衰え知らずの美貌!小泉今日子のおすすめドラマ10選!

80年代アイドル歌手としてデビューした小泉今日子さん。アイドルから女優になった今もずっと活躍し続けています。50代になっても輝き続ける彼女の魅力を過去のドラマで振り返ってみましょう。

スーパーアイドル・キョンキョン

出典:http://webburning.com

1966年2月4日生まれ、血液型O型、神奈川県厚木市出身、3姉妹の末っ子として生まれた小泉今日子さん。1982年「私の16歳」でアイドル歌手としてデビュー、中森明菜さんや松本伊代さんと同期、花の82年組の一人でした。

アイドル枠にはめ込まれた事務所の方針に嫌気が差し、数週間の休暇を取ったあと、ボーイッシュなヘアスタイルに変身!周りを驚かせます。「真っ赤な女の子」でブレイク、「渚のハイカラ人魚」でオリコン週間チャート1位を獲得します。

こうしてスーパーアイドルの地位を確立したのです。「なんてったってアイドル」は小泉今日子さんにしか歌えない楽曲です。周りに流されない、潔さ、ここが彼女が他のアイドルとは違うところではないでしょうか。

女優・小泉今日子

女優デビューは1982年NHKの大河ドラマ「峠の群像」のつる役、主演は緒形拳さんです。このドラマにはベテラン俳優に混じって当時人気があった薬丸裕英さんや錦織一清さん、三田寛子さんなどのアイドルも出演しています。

1980年代から現在までドラマや映画、舞台など数多くの作品に出演してきた小泉今日子さん、主演から脇役まで多彩な役を演じ続けています。また、2016年には舞台や映像、音楽、出版などを企画製作するプロジェクト「明後日」を立ち上げます。

日本アカデミー賞やブルーリボン賞では主演女優賞も受賞!小泉今日子さんが今まで出演してきた作品の中からテレビドラマの作品を10本選んでみました。みなさん好きなドラマはこの中にありますか?

少女に何が起ったか

小泉今日子さん初主演ドラマ「少女に何が起ったか」は、北海道の漁村で母と暮らしていた雪が母の死をきっかけに祖父のいる音楽学校に特待生として入学し、使用人として働きながら、ピアニストを目指す物語です。

リアルタイムや再放送で見ていた人は知っていると思いますが、大映テレビ制作のドラマはオーバーアクション、独特な雰囲気があります。今見ると不自然な感じがしますが、そこがまた面白かったんですけどね。

毎晩深夜12時になると「おい!薄汚ねぇシンデレラ!」と言いながら現れる石立鉄男さんの刑事が印象に残っている人もいるのではないでしょうか。平均視聴率21.4%と高視聴率番組でした。

パパとなっちゃん

「パパとなっちゃん」は田村正和さん主演、溺愛する娘が結婚するまでを描いた父と娘のホームドラマです。その娘役が小泉今日子さんでした。娘を持つ父親の心境がよく表れていたドラマだったように思います。

浜田雅功さんが生協のお兄ちゃん役でドラマ出演していました。白川由美さん演じる祖母のまどかさんにこき使われていましたね。小泉今日子さん演じるなっちゃんが好きだったんじゃなかったかな?

このドラマもう一度見たいですね。そういえば、「とんねるずのみなさんのおかげです」でパロディーやってましたね。ドラマ主題歌「あなたの会えてよかった」は小泉今日子さんが作詞した曲です。この曲好きです。

愛するということ

お弁当屋さんで会った月村智美(小泉今日子)に一目ぼれした森山良介(緒形直人)が積極的にアプローチするというストーリー。智美には婚約者がいると後から知るのですが、それでもあきらめません。

あまり強引に来られても引いてしまいますよね。会ったばかりの人に「結婚してください」と言われたり、しつこく付きまとわれたら今ならストーカーだと言われてもおかしくありません。

でも智美はそんな彼が少しずつ気になり始めます。飾らない良介の真っすぐな気持ちに心が揺れ動き始めるのです。そういう女性の気持ちを小泉今日子さんは自然に演じています。主題歌「優しい雨」は、このドラマにピッタリの曲です。

恋を何年休んでいますか



2人の子供を持つ専業主婦・小西有子(小泉今日子)と夫が支店長夫人・堀川咲子(黒木瞳)、サロン経営者・会田まゆみ(飯島直子)の大人のラブストーリーです。ドロドロした不倫ドラマではなく、あくまでも恋物語なのです。

有子は恋人だった男性と再会し動揺します。彼はまだ独身で、有子に対する気持ちは変わらない、夫は友人の娘と不倫しているのを知って、彼のところへ行ったりと、気持ちがあっちこっちに揺れ動きます。母親だけど、一人の女性だということです。

こういうドラマ女性好きですよね。ハマってしまった女性もいたでしょうね。ドラマだと思って見ているから面白いんです。主婦が恋をしてはいけないとは言わないけれど、実際落ちてしまったら大変なことになります。

マンハッタンラブストーリー

「マンハッタンラブストーリー」は宮藤官九郎さん脚本の作品です。宮藤官九郎さんとしては、初のラブストーリーになります。宮藤官九郎さんにラブストーリーのイメージはあまりないですね。

喫茶店「マンハッタン」が舞台、マスターと店員、常連客の片思いを描いています。第39回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞を受賞した作品でもあるんですよ。でも、このドラマ視聴率が一けた台だったそうです。視聴率がすべてではありませんよね。

