男なら誰でも憧れるグッチのベルト!シーン別の魅力を紹介

グッチと言えば小学生でも知っているハイブランド、男性も女性も憧れと「いつか手に入れたい」と思うもので、所有者はグッチのクオリティの高さ、汎用性、デザインに強烈なインパクトのあるプロダクトを創出するグッチの崇拝者になるようです。そのようなグッチのベルトの魅力を余すところなく紹介!

グッチのベルトが欲しい!



グッチのベルトはその存在感とエレガンスさに、人々を魅せてきました。そのなかでも、最もポピュラーなのがこちらのグッチの”G”のマークが重なったデザインです。その与えるインパクトは大きく、2度見してしまうようなオーラがあります。

そのグッチのベルトの遍歴を見てみましょう。コーデも以下に取り上げてまいりますので、ご覧になってみてください。様々な人が購入し、グッチに酔いしれる理由は独自のブレないデザイン、それが全世界レベルで評価されてきました。世界に2つとないオリジナルなプロダクトたち。

ファンは新作がリリースされる度に先行予約で購入します!世界的なパリコレなどの常連となり、数々のプロダクトが展開され、求められてきました。そのオーラと飽きの来ないデザイン手に取れば「なるほど」と唸ってしまいます。決して求めやすいプライスではありません。しかし、そのプライス以上の悦びを得られるでしょう!

グッチプロデュースのベルト最旬コーデ



ご覧いただければ分かるとおり、グッチ1色でもクールなコーデは可能なので、ヘタに奇をてらうよりはブルーデニムにグッチのベルト、カットソーにMA-1などのコーデが一般的です。デニムはインディゴからアイスウォッシュまで幅広いカラーに対応!

こなれた印象にするには、日本人的感性から見れば”ちょこっと”見えているくらいが慎みがあってウケが良いですね。あまりにも”グッチ”を前面に出すとイヤミになりますし、やんちゃな方から声をかけられる危険性もはらんでいます。

結局ハイブランドを着用するということは、ある程度のリスクも背負うということと、解釈しておきましょう。ケバケバしくならないようにするのも、リスク回避のポイントです。ぎらつかせていると”成金”のような負のイメージを与えてしまいかねないので、あくまでも「日本仕様」で着こなすことが大切です。

カジュアルシーンでグッチのベルトをコーデ



ややクラシックなおもむきのベルトです、GGマークが散りばめられているのが見て取れますね。ボルドーカラーのライダースにヘンリーネックカットソーをインして、ネイビーの縦ラインを構築。シューズとアウターのカラーを合わせるのもニクいコーデです。

体形もさることながら、グッチのベルトをどのようなものにするか等の計算をし尽くされた好感度MAXです!読者諸兄でグッチのベルトを買う際には”テーマ”と”カラーバランス”に注力してください。「この色とこの色は相性がいい」、別にカラーコーディネーターになる必要はありません。

全体的に見た時にちょっとでも違和感があれば「おや?」と思うセンスを習得したいですね。赤に青に緑などサイケなコーデはイベントなどでは着用してもいいかもしれないカラーコーデです、しかし、一般的ではないですよね。それと同様に最初は失敗しますが、チャレンジをすることでグッチの魅力を引き出せます。

ドレスアップorスーツスタイルでのグッチベルトをコーデ



グッチのベルトをビジネスシーンで着こなすとこうなる!という着こなし的にも、GOODなコーデではないでしょうか?ライトネイビーのスーツに刺したグッチのベルトはビジネスシーンで諸兄の印象をアップさせてくれます。他のサラリーマン諸君と比べると一目瞭然。

妖艶なGGアイコンが全体のネイビーワントーンののっぺりとしたコーデを引き締めてくれます、ネイビーとブラックという高相性なカラーリングにも目が離せません。グッチのベルトがここまで汎用性の高いものというのは知りませんでした。ちょっと尖がった方のマストアイテムかと思っていました。

しかしリサーチしてみると、結構な率でビジネスで愛用しておられる方がいらしゃるようです。特にメーカー、IT、アパレル系の営業マンですと、このような気こなしは最強の武器になるでしょう。最大限グッチを活かす方法の一つとして紹介させていただきました。

ハイブランドグッチの魅力がベルトに凝縮!ベルトのバックルをピックアップ

いま、主にベルトにスポットをあてております。比較的取り入れやすいプロダクトでもあります、スーツやシューズ、その他のプロダクトは非常に高価で、まさに「高嶺の花」です。自分が買うこともあれば、リッチな先輩や上司からプレゼントされる率も高いです。

逆にシューズとか、スーツとかであれば「恐れ多くて受け取れない」と断るでしょう。そこで日常で使えて、なおかつ相手にストレスを与えない。というとベルトになりますね。ネクタイも良いのですが、好みが分かれてしまうのであまり現実的ではないです。

そこで、こちらのブラウンのベルトをオススメします。シルバーゴールドのバックルがブラウンとよく合います、洗練された仕様に脱帽ものです。一番目立って、一番贈り物として失礼でないプロダクトとして考えてみても良いのではないでしょうか?ぜひプレゼントに!

