土方歳三の愛刀和泉守兼定に惚れる!現存しているって本当?

幕末期に、倒幕派に対抗する為、江戸幕府が組織した超武力団体、新選組。脱走者や裏切り者は、容赦なく切腹を言い渡された。土方歳三は副長ですが身内にも冷徹な判断力から「鬼の副長」と恐れられました。そんな土方歳三の愛刀・和泉守兼定とは?!

土方歳三の愛刀、和泉守兼定はどんな刀?

この写真の脇にさしている刀が和泉守兼定と言われています。

出典:https://ja.wikipedia.org


当時の江戸でも昔から数々の武将達が使ったという伝説が聞こえる程、斬れ味の鋭さで有名であり、老舗名刀ブランドとして、全国的にその名を知られていた和泉守兼定「いずみのかみ かねさだ」。

老舗名匠だけに様々なタイプの兼定があります。刃丈は2尺前後の普通より長目なのが特徴。岐阜県も有名ですが、土方歳三の兼定はその後福島県会津に、刀工を構えていた頃の兼定と言われています。

この刀は、国宝扱いこそされていないものの、刀工が徳川家康に康の文字を使うのを許されていたり、試し斬りの名匠がお墨付きの烙印を刻んでいたりと、まさに日本刀のサラブレット的、名刀です。

繊細で細やかな飾り付けも

出典:https://pixabay.com


土方歳三の愛刀、兼定は斬れ味そのものが本来の所持していた理由とは思いますが、刀身から握り手を守るツカにも、葉と墨が控え目に施されています。七夕にゆかりのある梶の葉と字を書あの墨。

その意味は昔から、七枚の梶の葉に歌を書いて供えるという、なんとも風情のある七夕の風習にちなんでいると思われます。それに唐墨という「中国の墨」の謎掛けの様なモチーフ。

この様なストレートではなく、あえて何かと何かをかけて連想させる図柄を、「留守模様」というそうです。日本文化の粋が実はチラリとセンス良く、隠れている刀なんですね〜。

サヤは赤に鳳凰です。

土方歳三の刀の握り方

出典:http://www.beiz.jp

土方歳三の持っていた和泉守兼定の研究が進み、近年では土方歳三の握り癖がわかってきたそうです!すごいですね〜。その研究とは刀の握りの部分の滑り止めの紐のつぶれ方。

それによると、土方歳三は人差し指と親指に力を入れ、両手拳をぴったりとくっつけた我流の握りだったそうです。この握り方の優れている点は刀をコンパクトに速く振れる事。

つまり、室内などで斬り合う時に向いている訳です!現在の居合道では考えられない握り方らしいですが、室内戦が多かった新選組らしいエピソードで、ちょっと震えました!

武士の魂である刀

出典:https://pro.foto.ne.jp

歴史の中に埋もれて余り誰も触れませんが、あえて触れますと、刀というのはご存知のように模造刀ならまだしも、実際に使われた刀は全て人をあやめた殺傷武器な訳ですよね?

ゆえに黒いものも白いものも互いの聖戦という理屈も戦国の世ですからとは、想うんですが。。当時でいう侍さん恐いねという、農民的な感覚を感じるのは自分だけでしょうか?

話して収まるなら、誰も戦争なんかしねぇよ!って話なんですがね。。なんか勇ましい心よりは、そうせざるを得なかったであろう、本人らの哀愁や刹那をも感じる象徴が当時の刀です。

小説などに登場する刀に宿る魂

出典:http://www.irasutoya.com

時代劇小説などで、よくあるのが伝説の刀を手に入れて人を斬ったところ、今までとは全く違う感覚に心身が高調し、目付きまでも変わり、取り憑かれてしまうというシーンです。

あの描写は大袈裟では無いかもしれません。当たり前ですが、人を斬った事も斬りたいともまったく思わない無い平和者ですが、道具っていうのは独特のクセが宿ってますよね。

車にしても楽器にしても職人の道具にしても、長年使うと段々その人そのものになる感覚があります。自分が一番使い易い道具になっていく感覚と似ているんじゃないでしょうか?

刀工、和泉守兼定はどんな人物?

出典:http://www.irasutoya.com

黒船が次々と来航した江戸幕府末期の会津藩、現在の福島県で、別名「奥州会津兼定」とも称されました。和泉守兼定は室町時代からの兼定の流れを汲む十一代目と言われています。

幕末当時、天皇との関わりの深い京都でも修行した経験を持ち、本名・古川清右衛門。十代初め頃から刀工に弟子入りし、会津藩主が京都に職を命ぜられた流れで修行の為京都へ。

朝廷から和泉守という名を授かる。しかし時代は刀から舶来品の銃に代わる時代会津戦争では刀工ではなく弾丸を鋳造するなど、激動の時代だと、我が道を信じ闘ったんでしょう。

十代目兼定の父を持ち十四歳にして名工入りした天才

出典:https://www.photock.jp

当時の兼定刀工弟子には腕のレベルによって八つの階級があり、後の十一代目和泉守兼定を名乗る事になる少年は、なんと十四歳にして一等を名工父から頂戴した子息で天才でした。

しかし二十五歳の時に身内のいざこざが原因で刃傷沙汰を起こし、勘当を申し渡されるも鍛工を続け腕をどんどん上げていきます。会津若松市に生まれた兼定でしたが修行で京都へ。

数々の有名な権力者に刀工の腕を賛辞され、褒美や名誉を授けられるもまだ三十歳前。上下麻の衣を着るなど、今じゃ考えられないドシブな二十代ですねぇ。早咲きの天才ですね!

