最強のマフィア決定!家庭教師ヒットマンREBORN強さランキングTOP20!

大人気アクション漫画「家庭教師ヒットマンREBORN」に登場する主要キャラクターを中心に、誰が一番強いのか、検証してみました!

ダメ人間の再教育?家庭教師ヒットマンリボーンとは

家庭教師(かてきょー)ヒットマンREBORNは、天野明により2004年から2012年まで週刊少年ジャンプに連載されたコメディ&アクション漫画です。2006年から4年間アニメ化もされました。

平凡で臆病な主人公 沢田綱吉(ツナ)、通称ダメツナが、突然リボーンと名乗る殺し屋(ヒットマン)の赤ん坊から、マフィアのボスになるための訓練を受けることになります。

そのマフィアはボンゴレファミリーと呼ばれる大きな力を持つマフィアです。ツナはボスにはならないと拒否しつつも、そのマフィアや周りのマフィア、さらには未来まで、様々な戦いを経て人間的にもボスとしても大きく成長します。

そんなダメ人間からの成長物語とも言えるのが、このマンガです。

大ヒットマンガになる秘訣とは?

リボーンが大ヒットした秘密はどこにあるのでしょうか?それは、多くのヒット作に共通する、主人公の人物像です。リボーンでは特にはっきりしていますが、主人公がうだつの上がらない平凡な人間だ、ということです。

もともと非凡な才能を持っている人物が主人公の物語よりも、ごくごく一般的な人物がひょんなことから才能を開花させていく物語の方が、読者の共感を得やすいんです!だからこそヒットするんですね!

そんな大ヒットマンガ・リボーンですが、主人公ツナが成長していく過程で様々な敵が出てきます。それぞれ個性を持った敵と死闘を繰り広げ強くなっていくわけですが、いったい誰が一番強いんでしょうか?

最強マフィアは誰だ!強さランキングTOP20

数多くのボスキャラやその周りの仲間たちが登場するリボーンですが、その中でも一番強いのは誰か、検証してみました!「あ、このキャラなつかしい!」「確かにこいつめちゃくちゃ強かったよな!」

など、楽しみながら見てみてください!いったい誰が一番強いのでしょうか?それではランキング発表に移ります!

第20位 フラン

ボンゴレファミリーの特殊暗殺部隊ヴァリアーにスカウトされ、メンバーの一人となった幻術使い。師匠は六道骸であり、フラン自身も世界の三本指に入るくらいの実力を持っています。

普段は上司に対してもズケズケと毒を吐きまくる怖いもの知らずな毒舌家ですが、なぜか憎めないやつです(笑)カエル頭が特徴的ですが、ナイフを刺されても全く変化がないことから、この頭も幻術でできているという説が濃厚です。

ボス(XANXUS)に興味があるから、逃げようと思えば逃げれるのにヴァリアーに所属し続けているというくらいで、実力を持ってはいるけど気分屋、という面白い性格ですね。

第19位 獄寺隼人

ボンゴレファミリーの嵐の守護者であり、ダイナマイトを武器として戦います。10代目ボス候補のツナをとにかく慕っていて、ツナを守ろうと必死になっています。ツナやリボーンの指示には絶対服従の忠実な部下ですね。

見た目はヤンキーのような感じですが、根はかなりまじめで、努力家でもあります。けっこう空回りしてしまう場面が多いように思えますが、嵐の守護者としての素質は十分あり、様々な戦術も模索しています。

嵐の炎以外にも微力ながら他の属性の炎も持っていて、それをうまく生かした匣(ボックス)兵器・SISTEMA C.A.I(システィーマ シー・エー・アイ)と嵐猫(ガット・テンペスタ)の組み合わせは圧巻でしたね!

第18位 スペルビ•スクアーロ

ヴァリアーの幹部の一人で、ヴァリアー内の実力はナンバー2。雨の属性の炎をうまく使いこなした剣士です。イタリア語で「サメ」を意味するスクアーロという名の通り、サメをモチーフとした技を多く繰り出します。

「う゛お゛ぉい!」が口癖で声の大きいうるさい奴ですが、そんなやつでも実力は折り紙付きで、世界中に存在するあらゆる剣術を使いこなす剣術の天才です。ヴァリアー時期ボス候補でしたが、XANXUSの怒りに惚れ込み、彼にボスの座を譲りました。

VSヴァリアー編で山本武と戦って以来、彼をいっぱしの剣士として成長させようと、ちょうどいいタイミングで的確なアドバイスをしてくれるなど、面倒見の良さが垣間見えます。

