うたわれるもの クオン

うたわれるもののキャラクター、クオンについて、親や、年齢、主人公ハクとの関係、ネタバレなどが書いてある。

うたわれるもの クオン 親

クオンの親とは。父から受け継いだ、強大な力。父との思い出は。

出典:http://aquaplus.jp

うたわれるもののクオンの親は第1作の主人公、ハクオロと不治の病をかかえたユズハである。ユズハはすでに故人であり、ハクオロは、その強大すぎる力のため、封印されている。
 ユズハの兄である、皇のオボロを父のように慕っている。なお、クオンもハクオロの強大な力を受け継いでおり、何回か、その力をつかっている。偽りの仮面では、ヤマト脱出の際、追っ手から逃げるために、二人の白皇では、ハクとミカヅチの対決を止めるためにつかっている。また、第1作のヒロイン、エルルゥを薬師の師匠として尊敬し、実の母のように慕っている。オンカミヤムカイの地下で再会した際には、子供のように泣きじゃくっている。
 なお、幼いころ、母から病を引き継いだが、完治している。実の父である、ハクオロとは、うまれる前に、ハクオロが封印されてしまったため、あったことはない。

うたわれるもの クオン 年齢

クオンと仲間の関係。敵キャラやそれ以外の人々の関係。年上との関係。年下との関係。

出典:http://aquaplus.jp

クオンの年齢については不明であるが、仲間である、クジュウリの姫、ルルティエや、ヤマトの右近衛大将、オシュトルの妹、ネコネよりは年上である。若い女性であり、薬師として豊富な知識を持つ。戦闘では強力な格闘術をつかう。ネコネとは仲の良い、本当の姉妹のようである。クオンよりは若いであろう、ヤマトの巫、ウルゥルとサラァナとはハクをめぐるいい恋敵である。特にハクにセクハラする二人に嫉妬している。従者であるフミルィルとは年上と年下の関係ではあるが、クオンの方がしっかりしていて、フミルィルにいつも振り回されている。同い年であろう、シャッホロの姫、アトゥイや、イズルハの族長の娘、ノスリとはいい仲間であり、恋の相談役である。二人の白皇から仲間になる、ヤマトの皇女、アンジュは年下ではあるが、トゥスクルの皇女としてよいライバルであり、いい戦友である。もう一人、ヤマトの八柱将、ムネチカは年上で女性として尊敬している。剣士ヤクトワルトの娘、シノノンは幼女で、かわいい、妹のように接している。エンナカムイの皇子、キウルには、年上の先輩として、恋の助言を与えている。ハクの兄である帝とその妻ホノカに対しては敵国ではあるが、尊敬している。
 敵キャラクターに関して、八柱将でいうと、ミカヅチの兄、ライコウについては、敵ではあるが、年上であるし、頭のきれる、優れた武人だと認識している。弓の名手トキフサについては、年上ではあるが、そのひねくれた性格を危ぶんでいる。八柱将の中で最弱のデコポンポについては年上ではあるが、わがままな性格を嫌っている。しかし、怪物ガウンジに食べられてしまったことを憐れんでもいる。
 仲間以外の人々に対して、エンナカムイの皇、イラワジにはハクたちをかくまってくれたことに感謝している。ノスリの父、ゲンホウについては、元八柱将として、その実力を認めているし、頼もしくも思っている。クジュウリの皇、オーゼンについては、娘である、ルルティエが仲間でいてくれる、許可をもらっていることに感謝していて、ハクたちを援助してくれる行為にも感謝している。オーゼンの娘でルルティエの姉であるシスに関しては、妹を溺愛する様子には困っているが、頼もしい仲間として認めている。ナコクの皇子、イタクに関しては、そのまっすぐな性格を好ましく思っている。イタクの叔父でアトゥイの父であるソヤンケクルには、アトゥイと出会わせてくれて感謝もしているし、トゥスクルに行く際には船を貸してくれたことに感謝している。一時、敵にまわるが、ハクの親友であり、オシュトルの親友でもある、マロロには複雑な思いがある。洗脳されているとはいえ、数々の悪行に心を痛めているし、ハクをかばって死んでいく最後では、ハクとともに、その最後を看取っている。

