婚しました。

第2位 インタビューウィズバンパイア

トムクルーズ主演の映画インビュー・ウィズ・バンパイア。このころ今ほど名前の知名度がなかったブラッドピット。トムクルーズがバンパイア役をやるというので評判だったのですが、一緒に出演したブラピの美しさに驚きました。

ルイ=ブラピは200年生き続けるバンバイア。自分がバンパイアになった18世紀のころの話をインタビューで話します。人間とバンパイアの間で揺れ動く繊細な青年役に見ごたえがあります。

あまり繊細な役を演じることがないので、ちょっと違うブラピを見ることができます。こんなに美しいバンパイアが現れたどうしよう。

第1位 セブン



この映画でブラッド・ピットは一気にブレイクします。あまりにかっこよくて、見惚れてしまいました。内容はキリスト教の7つの大罪をモチーフに連続怪奇殺人事件とその事件を追う刑事たちの話。

ブラピは刑事役です。大物俳優モーガン・フリーマンに臆することなく存在感を放っていました。血気あふれる刑事役だったため、撮影中に骨を折ってしまったらしく、それをそのまま生かしたストーリーになっています。

あのギブスは本物なんですよ。最期は忘れられないワンシーンです。

まとめ

どの作品を見てもイケメンぶりがすごいブラッド・ピット。私生活では、Mr.&Mrs.スミスで共演してから交際が続き、2014年に結婚したアンジーが、子育ての違いを理由に離婚の申し立てをしました。

二人の間には実子が3人、養子が3人いるのでとても残念です。日本を訪れるときなど、夫婦はもちろんのこと6人全員子供を連れてきて、仲がいいとばかりに思っていたんですが、そうでもなかったんですね。

何が原因なのか本当のところは分かりませんが、これからもどんどんいい作品に登場してほしいです。

12モンキーズ(字幕版)
12モンキーズ(字幕版)
posted with amazlet at 17.01.09
(2016-03-16)
売り上げランキング: 22,581

フューリー(吹替版)
フューリー(吹替版)
posted with amazlet at 17.01.09
(2015-02-11)
売り上げランキング: 15,776