日本人の特権!リーガルのビジネスシューズで120%魅力的な足元にしよう!

日本のビジネスマンの足元を飾るREGAL(リーガル)の紹介、履きこなし方。TPOにあわせたコーデ、手入れの方法、REGAL(リーガル)で購入する際の注意点と、1週間過ごすための必要最低限何足必要なのかを紹介します。

リーガルが提唱するジャパンメイドのビジネスシューズ

リーガルシューズ、日本で産声を上げた老舗シューズブランドです。リーガルではその全国的ネットワークにより、店頭カタログで気に入ったものがあり、在庫がない場合は取り寄せてくれます。さらに会員になると”リーガルウィーク”という期間があり、その期間内であれば購入した時に景品をもらうこともできます。

日本人の足は欧米、欧州に比べてややサイドに広がっています。ですので、有名海外ブランドでシューズを買っても少し窮屈感を感じたりすることもあります。その点リーガルは日本人向けにプロダクトされていますので、安心して購入できるのも嬉しい点です。

バリエーションもビジネスシューズからデッキシューズまで、はたまたスニーカーまでブランド展開しています。流行に左右されない、時代のニーズに沿ったシューズを提供してくれています。

リーガルの底力!ビジネスシューズで舐められないために!

REGAL 22LR BD #モンクストラップ #REGAL#MENSSHOES#SHOES #リーガル#メンズシューズ#2016年秋冬新商品

REGAL Officialさん(@regalmens_official)が投稿した写真 –



ビジネスシーンで一番最初にチェックされるのは、足元です。ビジネスシューズを履いていても、フィットしていないシューズ、さらには磨かれていないシューズはマイナス査定になりかねません。バンカーや営業職についている方はそのことを身にしみているでしょう。

とあるビジネスマンは「急な雨が降ってきたらタクシーを利用」するそうです、靴が濡れて光沢感が失われ雨がにじむのを危惧してのことです。日本という国柄自体がものを言うのかもしれませんが日本人は清潔感を優先します。スーツや髪型、そしてなによりドレスシューズが整っているか選定基準にするという方も少なくないです。

格安の機能性ビジネスシューズを買って、雨に濡れても平気とかお手入れは簡単!などと銘打つ製品には必ず落とし穴があります。ビジネスマンは常に足元に気を配ります

リーガルらしさ全開!ビジネスシューズでオススメの定番モデル

REGAL 05HR #ストレートチップ #regal#mensshoes#リーガル#メンズシューズ

REGAL Officialさん(@regalmens_official)が投稿した写真 –

こちらのモデルはすべてのスペックを満たしています。まず、6穴で紐靴あること、ブラックであること、ストレートチップであること、ロングノーズ過ぎないこと。などです、ビジネスに於いて個性は求められません、デザイナーやクリエーターは別ですが。

リーガルでビジネスシューズを買うと言うことは、スタンダードを買うということです。自分の好みでシューズを選ぶのも良いでしょう、しかし業種によってはこのようなスタンダードなスタイルが重宝され、受け入れられてきています。とどのつまりリーガルとは、ビジネスシューズ入門ブランドと位置づけてもおかしくないということです。

初めてビジネスシューズを買うときは、リーガルに行って6穴、紐靴を店員に探してもらってサイズを計測し、購入していくようにしましょう。無論、カラーはブラックが王道です。

追求したサイズ感とフィット感!使う度にリーガルは進化する!



リーガルシューズは履き始めのころはレザーが馴染まず、硬いと感じますが履いているうちに馴染んできて、極上のフィット感で足全体を優しく包みこむ気持ちよさを感じることでしょう。合皮などでは味わえない「成長過程」もリーガルの魅力の1つですし、他のメーカーでも純正の皮であれば締め付けられ感が生まれ、ストレスが生じます。

しかし、ひとたび自分の足にフィットすれば手放せない1足になることでしょう。リーガルシューズ製品は”進化”して、”味”が出てきます。履きじわなども、使っていればどうしてもクセとしてつきます。

