バーバリーのマフラーを楽しみたい!オシャレも寒さも我慢せず男度アップしよう!

立春を過ぎ寒い冬も残りわずかになりました。そんな今こそ大人男子が寒さ対策や着こなしをカッコよくしたいのならば、イケてる冬のアイテムが必要です。気分も男度もアゲるために頭のてっぺんから足の爪先までブランド物で固める必要は決してありません。イケてる男は「この一品のここにこだわる」というちょうどいい加減のおしゃれを知っています。そんな男性を見習って150年以上の歴史を持つ有名ブランドのバーバリーのマフラーをチェックしてみましょう。

1856年創業のバーバリーの歴史

イギリスを代表するファッションブランド

1835年生まれのトーマス・バーバリー氏は、仕立屋での見習い修行を経て1856年、なんと21歳という若さでバーバリーを設立!今では、150年以上もの歴史をもった超老舗有名ブランドとなっていますが、スタートしてしばらくはアウトドア用の衣服を専門に扱っていました。1879年、トーマス・バーバリー氏によって考え出されたのがギャバジンという生地です。この布地は優れた通気性を誇り、とても丈夫で防水性も高く、悪天候に強い革新的な布地でした。

その当時、農民たちが日々の仕事での汚れを防ぐため上着を着ていたそうですが、そこからヒントを得て、ギャバジンが考案されたと言われています。ギャバジンは、従来の重く、着心地の良くないアウターウェアに革新的な改善をもたらしました。そして、1891年、バーバリーはヘイマーケット30番地に初のロンドン店を設けるにいたるわけです!

トレンチコートに詰まった歴史

1895年、いまのバーバリー商品の中でも特にポピュラーなアイテムとなっているトレンチコートの原型となったタイロッケンコートと呼ばれるコートが作られました。そのデザインは改良&ブラッシュアップされトレンチコートとなり、第一次世界大戦の際には様々な軍事用品を入れておくためのコートとして活用されました。

防寒性、着心地の良さ、丈夫さに優れたバーバリーの布地は、厳しい環境に立ち向かう極地探検家らの防寒着として使用され、サー・アーネスト・ヘンリー・シャクルトンが着用してなんと南極を探検をしたことも有名ですね!

バーバリーのと言えばコレ!

その昔、レインコートと言えば、クロスのゴム引きコートが主に出回っていたので、この『ギャバジン』の製品化は、一種の革命であったそうですね。その後バーバリーのコートは、エドワード8世に好んで着られ英国王室ご用達の一流高級ブランドへとのし上がっていきました。

実はトレンチコートのというトレンチ(Trench)とは意外にも塹壕(ざんごう)のこと!塹壕とは、砲撃や銃撃から身を守るための溝のことなのですが、船乗りたちの寒さをしのぐワークウェアが起源のPコートやダッフルコートに対して、トレンチコートは陸用の防寒具だったのです。今やオシャレのアイテムと言えるトレンチコートがミリタリーウェアだったとはちょっと意外ですよね。

バーバリーの3つのディテールへの拘り

#KrisWu in @Burberry. . A new collaboration. A new ambassador. November 2016.

Burberryさん(@burberry)が投稿した写真 –

右肩のフラップですが、襟を立てた際に雨が侵入するのを防止するためのもの。しかし、どうして右肩だけに付いているのかというと男性のお洋服は右合わせのために片方にしかついていないという理由のようです。

襟のカラー裏にあるジグザグステッチですが、おしゃれの為のステッチではなく英国軍対ご用達だった頃、寒さに対応する機能性を追求して、襟を立てて活動することが多くなるため襟をしっかり立てやすくするためにステッチが入れられたものだそうですよ。

The @Burberry trench coat at home on the Yorkshire moors

Burberryさん(@burberry)が投稿した写真 –

今では後ろに結ぶスタイルの定番のベルトもタイロッケンの名残のベルトも同じように理由があります。ベルトに付いているD字型のリングは、実はおしゃれの為ではなくて戦闘中手りゅう弾などを固定して置くためのものだったそうですよ。これらは、オシャレとして作られたものではなかったとは筆者も知りませんでした。ディテールにもバーバリー特有の理由があったんですね。

ブランド最高峰のバーバリータグは数種類

The heritage trench coat features the #Burberry Knight motif – a winning entry from a design competition circa 1901

Burberryさん(@burberry)が投稿した写真 –

バーバリーブランドには複数が存在していて、、ブラックレーベル、ブルーレーベル、ロンドンなど様々なラインが存在しており、それぞれにタグが違います。あまり見たことがないから偽物?なんて思わないように、いくつかタグをご紹介しますね。

バーバリープローサム(BURBERRY PRORSUM)黒字のタグに金色の文字でBURBERRY PRORSUMと書かれているものは言わずと知れた高級ライン。コレクションで発表される時はこのブランドがメインになっていて、世界のセレブも多数愛用しており、つい最近ではデビット・ベッカムの息子でもあるロメオベッカムが広告塔に採用され世界中で話題になっていました。

