【2017年】流行必至!おすすめ冬服メンズファッションコーデ10選

これまでのベーシックなスタイルが新しいシルエットで生まれ変わり、よりスタイリッシュにアップデートされた2016-2017秋冬メンズファッション。今回は、流行必至な注目スタイルをピックアップしてご紹介します!

2016-17秋冬メンズは魅力的なキーワードが目白押し

出典:https://twitter.com

オーバーサイズやアスレジャー、アーバンミリタリーにネオフェミニンと、2016-2017秋冬は魅力的なキーワードが目白押し。男女を問わず大人気の定番アウターMA-1やリバイバルしたスカジャンなどのブルゾン系アウターに加え、ジョガーパンツやワイドパンツも新しいディテールとシルエットに生まれ変わり、リラックス感のある洗練されたスタイルとして多くのブランドが打ち出しています。

多大な影響力を持ちトレンドを牽引する3ブランド

@marvin.mape @ssense

VETEMENTSさん(@vetements_official)が投稿した写真 –

世界中のブランドに多大なる影響力を持ち、シーズン毎に打ち出されるデザインとスタイルがビッグトレンドとなる、ファッション界の神ブランド、VETMENTS(ヴェトモン)GUCCI(グッチ)SAINT LAURENT(サンローラン)。2016-2017秋冬メンズファッションの流行は、この3つのブランドによって作られていると言っても過言ではありません。

まずはメンズファッショントレンドの源流と時代の空気を感じとるため、 こちらの3ブランドをしっかりチェックしておきましょう。

VETEMENTS(ヴェトモン)

「メゾン マルジェラ」で経験を積んだデムナ・ヴァサリアを中心に立ち上げられたフランスのブランド『VETEMENTS(ヴェトモン)』。2014年に創設されコレクションが発表されるや否や、マルジェラのDNAを受け継いだアヴァンギャルドなスタイルが話題となり、一躍ファッション界のメインストリームへ。

オーバーサイズブームの火付け役としても知られ、世界的ヒップホップ・アーティストのカニエ・ウェストをはじめ、ジャスティン・ビーバーやBIGBANGのG-DRAGON、三代目J Soul Brothersの登坂広臣と岩田剛典、さらには人気モデルのローラや大屋夏南など誰もが認めるファッションリーダー的存在の有名人に大人気。国内外のお洒落セレブ、ファッショニスタがこぞって愛用しているブランドです。(※敬称略)

@pkcz_official × @high_low_official @elly24soul @verbal_ambush @djdaruma #omily #vetements

登坂広臣さん(@3jsb_hiroomi_tosaka)が投稿した写真 –

へヴィメタプリントがインパクト大!ヴェトモンのレイヤードTシャツを着た三代目J Soul Brothers登坂広臣。オーバーサイズのMA-1にライダース、パーカーやTシャツなど、彼の公式インスタグラムにはヴェトモンのアイテムを着用した画像がたくさん投稿されています。

GUCCI(グッチ)

天才デザイナー、トム・フォードの打ち出したセクシーでグラマラスなスタイルによって、1990年代のファッション界を席巻したイタリアの老舗ラグジュアリーブランド『GUCCI(グッチ)』。2015-2016秋冬からはアレッサンドロ・ミケーレがディレクションを手掛け、それまでのグッチテイストとは真逆ともいえるレトロフェミニンなスタイルを提案。

トム・フォードの退任後、しばらく低迷していたグッチは、アレッサンドロ・ミケーレの手腕によって見事に復活。モード史上、かつてないブランドの方向転換に成功したのです。



2016年再結成したTHE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー、通称イエモン)のヴォーカル・吉井和哉とギター・菊池英昭の衣装はグッチです。さすがカリスマアーティスト、グッチの着こなしもフェミニンというよりグラマラス!

