世界を魅了!エディ・レッドメイン出演のおすすめ映画5選

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の公開と共に日本でも瞬く間に名前が知れ渡ったエディレッドメイン。実は過去にあの有名な作品に出演していた・・・?!エディ大好きな私が彼の出演映画の中からおすすめの5本をご紹介致します!

見るものを飽きさせないエディの魅力とは?

初めましての方は初めまして!!海外俳優さんが熱い私です。今回ご紹介するのは、あの全世界を魅了し今でも幅広く愛されている作品「ハリーポッター」シリーズの新作にて主演を務め、一躍スポットを浴びたエディレッドメイン、この人です!!

まず言いたい。こんな30代がいていいのか?!と。ファンの人たちからも「エディくん」と呼ばれるほど若々しく、お茶目な一面を垣間見せてくれる彼はまさに癒しです。

・・・と思えばふと見せる表情が妙に色っぽかったり、「こんなアンニュイな表情もできるの?」と驚かされたり、コロコロ変わる彼の雰囲気は見ているものを飽きさせません!

普段から感受性が豊かで何事も楽しめるところは、もちろんこれまでのエディの俳優業にも活かされています。あるインタビューでは「ちょっと変わった人の役が好きなんだ」と言っていたのが印象に残っていますね。

サービス精神が旺盛で、ファンとの記念撮影の画像もSNSで多数投稿されています。うらやましい限りですね。どれだけ徳を積んだらエディとツーショットが撮れるのか・・・。

日本が好きだという話もありますので、その時は是非生のエディを拝みたいものです!「ファンタビ」の撮影後、「次に日本に来たら河童を探しに行きたい」と言っていたエディ、本当にお茶目な人です(笑)

それでは、ここからはエディの出演している映画作品について触れていきたいと思います!個性あふれる役が多い中で彼はどんな演技をしているのかに是非注目してみてください!!

エディレッドメイン出演映画5選

マリリン7日間の恋

2012年で、投後50年となる世界的シンボル「マリリン・モンロー」の秘められた恋模様を描いたドラマです。主演を務めたのはミシェル・ウィリアムズ、外見はそこまで似ているわけではありませんでしたが、表現という意味では本物のマリリンのようでした。

「王子と踊り子」の撮影の為にロンドンを訪れていたマリリンでしたが、初めて体験する海外での撮影によるプレッシャーと夫とのすれ違いから仕事に集中することができません。

そんな中で、唯一的確なアドバイスをくれた第三助監督のコリン・クラークと親密な関係になっていくというストーリー。このコリン役を務めたのがエディレッドメインです!
https://www.youtube.com/watch?v=k0vwZKBKnIcEnter
your text …マリリンといえば「7年目の浮気」という作品が有名ですよね。私も正直ストーリーは知らなかったのですが、お馴染みのあのスカートが巻き上がるシーンは見たことがあります。

この作品の中でのエディはマリリンへの同情から恋に落ちてしまう、うぶで優しい青年というキャラクター。マリリンにはもう近づくなと周囲からの指摘がありながら、2人でささやかなデートをするシーンが可愛くて好きでしたね。

そしてなんと、あの「ハリーポッター」シリーズでハーマイオニー役を務めたエマ・ワトソンが出演しているのも注目のポイントです!実力派俳優が勢揃いで、隅から隅まで楽しめる映画だと思います。

リリーのすべて

世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベ実話を描いた伝記ドラマ。風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻に女性モデルの代役を頼まれた事がきっかけで、自分の中に「女性」が潜んでいることを意識し始めます。

それ以来、「リリー」という名前の女性として過ごす時間が増えていくアイナーは、自分の心と身体が一致しない現実に悩みました。妻も最初は戸惑っていましたが、なんとか理解を深めようとアイナーにそっと寄り添います。

「英国王のスピーチ」アカデミー賞を受賞したトム・フーバー監督と、この作品で助演女優賞を受賞したアリシア・ピカンダーらが、エディの最高の演技を支えていたような気がしました。
https://www.youtube.com/watch?v=RTfESNVoGdIEnter
your text …これはもう言うまでもありませんね。エディの演技が素晴らしすぎます!!そして女性としての姿綺麗すぎる・・・女を辞めたくなりました、本当に。

外見だけでなく内面も美しい登場人物と、セクシャルなシーンも全然そうゆう感じに見えない作品全体の上品さが、さらにこの物語を引き立てています。

現実ではなかなか難しい問題ではありますが、性別、立場に関係なく自分を支えてくれる人の存在がいかに尊いものか、そしてそんな人たちに出会えた奇跡についてとても考えさせられた作品でした。

