指原莉乃はなぜ二冠を獲れたのか?人気の秘密は意外なところに存在した!

さっしーこと、HKT48のメンバー兼HKT48劇場支配人である指原莉乃さんの人気の秘密に迫ってみたいと思います!お世辞にも飛び抜けたルックスではないけれど、大人気なのはなぜ?世間に支持される理由ってなんだろう?と思って調べていくと、いろいろとさっしーの良さがたくさん見えてきましたのでご紹介します!

指原莉乃はなぜ人気なのか?二連覇の秘訣を紐解こう!

さっしーがアイドルになったきっかけは?


さっしーこと指原莉乃さんが人気になるまでのプロフィールを簡単に少しだけご紹介!さっしーは1992年11月21日生まれ。東京生まれかと思ったのですが意外にも大分県大分市出身です。そして、さっしーがアイドル好きだということは結構世間に広まっていますよね。

その中でも最初に興味を持ったのは、小学1年生の時に放送していたオーディション番組「ASAYAN」のモーニング娘。オーディションを見てから、のめり込む程アイドルに興味を持ち始めたそうです。小1でのめり込むとは、ちょっと驚きです!

今では目標にしている人として、元モーニング娘。の保田圭さんを挙げています。うん。上手くは言葉では表現できませんが、なんとなくさっしーが保田さんを目標にする気持ちがわかる気がします!

夢だったアイドルの道へ

さっしーがAKB48に加入したのは2007年5期生メンバーとしてでした。2010年からはチームAで活動していましたが、2008年の当初は正規メンバーとして、チームBに加入していました。その後、AKBメジャーシングル10作品目「大声ダイヤモンド」で選抜入りを果たします

2010年、太田プロダクションからの移籍打診があり、それまで所属していた事務所AKSから移籍します。この太田プロには同元メンバーの大島優子、前田敦子、野呂佳代も所属。現メンバーには北原里英、入山杏奈、横山由衣も所属している大手プロダクションです。

2000年から太田プロでも所属芸能人を対象に、総選挙を開催しているのを知っていましたか?2012年から2015年の3年間はダチョウ倶楽部の上島竜平さんが1位を獲得していたそうですが、2016年には、ここでもさっしー旋風!V3の上島さんを抑えてさっしーが1位を獲得しました!

バラエティー向き?指原莉乃が最強アイドルたる素質!

さっしー人気は頭の回転の良さにあり?


さっしーのバラエティーでの人気は上々!今ではバラエティー番組の司会まで務めています。今では終了してしまった「笑っていいとも!」月曜レギュラーとしての活動が、今のさっしーのバラエティー力に繋がっているように思います。

さっしーがアイドルながらもここまでバラエティー番組で引っ張りだこなのには、何か理由がありそうですよね!さっしーと共演したダウンタウンの松本さんは、さっしーを絶賛していました。というのも、松本さんから見たさっしーは、頭の回転が早く、空気を読めるのにも関わらず、わざと読まないようにしているんだそうです。

そう言った意味では、さっしーは賢いと言えるのだそうです。世渡り上手で計算高いと言うと言葉が悪いですが、それだけさっしーが、周りをよく見て自分のポジションを知っているからこそ大物共演者とも対等な対話ができるんでしょうね!

さっしーの共感力の高さが人気の素?

さっしーの人気は男性はもちろんのこと、女性からの支持率も高いのが魅力でもあります。アイドルが同性から受け入れられることは、簡単なことではないと思いますが、さっしーの場合は、自虐的な部分が同性からの共感を生んでいます

さっしーが司会を務める番組での「友達いないあるある」ではたくさんの共感ツイートが!その「あるある」とは、卒アルの一番後ろのページは寄せ書きがなくて白紙だった。学校では2人1組になるのが恐怖。ボーリングに行く羽目になった時に、球を投げた後に振り向くのが怖いなどなど。

当時のさっしーと同じ学生時代だった人からは多くの反響を呼びました。さっしーは、自身が思った気持ちを言葉にして表現することがとても上手です。アイドルだけれど決して雲の上の存在ではなく、身近に感じられる要素がいっぱい詰まったアイドルです。

指原莉乃がへタレキャラって本当?

あれが飛べないだけだった・・・!?



さっしーといえば、「へタレ」キャラで取り上げられることが多々ありました。しかし、今のさっしーを見ている限りでは、へタレどころかグループをグイグイひっぱっている姿は、へタレの片鱗もありませんよね?じゃあ、どうしてへタレキャラだったのかと調べてみると・・・。

どうやらこの「へタレ」の理由は、番組内でへタレを直す企画でバンジーを飛ぶはずが、最後の最後まで飛べなかった?飛ばなかった?ことが、「へタレ」呼ばわりされるようになった原因だったようです

さっしー本人もへタレだとは思っておらず、バンジーを飛ばなかっただけ。と言うから本当にそれだけの理由だったのかもしれません。よっぽど番組の空気を読むことすらできないくらい嫌だったんでしょうね。もし、あの時にバンジーを飛んでいたら、今のさっしーは違ったものになっていたかもしれませんね

指原莉乃の人生を変えたのはあのグループだった!?

ファンに優しくできなくなっていたさっしーを変えたものって?



さっしーは、2013年、2015年、2016年とAKB48総選挙では見事1位を獲得!初の2年連続の連覇を達成していることは、多くの方がご存知かと思います。そんなさっしーの人生を変えたのは、2016年惜しまれながらも解散してしまったSMAPの存在でした

2014年、フジテレビ毎年恒例の「FNS27時間テレビ」でパーソナリティーを務めたのはSMAP。番組終盤ではSMAPが45分ノンストップでライブを決行していました。その姿を観客席から見ていたさっしーは、SMAPファンの熱い声援を見て、客観的に自分を見つめ直せたようなのです。

というのも、その頃のさっしーは、ファンに対して素直に優しくできなかったんだそう。そんな悩みをSMAPのステージを見たことで、自分の姿がどんな風に見られていて、どんな風に応援してもらえてるのか実感したそうです。それからはファンに優しくできるようになったさっしー。結果は総選挙での結果となって現れました

指原莉乃の人気はもう誰も止められない!

影で人一倍努力しているさっしー!

さっしーの人気の秘密をいくつかの焦点から見てみましたがいかがでしたか?なんやかんやと言っても、実際のところは「影での努力」がさっしーの基盤となっていることを忘れてはいけませんよね。目標である保田圭さん同様に、アイドルであるさっしーは自分の容姿にはあまり自身がないそうです。

だからこそ、お酒を控えたり、食事に気をつけたりしてスタイルをキープ、いつ自分に回ってきてもいいように、自分のパートではない曲まで聴き倒し振り付けも勉強したりして努力をしているそうですよ!SMAPとの出会いで、ファンに応援されていることで自分の夢が叶っていることに気付けたさっしー

何やらSMAPとは約束もしたそうです。それを果たすためにも、これからもどんどんアイドルとしても、指原莉乃としてもバラエティーや多分野で活躍してくれるんじゃないかと思います。そんなさっしーを私もお茶の間で応援したいと思います!

指原莉乃写真集 スキャンダル中毒 (講談社 MOOK)
指原 莉乃
講談社 (2016-03-22)
売り上げランキング: 25,056

逆転力 ~ピンチを待て~ (講談社 MOOK)
指原莉乃(HKT48)
講談社 (2014-08-11)
売り上げランキング: 9,112