’80年代のリバイバル!温故知新なバックルを取り上げた!

80年代にリリースされた”オールドグッチ”とよばれるバックル。これはこれで上品な気がしますよね、あまりデザイン的なハイセンスさは現代よりは感じられませんが。当時はこれで「グッチだぜ!」などと自慢していたんでしょうね。

イタリアを代表するブランドだけあり、画像には「MADE IN ITALY BY GUCCI」と書かれており、正規品であることがわかります。鮮やかな光沢が魅力的ですね、このベルトを締めている方をみたらおそらくですが、結構お歳の方かと思われます。

そうしたバブリーな時代を生き抜いてきた様々に展開されるバックルデザイン!今後になお一層期待できます。「絶対カッコいいって!」とコアなファンだけでなく、一般の方も注目されることでしょう。

様々なデザインがあるGGマークのバックルPart1(GGバックル)



GGをモチーフにしたこちらのプロダクト、THIS IS THE GUCCIと言わんばかりですね。だれが見ても「グッチだ!」ってなりますよ。入門編なプロダクトになっていて、これはGGの地模様に注目できます、バックルだけではなく、ベルト本体にもグッチの微細なこだわりがあります。

このように「グッチらしさ」を前提としてオーラを発しているのでしょう、そのオーラに影響されて(ほだされて)買ってしまう男性、女性も多いと思います。マジックポイント、かなり高いです。ヒットポイントは天井知らず、厄介なブランドに恋してしまいました。

グッチに「何がいい」「何が悪い」という線引きは通用しません。「これがグッチ」という独特な佇まいがやはり戦前から続く超老舗ブランドの強みでしょう。もともとアパレルブランドとしてデビューしたわけではないです。ただ、かたり始めると終わらないので次に行きます。

様々なデザインがあるGGマークのバックルPart2(ノーマルなバックル)

シルバーゴールドの艶が美しいノーマルで、飽きのこない仕様。折柄でGGがほどこされているのが分かるので「グッチだよ」というPRは十分出来ます。知らない人が(ブランドに興味のない)観てもその美しさには、目を引かれるでしょう。

ここでまたグッチマジックにかかるわけです、GGのバックルをみて「ゴツイな・・・」と敬遠された方もこちらであれば「落ち着いていてシック」と、手を伸ばしやすいはずです。よく考えれば、ハイブランドゆえにベーシックはキチンと造られているので、そのクラフトマンシップに酔いしれることでしょう。

無論、グッチらしさを隠したい、自分だけ知っていれば良いという人にもこちらはオススメですね。キレイ目のコーデにはうってつけでしょうし、そうであればカジュアルシーンにも適用できるのでしょう。少し大人しい印象を与えたいときなどは、こちらをどうぞ!

カラー展開にも着目!他ブランドに追随を許さないカラーパターン

レザーベルトから、メッシュベルトまで様々にカラー展開をしているグッチ。皆さん、ご存知のかたもいらっしゃるでしょう、グッチが様々なシーンで使って欲しいというメッセージをアピールしていることを。

カラー展開では、レザー専門店などに行けばありますが、やはり素材はレザー。こちらのような、素材・カラーとも多くのラインナップがあるのはグッチをおいてほかに数えるほどしかないでしょう。ただ、コーデを間違えると「安っぽく」なってしまうことから、注意が欠かせません。

コーデのときは常に自分をどう魅せたいか、男性ウケか女性ウケか、社内用か遊び用か、昼間用か夜用かを見極めていく必要があります。その中で必要なのは、雑誌のコピーではなくて、自分のパーソナルな部分を失いたくないですね。そのためにも、情報収集とブランドのイメージを正確なものにする必要があります。ベルトは隠れた立役者です。あなどれませんよ。

グッチのベルトでリバーシブルなヘビロテ必須のアイテム

リバーシブルなベルトは各ブランドが競い合ってリリースしています。某モードスーツブランド、某米国発祥のスーツブランド、某イタリア製のリバーシブルベルトなどなどです。ここでブランド名を明かすわけにはいけないので、”某”でくくらせています。

