【シャネル】超一流ブランド時計の知られざる魅力を語る

シャネルは時計も販売していたってご存知でしょうか?多くの方にシャネルの時計の魅力を知ってもらいたいのには訳があるんです。

CHANELの時計ってメンズもあるの?

ルイヴィトンcoachなどと並んでハイブランドの中でもかなり有名なブランド「CHANEL」。知っている方も多いと思います。しかし、CHANELの時計、さらにそれのメンズラインについてまでご存知の方はかなり少ないと思います。

CHANELというとウィメンズラインを全面に押し出していて女性には人気ですが、実は男性向けの腕時計もリリースしているんです。ファッションブランドの時計だからと侮るなかれ、このCHANELのメンズラインウォッチ、かなり精巧に作られていて人気はもちろん評価も高いんです。

今回はそんな知られざるCHANELの腕時計の世界をご紹介します。

不動の人気No.1!「J12」の魅力



2000年に時計業界にてとある革命が起きました。それはCHANEL「J12(ジェイトゥエルヴ)」と呼ばれる時計を発表したことによります。この時計の何がすごかったのかというと、この時計はセラミックを素材に採用したからです。

J12以前からRADOなどのブランドによってセラミックを採用する動きはありましたが、あくまでマイノリティとして見過ごされがちでした。しかし、一旦CHANELがセラミックを採用したJ12を発表すると多くの企業が後を追うようにセラミック素材の時計を開発し始めます。

このムーブメントはCHANELJ12爆発的な人気によるものと言えるでしょう。そんなわけでJ12は発表と同時に時計業界を激震させた時計なんです。

J12が当初から人気を博していた理由はセラミックだけではありません。もう一つの理由としてCHANELという由緒あるブランドから発売されたという事実も人気を後押ししました。CHANELは言わずと知れたファッション業界を牽引してきたスーパーブランドとも言えるでしょう。

創業者のココ・シャネルは創業当時にファッション業界ではタブーとされていた「黒」をアイテムに取り入れ革命を起こしました。この黒は今もJ12に宿っています。

また、シャネルの哲学に「不要なものは削ぎ落とす」というものがあります。J12CHANEL初のメンズ向け腕時計です。通常時計を初めて発売する際には派手なデザインや色が多く用いられますが、J12は違います。CHANELらしい個性を保ちながらもシンプルに抑えられています。

このような特徴を持って生まれたJ12は発売当初から今に至るまで時計業界のアイコニックピースとして人気を博しています。



実はCHANELJ12を発売にまでこぎつけるのにかかった歳月は7年余りと言われています。なぜこんなにも時間がかかったのかというと、J12がとても挑戦的な時計だったからです。

CHANELは同ブランド初のメンズウォッチかつセラミック素材というだけではなく、CHANEL初の200m防水時計自動巻時計でもありました。それだけの機能性を共存させるには多くの歳月が費やされたというわけです。

J12の開発には50年以上CHANELに在籍していたジャック・エリュ氏が起用されました。彼は長い間CHANELに携わっていたのでCHANEL製品のエスプリを熟知していました。また、J12「時代を超え不滅であるべき」という目標のもと開発されていて、その理想を実現するのが傷や偏食に強いセラミックだったというわけなんです。

また発売当初から今に至るまでCHANELのエスプリであるのカラーバリエーションは変わりません。当時は一色だけで作られた時計が少なかったのでこれも時計業界に変化をもたらしました。

CHANELの時計といえばブランドカラーでもある白がオススメ!



J12は主に2色展開となっていてシンプルな商品構成になっています。その2色がズバリなのですが、是非白をお勧めしたいです。先ほど紹介したようにCHANELと所縁ある色で人気ではあるのですが、あえて白を推すのには理由があります。

それはCHANELというブランド自体のブランドカラーが白に設定されているからなんです。CHANELの実店舗を見てみたり、商品を見てみても白という色は基調に使われていることが多いです。それだけCHANELは白を大事にしているんです。また、白という色自体も爽やかな清潔感を演出できるので男性の方でも抵抗なく身につけられる色だと思います。

腕から覗く白く輝く腕時計はいかがでしょうか?

まるで宝石?プルエミールとは?



CHANELから販売されている時計でJ12以外に「プルエミール」というものがあるのをご存知でしょうか?

この時計はもはや時計というよりジュエリーといった方が当てはまるかもしれません。1987年に発表されたプルミエールCHANELらしいエレガンスさをモダンなデザインの中に詰め込んだ人気を集め続ける時計です。

CHANELのアイコン的な存在でもあるバッグのチェーンを彷彿とさせるような角を落としたスクエアシェイプのケースデザインは目を引くこと間違いなしでしょう。手元を華やかに演出してくれる美しさ溢れる時計です。

プルミエールCHANELの永遠のアイコンであるN°5のボトルストッパーとパリのヴァンドーム広場の形からインスピレーションを受けたと言われています。そして、ブレスレット部分は上でも書いたようにCHANELのバッグのチェーンを表現しています。

CHANELが高級腕時計市場に参入するきっかけともなったのがこのプルミエールです。その時から既に高級時計市場ではスイス製が圧倒的なシェアと歴史を誇っていて、CHANELですら参入は難しいものでした。

そんな状況を打破するべく投入されたのが派手さを全面に押し出したこの時計です。日本で流行ったのは少し前ですが、今でも根強い人気があります。

CHANELの時計って高いの?

簡単に結論を言うと安くはないです。もちろんハイブランドの定評ある時計なのでそれなりの値段はします。しかし、その値段に見合うだけの価値は十分にあると思います。

まずJ12の値段の相場ですが、新品の定価で60万円台から材質や装飾によってはダイヤモンド付きなどのモデルは150万円弱なんてものもあります。しかし、ロレックスなどのさらに高価な時計ブランドの時計と比べると超一流ブランドの時計が100万円以下で購入できるというのは、まだお買い得なのかもしれません。

中古で探すともっと安いものもあるので新品にこだわらないという方はそちらをみて見るのもいいかもしれません。

中古を狙うのであれば時計専門店の中古品などもいいですが、断然ヤフーオークションなどのオークションサイトが安く手に入るのでオススメです。

例えばプルミエールの中古品の相場を見てみても多くのものが10万円以下で出品されています。しかもその中の多くが8万円台と手の届く価格帯に設定されているようです。

J12もオンラインで中古を探せば30万円台のものが多く見つかります。新品だと高すぎて手が届かないという方は中古品を探してみてはいかがでしょうか?

主流じゃないからこそあえて狙いたい個性派時計



今回はCHANELの時計の世界をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。知られていないだけで実はJ12プルミエールは意外と歴史や人気も兼ね備えた個性派時計なんです。

これらの時計は芸能人でも多くの人が身につけている時計で、気にして見ると普段の生活の中でもちらほら見かけることがあるかと思います。筆者も街で何度かJ12をつけている人を見かけたことがあります。

発売時に大きな衝撃を引き起こしてから既に10数年が経過していますが、それでもなお美しさを保ち続けるJ12をあなたの相棒にしてみてはいかがでしょうか。

CHANEL シャネル J12 33 H0682 [並行輸入品]
CHANEL シャネル
売り上げランキング: 139,639
ブルースタイル 時計工具4点セット
ブルースタイル
売り上げランキング: 173