世の中がベッキーの芸能界完全復帰を強く望む理由を考察した

長期間の活動自粛を終えたベッキー。多くの人たちが、ベッキーの元気な笑顔を「また見たい」と熱望しています!

ベッキー、完全復帰へ!

僕たちのお茶の間に帰ってきたベッキー!

みなさま、あけましておめでとうございます。 大好きなテレビのお仕事で今年もスタートさせていただきましたこと、嬉しく思っております。 今年は妹がLAから帰ってきて、家族みんなでNHKの生放送をみてくれたみたいで、嬉しかったです。 今年はどんな年にしましょう。 私は、健康に、安全に、ゆったりとしたきもちで過ごしたいです。 前向きな意味で “現状維持” 。 たくさんの幸せをいただいているので、このひとつひとつの幸せを大切に過ごします。 人生ですから、悲しいこともあるかもしれませんが、それも抱きしめていきます。 2016年がみなさまと、みなさまの大切な人にとって、幸せな1年でありますように。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 ベッキー

Becky ベッキーさん(@becky_dayo)が投稿した写真 –

2016年1月。新年早々、芸能界に衝撃が走りました。週刊文春による「ベッキーの熱愛報道」です。お相手はアーティストの川谷絵音。当時、彼は既婚者でした。この報道は後に「ゲス不倫」と呼ばれ、同年の流行語大賞にノミネートされるほど、世間を騒然とさせました。

当時のベッキーは9本のレギュラー番組と10本のCMを抱える超人気タレントでしたが、報道の余波を受けて全ての番組とCMを降板する事態に見舞われました。報道後はベッキーを観る機会がすっかりなくなり「このまま芸能界を引退するのではないか」と、心配する声が各所から挙がっていました。

しかし、報道から約1年が経過した2017年1月1日。フジテレビ系列のワイドショー番組「ワイドナショー」で、ベッキーは本格的に番組復帰を果たしたのです!

「ワイドナショー」で見せたベッキーの新たな一面!

さまざなワイドショー・ニュースを取り扱う同番組において、ベッキーはコメンテーターとして出演しました。私もリアル・タイムで視聴していましたが、長期間の活動自粛を経たベッキーは、どこか吹っ切れているような様子でした。

報道前と比べて特に変化を感じた点は、ベッキーのキャラです!番組内でのベッキーは、誰もが納得する正論コメントを述べるー方で、チクリと毒を含んだコメントもするようになっていました。

以前までの優等生キャラだったベッキーには、決して見られなかった光景です。優等生キャラの他に「毒舌キャラ」としての新しい顔が加わり、ベッキーは一皮も二皮も剥けて帰ってきたのです!

降板していたCMにも復帰!

テレビ番組だけでなく、2016年末にCM復帰も果たしました!報道後に降板したコミュニケーション・アプリ「LINE」のCMです。企業がCM起用のタレントを選考する上で、重要視する項目はタレント・イメージです。

今回のCM復帰は、ベッキーのタレント・ イメージに関して問題がないと企業が判断した証拠になります。この決定は、ベッキーにとっても強い追い風になるのではないでしょうか。以前のように多数のCMを抱える日が来るのも、そう遠い話しではないのです!

ベッキーに向けて「戻っておいで」の声多数

活動自粛中は何をやっていたの?

最初の4ヶ月間は、ひたすら家に引きこもっていたそうです。自分に関するニュースが連日のようにテレビで流れているため、「教育テレビしか点けられなかった」と語っています。しかし、このままでは駄目だと自分を鼓舞し、ベッキーは徐々に活動を始めます!

具体的には料理や掃除の勉強を基礎から学び直したり、妹のジェシカさんと毎日テレビ電話をして気を紛らわせていました。他には、「その日にあった良い出来事」をノートに記入していたそうです。

ちなみに、ノートのタイトルは 「LIFE IS GOOD」 。ベッキー家で昔から使われている合言葉だそうです!ベッキーの底知れないポジティブ思考は、家庭環境によって生み出されていました!

芸能界でもベッキーを心配する声が

Photo by 川島小鳥 Styling by @otayukari Hair & Make up by AYA @with_mag_official 2017年2月号

Becky ベッキーさん(@becky_dayo)が投稿した写真 –

ベッキーが活動自粛している間、芸能界では復帰を望む声が多く挙がっていました。同じ事務所の先輩でもあるカンニング竹山さんは、ベッキーのことを“妹”と呼ぶほど親しい間柄です。ベッキーの報道を受けて、彼は以下のようなツイートをしています。

その他にも宮迫博之さん、宮根誠司さん、武田鉄矢さん、たむらけんじさん、デビィ夫人など多数の芸能人たちが、ベッキーについて励ましや前向きなコメントを送っています。また、芸能人だけでなく世間の人たちもベッキーの動向に注目していました。

報道後にベッキーが初めてしたツイートには、「いいね」の数がなんと1万以上もついたのです!Twitterユーザーたちからの返信内容を見ても、ベッキーに対して好意的な意見が多く、世間の人たちも復帰を熱望していることがよく分かりました。

どうしてベッキーの復帰が望まれるのか?