第17位 ベルフェゴール

最年少でヴァリアーに入隊したヴァリアー幹部の一人で、殺しの天才です。常にニコニコしていますが、残酷な性格で、ワイヤー付きナイフでじわじわと切り刻んで殺していく残忍さがあります。

自分のことを王子と呼びますが、実際に王子だったようですね。双子の兄は「ゴキブリと間違えた」と言って殺したりするぐらいなので、ものすごいですよね(汗)才能にあふれた人物ですが、その戦い方もすごいです。

VSヴァリアー編では、ナイフをよけたはずなのに体中切り刻まれていく、という魔術のような仕掛けを使い、獄寺隼人を追い詰めていきました。私はあの強さと頭の良さを見て、ベルに惚れ込んでしまいました!

第16位 ザクロ

白蘭率いるミルフィオーレファミリー・ホワイトスペルの中でも、秘密裏に組織された真6弔花の一人で、マグマを操る能力を持った強敵。口癖は「バーロー」。マグマの風呂に入ってツナたちを驚かせたりしてましたね。

修羅開匣するとT-REXと合体して、まるで恐竜かのような姿になり、圧倒的な力を見せつけます。かなり強いことは確かなんですが、出番は少なく、最後はGHOSTに炎を吸収されて死んでしまいます。

その死に方もけっこう扱いがひどく、いつの間にか死んでしまっていたような感じです。めちゃくちゃ強いからもっと活躍してほしかったんですが…(笑)

第15位 幻騎士

もともとジッリョネロファミリーの霧の守護者でしたが、ジェッソファミリーのボス白蘭に命を救われて以来、組織を裏切り、ジッリョネロの崩壊につながるきっかけを作った人物。その後ジッリョネロとジェッソが合併してできたのがミルフィオーレファミリーですね。

その名の通り、幻術と剣術を使いこなす四刀流の剣士で、6弔花の霧の守護者です。人間離れした強さでボンゴレファミリーの山本武や雲雀恭弥たちを退けるなど、最強の剣士と言っても過言ではないくらいです。

過去にスクアーロと戦い敗れていますが、それは演技だったことも示唆しています。真6弔花ではないものの、それほどの実力を持っていて、その戦いっぷりもマンガで多く描写されています。

第14位 山本武

ボンゴレファミリーの雨の守護者で野球で鍛えた肩と運動神経で、剣士としての才能を開花させました。人望も厚く、リボーンに気に入られてボンゴレファミリーの守護者として鍛えられますが、本人ははじめの方は遊びだと思っていたくらいの天然さです(笑)

父から時雨蒼燕流(しぐれそうえんりゅう)の剣術を受け継ぎ、自分なりに工夫もしながら、強力な敵との戦いも勝ち抜いていくほど、剣士として実力を持っています。スクアーロからの映像をヒントに修行をして、どんどん強くなっていく様はすごいです。

スクアーロ同様、雨の炎をうまく使った剣術で相手を圧倒します。ここぞというときに頼れる男、そんなポジションとしてボンゴレファミリーの守護者らしく存在している気がします。

第13位 ディーノ



ボンゴレファミリーの同盟ファミリー・キャバッローネファミリーの10代目ボスで、通称「跳ね馬のディーノ」。かなりのイケメンで面倒見もいいため、周りからとても慕われている、ボスとしての素質にあふれる人物です。

しかし、そんなボス体質が逆効果となっているのか、そばに一人も部下がいないと、実力をうまく発揮できずに、どうしようもないくらいの運動音痴になってしまいます。部下が一人でもいればめちゃくちゃ強いんですが。

を武器として使い、周囲から銃をぶっ放されてもすべてはじき落とすぐらい強力です。雲雀の師匠として修業に付き合っているくらい、かなりの実力を持っているようですが、そんなに戦闘シーンがなかったのが残念です。

第12位 桔梗

真6弔花のリーダーで雲の属性の炎でスピノサウルスの匣兵器を操り、圧倒的なスピードと実力でツナたちを圧倒します。「ハハンッ」が口癖。雲の属性によってスピノサウルスを増殖させた攻撃で相手を退けます。

選りすぐりの強者の集団・真6弔花のリーダーであることからもわかりますが、超強いです。ユニ奪還のときには、笹川了平、ランボ、バジル、野猿、太猿の5人と交戦しますが、5対1でも引けを取らないくらいの強さです。

修羅開匣して増殖させた雲ヴェロキラプトルの一部を地中に仕込み、奇襲を仕掛けることで、5人を全滅させました。(実は5人は骸たちの幻覚だったのですが)5対1でも勝ってしまうほどだなんて、強すぎます。

