すっぴんでも可愛い!ローラの魅力に気づいた俺が超熱弁する

どこかエキゾチックな顔立ちに抜群のスタイル!そんな外見とはまったく違う天真爛漫さで業界を突き進むローラ!若い女性のファッションリーダーとして君臨するローラの魅力を熱弁してみた!

ローラってかわいいよね!?

「オッケー」と指で作った〇印を頬に当てて唇を尖らすローラ!「んふふふ」と笑っては斜め上を見て舌をペロッと出すローラ!どんな大御所にもタメ口で話しかけ、物怖じしない(KYと言えないコトも無い・・)ローラ!

正直初めは、「なんだこのおバカタレントは~!!」(憤怒)と拳を握りしめていた体育会系代表の自分。そんな自分に別れを告げたのは、いつの間にかローラに魅了されている己を誤魔化して生きていくのが辛くなったあの日・・・。

友人たちとの何気ない会話の中での出来事であった。(遠い目・・・)

好き?嫌い?

🛁🐇🐁🍴✉️💭👟

ROLAさん(@rolaofficial)が投稿した写真 –

友人たちとの飲み会で、ここ数年メディアに溢れ出ているハーフタレントの好き嫌いを語っていた時のこと。誰は好き、誰は嫌いなどと好き勝手なことを言いあう中で、“おバカキャラ”としてローラの名前が上がった

その場でケチョンケチョンにローラの悪口を聞かされることとなった自分・・。その場の誰もがローラの美貌は認めつつも、あのタメ口が許せない!と言うまさに体育会系の仁義論に発展した。

自分もそう思ってた。先輩や目上の人に対するあの態度、あれは如何なものか?と・・。でも友人たちの批判の声に拳をプルプル震わせる自分がいたのである。例えば、自分の身内を人前では悪く言っても、人に貶されればムカッとするものである。

その時の気持ちを表すとすればそんな感じか・・。とにかく自分はローラが好きなんだ・・と気付いてしまった。

すっぴんローラにズキュン!

😪😪😪#morningselfie

ROLAさん(@rolaofficial)が投稿した写真 –

あれは何時だったか、テレビでローラのすっぴんが取り上げられていた。その画像に心臓を打ち抜かれた・・と言うのが正直なところ。ご覧になっていただきたい、この美しすぎるすっぴんの画像を!!

最近はファッションリーダーとして女性にも大人気のローラ、しかし相変わらずアンチも多いのはわかっている。どんなに好感度の高いタレントでも好きな人もいれば嫌いな人もいるものだ。

人に自分の意見を押し付ける気持ちはサラサラ無いし、嫌いだと言う人に好きになれ!と言うつもりもない。ただ、この場を借りて自分の思うローラの魅力を語ってみたいと思うので、よろしければお付き合い願いたい。

そして、もし自分と同じようにローラの魅力にやられてるよって言う方には、もっとこんな良いところがあるだろっと突っ込んでもらいたい!!

ローラの魅力①おバカキャラがかわいい!

さて、おバカキャラを売りにしているタレントと言えば誰を思い浮かべるだろうか?テレビ番組『めちゃ×2 イケてるッ!』の中の“抜き打ちテスト”が視聴者からウケているように、おバカキャラは今の芸能界に必須である

辻希美、重盛さと美、若槻千夏、川栄李奈、鈴木奈々と名前を挙げればキリがない。ここにハーフタレントと言う選択肢も加えれば、ダレノガレ明美、藤田ニコル、最近よく見る滝沢カレンに至っては日本語の使い方すらハチャメチャである。

これらの皆さんは、本当におバカなのか・・?それともキャラを演じているのか?いくらおバカがウケると言っても、視聴者を不愉快にするような発言や常識の無さでは芸能界で生き抜く事は出来ない。

