ポール・スミスのネクタイはビジネスから冠婚葬祭まで幅広くスマートに演出する。

ハイブランド、ポールスミスのネクタイにスポットを当てました。どのようなVゾーンを構築すればよいか、冠婚葬祭でどのようなネクタイがふさわしいか。ビジネスシーンでネクタイピンを選ぶ際の選定基準などを紹介します!

ポールスミスのネクタイピンでVゾーンをスマート顔に!

eui_beomさん(@eui_beom)が投稿した写真

ネクタイピン(タイバーとも言う)を挿すと、一気に落ち着いた印象になります。特にポールスミスのネクタイピンはクオリティが高く、ファッションアイテムとして、アクセサリーとして十分通用する代物です。ネクタイピンがあると無いではVゾーンもガラリと変わります。ただし、ネクタイピンを挿す位置はジャケットの胸ポケットから下、もしくは同じ位置に挿すのが王道です。

下すぎてしまうと、昭和のサラリーマンになってしまう、危険なアイテムでもあります。見極め方としてはVゾーンにタイピンが見えるかどうかです、タイピンの役割として”ネクタイにボリュームを出す”というのもあります。胸元でネクタイピンを挿してネクタイを少しノットの部分から余裕をもたせてあげれば、男性的なイメージにもなりますし、ラグジュアリー感も生まれます。

ポールスミスでネクタイ続々リリース!新作をチェック



ポールスミスでリリースされる変化に富んだネクタイ達、ポールスミスの遊び心が利いているプロダクトばかりです。おおよそビジネスに不向きなものも中にはありますが…。進化を続けるポールスミスのネクタイ、カラー展開は幅広くなされており、テッパンのネイビーからハイライトカラーまで(画像左)充実したラインナップとなっています。

こちらに挙げたものだけではなく、無論ジレメンタルでシルク素材のものもあります。それぞれ、使うシーンに於いてセレクトして自分を飾り付けましょう。会社用、合コン用、遊び用と用途に分けて購入するのも面白いかもしれませんね。

ペイズリーのような派手目のネクタイは夜遊びに向いています。目の覚めるようなイエローはプレゼンなどで自分の存在と顔色をアップさせてくれる効果もありますので、ビジネスシーンで多用するでしょう。

基本はジレメンタル・ピッチと色柄でスーツとマッチさせる方法

出典:http://openers.jp

ジレメンタル(斜めにストライプの入った柄)タイは、ストライプスーツとの相性が抜群です。キモは、ネクタイのストライプの幅(ピッチ)と色、ジレメンタルのタイプ(均一な斜線か)がどうなのかということです。ストライプスーツとあわせるときは、スーツのストライプピッチとネクタイのピッチが反比例していなければなりません。

同じピッチだと学生のように映りますし、ネイビーやブラックなどのダークスーツにモノトーンのジレメンタルは一般的ではありません。ネクタイのどこかにハイライトカラーを入れると引き締まります、ピッチがランダムに配置されていれば”若々しさ”を手に入れることが可能なのです。落ち着いた印象を与えたい場合は、ネイビーのジレメンタル1.5cm間隔のものを挿し、スーツは同色ネイビーでピッチ1cmがジャストです。

ポールスミスはボウタイ(蝶ネクタイ)も展開

Come check out all the cool things in the store #nordstrom #tedbakerlondon suit shirt and bow tie #paulsmith pocket square

Frank Sanchezさん(@trey.sanchez1)が投稿した写真 –



ボウタイとも呼ぶ蝶ネクタイですが、フォーマルなシーンにうってつけのアイテムです。それをポールスミスはオリジナルのラインでリリースしています。ネクタイビギナーには少々敷居が高いかもしれませんが、シーンさえ間違わなければ周りとの格差を生み出すことが可能です。

ただ、ボウタイの特性上、どうして老けて見えます。顔が若い、童顔の方であればフィットするでしょうし、逆に壮年の方が挿せば貫禄を付加することができ、最良のパートナーとなります。ただ、真っ黒とか、真っ白というのはフォーマルすぎるので、写真のようなものではなくてジレメンタルタイプを強くオススメします。

立食パーティや、上場式など特別なシーン、極度のフォーマルを求められるシーンではブラックのボウタイでないとNGということもあります。そのラインもポールスミスにはあります、真っ黒から真っ白まで。

ポールスミスのネクタイ価格相場をレポート。



ポールスミスのネクタイは、安くて9,000円後半代、高いものは20,000円に届くものもありました。ただ、一般的な価格は12,960円と、ハイブランドのネクタイとしてはごくリーズナブルな価格設定となっています。少し無理すれば購入できる良心的なプライスで、さらに上質の生地を使っております。

丁寧に扱えば数年はもちますし、トラッドな柄が時流に流されないデザインが多いですし、デザイン重視のナロータイもありますが、せっかくポールスミスで買うのであればスタンダードなものを選びたいですね。ジレメンタル、ドット、折柄、色味を変えて遊べるキーアイテムです。

ネクタイも毎日変えて出勤したい場合、最低でも10本以上、もしくはそれ以上は欲しいところですね。ネクタイが豊富にあれば、イザというときにいろいろと役に立ちます。会社に置きネクタイをする方もいらっしゃいますよ。

