ズートピアの仲間たち!個性豊かなキャラクターの魅力に迫る

ウサギとキツネという意外な組み合わせが話題となり大ヒットを記録した映画ズートピア。今回はその物語を盛り上げてくれた魅力的なキャラクターたちをご紹介!メインではないけれど、いなくてはならない「あの」キャラクターにもスポットを当てていきますよー!!

SNSで話題!ズートピアってどんな映画?

初めましての方は初めまして!動物に目がない私です。今回は、2016年にウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが作成し、大ヒットを記録した映画「ズートピア」についてご紹介致します。

この物語は、肉食動物草食動物が仲良く暮らしている大都会「ズートピア」を舞台に繰り広げられるお話で、人間世界でも永遠の課題となっている人種差別などの社会問題を絶妙に描いています。

一見子供向けかと思いきや、大人が見ても楽しめる作品になっていると思いました。2回、3回と観る回数を重ねるにつれて自分の中でも色々な考え方ができるので、そういった意味でも楽しませてもらいましたね。

ウサギキツネという自然界で仲良くなることはないであろう2種類の動物を主人公とし、とある事件をきっかけに変化していく2人の関係を軸に物語は進んでいきます。

異種族間で築かれていくは、家族でも友達でも恋人でもない、「バディ」という形で表現されていましたね。この微妙な距離感が、視聴者の想像力を掻き立てる要因のひとつだと思いました。

また、動物たちのみで形成された世界ですが、電車、車などの乗り物や免許センター、さらにはスマートフォンの所持など、リアルと近い要素がたくさん盛り込まれています。

魅力的すぎるキャラクターたち!

ジュディ・ホップス

アナウサギの女性で、ズートピア初のウサギの警察官。幼いころから警察官になることを夢見ており、どんな小さな努力も欠かさない頑張り屋さんです。

両親は安全な「にんじんを売る仕事」をさせようと説得していたようですが、ジュディの決意は固かったようで、当時からいじめっ子だったキツネのグレイにも臆せず立ち向かっていくなどの勇敢さも見せていました。

さまざまな動物が共存している世界といっても、小さな草食動物であるウサギの立場はあまりよくないようでした。警察官になる夢を語る度に周りから「ウサギは警察官になれない」と馬鹿にされ続けていたジュディ。それでも諦めない強い子です。

ニック・ワイルド

アカギツネの男性で、巨大アイスを溶かして小さなアイスを作り転売している詐欺師。ズートピアのあらゆる情報に精通しているまさにキツネで連想されることを詰め込んだようなキャラクターです。

最初はジュディのことを馬鹿にしていましたが、脱税したことをジュディにバレてしまい、その証拠を隠滅するためにジュディの捜査に協力することになりました。持ち前の話術と情報量を武器に捜査を進めていきます。

過去にジュニアレンジャースカウトの団員になろうとしましたが、他の団員に「肉食動物は信用できない」といじめを受け心にを負ってしまいました。それ以来、夢や希望を持つことが出来ず、ジュディとは正反対の性格をしています。

ボゴ署長

アフリカスイギュウの男性で、ZPDの署長。生まれ持った屈強な体格で態度は威圧的に見えますが、ライオンハートやベルウェザーには頭が上がらない様子でした。

頭が固く考え方がステレオタイプなので、ジュディが警察官としてZPDにやってきたときは駐車違反の取り締まりばかりやらせ、ぞんざいな扱いをしていました。許せませんね。

アイドルガゼルのファンですが、ガゼルのアプリで遊んでいるところをクロウハウザーに見つかった時は全力で隠し通そうとしていました(笑)このシーンのおかげで私の中のズートピア界可愛いランキングの上位にボゴ署長がめでたくランクイン!

ドーン・ベルウェザー副市長

ヒツジの女性で、ズートピア副市長。・・・というのは肩書きだけで、実は市長のライオンハートにこき使われている秘書兼雑用係。自分の部屋も与えてもらえず、いつも忙しく走り回っています。

本作におけるディズニー・ヴィランズ。ジュディを讃え、気遣いのできる控えめな女性を演じていますが、自分のことを虐げる肉食動物たちの存在に恨みを募らせており、今回の事件の元凶となりました。

一番害がなさそうな顔をして、ラストシーンでのあの発言と行動、憎しみに歪む表情の変化には鳥肌が立ちました。これぞ下剋上ですね!