SAINT LAURENT(サンローラン)

バイカージャケット(ライダースジャケット)やハイヒールブーツ、スキニーパンツなど次々とヒットアイテムを連発し、グランジやサーフ、サイケデリックなどのアレンジを加えたグラムロックスタイルで、常にメンズファッションをリードするブランド『SAINT LAURENT(サンローラン)』。

ラグジュアリーかつ斬新なサンローランのスタイルは、かつて「ディオール・オム」でメンズファッションに革命を起こし、一躍時代の寵児となったエディ・スリマンによって生み出されています

https://www.youtube.com/watch?v=WmUWittyzZMSAINT
LAURENT AT THE PALLADIUM / COLLECTION XXII

パリからLAへ発表の場を移し行われたサンローラン2016-2017秋冬コレクション。レディー・ガガ、ジャスティン・ビーバー、コートニー・ラブ、ゲイリー・オールドマン、レニー・クラビッツ、ジョーン・ジェット、ミラ・ジョヴォヴィッチ&ポール・W・S・アンダーソン夫妻など錚々たるセレブリティが、会場となったハリウッドの歴史ある劇場・パラディアムに集結。

エディ・スリマンは自身の集大成ともいえる、イヴ サンローラン リーブゴーシュ50周年にオマージュを捧げるコレクションを発表し大絶賛されるも、2016-2017秋冬ウィメンズコレクションを最後にクリエイティブディレクターを退任。2017年春夏からはアンソニー・ヴァカレロがエディ・スリマンの後任として、クリエイティブディレクターに就任しています。

サンローランはこれまでにミュージックプロジェクトというキャンペーンを展開し、マリリン・マンソン、ダフトパンク、キム・ゴードン(ソニックユース)、コートニー・ラブなどのアーティストをイメージキャラクターに起用しています。いやー、さすがサンローラン!エディ・スリマンによる人選だと思いますが、かなりエッジを効かせていますね。

おすすめ冬服メンズファッションコーデ10選

それでは大変お待たせいたしました。2016-2017秋冬メンズコレクションから、流行必至なおすすめ冬服メンズファッションコーデ10選をご紹介いたします。いまを時めく人気ブランドのイケてるスタイルをピックアップしてありますので、是非今後のコーデと着こなしの参考になさってみて下さい。

1、スタイリッシュに進化したスポーツMIX・アスレジャー

【アディダス オリジナルス バイ ホワイトマウンテニアリングのアスレジャースタイルに注目!】最新トレンド・アスレジャーで今季最もおすすめなのがアディダス オリジナルスとホワイトマウンテニアリングのコラボレーション。スポーツとアウトドアを融合させた新鮮なそのスタイルは、まさに次世代型のスポーツMIX。

軽快さとリラックス感を併せ持ち、あくまでもスタイリッシュにまとめられたコーディネートは、スポーツとアウトドアとファッションの垣根を超越しています。

2、ぶかぶか、ダボダボ、オーバーサイズのビッグシルエット

【ラフシモンズのオーバーサイズコーデに注目! 】ヴィンテージ加工を施した、超オーバーサイズのチルデンニットにスキニーパンツとブーツを合わせたモードなストリートコーディネート。トラッドスタイルに欠かせないチルデンニットがオーバーサイズになってモードへ昇華。ボトムはタイトな黒スキニーで、トップスとのメリハリを付けるのがコーデのポイント。

3、ルーズでゆるテイストなワイドパンツのコーディネート

【ランバンのワイドパンツに注目!】まるで”ヤンチャな高校生”といった雰囲気の、ゆるずるワイドパンツのコーディネート。いまどきオシャレのポイントである、こなれや抜け感、ゆるさを押さえつつ、セットアップのジャケットを合わせることで、だらしなく見えるギリギリ手前ですっきりキレイめにまとめています。ジャストウエストの履き方でゆるずるシルエットになるワイドパンツは、腰履きの必要がありませんね。