長く活躍しているこのようなタレントの方々は、学力云々はさて置き、決して真のバカではないと思うのだ。



そしてローラの場合だが、彼女はご存知の通り敬語が苦手である。誰彼かまわずタメ口で話すので、テレビで見ているこっちがヒヤヒヤしてしまうのである。それがおバカキャラと世間で称されているのだが、意味合いが少し違う気がするのだ。

何故かと言うと、ローラは敬語は使わないけれど、決して相手に対して失礼なことは言わない。なので大御所タレントも『ローラなら仕方ない』『天然だから』と言う事で許してしまう。

なぜタメ口で話すのが聞かれ『仲良くしたいから!』と無邪気に語っているのをテレビで見たことがある。あれは無理に作っているキャラではないのだ。常に明るく無邪気なので、業界で嫌われるどころか、むしろ評判は良いとのこと。

それでも色々と言われてしまうのは、もはや人気者の宿命。それも受け入れてのあの笑顔!まじ、女神なのだ

ローラの魅力②実は苦労人!?

ふふふ😁✨10月たのしみにしててねっ🍴🎥🍅🍆🍏@rolaskitchen_official

ROLAさん(@rolaofficial)が投稿した写真 –

ここでローラの生い立ちについて少し語ってみたい。ローラは父親がバングラデシュ人、母親が日本人とロシア人のクオーターである。しかし、ローラが幼いころに両親が離婚し、父親の再婚相手の中国人の継母に育てられているのだ。

これを聞くと、彼女の育った環境に日本の文化が欠如しているのは仕方ない気がする。生まれは日本だが、すぐにバングラデシュに行き、本格的に日本で生活するようになったのは9歳の頃からである。

ローラは幼少時代を、父親とローラと弟、そして中国人の継母と、その間に生まれた双子の赤ちゃん、さらには継母の両親も同居という複雑な家庭環境で過ごした。共働きの両親に代わり、まだ小さい双子の弟にご飯を食べさせたりオムツを替えたりと面倒をみていた。 

尚且つ、ホームセンターでアルバイトをして家計を支えてもいたのだ。

A Midsummer's Shoot☀ 夏の撮影はあついけど、太陽はハッピーになるなぁ😁💦

ROLAさん(@rolaofficial)が投稿した写真 –

そんなローラに転機が訪れたのは高校生の時。渋谷でモデルとしてスカウトされたのだ。仕事が忙しい母親は、弟たちの面倒はみても、ローラを構ってくれなかった。なので思春期には衝突したこともあったようだ。

そんな時、「父親だけが自分の話を聞いてくれた」・・とローラは語っている。モデルになった時も「稼いで父親を幸せにしてあげたい」と言っていたという。そんな大好きだった父親が、皆さんもご存じのとおり事件を起こして逮捕されてしまう

その時のローラの心情はいかばかりだったろうか。芸能界で夢を叶え、せっかく幸せな日々が訪れたというのに・・。それを思うと胸を締め付けられる思いだ。精神的にかなり参っていたと言うが、そんな中、彼女は更なる目標を持つと、レギュラー番組をすべて降板し、歌と英語の勉強に励むことに集中した

ローラの魅力③映画に出演!隠れた才能がすごい

まず歌がうまい!

ローラの次の夢は歌手になることだった。ローラはああ見えて、業界内でも努力家として有名なのだという。CMで歌声を披露すると“上手い”と瞬く間に噂が広がり、ついにポケモン映画15周年記念作「劇場版ポケットモンスターベストウイッシュ『キュレムVS聖剣士 ケルディオ』の主題歌「Memories」でソロデビューしたのだ。

辛い出来事も乗り越え、努力して夢を叶えていくローラ。きっと幼いころから、辛いことなど山ほどあったのだろう・・・。それなのにあんなに天真爛漫で、分け隔てなく人に優しいローラ。

泣けてくる・・・。人の悪口ばかり言ったり貶したりするよりも、皆と仲良く幸せになりたい!だから親しみを込めて(結果タメ口で・・)人と接しているのがローラなのだ。(と自分は信じて疑わない!)

