平井堅の歌詞に男もとろける!甘くせつない傑作に聞き惚れる…

バラードの帝王!圧倒的な歌唱力を誇る平井堅さん。歌声でも聞かせますが、歌詞も素晴らしいものが多いんです。歌詞の意味を、一つ一つひも解いて行きましょう。

アーティスト平井堅について

順調な滑り出し?

サザンオールスターズの大ファンを公言している平井堅さん。大学時代には、桑田佳祐さんの自宅に「コーラスでいいので雇ってください。」とデモテープを添えて、お手紙を置きに行ったそうです。行動力もすごい!

そして、ついに夢の共演!2003年「FNS27時間テレビ」で桑田・原夫妻と「栞のテーマ」をハモる機会に恵まれました。平井堅さんは、自分のアルバムでも、サザンの曲をカバーしていますよね。

大阪生まれの三重県育ち。バラエティー番組のトークでも関西訛りで、おしゃべりされています。そんな平井堅さんが、デビューした経緯もサザンがらみなんです。

三重県で高校を卒業後「サザンと同じ青山学院大学へ行くぞ」と希望していたそうですが、母親が願書を出し忘れたため断念。第2希望であった横浜市立大学へ進学します。

在学中は、横浜関内のライブハウスにて歌手活動を開始。ソニーのオーデションへ、自作ビデオを送り入選。1993年にソニーミュージックと契約。1995年にはファーストシングル「Precious Junk」が、テレビドラマ「王様のレストラン」で流れ始めます。

これで最後か!?背水の陣



ドラマの主題歌にもなったものの、オリコン最高順位は50位止まり。その後もシングル曲を出し続けますが、オリコンで順位が付かないほどヒットしません。

平井堅さん自身不思議だったでしょう。実際、関内ライブハウスで活動していた時には、専属歌手という肩書で活動していましたし、デビュー曲もドラマとのタイアップ!という事務所からの期待が見えていましたからね。

5年間も低迷期をさまよっていました。今になって語っている記事では「キャリアも背負うものもないから、気楽ではあった。」と答えています。このインタビューでは、強がりが見え隠れしていると思いますがねえ。

というのも、いろいろなインタビューに饒舌に答えている彼ですが「心配性で考え込む」という言葉がぴったりなタイプだと感じます。問題の壁が現れた時、立ち止まり分析するタイプ。その性格が、数々の名Wordを生み出しているのかもしてません。

デビューから5年後、背水の陣で臨んだ「楽園」。歌手生命をつなぎとめた曲です。しかし残念ながら、ここまでのシングル曲としては、初めて平井堅さんの作詞・作曲・編曲ではありません。

平井堅の書いた歌詞が意味深い!

復興の願いを込めたデビュー曲

1995年1月17日、平井堅は誕生日を迎えました。記念日である誕生日、早朝5時46分“阪神淡路大震災”が発生。関西人である彼は、地元の変わり果てた姿に衝撃を受けます。親戚・友達が多く住んでいる、故郷…。

歌で早く復興を!の意味を込めた「Precious Junk」です。曲の中の締めくくりで、Junk(ジャンク)は翼に変わるはずのガラクタ。それは、いつか羽ばたくように復活して欲しい。と願いを込めた希望の言葉だと感じさせられます

ドラマとのタイアップが決まっていた曲なので、大震災から復興を!と前面に出すことができなかった側面があります。が、今では「元気が出てくる曲」「応援歌になった」と結果的に、被災者に勇気を与えた曲になっています。

胸が苦しくなる「瞳をとじて」

2004年公開映画「世界の中心で、愛をさけぶ」主題歌。映画のネタバレになってしまうようですが、先に逝ってしまった愛した人を思っている。そんな日常を切り取っています。

最初の歌い出し、君の抜け殻が横にいる。この歌詞の“横にいる”という部分が、現実を否定していて切なすぎます。もうここには居ないんだ。戻ることはないんだ。と思っていても、感覚では“いる”のでしょう。

瞳を閉じて思い出だすだけで、君を感じられる。居ないことを認めたくない。瞳を閉じれば、そこに居るように感じられる。あの日のまま、昔の思い出をたどって君を思い出すしかない。

愛する人を突然失ってしまったら、現実を直視できないと思います。その気持ちを愛する人に届くように、気持ちを込めて祈っている姿が感じられて、涙を誘います。この映画に、とてもあった曲ですよね

この曲は、いろいろな人がカバーしている曲としても有名です。杏里さん、クリス・ハートさん、絢香さん、海外のアーティストでは、パク・ヨンハさんなどがカバーしています。

恋愛?親子愛?「思いがかさなるその前に…」

2004年トヨタ自動車:カローラフィールダー」のCMソング。テレビドラマ「積み木崩し~あの家族、その後の悲劇~」の主題歌にもなりました。

恋愛関係にあるキミと僕。子供のキミと父親の僕。少年の頃のキミと大人になった僕。様々な設定がイメージできる、きれいな曲です。

2人の楽しい時間を過ごしている時に、ふと思う未来。いつかキミは僕のことを忘れてしまうのかな。その時はキミに手を振ってちゃんと笑ってられるのかな?どんだけ心配性なんだよ!と、突っ込みたくなります。今が幸せすぎるから、この先が不安になるのでしょうか?

