小早川秀秋の素顔!裏切りの真実と意外すぎる死因

裏切者の代名詞!小早川秀秋。関ヶ原の合戦で裏切者の筆頭に挙げられる小早川秀秋ですが、その素顔はあまり知られておりません。豊臣秀吉の数少ない親族大名でありながら、関ヶ原の合戦で西軍から東軍に何故寝返ったのか?その謎と死因に迫ります。

小早川秀秋のイメージは最悪?

小早川秀秋と言えば、関ヶ原の合戦の裏切り者のイメージが強烈で、その事のみで語られる戦国大名かもしれません。関ヶ原の合戦で西軍から東軍に寝返った大名は他にもいました。

しかし、小早川秀秋は豊臣秀吉の親族・元養子で一時期は秀吉の後継者と目されていた人物。親子、兄弟が骨肉の争いを繰り広げた戦国時代であっても、ひと際目立つ裏切者として語られてしまうのが小早川秀秋 なのかもしれません。

小早川秀秋と豊臣秀吉の関係

出典:http://img.4travel.jp

小早川秀秋は、1582年に木下家定の五男として生を受けました。お分かりのように秀吉と同じ木下姓で、豊臣秀吉の正室・高台院の甥にあたり、小早川秀秋は秀吉の義理の甥っ子です。

秀吉は、後継者とみなしていた淀君との間に設けた待望の子鶴松と弟の秀長を相次いで亡くした為に、姉の長男である秀次と義理の甥 秀秋を養子に迎え、豊臣の後継者に充てようとしました。

実際、豊臣秀次を2代目関白にして、豊臣の後継者として継承を済ませた後に、秀吉の側室淀君に秀頼が生れました。此処で起こったのが秀次切腹事件です。秀頼を豊臣の後継者にする為に起こった事件ともいえます。

秀頼誕生は、小早川秀秋の運命にも大きく影響を及ぼしました。秀吉は邪魔になった秀秋を西の有力大名の毛利家の養子にしようと目論見ます。しかし、分家の小早川隆景が毛利家防衛の為に秀秋を養子に迎えたのでした。

まさかの裏切り!関ヶ原で何があった?

出典:https://upload.wikimedia.org

天下分け目の合戦と云われた『関ケ原』東軍・徳川家康VS西軍・石田三成を大将にした、戦国の覇者を決めた合戦です。西軍8万5千人・東軍8万人のサムライが日本の真中『関ケ原』で雌雄を決しました。

豊臣の天下を維持し戦国の乱世に終止符を打ちたい石田三成と戦国最後の大勝負で徳川時代の幕開けを図りたい徳川家康。三成の主権を嫌い東軍に加担した秀吉ゆかりの豊臣系武断派大名。未だ戦国乱世を望み形だけ西軍についた日和見外様大名。

それぞれの思惑と戦略、武力と知力が複雑に絡み合い総勢15万を超える軍勢が日本のほぼ真中にあたる『関ケ原』に集結しました。

小早川秀秋の関ケ原に至るまでの経緯

出典:http://9.pro.tok2.com

上記で触れたように小早川秀秋は秀頼誕生により小早川家に養子に入りました。この為、豊臣家と毛利家の間で微妙な立場に居ました。また、秀吉の生前には、自分も秀次のように切腹させられるのではないか?と不安を抱えていました。

さらに、秀吉の命で動いていた石田三成に対しても不満と不安を抱えており、この秀吉生前の不安な時期に何かと救いの手を差しのべていたのが徳川家康だったのです。家康は秀秋の減封・移封を秀吉に頼んで無効にしてあげています。

このような経緯があり、小早川秀秋は関ケ原参戦前に徳川家康に内通していたと伝わっています。

小早川秀秋の関ケ原に至るまでの経緯

出典:http://9.pro.tok2.com

上記で触れたように小早川秀秋は秀頼誕生により小早川家に養子に入りました。この為、豊臣家と毛利家の間で微妙な立場に居ました。また、秀吉の生前には、自分も秀次のように切腹させられるのではないか?と不安を抱えていました。

さらに、秀吉の命で動いていた石田三成に対しても不満と不安を抱えており、この秀吉生前の不安な時期に何かと救いの手を差しのべていたのが徳川家康だったのです。家康は秀秋の減封・移封を秀吉に頼んで無効にしてあげています。

このような経緯があり、小早川秀秋は関ケ原参戦前に徳川家康に内通していたと伝わっています。

小早川秀秋の裏切りを決断させた家康の問い鉄砲

出典:http://kumanago.jp

1600年九月十五日午前八時に関ヶ原合戦の火ぶたが切られました。当初戦っていたのは、東軍6万と西軍3万5千で、静観する西軍の3万は日和見外様大名で主力の毛利家にいたっては、最初から静観すると東軍に伝えてある有様。

しかし、西軍・小西隊・大谷隊の活躍で戦況は一進一退!ここで注目したいのは主力として戦っていたのが西軍は、宇喜多・小西・大谷隊、東軍は、細川・福島・黒田隊など攻めるも守も秀吉所縁の豊臣系大名だった事です。

これは、見方を変えれば、徳川家康の手のひらで豊臣系大名が踊らされている状態とも見てとれます。当初、本家の毛利家と共に静観していた小早川秀秋ですが、ここにおいてキャスティングボートを握る状況に立たされました。

戦況が一進一退の状況から、業を煮やした徳川家康が小早川秀秋の陣取る松尾山に向かって鉄砲を放ちます。これが有名な『問い鉄砲』です。コレを合図かのように小早川秀秋が参戦。

善戦していた大谷隊に小早川隊が背後から襲い掛かりました。続いて大谷隊の横にいた脇坂隊が寝返り、西軍は総崩れとなり大将の石田三成は敗走し、徳川家康の思惑通りに『関ケ原合戦』は東軍の勝利に終わります。

小早川秀秋を殺したのはなんと呪い?