マスターが松岡昌宏さん、小泉今日子さんは恋愛経験は浅く、大胆な行動を取ったりするも、いざとなると臆病なタクシー運転手(赤羽伸子)を演じています。小泉今日子さんがタクシーの運転手なんて、宮藤官九郎さんじゃなきゃ書けない役のような気がします。

ハタチの恋人

「ハタチの恋人」は、明石家さんまさんと長澤まさみさんダブル主演のラブコメディーです。食品会社のサラリーマン(井上圭祐)が、妻子がいるにもかかわらずグラフィックデザイナーを夢見る専門学生(沢田ユリ)に恋をするというストーリーです。

なぜなら、ユリは初恋の相手と瓜二つだったからです。その初恋の相手が小泉今日子さん演じる沢田絵里です。実は、沢田絵里はユリの母親なんですね。その事実を圭祐は後で知ることになります。

このドラマを見て、小泉今日子さんが20歳の娘がいる母親役をやるなんて驚きでした。当時、「キョンキョンもそういう年齢になったのかなぁ」と思ったものです。ドラマでのさんまさんとの共演シーンもよかったですよ。

あんみつ姫

2008年井上真央さんの「あんみつ姫」が放送されましたが、井上真央さんの前は小泉今日子さんが演じていたのを知っていますか。1983年小泉今日子さんがアイドルだったころです。

この時代を知っている世代は、あんみつ姫=小泉今日子だったのではないでしょうか。ドラマ「あんみつ姫」は、やんちゃでおてんばなお姫様がお城を抜け出してさまざまな騒動を引き起こす物語です。

登場人物にはカステラやだんご、あべかわなどお菓子の名前が付いていました。そういえば、東MAXさんの父親である東八郎さんがじいの役で出演していましたね。あんみつ姫を演じている小泉今日子さん、とても可愛かったんですよ。

愛しあってるかい!

陣内孝則さんがハイテンションで「愛しあってるかぁ~い?」と叫んでいるバブル時代のトレンディドラマ「愛しあってるかい!」は、原宿の男子校の南青山高校と女子校の表参道女子高校3年生の生徒と教師の学園ラブコメディーです。

小泉今日子さんは女子高の英語教師・椎名吹雪という役でした。椎名吹雪は生徒からも慕われているおしゃれでちょっと強気な女性。このドラマに出てくる教師と生徒は友達みたいな関係です。連続ドラマだけではなく、スぺシャルドラマも放送されました。

実このドラマの脚本はなんと!「家なき子」や「高校教師」の脚本家野島伸司さんなんです。野島伸司さんは独特な世界を描く人という印象が強いのですが、こんなノリの良い明るいドラマを書いていたなんて驚きです。

まだ恋は始まらない



「まだ恋は始まらない」は、江戸時代身分違いの恋をして心中をした男女が現在に生まれ変わって、再び巡り合うというちょっと変わったストーリー。しかもラブコメディーなのです。その男女が中井貴一さんと小泉今日子さんです。

ドラマのオープニングでも江戸時代の衣装を着た2人が鏡に映し出されます。現在の2人は妻に離婚を言い渡されたサラリーマンと婚約者のいるOLです。ナレーションは西村雅彦さん。出演している俳優さんたちも豪華でしたよ。

小泉今日子さんの婚約者に竹野内豊さん、弁護士に常盤貴子さん、妹が坂井真紀さん、妹が働く花屋の店員に草彅剛さんが出演していました。今では、主役級の俳優さんたちばかりです。

最後から二番目の恋

「まだ恋ははじまらない」から17年ぶりに中井貴一さんと小泉今日子さんが共演した「最後から二番目の恋」は、鎌倉を舞台にした大人のラブストーリーです。ラブストーリーですが、ホームドラマの要素も入った感じです。

古民家でひとり暮らしを始めたテレビ局の敏腕プロデューサー(吉野千明)と鎌倉市観光推進課課長(長倉和平)の家族を巻き込みながらドラマは展開されていきます。「天使」と呼ばれている弟や引きこもりの妹など、和平の家族も個性ぞろいでした。

和平と千明の掛け合いが面白かったです。千明と2人の独身仲間とのシーンは、大人の女性たちが共感する会話が多かったですね。「続編が見たい!」という視聴者からの要望を受け、2014年「続・最後から二番目の恋」が放送されました。

まとめ

https://www.youtube.com/watch?v=o59xH796eQw
いかがでしたか。こうやって振り返ってみると、何となく覚えているもの(見れば「あーっ!」と思い出す)やもう一度見たいドラマがいくつもありますね。みなさんはどうですか?10代からずっと第一線で活躍し続ける小泉今日子さん、50代になってもその魅力は褪せることがありません。

2017年1月14日スタートのドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」では、堤真一さんと共演し夫婦役を演じます。しかも今度の役は鬼嫁です。小泉今日子さんは「個人的には完全なるミスキャストだと思っている」そうですが、どんな鬼嫁を演じるのか今からドラマが楽しみです。

余談ですが、演出と脚本担当の福田雄一さんが自分の部屋に一番最初にポスターを貼ったアイドルは小泉今日子さんだそうです。こんな偶然ありますか。

マンハッタン・ラブストーリー DVD-BOX
ジェネオン エンタテインメント (2004-03-12)
売り上げランキング: 62,709

MEKURU VOL.07 (小泉今日子)
MEKURU VOL.07 (小泉今日子)
posted with amazlet at 17.01.13
ギャンビット
ギャンビット
売り上げランキング: 3,210