うたわれるもの クオン ハク

クオンとハクとの関係。クオンのハクに対する愛情の大きさ。

出典:http://utawarerumono.jp

クオンはハクにとって保護者であり、いいパートナーである。ハクはクオンにとって好きな人である。偽りの仮面では、目覚めたばかりで、何もわからないハクに色々教えるのがクオンであり、ハクの成長を温かくも、厳しく見守るのがクオンである。
 二人の白皇ではオシュトルに変装しているハクに気づかず、皇女、アンジュとのけんかで傷つけてしまい、ハクがとっさにつぶやいたセリフにオシュトルの正体がハクだと気付き、動揺するシーンが印象的である。仲間に復帰した後、しばらく、ハクとの会話がぎこちなかったが、時が経つにつれ、いつもの感じに戻っている。ヤマト統一を果たしたハクをトゥスクルに招待するが、その際、トゥスクルの皇女であることを告白している。ハクが正体を知った時に、面紗をかぶって恥ずかしそうにするのが印象的である。二人の白皇ではピンチのハクを人型兵器、アヴゥ=カムゥ達とトゥスクルの軍を率いて助けに来ている。最後のシーンでは、自分を助けたハクに対し、改めて感謝の気持ちを伝えている。

うたわれるもの クオン ネタバレ

クオンが好きなもの。クオンの故郷の人々。強大な力について。

出典:http://utawarerumono.jp

ちなみに二人の白皇で、クオンの故郷である、トゥスクルの皇女はクオンである。クオンはお風呂が好きで、偽りの仮面では、お風呂ではしゃぐシーンがある。二人の白皇ではアンジュの亡命先である、エンナカムイに温泉をつくってしまう。また、皇女同士のけんか以降、アンジュとの関係は微妙な感じに。偽りの仮面ではハクにおしおきとして、しっぽでしめつけたりしている。二人の白皇では姿を消した、ハクを懸命に探す姿が印象的である。
 ちなみにクオンが母さまと尊敬する女性たちは、第1作のパーティメンバーであり、ツスクルの中心人物である。特にヤマトで旅館、白楼閣を経営するカルラには頭があがらない。ある意味恐れている。ちなみに、クオンが母さまと呼んでいる女性は他に、白楼閣で女子衆として働く、トウカ、エルルゥの妹、アルルゥ、トゥスクルの巫、カミュ、オンカミヤムカイの賢大僧正、ウルトリィ、第1作のヒロイン、エルルゥがいる。アルルゥとカミュに対しては、母さまと尊敬するのとは別に年の離れた兄弟のように接していて、この二人に関わると悪いことに巻き込まれるのが常である。クオンの親の時も書いたが、母のユズハの兄、オボロを慕っているのだが、オボロもクオンを本当の娘のようにかわいがり、もっというと、親馬鹿で、こっそり、ヤマトの居酒屋に顔をだしたりする。皇ではあるが、皇らしくない。ある意味、娘を溺愛している点ではオーゼンと似ている。二人の白皇でクオンが改めてハクたちに合流するシーンがあるが、一緒にいた、トゥスクルの将、ベナウィはさりげなく促し、クロウは特大のおならでクオンを送り出していて、二人のクオンに対する、忠誠心の高さ?を知ることができる。
 二人の白皇でラスボスのウォシスに自分と同じ力を感じるといわれるのは、ハクオロから受け継いだ、強大な力、大神、ウィツアルネミテアの力があるためである。もともと、ウィツアルネミテアは一つであったが、二人のハクオロではウォシスが仮面の力を使い、その力を使っていて、クオンにもその力があることから、一時的に2つに分かれていたと思われる。Enter your text …Enter your text …Enter your text …Enter your text …