#HimselfKINGO #大谷吉継 #小早川秀秋 #関ヶ原は忘れんぞ #西軍万歳

@st_the_soulが投稿した写真 –

小早川秀秋の裏切りで背後から襲われたのが大谷隊でした。この小早川秀秋の裏切りが『関ケ原』の戦況を左右したと言っても過言ではありません。此処において明智光秀と並んで戦国最大の裏切り者イメージが小早川秀秋に刻まれました。

ここで強調したいのは、小早川秀秋は豊臣秀吉の親族であることです。本来なら西軍の大将として戦ってもおかしくない筈の小早川秀秋の裏切りにより、大谷吉継は切腹!西軍の総崩れの原因を造ってしまったのです。

大谷吉継という人物

出典:http://historia.justhpbs.jp

小早川秀秋の裏切りにより、切腹に追い込まれた大谷吉継とはとはどういう人物だったのでしょうか?大谷吉継は1559年に豊後に生まれ、織田信長の生前に石田三成の紹介で秀吉に仕えたと云われております。

石田三成と違い武芸に秀でており、武功での活躍を望んでいたが、持病(ハンセン病)の事もあり、三成と同じく吏務にも秀でていた為、三成を補佐して豊臣政権では奉行職を担っていました。

『関ケ原』への参戦は、東軍の勝利を予測しており、当初参戦を拒否しておりましたが、石田三成の再三の説得により西軍への参陣を決断しました。合戦当初は、大谷隊の活躍により戦況は一進一退の攻防を繰り広げます。

武士の本懐を遂げた大谷吉継、信義を欠いた小早川秀秋

出典:http://db.nichibun.ac.jp

大谷吉継の獅子奮迅の活躍により均衡が保たれていた戦況が小早川秀秋の裏切りにより一変しました。豊臣の為というより石田三成への信義を尽くす為に戦っていた大谷吉継にとって、寝返りにより背後を突かれる事は、武士にあらず!畜生にも劣る行為と映ったかもしれません。

西軍の敗退が決した事を見届けた大谷吉継は切腹してこの世を去ります。この時、小早川秀秋に向かって『人面獣心なり。三年の間に祟りをなさん』と言ったと伝えられています。これが世にいう大谷吉継の呪いです。

小早川秀秋の本当の死因とは

2016/05/22 今日の関ケ原は暑かった。 もうすぐ夏が来る。 #関ヶ原 #戦国武将 #戦国 #岐阜県 #小早川秀秋

小早川秀秋さん(@kingo_hideaki)が投稿した写真 –

小早川秀秋は『関ケ原』合戦の2年後・21歳の若さでこの世を去ります。奇しくも『三年の間に祟りをなさん』という大谷吉継の呪いが的中してしまいました。はたして小早川秀秋の死因は本当に呪いだったのでしょうか?

家康による毒殺説、小姓による返り討ち、吉継の呪い、等様々な説がある小早川秀秋の死因ですが、有力な説は神経衰弱(うつ病?)による酒の飲み過ぎ(アルコール依存症)で体調を壊したのが原因と云われています。

上記で触れた、秀次切腹事件で次は自分か?と怯えていたのが14歳、運命を左右する決断を迫られた『関ケ原』が19歳。出自が武士の家系でない小早川秀秋にとって、精神を病んでしまうのは当然かもしれません?

小早川秀秋が精神を病んでしまった要因!?

出典:http://www.visit-shizuoka.com

『秀頼の誕生と秀次切腹事件』秀頼の誕生により、小早川家に養子に出された、秀秋にとって豊臣から見捨てられ、毛利からは邪魔もの扱いの微妙な立場に立たされます。さらに、一旦、豊臣を継承した秀次の切腹事件で身内にも容赦のない秀吉の本性を知り、明日は我が身と不安に怯えます。

『関ケ原での決断』西軍として参戦したものの、前もって徳川家康に内通していた言われる小早川秀秋。最後まで去就を決めかねていたのは、豊臣、毛利、徳川、三家共に恩義があり、実を取るか?義をとるか?一筋縄ではいかない状況と均衡した戦況に、最後は裏切者の烙印を押される決断を迫られました。

『徳川家康の脅威』形の上では東軍を勝利に導いた格好の小早川秀秋だったのですが?寝返り組の外様大名としては、異例の岡山55万石を与えられます。まして豊臣に一番近い血筋の秀秋がです!?美味しい話には裏があると疑心暗鬼になるのも当然です。死因に家康の毒殺説があるのも頷けます。

悪い噂ばかりじゃない!小早川秀秋の知られざる実力

裏切りの者の一面のみ強調されてしまう小早川秀秋ですが、知られざる実力も持ち合われております。1597年の慶弔の役(朝鮮出兵)では、遠征軍の総大将を務めております。

軍司・黒田官兵衛を補佐役に16万の大軍を指揮して、自らも槍を取り敵兵を打ち取ったとの資料もあり。さらに、裏切者の烙印を押された『関ケ原』においても戦況を分析して、勝敗を決める一撃を放ったという見方もあります。

まとめ

出典:http://www.bs-tbs.co.jp

いかがでしたか?天下分け目の『関ケ原』において、裏切者の烙印を押された小早川秀秋ですが、苦渋の決断と信義への葛藤があったのでした。その為に精神を病んでしまい21歳という若さでこの世を去ったのかもしれません。

新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い
白峰 旬
宮帯出版社
売り上げランキング: 95,283

Enter your text …

悪役たちの日本史
悪役たちの日本史
posted with amazlet at 17.01.09
松尾和彦
叢文社
売り上げランキング: 641,760

Enter your text …