トゥと甲の部分に2~3本シワがよりますが、これは製品のクオリティが低いからではありません。むしろ逆でクセがつくことこそ、本物の証なのです。リーガルは使えば使うほどに魅力を増すビジネスエレメントです。

リーガルのビジネスシューズと永く付き合う為の手入れ方法

. おばんです😊 . いい加減やらなきゃやらなきゃ!と思い…… 天気がいい日にやれる所までやりました〜(*´꒳`*) チビーズの冬靴(ムートンブーツ)を優先であとはウチのおニューの皮靴をば♡←さらりと(笑) 防水スプレーが足りなくて全部は出来なかったけど、当分は大丈夫かな。 ひたすら無心になれるから靴磨きとか苦では無いです(*´ー`*) 最近手入れをかなり怠っていたので、靴達に申し訳なくて…(´;ω;`) お気に入りでちょこちょこ購入してたんだから、大事にしなきゃね…! よーっし!また、防水スプレーを買って来て1人よる夜中に磨きたいと思います٩(^‿^)۶ (本当は日中にやりたいけど、チビーズがいる時にやったら色々と…ねぇσ(^_^;)) . #靴磨き #靴の手入れ #リーガル #リーガルシューズ #久々の #靴の手入れ #きちんと #定期的にしないと #靴に対して申し訳ない #かわいそう #靴磨き好き #無心になれるから #大切に履かないとね

@mi_0823_yuが投稿した写真 –



リーガルだけにとどまらず、レザーシューズは手入れが欠かせません。その手入れの方法も個人差があります、しかしセオリーは変わりません。まずリーガルショップでシューズと同じ色のクリームとブラシ、防水スプレーとラスターを買います。最初に乾拭きして汚れを落として、ラスターにクリームを適量取り、塗布していきます。

全体に万遍なくクリームが染み込むように磨いてゆきます。後にブラッシング。このブラシは豚と馬の混合毛がオススメです、ソフトで適度な弾力があり、ウィングチップなどの装飾にフィットしていくからです。ある程度ブラッシングしたら、キレイなラスターで仕上げに拭きます。ある程度光沢が出れば完成です!※素材によっては光沢が出にくいものもあります。

少し硬いけどセレクトミス?リーガル購入時の注意点!

#革靴 #革 #靴 #晴れの日 #手入れ #リーガルシューズ #regalshoes

shenyilang7390さん(@shenyilang7390)が投稿した写真 –



リーガルシューズは基本、最初は硬く、履くほどに馴染んでやわらかくなります。大体10日間前後で馴染んできます、そうなると徐々にレザーの良い部分が出てきて、フィットし、抜けにくく紐も柔らかくなり日常で使用する上でストレスはほとんどなくなっていきます。

そうすると愛着がわき、手放せなくなり、わが子のように週1ほどで手入れを行なうようになります。トゥからヒールまで、ピカピカに磨き上げます。やわらかくなり、履きシワを伸ばし、クリームを塗布してさらにクリームを浸透させていきます。

もうとりこのような状態になり、最初硬かったシューズがソフトに従順に従うようになって相思相愛です。リーガルの靴はただの靴ではありません、生き物です。愛情をかければかけただけ自分に返ってきます。「ご主人様どうぞ、お履きください」とも言わんばかりです。

ビジネスマンならリーガルのビジネスシューズをこう使う!

セール商品の紹介です☆ ブラインドフルグローブなんで飾穴がなく清楚な感じが際立ちます☆ そしてこの深いダークブラウンがスーツの色を選びません!! リーガルで人気のある、通気性とクッション性に優れたエアローテーション機能搭載モデル☆ これも本当にお買い得です!! BRND:REGAL ART:22GR @nakajima_shoes #リーガル#リーガルシューズ #リーガルシューズ姫路店 #リーガルシューズ姫路グランフェスタ店 #革靴#足元倶楽部 #足元くら部 #お洒落さんと繋がりたい #姫路#靴#mensfashion #mensshoes #instafashion #instashoes #shoestagram #shoesshop #himeji

