海のような女の子 松浦果南の5つの魅力にダイビングしてみる【ラブライブ!サンシャイン!!】

大人気アニメ、ラブライブ!サンシャイン!!そのキャラクターのひとり、松浦果南。最新の人気投票で見事1位に輝いた彼女。今回はそんな彼女の魅力について、お伝えしていきたいと思います!

そもそも松浦果南ちゃんってどんな娘?



松浦果南ちゃんは、ラブライブ!サンシャイン!!の主人公、高海千歌の1つ年上の幼なじみで、浦の星女学院にの3年生。ラブライブ!サンシャイン!!においては千歌が始めたスクールアイドル活動に対して、“最近、また何か変なことを思いついたらしい。”と言いつつも、“かわいい幼なじみの計画を手伝ってやらなくちゃ”といったノリで参加したさっぱりした印象の女の子。(“また何か変なことを思いついたらしい”なんて言うあたり、昔から千歌に振り回されてきたんだろーな…。)

そんな果南ちゃんの特技はダイビング彼女の実家はダイビングショップを営んでおり、果南ちゃん自身も実家の手伝いでダイビングをするという非常にアクティブな一面を持っています。

また、果南ちゃんのもうひとつの特技は操船であり、趣味は水泳。さらに好きな食べ物はさざえ・わかめと何かと海を連想させるキーワードの多い果南ちゃん。自身の住む内浦の自慢のひとつに「青い海」を挙げるあたり、きっと果南ちゃんは実家の手伝いをしながら内浦の海に慣れ親しんできたのでしょうね…。

そして、幼い頃から海に慣れ親しんできたであろう果南ちゃん自身も、実は海のような女の子なんです。今回はそんな果南ちゃんの海のような魅力にダイビングしてみましょう!

松浦果南の誕生日。2月10日生まれな彼女の海みたいな魅力とは?

松浦果南の誕生日はいつなの?

松浦果南ちゃんの誕生日は2月10日。ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(以下、スクフェス)でも、2月10日にお祝いの特別ログインボーナス(ラブカストーン5個)がプレゼントされたことは記憶に新しいことでしょう。

そんな2月10日生まれの果南ちゃん。では、2月10日生まれの人はどんな人と言われているのでしょうか?そこから果南ちゃんの魅力に迫っていきましょう!

2月10日生まれってどんな人?

2月10日に生まれたあなたは、いろんな意味で大物の器を備えている人です。些細なことがまったく気にならない大らかでさっぱりした面と、感受性が鋭く繊細で傷つきやすい面の両方を兼ね備えています。また直感力に優れ、いざというときには、自分の直感を信じ、思い切った決断に踏み切ることができるでしょう。その魅力あふれる性格により、いわゆるカリスマとして、多くの人の心を強烈に惹きつけることになりやすいです。

出典:http://365×7.net

2月10日生まれの人はどんな人と言われているのか…誕生日占いのサイトで、こんな記述を見つけました。誕生日占いでは、“大物の器を持っている”、“些細なことがまったく気にならない大らかでさっぱりとした面”、“いざというときには、自分の直感を信じ、思い切った決断に踏み切ることができる”といったことが書かれています。

実は、果南ちゃんも2月10日生まれの特徴に漏れず、まさに大らかで、そして時に自分の直観を信じるあまり誰かとすれ違うこともある。そんな人間らしさを持った女の子なんです。

【2月10日生まれ】大きな心で人を見守る。海のような大らかさ。

2月10日生まれは、“大らかで些細なことがまったく気にならない大らかでさっぱりした面”があるとのことですが、普段の果南ちゃんは、まさにマイペースで大らかなお姉さん的な女の子。幼なじみの高海千歌が変なことや突飛なことを言い出すたびに、振り回されながらも“やれやれ…”とばかりに千歌を見守ってきたであろう彼女。

