漫画版『ドラゴンボール超』はアニメ版と何が違う?気になる見どころを紹介してみた!

アニメ版が先んじて始まった『ドラゴンボール超』も、昨年春から漫画版の発売を開始!アニメ版とは違った漫画版ならではの楽しみ方を紹介!

ドラゴンボール超の漫画版は、アニメ版とどう違う?

アニメ版にはなかった描写や戦闘シーンが盛りだくさん!

出典:http://vjump.shueisha.co.jp

子供から大人まで幅広い人気を誇る『ドラゴンボール超』。そんなドラゴンボール超は、同時に漫画版も絶賛発売中であることはご存知ですよね?現在、アニメ版では『宇宙サバイバル編』が始まりましたが、少し遅れて、漫画版では『未来トランクス編』が展開されていますね!

アニメで十分満足しているから、漫画は別にいいや。」と思っているあなた!漫画版ドラゴンボール超を見ていないあなたは、実はものすごく損をしています。それはなぜか?

それは、漫画版ならではの描写や戦闘シーンがたくさん盛り込まれているからです!アニメでは感じ取りづらかった、とある事実関係・とあるキャラクターの変貌・とある戦闘シーンは笑いあり納得ありワクワクありの素晴らしい仕上がりになっていると思います!

アニメでは知ることができなかった超サイヤ人の“序列関係”

超サイヤ人ゴッドよりも超サイヤ人ブルーが強い!

皆さんは超サイヤ人ゴッドと超サイヤ人ブルーの序列、はっきりと理解していましたか?アニメでは、超サイヤ人ブルーのことを「超サイヤ人ゴッドのパワーを持ったサイヤ人の超サイヤ人」と説明していました。

当初は「何のことやら・・・。」と思いつつ、「結局、どっちが強いの?」なんて、正直なんとなくわかっていた人もいるでしょうが、明確に描写されていることはありませんでした。そこで、今回のシャンパ編でのヒット対悟空の戦闘シーン

悟空が超サイヤ人ゴッドになった瞬間のベジータの一言。「カカロットの野郎。この期に及んでまだブルーのパワーを溜め込む気か・・・。」というこの発言。この発言が超サイヤ人の序列をはっきりさせてくれました!

「まだ全力を出さないつもりか!」というベジータのイライラした表情がそれを物語っていますね!筆者は「超サイヤ人ゴッドは自分の力一人じゃなれないんだから、こっちの方が強そうだなー。」なんて考えていませんでしたけど、超サイヤ人ゴッドのパワーを得てからウィスの修行を受けているので、そりゃブルーの方が強いですよねーとようやく腹落ちすることができました!

余談ですが、ヒットと悟空の戦闘シーンでもう一つの違いがありました。それは、アニメにはあった超サイヤ人ゴッド+界王拳が漫画版にはないということです。アニメと漫画を比較するにあたって、アニメでは無限に強さが広がる”強さのインフレ”が表現されているのに対して、漫画版では”緻密な知識戦”が表現されていて、この差別化も非常に面白いですね!

シリーズファン必見!過去の戦闘シーンを再現アリ!

本気になる時の戦闘の構えはずっと変わらない!

今ではすっかりお馴染みとなった悟空とベジータの修行シーン。第6宇宙との決戦に向けて精神と時の部屋で修行する二人ですが、超サイヤ人ブルーになった後の二人の構え。どこかで見覚えありませんか?

これ、二人が初めて戦った時の構えと一緒なんです!ライバル同士だから自然と出る”本気の構え”が表現できていてかっこいいですね!

作画担当のとよたろうさんが、いかに鳥山明さんに敬意を払ってこの漫画を書いているかが良く分かるシーンですね♪

ナッパを彷彿とさせる懐かしいシーン!

シャンパ編におけるキャベ対ベジータの1シーンです。第6宇宙のサイヤ人であるキャベを相手に最初は心躍らせていたベジータですが、超サイヤ人になれずに弱気なキャベに苛立ち始め、キャベを挑発・容赦ない攻撃を浴びせ始めました。

その後に出た攻撃、何かに似ていませんか?「誇りのないサイヤ人など必要ない!」という言葉、ちょっとピン来ませんか?これ、当初仲間であったナッパを倒した時とほとんど同じカットなのです!攻撃の仕方や投げかける言葉を含めて、全てが似ているシーンですね!

明らかに殺意を持ったナッパ相手とは違い、キャベ戦ではキャベが超サイヤ人に目覚めるためにわざと冷酷に仕向けています。同じようなカットでも、そこにはベジータのちょっとした変化が見られて、懐かしい気持ちと微笑ましい気持ちでいっぱいになります。

ベジータの人気にはこういったツンデレ要素や成長面が見える部分にあると言われていますが、特に漫画版ドラゴンボール超では、ベジータの成長や変化がはっきりと見えやすい形になっているのも魅力の一つですね☆

ベジータの新しい魅力?プライベートのかわいいシーンが続々

以前よりも圧倒的にブルマに弱い

アニメ版でもビルスがブルマを引っ叩いた瞬間にベジータが激怒するシーンがありましたが、漫画版でももちろんあります。ブルマのことが大好きどころか、気の強いブルマに何も反論できないかわいらしいシーンも満載なのが漫画版

未来トランクス編でやられてた現在に来たトランクスに、「逃げてきただと!?」と怒りかけた瞬間に、ブルマに「あんたたちのような戦闘オタクといっしょにするんじゃないわよ!」と一喝され、逆に謝る始末(笑)

ドラゴンボール超の初回では、悟空が「チチに少しは働け」と怒られた結果として働いているシーンもあったので、ベジータも同じく妻のブルマには尻に敷かれているのかもしれませんね。とは言っても、ちょこちょこ出てくるベジータの家族思いぶり、愛妻家ぶりには微笑ましくなりますね☆

ビルスのどうでもいい質問にきちんと答えてあげるベジータ

ドラゴンボール超では、ビルスとウィスが地球の食べ物が大好きなので、一緒にご飯を食べているシーンが多いのも特徴。その中でも、ベジータがビルスからのどうでも質問にいちいち答えてあげているというコミカルなシーンにも注目です!

