セイレンの常木耀は可愛いけれど問題児?あざとさに隠された本音とは?

変態紳士御用達アニメ、セイレン。その記念すべき初回ヒロインとして登場し、主人公と読者諸氏をからかい続けた彼女は、いったい何を考えていたのかよくわからない謎ヒロインであった。あざとさの中にどんな本音があったのか、これから解明していこう。

画像アリ。 常木さんって可愛いよな?

常木さんがよく着てた、あの服の攻撃力が……

常木さん、セイレンで最初4話のヒロインでしたね。何というか、最初は「今どきの女の子」って感じでしたが、徐々に「なんか、フレンドリーすぎて変態じゃね?」って思うようになったヒロインでした(笑)

念のため、常木さんと主人公の関係をここで再確認しておきましょう。常木さんは、主人公のクラスメイトです。基本的にはただそれだけの関係ですが、主人公をからかうのが面白いということで、たまに話しかけられることもあります。

うらやましいわ!! と言いたくなりますが、とりあえずそういう関係のようです。あとは、まあ。常木さんは主人公の机の上によく座っているということでしょうか。そして、主人公は常木さんが座っていたときの残りの体温を想像している、と。

個人的には、かなりキモかったですね……。

夏季合宿で大きく進展

と、ただのクラスメイトという関係だった二人ですが、大きく関係が進展する出来事があります。そう、例の夏季講習の合宿です。主人公が常木さんを意識し始めたからこそ、常木さんの努力している姿が目に入り、俺も何か変えたい」なんて思い始めた結果、参加することに。

そこでまさかの常木さん登場ですよ。正直、登場シーンは貞子でしかなかったですから、「おいおい、これで本当にヒロインかよ……」って感じでしたね。まあ、その後もけっこうな頻度でヒロインらしさを疑うことになりましたが……。

ただ、なんだかんだで可愛いヒロインでした。単純に今までのアニメのヒロインと比べたら、ヒロインらしからぬ行動は多かったですけど。強いて言うなら、「攻めてる」ヒロインですね。自分のやりたいように、欲望の赴くまま、女の子らしさという鎖すら引きちぎりながらも、どこか魅力的なヒロインなのです。

耀ちゃんはクラスの人気者!

常木さんはクラスの人気者で、女子からも男子からも人気があります。いわゆるスクールカースト上位の人間ですね。正直、こういう層の人間ってリアルでは魅力的でも、そのままアニメに持って来たら嫌悪感を持つ人が多そうなんですけどね。

アニオタって、スクールカースト低い人が多そうですし。更に言えば、アニオタは女の子(ヒロイン)に求めるハードルが高そう、というのもあります。私もそんな感じなので、最初はあんまり好きになれる自信はなかったですね。常木耀というヒロインは。

常木さんは主人公のことを意識している訳でもないですし、特別視や尊敬の念を抱くことをありませんでした。むしろ、ちょっと変態扱いだったほど。よく変態扱いからあんな展開になれたなあ……と思いますが、まあそこはアニメ展開ということで。

クラスの人気者ということで、ツテを使って合コンに参加することも厭わないなど、恋愛にも積極的です。

からかい上手の常木さんに主人公は大混乱

からかい系ヒロインの常木さん

なんというか、常木さんは常に主人公の上位に立ち続けましたよね。常木さんの常って、常に上位って意味なんですかね。アマガミも含めて、今までのアニメではヒロイン攻略に際して、少なくとも一度くらいはヒロインの上に立つシーンがあるものですが、常木さんは皆無でした。

常に、からかう立場。いじりまくる立場。女王様ポジションでした。こういう関係なのは、主人公がなよなよしているとか、リアクションが面白いという理由もあります。ですが、それ以上にこのヒロインの女王様属性が原因だと思います。

正直、勝てる気がしません。常木さんには勝てません。主人公はよく常木さんと一緒にいることができたなと思います。尊敬すらします。常木さんが主人公のことを尊敬しない分、私が代わりに主人公を尊敬します。とはいえ、個人的には「もう少し強気に出ろよ」って思う場面も何度かあったんですけどね。

いまどきのイジリ姫

常木さんはからかいまくる訳ですから、前述したように「ヒロインとはかくあるべし」という考えがある人には、受け入れがたいかもしれません。万人受けするようなヒロインじゃない、とは思いますよ。私も最初は苦手でしたから、よくわかります。