ガゼル

ズートピア界の美しきポップスターガゼル。作中で主題歌を歌っているのはこのキャラクターという設定です。スタイルも抜群で、長いまつげと綺麗な毛並みでファンを魅了していました。

ここで、「誰でも何にでもなれる」というズートピアのスローガンがありながら、ズートピアの顔とも言うべきトップスターが素直に「ガゼル」であるということに疑問を持った方もいるのではないでしょうか?

直接描かれているわけではないのであくまでも憶測ですが、実はガゼルのメスに大きな角は生えないのです。しかしこのガゼルには立派な角が・・・あとはもうわかりますよね??「誰でも何にでもなれる」それがズートピアなのです。

いい味出してる!可愛いフィニックの正体とは?

ニックと共に詐欺を働いていたフィニックギツネの小柄な男性。ニックとはぞうの着ぐるみを着て親子関係を装うなど、なんとも愛らしい姿を見せていましたがその正体はオラついたおっさん(笑)

私も本気で騙されました。ニックに「ほら、パオンパオンは?」と言われた時のあざと可愛い「パオンパオン」に騙されない人はいるのでしょうか?後で調べてわかったことですが、彼、40代だそうです。ニックより8歳以上年上ということになりますね。

一仕事終えると着ぐるみを脱ぎ捨てサングラスを装着し、ハードロックを大音量でかけるようなキャラには見えなかったんですがね・・・。流石は詐欺師、天職かよ。

そしてこの顔です。ギャップ萌え・・・なのか??

まさかの展開?ズートピア界におけるネズミ達の立ち位置

そしてそして!私が一番予想できなかったのはネズミ達の立ち位置です。モデルとなっているのはトガリネズミと言って、分類的にはモグラの仲間だそうです。

大きさは2センチ~3センチほどで、最小の哺乳類と言われています。見るからにズートピア界最弱のキャラクターだと思いきや、ボスの名前は「Mr.ビック」。ビックではないけれど「Mr.ビック」。

実は裏でズートピアを動かしている・・・いわゆる「893」というやつですね!あのニックが唯一怯えていた存在でもあり、その権力の大きさたるや考えただけでも恐ろしいですね。

出されたケーキもニックが持つとこのサイズ感(笑)屈強なボディーガードに囲まれながら登場するMr.ビックの姿がシュール過ぎて思わず笑ってしまいました。

動物たちに命を吹き込む!豪華声優陣について

今回ズートピアが話題になった要因の中に、吹き替え版のキャストの豪華さが挙げられるかと思います。私も正直きっかけは声優さん目当てでした。

ニックの声を務めるのは「森川智之」さん。某テレビ局の声優総選挙では「ニック・ワイルド役」と表記されるほど代表的なキャラクターになっていました。LINEスタンプが発売された時も圧倒的にニックのボイススタンプの種類が多かったですね。

そしてジュディの声を務めるのは女優の「上戸彩」さん。本来声優業を主としていない人が声優をやると色々な意見が上がりますが、上戸彩さんのジュディはキャラのイメージにぴったりですんなりと入ってきた記憶があります。

個性的なキャラクターはまだまだ語りつくせない!

ここで紹介した以外にも、実にたくさんのキャラクターが登場するズートピア。今回は私が個人的に注目して見ていたキャラクターたちにスポットを当てさせていただきました!!

「誰でも何にでもなれる」が大きなテーマとなっておりますので、「あの動物がこんなことを?!」という部分に着目しながら観ていくとさらに楽しめるかと思います。

私はなんだかんだ言ってニックが一番好きです♡それでは、またどこかでお会いしましょう!ありがとうございました!!

トライ・エヴリシング
トライ・エヴリシング
posted with amazlet at 17.02.09
WALT DISNEY RECORDS (2016-04-20)
売り上げランキング: 2,303
ズートピア (吹替版)
ズートピア (吹替版)
posted with amazlet at 17.02.09
(2016-08-10)
売り上げランキング: 642