傑作映画『トランスフォーマー』シリーズの魅力を余すところなく語る

変形ロボといえば、トランフフォーマー。好きな方も多いと思います。今回はトランスフォーマーの魅力を紹介していきたいと思います。

そもそも『トランスフォーマー』って何?



トランスフォーマーってご存知ですか?元々はタカラトミーが変形ロボとしておもちゃを発売していたのですが、アメリカのハスブロやマーベルと提携して今は世界的に展開しています。

人気の秘密は車や動物が突然変形して戦闘ロボットになり、戦いを繰り広げるというところではないでしょうか。基本的にトランスフォーマーの世界では生命体が正義のサイバトロンと悪のデストロンに別れ抗争を繰り広げます。

旧作もチェック!『トランスフォーマー』歴代シリーズを振り返る

トランスフォーマー(2007)

第1作目は2007年に公開された『トランスフォーマー』です。最初の3本はストーリーが繋がっており、3部作となっています、

地球から遠く離れた惑星サイバトロンではオートボットディセプティコンと呼ばれる機械の体を持つ生命体が暮らしていました。これらの生命体を生み出すのがオールスパークと呼ばれる物質でした。


ある日オートボットとディセプティコンの戦いによってサイバトロンは滅んでしまい、オールスパークは地球に落ちたとされました。そんな時地球ではとある少年サムが中古の車を購入し、憧れの女の子を載せていました。しかし、突然車がロボットに変形し、サムはディセプティコンに追われる形となってしまうというストーリです。

本作は爆発や破壊に定評があるマイケル・ベイが監督、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務めた超豪華な一本です。注目してほしいのは建物や橋などが戦いによって破壊されまくる迫力満点の映像です!

トランスフォーマー2 リベンジ(2009)

2作目の舞台は1作目の戦いから2年後の世界です。地球に残ったオートボットたちは世界中に散らばったディセプティコンと戦い続けていました…。そんな中、上海で暴れていたディセプティコンのデモリッシャーが「ザ・フォールン様が蘇る」という台詞を残します。

また、国家安全保障担当補佐官のギャロウェイはオートボットが地球にいる限り、ディセプティコンも残り続けると主張。一方主人公のサムは新たな大学生活に期待を膨らませていたのですが、ある日、軍事基地に隠されていたオールスパークのカケラが盗まれてしまい新たな戦いが勃発するというストーリーです。

前作では都会が舞台に戦いが繰り広げられましたが、今作ではエジプトをメインに戦いが繰り広げられます。また、個人的にはバンブルビーの活躍がとても好きなのでぜひ注目してみてください!

トランスフォーマー3 ダークサイドムーン(2011)

誰もが一度は耳にしたことがあるアポロ計画。目的は人類の月面への到達と思われていたが、実はその裏には大きな陰謀が隠されていました…。月の裏側「ダークサイド」にはサイバトロンから亡命してきたセンチネル・プライムと宇宙空間でのワープを可能にする装置「スペースブリッジ」がアメリカ政府によって隠されていた!

一方サムは就職し、ワシントンで平和に過ごしていましたが、ある日突然ディセプティコンに襲われ同僚が殺されてしまいます!その後サムはオプティマスと共にセンチネルを復活しさせようとするが、メガトロンに阻まれることとなり…。

3作目の舞台は再び都会に戻りますが、今作あたりからCGが使われ始めます。CGとは言え、かなり精巧に作られているのでリアルすぎて本物と言われても信じてしまうくらいです。また、2体の巨大なトランスフォーマーが登場するのですが、存在感がとても強く一見の価値はあると思います!

