ここ一番で着たい!バーバリーのコートで高級感を身に纏う

バーバリーと言えばコート、というセオリーがあるほどそのクオリティと魅力は人々をとりこにしてきました。決して安いものではありません、しかしなぜ人々がバーバリーのコートを購入するのか。同ブランドの高級感とその魅力に迫ります!

メンズのバーバリーコートで冬を乗り切る!スマートな選択

こちら、バーバリーブリットリ。バーバリーらしく裏地はチェックがほどこされています。ダブルブレストな顔立ちがイケメンですね!是非購入したいものです。冬だけではなく、秋から初春まで着られるコスパ最強の一着ですね。

バーバリーでコートやスーツを買うことは一種のステータスシンボルを購入するということです。バーバリーでは様々なレーベルを発表しており、そのレーベルのなかでブリットというのがあります。今、画像で写っているものがそちらになります。

ブランドイメージが先行して「高くて買えない!」と嘆く前に、ブランドに対するリサーチをかけるべきではないでしょうか?一片だけみるのではなくて、バーバリーのコートを着たい!と熱烈に願えば割安のブラックレーベルなら手が出るということもあるはず。あきらめるまえにこちらの記事で少しでも情報を会得していただければと思います。

バーバリーコートのメンズラインを紹介



バーバリーのメンズコートでは襟にボアのついたタイプもあります、バーバリープローサムのもの。一見スタンダードなコートにもバーバリーならではの”こだわり”が随所に見受けられます。徐々に間隔が狭くなっていくフロントのボタン配置。ボタンも水牛ボタンと高級な素材を使っています。

サイドポケットも雪が入り込むことのないようにフラップがついています、これでしたら東北から北海道の方も着用できるのではないでしょうか?首都、東京も雪が降ることがあります。その際に威力を発揮するのがポケットのフラップですね。

メンズであるがゆえに期待される着こなしというものがあります。ある程度年齢を経てくると「高級品」を一点ぐらいはもっておきたいもの、そのなかで誰でも知っている”高級”ブランドはバーバリーも挙げられるのではないでしょうか?カッコよくクールに決めたい諸兄へのオマージュです。

トレンチコートをバーバリーがリリース!メンズラインを調査

トレンチコートはバーバリーの得意技の1つ、価格はのちほどお知らせするとして、こちらのトレンチはグレージュで非常に清潔感のある商品です。いかなるビジネスシーンにも、またはカジュアルシーンにも活躍必須のプロダクトです。

どうせ着用するなら「バーバリーだと分からせたい」ですよね、でしたら、フロントボタンは外ずして、なびかせて裏地のチェック柄を見せ付けてやりましょう。そうすれば「バーバリーだ!」と、見る人が見れば分かります。妬みをかうか、羨望のまなざしをうけるか。どちらでしょう。

下品に着崩すことだけはさけてください、カジュアルシーンでも無論OKなのですが、あくまで「キレイ目」をモットーにコーデしてみてください。雑誌などで極端なコーデが目立ちますが、トラッドな着こなしに勝るものはないのです。プライスの高さは着用年齢の高さと比例していると思っても良いでしょう。

ステンカラーコートもバーバリーの十八番プロダクトを調査



バーバリーはダブルブレストのものばかりをリリースしているわけではありません、コートの代名詞の一つとも言えるステンカラーコートも展開し、そのプロダクトはクオリティの高さから多くのファンから愛されています。

ダブルブレストのコートがラグジュアリーを提供するのに対して、ステンカラーは”機能美”を中心に打ち出しています。余計な装飾はなく、ビジネスマンに特化した仕様となっています。やはり裏地はチェックです。こちらは「バーバリーらしさ」を強調したい諸兄には向いていません。

あくまで機能的で、尊大に見えず、つつしみをもって活動する時に役に立ちますよ。無論、機能美というからには防寒性もすぐれたものをもっており、裏地の生地が暖かさをキープしています。ただ、着こなしで注意していただきたいのは、トレンチではないので、襟を立てて着用するのはルール違反ですし、そうするようにはデザインされていません。

20代のバーバリーデビューはブラックレーベルのメンズコートから



バーバリーを20代が着用すると、どうして「頑張っている」感が否めません。そこで提案したいのは”バーバリーブラックレーベル”です。本家よりも格安で購入でき、コートのほかにもスーツなども展開しています。