どうか心を無にして、是非ローラの歌声をハートで聴いて欲しい!

ハリウッド映画に出演!

Happy Halloween👻#ResidentEvil 限定メイクで渋谷ジャックだよ〜🙌 Make up by @amazing_jiro

ROLAさん(@rolaofficial)が投稿した写真 –

歌手への夢もさることながら、ローラは英語と演技の勉強にも励んでいた。そしてついに2016年12月公開の『バイオハザード ザ・ファイナル』で女優デビューを果たしたのだ。ローラの起用理由は“彼女は、驚くべき美貌と人を惹きつける強烈な個性、強い意志をもった女性。 今回の女戦士コバルト役は彼女が適役でした”というもの。

実際に映画を見た人からは、チョイ役でガッカリした・・と言う意見もあるようだが、初めての映画出演、そしてそれがハリウッド映画!チョイ役だろうとなんだろうと輝かしい第1歩ではないか!

実績も何も無い彼女が、この映画で女優としてのスタートラインに立つことが出来たのだ。努力家のローラの事だから、これを機にますます女優としての一面も磨いて言って欲しい・・・いや、絶対磨いていってくれるハズだ!

この映画の撮影を通して、ローラは主演のミラ・ジョヴォヴィッチや他の出演者たちとアメリカンジョークを言い合うほど仲良しになったそうだ。ハリウッドでも、ローラの天真爛漫ぶりはきっと健在だったのだろう!

映画の秘話を楽しそうに話すローラを見ているとこっちも嬉しくなってしまう!ローラはこれからも、英語や演技の勉強も頑張ると語っている。それと一緒に料理の勉強も始めていた。

そうなのだ、2016年10月からは、フジテレビ系で放送されている『目覚ましテレビ』で、毎週金曜日に『ローラの休日〜キレイになれる健康ご飯〜』のコーナーが始まったのだ。

子供のころから、家で弟に料理を作ったりしていたと言うだけあって、料理の手際もとってもいいローラ。彼女の才能は留まるところを知らない!

スタイルが良すぎる!もはや才能(隠れてないが・・)

何事にも一生懸命なローラだが、この美脚や美しいボディーラインを保つための努力ももちろん怠らない!食べ物もオーガニックや酵素玄米など、体に良いものを選んで自炊している。

週2~3回はジムにも通い、それ以外でも毎日ストレッチやヨガなどで体を動かさない日は無いというのだ。海外に行っている時も朝ランニングをしているというから、美に対するプロ意識はハンパないと思う。

三日坊主の代表選手である自分からしたら、本当に尊敬に値するのがローラなのである!

まとめ!

Caught a lot of fish today🐟🎣✨ #TvShow #釣りだぁ〜〜いすき😝

ROLAさん(@rolaofficial)が投稿した写真 –

モデルとして、歌手として、女優として、そして一人の女性として。ローラはどの部分をとっても精一杯努力を重ねた上で、それぞれの自分と真摯に向き合っている。彼女が見せるパフォーマンス(オッケー、舌ペロなど)は、照れ隠しの部分が大きいのではないかと最近感じているのだ。

素直すぎて誤解を受けやすいローラの一種の鎧と言ってもいいかもしれない。自分の書いたこの拙い記事だけでは、ローラの魅力は十分に皆さんに伝わっていないことだろう。

でも、ただおバカキャラで売ってるだけのタレントでは無いことはわかって頂けたと思う。ローラに一度魅せられたなら、その魅力はみるみるうちに体に、そして脳に浸透してくるのだ。

偏見を捨て、彼女の素晴らしさに気付く人がもっともっと増えるといいと思う。ローラもきっとそれを望んでいる筈だから!

THE ROLA!!
THE ROLA!!
posted with amazlet at 17.01.12
ローラ
講談社
売り上げランキング: 14,374

ローラ スタイルブック『ROLA'S CLOSET』
ROLA
宝島社
売り上げランキング: 7,246