まさかベジータの口から「みそバター味」「ラー油だ」などという言葉がストーリー上に出るなんて誰が予想したでしょうか?親切なベジータもとてもかわいいですね(笑)

また、ご飯食べる前のベジータの緩んだ笑顔もなかなか見られず貴重です。とてもかわいいので見どころですよ!漫画で確認してみてくださいね☆

ベジータがこんなにコミカルな戦闘をするなんて



シャンパ編でオッタ・マゲッタと戦ったベジータ。オッタ・マゲッタは超サイヤ人のベジータでもダメージを与えることも、持ち上げることも厳しい相手。そんな中、パンチを繰り出し、その硬さに「ちちちちち・・・・」と涙を流すベジータはまるで昔の悟空のよう。「まさかサイヤ人の王子が、こんな役目に回るなんて・・・」と驚きと同時に、新鮮さのある戦闘シーンです!

挙句の果てに、「鉄クズ野郎ー!」と吐き捨てて、それに精神的ダメージを受けたオッタ・マゲッタが負けるというなんともコミカルな終わり方をしたけど、ほっとしたベジータの顔がとても印象的ですね☆

天才的な戦闘術だけじゃなく、泥臭く(?)勝てるようになったベジータにはもはや敵なしなのかもしれませんね!今後の戦闘にも大いに期待です♪

ストーリーの間にある扉絵に描かれている小ネタがとても面白い!

<扉絵の一コマ①>まさかの下ネタ?



銀河王と悟空の一コマ。前話では、ヒット対悟空の戦闘が繰り広げられており、ヒットの動きが見えないことに対して、銀河王が「時飛ばしかもしれませんね。」と言ったことが発端になった扉絵ですね。

あまりいやらしいようには聞こえないライトな下ネタは、初期から存在していますし、ドラゴンボール超の漫画版にはなんだかくすっとするような扉絵が目立ちますね!ストーリーと付随して小ネタをじっくり楽しめるのも漫画版ならではの特徴ですね!

<扉絵の一コマ②>ベジータの裏話

ビルス編での一コマ。今回、ビルスが来たのは、ちょうどブルマの誕生日パーティーをしている真っ最中でした。そんな中、魔人ブウがプリンを全て食べたことに激怒したビルスによって、パーティーはめちゃくちゃに。結果、パーティーは中止になり、ビルスとの大乱闘になってしまいました。

そこでの裏話が集約されているのが上の扉絵。ベジータが愛する妻のために練習していたビンゴダンスをお披露目できなくなって、とても残念な顔をするというお茶目な1シーンです。いつもはわがままで、傲慢なベジータですが、この落差の大きいツンデレはいつもキュンキュンさせてくれますね(笑)

<扉絵の一コマ③>漫画で描写がなかったフリーザ軍の虚しさ



アニメでは描写があったゴールデンフリーザのストーリーでしたが、漫画版では一切描写がなかったので、扉絵の一コマとダイジェスト説明に集約される形になっていました。筆者も熱烈なフリーザファンなので、今回のカットはソルベと同じ気持ちでガックリしてしまいました・・・。元々、作画担当のとよたろうさんが劇場版『復活のF』を漫画化していた影響もあるとは思いますが。

とはいえ、筆者以外にもフリーザファンが多いでしょうから、今回の扉絵はとよたろうさんがその悲しみを扉絵で代弁してくれたと勝手に思っています(笑)

次巻は未来トランクス編の核心へ!待ち遠しい次巻の発売日は?

次巻は2017年6月2日(金)という予測が多い模様

出典:http://db30th.com

漫画版ドラゴンボール超も『未来トランクス編』が佳境に!超サイヤ人ロゼが登場し、アニメ同様に戦闘もどんどん激しくなっていく期待が膨らむと同時に、今後も漫画版ならではの事実把握や戦闘シーンの描写にも期待がかかります。

そんな漫画版は現在、2巻まで絶賛発売中。1巻は2016年4月4日、2巻は2016年12月2日に発売しています。なので、「8ヶ月スパンかな?」という考え方もできますが、Vジャンプコミックスの発売サイクルは基本的には6ヶ月サイクル。

ですので、最短で2017年6月2日(金)、最長で2017年8月2日(水)という予測ができますね!

いかがでしたでしょうか?今回紹介したこと以外にもアニメ版だけでは知りえなかった事実が漫画版にはたくさん書かれています!この記事を見ていただいたあなたもアニメ版だけで満足せず、漫画版も是非読んでみて、ドラゴンボール超の世界を100%満喫してみてくださいね♪

ドラゴンボール超 1 (ジャンプコミックス)
とよたろう
集英社 (2016-04-04)
売り上げランキング: 642