20代で財を成した方であれば、バーバリーを着用するのもありでしょうが、大半の20代は違います。それにサイジングやデザインが本家バーバリーはややアダルト向けに造られているため、20代では”老けて見えてしまう”という罠に陥ります。その時代、その年齢に応じた仕様というのが存在しますので、それらをマスターしていきましょう。

ブラックレーベルだから”質が悪い”わけではありません、ただセカンドラインなだけです。型落ちというわけでもなく、ダサいわけでもないです。デザインの点でいけば、本家よりハイセンスかもしれませんね。バーバリーの底力を感じるラインです。

成人式に着ていくのにドンズバなBurberryレーベルのコート

成人式、どうせ参加するなら逸品を着て…。その気持ちはよく分かります、それをテーマに成人式の衣装のためにバイトのシフトを多く入れたり、貯金をしたり、節制生活を送ったりするものです。それでも足りない時はご両親に泣きつく!?

成人式といえば、皆がドレスアップして緊張した面持ちで参加するのが常です。中にはお酒におぼれて式をめちゃくちゃにする人も居るようですが。諸兄はそのようなことは無いでしょう、バーバリーと言うブランドネームだけで購入を考えて購入するのは得策とは思えませんが、成人式に着ていくのはハレの舞台です、そうなら一層バーバリーはそのような舞台で諸兄を見事に飾り立ててくれるでしょう。

ドレスアップしたいという気持ちは痛いほどわかります、自分の分相応な格好の中でクールなコーデを行なえば周りからの目もおのずと変わってくるものです。ですので20歳を迎えるめでたい諸兄にドンズバなコートをバーバリーからインスパイアされて、購入なさってください!デザインは無限にあります!

バーバリーでコートを購入したい!予算はいくら?



バーバリーのコートの相場は300,000万前後です。非常に高い品物で、手に入れようと思っても難しいですね。何せ一ヶ月分の給与が足が出てなくなる相場です、ですので”選ばれた”=”エグゼクティブ”な人しか着用できないのです。

写真は古着のため、破格になってますがこのような商品はまず出会えません。ネットであれば別ですが。バーバリーたるゆえんはそのタフネスさにあります。20年は持ちます、ちゃんと手入れをすれば。クリーニングに出したり、汚れたら応急処置をし、専用の業者に委ねましょう。

高級品に限って状態が悪くなるリスクがあります、やはり上質の生地はウマイのでしょうか?コットン、ウール、カシミヤどれをとっても2ヶ月も放置していると虫が喰ってしまいますので、定期的に着てあげましょう。”ここぞ”というときに着るというので着ないで居ると、1回着用せず処分などということになります。

メンズコートのサイズはどこで計るか?バーバリーで試着する勇気



数十万のコートを買うのですから、それ相応の下調べが必要です。それをこちらの記事から少しでも知識に取り入れられると幸いです、コートと言っても冬だけ着用するものではありません、秋、春と着用する季節は広がりをみせています。

こちらは、真冬仕様ですが、大概のコートはウールの裏地を除けることで春仕様にも、秋仕様にもなります。バーバリーはその培ってきた歴史からタフネスさがあり、どのような場所、国、地域でも着用できるようになっています(亜熱帯地方や極度に暑い場所は論外)ですので、大概のデパートで扱っています。

ちょっと敷居は高いかもしれませんが、サイズを測ってもらうために数十万のコートに袖を通すのもオツなものかもしれません、コートが「貴方を華やかせてみせましょう」と言ってもすぐに手を出してはいけません。少し考えて購入なさるよう、注意が必要ですよ。値段が値段ですから。

バーバリーのコートに「着られない」男になる



他ブランドでも、バーバリーでも言える事ですが、サイズがジャストではないがために”着られてる”感がある方がいらっしゃるのが現状です。確かにシーンによってはオーバーサイズもいいかもしれませんが、せっかくバーバリーなので、ジャストサイズで着たいですよね。

肩幅、シェイプされているウェスト、フレアした裾など。秀逸なデザインが褪せてしまいます。ハイブランドというのは「製作者の意図を汲んで」着ることがもとめられています。特にバーバリーでは、デザイナーが「こんな方に来て欲しい」と思い開発しているわけですから。

ある程度の遊びはいいですが、やりすぎは禁物です。何事も節度を守ってハイブランドと付き合っていきましょう、そして雑誌やネットのマネキンをそのままコピるのではなく、上品にカスタムしていってあげましょう。自分の体の一部になるほどまで、着倒してください。