Made in Scotland. Cashmere @Burberry scarves are woven by local craftsmen at our 200 year-old mill in Scotland

Burberryさん(@burberry)が投稿した写真 –

バーバリーロンドン(BURBERRY LONDON)バーバリーロンドンは黒いタグに白い文字でBURBERRY LONDONと書かれています。三陽商会が展開していたブランドですので日本人には馴染み深いタグになると思います。三陽商会がバーバリーという名前を借りて日本人向けにデザインし直して(サイズやデザイン)販売しているものは紺色のタグですので、すぐにわかると思います。

The final stitches. Follow @Burberry on Snapchat to watch the latest #LCM collection unfold

Burberryさん(@burberry)が投稿した写真 –

この他にもバーバリーブリット(BURBERRY BRIT)、バーバリーブラックレーベル(BURBERRY BLACK LABEL)、バーバリーブルーレーベル(BURBERRY BLUE LABEL)、バーバリーゴルフ(BURBERRY GOLF)2012年で展開は終了、バーバリーチルドレン(BURBERRYCHILDREN)などのタグがあります。

この他にもバーバリーズ(burberrys)というタグも見かけますが、あれは1999年まで使用されていたロゴで、2000年以降は「s」を取ったロゴに全て統一されているそうですよ。タグがいろいろあってちょっと分かりにくいかもしれませんが、それぞれに個性を持ったラインですので店頭などでご覧になる時の知っておいて損はないバーバリーのタグの秘密でした。

こなれ上品なイケてる男を目指すならバーバリー

@THuntingtonWhiteley arrives to celebrate The @ClaridgesHotel Christmas tree designed by Christopher Bailey for @Burberry

Burberryさん(@burberry)が投稿した写真 –

そんなバーバリーのアイテムで一番のお勧めのアイテムとしては、まだまだ寒いこの時期襟元のオシャレにはマフラーやストールがお勧めです。マフラーやストールは寒い時期には欠かせないオシャレアイテムとして役立ってくれますし、誰でも1本首にするだけでワンランク上になれるアイテムとして幅広い年齢層に人気の高いアイテムといえます。

これからの時期、バレンタインやホワイトデーのプレゼントとしても喜んでもらいやすいアイテムですね。デザインも様々なラインが揃っていますが、バーバリーチェック洒落感抜群のデザインとして人気が高いマフラーです。普段のコーディネートに1つプラスして使えるので使いやすく暖かくてさりげなくイケてる男を演じられておススメです。

バーバリーのマフラーにイニシャルで想いを込めて

モノグラミングサービス(Monogram our scarves)

なんと言ってもバーバリー(BURBERRY)のマフラーでオススメは、カシミアストールにイニシャル刺繍が出来るモノグラミングサービスがあるんですよ。イニシャルは3文字まで刺繍可能でショップとオンラインストア限定で無料でしてくれます。

せっかくいいブランドもののマフラーをゲットするのであれば、イニシャルを入れて自分だけのオリジナルアイテムにしたいですよね。2種類のフォントサイズが選べたり、刺繍糸のカラーは30色以上あったりしますので、自分好みにカスタマイズ出来ますよ。プレゼントとしてもおすすめです。

冬を決める!バーバリーでメンズコーデ!

身につけ方は無限大

British musician @RannyMac on the streets of #London in The Fringe Scarf, new for A/W15 from @Burberry

Burberryさん(@burberry)が投稿した写真 –

いつもしているマフラーをオシャレにするだけで印象はかなり変わりますよね。もちろんお好きなブランドの種類によってとか、好きなテイストのお洋服に合わせてどんな柄でどんな色が映えるのかも大切です。組み合わせ次第では同じマフラーを使ったとしても全然違う雰囲気になります。

昔からマフラーの王道と言われているバーバリー(BURBERRY)のマフラーは、スーツにもコートにも、そしてカジュアルな装いでもとても合うアイテムです。バーバリー(BURBERRY)と言えばご紹介して来たようにトレンチコートと、チェックの柄が有名です。そんなバーバリーをカッコよく着こなすHow toをご紹介します。

The Fringe Scarf in colourful check, about to make its runway debut at the @Burberry Menswear A/W15 show

Burberryさん(@burberry)が投稿した写真 –

基本的に、バーバリーのマフラーはカシミヤなのでどんな装いにもマッチします。ただ、冬のお洒落なアイテムとしてマフラーを巻くとは一口で言っても、巻き方は様々です。ただ首にかけるだけでもOKですし、ワンループさせてもOK。二重に巻いて後ろで軽く縛るのも若者の間では定番となっていますね。