そんな腐れ縁の千歌が「スクールアイドルをやりたい!」と言い出した時も、“あの子がやりたいって言うなら、付き合うしかないっしょ。”となんだかんだで受け入れてしまう大らかさ。その一方で、廃校を阻止したμ’sへの憧れが先行するあまり、浦の星女学院の廃校が決定済みであることが見えていない千歌に対して、“大丈夫かな…あの子、ホントに分かってるかな…”と遠くから一歩引いた目で見れる広い視野。

そしてアニメ版では、高海千歌、渡辺曜、桜内梨子の3人が浦の星女学院の体育館でファーストライブを行うシーン。千歌にファーストライブに誘われても、ノリ気ではない様子だった果南ちゃん。しかしライブ当日、体育館の入り口にはひっそりと見守る影が…。実は果南ちゃん、ライブにあまり興味の無さそうな素振りを見せながらも、千歌たちを心配そうとも悲痛そうとも見える顔をしながら、こっそりと見守っていたんです!なんと優しい女の子なのでしょう!

そんな千歌を見守る彼女からは、2月10日生まれにふさわしい穏やかな海のような心の広さ、そして優しさを感じられ、それこそが彼女の魅力なのです!

【2月10日生まれ】荒れた海になることも…

そんないつもは大らかな心を持った果南ちゃん。だけどそんな彼女も、アニメ版では取っ組み合いになるほどのケンカをしたことがあり、その様子は普段の大らかな彼女からは想像できないほどに、辛辣で、キツくて、激しいんです…。

そのケンカの相手は小原鞠莉。果南ちゃんと同じく浦の星女学院に通う3年生。自称、“果南のストーカー”の鞠莉は、果南ちゃんに対して「もう一度一緒にスクールアイドルをやって欲しい。」と幾度となく迫ります。しかし、それを頑なに拒む果南ちゃん

その時の荒ぶった様子をちょっと見ていきましょう。



それはアニメ版第9話でのこと。これまで、幾度となくスクールアイドルへの勧誘を繰り返してきた鞠莉がコスチューム持参で勧誘した際のこと。果南ちゃん自身もまたその勧誘を幾度となく拒んできた経緯があります。さて、そんな繰り返し勧誘を受けてきた果南ちゃんが取った行動とは?

なんと窓からコスチュームを放り投げてしまうのです…(驚)そこまでやるのか…と言いたくなるくらいの激しい行動(汗)その結果…取っ組み合いに発展してしまう訳で…。スクールアイドルに再び参加することに対して、キツいとも取れるほどの拒否反応を示す果南ちゃん。普段の大らかな彼女を知っていると、そのギャップにびっくりする人も少なからずいることでしょう…。

普段は大きくて広い海のように大らかな果南ちゃん。だけど時にはこんなふうに、嵐で波風を立てて荒ぶる海のような激しさを見せることもあるんです。だけど、どうしてこんなに荒ぶっているのでしょう?その理由に迫っていきましょう。

【2月10日生まれ】親友を思うあまり、空回り…

果南ちゃんが鞠莉に対して、ここまで荒ぶる理由とは何なのか…?それは他でもなく、鞠莉のためだったのです!アニメ版では、果南ちゃん、鞠莉、黒沢ダイヤの3人はかつて、浦の星女学院でスクールアイドルとして活動していました。

しかし、果南ちゃんは知っていたのです。鞠莉がスクールアイドル活動のために、留学や転校の話を断っていたことを。果南ちゃんは、鞠莉がスクールアイドルを続けることで鞠莉からいろんな可能性が奪われるのではないかと危惧していました。そこで、果南ちゃんはあるひと芝居を打ちます。

そのひと芝居とは、各地のスクールアイドルが集まる東京の大舞台で行われました。その大舞台で果南ちゃんは、“他のグループのパフォーマンスの凄さと、巨大な会場の空気に圧倒されて、歌えなかったフリ”をします。そして、そのことを引きづるフリをして“もう続けても意味がない”とスクールアイドルユニットを解散させ、スクールアイドル活動が鞠莉の留学の妨げにならないようにしたのでした。