結婚式にもOK!ポールスミスネクタイ。

会社の先輩から貰った👔🎁 嬉しすぎる😂 #成人祝い#ネクタイ#PaulSmith

宜春郁隆さん(@shungi_fm)が投稿した写真 –

人生で一番祝福される時、それはおそらく結婚式でしょう。そこでは主にモノトーンでコーデします、しかしモノトーンと言っても葬祭のような印象を与えるようなデザインのものはNGです。適度にモノトーン、あまりイメージできない方は、Vゾーンはグレー系、スーツはブラック。という組み合わせだと解釈して良いと思います。

結婚式にゲストとして参加するのか、身内として参加するのかによってネクタイやシャツの仕様などが変わってきますので、結婚式を挙げようという話が出たときに、同時進行で服装も考慮すると良いですね。結構コーデで悩むものですので、土壇場になって買い足したり、レンタルしたり、などと言うことはぜひとも避けたい事態です。

祝福の門出をポールスミスで彩りたい!ではNGな柄と色は?

せっかくのポールスミスでも、セレクトを間違えるととんでもないことになります。ハイブランドで全身を固めればOKというわけではありません、T(time) P(place) O(O cation)というように、その場に見合った服装というものがあります。大学のコンパではありません。

ゲストとしてお呼ばれしていくのであれば、新郎より目立ってはなりませんし、なによりご両家に失礼に当たらないよう。というのも「あんな人が来てる…」と言われ、新郎新婦の祝福された門出に泥を塗ることになります。真っ黒は論外ですが、このような”奇抜”に走ったネクタイも厳禁です。

自分の結婚式につけてきて欲しいネクタイを心がけましょう。「これならヤツも驚かないだろう」とか、「これなら両家に失礼じゃないだろう」と社会人的な感覚で厳選しましょう。

ポールスミスのネクタイピンにネームを刻む、周りと格差を生む術。



ポールスミスでは、ものにもよりますがオーダーメイド感覚で自分のネームを、イニシャルでも刻むことが出来ます。隠れた場所に刻印されるので、悪目立ちもせず上品に胸元、Vゾーンを飾ることができます。家庭をもっておられる方なら、ネクタイピンのイニシャルを奥様のイニシャルにしておけば、ちょっとしたときに二人の間は緊密なものとなっていくでしょう。

いろいろとファンを魅了してやまないブランドですが、ポールスミスの様々なプロダクトやそうしたニクイ演出で、ご子息が居る家庭であれば長男の成人式、就職祝いとして贈るのもアリだと思います。きっと喜ばれるでしょう。このようにポールスミスのネクタイとタイピン一つとってみても、購入された方々に末永く、またギフトとしても使えるクオリティとしてラインナップされているのです。

ネクタイの柄にはピンクを多用するポールスミスお得意術。



ポールスミスは結構ピンク好きです。メンズ、ウィメンズ問わず。それはネクタイにも反映されています、ご覧いただいているネクタイはジレメンタルのピッチが狭く、マルチカラーですが基本色はピンクです。このように所どころに配色されたピンク、ハイセンスを感じさせますね。

ホワイトのワイシャツでもOKですが、ネイビーのドレスシャツもOKではないでしょうか。ただ、ドレスコードのあるお堅い業種には、白シャツコーデが一般的ですが、それでも浮いてしまうこともあるのがピンクのデメリットです。ただ、ピンクをすごく上手に使われている諸兄も居られます。

証券会社などでこのようなネクタイは先輩からお咎めがくるかもしれませんが、広告代理店や、メーカー勤務の方なら受け入れられるでしょうし、かっこよくコーデされると思います。

グラデーションにもピンクが…女々しくならないコーデ法



ピンクというと、一昔前は女性のイメージカラーでした。しかし昨今は男性でもピンクを愛用されている方がいらっしゃいます。カナメとなっているのは、全身をコーデしてみてピンクの占める割合が6割以上だとどうしても女々しく、さらにはスカした感じになってしまます。

男性でピンクを使う場合は、ソックスやネクタイ、ポケットチーフなどでしょう。ワイシャツをピンクにすることも良いと思いますが、非常に危険です。ピンクのワイシャツを着たい方は、ビギナーとしてクレリックシャツから入ることをオススメします。クレリックであればオシャレに見えますし、ピンクの面積が単純に減るからです。

ピンクにも様々なピンクが存在します、ポールスミスはその中でもメンズが着用してもおかしくないように、中間色的にパープルを入れているので、他のブランドよりは取り入れやすく感じるでしょう。

ピンクシャツをポールスミスで買うということ



ピンクシャツは非常に危険なアイテムです、自分の全身のバランスを加味して、なおかつスーツの色もセレクトしなければなりません。ただ、前述したようにクレリックから入ると言うのも手ではあります。しかしどうしてもピンクのワイシャツを着たい!という方に最低限の組み合わせを…。

ブラック、ネイビー、グレー、この3色以外のスーツに合わせてはなりません。お気づきの方もいらっしゃると思いますが、ほとんどのカラーに対応しています。ブラウン以外。特に相性がいいのがネイビーとグレ-でしょうか。グレーはライトグレーがベストで、チャコールグレーではすこしすえた色味になってしまいます。

あわせるネクタイは、ネイビースーツであればソリッドのネイビータイであったり、グレーであればツイード地のダークグレータイが良いでしょう。ブラックはくどくならないために、敢えてレッドなどもアリです。