【魔法少女育成計画】リップルの腕が切断!続編で分かる「友」への想いとは

無愛想な性格かと思われていたリップル…実は誰よりも熱い気持ちを持った、自分に嘘がつけない正直な魔法少女でした!最終回では、まさかの主役だった事も明らかになったリップルの過去やトップスピードへの思いに迫ります!

魔法少女?忍者?ツンギレなリップルが可愛い!

 



魔法少女…というよりは、どちらかと言うと忍者と呼んだほうがしっくりくるリップルが序盤から見せた怒涛の舌打ちツンギレ対応にときめいたマゾ男性は正直に挙手してください!

本来、ツンとした後にはデレるからこそ、そのギャップにときめくというのが一般ですが、リップルは少々の事ではデレません。

そんなリップルのちょっと可愛い一面と言えば、魔法少女へ変身した後に自身の格好を「変な格好」と評価していました…しかし、この格好はソーシャルゲーム内でリップルが選んだアバターが、そのまま再現された形。

と、いう事はリップル自身が魔法忍者少女(笑)のアバターを選んだという事に繋がります。ひょっとして趣味なのでは?と思われちゃうあたり、キレ8割の態度でも可愛く思えちゃうんですよね。

リップルの正体は問題を抱えた女子高生



そんな忍者のような魔法少女リップルの正体は、高校2年生…変身前の姿は変身後と比べてガードが、やや硬そうな雰囲気を出しています。露出度的な意味で。 本名は細波華乃(さざなみ かの)親元を離れ一人暮らしをしています。

リップルは、英語でサザナミを表しますが本名からとった可能性がありますね!普段のリップルはというと、学校とアルバイトを繰り返す生活を送っているようで正直あまり充実した高校生活がおくれているとは思えません。

なぜリップルが一人暮らしを選択し、無愛想に振る舞うのか…それには母親の数回に渡る離婚により幼少の頃からのイジメ・そして義父からのセクハラを受けた過去などが関係していました。

義父からのセクハラや男性問題で悩んだ過去



リップルが、他人を寄せ付けず近寄る相手から距離を置こうとするのは幼い頃に、母親の離婚が原因による偏見によるイジメが関係していたのではないかと考えられます。アニメ7話では、リップルの過去が明らかになりました。

クラスメイトの男子は再婚を複数回行う、リップルの母を侮辱…そして、リップルにも酷い暴言を浴びせるのでした。この頃から、売られた喧嘩は買うの精神のようで口で言い返すよりも暴力を振るうように…。

そして中学校に上がる頃には同級生から彼氏を取った取らないの因縁をつけられてしまいます。ここまでくると、一体自分ににもどうしろと?というレベルすぎるし、同級生の女子がめちゃくちゃ怖い。

こうした幼いころからの境遇で、自然と他人から距離をとるようになってしまったのではないでしょうか。暴力をふるう部分は大目に見て、どう考えてもリップルは被害者です。

スイムスイムに片腕、左目を攻撃され切断…!



最終回の12話までに残ったキャラクターはリップル・スノーホワイト・スイムスイムの3人のみ。 ストーリーの中盤で本来であれば、当初の目的半分の8人まで減らして終了のはずが更に半分の4人への変更されましたね。

そして、N市には3人の魔法少女が残る…これで戦わずに住むんじゃ!?と、思ったのも束の間スイムスイムに殺されたトップスピードの仇をとるためにリップルが出陣します!なんといういきなりの熱い展開!

実力的には、ほぼ互角のように感じるリップルとスイムスイム。しかし、彼女たちは魔法少女…つまり固有魔法の相性が勝敗に大きく関係しています。リップルの能力は、手裏剣を投げたら百発百中というもの。

しかし、スイムスイムには物理攻撃は通用しません、そして闘いの最中リップルは、スイムスイムへ有効な攻撃手段に気づきます!

それは、音と光…2人は雷雨の中戦っており、リップルの投げた手裏剣はスイムスイムにかわされつづけるも、たまたま雷が手裏剣を打ちスイムスイムへとその衝撃が伝わりました。弱点を知られたスイムスイムは、まずリップルの左目を切りつけ潰します。

ここまでの流れがあまりにもサラっとしており肉体へのダメージの重さを感じさせませんが、リップルの左目は開くことが出来ない状態なのを忘れないでください!慣れない片目、そして視界を妨げる雷雨…その背後にはスイムスイムが!

リップルの左腕が鈍い音とともに吹っ飛んだ衝撃のシーンは、大概の人は精神的にショックをうけたのではないでしょうか… 逆にショックを受けていない方がいたら、すごいと思います…!それほどショッキングなシーンでした。

リップルが憧れていたのは、スノーホワイト?

スイムスイムとの戦いの前に、リップルはスノーホワイトと会っていましたが、そこで意外な事が…リップルは、スノーホワイトに憧れていたという事!アニメの1話から見ていても、そんな風には微塵も見えませんでしたが、そこはツンギレリップル!

スノーホワイトはスイムスイムを殺しに行くリップルを必死で食い止めますが、リップルからとってみればトップスピードの仇…そう簡単に決心は揺らぎません。両者一歩も引かないまま重い空気が流れていました…。

膠着状態の中でスノーホワイトに憧れていたことを急に告白するリップル、これにはスノーホワイトも驚きです。その言葉の意味は、皆が憧れる魔法少女になりたかったという事なのでしょうか…?それとも、自身とは正反対のスノーホワイトのような性格への憧れ…?

続編でもリップルが登場!切断された腕、左目は?

最終回12話のアニメを見ていた方の多くが気になっているであろう、リップルの切断された左腕と、切られて塞がった左目ですが、よく見てみると瀕死の重症を負った際に変身が解け本来の姿に一瞬戻る場面がありました。

そこで倒れるリップル…う、腕がある!!!!あるように見える!!!?くっつている?!!?そうなんです!仮に魔法少女になっている間に欠損するほどのダメージを負ったとしても返信を解除すると、元の身体には反映されていないんです!

これには理由があり魔法少女の時の肉体と、人間としての肉体は別物だから欠損しても人の肉体へのダメージはないという事のようです。安心しました!


続いて、リップルが登場するシリーズは【魔法少女育成計画limited】になります。このシリーズでリップルの姿を確認してみると…スイムスイムに傷つけられた箇所は修復していない様子が分かります。

一応、腕と目は元に戻す事が示唆される場面がありましたが、リップルはあえて治さずにいたようです。これについてリップルは『試験で負った(受けた)傷は直したくない』との事。

散々な目にあった選抜試験の傷…普通だったら治してしまいたいと思うところですが、これには相方だったトップスピードへの思いがあるのではないかと考えられるかと思いますがいかかでしょうか?

トップスピードが死んだ時、もしも自分が無理をしなければ…もしかしたらトップスピードは死なずに済んだのかもしれないと…不器用なリップルの精一杯の気持ちの現われの様に感じました。

TVアニメ 魔法少女育成計画 リップル 1/7 完成品フィギュア
ディ・モールト ベネ
売り上げランキング: 155,970
魔法少女育成計画 リップル アクリルつままれストラップ
コスパ (2017-04-30)
売り上げランキング: 98,084