この上記の画像はストールですが、ストールもマフラーと同じです。誰でも簡単に出来るのは首からサクッとかけるだけ。ちょっとオシャレに見せたい時にも困ったときはコレという感じでいろいろなお洋服に似合います。ストールでもワンループ巻きポット巻きなど巻き方は様々、マフラーよりも少し大きく長めでフリンジが着いたものですとコーデの幅も広がります。

スマートにマフラーを着こなそう

例えば、冬や春に着るのロングコートには、スラっと縦長効果を狙ってコートの襟にひっかけるよりも、このベッカムの息子さんのように襟の内側で巻くとよりスッキリと見えて綺麗なんですよ。そして、男性の皆様がいつも着ていらっしゃるスーツのジャケッ卜ならば、プレッツェル巻きやルーズなねじり巻きなどがオシャレですね。

仮に少し若々しく見せたいのであれば、ストールや大きめのマフラーをぐるぐる巻くとカジュアルな印象になります。ぜひ、参考にしてみてくださいね。日本人はあまり色目のものを好んで着けませんが、案外赤い色や紫色などのマフラーもダークなスーツに似合いますよ。バーバリーだからオーソドックスな色と思わずに、ぜひ試着などされてご自身で試してみてくださいね。

素材や織り方も大切なポイント

Jackson in The Long Loop #Burberry scarf style. Follow the link in the bio to watch the tutorial

Burberryさん(@burberry)が投稿した写真 –

ちなみに、マフラーを選ぶ時には、もちろん柄や色も大切ですが、素材選びが一番のポイントになります。マフラーといっても様々な素材があり、とくにウール(羊毛)素材のマフラーは暖かくて人気があります。ウールの他にもモヘアやカシミヤなどの動物系繊維の混率が多いマフラーは冬の防寒に最適です。

ご自身が店頭に行き、実際に手に取って触って見られるとお分かりになると思いますが、みっちりと隙間がなく織られているマフラーの方が、少し隙間のあるマフラーよりも断然暖かいです。しっかりと厚みのあるマフラーのほうが、薄手のマフラーよりも暖かいのですが、春先まで使いたいという方や暑がりだったりする方は毛糸の素材や織り方などにも気をつけてお選びになってくださいね。

バレンタインにも!気分も男度もアガるマフラー

Crafted. Personal. Yours. Select your colour and monogram to create an iconic @Burberry scarf, unique to you.

Burberryさん(@burberry)が投稿した写真 –

もうすぐバレンタインですね。せっかくプレゼントをするのならば、自分だけのアイテムにするために、先ほどご紹介したモノグラミングサービスを利用してみてはいかがでしょう。セーターにカジュアルに巻くだけでも、スーツ姿の首元からかけるだけでも、キチンとコートを着た上や中にも、なぜか身につけるだけで上品に見えるのは、さすがBURBERRY(バーバリー)ですよね!

とかく寒い冬は、シンプルなモノトーンがちな装いもこのバーバリー(BURBERRY)のマフラーやストールさえあれば一気に華やかに見せてくれそうです。イニシャルはどんな色の刺繍糸にしようかと、カラーバランスを考えてしまうくらい色もありますから、カラーを選ぶ楽しみもあります。その上、ずっと大切にしたくなる厚手の紙筒に入れてラッピングしてくれるんですよ。こだわりのあるメンズの方ならホワイトデーにもおススメです。

身に付ければ可愛いさ2倍!ハートのBurberry

チェック×ハートが可愛すぎ

2015年にリリースして依頼爆発的な人気を誇るバーバリーチェック×ハートの組み合わせバーバリーチェックにハートのプリントを重ねたクラシック・カシミアスカーフです。2016年秋冬新作にはハート柄のポンチョもリリースされました。リバーシブルで夏は自然と涼しく、冬は温かく感じられるファインメリノウールで織り上げたとっても可愛いポンチョです。

マフラーだけではなくブラウスやバックなども出ているこのハートシリーズ。カラーも色々あるので、メンズの皆様ぜひ彼女にプレゼントしてみてはいかがですか?チェック×ドット柄もありますので、ぜひバーバリーの公式HPでハートシリーズを覗いてみてくださいね。

いつものコーデはオシマイ!バーバリーで男度UP!

Playtime. #Burberry cashmere scarves, woven in smaller sizes for your little ones.

Burberryさん(@burberry)が投稿した写真 –

ファッションの多様化とともに、様々なブランドからオシャレのアイテムとしてマフラーの種類もかなり幅広くなっています。ただ寒い時だけに首に巻くものというイメージをぬぐい去るような素敵なマフラーが世の中に沢山あります

今回紹介したバーバリーのマフラーは質もいいですし、保温性や軽さを含めた機能性も高いのでとてもおすすめですよ。一本持っていたら普段のお洋服がレベルアップしてオシャレになれること間違えありません。寒いこの時期だからこそのオシャレを明日からしてみませんか?寒い時期もあと少しですから、お気に入りのマフラーとともに暖かく過ごしてみませんか。