政治×麻雀×超人!『ムダヅモ無き改革』の圧倒的ブラック・コメディを語る!

政治家の小泉ジュンイチローは麻雀がとても強く”豪運”の持ち主。しかし国内・海外の成功した政治家達もまた、麻雀を打ち、”豪運”の持ち主であった。今回はそんな超人達の漫画、ムダヅモ無き改革を紹介しよう!

はじめに…ムダヅモ無き改革はフィクションです

この漫画は、主人公・小泉ジュンイチロー総理が次々に出てくる政治家達を麻雀で倒す話である。決して、実在の人物や政治関係はネタにしていない…だって、そう言わないとヤバいし…(震え声)

政界での決め事は麻雀で決着を付けるというルールがあり、当然の如く、政治家で成功している者達は麻雀で”豪運”の持ち主という謎設定(笑)小泉ジュンイチローは首脳会議宇宙でも麻雀を行う。

ジョージ・ブッシュ、金将軍、プーチン、ローマ教皇、ヒトラー、毛沢東など…。一般人が知っている政治家をほとんど全て漫画に登場させており、よく怒られずに連載を最後まで終了出来たな…というのが一番の感想だ。

また、連載中は政治家達のタイムリーなネタを取り入れたり、マジで読者側がそのネタはやめておけwww状態。一例でいうと、尖閣諸島の領土問題や、うさぴーこと蒼井うさぎの登場(薬物事件の酒井○子ネタ)。作者の大和田先生は頭がおk…いや何でもない。

ムダヅモ無き改革のありえない人間技

まず、各々が持っている政治家達の必殺技の名前が無駄にかっこいい。九蓮宝燈(シベリアンエクスプレス)パトリオットツモツモり四暗刻(コズミック・サイクラー)点テポドンなど…っと!最後の北朝鮮はテポドン打ってるだけで技ではなかった☆

そして、数々のイカサマで小泉ジュンイチローを倒そうとしてくる。※もちろん小泉もイカサマする。何回か言ったが、この人達は政治家である。イカサマ技を当然の如く使用している点がまずあり得ない(汗)

さらにさらに、人間技を超越した麻雀バトルは宇宙にまで舞台を移す。政治家も次元を超えた偉人達(ヒトラー、毛沢東など)が続々と蘇ったり。当然のように麻雀で決着をつけるという…!(笑)あり得ない(2回目)

「ライジングサン」はムダヅモ無き改革でどんな役目を果たす?

小泉ジュンイチローの必殺技である。国士無双十三面を「ライジングサン」と読む。麻雀なのに身体がボロボロになったり、技を打つと爆発したり人から血が出たりぶっ倒れたりもう滅茶苦茶!

そしてさらなる驚くべき点「轟盲牌」は、親指で碑の表面を削り白碑に変える技である。ライジングサンは技に白碑がいるため、この技を成立させるための途中過程で使用する。読んでるだけでも分かるが、人間技ではない。それもイカサマ…。

ちょっと話は反れたが、「ライジングサン」は、小泉ジュンイチローを勝利に導いてくれる超必殺技といえる。そんな大技の集(終)大成が「ファイナルライジングサン」。なんとこの1コマを10ページ以上使用して表現!大驚愕である!

轟盲牌のやり方(※絶対に真似できません)

何回見ても人間が成せる技ではない…小泉ジュンイチロー…アンタ…超人や…!ブッシュも淡々と説明して…意味不明だこの人達。

蓮舫がムダヅモ無き改革に登場?!姿は…

TVでは、蓮舫という政治家が事業仕分けについて語っている場面が多かったこともあり、大和田先生は連載中の漫画に似たような人物を描こうと思ったんだろう。名前はレンホーと違ったけど…ゲフゲフ。

蓮舫は服装で襟を立てているのをネタにされたが、漫画でもこれでもか!と言う位に、襟を長くして立たせてネタにしている。マジであれ突き刺さりそう…。恐そうに見えるが、母親で子供もいるらしい。

「仕分けたる」とか漫画の台詞に出てくるが、まぁ他人の空似って言葉もある。この頃は民主党政権に変わったかの時代で大和田先生の民主党へテンションの低さ?みたいなのが感じられる。

麻生タローはムダヅモ無き改革で唯一の本人公認キャラクター!

現実の政治家の「麻生太郎」が、ムダヅモ無き改革を読んでいたことが判明。元々麻生太郎さんは漫画好きな政治家としても有名だ。現実の政治家が漫画の自分について語っているのはこの人だけ

漫画では「麻生タロー」で出ている。現実での麻生さんはハードボイルドでイケメンだが、漫画でもこれでもか!と言う位にイケメンを前面に押し出したキャラクターで登場している。(レンホーの時も同じようなこと言ったな…)

たとえば、現実での麻生さんの葉巻を吸う場面は、漫画ではずっと葉巻を口にくわえている…実にダンディである(笑)キリスト教信者でも知られるので、漫画でもキリストの十字架を持っている場面が描かれていてよく真似られてるなぁと関心してしまう

スナイパーにもなっちゃう☆

class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”>

次の内閣では麻生タローが国交相兼国家公安委員長となり対ドローン対策を進めて・・・ pic.twitter.com/aynzNGWqzh

— 喜欢花猫的狗 无人机的驾驶员 (@aircraft_island) 2015年4月22日

バキューーーーン☆実は麻生さんは、クレー射撃の達人。大学時代から始め、22歳で全日本選手権を優勝!それも日本新記録(当時)で!!こういう人を超人って言うんでしょうね、すごすぎ!

大和田先生がこんなすごい部分を逃さずに描く訳がない。案の定、漫画では小泉さんを助けるために、北朝鮮の射撃主に向かって発砲させた。これ…本物の麻生さん読んでるんだよな?(冷や汗)

アニメ放送禁止!ムダヅモ無き改革がヤバ過ぎる件

正しくはOVA化であり、アニメ化してTVで放送された訳ではない。全てフィクションだと言いつつも、登場人物の名前や容姿が実在の人物と酷似し過ぎいる、それも政治関連…。言わずとも、まあ、お察しである…。

麻雀を知らなくても楽しめるか?

麻雀を知らない人でも、十分楽しんで読める漫画だと思う。…というか、麻雀の技を知らなくてもイカサマだと分かるし、話の流れ的にも、さほど勝負の詳しい内容は重要ではない。政治家達の並外れた技を見ると言った感じだ。

2ちゃんねるユーザーにも人気だった『ムダヅモ無き改革』。人物と展開がハイテンションな感じといったところか。ブラック・ジョーク好きな人はハマること間違いなし!読んでない人は是非読んで欲しい。

おまけ

2ちゃんねらーなら知っていると思うが、結婚や出産の話題のスレに時々貼られるこの漫画の画像…。実は大和田先生の「ドスペラード」という作品だ。

こちらも面白いので、気になる人は是非読んで欲しい

ムダヅモ無き改革 1巻 (近代麻雀コミックス)
竹書房 (2012-11-26)
売り上げランキング: 38,007
ドスペラード (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店 (2012-12-19)
売り上げランキング: 106,058