第11位 沢田家光

ボンゴレファミリーのナンバー2で、門外顧問機関CEDEF(チェデフ)のボスであり、主人公の父。妻にはマフィアであることを隠し続け、石油を掘っているなどと言っています。家ではいつもだらしない格好で登場していますね。

ただし、実力は相当なもので、ツナとの戦いのシーンでは、ツナを寄せ付けない強さで打ち負かします。ツナたちの周りで起こる様々な戦いでは登場することはありませんでしたが、ツナに圧倒的強さで勝ったことからもその力はわかります。

まだまだ底の見えないくらいの計り知れない強さを持っているようですから、本気で戦う場面をぜひ見たかったです…

第10位 六道骸

マフィアの刑務所を脱獄した8人衆の1人でリーダー的存在。黒曜編でボスとしてツナたちの前に立ちはだかり、幻術や6つの特殊能力を使ってツナを追い詰めます。そしてツナに憑依してマフィア殲滅作戦を実行しようとします。

しかし、ツナのハイパー死ぬ気モードを覚醒させてしまい、敗北し、復讐者(ヴィンディチェ)により再び牢獄へと連れ戻されました。その後いろいろありまして、ボンゴレの霧の守護者、つまりツナの部下として、共に戦っていくことになります。

敵としては恐ろしく、味方としてはこの上なく心強い幻術使いで、世界のトップレベルの幻術使いと言えるでしょう。幻術を駆使した迫力ある戦いと、余裕の笑みが印象的でした。

第9位 雲雀恭弥

ツナたちが通う並盛中学校の風紀委員長で、しかも不良の頂点にいる学生で、集団でいることを特に嫌悪し、気に入らないものは仕込みトンファーでボコボコにしてしまいます。はじめはツナの味方として戦っているわけではありませんでした。

しかし、リボーンにはめられてツナに協力することが多く、さらにはその類まれなる戦いの才能を見込まれてボンゴレの雲の守護者に選ばれ、ボンゴレ最強の守護者と言えるほどの実力者となりました。

群れることを嫌いながらも、意外と仲間思いな一面も見られ、VSヴァリアー編では、獄寺隼人やランボ、山本武たちを救出することに貢献してくれたりもしました。雲の炎も使いこなして、真6弔花のデイジーをも倒してしまうほど強いです。

第8位 XANXUS

ボンゴレファミリー9代目ボスの息子で、ヴァリアーのボス。周囲の人間をカスと見下し、ものすごい威圧感と強さで相手を黙らせてしまうくらい怖いです。実は養子であり、血統的にボスになりえないと知り絶望し、スクアーロたちとクーデターを起こしました。

しかし、9代目により阻止され、大怪我を負い封印されました。その後封印を解かれ、ボスの素質が見られないツナに対し、どちらがボスにふさわしいか証明するために再びクーデターを仕掛けますが、ツナの「死ぬ気の零(ゼロ)地点突破」を受け、敗北します。

結局負けてしまうXANXUSでしたが、「憤怒の炎」というハンパない破壊力を持った特殊な炎を操り、他を圧倒する実力を持っています。匣兵器・白の天空ライオンと二丁拳銃を用いて敵を蹴散らす姿はカッコいいですね。

第7位 白蘭

ミルフィオーレファミリーのボスで大空のマーレリングの所持者。パラレルワールドの自分と記憶や情報を共有できる特殊能力を持ち、その能力を使って他のパラレルワールドすべてを征服したほどの実力です。

この能力から相手の戦術を予め知り、攻略したり、この世界では存在しないものを使ったり、とにかく対処法がないような最強ともいえる敵でしたが、ツナのX-BURNERの撃ち合いによって敗北しました。

その後はボンゴレの監視下にありましたが、虹の代理戦争で脱走し、ユニの代理として参加、リボーンたちと同盟を組むことをもちかけ、味方として戦います。常に飄々とした雰囲気で、何を考えているのかわかりませんが、強さだけは確かでしょう。

第6位 D(デイモン)・スペード

初代ボンゴレファミリーの霧の守護者で、六道骸と容姿が似ており、魔レンズや大鎌を武器として使います。ボンゴレⅠ世ジョットとの間でボンゴレの理想像が食い違い、亀裂が生じます。その後ボンゴレを裏から操作していきます。

最終的には骸の体に憑依し、ツナたちをあらゆる策で圧倒しますが、炎真とツナのコンビプレーで致命傷を負い、ツナのXカノンを受けて敗北しました。負けてしまったものの、第8の属性の「夜の炎」を操ったり、初代ボンゴレの時代から生きていたりと、常識はずれの力を持っています。