そして2年後、留学から戻ってきた鞠莉からのスクールアイドルへの勧誘を頑なに、辛辣なまでに拒んでいたのは、その鞠莉のことを思ったひと芝居を彼女に悟られないようにするためだったことが真相なのです。

それを知った鞠莉は“ぶん殴る!そんなこと…ひと言も相談せずにっ!”と言って、果南のもとへ駆け出します。鞠莉の本音は、留学なんかどうでも良く、果南ちゃんやダイヤとスクールアイドルを続けることの方が大切だった。鞠莉にとっては、「留学>>>>>>>>>>スクールアイドル」くらいの心意気であった訳で…そこに果南ちゃんと鞠莉のすれ違いがあり、それこそが果南と鞠莉のいざこざの大きな原因だったんですね…。

さて、ここで2月10日生まれはどんな人なのかを振り返ってみよう。“直感力に優れ、いざというときには、自分の直感を信じ、思い切った決断に踏み切ることができるでしょう。”とありますね。2月10日生まれの特徴に漏れず、まさに果南ちゃんも自分の直観を信じた決断をするあまり、すれ違い、荒ぶる海のようになった…そんな気がしませんか?だけど、そんな親友を思ったまっすぐさゆえに荒ぶる海のようになるところも2月10日生まれな彼女の不器用な魅力なのです。

【海のように包み込む】松浦果南の“ハグしよ!”

松浦果南の代名詞、“ハグしよ!”


「果南ちゃんといえば、ハグ! ハグ!といえば果南ちゃん。」ラブライバーの間でそんなことを言われているかは定かではありませんが、果南ちゃんを語るにあたってこの“ハグしよ!”のセリフは欠かせません。

先ほどの鞠莉とのケンカ。どうやって解決したのでしょう?その解決のキーワードもやはり“ハグしよ!”だったんです。

鞠莉自身の将来を思ってのことはいえ、身勝手な果南の気遣いに怒る鞠莉。“果南が歌えなかったんだよ。放っておける訳がない。私が果南を思う気持ちを甘く見ないで!”と鞠莉は果南ちゃんに平手打ちをします。

そして、鞠莉も自分に平手打ちをするように果南ちゃんへ促します。アニメではよく見る、和解のための一種の儀式のようなものですかね…。それに対して果南ちゃんが選んだ行動…それこそが、“ハグ…しよ…?なんです。

ビンタされたというのに、何だこの慈愛感…果南ちゃん、あなたは女神ですか?それとも聖母マリアですか?まさに海!海!海!のような包み込むポーズ!海の女神テティスがここに降臨したかと思うこの美しさと慈しみの表情。今までのすれ違いも、いらだちやもどかしさも海のように包み込むハグ…それが果南ちゃんのハグなんです!

ハグも一種のコミュニケーション?



果南ちゃんのハグ。彼女にとってハグはコミュニケーションあるいはスキンシップの一環のようで、“ハグしよ?”といったセリフをアニメやスクフェスでもよく聞くことができます。例えば、アニメ版第8話で、果南ちゃんとダイヤが鞠莉をスクールアイドルに誘うシーン。 その誘いにあまりノリ気ではない鞠莉に対して“うんって言うまでハグするっ!” とお得意のハグ攻撃!

果南ちゃん…ダメだ…それは逆効果だ…。そんなこと言われたら、逆に“うん”って言えなくなる…ってか、言いたくなくなる…お願いします、ずっとハグしててください…。こんなかわいい女の子にハグされたら、もう死ぬまで離して欲しくないというものです…。果南ちゃん…なんと恐ろしい子…。

そして果南ちゃんのハグのコミュニケーション。幼少期から行っているようで…果南ちゃん、鞠莉、ダイヤの三年生組が幼少期に初めて出会ったシーン。鞠莉のお屋敷にこっそりと忍び込んだ果南ちゃんとダイヤ。そして、鞠莉と遭遇した果南ちゃんとダイヤ。突然の邂逅に戸惑った際に出たのが、果南ちゃんの伝家の宝刀、「ハグしよっ!」なんです。