靴のナカジマさん(@nakajima_shoes)が投稿した写真 –



ビジネスマンたるもの、常に最善の状態でビジネスに望まなければなりません。その中で値踏みをされたり、したりするものです。まず見るところは繰り返しになりますが「足元」です、キレイに磨かれているか?靴紐は緩んでいないか?ベルトと靴のカラーは統一されていて、落ち着きがあるか。

などなど、一瞬でこのようなことが判断されるのです。そのようなシビアな視線にさらされているビジネスマンが選ぶのは、リーガルです。それは様々なタイプで様々なカラーで展開されています。プレゼン用、クライアントとのMTG用、外回り用などなどシーンによって選ぶことも可能なのです。

臭いが気になる?リーガルなら5足あっても問題なし!

ビジネスシューズは毎日変えて行きましょう。と言うのも、臭いや、レザーという性質上”休息”が必要だからです。ソールの磨耗、トゥの汚れ、甲のシミなど。定期的に手入れをしないと最悪、1年を待たずしてメーカーにリペアをお願いする羽目になります。

それは是非とも避けたいことですね。さらに会食などで”和室”で戴く際、シューズを脱いだ後の足の臭いもビジネスマンたるもの、気をつけておかなければなりません。2~3日履き潰してムレて残念な臭いがする、ということはよくあります。男性であればなおさらです。

ですので、1週間の内5日分、5足を揃えておくことを強くオススメします。もし必要ないと思われたり、経済的に難しい方は、シューキーパーを利用して下さい。その際消臭スプレーを振っておきましょう。そうすれば3足程度でローテーションが可能です。

リーガルのゴアテックスはヘビロテユーザーに嬉しい仕様



ゴアテックスの最大の特徴は”コバ”が張っている仕様でしょう、コバが張っているのでレザーに直接ものが触れる事はないです。多忙で動き回るビジネスマンは、タクシー乗車時、電車、バスでのダメージからコバがシューズ本体を守ってくれます。ありがたい仕様です。

実際、コバが張ることによりシューズ本体が受けるダメージというのは軽減されます。ソールを変えるときもラクチンですし、安く済みます。どうでしょうか、デザインがよく、カッコいいのにタフ。これ以上購入にいたる理由が必要でしょうか。値が張るという意見も耳にします、しかし少し安いだけですぐに買い換えなければならないなら、コスパは非常に悪いです。

ビジネスマンが選ぶリーガルビジネスシューズランキング

REGAL 011R #ストレートチップ #REGAL#mensshoes#リーガル#セミマッケイ式製法#メンズシューズ

REGAL Officialさん(@regalmens_official)が投稿した写真 –



日本のビジネスマンに一番よく着用されているのは、このデザインではないでしょうか。ストレートチップで、ややスッと伸びたトゥ。美しい光沢、ブラックということでビジネスの様々なシーンに応用可能。だれからも文句のつけようのない逸品です、新社会人からエグゼクティブまで着用しています。

顧客に、上司に、同僚に、他社の営業マンに侮られないテッパンデザイン。ネイビーのーダークスーツを纏い、ブラックの手入れされたシューズ、商談の成功はすぐそこです。こちらのシューズはアフター7にも対応可能です。2足ほど買い増したいですね。奇をてらわないスタンダードがビジネスマンに人気です。

リーガルが日本人の足元を120%魅力的にする

REGAL 31HR #ストレートチップ #REGAL#MENSSHOES#リーガル#メンズシューズ

REGAL Officialさん(@regalmens_official)が投稿した写真 –



リーガルは日本で生まれ、日本で育ち、日本のビジネスマンに、さらにはキャリアウーマンに愛用されてきました。そしてこれからもです、ビジネスからカジュアルまでリーガルの進撃はとどまるところを知りません。上品でエレガンス、時にラグジュアリーであり、デザインも秀逸。

このようなシューズが他にあるでしょうか。20代の新米ビジネスマンには魅力が分からないかもしれませんが、昨今のデザイン重視のシューズを見ると悲しさを覚えます。合皮でももちろん、いいシューズはたくさんありますが、一番いいのは永い間愛用できることではないでしょうか。そういう意味でリーガルは絶対オススメのブランドです。