天才は会津生まれにこだわった

出典:https://www.photock.jp

早くから刀鍛冶の才能を発揮しだした十一代目兼定は、師匠である父でも着眼してなかった、画期的なアイデアを思い付きます。それは、島根県から取り寄せいた刀の刃になるハガネの原料でした。

若き兼定は、会津でしかつくれない刀をつくりたい一心で、会津の砂に含まれるハガネの原料の砂鉄を集め試行錯誤し、後に切れ味もさる事ながら独特の美しい刃文を生み出す事に成功しました。

このようなエピソードからも、とても研究熱心で才能もあり、何と言ってもかなり真面目な人だったんでしょう。この独自性でもあり技術と美術性も兼ね備えたセンス、やはり凡人ではないですね!

戦国武将も使っていた「之定」の刀

二代目兼定が「之」の漢字を独特な書き方をしており「之定」は、そこに由来します。

出典:https://pixabay.com

通称「之定」でも通じる兼定刀剣ですが、厳密に言えば土方歳三が持っていた、和泉守兼定より遥か十代前の初期を指して剣刀界では、「之定」と言いそうそうたる武将が使用

最もメジャーかと思われるのは、本能寺の変の明智光秀です。なるほど、農民上がりで農民の為の国づくりと思っていた、豊臣秀吉とは武器選びが違うのも歴史後では納得ですね。

その他には、信玄の父で武田信虎。織田家の重鎮で池田恒興。同じく織田家とゆかりの深い一流文化人の細川幽斎。関ヶ原の戦いで名を挙げ福岡藩主になった黒田長政などズラリ。

実際は鬼のように恐ろしい大名が使っていた歌仙兼定?!

出典:https://ja.wikipedia.org

近年ゲーム化されてアニメの美少年キャラクターと共に刀剣ブームがあったようで、「歌仙兼定」もガッチリその波に入った刀剣のようですが、実際の刀剣はというと。。?

織田家・徳川家の流れを汲む大名で、豊前小倉藩(現在の福岡県)藩主の細川忠興が持っていた刀。和歌や茶道など一流文化人である反面、気の短さで有名な二面性がありました。

三十六歌仙という和歌の教養にちなんで歌仙兼定と呼ばれていますが、三十六人の近臣の首を次々と手討ちにしたという、おぞましい数になぞらえられていたの知ってました?

池田勝入斎の名刀「篠ノ雪」

出典:https://www.pakutaso.com


これも二代目兼定・通称(之定)の高名な名刀で、「篠ノ雪」という可憐な名の由来も、斬った笹の葉に積もった雪がハラハラと落ちる様の如き、斬れ味の鋭さから命名されました。粋な話ですねぇ。

もとは家来である片切与三郎の所持刀でしたが、様々な刀の試し斬りを城主である池田勝入斎が行っていた際に、飛び抜けて見事な斬れ味だった刀が、後に「篠ノ雪」となった之定でした。

その後も大竹など様々な物を斬りましたが、いずれその斬り口は芸術的に綺麗で、池田は大変この刀を気に入り、後に家来からこの刀を貰ったというんですから、よっぽど斬れたんでしょうかね~!

和泉守兼定は現存してる?

出典:https://pixabay.com

東京都日野市の土方歳三記念館に寄贈され、普段はガラスケース越しに鑑賞する事は可能です。不定期でガラスケース外の公開もしていますが、要先着予約制で毎回大人気イベントです。

土方歳三は兼定をもう一本、所有していたという記述は残っていますが、行方不明かも知れないし、誰かがこっそり蔵で保管しているかもしれませんので、後から発見もありえますよね。

現存で一般公開されているのは、土方歳三記念館の、この一本だけです特別公開の日は、実際に手に取って触れるそうです。アクセスもいいので興味のある人は是非足を運んでみては?

京都に数多く残る新選組の刀傷

出典:https://www.pakutaso.com

刀というものを刀傷という違う角度で実際に体感してみれば、色んなものが見えてくるかもしれませんよね。幕末の京都は激変の時代の中心で彼方此方に爪痕が残っています。

その事件があった宿たちを実際に、自分の足で歩き距離感を感じてみるのも面白いと思います。武士が実戦で思いっきり振り切った生々しい刀傷、ある意味、刀よりも大迫力です!

有名なのは池田屋と、その前の橋柱は、外にまで斬り合いが及んだのを物語っています。新選組が情報交換の、頓地にしていた角屋や反幕府の長州藩が試し斬り柱が残る弘源時など。

刀が斬れる科学

出典:https://pixabay.com

いくら斬れる刀でも、ズブの素人が振り回しても刺したり突く事は出来ても、スパッと斬り落とす事は出来ないそうです。そこには刀が斬れる科学がありました。なんと!包丁と理屈は一緒です。

まな板の上で材料を切る時、上下運動だけでなく、手前に引いて長丸運動を繰り返すとスパスパ切れますよね?刀はもっと刃丈が長いので、もっと大きい円形運動を対象物にするイメージです

超スローカメラで見ると刀はしなるそうです。それを上手く利用するには、振りのスピードと力、そして円形運動の三つが合わさった時、スパッと斬り落せるそうです。あくまで上級者は、ですが。

まとめ

出典:https://pro.foto.ne.jp

今の北海道・五稜郭まで土方歳三が共に闘った和泉守兼定が、いかに伝説的で、芸術性も高くかなりの斬れ味であった事が解ったと思います。今の値段で五千万円以上するそうです。ひえぇぇ!!

自分は大工をしていた事がありますが、親方に教わったのは刃物というものの斬れ味はすべて、ハガネの質の硬さ、良質さで決まるそうです。ですから、古くても斬れるカンナなどがあります。

名工だった和泉守兼定という人物も、若いのに、とんでもない刀をつくる現在じゃ信じられない職人で驚きました!福島県という鶴が城と白虎隊という鉄板・修学旅行イメージも吹き飛びました!