人と仲良くなるための方法として果南ちゃんが用いてきたのが、ハグなんでしょうね…。欧米圏ではよくハグのコミュニケーションが用いられますが、シャイと言われる日本人の中で果南ちゃんは欧米人にも負けないコミュ力を持っているのかもしれませんね。そして、お馴染みのスクフェス。果南ちゃんをパートナーにした状態のホーム画面。果南ちゃんにタッチした際のセリフは…

なんだこの破壊力…ダイバースーツの水で服が水浸しになってもいいから、ハグさせてほしい!基本的にスクフェスのホーム画面でキャラにタッチするのは、かつての某アイドル育成ゲーム(ラブライブ!とアイドルアニメ二大巨頭を成すあの作品)のπタッチに等しい行為ですが、それを“いいよ、おいで?”と言ってくれるこの寛容さ…。なんだか、受け入れられ、包まれているような感覚になりませんか?(なお、果南ちゃんにバブみを感じてる諸兄もいる模様…。)

果南ちゃんの魅力が海のような大らかさであることは何度も書いていますが、果南ちゃんのその大らかな魅力を体現したコミュニケーション行為、それこそが“ハグしよっ!”なんだと思います。

【怒涛の波のごとし】松浦果南の人気は?

出典:http://www.lovelive-anime.jp

前作、ラブライブ!から引き続き、総選挙の順位においてシングルのセンターを決める方式を取っているラブライブ!サンシャイン!!。2017年2月20日現在まででセンターポジション総選挙が2回に加え、ゲーマーズ沼津店Aqours看板娘総選挙1回、カバーガール総選挙1回の計4回の総選挙が行われています。では、その総選挙の歴史を振り返ってみましょう。

【最初は振るわなかった…?】第1回Aqoursセンターポジション総選挙。

一番最初の総選挙、第1回Aqoursセンターポジション総選挙の結果がまずこちら。

果南ちゃん…なんと最下位…。第一回総選挙の投票期間は、2015年10月7日(水)〜10月13日(火)。この期間においては、まだラブライブ!サンシャイン!!のコンテンツはPVやドラマCDなどしかなく、情報が少ない状態でした。そのためか、果南ちゃん(をはじめとした3年生組)の魅力があまり伝わっていなかったのかもしれません。

【ここでも下エリア】ゲーマーズ沼津店Aqours看板娘総選挙

つづいて、ゲーマーズ沼津店Aqours看板娘総選挙の結果。

ここでも果南ちゃん、第7位といまいち振るわず。前回より2つ順位を上げたものの、やはり下位。しかも、ワーストは軒並み3年生組。こちらも投票期間が2016年2月27日(土)~2016年4月15日(金)とアニメが放映される前の人気投票。ドラマCDなどの媒体で、濃ゆい中二病キャラを披露した津島善子(自称、ヨハネ)に2位以下のキャラが抑えられた構図。キャラのインパクトの点では、ヨハネに叶わなかったか…。

【徐々に魅力が見えてきた?】カバーガール総選挙

そして、カバーガール総選挙の結果がこちら。

果南ちゃん、第4位と健闘。この総選挙は他の総選挙と比べると特殊であり、単純な人気順位だけでなく、“Aqoursメンバーとデートに行くなら誰とどこのデートスポットに行きたいか?”がコンセプトの総選挙。この総選挙では、果南ちゃんと大瀬崎がランクイン。大瀬崎はダイビングスポットとして有名であり、「松浦果南=ダイビング」の関係の定着が功を奏したのかもしれません。

また、この総選挙は2016年8月30日(火)~2016年9月29日(木)に行われており、アニメ放送期間と重なる部分があります。アニメ放送によって、述の「松浦果南=ダイビング」の構図と松浦果南の魅力多くの人に認知されるようになったことが一因かと思われます。

【お見事!第1位!】第2回Aqoursセンターポジション総選挙。

そして、最新の総選挙である第2回センターポジション総選挙の結果がこちら。

なんとなんと、大躍進の第1位!過去の総選挙から徐々に順位を上げてきていたとはいえ、この迫真ぶり!第1回総選挙では奇しくも第9位だったことを鑑みると、怒涛の順位上げと言わざるを得ません!