多くの芸能人たちがベッキーを擁護

当時のベッキーを擁護することに関して、この記事を読んでいる方々にも色々な意見があるでしょう。しかし、一つだけ明確に言えることがあります!それは、当時のベッキーを擁護するには相当なリスクと勇気が必要だったということです。あの報道では、交際相手の奥さんという被害者がいました。

そのため下手に擁護すれば自分にも批判の矛先が向かうのは、容易に想像できます。特に人気商売である芸能人はイメージがとても大切です。なるべくなら自分の身に火の粉が降りかからないよう、上手く立ち回りたいはずです。

それなのにも拘らず、ベッキーを擁護する芸能人は沢山いました。なぜリスクを負ってまで、ベッキーに励ましの言葉を送ったのでしょうか。その要因について、考察してみました。

多くの人たちから支持される要因は人柄にあり!

やはり大きな要因は、ベッキーの人柄にあると思います!ベッキーの復帰を望む芸能人たちは、皆一様に「ベッキーは良い子」と評価していました。仮にベッキーが仕事場においてだけ、猫を被っていたとしましょう。

ベッキーの芸歴は15年を超えます。15年以上もの間、顔見知りの人たちと仕事をしていれば、必ずどこかしらでボロが出るはずです。しかし、これだけ擁護する芸能人が多いという背景を考えれば、ベッキーは本当に良い子なのでしょう。

バラエティでのベッキーは、いつも笑顔で元気な姿が印象的でした。ベッキーがテレビに出ていると、観ている人まで元気になれる。そういったキャラも手伝って、自粛中も多くの人たちから支持を得ていたのではないでしょうか。

復帰後、ベッキーは人望を取り戻せるのか?

ベッキーは、まだ許されない?

今日はだいすきな名古屋にいるのだ。

Becky ベッキーさん(@becky_dayo)が投稿した動画 –

一連の「ゲス不倫」騒動は、不倫相手の奥さんが被害者で責任はベッキーと交際相手にあります。妻帯者と恋愛をすれば仕事に影響が及ぶのは、ベッキーだって分かっていたはずです。それでも、ベッキーは交際を続けました。

仕事を失う覚悟で誰かを好きになるなんて、なかなか出来ることではありません。ある意味でとても純粋な人なのだと思います。しかしながら、私は不倫を肯定するわけではありません。被害者を生んでしまう恋愛は、絶対にダメです!

騒動後、ベッキーは「奥さんにキチンと謝罪をして、許しを貰った」と、テレビで語っていました。謝罪に加えて長期間の活動自粛もしたので、私個人の考えを述べると禊はもう済んだのではないかと思います。

ベッキーの周りには手を差し伸べてくれる人が沢山いる!

テレビを通したコメントだけでなく、実生活の中でもベッキーに手を差し伸べてくれる芸能人がいました。タレントのヒロミさんは、休業中のベッキーを思いやって自分のホーム・パーティに誘ったそうです。

お笑い芸人であるハリセンボンの春菜さんとは、休業がキッカケで仲が深まり大親友になりました。春菜さんから送られた「人生は楽しいことがいっぱいあるよ」という言葉が、今でも心に強く残っていると感謝していました。

またベッキーは、お正月になるとスタッフや関係者に約300枚もの年賀状を毎年送っているそうです。このエピソードから、スタッフ対しても感謝の気持ちを忘れずに持っていることが分かります。なので芸能人だけでなくスッタフの中にも、ベッキーを助けてくれる人は沢山いるのではないでしょうか。

まとめ

今後のNEWベッキーに期待!

Photo by 川島小鳥 Styling by @otayukari Hair & Make up by AYA @with_mag_official 2017年2月号

Becky ベッキーさん(@becky_dayo)が投稿した写真 –

一度犯してしまった過ちは、決して消えません。過去の出来事を有耶無耶にしてしまえば、番組内で腫れ物的な存在になってしまいます。変に誤魔化そうとしたりせず、腹を割って活動することが大切なのではないでしょうか。「ワイドナショー」で見せた新しい一面を今後も維持できれば、ベッキーの魅力はさらに深まり、活躍の場が広がると私は思います。

2017年の1月に放送された別番組において、ベッキーは「次は応援される恋愛をしたい」と答えていました。世間の目を気にすれば、「恋愛は暫く自粛します」と無難な回答をすべきです。しかし、キッパリと本音を語ったベッキーに私は感心しました。

一連の騒動で精神的に成長し、大きな教訓を得て帰ってきたベッキー。今後どのような活躍を私たちに見せてくれるのでしょうか。今から楽しみで仕方ありません!

ベッキーの心のとびら
ベッキーの心のとびら
posted with amazlet at 17.01.20
ベッキー
幻冬舎
売り上げランキング: 258,305

冬空のLove Song
冬空のLove Song
posted with amazlet at 17.01.20
ベッキー♪#
EMIミュージック・ジャパン (2010-12-01)
売り上げランキング: 247,357