高級素材カシミアを使用したバーバリーのメンズコートを愉しむ



カシミアのコートを羽織る、多くのビジネスマンにとってちょっとしたステータスになるプロダクトです。こちらはウールとカシミアの混合繊維です、ウールを加えることによりカシミア本来の保温力を格上げしています。

カシミアは高級素材として広く一般に出回っており、冬場の定番マテリアルとして名を馳せています。高級なのになぜ、大概の方は無理してまで購入されるのか、それはひとえに軽さと保温性の高さゆえです。ハイブランドがこぞってリリースするなか、ファストファッションでも高級志向と経済状態の良好が手伝ってどんどん発表してるのです。

しかし、それらファストファッションなどとは比べ物にならないほどの状態です。しっくりと全体をホールドする事で得られる快適性、ダッフルコートほど厚くないのに、それ以上の防寒機能。これらすべてがそろってバーバリーのコートとなるのでしょう。

ボタンは高級水牛ボタンがメイン



俗に”高級ブランド”を銘打つプロダクトは水牛ボタンを使っています、中にはクルミボタンなどの変則技を繰り出すブランドもあります。ただ、バーバリーはご覧の通り、水牛で「BURBERRY」と刻印がされています。これは反則ですよね、購買欲に火がつきますから。

タフなコートをしっかり支えるタフなボタン。ボタン1つとっても妥協のなさがうかがえる逸品です、バーバリーが高いのはなぜか?それは細部まで職人気質の残るプロダクト精神が宿っているからでしょう。ノーマルなボタンに見えて、至近距離でないとその刻印が見えない、女性とデートの際、近距離戦で武器となりますよ!

バーバリーのコートを着るメンズはビジネスで成功している



ご覧のように、バーバリーのコートにはオーラが宿り、他者を圧倒し、覇者として君臨するもののようになります。コーデ1つでその評価は崩壊築を繰り返します。同じようにビジネスシーンに於いて妥協はゆるされません、そうした”スキのなさ”を全面に押し出してくれます。

値踏みされ、警戒され、極度の緊張感のなかで徐々に会話が弾み、取引交渉などのシーンで気心が知れてくると、今度は”着ているもの”で相手を見るようになります。その次に会話で「バーバリーじゃないですか」と気付いてもらう。これは一種の戦争です。

ビジネスマンはソルジャーです、撤退も撤収も許されません。前進あるのみです。そうしたシビアなビジネスマンにマストなアイテムがバーバリーのコートなのです。コートは案外みなさんスーツほどお金をかけません。そのような中にあって、コートにハイエンドブランドを持ってくる。相手も尊敬してくれることでしょう。

バーバリーのコートを着こなすコーデを紹介



このようなコーデもバーバリーならではですね、キレイ目カジュアルでキーアイテムとしてバーバリーのコートを投入!オシャレに対するこだわりがうかがえる1ショットです。潔いほどにストイックなフォルムとアイテムのチョイス。

何でもレイヤードすれば良いというわけではないことが、この写真からも見て取れるのではないでしょうか?モノトーンコーデもさることながら、バーバリーの汎用性といえば他と違って圧倒的に豊富です。20代でもコーデいかんでは着用できます、嫌みにならなければ。

30代の諸兄がご覧であれば、渋めのコーデでバーバリーのコートを構築できるでしょう。基本的に「バーバリーって高いよね?それなら○○のほうがいいよね」という意見を耳にすることがあります。そのようなことは決してありません、○○がどれほどか知りませんが、バーバリーは本当に一生ものなので張り切りましょう!

バーバリーのコートは人生を変える!



これまでバーバリーのコートを中心にピックアップしてきました、様々なプロダクトの中から諸兄のお気に入りが見つかれば幸いです。また「知らなかった!」情報を提供できたのであればこれも大きな喜びとなります。なにはともあれ、これで最後ですが。

バーバリーのコートは人生を変えます。その人生はビジネスなのか、遊びなのか、大切な人との時間か、防寒着としてかなどなど、それらすべてのシーンで最高峰のパフォーマンスを実現させてくれます。最高級なのです、すべてが。実際に手にとってスッとした肌触り、適度な着丈のロングコート。

英国を彷彿とさせるサイジング、仕様、デザイン。すべてがミックスされバーバリーのプロダクトとなっているのです。バーバリーのバーバリーたるゆえんをもうご存知でしょう。早速明日、貯金を崩して購入しましょう。300,000円です、1ヶ月ぐらいカップヌードル生活も覚悟しておきましょう!