この総選挙は、2016年9月24日(土)から2016年10月5日(水)に行われており、ちょうどアニメ放送が後半の頃に行われています。この期間は、アニメ版の第9話「未熟DREAMER」が放映された日と一致しており、同話は果南ちゃん、鞠莉、ダイヤの3年生組の主役回でもありました。先述した果南ちゃんと鞠莉のスクールアイドルをめぐるすれ違いを描いた回であり、この第9話の放映こそが、果南ちゃんがこれほどの飛躍をしたことの要因でしょう。


また、果南ちゃんの大躍進の要因として、Twitter上で #松浦果南センター計画 のタグをつけた一種の祭りのような運動が見られたこともひとつとして考えられます。こういった一種の祭りのような運動まで起こるあたり、第9話放映以降における果南ちゃんの人気の高まりが伺えます。


最初の総選挙では不人気といっても過言ではない順位だった果南ちゃん。最新の総選挙における1位の結果は、まさに海から波が押し寄せるような人気急上昇!そんな気がします。

【新曲】松浦果南がセンターを務める曲とは?

【松浦果南のセンター曲】HAPPY PARTY TRAIN

第2回センターポジション総選挙で見事1位に輝いた果南ちゃん。センターポジション総選挙で1位ということは…そうです、果南ちゃんのセンター曲がリリースされるということです!その名も「HAPPY PARTY TRAIN」。PVなどはまだ発表されておらず、どのような楽曲であるかは明らかではありませんが、果南ちゃんがセンターであること、そしてTRAIN(電車)という単語から、きっと自分の夢や未来に向かって突き進んでいくようなアクティブ感のある楽曲なのではないかと筆者は勝手に予想しています。

筆者個人としては、果南ちゃんのセンター曲ということで海をイメージした曲になるのではないかと予想していましたが、第一印象としてはそういったイメージではない様子。前シングルの「恋になりたいAQUARIUM」は水族館をイメージした曲であり、海を用いるとコンセプトが似通ってしまうからかもしれませんね。

また、アニメイト各店やタワーレコードといった一部のアニメショップならびにCDショップでは、HAPPY PARTY TRAINの予約特典としてAZALEAのネームタグがランダムでもらえるとのことですが、さて、そのネームプレートの果南ちゃんはというと…

キャラクターの私服姿が描かれたネームプレートですが、果南ちゃんの私服姿はデニムで大人っぽくキマっており、脚の長いスラッとした体形が際立っています。ニューヨークのベイエリア(海沿い)を歩いていたら似合いそうなファッション。ダイヤさんに“他のジャリどもでは女の魅力に欠ける”と言わせるだけのスタイル…あぁ…こんなお姉さんと街中でデートしたい…なんて思う人もいそうな気がします。

そんな「HAPPY PARTY TRAIN」のリリース日程は2017年4月5日。リリースが待ち遠しいですね!

