アクアは「このすば」最強ヒロイン?女神様はポンコツじゃねぇから!

カズマに「駄目神!」といじられる一方で、魔王軍幹部をボコボコにするほどの強さを誇るアクア。今回は、「この素晴らしい世界に祝福を!」のヒロインである女神アクアの魅力について迫りたいと思います。

見た目は美少女中身はおっさん?年齢不一致女神の日常

転生勇者である御剣響夜から「憧れの女神様」的な扱いを受けたりと、黙っていれば美少女なアクアですが、その日常は、ラテンのノリというかおっさんのノリです。みんなでワイワイ騒ぐためには、宴会芸なども覚えたりしています。

お金がない時には、街で貴族が行っている施しの列に並んで食料を確保したりと、たくましすぎるヒロインなアクア。そんなアクアでも、やっぱり女の子な部分もあったりします。

女神なので、どう考えても数万年は生きていそうなアクアですが、その年齢を聞くのは「NG!」となっています。カズマのパーティは、10代の少年少女ばかりですから、やっぱり気にしちゃうんでしょうね。

名言or迷言?駄女神、激闘の軌跡!

アクアの名言(迷言)集のほとんどは、カズマに向けられたものです。ひねくれ者の元ニートであるカズマを的確に罵倒する言葉の数々には、作品のファンからも定評があります。

その中で生まれた言葉に「クズマ」があります。女の子にセクハラっぽい行為を平気で行うカズマを見て、アクアが命名した愛称であり、カズマの通称として作中でも作品ファンの間でも定着していった言葉です。

作中、カズマは女の子へのセクハラやHな行為をやめないために、アクアのカズマを罵倒するボキャブラリーも増える一方です。そのうち、言葉の女神にクラスチェンジするかもしれませんね。

女神はパワフルなガテン系?

水の女神であると同時に、生と死を司る女神でもあるアクア。そのせいか、転生した先の異世界でも、アクアの生命力はとてもパワフルなものがあり、生活の糧を得るためなら、ガテン系の仕事もがんがんとこなします。

職場の親方や仲間ともすっかりと打ち解けて、仕事帰りに酒場で飲み会をしたりと、コミュ力の高さをいかんなく発揮していたアクア。手先も器用なのか、壁塗りの仕事などもどんどん上達していきました。

仲間が揃って以降は、冒険者業に専念しているアクアですが、手先の器用さは健在です。パーティが借金を背負っている時期などは、内職をせっせとこなして、生活費稼ぎをしています。

女神は宵越しの銭は持たない主義?



陽気な女神アクアには、その場のノリやみんなの楽しそうな笑顔が命です。そのため、酒場でギルド仲間に奢りすぎた結果、サイフがすっからかんになってしまうこともありました。

ダンジョンで遭遇したリッチーを成仏させてあげたお礼に、財宝を手に入れたことがありました。その祝勝会を酒場で催していると、ギルドの知り合いたちから声をかけられます。

その場のノリがすべてなアクアが、酒場のみんなに気前よく酒を奢った結果、カズマたちの取り分ごと財宝は酒代に消えました。「駄女神!」と怒るカズマですが、時既に遅しという話題でもあります。

女神の楽しいデュラハン退治

濁った水から悪霊や死霊まで、何でも浄化する能力を持つ女神がアクアです。そのため、アンデット系のモンスター相手には、無類の強さを発揮し、魔王軍幹部でも一蹴出来るだけの能力があります。

めぐみんのせいで、魔王軍幹部「ベルディア」が街を襲撃しに来たことがありました。ベルディアはデュラハンだったため、アクアのターンアンデットのスキルが無双することになります。

最後はちょっとやりすぎて、ベルディアともども街の城壁まで破壊してしまい、英雄になり損ねるというオチまでつけるお茶目なアクア。結果的に、パーティが借金を背負うことになったため、カズマはまた「駄女神!」と怒っていました。

女神にかかれば大悪魔もフルボッコ?



とあるダンジョンで異変が起こったため、アクアら4人が調査に向かった先で起こった出来事です。先行してダンジョンに潜ったカズマとダクネスが、魔王軍幹部である大悪魔バニルと遭遇しました。

2人の記憶が覗かれた結果、アクアが女神であることが知られてしまいます。バニルは、肉体はデコイで本体は顔につけている仮面という悪魔だったため、ダクネスの体を乗っ取りアクアを襲撃して来ました。

しかし、アクアのターンアンデットスキルは、悪魔相手にも効果的だったため、アクアの前ではバニルもフルボッコでした。ダクネスの体がターンアンデット耐性があったせいで、トドメはめぐみんの爆裂魔法に譲りましたが、アクアは魔王軍幹部を連続してボコった実力者なのです。

女神の天敵はあのカエル?

強すぎる女神アクアにも苦手な敵はいます。パーティ全体が苦手にしていると言える天敵の名前は、ジャイアント・トードと呼ばれる巨大カエルであり、作中、度々登場する常連モンスターです。

倒すと食料として売れる便利な敵でもあるのですが、浄化魔法や水魔法が効果的ではないうえ、人間を丸飲みする習性もあるため、女の子的にもNGなカエルです。飲み込まれると体内の粘着液で体がベトベトになるため、カズマと並ぶ女子の敵かもしれません。

ちなみに、牛肉や豚肉よりコスパが良いのか、酒場などでも料理として出て来ます。最初は嫌がっていたアクアですが、酒のツマミなどとして、良く食べるようになっています。

アクアを演じる声優・雨宮天とは?

アクアを演じる雨宮天は、声優ユニット「TrySail」の一員としても有名です。今流行のマルチ活動を展開している声優の1人であり、本職アイドル顔負けの美女でもあります。

華やかな声優ですが、少年役なども任されるくらいに役幅が広い声優でもあります。ハイテンションで喜怒哀楽の激しいアクア役を演じるには、打ってつけの声優であり、原作ファンの期待以上の演技を披露してくれています。

アクア以外の代表作には、「一週間フレンズ。」の藤宮香織役があります。アニメEDの「奏」をキャラクター名義で担当しており、こちらはオリコンで最高位8位を記録するヒットとなっています。

アクアとカズマ、そこに恋が芽生える?原作ネタバレ注意!

アクアは「このすば」のヒロインの1人ですし、メインヒロインと言えるポジションかもしれません。というと、カズマとの恋愛関係なども気になりますが、作中ではカズマとのフラグがまったく立たないポジションにいます。

女神と人間との恋というと、生きる時間の違いなど、シリアスな話も出て来ますから、ギャグテイストの作品には合わないこともあります。また、酒と飲み仲間がいれば、毎日陽気に過ごせるアクアには、オトコは必要ないのかもしれません。

今が充実しているオンナには、恋もオトコも必要ないとばかりに、日々陽気に生きるアクア。作品タイトルにある「この素晴らしい世界」とは、まさにアクアが今生きているその瞬間なのかもしれませんね。