4、ネイティブ柄使ったフォークロアなアメカジスタイル

【ヴァレンティノのネイティブ柄アウターに注目!】ネイティブ柄のアウターを使ったフォークロアテイストのアメカジスタイル。 土の匂いを感じさせつつ、しっかりいまどきスタイルに見せるのは、素材とシルエットにこだわったハイブランドのなせる業。

5、モードでエレガントなバイカースタイル

【サンローランのスタイリッシュなバイカースタイルに注目!】スモーキング(タキシード)と並んでも、決して見劣りすることの無いエレガントなバイカースタイルは、まさにサンローランの真骨頂。ライダースジャケット+スキニーパンツのサンローラン定番スタイルに、ハットとストールをプラスしたラグジュアリーな大人の雰囲気がヤバ過ぎです!

6、刺繍やワッペン、パッチワークで装飾したアウターコーデ

【グッチの刺繍・ワッペン装飾アウターに注目!】レトロフェミニンなスタイルを次々と打ち出し、メンズファッションにロマンティック旋風を巻き起すグッチからは、刺繍やワッペンでデコレートされたアウターのコーデをピックアップ。レトロな雰囲気でありながら一切古くささを感じさせず、ゆるくてダサく見えるのに不思議と魅力的に感じてしまう。”いま”という時代の気分を切り取ったグッチのスタイルも見逃せない!

7、半端丈のクロップドパンツでブーツやソックスをしっかり見せスタイル

【ディオール オムの半端丈クロップドパンツのブーツ、ソックス見せスタイルに注目!】一般的なくるぶし丈のクロップドより、かなり短めにカットされた半端丈パンツのコーディネート。革靴にソックスやレギンスを合わせても良しブーツをしっかり見せても良し。タイトなシルエットのクロップドパンツで、足元をしっかりアピールするスタイルが新鮮です。

8、袖長過ぎパーカーでコーデしたストリートなゆるモード

【ヴェトモンのストリートモードなパーカースタイルに注目!】MA-1、ライダースジャケット、レイヤードTシャツに続く、人気ブランド”ヴェトモン”からの新たな刺客(アイテム)「ぶかぶか袖長パーカー」。とにかくヴェトモンのオーバーサイズアイテムはどんな風に着てもカッコよし!カッコ良過ぎて言う事なし!

9、ローゲージのロングマフラーをぐるっと一巻きスタイル

【ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソンのロングマフラースタイルに注目!】ボリューム感のあるローゲージのロングマフラーを、首にぐるっと一巻きしたスタイル。特に難しいコーデや着こなしがあるわけでなく、無造作に首に巻くだけで超簡単

10、ハンサムアイテム・トレンチコートをナードに着こなす

【コム デ ギャルソン・オムのナードなトレンチコートコーデに注目!】ダンディなファッションアイテムの代表格・トレンチコートを、あえてもっさりとしたナードな雰囲気にコーディネート。ちょっとダサいくらいのコーデの上に、イケてるトレンチを羽織るという、オシャレの禁じ手、反則行為。

いまどきファッションと見みられて吉と出るか、普通にダサく見えられるかは、着る人それぞれのメンズとしてのポテンシャルにかかっています。

まとめ

Making history. Celebrating #LucasOssendrijver 10 Anniversary at Lanvin! #LanvinFW16 #LanvinBackstage ? #ButSouLai

LANVINさん(@lanvinofficial)が投稿した写真 –

今回ご紹介した2016-2017秋冬メンズファッションおすすめコーデは、流行必至というよりも、すでにこの冬大ヒットしているスタイルばかり。すべてのコーデをチェックして気になるスタイルを見つけたら、みなさんも是非着こなしポイントを押えつつ、イケてるトレンドファッションにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

メンズファッションの解剖図鑑
MB
エクスナレッジ (2016-12-03)
売り上げランキング: 728
Men'sファッションバイヤーが教える 「おしゃれの法則」
MB
宝島社
売り上げランキング: 3,066