【海の表情のように変わる?】松浦果南の可愛い表情集

海の表情が日によって違うように、果南ちゃんも様々な表情を見せてくれます。そこで、筆者が「可愛い!」とド直観で感じた表情を一部抜粋してみました。

照れ顔

まず、照れ顔。神社の境内で踊っていた決定的瞬間を見られていて“まだスクールアイドルに未練があるのでは?”と指摘された際の表情。顔の温度に明らかな変化が起きるようですね。見ているこっちがニヤニヤしてしまうようなそしてもう少しからかってみたくなるようなじんわりとした表情。見ているこっちは顔のほころびが戻らない…(笑)

果南ちゃんと同じく3年生組の小原鞠莉は、どういう訳かメンバーの胸に対するセクハラが目立つ。アニメ版でもはや“かなまり”のカップリングが定着した果南ちゃんに対しては寝ても覚めても遠慮なくやっている感が否めない。

見ている夢にも影響しているのか…就寝中のセクハラにちょっぴり苦悶そうな表情を浮かべたり、電車内でセクハラをされて富士山みたいな面白い口元になったり…だけど、本気で怒る様子もなく、恐らくはセクハラをしてくるのが鞠莉だからこそできる表情なのではないか…などと思わずにはいられない(笑)

ウィンク

https://youtu.be/gE4GzSihmy4そして、果南ちゃんの可愛い表情で外せないのはウィンク。初期の頃、“ウィンクが苦手”“ウィンクの練習くらいしておくように千歌から言われた”と述べていた果南ちゃん。だけど、2ndシングル「恋になりたいAQUARIUM」では、数多くのウィンクを全国の果南ちゃん推しに捧げてくれています。

(下載の動画は試聴動画のため、果南ちゃんの全てのウィンクが見られる訳ではありませんが)全編を試聴すると、筆者が数えた限りは5回ウィンクをこちらに向けてくれています。果南ちゃん、本当に練習したんだろうな…ウィンクをすると顔の形が歪んで上手くできないという人も少なくない中、基本的に可愛いんです…(小並感)だけど、だいたいのメンバーがPV中でウィンクをしている中で、果南ちゃんのウィンクは、時にいたずらっぽい表情のウィンクだったり、時にこちらを優しく微笑みかけるようなウィンクだったりと、ウィンクのバリエーションが豊富なんです!

さらに、遠巻きのカットにも関わらずウィンクをしてくれているというサービス心。あぁ…遠巻きに見ても可愛いよ…果南ちゃん…。(ただ、この動画は試聴動画のため、果南ちゃんのウィンクの全てを見せられないのが非常に残念…)果南ちゃんの全てのウィンクが見たい方は、是非とも「恋になりたいAQUARIUM」をご購入の上、果南ちゃんのウィンクに射抜かれちゃってください!

感情や表情をはじめとして、ウィンクひとつをとっても様々な顔を見せてくれる果南ちゃん。そのさまざまな顔も日によっていろいろな表情を見せる海みたいな女の子だと筆者は思うのです。

【すわすわする?】松浦果南の声優さんとは?

そんな松浦果南ちゃんを演じるのは、諏訪ななかさん。愛称はすわわ。2013年にデビューのまだ駆け出しの声優さんです。そんなすわわが初めてメインキャラクターとして与えられた役が、このラブライブ!サンシャイン!!の松浦果南ちゃん。そのため、すわわの果南ちゃんに対する思い入れもかなり強い様子。

自身の声優人生において、『ラブライブ!サンシャイン!!』(松浦果南役)は、「主要キャラクターとして初めてつかんだ役」であるとのこと。オーディションに臨む際、当初から「果南役を望んでいた」とのことで、「少しボーイッシュでシンプルな服装で臨んだ」と述べている。果南との共通要素として、「物事を深く考えずにフィーリングで生きる感じ」を挙げている。本人曰く、果南を演じるにあたり、「お姉さん(的な存在)なんだけど、親しみやすさを感じてもらえるように表現する」ことを心掛けているとのこと。

出典:https://ja.wikipedia.org

なんとオーディションの時点から、果南ちゃんを演じることを望んでいたというすわわ。オーディションでも果南ちゃんをイメージした服装で臨みにいったあたり、相当な意気込みが感じられます。また、すわわ自身も果南ちゃんに対して、お姉さん的な存在であるとのイメージを持っているようで、その“お姉さん”のイメージとすわわの快活さがあるけれど、どこか優しさも感じさせる耳に透き通る波のような声質はまさに果南ちゃんにぴったり。初のメインキャラでハマリ役を仕留めた印象を受けます。

Aqoursメンバーとも仲良し?