しかし、あえてここで私は常木さんの可愛さを主張したいと思います。ヒロインって、ツンデレに代表されるように、ヒロインが主人公より下だったり、いじられるだけのヒロインじゃなくても良いと思うんです。ここまで強いヒロインも、なかなかいませんけどね。

常木さんは主人公をからかいますし、馬鹿にもします。普通に、利用するだけ利用します。最後の最後まで恋愛感情は抱いてくれません。しかしながら、その孤高さ、自由さが彼女の魅力なのです。「ヒロインとはかくあるべし」という概念は、彼女には重荷ですし、多分「ダサい」と思っているはずです。

夏期講習でのジャージ騒動

常木さんが夏季講習で主人公の部屋に侵入後、ジャージを借りることになりました。全身濡れてますからね。仕方ない。鹿から襲われましたからね。仕方ない。他には知り合いの女の子いませんでしたからね。仕方ない。

でも、主人公(男)のジャージの臭いを嗅ぐのは駄目でしょう。マジで。あれは、結構引きましたよ。主人公はドキドキしてましたけど……。この主人公の感性には付いていけない、と思いました。常木さんも、この子はヒロインとしては見れないとは思っちゃいましたよ。この時は。

その後、常木さんは主人公と付き合っていることと、主人公のジャージをわざわざ着てアピールするビッチ、という二つの誤解を受けました。状況を考えれば仕方ないですが、常木さんは上位カーストにいることに浸かり過ぎていた分、自分の考えや存在が少数派というか、悪として認定されることに慣れていなかったようです。

夢は料理人!? その決断の代償は….

「君が美味しそうに食べてくれたから」という理由で、常木さんは料理人としての道を目指します。カッコよすぎる。なんかもう、ここから常木さんを主人公にした料理アニメでいいんじゃないの? ってくらいスマートでした。

結局、主人公フラれているし……。一番最初のヒロインからこれって、かなりキツイですよ。主人公と付き合っていては中途半端ですからね、理屈は分かりますけども。その道を真剣に、迷いなく進むには、主人公を捨てなきゃいけなかった。

ここは常木さんがとにかくカッコよかったのですが、主人公もなかなかカッコよかったですね。見落としがちですが。夢の代償として、自分が切り捨てられたとき、常木さんの要望通り、きちんと諦めたのは凄かったと思います。

男としての自分を真正面から否定されたのに、受け入れた訳ですから。どうせ常木さんは、繊細な男心は理解できないでしょうからね。

耀ちゃんの声優は、あやねる!

ちなみにですが。常木さんがあんな風に偉そうで、女王様で、からかいまくりで、ちょっと変態だったのに許されたのには理由があります。今まで隠していましたが、声優があやねるだったことが原因です。

これは個人的なデータに基づく調査の結果ですが、9割くらいの要因を占めています。いや、あやねるは……ねえ? あのあやねるですよ? もう、完全にいろはすのドキドキがよみがえっちゃいますよ。確信犯以外の何者でもないでしょう、この配役は。

あやねるの演技は最高でしたね。あやねるだったら、イジリではなく罵倒でも全く構いません。今ようやく思い出しましたが、CV.あやねるから、目の前に素足をプラプラさせて我慢できる主人公ってどんな精神構造をしてるんでしょうか。

耀ちゃん、可愛いで…..

耀ちゃん可愛いで……。一度見て、なんだか苦手意識を持った人も少なくなかったと思いますが、そういう人にこそ、もう一周して欲しいです。もう一度だけ、常木さんにチャンスを下さい。

常木さんの可愛さって、少し分かり辛いんですよ。ちょっと問題児なだけなんです。もっとよく、常木さんをよく見てくれませんか。あのショートパンツの魅力を、もっと味わってみて下さい……。

さっきも言いましたが、可愛さの9割はあやねるが占めている訳ではありますが。常木さんは、なかなか強すぎるヒロインでした。届かない、追いつけない、掴みどころがない。そんなヒロインです。

瞬間Happening
瞬間Happening
posted with amazlet at 17.02.12
ポニーキャニオン (2017-01-25)
売り上げランキング: 57
オーマイ 海香るイカスミ (30g×2食)×4個
日本製粉
売り上げランキング: 11,093