こうしたことから、グッチのリバーシブルベルトは様々なシーンに広く使えることから、ヘビロテしている方もいると聞いたことがあります。「だったら買おう」と思ったのですが、薄給の私にはとても手に入れることなど不可能です。非常に上品で魅力的な逸品ですので、30代から着用してほしいですね。

ある程度プロジェクトを任され、チームを牽引する必要のある諸兄にはマストアイテムではないかと思います。部下に見くびられることの無いよう、ベルト一つとっても気を抜けません。毎分緊張して業務に取り組んでいて、その甲斐あって購入している品物なので、部下の目もリスペクトへと変わっていくでしょう。

クロコ地のグッチベルト!ラグジュアリーでリッチな気分に



「そんなこと分かってるよ」と言われるかもしれませんが、クロコとはワニ革のことを指します。非常に高価でなおかつメンテナンスが難しい一品。リッチなメンズに買っていただきたいですね、CEOとまでは言いませんが、ディレクター以上の立場の方には必帯なプロダクトです。

クロコのベルトは存在感がハンパなく、新入社員が、もしくは合コン、さらには遊びで着用するようなものではありません。ハイクラスの人がビジネスシーンで購入するものです。ダブルのスーツを着てコンビニの面接に行くぐらい、新人がクロコをつけるのは分不相応です。

はやくクロコに似合う大人になりたい!と思うのも分からない話ではないです、ので、経済力がものをいうのであれば新人でも仕事以外(推奨しませんが、合コンなど)で着用が可能です。ただ、コーデいかんでは下品になってしまう恐れのある両刃の剣です。ケガをしないように注意して下さい。

購入時にチェックグッチのベルトサイズを合わせる



サイズ変更の際は、大手百貨店やデパートにもって行けば調整が可能です。ただ、ショップによっては調整してくれるところもありますが、グッチに限らず海外ブランドで購入した品物は、最悪海外に送られ、2~3週間待つ羽目になります。

ベルトループの位置と、サイズをジャストで着用しないと魅力が半減するどころか、ブランドへの敬意が欠けた行為です。自分で無理してやると故障してしまい、それこそ有料リペアに出す羽目になるでしょう。時計と一緒で、決して自分でカスタムしないということが前提です。

けっこう多めなのが”フリーサイズ”です、ただウェスト80オーバーの方はサイズ直しが必要になってくる可能性もるので、ダイエットするか、サイズ調整をしてもらってください。ですが、ウェスト80代は結構居ますのでショップで対応してくれるかもしれません。何はともあれ、ショップへGOです。

魅力は分かった、グッチでベルトを買いたい!いくら必要?



結論から言います。GGバックルベルトは1本62,000円です。すこしカジュアルなもので42,000円です。いかがですか?高いと感じますか?値段相応と感じますか?値段相応と感じた方は無理して節制生活を送り貯めた資金で購入しましょう。

決して安くないですね、10万に届く勢いですから。しかし、”それ”を身に着けると気分が高揚し、毎日の生活に華が添えられ、自信がつき、プラス思考になります。グッチの魔法にかかれば、手に入れ、マジックポイントがぐんぐん上昇していきます。

魅力ステータスも格段にアップ、ゲームなら「伝説の剣」のような扱いです。決して入手できないわけではないのですが、それを入手するためには修行(節制)が必要です。経験値(給与)を稼ぎましょう、そこでグッチのプロダクトを購入しましょう。あらかじめすべてのステータスを満たしている方は、そのまま買えます。うらやましいですが。

男ならグッチのベルトを買え!



男たるもの、外に出れば7人の敵が居ると古今より言い伝えられています。格好を見る敵、ライフスタイルを見る敵、肩書きを見る敵などなど、いろいろな敵に「値踏み」されるわけです。そのような「戦場」でグッチを購入すると、敵は逃亡していく可能性が出てきます。

男にうまれた以上、敵前逃亡は許されません!ビジネスでもそうです、まして服装を見る敵は数多く居ます。ピンチを切り抜けるにはアイテムが必要です、グッチのプロダクトを入手してレベルアップしましょう。孫子いわく戦争は「戦う前から決まって」いるそうです。

グッチは何世紀にも渡って、トップに君臨してきた王です。その王の力を入手するのに、なにかためらう理由があるでしょうか?金銭的にキツイのは分かります、「節制するぐらいならそこらへんのベルトで良いじゃん」確かにそうなのですが、イザという時に力になるのは、やはりハイブランドだったりするのです。是非、購入しましょう!!