骸の幻術を退け、体を奪ってしまうなど、幻術使いとしてはナンバー1の実力でしょう。敵としては1位、2位を争うほどの強さだと思います。

第5位 古里炎真

弱小マフィア・シモンファミリーの10代目ボスで、大地属性の炎を操り、重力を自由自在に変化させる能力を駆使します。弱小ファミリーのボスとはいえ、一時はツナをボコボコにするくらいの実力があります。

普段は、ツナのように内気で弱々しい性格で、頼りない感じです。しかし、とても仲間思いで、仲間を守るためとなると目つきが変わり、とてもたくましくなります。そもそも重力を自由に操るなんて、めちゃくちゃ強いですよね!

D・スペードの憑依する加藤ジュリーに騙され、ツナたちと戦いますが、和解後は仲間となります。仲間としてはとても心強いほどに、人望・実力ともに優れた人物でしょう!

第4位 イェーガー

元アルコバレーノで、マフィア界の番人・復讐者の中でも最強の実力者。虹の呪い編では、夜の炎を使ったショートワープを駆使し、圧倒的な実力をツナたちに見せつけていきました。

骸、XANXUS、スクアーロ、ディーノ、白蘭、雲雀たちボス連合を前にまったくひるむことなく、一瞬で全員を瀕死に追い込んでしまうほどの強さで、リボーンですら、「勝ち目がない」と思ってしまうくらいです。

ボス連合の各メンツもそれぞれトップレベルの強さを持っているのに、そいつらを余裕で蹴散らしてしまうなんて、絶望的な強さですよね。恐怖さえ覚えてしまいます。

第3位 バミューダ・フォン・ヴェッケンシュタイン

復讐者とともに行動する透明なおしゃぶりをもったアルコバレーノで、「死ぬ気の到達点」と呼ばれる境地に達し、夜の炎を生み出すことで生き残ることができ、チェッカーフェイスへの復讐心から復讐者を組織した人物

呪解した姿は子供のようですが、イェーガーと同じく、夜の炎によってショートワープを駆使し、呪解したリボーンやツナを追い詰めるくらいの力を持っています。

復讐者全員に夜の炎を供給できるほど強大な炎を有していることや、ボス連合をボコボコにしたイェーガーが部下であることなどからも、その圧倒的な強さが感じられます。個人的には一番好きです!

第2位 沢田綱吉

主人公であり、巨大なマフィア・ボンゴレファミリーの次期10代目ボス候補。弱気で逃げ腰で情けない人間でしたが、リボーンによってボスとして育てられ、心優しくも強い人間へと成長しました。

超直感という能力を生まれながらに持ち、戦闘の才能はピカイチです。戦いの中で成長していき、様々な強敵を打ち負かしていく姿は、とても勇ましくかっこいいです!Xグローブをつけた死ぬ気モードもカッコいい!

いろんな必殺技もあり、なかでもXX BURNER(ダブルイクスバーナー)が個人的には好きです!大迫力の技は見ているだけでも爽快感と高揚感を感じずにはいられません。

第1位 リボーン

栄えある第1位はなんといってもこの人!ツナの家庭教師としてマフィアのボスの修業をつけています。本人はアルコバレーノに選ばれるほどの実力を持った凄腕の殺し屋(ヒットマン)です。

沢田家光との戦いやバミューダとの戦いで何度か赤ん坊になる前の姿を見せていますが、そこで見せた殺し屋としての強さはハンパじゃないですね!常にクールでいる姿も男らしいです。

ツナと様々な敵との戦いでも加勢することなく、常に冷静に戦況を見つめていましたが、本気を出せば全員殺せたのではないか、と思ってしまいます。謎が深い人物ですが、最強であることは間違いありません!

仲間とは?強さとは?リボーンの問いかけるもの

ランキングを見てきましたが、一口に強さといっても、心の強さ腕っぷしの強さなどいろんなものがあります。また、昨日の敵は今日の味方、とでも言うように、ツナと戦った敵たちは最終的に味方として戦ってくれています。

リボーンは常に、教師として出来事を冷静に俯瞰して眺め、的確で簡潔なアドバイスを与えます。そんなリボーンは、仲間とは?強さとは?そういったものをツナを含めて周りの人たちに教えてくれているのではないでしょうか?

マンガとして楽しめるだけではなく、様々な教訓を与えてくれるリボーンは、老若男女誰でも楽しめると思います!ぜひ一度読んでみてください!

家庭教師ヒットマンREBORN! Blu-ray BOX 1
ポニーキャニオン (2017-04-19)
売り上げランキング: 2,194