博士と彼女のセオリー

天才物理学者として将来を期待されていたスティーブン・ホーキングでしたが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症してしまい、医師から余命2年だと宣告されてしまいます。

ケンブリッジ大学に在学していた彼は、同じ大学で詩について勉強していたジェーンと恋に落ちるのですが、病気が発覚したのはその直後という辛すぎる展開に・・・。

スティーブンはショックで量の自室に引きこもってしまい、彼女との連絡も絶ってしまいます。そんな中、スティーブンと共に困難を乗り越えることを決意した彼女はスティーブンを支え続け、結婚する道を選びました。

こちらもエディの演技に注目していただきたい!色々な種類の「演技」があると思いますが、その中でも「病気」の演技は難易度が高いのではないかと私は思います。

風邪やちょっとした怪我ならまだしも、自分が実際に経験したことのないものを表現するというのはなかなか大変ですよね。私も舞台経験があるのでわかりますが、資料だけではどうしても「嘘」になってしまうのです。

それを、まるでその病気の人が本当にいるかのように「魅せる」ことができるエディの演技力病気への理解力、そこへたどり着くための惜しまぬ努力に感動しました。ちなみにエディはこの作品で主演男優賞を受賞しています!

レミゼラブル

世界43ヵ国で上映され、大ヒットを記録した名作ミュージカルを豪華キャスト陣で映画化した作品です。監督は「リリーのすべて」を担当したトム・フーバー。エディとのタッグはリリーが2回目だったのですね!

パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャンは、仮出獄後に再び盗みを働いてしまいます。しかし、そこで罪を見逃してくれた司教に感銘を受け、ジャンは改心。やがて運命的な出会いを果たした女性から愛娘を託されます

執念深いジャンベール警察の追跡を逃れパリへ渡った彼は、託された娘と親子として暮らしますが、激動の時代の波に流されていってしまいます。舞台やドラマなど数あるレミゼラブルの中でも、こちらの作品は注目度が高かった記憶がありますね。

歌声が素敵なことでも話題になっていたエディ。レミゼラブルはミュージカル映画ですので、キャストの歌声も作品を創る中で重要になってきますが、文句の付けどころがありません!

レミゼラブルが公開された後に出演した番組でアカペラを披露するなど、エディ自身歌が好きなことが伝わってきますね。撮影当時は加湿器はちみつレモン入りのお茶がかかせなかったと、現場の大変さも語っています。

有名曲で声が出なくなるかもしれない恐怖と戦いながら、スタッフとキャストがひとつになって作り上げた大作、いつ観ても楽しめる作品ですので、是非この機会に手に取ってみてはいかがでしょうか?

ファンタスティックビーストと魔法使いの旅

あの名作「ハリーポッター」シリーズの生みの親、J・Kローリングの最新作!魔法の世界が再び帰ってくると多くの人が待ち望んでいた作品です。

人見知りでちょっとドジな青年ニュートが、自分のトランクの中の魔法動物をアメリカの街に逃がしてしまうところからこの物語は始まります。ハリポタシリーズではあまりスポットが当たっていなかった魔法動物たちがたくさん活躍してくれますよ。

動物には懐かれますが、人とコミュニケーションを取るのが苦手な主人公ニュートが、その騒動を通して少しずつ成長していく姿や周りの魔法動物へ対する認識の変化など、まさに「大人の魔法」と呼ぶにふさわしい作品だと思います。

映像の進化に伴い、よりパワーアップした魔法もあれば、ハリポタでお馴染みのあの魔法まで、魔法界ファンの人たちにはたまらない作品だと思います。ちなみに私は6回観に行きました(ドヤ顔)。

魔法動物たちと戯れるニュートことエディの姿は何度見ても飽きません!あんなママが欲しいと思った女子は世界に山ほどいるはずです。私もエディママの子供になりたい・・・

しかもエディは大のハリポタファンで、実はオーディションにも参加していたそうです。15年の時を経てハリポタの世界に入れたことを、エディはとても嬉しそうに語っていました。そんなエディが愛おしい。

まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか?キメてる表情も笑顔も色っぽいのも全て魅力的過ぎて、画像を見るのがだんだんしんどくなってきました(笑)

役者さんはなかなか気難しい人が多い中で、素の時もとっても素敵なエディ。奥さん子供と一緒にいる姿すらも魅力的に感じてしまう私は最早病気なのでしょう。幸せな病気でよかったです。

作品だけでなくその世界を支え魅せる事ができる役者さんにも是非注目してみてください!それでは、またどこかでお会いしましょう。ありがとうございました!!

博士と彼女のセオリー [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-02-03)
売り上げランキング: 2,139
リリーのすべて ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-09-07)
売り上げランキング: 602