トランスフォーマー4 ロストエイジ(2014)

時は中生代白亜紀までさかのぼり、謎の宇宙船団が地球に飛来。なんと恐竜を絶滅させたのは彼らの仕業だった!一方現代では人類が戦いに勝ち得たセンチネル・プライムとメガトロンの残骸からトランスフォーマーのテクノロジーを盗もうと計画していました。やがて、反トランスフォーマー組織「KSI」はオートボットを反逆者として一体づつ処分していき…。

その頃テキサスでは売れない発明家のケイド・イェーガーが壊れたトラックを見つけ家に持ち帰る。イェーガーはそのトラックを娘の学費の為に売ろうと修理し始めるが。。。というストーリーになっています。

今作では今までのトランスフォーマーと一味違った恐竜型のダイナボットが登場します。これらのロボットがとてもかっこよく、オプティマス達と協力するシーンは見逃せません!

名作「ロストエイジ」は絶対見逃せない!



トランスフォーマーの歴代シリーズをご紹介してきましたが、その中でも特にお勧めなのが「トランスフォーマー4 ロストエイジ」です。時間があまり無いという方も、最新作を見る前にこれだけは見ていただきたいという作品です。1から3までは3部作なので途中から見ると話がこんがらがってしまいますが、4からまた新たなストーリーが展開されるので単体で見ても楽しめます。

何と言っても見どころは新しい恐竜型のダイナボットです。何体か作中に登場するのですが、ティラノサウルスの形をしたグリムロックが最高にカッコイイです。また、侍をイメージした二刀流のトランスフォーマーにもぜひ注目して見てください。

2017年夏公開!最新作「最後の騎士王」はどんな話?

シリーズ第5作目となる最後の騎士王ですが、同作は2017年8月に公開が予定されています。

予告編ではメインのトランスフォーマー、オプティマス・プライムとバンンブルビーが戦っていて、何やらオプティマスの様子がおかしい模様。また、創造主がオプティマスに対し贖罪について問いただす場面が写っています。果たして創造主とはどんな存在なのか、オートボットの贖罪とは何なのかという点がとても気になります。

映画トランスフォーマーといえば車!

トランスフォーマーといえば変形する車達!変形した後ももちろんカッコイイのですが、変形する前も十分にかっこいい車たちを紹介します。

オプティマス・プライム/ピータービルト379

言わずと知れたオートボット達のリーダーで映画内でも活躍しまくるオプティマス・プライムはピータービルトというトラックから変形します。いかにもアメリカというようないかついトラックですよね。

実はオプティマスは前3作と4作目で若干デザインが変更されているのですが、トラックから変形するのは今も変わらず最新作でも受け継がれています。

バンブルビー/シボレー・カマロ

こちらはシリーズ全作に登場するバンブルビーの変形前のコンパクトスポーツカー、シボレー・カマロ。オートボットのリーダーオプティマスに引けを取らない根強い人気を誇ります。あまり知られていないのですが、設定上はオートボット側の主人公という立ち位置らしいです。

同車はアメ車の代表のような存在で人気も高いです。コンパクトでありながらもパワフルな走りをするのが人気の秘密なようです。また、バンブルビーも4作目で若干のデザインの変更がされています。

ジャズ/ポアンティック・ソルティス

オートボット側の陽気な副リーダーであるジャズはポアンティック・ソルティスという車が元になっています。作中ではシルバーが映えるかっこいい車体が登場します。

ジャズは1作目で戦死してしまうので、動いてる姿を見て見たいという方は1作目をお勧めします。

『トランスフォーマー』シリーズ、映画好きなら絶対観るべし!


今夏最新作が公開されるということで再び注目を集めているトランスフォーマーシリーズですが、車やロボットにあまり興味がないという方でもド派手なアクションに釘付けになること間違いなしです!また、トランスフォーマーの元の車を知ったり、過去の作品を振り返ることでより一層最新作を楽しめると思います。

トランスフォーマー/ロストエイジ [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2015-06-10)
売り上げランキング: 1,559
(再販) トランスフォーマー デュアルモデルキット DMK02 バンブルビー
タカラトミー (2015-03-21)
売り上げランキング: 37,738