すわわが松浦果南としてユニットに参加しているAqours。ラブライブ!サンシャイン!!のニコ生においてAqoursの他のメンバーと共に出演することも多いのですが、その放送の中でメンバーの発言によくツッコミや茶々入れをしている様子も見られ、メンバーのトークにおいて笑いの波を呼び起こしています

すわわのAqoursメンバーに対する発言の特徴として、状況を冷静に見たドライでかつたまにdisも入るツッコミあるいは茶々入れであることが挙げられます。思わずフフッとなった後からじわじわとこみ上げてくるような笑いを提供するすわわの発言。

あるメンバーの発言に対するすわわの返しが、そのメンバーの発言をシュールにしてしまう…そういったメンバーの発言を面白くする返しをすることでそのメンバーを引き上げてくれるのがすわわの魅力なんです。

こういった茶々入れは、ある程度メンバーとの関係性が構築されていないとできないことだと筆者は思います。そこからも、Aqoursメンバーとの仲の良さが伺えますね。

特に、あいにゃとは大の仲良し!

また、ラブライブ!サンシャイン!!劇中の果南ちゃんと鞠莉の関係性のように、中の人であるすわわと鈴木愛奈さん(あいにゃ)も相当な仲良しの様子。ラブライブ!サンシャイン!!のニコ生にでは、すわわのあいにゃに対するツッコミが特にドライでスルドい印象を受けます。そのツッコミのドライさやスルドさこそ、ふたりの仲の良さの裏返しなのかもしれません。

実際、すわわがあいにゃのことを大好きすぎるだろ…と言わざるを得ないツイートを見かけました。それがこちら。

すわわ…あいにゃにメロメロじゃないですか…“可愛いよう可愛いよう”と語彙力を失ってしまうあたり、よっぽどあいにゃのことが大好きなんでしょうねぇ…(ニヤニヤ)

【すわすわする?】諏訪ななかさんを見た際のファンの反応。

出典:https://twitter.com

そんなラブライブ!サンシャイン!!のファンの間で、すわわとAqoursメンバー(とくに、あいにゃ)とのやり取りやすわわ自身を見て、筆舌に尽くしがたいのであろう妙な感覚をおぼえる者も多くいる様子。恐らくすわわを見た時のそのような感覚を「すわすわする」と表現するのが流行っている。

すわわの魅力は、冷静でドライなツッコミや茶々入れに加えて、高校の女友達にいるような親しみやすい見た目や性格もそのひとつ。ラブライブ!サンシャイン!!のコンテンツでそんなすわわを見て、みんなですわすわしてみませんか?

水平線の彼方まで広がる松浦果南の魅力!

これまで松浦果南ちゃんの海のような魅力を語ってきましたが、果南ちゃんがれほど大海原のように広く、深海のように深い魅力を持っているかがお分かりいただけたでしょうか?果南ちゃんはAqoursのお姉さん的な存在としてある時は穏やかな海のように優しく包みこみ、またある時は波立つ海のように荒れてみたりと様々な表情を持った人間性に富んだ女の子なのです。

ラブライブ!サンシャイン!!のコンテンツは今後もまだまだ発展することでしょう。そのラブライブ!サンシャイン!!において人気を急上昇させ、まさに波に乗っている果南ちゃん。その魅力は水平線の彼方のようにまだまだ未知の部分がたくさんあり、今後もさらに新たな魅力が見つかることでしょう。そんな果南ちゃんの魅力にあなたももっと深く、深~くダイビングしてみませんか?

ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 6 (特装限定版)
バンダイビジュアル (2017-02-24)
売り上げランキング: 4
ラブライブ!サンシャイン!! 松浦果南 つままれキーホルダー
コスパ (2016-12-30)
売り上げランキング: 33,416