親子の関係だと思えば、子供の将来を支えて自立する時を想っているのかな?と思えますが、恋愛関係にある人が隣で、いつかキミは僕のことを忘れてしまうのかな?なんて考えていたら、はあ?と呆れてしまいそうです(笑)

簡単な言葉が胸を打つ

僕の初恋を君に捧ぐ」2009年公開の少女漫画が原作の映画です。この主題歌に選ばれたのが「僕は君に恋をする」。小さい頃から戦ってきた持病に、自分が負けると分かった時、愛する人に何を託すか。考えてしまいますね。

井上真央さんと岡田将生さんの共演で、「僕たちの恋愛には、タイムリミットがある」がキャッチコピーになっています。重い心臓病を抱え、20歳まで生きられない逞(岡田将生)と、限られた命を献身的に支える繭(井上真央)の恋愛ストーリー。

逞の「未来描く地図も無くしてしまう ちっぽけな僕」長くない命を分かっている心境から、絞り出す繭への愛情。君の悲しみを僕の中に注ぎ込んでください。この言葉から、繭からの愛情をちゃんと受け止めている逞の姿が見えます。

激しい思いも伝わっていきます。さようなら、ありがとう、ごめんね、すきだよ。と、つたない言葉の中に、すべての思いがしっかり込められています。

簡単な言葉のほうが、ストレートに胸に響いてくる。平井堅さんの、言葉の魔術にかかってしまう、そんな感じがしてくるでしょう。最後の「さよなら」の歌詞が、涙を誘います。

一つ一つの積み重ねが、魔法を作る


綾瀬はるかさん出演の「ルミックス」カメラのCM曲「魔法って言っていいかな?」とてもCMとマッチしているので、これもタイアップかな?と思ったら、やっぱりそうでした(笑)

CMでは“カメラのフォーカスが後から変えられる”ことを売りにしていますが、その時のバックミュージックで、愛という曖昧なものに、輪郭を描いてくれた。と曲がぴったり合ってきます。

曲全体を通してみると、日常の積み重ね、日々の生活が僕たちだけの魔法を作る。というほほえましい歌詞になっていますね。大袈裟な事は何も出来ないけど、君を笑顔にする魔法はいくつか持ってるんだ。いいです!素敵です!

些細な言葉と、その時の楽しさが重なって、ついクスッと笑ってしまうことがありますよね。帰り道の 犬の泣き真似や、君の寝言の話。こんなささいな出来事を積み重ねて、魔法を作り上げていく。人に寄り添うような歌詞を、書き上げることができる平井堅さんこそ魔法使いです。

女心が分かるのは、「あっち系」だから?

女心も手に取るように分かってしまう平井堅さんあっち系の噂があるって知っていましたか?2016年「A-Studio」にゲスト出演した際に、交友関係を語っています。スピッツのボーカル草野マサムネさんと親しいようですね。

カラオケ仲間だと語っていますが、豪華すぎるカラオケルームですね(笑) 実際に2人を新宿2丁目で見かけたという証言も出ています。“ゲイの聖地”に足を踏み入れるいい男2人…。意味深です。

まあ、ゲイでもノーマルでも平井堅さんは、カッコいいしOKです!(なにがOKなんだか…笑)昔から平井堅さんは、男性といる目撃談が多く、プライベート写真も男性と一緒のものが多いです。

そして、アーティストにはジェンダーレスの方も多いので、平井堅さんもゲイ疑惑がささやかれているようです。同じように女心が分かるアーティストとして槇原敬之さんもゲイ疑惑がありますよね。

真相は分かりませんが、女性とのスキャンダルも聞こえてこないので、当分この噂は消えそうにないですね。

泣きたいときには平井堅を聞け!

WOW❗ #平井堅#ドラえもん

Chieko Sugimotoさん(@chieko.sugimoto)が投稿した写真 –

ポップな曲から、静かなバラードまで、見事に歌いこなす才能を持つアーティスト平井堅。美しい歌声と心に響く歌詞が、きれいな曲に乗ってやってきます。

寂しい心境を歌った曲でも、激しい感情ではなく、穏やかに悲しさを伝えてくるのは、スゴイ腕前ですよね。シチュエーションもいろいろ想像できて、今の自分の状況に簡単に当てはめられるので、感情移入がしやすいんです

泣きたいときには、ぜひ平井堅さんのバラードをチョイスしてください。優しい歌詞と、透き通った歌声が絶妙にマッチしているので、自然と涙が出てきます!

言葉の選び方が秀逸なので、次々とタイアップ希望が出てくるのも納得ですね。2017年3月にはニューシングル「僕の心をつくってよ」がリリースされます。この曲も3月公開映画「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」の主題歌になっていますよ。

ドラえもん映画も、平井堅さんの歌詞もハートフル。最後には大人も、泣けてきてしまいます。心が疲れて、ストレス解消したいときには、平井堅で思いっきり泣いてリフレッシュしましょう!

僕の心をつくってよ(初回生産限定盤)(DVD付)
平井 堅
アリオラジャパン (2017-03-01)
売り上げランキング: 150
Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ (通常盤)
平井堅
DefSTAR RECORDS (2005-11-23)
売り上げランキング: 1,402